« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月31日 (水)

今月も終わり

7月も遂に最終日となってしまった。釣りにも行けていないし、月日の経つのは早いものだ。
しかも、この暑い中またも掃除。今度は先日のお盆の時のように一部ではなくほぼ全部。何とか金曜の午前中までに終わらせなければならないが、これが遅々として進まない。暑さは相当なものだ。
バットさんのブログが見辛くなって結構時間が経った。アクセスはするのだが、そこから画面全体が出るまでに時間がかかる。何故かは相変わらず不明。確かに他のサイトでもブラウザの動きは思うようになっていないが、それでもかろうじて何とかなっているのに、何故かバットさんのブログだけ。以前誰かがコメントをくれたように、グーが良くないのか?そんな事はないような気もするが、私の知識ではそこから先には進めないまま。困った。
 
今日は猛暑日。体調に留意など通り越している暑さだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2013年7月29日 (月)

雑感

今日は西の平で竿を出そうと思っていたが、朝から雨ではやる気が削がれる。今後も天候の変化が予想されるので、今日は勇気を持って?中止に。明日は多分大丈夫でしょう。

サッカーの東アジアカップは日本が韓国を破って優勝。女子の鬱憤を晴らしてくれたが、ここでも観客席に政治的な横断幕。オリンピックで懲りた筈なのに、頭が悪いのかなぁ。

フリーソフトのOpenofficeがヴァージョンアップして4.0.0になった。何がどう変わったかは分からないが、とりあえずダウンロードしてインストール。マイクロソフトのOfficeと同等なので、ただで使えるのはありがたい。
 
山口と島根に今まで経験した事がない大雨が降った。雨が小康状態になった今も土壌が緩んでいる可能性があるので、現地の方々は充分注意していただきたい。
 
体調不良(夏負け)にも充分注意だ
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2013年7月26日 (金)

暑くて釣れなくて、でも前回よりは@増沢池

なかなか遠くに行く気にならなくて、今日もやって来ました増沢。ちょっと出遅れの感はあるが、私的にはOK。急いで荷物を降ろして池に向かうと、対面は旧流れ込みに1人Dscf3057と看板横に2人。こちら側は柳の木の奥に前回と同じ先客のようだが、これも前回と同じく不在。塩ビ管付近から奥には常連さん。私もいつもの場所で準備しよう。風・波はそれほどなく、ジトッとした空気で早くも汗。竿は11尺の底から入る。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。何故かは言いません。底を取り、開始は9時21分。タオルで顔を拭き拭き餌打ちすれば、すぐにウキが返す。が、その後がない。看板横では次々と竿が曲がっているよDscf3058うにも見えるが、今日も難しい釣りになるのか。それでも開始15分くらいで、小さくチッと入るあたりでやった1匹目!結構重いのでスレかと思ったが、グッドサイズだった。幸先良いが、果たしてどれくらい釣れるのかな?餌をどんどん柔らかくしていくと、今度はズバッと消し込むあたり!これDscf3059はマズイ、今度こそスレか?しかぁ~し、これもしっかり食っていた。よしよし、この調子なら今日こそ爆釣だ。すると、爆釣とまではいかないが、10時前に気を抜いていたところに1目盛入るあたりが!慌てて合わせると、やったかかりました!ん、引きが今までより弱くなった。そうです、Dscf3060サイズダウンなんです。でも、開始40分くらいで3匹なら2桁くらいは行くかなと、取らぬ狸の何とやら。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなる。風・波も出てきた。10時半少し前にはあたったのかあたらないのか分からない中合わせてようやく4匹目。しかぁ~し、ここから本当にあたりDscf3061が遠のいた。餌打ちマシンにならないようウキ下の調整やら餌付けやらの工夫をするが、ウキの返しも弱くなってアウト!そのまま11時。隣はいつの間にか帰ってきて竿を出している。この後しばらくして再びいなくなるのだが、何処で何をしているのだろう。さて、11時を過ぎると再びウキの動きが良くなって、あたりらしき動きも出るが、かからない。それでもズルッと入る動きでよDscf3062うやく第2目標クリア。4匹目から50分くらい経っている。残り少ない餌(見ている時間が長くなってまだ残っている)で何とかもう1匹。しかぁ~し、どうにもならず11時半。そろそろ餌が終わる。5匹で終わりとは、どんどん釣れなくなるなぁ。しかぁ~し、ラス前、オーラスと続けてあたりに合ってDscf3063Dscf3064連荘!で終了。時刻は11時39分。一体何が起きたのか良く分からないが、終わり良ければ全て良しと言う事で、結果、底では実釣2時間20分弱で7匹。対面看板横のようには竿が曲がらなかったが、グーなサイズも出たので、Dscf3065まあね(まあって・・・)。さあ、次はどうしよう。ウキの動きが良くなったので底を続行という選択肢もあるが、底で待つより早くあたりが出そうな宙にしてみよう。竿は9尺、餌はスーパーダンゴ・天々・マッシュダンゴ(何故かは、ね)。昼食を食べ、いつものように「たな」1本での再開は11時56分。すると、じきにウキに動きが。ただ、ズバッというあたりは出ない。モヤッとかチッ(チクッではありません)とかおよそはっきりしないものばかり。すぐに12時のサイレンを聞く。餌のタッチも気に入らないし、これはダメだ。ただ、省資源釣法としては、何かを足す事はおろか餌を捨てる事もないので、これを使い切るしかない。1回だけズルッと糸ずれのようなあたりが出ただけで、時間だけが過ぎる展開(もう慣れっこですけど)。もちろん餌はどんどん柔らかくなって(ワンパターン)、大きさで持たせたり指でコネコネ粘りで持たせたり、はたまた小さくしてあえて持たせなかったりするが、遂に1時。途中ズバッと入ってビーンと糸鳴りがするあたりがあったが、おそらくスレだろうバラシが1回だけ。まさにトホホ。隣はいつの間にか帰った。私の右、草むらで良く分からないが、橋の下辺Dscf3066りに誰か入ったようだ。さて、ようやく餌も終わりに近付いたなあと思い始めた頃、やっとズバッ!が出て1匹。嬉しいような嬉しくないような・・・。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ(ガクガクッ)。その後、再度のズバッ!と糸鳴りのバラシが出て1時34分にやっと終了。結果は書くまでもないだろうが、実釣1時間40分弱で1匹。底と併せても実釣4時間!で8匹。もう帰りたDscf3067い気分だが、ここでもう1回だけやってみる事にする。それは「お」。トロ掛けもあるが、両ハリスをカットするのが嫌で(オイオイ)。上ハリスだけカットして10cmくらいにする。下は40cmないが、まあいいだろう。餌は段底とスーパーダンゴのバラケと「お」。竿と仕掛けはそのままで、1時42分に再開だ。すると、まだへらは残っていたようで、じきにウキが動き出す。そして早くもズDscf3068バッ!やったと合わせるが凄い引きの上にバラシ。見ると下鈎に鱗。やっぱりね(って・・・)。しかぁ~し、しばらくしてまたもズバッ!今度は間違いないでしょう。バラケを食っており、サイズはパッとしないが1匹は1匹。釣れて良かったぁ。じきに2時。まだウキは動いていて、ズバッ!の連荘Dscf3069Dscf3070でもう2匹。やっとトータルでの第3目標をクリア。何となく行けそう?が、ここで何故か上ハリスが切れた。急いで交換するが、ウキの動きは次第に悪くなる。セットはバラケが猪木な事は百も承知の助、バラケなど誰かが見れば噴飯ものだが、省資源釣法は使い切る事が大事と餌打ちする。しかぁ~し、ウキは弱くモヤモヤに変わってしまった。たまに出るあたりらしきウキの動きもカラ。早くも3時近くなってしまった。対面はまだ頑張っている。常連さんもまだ残っていて、私も勇気付けられた。1人だったら止めていたかも。太陽は左前の方にあるので、傘の位置がサウスポーにはキツイ。だが、時間的にはゴールデンタイム。きっともう少しくらいは釣れるに違いない。Dscf3071Dscf3072すると、確かにゴールデンタイムなのか、ズバッ!が出て4匹目。更に3時を過ぎて今度は餌打ちして餌ボウルに目をやったら、手元がグッと引かれた気がして前を見ると、ウキがない!慌てて合わせてやった5匹目(これでいいのか?これでいいのだ!)。ズバッ!はまだ出るが、カラにバラシ。それでもバラケが尽きDscf3073Dscf3074た3時40分までにもう2匹をゲットして、「お」では実釣2時間で7匹。あのバラケでここまで釣れたのだから、良しとしよう。宙のトータルでは実釣3時間40分で8匹。両ダンゴがネックだった。底と併せたトータルでは実釣6時間!で15Dscf3075匹。前回よりは釣れた(+1匹だけど)が、時間も30分多い。とにかく疲れた。片付け。対面はまだ続行中。あれっ、こちら側奥にはまだ何人か常連さんが残っているようだ。釣れているのかなぁ。汗まみれで片付けを終え、駐車場に戻る。最近は本当に釣れなくなった(私だけかも)が、これからが勝負だろう。最悪でも2桁を割らないようにしなければ。省資源釣法も時として考慮外とする事も検討の余地あり、だ(でも使いかけの餌はどうする?)。さあ、ベイシアで涼もう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
土日の釣行が減ってきている
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年7月25日 (木)

THE EAGLES/THEIR GREATEST HITS

Docu0002Docu0003違うところからテンションが上がって、早速聴きながらこれを書いている。
本来なら向かいのスナックに負けないぐらいの音量で聴きたいのだが、生来の生真面目で出来ずにひっそりと。
これには名曲 Hotel California は入っていないので、ようつべで探したところ、同名のアルバム全曲が入ったものがあった。


音楽っていいなぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

2013年7月24日 (水)

クラシックでも聴いて:その43

Docu0001暑かったり急に涼しくなったりと、体調が崩れやすくなっている。今日は雨なので気温は上がらないが湿気が凄い。これでは竿を出す事もなく、ゆっくりと家でクラシック。はげまろ。さんのブログに刺激されて、さだまさしのDVDも観なければと思い始めたのだが、まずはあと少しで聴き終えるクラシックからと。
今日の新聞に、さだまさしのCDやらDVDを買ったユーキャンの広告が載っていた。サム・テイラーが日本の曲を吹いたCD10枚組(ボーナス1枚付き)。価格は約3万と安くはないが、ムズムズと手が伸びそうになって、慌てて手を引っ込めた。いかんいかん、またデッドストックを作るのか?
一応は収まったものの、またいつその気になるか分からないので、新聞は何処かに隠しておかなければ。
 
