« THE EAGLES/THEIR GREATEST HITS | トップページ | 雑感 »

2013年7月26日 (金)

暑くて釣れなくて、でも前回よりは@増沢池

なかなか遠くに行く気にならなくて、今日もやって来ました増沢。ちょっと出遅れの感はあるが、私的にはOK。急いで荷物を降ろして池に向かうと、対面は旧流れ込みに1人Dscf3057と看板横に2人。こちら側は柳の木の奥に前回と同じ先客のようだが、これも前回と同じく不在。塩ビ管付近から奥には常連さん。私もいつもの場所で準備しよう。風・波はそれほどなく、ジトッとした空気で早くも汗。竿は11尺の底から入る。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。何故かは言いません。底を取り、開始は9時21分。タオルで顔を拭き拭き餌打ちすれば、すぐにウキが返す。が、その後がない。看板横では次々と竿が曲がっているよDscf3058うにも見えるが、今日も難しい釣りになるのか。それでも開始15分くらいで、小さくチッと入るあたりでやった1匹目!結構重いのでスレかと思ったが、グッドサイズだった。幸先良いが、果たしてどれくらい釣れるのかな?餌をどんどん柔らかくしていくと、今度はズバッと消し込むあたり!これDscf3059はマズイ、今度こそスレか?しかぁ~し、これもしっかり食っていた。よしよし、この調子なら今日こそ爆釣だ。すると、爆釣とまではいかないが、10時前に気を抜いていたところに1目盛入るあたりが!慌てて合わせると、やったかかりました!ん、引きが今までより弱くなった。そうです、Dscf3060サイズダウンなんです。でも、開始40分くらいで3匹なら2桁くらいは行くかなと、取らぬ狸の何とやら。しかぁ~し、次第にウキの動きが悪くなる。風・波も出てきた。10時半少し前にはあたったのかあたらないのか分からない中合わせてようやく4匹目。しかぁ~し、ここから本当にあたりDscf3061が遠のいた。餌打ちマシンにならないようウキ下の調整やら餌付けやらの工夫をするが、ウキの返しも弱くなってアウト!そのまま11時。隣はいつの間にか帰ってきて竿を出している。この後しばらくして再びいなくなるのだが、何処で何をしているのだろう。さて、11時を過ぎると再びウキの動きが良くなって、あたりらしき動きも出るが、かからない。それでもズルッと入る動きでよDscf3062うやく第2目標クリア。4匹目から50分くらい経っている。残り少ない餌(見ている時間が長くなってまだ残っている)で何とかもう1匹。しかぁ~し、どうにもならず11時半。そろそろ餌が終わる。5匹で終わりとは、どんどん釣れなくなるなぁ。しかぁ~し、ラス前、オーラスと続けてあたりに合ってDscf3063Dscf3064連荘!で終了。時刻は11時39分。一体何が起きたのか良く分からないが、終わり良ければ全て良しと言う事で、結果、底では実釣2時間20分弱で7匹。対面看板横のようには竿が曲がらなかったが、グーなサイズも出たので、Dscf3065まあね(まあって・・・)。さあ、次はどうしよう。ウキの動きが良くなったので底を続行という選択肢もあるが、底で待つより早くあたりが出そうな宙にしてみよう。竿は9尺、餌はスーパーダンゴ・天々・マッシュダンゴ(何故かは、ね)。昼食を食べ、いつものように「たな」1本での再開は11時56分。すると、じきにウキに動きが。ただ、ズバッというあたりは出ない。モヤッとかチッ(チクッではありません)とかおよそはっきりしないものばかり。すぐに12時のサイレンを聞く。餌のタッチも気に入らないし、これはダメだ。ただ、省資源釣法としては、何かを足す事はおろか餌を捨てる事もないので、これを使い切るしかない。1回だけズルッと糸ずれのようなあたりが出ただけで、時間だけが過ぎる展開(もう慣れっこですけど)。もちろん餌はどんどん柔らかくなって(ワンパターン)、大きさで持たせたり指でコネコネ粘りで持たせたり、はたまた小さくしてあえて持たせなかったりするが、遂に1時。途中ズバッと入ってビーンと糸鳴りがするあたりがあったが、おそらくスレだろうバラシが1回だけ。まさにトホホ。隣はいつの間にか帰った。私の右、草むらで良く分からないが、橋の下辺Dscf3066りに誰か入ったようだ。