« 情けない事に | トップページ | タイヤがパンク! »

2013年7月 1日 (月)

風・波が強いというのを言い訳にしよう@増沢池

もう7月。1年の半分が過ぎた。この調子なら、10年くらいはあっという間かもしれない。少年老い易く学成り難し、か。それなら行ける時に行かなくては、と言う事で、またまたやって来ました増沢。他の池より愛着があるのかな、それとも・・・何だろう。駐車場には9時半頃到着。それほど車は停まっていない。ちらっと見えた湖面は既に波立っており、ちょっとだけ士気が下がったか。荷物を降ろし、急いで池に向かうと、ゲゲッ対面にDscf2911は誰もいない。こちら側も塩ビ管付近から奥に常連さんがチラホラ。天気は悪くないのに、どうしたのだろう。まあいい、いつもの場所に入って、さあ準備しよう。結構な風・波Dscf2912で、宙は難しいかな(個人の感想です)。あっ、ダム?の上に消防車。今日は放水の訓練があるようだ。それで日向側には誰もいないのか。私はとりあえずいつものように底から入ろう。竿は11尺で、餌は夏・冬・マッシュダンゴ。風が強いので汗ばむ感じはない。太陽が木に隠れているので、とりあえず傘は出さない。底が取り辛いが、何とか決めて開始は9時50分。うわっ、やはりウキが流される。何だかなぁ、あたりを見られるかな。しかぁ~し、ほどなくウキが返しているような気がしてきた。そして、風・波の中でもハッキリ分かるあたりが!これにバッチリ合わせるが、残念カラ。でも、こんな早くからあたりが出るようなら、まさか凸はないだろう。しかぁ~し、その後も時折出るあたりに合わせてもカラばかり。でも、まだウキ下は調整しないぞ。餌を柔らかくして、餌付けも小さめに。開始30分が経過した頃、やっと何Dscf2913かにかかったが、すぐに外れた。ここでようやくウキ下を微調整。すると、それまでかからなかったウキの動きに合いましたよ!早くやれば良かったのに。やれやれ、凸は回避出来た。すると、それからポツポツと11時までに3匹を追加して、第2目標にリーチ!サイズはさておき、数は釣れDscf2914Dscf2915Dscf2916Dscf2917そうか。すると、11時を過ぎてすぐに5匹目!何だ何だ、爆釣ではないか。しかぁ~し、それはきっと風・波が弱まっていたおかげに違いない(オヨヨ)。再び風・波が強まると、あたり自体も少なくなる上に、またもカラが出る。が、それでも何とかもう1匹出るが、それでジ・エンド。11時31分Dscf2918に餌が尽きて底は終了。と、ここで余計な考えがムクムクと頭をもたげてきた。まだ12時まで少し時間があるので、トロロの底釣りの残りを使い切ろう。急いでチョコチョコと餌を作り再開。しかぁ~し、餌が替わると普通はあたりが出たりするものだが、これが出ない。まあ風・波が出ていると言うのも関係あるかもしれないが、結局1匹も釣れずに12時6分に終了だ。2回くらいあDscf2920たりのような感じの動きがあったが、カラでした。結果、底では実釣2時間10分弱で6匹(本当は1時間40分で・・・)。消防車は橋の上から坂と池の上流に放水して帰った。さあ、気持ちを切り替えて次は宙。底でもかなりウキが流されたので、宙では更に厳しい釣りになるような気が。と、その前に昼食。それから竿を9尺に替え、餌は特S・天々・マッシュダンゴ。何故マッシュダンゴかと言えば、それは使い切るため。風・波に対応するため、「たな」を1本半にしての再開は12時25分。しかぁ~し、これが裏目に。ウキが立ってから馴染む間にかなり流されてしまう。更に、馴染むまでに餌も落ちてしまうようだ。おまけに上手く振れないとあっては、ダメだこりゃ(長さん風に)。しばらく我慢して続けてみたが、じきに限界に。急いで1本に変更。これなら馴染むまでの時間が少しではあるが短縮出来た。すると、風・波が一時的に弱まった事もあるが、ウキに動きが出た。何とか1匹釣ってマッシュダンゴの顔を立てたい。しかぁ~し、再び風・波が強くなり、更には餌を練り過ぎたのか持ちが良くなって、フワフワだけが出るように。省資源釣法により、何かを追加する事はないので、そのまま続行するが、数回あたりらしきウキの動きはあったものの、残念1匹もDscf2921釣れずに餌が尽きた。時刻は1時36分。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間10分で凸。もう帰りたいのはマウンテンマウンテンなのだが、凸で終わると言うのが気に入らない。そこで、今日はこの後特に用事もないしベイシアにも寄る事もないので、残業だ残業!竿とウキはそのままで、ハリスを交換。