金もないのに物を欲しがるなんて
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6)

2013年7月23日 (火)

私の所蔵漫画本その14(水物語)

Docu0013ネタに困った時のシリーズだったが、気が付けば2011年12月以来となってしまった。
「ファザー・ファッカー」とかで知られた内田春菊さんの作品。全4巻。もちろんオカルトの「水からの伝言」とは何の関係もありません。水商売の若い女性と女好きの中年?の痴態が描かれているだけと言えば言い過ぎかもしれないが、ま、そんなものです。
 
特に何か書く事もない。チャンチャン!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ
 

| | コメント (0)

2013年7月22日 (月)

ウキと同じく気分もモヤモヤ@増沢池

最近はどうしてもお手軽な増沢に行きがちで、今日も8時半頃に家を出る。天気は問題なさそうだが、風がちょっと出そうな予報。駐車場にはへら師と思われる車が数台。既に気温は上がっていて、暑い。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、対面には誰もおらず(後から旧流れ込みに1人、午後からご夫婦が看板横)、こちら側は柳の木の奥に1人と、塩ビ管付近から深場に常連さん。今日は早いご出勤だ。私はいつもの場所に入Dscf3038る。上空曇って入るが、一応傘をセット。風が心地よいがウキは見難そう。それでもいつもと同じく11尺の底から。餌はトロロの底釣りをいつもより柔らかめに。前回とそんなに底は変わらない筈と、チョチョイのチョイと底を取っての開始は9時12分。すると、数投でウキに返しが出る。が、あたりにはならない。何だか最近はいつもこんな感じ。餌付けが、餌が柔らかくてネバネバしていて付け辛く、ちょっとだけイライラ(ちょっとだけよ)。そDscf3039れでも開始20分くらいでスッと入るあたりで1匹目。サイズは芳しくないが、とりあえず1匹出たので気が楽になる。しかぁ~し、そこから先はなかなかあたらない。更に、空合わせをくれたら、仕掛けにトンボが絡むアクシデント!両ハリスがグルグル巻きでとても解けない。トンボには可哀想だが犠牲になってもらう。が、それでも絡みは解けず、結局癇癪が爆発して両ハリスはおじゃん。急いで交換するが、両方切れてしまったのでどれくらいなのかサッパリ分からず、適当。何だか最初より長くなった感じなので、本来なら底取りをやり直すのだが、ウキ下を微調して再開(オイオイ)。すると、案の定ウキの馴染みがおかしい。それでも更にウキ下を調整して馴染みを出し、続行だ。しかぁ~し、ハリスを交換している間に状況が変わったのか、ウキは小波の中モヤモヤするだけで一向にあたらない。餌付けを変化させてみるが、効果なし。知らないうちに餌打ちマシン化している私。結局10時頃にDscf3040_2なって底を取り直すのだが、それならハリス交換の時に・・・(本日のタラ・レバ)。それでようやくウキの動きが変化し、1匹目から1時間くらい経ってやっと2匹目。が、それも時合ではなく、続かない。何だろう、今日はイライラというよりモヤモヤした釣りになってしまった。11時までにもう2Dscf3041Dscf3042匹追加して、何とか第2目標にはリーチとなったが、気持ちは晴れないまま。しかぁ~し、次のあたりでやった第2目標クリアかと思ったが、姿は見たもののバラシ。こりゃアカン。が、11時を過ぎる頃になってやっとウキの動きがまとも?になるが、如何せん餌がもうない。でも、本来ならとっくになくなっている筈の餌がまだあるというのは、どれだけ私がウキを長く見ていたかと言う事。ウキも気持ちもモヤモヤだった。残った餌を全て丸めてあと何投で終わると数えながら打っていると、ポツポDscf3043Dscf3044ツと2匹を追加し、一応は第2目標をクリアしたが、途中の1時間近いモヤモヤタイムが悔やまれる。結局最後の1投もあたったが、瞬間グッと手応えがあったもののバラシでジ・エンド。時刻は11時25分。結果、底では実釣2時間10Dscf3045分強で6匹。最近の記事を見れば一目瞭然だが、どんどん釣れなくなっている(もちろん私のアームの問題が大きいのだが)。柳の木の奥の先客は、最初いなくていつの間にか戻っていていつの間にか竿を曲げている。不思議だ。さあ、次はどうしよう。せっかくウキが動き出したのだから、餌を変えて底を続けようか。いや、やっぱり宙にしよう。今日はちょっとした考えがあるのだ(大した事ないけど)。そうです、何時もなら竿を9尺に替えるのだが、今日はそのまま。餌はガッテン・スーパーダンゴ。準備してから昼食を摂り、「たな」1本での再開は11時38分。この間深場に入って以来の11尺の宙、しばらくは思うように竿が振れない。餌がボソな感じなので、餌付けをしっかりして何とか道糸もピンと張って、振り切るよりは落とし込みの雰囲気(あくまで雰囲気)で打てば、じきにウキがモヤモヤ。だがあたDscf3046Dscf3047りは出ない。12時のサイレンが鳴る頃になってズバッ!で1匹目をゲットするが、続かない。餌に手水と指でモミモミで、12時半近くなってようやく2匹目。しかぁ~し、次のあたりでやった3匹目と思ったが、傘が邪魔になって取り込めない。仕方なく竿を右手に持ち替え、左手の「たも」で掬おうとするが、右手の水草の辺りで急に手応えがなくなった。あれっと思い仕掛けを見たら、何と両ハリスが切れているではないか。あのサイズでハリス切れはないだろうと「たも」を見たら、1つだけ鈎が付いている。そうか、へらが掛かっていない鈎が「たも」にかかり、そのまま無理にへらを掬おうとしたので、一遍に両ハリスを切ってしまったのだ(説明が不十分ですが、分かってください)。これは困った。確かハリス長は25cmと35cmだったと思う(あくまで個人の思い込みです)が、測る術がないので適当に雰囲気で交換すると、何となく長めでしかもハリス段差がさっきより短い気がする。それでもまずは打ってみよう。すると、ウキはモヤモヤするものの、あたりは出ない。何だか底の時と同じようだ。しばらく打ってみたが、気に入らず上ハリスを詰めてみる。これで段差はそこそこになった。再開。すると、まだウキはモヤモヤのまま。これもしばらく打ち続けるが、違う!今度は両ハリスを一気に詰めると、ようやくさっきまでと近いハリス長になった気がして、納得の再開だ。Dscf3048しかぁ~し、今度は餌の経時変化なのかカラが出始める。これも手水で柔らかくしながら様子を見ると、餌が終わる頃になってやっと3匹目。2匹目から約1時間が経っている。しかぁ~し、鈎を外そうとしたら暴れられてハリス切れ(ガクガクッ)。最早これまでか。それからじきに餌が尽きて終Dscf3049了。時刻は1時25分。結果、最初の宙では実釣1時間45分強で3匹。今日はハリスで悩まされるなぁ。対面にはご夫婦が入ったようだ。さて、今日の予定は宙でガッテンに何を混ぜるかを試してみるというミッション。最初はスーパーダンゴ(袋に書いてある)だったが、今度は天々だ。何となく2つの餌の特徴を殺し合うようなブレンドだが、雑誌に載っていたので。2:2に水1で作ってみると、さっきのボソとは違って最初からヤワネバな感じ。これなら指でコネコネしDscf3050なくても餌が持ちそうだ(あくまで個人の感想ですよ)。1時半頃再開すると、すぐにウキはモヤモヤ。そして開始20分くらいでズバッ!やった1匹目ゲットかと思ったが、何と今日初めてのスレ(それまでのスレバラシは除く)。サイズも今日一番(だと思う)なのだが、これにはガクガクッ。でも、Dscf3051まだウキは動いているから、きっと釣れる。すると、そこから10分経たないうちに、またもズバッ!で今度こそ1匹目ゲットだ。ようやくこれでトータルでの第3目標クリア。いやぁ、長かったなぁ。が、1時台は1匹だけ。しかぁ~し、この頃からウキの動きが良くなって、留めからシズシズと馴染んでズバッ!カラにバラシも多かったが、2時から2時半までに3匹をゲットして、このDscf3052Dscf3053Dscf3054餌だけでの第2目標にリーチ。しかぁ~し、この状況を続けられないのが私の限界。餌の経時変化もあるのかもしれないが、ウキの動きが悪くなってあたりも出なくなる。モヤモヤ。一応餌に手水(これしか知らない)で柔らかくしていったら、3時少し前にズバッ!Dscf3055でようやく5匹目。それからすぐに餌が尽きたので、これが正真正銘の「上がりべら」となった。時刻は3時2分。結果、2回目の餌では実釣1時間半で5匹。宙のトータルでは実釣3時間15分で8匹かぁ。セットでやればもう少し釣れたかもしれないが、今日はダンゴでやりたかったからこDscf3056れでいいのだ?底と併せたトータルでは、実釣5時間半弱で14匹。何と前回と同じ結果だ。ホント、釣れないなぁ。何度も書くようだが、今日は気分がモヤモヤして終わった感じ。それに疲れた。腰も痛い。さっさと片付け。常連さんはまだ深場にいるようだ。釣れているのかな?片付けを終え、駐車場に戻る。今日はベイシアだけでなくカインズホームにも寄らなければならない。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を後にした。
 
そのうち凸も充分ありえそう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年7月21日 (日)

投票に行こう

今朝涼しいうちに(7時過ぎ)投票に行ってきた。今回は与党の勝ちが分かっている(メディアが何故繰り返し流したのか不明だが)ので、投票率はかなり低くなるようだが、与党を更に勝たせるためにも、また与党の思う壺にならないためにも、どちらの側であっても投票には行く方が良いと思うのだが。
若い人達は投票に行った事がない人が多くいて、毎回のように行かなければと思いながらも「初めて」の気恥ずかしさがあるのだろうか、それとも最初から興味がないのか分からないが、投票行動が起こせなくて低投票率になっていしまうのかもしれない。
テレビで誰かが言っていたが、年寄りばかりが投票に行くようでは、政治が年寄り向けの政策に重点が置かれるようになってしまう。それで良いのかと。
あと数時間で投票も出来なくなる。最低でも投票率が50%を超えないと、結果が民意を反映したものとは言えないと思うのは間違いだろうか。今からでも遅くないので、まだの人は是非投票所へ。
 