さて、ようやく餌も終わりに近付いたなあと思い始めた頃、やっとズバッ!が出て1匹。嬉しいような嬉しくないような・・・。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ(ガクガクッ)。その後、再度のズバッ!と糸鳴りのバラシが出て1時34分にやっと終了。結果は書くまでもないだろうが、実釣1時間40分弱で1匹。底と併せても実釣4時間!で8匹。もう帰りたDscf3067い気分だが、ここでもう1回だけやってみる事にする。それは「お」。トロ掛けもあるが、両ハリスをカットするのが嫌で(オイオイ)。上ハリスだけカットして10cmくらいにする。下は40cmないが、まあいいだろう。餌は段底とスーパーダンゴのバラケと「お」。竿と仕掛けはそのままで、1時42分に再開だ。すると、まだへらは残っていたようで、じきにウキが動き出す。そして早くもズDscf3068バッ!やったと合わせるが凄い引きの上にバラシ。見ると下鈎に鱗。やっぱりね(って・・・)。しかぁ~し、しばらくしてまたもズバッ!今度は間違いないでしょう。バラケを食っており、サイズはパッとしないが1匹は1匹。釣れて良かったぁ。じきに2時。まだウキは動いていて、ズバッ!の連荘Dscf3069Dscf3070でもう2匹。やっとトータルでの第3目標をクリア。何となく行けそう?が、ここで何故か上ハリスが切れた。急いで交換するが、ウキの動きは次第に悪くなる。セットはバラケが猪木な事は百も承知の助、バラケなど誰かが見れば噴飯ものだが、省資源釣法は使い切る事が大事と餌打ちする。しかぁ~し、ウキは弱くモヤモヤに変わってしまった。たまに出るあたりらしきウキの動きもカラ。早くも3時近くなってしまった。対面はまだ頑張っている。常連さんもまだ残っていて、私も勇気付けられた。1人だったら止めていたかも。太陽は左前の方にあるので、傘の位置がサウスポーにはキツイ。だが、時間的にはゴールデンタイム。きっともう少しくらいは釣れるに違いない。Dscf3071Dscf3072すると、確かにゴールデンタイムなのか、ズバッ!が出て4匹目。更に3時を過ぎて今度は餌打ちして餌ボウルに目をやったら、手元がグッと引かれた気がして前を見ると、ウキがない!慌てて合わせてやった5匹目(これでいいのか?これでいいのだ!)。ズバッ!はまだ出るが、カラにバラシ。それでもバラケが尽きDscf3073Dscf3074た3時40分までにもう2匹をゲットして、「お」では実釣2時間で7匹。あのバラケでここまで釣れたのだから、良しとしよう。宙のトータルでは実釣3時間40分で8匹。両ダンゴがネックだった。底と併せたトータルでは実釣6時間!で15Dscf3075匹。前回よりは釣れた(+1匹だけど)が、時間も30分多い。とにかく疲れた。片付け。対面はまだ続行中。あれっ、こちら側奥にはまだ何人か常連さんが残っているようだ。釣れているのかなぁ。汗まみれで片付けを終え、駐車場に戻る。最近は本当に釣れなくなった(私だけかも)が、これからが勝負だろう。最悪でも2桁を割らないようにしなければ。省資源釣法も時として考慮外とする事も検討の余地あり、だ(でも使いかけの餌はどうする?)。さあ、ベイシアで涼もう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
土日の釣行が減ってきている
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« THE EAGLES/THEIR GREATEST HITS | トップページ | 雑感 »

コメント

不定期便かな。

投稿: パラソル | 2013年7月26日 (金) 23時14分

パラソルさんおはようございます。今日はもう鳳来ですね、きっと。
昨夜はちょっと休憩しようとベッドに横になったら、いつの間にか寝てしまいました。気が付いたら12時を過ぎていたので、急に面倒になりそのままに。
これから更新しますが、記憶が大分薄れているので心配です。

投稿: sunshine_hera | 2013年7月27日 (土) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« THE EAGLES/THEIR GREATEST HITS | トップページ | 雑感 »