餌はS-ブルーとヒゲトロ。そうです、100均でなくメーカー品のトロロですよ皆さん。バラケも専用とあっては、これで釣れない訳はない(根拠レス)。ハリスは10cmと17cmくらいになってしまったが、今更変更は面倒なのでそのまま。「たな」は1本のままで再開は1時45分頃(失念!)。流石にメーカー品だけあって、トロロの繊維が長い。また鈎持ちも良いような気が(個人の感想ですよ)。が、それと釣れるのとは違う。餌打ちを始めるが、やはりドンブラコは止まず、とにかく餌を打ち続けると、そのうちに何となくウキがモヤモヤしているように思えてきて、早くあたれと思うものの、確かに数回あたったような気がして合わせてみたが、いずれもカラ。すぐに2時。対面は看板横と坂の下に人が増えた。こちら側も柳の木の奥に1人。日差しが左から痛いほど降り注ぐので傘をセットしているが、そのせいで竿が更に振り難くなっている。が、2時を過ぎる頃から風・波が穏やかになってきて、ウキの動きも良く分かるようになった。すると、意外にウキは動いていて、ただズバッという動きがないだけ。それでも開始30分が過ぎるDscf2922頃、やっと出ましたズバッ!そしてかかりましたよ!底で6匹目を釣ってから2時間半釣れなかった。いやぁ、痺れるなぁ。ただ、何となくではあるがバラケのタッチが気に入らない(個人の感想ですよ)。でも、規定量作ったので、何とか使い切らないと(趣旨が変わっている?)。ウキの動きはDscf2923Dscf2924なくならず、2時半を過ぎる頃に再びのズバッ!で2匹目。これは素晴らしいと意気込んで餌打ちすれば、またもズバッ!やった連荘かと思ったが、引きが違う。残念ブルー。もちろんさっさとご退場願いました。しかぁ~し、その後は何故かウキの動きが悪くなる。もうじきゴールデンタイムなのに?そして3時。常連さんはいつの間にかいなくなっているようで、奥の方は静かだ。さて、バラケは経時変化、トロロも何となく鈎持ちが悪くなったようで、これはマズイと思いながらも餌打ちを続けれDscf2925ば、いきなりの消し込みで3匹目!最早私のアームとは無関係なところで時合が動いているようだ(今頃気付く?)。さあ、トータルでの第3目標に一応リーチ!ただ、いつもながらの「餌がもうない」。バラケの付け方が段々小さくなる。すると、それが功を奏した?のか、3時半近くなってまDscf2926たもズバッ!でやったトータルでの第3目標クリア。どうやらこれが「上がりべら」になりそうだ。それからじきにバラケが尽きて終了。しかぁ~し、納竿し難く、悪あがきで両トロロ。すると、1回はあたりらしきウキの動きが出たが、元より餌ではないのでじきにシーンとなって、3時39分に終Dscf2927了。結果、トロ掛けでは実釣1時間50分強で4匹。トータルでは実釣5時間10分で10匹。言い訳は風・波だとしておこう。片付け。やはり私は4時間くらいが妥当な釣り時間では?体力気力が続かないのだ(釣れていれば別)。これから更に暑くなり、また釣れなくなるのは目に見えているので、回数を稼ぐのも大変かもしれない(ようやく先月末で50回)。片付けを終え、駐車場に戻る。とても疲れている。この後用事がなくて良かったぁ。車に荷物を積み、のろのろと池を後にした。
 
まずは気力を何とかしないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 情けない事に | トップページ | タイヤがパンク! »

コメント

こんばんは、最近、釣行してますね。
トロロの感触はいかがですか?
先週も増沢でやったのですがイマイチよくないです。
自分がなんかおかしいです。ちょっとズレてきてる気がする…。

投稿: 黄金バット | 2013年7月 1日 (月) 23時57分

バットさんこんにちは。
明日坊さんが家に来るので、今は玄関から仏間の大掃除の最中。早くもクタクタで、午後には買い物も控えているので、最早うんざり状態。只今勝手に休憩中です。
さて、トロ掛けが良いか悪いかは私のアームでは答えられません。が、ヒゲトロはグーです。さすがにメーカー品。ただ、高いのが問題。バラケについてはマルキュー藤田さんが書いていますので、そちらをご参照のほどを。
自分がおかしいとは、釣りについてですよね?実生活で大丈夫なら、釣りはそのうち気分も変わりますよ。

投稿: sunshine_hera | 2013年7月 2日 (火) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情けない事に | トップページ | タイヤがパンク! »