そのうち投票が義務化される?ナイナイ!
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年7月19日 (金)

あまり納得出来ないが結果はそこそこ@増沢池 with masaさん and HRさん

今日は日中曇りで風もなく過ごし易そうと、出掛けました増沢。しかぁ~し、家を出る頃からフロントグラスに雨粒。迷ったが、とりあえずゴー!駐車場にはへら師らしき車が数台。これに力付けられて、荷物を降ろして池に向かう。あれっ、対面旧流れ込みに1人Dscf3018いるではないか。後はこちら側深場にいつもの人達か。さあ準備しよう。ん、風がない筈なのに、湖面には波。気温はそれほど上がっておらず、そよ風で過ごし易い事に間違いはないが、小波はウキの視認性を悪くする。そこで、今日は9尺で底から入る事にする。ウキもやや太目のトップを採用。これならバッチリ見えるでしょう。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。餌落ち目盛から始めて底も取れ、開始は9時23分。すると、何と第1投からウキが返すではないか。餌がそんなにヤワでもないし、これは既に何かが寄っている?しかぁ~し、あたりは出ず。そのまま餌打ちを続ければ、ウキの返しは毎回のようにあるのだが、肝心のあたりが出ないのだ。開始30分くらい経った頃に、1回だけ糸ずれのようなズルッと入る動きがあったが、もちろんカラ。そして10時を過ぎる。もうダメだ、竿を替えようとかなり弱気。いつものように11尺で始めていれば、こんな事にはならなかったのにと、早くもタラ・レバ。急いで交換するが、小波で餌落ちがキチンと取れたかどうか。再開は10時16分。すると、こちらも第1投からウキが返した!う~ん、9尺の時と同じ推移になるのかな。が、ウキの小さな上下がなかなか見分けられず、10時半を過Dscf3019ぎる。すると、ウキが2目盛以上入ったように見えて合わせると、やったかかりました!これは嬉しい。寄せてみればサイズも30cmはありそうだ。わずか2尺の違い(道糸も含めるとおおよそ1.2mの違い)でこんなに違うのか。嬉しさを噛み締めていると、左から誰かやって来た。あっ、masaさんではないか。平日なのにどうしてと思ったら、ちょっとした事情によるものだった。詳しくはmasaさんのブログでご確認願いたい(載っていればの話だが)。9尺であたりが出ないのは、流れ込んだ細かい土砂をへらが嫌がって吸い込まないからだと教えてくれた。なるほど。今日は奥の方でやると言って戻って行った。と、それからじきに今度は左奥から声が。あっ、HRさんだ。HRさんは迷いに迷って旧爆釣ポイントに入った。さて、私のウキの方は相変わらず返す事は返すが、あたりにならないのは変わらず。11時を過ぎる。HRさんはまだ準備中。波は次第に穏やかになってきた気がして、ウキも良く見えDscf3020Dscf3021る。すると、チクッというあたりでやった2匹目!更にしばらくしてもう1匹。餌は残り少ないが、急に第2目標が見えてきた気がして、やる気が出てくる。しかぁ~し、その後は何もなく11時32分に餌が尽きて終了だ。結果、11尺の底Dscf3022では実釣1時間15分強で3匹。9尺の底と併せると、実釣2時間で3匹かぁ。今日は釣れるのか釣れないのか分からないので、餌を変えてもう1回底をやってみよう。そうだな、久し振りにトロロの底釣りでやってみよう。Oさんからヤワヤワにするとあたりがハッキリ出ると言われた事を思い出して、水量はやや多めに。そして再開すると、へらがまだ残っていたようで、ウキはすぐに動き出した。が、ハッキリしたあたりなどとても望めず、やたらと合わせているうちにかDscf3023Dscf3024かると言う感じで、12時のサイレンが聞こえてくるまでに2匹。とりあえずはトータルでの第2目標クリアだ。ただ、納得のあたりは相変わらず出なDscf3025い。小さくチクッと入るあたりはほとんどカラ。ウキ下を上げたり下げたり(ウキ下を伸ばしてもカラだった)するが、難しい。餌付けも丁寧だったりラフだったり、大きさも変化させてみるが、これという解決策がないままとにかく合わせる。12時半までには1匹。12時半から1時までには3匹と、とDscf3026Dscf3027Dscf3028りあえずはトロロの底釣りで第2目標をクリア。トータルでも第3目標にリーチとなったが、特に時合というものもなく、ポツポツと結果が出るだけ。これでも充分と言う気持ちも何処かにあるが、やはり納得のあたりで「完璧ぃ~!」と叫びたい(もちろん心の中で、だが)。1時を過ぎてもこれというあたりには合わず、隣にHRさんがいるのも忘れてDscf3029Dscf3030「あ~っ!」という大声が出てしまう。何とか終了の1時15分までに2匹を追加し、トータルでの第3目標はクリア出来たが、トロロの底釣りでは納得の釣りは出来なかった。結果、トロロの底釣りでは実釣1時間45分弱で8匹。底のDscf3031トータルでは実釣3時間45分で11匹。数字のうえではまあまあ(もちろん私にとって、だが)だが、どうにも、ねぇ。隣で結果が出ていないHRさんは怒りが爆発しているご様子。ハリスも何度も飛ばしていて、とにかく結果が出るまでは帰らないとの事。さあ、私は宙の準備をしよう。竿は9尺、餌はスーパーダンゴ単体。これはガッテンと混ぜて使う予定だが、その前に単体で。準備を終えてから、ちょっと遅めの昼食。そして「たな」1本での再開は1時31分。朝方はずっと曇っていて、上空怪しい雲が行き来していたが、遂に日が差してきた。仕方なく傘をセット。さて、スーパーダンゴは随分昔に1回だけ買った事があるが、その時はバラケバインダーのようだった記憶がある。でも、今日作ってみたら全然違うのでビックリ。人の記憶なんていい加減なものだ(私だけ?)。出来上がりは袋に書いてある通りボソ。このまま打つとバラケになるらしく、数投打ってみるが持たない。そこで手水で数回かき混ぜて、後は指先で調整だ。クネクネやって何とか馴染むようになったが、するとDscf3032すぐにウキがモヤモヤ。そして開始15分でズバッ!1匹目ゲットだ。まさかこんなすぐに釣れるとは思っていなかったので、ビックリ。しかぁ~し、その後がない。ウキは「留め」が出た後シズシズと入っていって、ズバッ!と予定通りの動きをするのだが、これがかからない。そのうえ次第にウDscf3033キの動きが悪くなるいつもの展開。2時を過ぎた。そして1匹目から約40分が経とうとする頃になって、ズバッ!に合いましたよ!しかぁ~し、寄せる途中でガクガクッ。頬にスレていた。更に、既に上ずってしまったのか、餌がぶら下がるとウキが動かなくなる。でも、とにかく「たな」に餌を持って行くようしっかり持たせるようにして打てば、2時半を過ぎてポツポツと2匹を追Dscf3034Dscf3035加。何とか宙だけで第2目標まで行きたいが、やったと思ったズバッ!は物凄い引きで、一旦は堪えたのだがもう1回は耐え切れずハリス切れ。急いで交換するが、どうやら第2目標は難しそう。ならば何とかあと1匹。しかぁ~Dscf3036し、3時を過ぎて今度こそ「上がりべら」かと思ったズバッ!では目の上のたんこぶならぬ目の上のスレだ。ガクガクッ×ガクガクッ。そして餌が尽きて3時16分に無念の終了。結果、宙では実釣1時間45分で3匹。毎度のことながら両ダンゴではトホホだ。底と併せたトータルでは、実釣5時間半!で14匹。HRさんは私が宙をやっている間に結果を出し、しかも「上がりべDscf3037ら」は30オーバー。私のところから見ても充分の大きさだった。ほぼ同時に片付け。またもや長い時間竿を出したので、片付けもヘロヘロだ。masaさんにはメールで終了を報告し、駐車場に戻る。今日はかなり疲れた。特にトロロの底釣りでの、あのあたりがなぁ・・・。車に荷物を積み、HRさんにはまた宜しくと言ってその場を離れた。
 
masaさんのブログを見に行ったら、釣果は私の3倍だった。トホホ・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

PC中毒?

先日の液晶ディスプレイトラブル()で、PCを1日立ち上げる事が出来なかった。たったそれだけの事なのに、ちょっと不安になった私、いつもスマホ中毒の連中を笑っていたのだが、これでは笑えないどころか恥ずかしい思いだ。
以前ディズニー・シーその他で遊んだ時にはそれほど気にならなかったのに、家で何もせずボーッとしている時には、PCが手慰みになっているのかもしれない。マズイ、もっと外に出てPCから離れる事を心がけるようにしなければ。
 
釣り!釣り!釣り!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

早急に復旧(一つ前の記事の続き)

P1000016ハード・オフに電話したら、壊れていても引き取ってもらえるそうなので、午後になって液晶ディスプレイを抱えてハード・オフに向かう。
早速買い取りの査定をしてもらい、その間に、午前中に目を付けておいた「横長でない」17インチの液晶ディスプレイを購入。3150円なり。肝心のDELLのディスプレイは値段が付かない。電源スイッチのボタンは落下してディスプレイの中でカラカラ。それにディスプレイは点かないし、更に2003年の代物だから当たり前と言えば当たり前だ。PCリサイクル施行以前のものなので、タダでも引き取ってもらえば御の字と言わなければ。
と言う訳で、普段なら迷いに迷っていつまでも決断しない私が、どうした事か迅速な決断で早急にPC環境を復帰させた事は喜ばしいの一語。
1024×768ではない(1280×1024)ので、多少は歪があるかもしれないが、まあ良しとしなければ。早速昨日の釣り日記の続きを書く事にしよう(すぐではありませんよ)。
 
ブログ村にも載せられる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

緊急事態

昨夜釣り日記を書きながら、ふとゴロッと横になったら寝てしまい、気がついた時にはすでに遅し。液晶ディスプレイがうんともすんとも反応しなくなってしまった。
それまでもだましだまし使ってきたので、まあ遂に来るところまできたと言う事なのだろうが、日記の更新が出来なくなってしまった。
それで、昨日の日記は途中で終わったままになっているのだが、これを更新する手立てが今のところない(実はあるけど)。現在別のPCからこれを書いている。文字はこうやって何とかなるが、肝心の写真は私のPCに入っていて、それを引き出すにはやはりディスプレイが必要なのだ。私のPCをこれを書いているPCのところまで持ってくれば、とりあえずの解決にはなるが、1階と2階と言う事で面倒だ。でも、当座を凌ぐには、最終的にはそれしかないかも。
今日ハード・オフに行って中古のディスプレイを見てきたが、いかに安くてもなかなか手が出ない状況。それに、壊れたディスプレイの処分も頭が痛い(あまりに古くてPCリサイクルの対象外)。
そんな訳で、しばらくブログの更新が滞るかもしれませんが、平にご容赦願います。
 
この日記はブログ村にも載せられなかったが、復帰
    ↓
 
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

底も宙も尻すぼみ@増沢池

注)液晶ディスプレイのトラブルにより、後半の宙の記事の更新が遅れてしまった。それで、ただでさえ曖昧な記憶が更にうっすらしてしまったので、自分の日記としても芳しくない。ご了解宜しくお願いします。
 
今日は曇りで風もないとの予報に、いそいそと出掛けました増沢。駐車場に着くと、へら師と思われる車は少なく、何処にでも(もちろん日陰側)入れそうだ。でも、私はあえていつもの場所に向かう。あっ、柳の木の奥に1人。まだ9時過ぎなので、奥の常連さんDscf2992の姿は見えない。湖面は凪いでいて、まさに予報どおり。さあ準備しよう。竿は11尺で底から。餌はちょっと迷ったが、夏・冬・マッシュダンゴ。ゲゲッ、何故か急に風・波。おかげで涼しい事は涼しいが、ウキの視認性がかなり悪化してしまった。早くもイライラ。それでも何とか底を取り、開始は9時31分。う~ん、ウキの馴染みは良いような気がするが・・・。おっ、最初からウキが返している?それにあたりらしきウキの動きも見える。でも手が出ず、イライラは募るばかり。落ち着け、落ち着けと自分に言い聞かせて平静を装うが、気持ちは乱れたまま。それでも何度となく合わせているうちに、開始20分くらDscf2993Dscf2994いが経過した時点で、やったかかりました!次第に気持ちが穏やかになるが、まだまだ。すると、次の餌打ちでもあたり!そして連荘!何だ何だこれは?どうもスッキリしないまま10時を過ぎる。へらは寄ったようで、ウキの動きが煩雑になる。そしてあたりらしきウキの動きに翻弄されて、風・波と相俟ってイライラが再燃。しかぁ~し、それでもほぼ3連荘(記憶が曖昧)で早くも第2目標クリア!この調子Dscf2995Dscf2996Dscf2997なら時間10匹くらい行けそうな気がするぅ~(古~っ!)。しかぁ~し、風・波は次第にDscf2998Dscf2999止む時間が出て来るが、ウキの動きは逆に悪化。何故か消し込みが出て10時半までに2匹を追加するが、時間10匹はもう無理。10時半を過ぎDscf3001Dscf3002て、小さなあたりを拾って更に2匹を追加し、ようやく第3目標にリーチだ。しかぁ~し、気持ちに焦りがあったとは思えないが、そこからウキの動きは更に悪化し、あたりらしきウキの動きもカラにバラシとあっては、再びイライラが出てくるか?何と1匹も追加出来ないまま11時を過ぎる。一時でも時間10匹なんて自惚れた自分が恥ずかしい。9匹目から約30分経過した頃になって、やっと小さなあたりが出てDscf3003Dscf3004第3目標クリア!更に次の餌打ちでも同じような小さなあたりで連荘!11匹目ゲットだ。あんな小さなあたりなのに鈎を呑んでいてビックリだが、1匹は1匹。こうなると人間の欲には限りがなくて、「上がりべら」でもう1匹。しかぁ~し、次の小さなあたりでは、グイグイ引かれた挙句にハリス切れ。もう餌があと2回分しかない時に切れるなんて、オー・マイ・ゴッド!急いで交換するが、ちょっと段差が変わってしDscf3005まった。でも今更直せないのでそのまま。すると、最後の1投でまさかの「上がりべら」ゲットだ!時刻は11時28分。結果、底では実釣2時間弱で12匹。10時頃にはバシバシあたりに合っていた気がした(個人の感想です)ので、何となく尻すぼみの感は否めない。さあ、次はどうしよう。まDscf3006だ12時前だし、餌をトロロの底釣りに替えて底を続行という選択肢もあるが、ここは宙に変えよう。竿は9尺、餌はガッテン:天々。開始する前にまずは昼食。そして「たな」1本での再開は11時45分。風・波はあるが、ウキが近いので何とかなるだろう。すると、数投でウキに動きが。ひょっDscf3007として釣れるかも。と、開始10分経つか経たないかのうちにズバッ!で1匹目ゲット。これは爆釣の予感?しかぁ~し、その後もウキは動き続けるものの、あたりらしき動きに合わせてもカラ。ウキが動いてあたりも出るなら、餌は正しい方向なのかも。すると、後は餌のタッチ(これが一番難しDscf3008Dscf3009い)?2匹目が出たのは12時を過ぎ、開始40分近く経ってから。更に連荘でもう1匹。だが、私の勝手な予想では、宙で8匹釣ってトータル20匹で終わるのだが、これまでの様子ではちょっと難しそうな展開だ。12時半を過ぎてもうDscf30101匹追加し、形の上では宙での第2目標にリーチとなったが、ウキの動きは次第に弱くなって、私も知る範囲で餌をいじくってみる(省資源釣法上、何かを足す事はないが)が、1時を過ぎる。厳しい~っ!餌も残り少なくなってきて、知らず知らずのうちに餌付けが小さくなった。すると、それDscf3011Dscf3012が功を奏したかどうかは不明だが、ポツポツと2匹をゲットして、とりあえず宙での第2目標はかろうじてクリアしたものの、1時28分に宙は終了。結果、宙では実釣1時間45分弱で6匹。底と併せても残念ながら20には届かなかっDscf3013た。が、時間的にはまだ充分余裕がある。もう1回餌を作って続行だ。前回奥でやった時には、竿は11尺で遠目だったが、マッシュダンゴを入れた餌で一応7匹がかかった(2匹はスレだけどね)。特Sはその時に使い切ったので、今日は最初と同じガッテン・天々に加えてみようとよからぬ企み。もちろん竿と「たな」は同じで1時半頃に再開。すると、餌というよりまだへらが残っていたのか、最初から消し込みが出るが、ことごとくバラシでガクガクッ。そのうちウDscf3014キの動きが悪くなり、餌に手水でどんどん柔らかくしていったら、2時を過ぎて開始50分くらい経過した時点でようやく1匹目。さっきより更に厳しい状況だ。何とかもう1匹釣ってトータルで20にして終わりたい。ただその一心で餌打ちを続けると、ズバッというあたりが出るには出たが、痛恨のハリス切れ。最早ガクガクッ×ガクガクッ。急いで交換するが、段差が少し詰まってしまった。けどそのまま続行だ。そろそろゴールデンタイムが来そうな時間帯だが、餌がDscf3015ダメダメで恩恵には与れそうにない。しかぁ~し、鬼まではいかないが放置プレイを続けると、3時半を過ぎてズバッ!ようやくトータルで20になった。が、状況は芳しくないまま3時近くなる。もう目標は達成したのだから、早く餌を打ち切って終わろう。な~んて考えていたら、3時少し前Dscf3016のラス前前にズバッ!で3匹目。でも、もう終わりでしょう。3時を過ぎたところで餌が尽き、無念?の終了となった。結果、2回目の宙では実釣1時間半強で3匹。何だかパッとしないまま終わった感じだ。宙では実釣3時間10分くらいで9匹。底と併せたトータルでは実釣5時間強で21匹。Dscf3017一応のノルマはこなしたと言っていいのでは(甘~っ!)。片付け。奥の常連さんは既にいなくなり、対面看板横にはご夫婦と坂の下には1人。傘を差していたにも拘らず、腕が少しヒリヒリする。片付けを終え、駐車場に戻る。暑くはないがジトジトしている。さあ、帰ろう。と、その前に恒例となったベイシア詣で。そろそろと池を後にした。
 
2日がかりでやっと書き終えた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

クラシックでも聴いて:その42

Docu0012言うまいと思えど今日の暑さかな、ではないが、真夏もビックリの暑さが続いている。出来るだけエアコンのお世話にならずに夜を過ごしたいとは思っていても、なかなか難しい。
昼は昼で、これまたエアコンなしには過ごせず、設定温度も28℃にすべく努力はしているつもりだが、どうしてもやや低めの設定になってしまう。大震災以来の省エネも頭がフラフラになってしまっては仕方ないところ。家を建てた時に設置したエアコンがまだ現役なので、今月の電気代が非常に気になる。
こうなったら、昼間は増沢の日陰で竿を出すか、それともエアコンの効いた図書館にでも行って時間をやり過ごすしかなさそうだ。
 
子供の頃に35℃という気温は滅多に(否、ほとんど)なかった
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年7月12日 (金)

奥の日陰は気持ち良かぁ~@増沢池 with Oさん

毎日暑くて堪らない。それでも出掛けなければと9時頃にゴー!もちろん行き先は増沢。何処か涼しく釣りが出来る場所があればそちらに行くのだが。駐車場に着くと、あっ、Oさんの車ハケーン!まずは確認の電話を入れると、いつもの深場整地された辺Dscf2973りに入っているようだ。周りは空いているかと尋ねたらOKなので、いつもとは変わって深場で竿を出す事にする。車も停め直し、こちらも整地された坂を降りると、いましたOさん。まずは挨拶。今日は7時頃から始めていて、20に近い釣果らしい。私は少し離れた左に入る事にするが、底の具合が悪いのDscf2974で12尺が必要と言われた。が、釣り台を前にセットすれば11尺でも何とかなりそうだ。水位が長靴ギリギリなので、ちょっと油断すると水が入って来そう。餌はいつもの夏・冬・マッシュダンゴ。底取りでは何もかからなかったので、これは行けそうと開始は9時48分。風・波は予報どおりで仕方ないが、何より傘を差さなくて良いのがグー。Oさんは飽きない程度に竿が曲がると言うので、私も期待するが、確かに餌打ちを始めてすぐにウキが動き始めた。これは前回の再来かな?しかぁ~し、あたりと思って合わせると、変わり身の術で木の枝。これが数回続き、Oさんからまずは底の木の枝を釣り切ってからと言われてガクガクッ。12尺を出せば良かったかと、いつもながらのタラ・レバ。が、Dscf2975Dscf2976開始10分経たないうちにあたりに合って1匹目ゲット!これは素晴らしい。更に次の餌打ちでもチクッという抜群のあたりで連荘!何だか爆釣の予感がしてきたぞ。しかぁ~し、何故かそこからウキの動きがバッタリ。Oさんからもウキの動きが一気に悪くなったと言われ、10時を過ぎる。そしてそのまま10時半。何だ何だこれは?たまにウキがフワッと返したりするので、へらはいるに違いない。が、たまに出るあたりが変わり身の術ではガクガクッが止まらない(ロマンチックでは?)。ウキ下Dscf2977の微調整とか餌付けの変化とかもしてみるが、10時半を過ぎてやっとあたりらしいあたり!そして3匹目ゲットだ。Oさんはトロロの底釣りを使っているので、どれくらい餌を柔らかくしているか触らせてもらったが、カナリヤバイ状態。そっと振らないと餌が落ちると言われ、多分私が使うと毎回のように癇癪が爆発して釣りにならないだろう。さて、常連さんはボチボチやって来たが、対面は依然として誰もいない。私のいつもの場所付近はここからでは見えないが、人の気配はない。これだけ暑いと入る場所は限られるので、週末でも10人はいない感Dscf2978じだ。私のウキは相変わらず動きが弱い。そして波の中あたりらしきウキの動きが出ても手が出なくなっている。が、11時前に空合わせで「かかってます」が出た!何でもOKです。カウントカウント。やっと第2目標にリーチだ。すると、今度は11時を過ぎての食い上げ!ウキのボディまでグーDscf2979ンと返したのに合わせて、やっと第2目標クリア!一時はどうなる事かと思ったが、とりあえずやれやれ、だ。が、その次がなかなか出ない。1回木の枝のダブルが出て、最早これまでか。が、11時半頃にOさんからあたりなのかシモりなのか分からない場合があると言われてすぐに、どちDscf2980らか分からないウキの動きに合わせれば、やった6匹目!いよいよ餌が残り少ない。今日もウキを見つめ過ぎて、普通は1時間半くらいで終わる餌だが、2時間近くまで持ってしまった。しかぁ~し、諦めムードが漂う中、シモッたウキがスッと入るのに合わせて、やった7匹目!途中からスッDscf2981キリしないウキの動きで釣れていたので、終わり頃ではあるがあたりをバッチリ捉える事が出来て、満足。そして11時47分に餌が尽き、底は終了だ。結果、実釣2時間で7匹。前回の半分だが、これが私の普通です。さあ、次は宙。と、その前に、途中から波が大きくなって、長靴にも水Dscf2982が浸入したため、宙は釣り台を岸に上げてやる(半分は水の中ですが、何か)事に。これにモタモタしているうちに12時のサイレン。何とか設置OKとなれば、次は仕掛け。竿は11尺のままでやるので、仕掛けを作らなければならない。が、これにもモタモタ。ウキの視認性がかなり悪くなっているので、3回も交換してやっと決めた。ハリスも当然ながら現地施工です。餌は特S:天々:マッシュダンゴの両ダンゴ。ようやく特Sを使い切ったので、次回からはガッテンが主軸の餌になる。それから昼食を摂り、「たな」1本での再開は12時40分。1時間近く経ってしまった。さて、久し振りに9尺以上で宙をやるので、竿を振る感覚がぎこちない。それでも数投で何とか。すると、ウキは馴染んでから弱く返すようになったではないか。そしてスッと(何故かズバッ!とは感じない)入るあたりも出るが、カラ。じきに1時。すると、今日は午後から用事があると言っていたOさんが終了。私の感じではトータルでは30くらい行った気がするが、当のご本人は行っていないとの事。と、ここで消し込Dscf2983み!慌てて合わせれば、やったかかりました!おおっ、サイズも今日一番のグーだ。しかぁ~し、寄せる途中でやけに目が出ているのに気付く。ガックリ目にスレでした。あまりに悔しくて一応写真。これはなかなか辛い。でも、仕方ないのでここは気分を変えて続行だ。すると、何と言う事でDscf2984しょう、次の餌打ちでまたもあたり!そしてかかりました!やった今度こそ正真正銘の1匹目。サイズはグッと小さくなったが、1匹は1匹。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、ここから何故かあたりが遠のく。そしてあたりらしきウキの動きに合わせてもカラ。餌に手水で柔らかくして行くと、1時半を過ぎて再びスッ!で2匹目。時合が来たのか、それからもポツポツと2匹を追加しDscf2985Dscf2986Dscf2987て、いつの間にかトータルでの第3目標クリアと、宙だけでの第2目標にリーチ!そしてDscf29882時を迎えると、スッ!というあたりでやった5匹目!宙だけで第2目標クリアだ!いよいよ餌が残り少ないが、今の調子ならもう1匹くらいは釣れそうな気が(あくまで個人の感想です)。すると、最後の1投でまたもスッ!やった「上がりべら」ゲットか?うわっ、凄い引き!おまけに糸鳴りまでして、一体どんな大物がと喜んだが、それも束の間、引きがどうもおかしい。寄せる途Dscf2991中でガックリだ。腹びれにスレていた。終了。時刻は14時8分。結果、宙では実釣1時間半で5匹。スレに始まりスレに終わった宙だった。トータルでは実釣3時間半で12匹。Oさんとは比較にならないが、私なりの結果でしょう。片付け。常連さんはまだ3人残っていて、続行のようだ。対面看板横付近にはいつものご夫妻が来た。片付けを終え、常連さんに挨拶して駐車場に戻る。いつもと違う帰り道はなかなかしんどい。少し息が上がった。さあ、今日もベイシア詣で。荷物を積み込み、とっとと池を後にした。
 
イタリア料理店BONZARINOが、パスタとピッツァのDAIDOCOROと名前を変えていた
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2013年7月11日 (木)

新角でうな丼

P1000015今日の昼食は思い切って新角(しんかど)でうなぎ。随分張り込んだつもりだった(なにせ特上ですよ!)が、出てきたのは以前ガッカリした藤田と似たようなものだったのがちょっと残念。価格もその時とそれほど変わらない(なにせ特上ですよPART2!)ので、これがうなぎ業界の今なんだと痛感した。味も、久し振りなのでイメージが膨らみ過ぎたのか、こんなもんだったかなという感じ。いや、別にマズイと言っている訳ではありませんよ。思い入れが強過ぎたのかもね。
 
暑さで参っている体に土用の丑を前倒しで
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2013年7月10日 (水)

底と宙では大違い@増沢池 with 岡ジャミザわさん:PART2

注)一つ下の記事の続き
 
ザわさんが来た頃に宙を開始。すると、じきにウキはモヤモヤし始めるが、何となくあたっているようなそうでないような。底の時とはちょっと違う様相。ザわさんは先月は土日はほぼコンサートだったそうで、遊びにも釣りにも行けなかったようだ。さて、話に夢中になると釣りの方がおろそかになる私、あたりのようなウキの動きにも手が出そうで出ない。たまに合わせるとカラ。ザわさんから今のはどうだと言われるくらい合わせない。そうこうしているうちに12時のサイレン。いやぁ、なかなか厳しいなぁ。もっと簡単に釣れると思っていたのだが、甘かったか。でも、もうセットにはしませんよ。しかぁ~し、ズバッDscf2960Dscf2961と入るあたりでようやく1匹目。う、嬉しかぁ。すると、次の餌打ちでもズバッというあたりが出て連荘!これは素晴らしい。更にしばらくしてもDscf2962う1匹と、これから時合が来るかのような感じに、ちょっとウキウキ。しかぁ~し、これだと思うあたりでバラシが出たりカラだったりで、なかなか次が出ない。挙句の果てにはズバッというあたりでスレ。これにはガクガクッ。ザわさんからはカウントカウントと言われるが、残念出来ません。しDscf2964かぁ~し、まだあたりは続いていて、再びズバッというあたりで4匹目!これはなかなかのサイズ。ちょっと口がつぶれているのは鈎外しでやられたか。そろそろ餌が終わるので、何とかもう1匹「上がりべら」で第2目標クリアと行きたいところだが、1時を過ぎてのズバッではまたもスレ。更に最後の1投でも尻びれから見えてきては万事休す。ザわさんもそれを機に岡ジャミ終了Dscf2967となった。長い間お疲れ様でした。時刻は1時6分。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間半で4匹。危うくスレと並ぶところだった。さあ、次はどうしよう。ザわさんからは晩までやるように言われたが、そこまで気力が持ちまシェン。今度はガッテン:天々でやってみよう。これで3時前には終われる筈。もう目の前に見えてきた20匹は何とか達成したい。再開は1時10分。すると、それまでとは餌のタッチが違うのか、すぐにはウキが動き出さなかったが、餌打ちをDscf2968続けるうちにモヤモヤ。そして開始30分経たないうちにズバッ!で1匹目。これで20匹まであと1匹。今度こそすぐに達成出来そうな気が。しかぁ~し、先程よりあたりが小さくなってきたか。なかなか合わせ辛い。しかも、ズバッ!で今日初めてのハリス切れ。いよいよストックがなくなった。あたりには強く合わせないよう、またかかった際にも無理をしないよう。2時少し前に再Dscf2969開すると、何と言う事でしょう、第1投でズバッ!そしてかかりました!2匹目ゲットで20匹達成だ。本当は宙で10匹くらい釣る予定だったのだが、こうなったらあと5匹追加して時間あたり5匹くらいは何とか(ちょっと無理かも)。しかぁ~し、次のあたりで一旦はかかったものの、連荘かと「たも」を用意した途端に外れて、仕掛けが絡むアクシデント。これもいつもなら癇癪大爆発でハリスをブチブチ切るのだが、ストックがないのでそれは出来ず、我ながらあきれるほどに慎重に絡みを解く。いつからこんな粘り強い人間になったのか、不思議だ。何とか絡みが解けたので、早速餌打ち開始。すると、何と言う事でしょうPART2、またも第Dscf29701投でズバッ!でかかりましたよ。いやぁ、素晴らしい。何とかあと4匹(オイオイ)。しかぁ~し、ここからウキの動きが一気に悪くなる。そろそろゴールデンタイムになる時刻なのに、何故?カラだっかりバラシだったりで一向に数が増やせないまま、餌打ちに失敗してウキが手前に立ってしまったが、もう餌がそれほど残っていないので、急いで仕掛けを上げるのも勿体無いと我慢していたら、やたらとモヤモヤするだけで、あたりならない。ひょっとしてブルーが悪Dscf2971戯しているのでは、と空合わせをくれると、何とかかってます!あのウキの動きで食ってるとは?まあ、かかった事に変わりはないので、カウントカウント。しかぁ~し、最後の1投はカラで終了だ。時刻は2時47分。結果、2回目の両ダンゴの宙では実釣1時間半余で4匹。宙のトータルでは実釣3時間余で8匹。サイズはアップしたが、ウキの動きほどには釣れなかった。底と併せたトータルでは実釣5時間で22匹。前半の底では時間あたり7匹と絶好調(もちろん私にとって、だが)だったのが、宙にしたら失速して、結果的には時間あたり4.4匹とDscf2972なった。まあ、最近の私にしては上出来と言えるのだが、何となく尻すぼみな感は否めない。片付け。対面には看板横付近でへら師が竿を出している。一番暑い時にやって来るとは、お主やるな!片付けを終え、駐車場に戻る。ある程度数が出たせいか、それほど疲れていない。さあ、今日は久し振りにベイシアに寄って帰ろう。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を後にした。
 
1年に何度もない底での結果に満足
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

底と宙では大違い@増沢池 with 岡ジャミザわさん

昨日はお休みだったが、一で二三さんから何処でやっているかとメールがあった。お休みでスミマセンでした。さて、それでは今日は出掛けましょう。少し早めの8時過ぎに家を出る。まずはGSで給油と洗車。それから池に向かって走るが、途中で大事な忘れ物に気付いた。そうです、せっかく水筒にスポーツドリンクを用意したのに、出掛けに置いてきてしまったのだ。ジーザス!仕方ない、コンビニでかなり割高なものを買って駐車場に着いたのは8時半を過ぎている。急いで車から荷物を降ろして池に向かうと、この暑さDscf2944のせいなのか対面には誰もいない。常連さんもまだのようで、こちら側は塩ビ管付近に1人だけ。私はいつもの場所に入って、さあ準備しよう。とても傘なしにはいられないが、一昨日の大楽地よりは楽だ。竿は11尺で底から入る。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。大楽地では撃沈したが、今日はどうかな。増沢は先週末に柳の木の奥に入ったが、芳しくなかった。あの状況が続いているなら、今日も厳しい(凸もあるかも)釣りになるかもね。底を取り、開始は9時5分。すると、意外やウキはすぐに返すようになったではないか。Dscf2945まさかの高活性?そして開始10分ほどで最初のあたり!やった1匹目ゲットだ。これは行けそう?しかぁ~し、ハリスが絡んでしまった。玉こぶになっているので解けず、ハリス交換を余儀なくされる。釣り台を降りて竿ケースからハリスケースを取り出していると、フッと風が吹いたと思ったら、バシャッと言う音!ゲゲッ、釣り台が倒れた!元より傘の角度が不安定だったのに、釣り台を降りる際に傘をすぼめなかったために風にあおられたのだ。餌は元より、ハリスを切るために小物入れの口も開いていたので、小物入れと共に小物が池に。不幸中の幸いだったのは、2段になっている下の方は浸水だけで済んだ事。いつもならカーッとなって癇癪も大爆発するのだが、今日は「あ~あ、仕方ないなぁ」と釣り台を起こし、傘はたたんで小物を探す落ち着き。自分でもビックリだ。水中の小物は水が澄んでから探すとして、水に濡れた小物とかクッションを乾かす。カンカン照りも幸いした。ハサミも見つかDscf2946らないので、とりあえず歯でカット。少しハリス段差が変わったが構わず、餌も同じものを作り直して再開は9時半過ぎ。すると、何と言う事でしょう、開始第1投で消し込み!そして2匹目ゲット!これは前回とは全く違う展開になりそうだ。災い転じて福となす?が、そんな都合良く事Dscf2947が進む筈もなく、9時台にはもう1匹も消し込みで。何でこんなあたりしか出ないのか?それでも既に前回柳の木の奥とタイになったのは素晴らしい。でも、次第にウキの動きが悪く(動き過ぎ)なってきた。何処で合わせれば良いのか?迷いながらもとにかく合わせると、10時を過ぎてから30分間に6匹。サイズ的にはやや不満が残るが、最近こんなに釣れた記憶がないのDscf2948Dscf2949Dscf2950Dscf2951Dscf2952Dscf2953で、嬉しかぁ~。第2目標は軽くクリアして、第3目標にリーチだ。すると、10時半を過ぎDscf2954てすぐに10匹目!やったぁと喜ぶが、それも束の間。見事な放流サイズだ。でも、1匹は1匹。第3目標クリア!これを機に、干してある小物を片付け、澄んできた足元から小物を回収。ハサミも無事見つかってまずはホッ。そして再開すると、すぐにウキが返してモヤモヤ。まだまだ釣れそうだ。それからカラやらバラシやらを挟みながら、11時までに4匹を追加。素晴らしいの一Dscf2955Dscf2956Dscf2957Dscf2958語。もう1匹釣って「上がりべら」にしたいが、それまであまり考えなかったので、欲が出てあたりの取り方がチグハグになり、全くかからないまま最後の1投。しかぁ~し、ここでもアウト。時刻は11時14分。結果、底では実釣2時間弱で14匹。久し振りに良く釣れた(もちろん私にとって、だDscf2959が)。常連さんは既に集まった様子。対面ダム?そばにも1人入っている。さあ、次は宙。今日は「お」をやろうと思っていたが、底でこれだけ釣れるなら、宙も両ダンゴでやってみよう。竿は9尺、餌は特S:天々:マッシュダンゴ。トロ掛けの仕掛けになっているので、短バリスを交換するが、最近はハリスを巻いていないので、あと1本しか残らない。いかにしてハリスを切られないようにするかが今日のミッションか(その前にかかる必要があるが)。11時半過ぎに開始しようとしていると、右の浅場方面(最近は草ぼうぼうでどうなっているか全く分からない)からガサガサと音。蜂がいるから怖くて行けないとか聞こえてきたので、まさか熊(熊はしゃべりません)?ドキドキしながらそちらを見ていると、出てきたのはザわさんでした。西の平以来ですね。
 
あまりに長文(冗長とも言う)なのでPART2へと続く事にする
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年7月 8日 (月)

自虐ではない、ただのヘボだ@大楽地の池

今日から暑さがグーンと増す。出来れば日陰の増沢に行きたいが、男に二言はないとか言っちゃって、無理矢理出掛けました大楽地。移動途中も暑くて暑くて、増沢にすれば良かったのにと早くもタラ・レバ。おまけに腹の具合も悪くなって、まさに始める前からの踏んだり蹴ったり。池に着くと、何と駐車スペースには4台が停まっている。急いで堰堤を駆け上り池の様子を覗うと、堰堤左端方面に2人、対面「寝台」に1人とその奥に2Dscf2941人の計5人の先客。車に戻って荷物を降ろし、私は空いているバルブの横に入る。右側ジャカゴはまだ翳っていて涼しそうだが、ここは傘なしにはいられないほど暑い。汗を拭き拭き準備だ。短い竿でOKらしいが、面白くないので11尺。もちろん底。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。何故マッシュダンゴなのかと言う事は説明の必要がありません。今日から水筒にタップリの氷とスポーツドリンクを入れて持参しているから、ほぼ飲み放題で行ける。底も取れ、開始は9時48分。が、ウキは餌が溶けて返す以外の動きなし。先客では堰堤左端と対面「寝台」が竿を曲げる。何とか行けそうか。しばらくして、先客と私の間に1人、更に先客の間に1人が入るが、私のウキは動かないまま。最初こそ餌打ちのインターバルを気にしていたが、途中からどうもウキを見つめる時間が長くなってきた。あっ、隣(後から来た人)が竿を曲げた!深い宙のような気がする。私の底は間違いだったのかも。その後もウキ下の微調やら餌付けやらを変化させるものの、時間だけが過ぎる展開に。対面「寝台」はトータルで3回くらい竿が曲がった気がするが、その奥の2人は、最初から最後まで「さわりが出たか?」と言うのが合言葉になっていた。それでも1時間くらい経過してからは、少しではあるがウキが返すようになって来た気がして、更にウキを見つめる時間が長くなった(後で分かった)。が、はっきりあたりと思える動きは一度もなく、11時半。対面「寝台」は終了した。堰堤では左端と私の隣だけが竿を曲げているが、左端のその後は不明なのに対して、私の隣は昼までに3回は竿が曲がった。う、裏山鹿~。見えないプレッシャーで、気の弱い私はノックアウト寸前。今更ながら底取りをやり直すと、何と今日初めてのはっきりしたあたりが!しかぁ~し、カラ(ガクガクッ)。更に次の餌打ちでは、ズバッという消し込みにかかったが、途中で外れた(ガクガクッ×ガクガクッ)。その後もウキは動いたが、1回もかからず12時のサイレン。開始2時間経っても餌が終わらないと言う事は、いかに餌打ちのインターバルが長かったかと言う事。それが功を奏していればまだしも、未だ凸。そして12時10分に餌が尽き、無念の終了となった。結果、実釣2時間20分強で凸。何だろう、隣にプレッシャーDscf2942をかけられた以外にも、手の打ちようがなかった(ハリスだけは手を付けていない)自分が辛い。あまりにもウキを見つめ続けるなんて、何だか釣りを始めた頃に戻ったようだ。とりあえず水分補給と昼食。さて、次はどうしようかな。宙にしようかな。でも、隣が宙で釣れているからといって、私が釣れる保証はない。少し悩んだが、ここは底を続けよう。竿はそのままで、餌はトロロの底釣り。再々度底を取り直して(気分転換)、再開は12時25分だ。すると、最初こそウキが返したものの、次第に動かなくなってくる。隣だけでなく、まだ竿が曲がったところを見ていない先客の竿(短竿で底?)も曲がり、あとは私と後から来て先客の間に入った人(この人は先客の知り合いのようで、同じく短竿の底か)だけがおいてきぼり状態(あくまで個人の感想です)。既に集中力は失せ、餌打ちマシンと化した私はとにかく餌を打ち終えるのがミッションになっている。が、1時半を過ぎる頃からようやくウキがモヤモヤ。何とか1匹と願うが、あたりにはならない。しかも、最初に懲りて餌付けの大きさとかインターバルを考慮したおかげで、餌が残り少ない。どうやら今日は凸で終わりそうだ。しかぁ~し、2時近くなって、いきなりウキに動きが。そして小さく入るあたりらしき動きも。が、これがかからない。更にはあたりの見過ごしも出てしまい、万事休す。最後の1投に賭けるが、虚しく終了だ。時刻は2時20分。結果、2回目の底でも実釣2時間弱で凸。トータルでも実釣4時間10分で凸。隣は午後になっても3回は竿を曲げた。脱帽です。更に更に、それまで私と凸を争っていた筈(あくまで個人の感想ですPART2。)の後から来た人も竿を曲げ、堰堤では私1人が凸。こうなると、食い渋りとかではなく、単に私がヘボDscf2943だと言う事がハッキリして、逆にスッキリした(ホントか?)。片付け。対面奥の先客2人も終わっている。もう一度餌を作って宙という選択肢はとうに消え失せている。一番暑くなる時間帯に片付けとは、皮肉なものだ(これくらいが自虐的か)。片付けを終え、隣に挨拶して堰堤を降りる。朝のタラ・レバは正解だった。さあ、帰ろう。次はまた増沢で癒してもらわなければ。でも最近は増沢も厳しくなってきたので、果たして癒されるかどうか。車に荷物を積み、トボトボと家路に着いた。
 
宙をやっていれば(本日の何回目かのタラ・レバ)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2013年7月 7日 (日)

クラシックでも聴いて:その41

Docu0011今朝は曇って雨も少しあったのだが、今は快晴。一気に暑くなった気がする。そんな訳で(どんな訳だ?)、今日は家で大人しく。遂にクラシック50枚組も残り10枚を切った。このまま駆け抜けて、年内にはシリーズ終了と行きたいところだ。
ところで、釣りの方も何とか半年で50回の釣行となり、初っ端の出遅れを何とか挽回した格好だ。しかぁ~し、相変わらずの増沢頼み。個人的にはノー・プロブレムなのだが、自虐的にはなっていないので外野がうるさい?、他の池にも行かないとね。
それでは明日は久し振りの大楽地にでも。えっ、それでは自虐的ではないって?いやいや、私には充分自虐的ですよ。
 
斧にはなかなか足が向かないのが本当のところ
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2013年7月 6日 (土)

湿気の多い中、苦戦@増沢池

ずっと用事やら雨やらで竿を出せなかったので、今日は頑張って増沢。が、途中で車のフロントグラスに雨粒。急にやる気が失せたが、駐車場にはへら師と思われる車が数台。1人が荷物を持って池に向かって行くところ。少しぐらいの雨ならやろう!と気持ちを切り替え、私も荷物を降ろして池に向かう。しかぁ~し、何と言う事でしょう、私より少し先に行った人が、私のいつもの場所で準備中ではないか。ガクガクッ。仕方なく私は裏Dscf2928道から旧爆釣ポイント方面に向かうが、待てよ、塩ビ管付近にはいつもと違うへら師。私も釣り座を変えてみよう。かなり久し振りに柳の木の奥に入る。もちろん私のいつもの場所で先客には挨拶。気温はそれほどではないが、湿度が高くてムシムシ。少し風・波があるのが嬉しい。竿は11尺の底から入ろう。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。底も取れて開始は10時10分。ウキの馴染みは特に問題なさそう。が、ウキはゆっくり左へ流される以外には動きも感じないが、返しているようにも見えて、どうしても餌打ちのインターバルが長くなってしまう。それでも開始20分くらいで初のあたりらしき動き。これに合わせDscf2929れば、やったかかったでしょう!何だ何だ、釣れるじゃないか。サイズもそこそこだし、この調子が続けば言う事なしだろう。しかぁ~し、その後はウキは弱くではあるが返すようになったものの、下向きに入る事はない。前回のように、上向きのあたりが取れれば良いのだが、これは慣れていない事もあってなかなか難しい。更に、たまに出るあたりらしきウキの動きに合わせてもカラ。おまけにシトシトではあるが雨も降ってきた。11時近くなって、ようやくウキ下をいDscf2930じる。すると、すぐにその効果が出たのか、震えるようなウキの動きに合わせて2匹目ゲット!と、ここまではまだ何とかなりそうな気配だったのだが、そこから先は返しはあってもあたりが出ないし、たまにあたれば今度はスレバラシ。あれあれと思っているうちに開始1時間、そして1時間半が経過。右の先客を見る心の余裕もなく、再度底を取り直す。ゲゲッ、少しではあるが違っていた。再開すると、今までとは馴染みも違って、ムズッと感じたウキの動きでDscf2931ようやく3匹目。餌は最初の頃の餌打ちのインターバルが長かったせいでまだ少し残っているが、最早これまでか。雨は上がったがテンションはさっぱり上がらず。対面看板横にいた先客と、塩ビ管付近にいたお爺さんと孫の2人は既に帰っている。そして虚しく12時のサイレン。と、ここで右の先客も終わったようだ。私より少し後に始めたので、まだ2時間も竿を出していないのに、もう終わるのか。片付けを終えて私に話しかけてきた。今日は食い渋りであたりが1回だけ(釣れたかどうかは聞かなかった)。あまりに釣れないのでもう帰るらしい。私が竿を曲げたのを見ていたようだが、ホントへら師は周りを見ているね(見ていないのは私だけ?)。先客が見ている間に、消し込みでかかったが、残念顎にスレ。ちょっとカッコDscf2933悪かったなぁ。対面で釣れるのはどの辺りかと聞かれたので、看板横と坂の下と答えておいた。お疲れ様でした。私も12時15分に餌が終わり、終了だ。結果、底では実釣2時間余で3匹。食い渋りは仕方ないが、あたりが欲しくてウキを見過ぎ、ペースを作れなかったのが反省点か。さあ、次は宙。「お」とトロ掛けのどちらにしようかと迷ったが、ヒゲトロの封を切っているのでトロ掛けで行こう。バラケはS-ブルー。と、その前に昼食。前回に懲りもせず「たな」1本半での再開は12時32分。ヒゲトロは繊維が長いのがグーでもあり邪魔でもある。これをしごいて取ろうとすると、結局大半が取れてしまって癇癪がムクムク。いや、ここは我慢だ。すると、数投でウキがモヤモヤ。そしてしばらくすると、ズバッ!が、カラ。その後も何となくモヤモヤとかチクッ!とか極くたまにズバッ!とかウキは動くがいずれもカラ。辛抱が続かず、1時過ぎには「たな」を1本に。すると、すぐにウキに動きが出るが、これDscf2934もたまに出るズバッ!でカラの繰り返し。何だかなぁ。1時半を過ぎた頃、やっとズバッ!にかかりました。開始1時間経ってようやくの1匹目。う、嬉しかぁ~。さあどんどん行こう。だが、なかなかそうは問屋が卸さない。バラケの経時変化なのかバラケの持ちが良くなって、ウキがフワフワ。まだゴールデンタイムには少し早いが、あたりが欲しい~っ。すると、2時前になって、またDscf2935Dscf2936もズバッ!というあたりでかかりましたよ!バラケを食っていたが、ドンマイドンマイ。これでようやくトータルでの第2目標クリアだ。痺れるなぁ。すると、次の餌打ちでもズバッ!でかかりました。連荘だ!う、嬉しかぁ~PART2。少し早めにゴールデンタイムが来たのか。2時を過ぎてもまだウキは動いていて、フワフワDscf2937ズバッ!で4匹目ゲット!トロ掛けだけでの第2目標にリーチだ。他のへら師の動向は分からないが、私にしては充分の推移。しかぁ~し、次のズバッ!では竿先が水中に引き込まれ、懸命に堪えたもののハリス切れ。しかも両方。まさにガクガクッ。急いで交換するが、段差が少し開いてしまった気が。でも、そのままで続行。すると、ウキのモヤモヤは更に出るようになり、あたりが減る展開。段差が開いたのが原因なのか?なかなかあたりにならず、バラケも残り少なくなってきた。何とかもう1匹。が、甲斐なく2時半。すると、何故かは不明だが、Dscf2938いきなりのズバッ!が出て、やったトロ掛けだけでの第2目標クリアだ!これが「上がりべら」かもしれない。すると、その予想は悲しいかな当たり、で2時41分にバラケが尽きてトロ掛けも終了だ。結果、トロ掛けでは実釣2時間余で5匹。トータルでは実釣4時間15分弱で8匹。この後「お」もやってみたかったが、家の用事が控えているので終了だ。片付け。今日は30℃を超Dscf2940えるとか予報で言っていたが、湿気はあっても暑くはなかった。塩ビ管奥の常連さんはまだ竿を出している。対面看板横と坂の下付近にはご夫婦のへら師と猫の餌やりの人たち。片付けを終え、駐車場に戻る。これがしんどい。ムシムシで汗がじわり。さあ帰ろう。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
これから暑くてジトジトは続く(関東は梅雨明け?)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2013年7月 5日 (金)

ネットトラブルその他

最近ずっとネット環境が不調で、特にブラウザが次第に立ち上がってからの動作が緩慢になって来た。ドランクドラゴンの鈴木拓さんではないが、変なサイトを訪問したせいかも。
ウイルスチェックとスパイボットチェックを行ったら、出るは出るはヤバイのばかり。何度消しても現れるので、いっそHDDをフォーマットしてXPを再インストールしようかと思っていたら、次第に減って、今ではそちらはOKな感じ。
だが、ブラウザの動きがヤバイのは変わらない。特にバットさんのブログを見に行こうとすると、途中で止まってしまう。他の人のブログは、まあ大体OKなのだが、何故だろう。
ブラウザ(私はFirefox)がヴァージョンアップして、先読みでメモリを多く食うようになったからかもしれないと、久し振りにIE8を動かしてみたら、ほとんど変わらない。
何となくexplorerが怪しい感じだが、これ以上の知識を持ち合わせない私は、我慢して使い続けるしかなさそうだ。
 
さて、7月に入ってから、1日には釣行出来たのだが、3日にお盆で坊さんが家に来たので、前日の2日には季節外れのプチ大掃除。供物等の買い物もあって、せっかくyurieさんからお誘いがあったのだが、涙を呑んでお断りした(トホホ)。明日6日は天気は回復するようだが、暑さが半端ないとの予報。どうしようかな。
 
ネットトラブルについては、もう少し調べてみよう
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

2013年7月 4日 (木)

タイヤがパンク!

今朝病院の予約に行く時には何ともなかったのに、薬を貰いに行こうと家を出たら、車の左前からゴロゴロと音。何だろう、気になったが、とりあえず病院へ。家に帰ってふと車の左前のタイヤを見たら、ゲゲッ、ぺっちゃんこになっているではないか!朝は何ともなかったのに・・・。
以前同じようなパンク(その時はぺちゃんこになる前に気付いて、給油時にGSで修理してもらった)があって、気になったので車検の前でもあるしタイヤを4本交換したのだが、まだ替えて1年半くらいだ。1本だけ交換する事になるのかな。
とりあえずソニー損保に電話して、ロードサービスでスペアタイヤに無料で交換してもらった(恥ずかしながら自分でタイヤを交換した事がありません)。ちょうど自動車保険の更新時期が近付いているので、次回もソニー損保にお世話になるかな(前にもバッテリー上がりで面倒をみてもらって更新。タイミングが良過ぎる?)。
それからタイヤを買ったイエローハットに出向くと、タイヤ交換には至らず、何と無料でパンク修理をやってくれると言うではないか。ロードサービスのおじさんからはタイヤ交換が必至と言われていたので、ひとまず安心だが、本当に大丈夫だろうか。もしタイヤの空気が再び抜けるような事があれば、その時は間違いなく交換になるだろう。
ま、何はともあれ一件落着だ。
 
災いは忘れた頃にやってくる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

風・波が強いというのを言い訳にしよう@増沢池

もう7月。1年の半分が過ぎた。この調子なら、10年くらいはあっという間かもしれない。少年老い易く学成り難し、か。それなら行ける時に行かなくては、と言う事で、またまたやって来ました増沢。他の池より愛着があるのかな、それとも・・・何だろう。駐車場には9時半頃到着。それほど車は停まっていない。ちらっと見えた湖面は既に波立っており、ちょっとだけ士気が下がったか。荷物を降ろし、急いで池に向かうと、ゲゲッ対面にDscf2911は誰もいない。こちら側も塩ビ管付近から奥に常連さんがチラホラ。天気は悪くないのに、どうしたのだろう。まあいい、いつもの場所に入って、さあ準備しよう。結構な風・波Dscf2912で、宙は難しいかな(個人の感想です)。あっ、ダム?の上に消防車。今日は放水の訓練があるようだ。それで日向側には誰もいないのか。私はとりあえずいつものように底から入ろう。竿は11尺で、餌は夏・冬・マッシュダンゴ。風が強いので汗ばむ感じはない。太陽が木に隠れているので、とりあえず傘は出さない。底が取り辛いが、何とか決めて開始は9時50分。うわっ、やはりウキが流される。何だかなぁ、あたりを見られるかな。しかぁ~し、ほどなくウキが返しているような気がしてきた。そして、風・波の中でもハッキリ分かるあたりが!これにバッチリ合わせるが、残念カラ。でも、こんな早くからあたりが出るようなら、まさか凸はないだろう。しかぁ~し、その後も時折出るあたりに合わせてもカラばかり。でも、まだウキ下は調整しないぞ。餌を柔らかくして、餌付けも小さめに。開始30分が経過した頃、やっと何Dscf2913かにかかったが、すぐに外れた。ここでようやくウキ下を微調整。すると、それまでかからなかったウキの動きに合いましたよ!早くやれば良かったのに。やれやれ、凸は回避出来た。すると、それからポツポツと11時までに3匹を追加して、第2目標にリーチ!サイズはさておき、数は釣れDscf2914Dscf2915Dscf2916Dscf2917そうか。すると、11時を過ぎてすぐに5匹目!何だ何だ、爆釣ではないか。しかぁ~し、それはきっと風・波が弱まっていたおかげに違いない(オヨヨ)。再び風・波が強まると、あたり自体も少なくなる上に、またもカラが出る。が、それでも何とかもう1匹出るが、それでジ・エンド。11時31分Dscf2918に餌が尽きて底は終了。と、ここで余計な考えがムクムクと頭をもたげてきた。まだ12時まで少し時間があるので、トロロの底釣りの残りを使い切ろう。急いでチョコチョコと餌を作り再開。しかぁ~し、餌が替わると普通はあたりが出たりするものだが、これが出ない。まあ風・波が出ていると言うのも関係あるかもしれないが、結局1匹も釣れずに12時6分に終了だ。2回くらいあDscf2920たりのような感じの動きがあったが、カラでした。結果、底では実釣2時間10分弱で6匹(本当は1時間40分で・・・)。消防車は橋の上から坂と池の上流に放水して帰った。さあ、気持ちを切り替えて次は宙。底でもかなりウキが流されたので、宙では更に厳しい釣りになるような気が。と、その前に昼食。それから竿を9尺に替え、餌は特S・天々・マッシュダンゴ。何故マッシュダンゴかと言えば、それは使い切るため。風・波に対応するため、「たな」を1本半にしての再開は12時25分。しかぁ~し、これが裏目に。ウキが立ってから馴染む間にかなり流されてしまう。更に、馴染むまでに餌も落ちてしまうようだ。おまけに上手く振れないとあっては、ダメだこりゃ(長さん風に)。しばらく我慢して続けてみたが、じきに限界に。急いで1本に変更。これなら馴染むまでの時間が少しではあるが短縮出来た。すると、風・波が一時的に弱まった事もあるが、ウキに動きが出た。何とか1匹釣ってマッシュダンゴの顔を立てたい。しかぁ~し、再び風・波が強くなり、更には餌を練り過ぎたのか持ちが良くなって、フワフワだけが出るように。省資源釣法により、何かを追加する事はないので、そのまま続行するが、数回あたりらしきウキの動きはあったものの、残念1匹もDscf2921釣れずに餌が尽きた。時刻は1時36分。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間10分で凸。もう帰りたいのはマウンテンマウンテンなのだが、凸で終わると言うのが気に入らない。そこで、今日はこの後特に用事もないしベイシアにも寄る事もないので、残業だ残業!竿とウキはそのままで、ハリスを交換。餌はS-ブルーとヒゲトロ。そうです、100均でなくメーカー品のトロロですよ皆さん。バラケも専用とあっては、これで釣れない訳はない(根拠レス)。ハリスは10cmと17cmくらいになってしまったが、今更変更は面倒なのでそのまま。「たな」は1本のままで再開は1時45分頃(失念!)。流石にメーカー品だけあって、トロロの繊維が長い。また鈎持ちも良いような気が(個人の感想ですよ)。が、それと釣れるのとは違う。餌打ちを始めるが、やはりドンブラコは止まず、とにかく餌を打ち続けると、そのうちに何となくウキがモヤモヤしているように思えてきて、早くあたれと思うものの、確かに数回あたったような気がして合わせてみたが、いずれもカラ。すぐに2時。対面は看板横と坂の下に人が増えた。こちら側も柳の木の奥に1人。日差しが左から痛いほど降り注ぐので傘をセットしているが、そのせいで竿が更に振り難くなっている。が、2時を過ぎる頃から風・波が穏やかになってきて、ウキの動きも良く分かるようになった。すると、意外にウキは動いていて、ただズバッという動きがないだけ。それでも開始30分が過ぎるDscf2922頃、やっと出ましたズバッ!そしてかかりましたよ!底で6匹目を釣ってから2時間半釣れなかった。いやぁ、痺れるなぁ。ただ、何となくではあるがバラケのタッチが気に入らない(個人の感想ですよ)。でも、規定量作ったので、何とか使い切らないと(趣旨が変わっている?)。ウキの動きはDscf2923Dscf2924なくならず、2時半を過ぎる頃に再びのズバッ!で2匹目。これは素晴らしいと意気込んで餌打ちすれば、またもズバッ!やった連荘かと思ったが、引きが違う。残念ブルー。もちろんさっさとご退場願いました。しかぁ~し、その後は何故かウキの動きが悪くなる。もうじきゴールデンタイムなのに?そして3時。常連さんはいつの間にかいなくなっているようで、奥の方は静かだ。さて、バラケは経時変化、トロロも何となく鈎持ちが悪くなったようで、これはマズイと思いながらも餌打ちを続けれDscf2925ば、いきなりの消し込みで3匹目!最早私のアームとは無関係なところで時合が動いているようだ(今頃気付く?)。さあ、トータルでの第3目標に一応リーチ!ただ、いつもながらの「餌がもうない」。バラケの付け方が段々小さくなる。すると、それが功を奏した?のか、3時半近くなってまDscf2926たもズバッ!でやったトータルでの第3目標クリア。どうやらこれが「上がりべら」になりそうだ。それからじきにバラケが尽きて終了。しかぁ~し、納竿し難く、悪あがきで両トロロ。すると、1回はあたりらしきウキの動きが出たが、元より餌ではないのでじきにシーンとなって、3時39分に終Dscf2927了。結果、トロ掛けでは実釣1時間50分強で4匹。トータルでは実釣5時間10分で10匹。言い訳は風・波だとしておこう。片付け。やはり私は4時間くらいが妥当な釣り時間では?体力気力が続かないのだ(釣れていれば別)。これから更に暑くなり、また釣れなくなるのは目に見えているので、回数を稼ぐのも大変かもしれない(ようやく先月末で50回)。片付けを終え、駐車場に戻る。とても疲れている。この後用事がなくて良かったぁ。車に荷物を積み、のろのろと池を後にした。
 
まずは気力を何とかしないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »