« ネットトラブルその他 | トップページ | クラシックでも聴いて:その41 »

2013年7月 6日 (土)

湿気の多い中、苦戦@増沢池

ずっと用事やら雨やらで竿を出せなかったので、今日は頑張って増沢。が、途中で車のフロントグラスに雨粒。急にやる気が失せたが、駐車場にはへら師と思われる車が数台。1人が荷物を持って池に向かって行くところ。少しぐらいの雨ならやろう!と気持ちを切り替え、私も荷物を降ろして池に向かう。しかぁ~し、何と言う事でしょう、私より少し先に行った人が、私のいつもの場所で準備中ではないか。ガクガクッ。仕方なく私は裏Dscf2928道から旧爆釣ポイント方面に向かうが、待てよ、塩ビ管付近にはいつもと違うへら師。私も釣り座を変えてみよう。かなり久し振りに柳の木の奥に入る。もちろん私のいつもの場所で先客には挨拶。気温はそれほどではないが、湿度が高くてムシムシ。少し風・波があるのが嬉しい。竿は11尺の底から入ろう。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。底も取れて開始は10時10分。ウキの馴染みは特に問題なさそう。が、ウキはゆっくり左へ流される以外には動きも感じないが、返しているようにも見えて、どうしても餌打ちのインターバルが長くなってしまう。それでも開始20分くらいで初のあたりらしき動き。これに合わせDscf2929れば、やったかかったでしょう!何だ何だ、釣れるじゃないか。サイズもそこそこだし、この調子が続けば言う事なしだろう。しかぁ~し、その後はウキは弱くではあるが返すようになったものの、下向きに入る事はない。前回のように、上向きのあたりが取れれば良いのだが、これは慣れていない事もあってなかなか難しい。更に、たまに出るあたりらしきウキの動きに合わせてもカラ。おまけにシトシトではあるが雨も降ってきた。11時近くなって、ようやくウキ下をいDscf2930じる。すると、すぐにその効果が出たのか、震えるようなウキの動きに合わせて2匹目ゲット!と、ここまではまだ何とかなりそうな気配だったのだが、そこから先は返しはあってもあたりが出ないし、たまにあたれば今度はスレバラシ。あれあれと思っているうちに開始1時間、そして1時間半が経過。右の先客を見る心の余裕もなく、再度底を取り直す。ゲゲッ、少しではあるが違っていた。再開すると、今までとは馴染みも違って、ムズッと感じたウキの動きでDscf2931ようやく3匹目。餌は最初の頃の餌打ちのインターバルが長かったせいでまだ少し残っているが、最早これまでか。雨は上がったがテンションはさっぱり上がらず。対面看板横にいた先客と、塩ビ管付近にいたお爺さんと孫の2人は既に帰っている。そして虚しく12時のサイレン。と、ここで右の先客も終わったようだ。私より少し後に始めたので、まだ2時間も竿を出していないのに、もう終わるのか。片付けを終えて私に話しかけてきた。今日は食い渋りであたりが1回だけ(釣れたかどうかは聞かなかった)。あまりに釣れないのでもう帰るらしい。私が竿を曲げたのを見ていたようだが、ホントへら師は周りを見ているね(見ていないのは私だけ?)。先客が見ている間に、消し込みでかかったが、残念顎にスレ。ちょっとカッコDscf2933悪かったなぁ。対面で釣れるのはどの辺りかと聞かれたので、看板横と坂の下と答えておいた。お疲れ様でした。私も12時15分に餌が終わり、終了だ。結果、底では実釣2時間余で3匹。食い渋りは仕方ないが、あたりが欲しくてウキを見過ぎ、ペースを作れなかったのが反省点か。さあ、次は宙。「お」とトロ掛けのどちらにしようかと迷ったが、ヒゲトロの封を切っているのでトロ掛けで行こう。バラケはS-ブルー。と、その前に昼食。前回に懲りもせず「たな」1本半での再開は12時32分。ヒゲトロは繊維が長いのがグーでもあり邪魔でもある。これをしごいて取ろうとすると、結局大半が取れてしまって癇癪がムクムク。いや、ここは我慢だ。すると、数投でウキがモヤモヤ。そしてしばらくすると、ズバッ!が、カラ。その後も何となくモヤモヤとかチクッ!とか極くたまにズバッ!とかウキは動くがいずれもカラ。辛抱が続かず、1時過ぎには「たな」を1本に。すると、すぐにウキに動きが出るが、これDscf2934もたまに出るズバッ!でカラの繰り返し。何だかなぁ。1時半を過ぎた頃、やっとズバッ!にかかりました。開始1時間経ってようやくの1匹目。う、嬉しかぁ~。さあどんどん行こう。だが、なかなかそうは問屋が卸さない。バラケの経時変化なのかバラケの持ちが良くなって、ウキがフワフワ。まだゴールデンタイムには少し早いが、あたりが欲しい~っ。すると、2時前になって、またDscf2935Dscf2936もズバッ!というあたりでかかりましたよ!バラケを食っていたが、ドンマイドンマイ。これでようやくトータルでの第2目標クリアだ。痺れるなぁ。すると、次の餌打ちでもズバッ!でかかりました。連荘だ!う、嬉しかぁ~PART2。少し早めにゴールデンタイムが来たのか。2時を過ぎてもまだウキは動いていて、フワフワDscf2937ズバッ!で4匹目ゲット!トロ掛けだけでの第2目標にリーチだ。他のへら師の動向は分からないが、私にしては充分の推移。しかぁ~し、次のズバッ!では竿先が水中に引き込まれ、懸命に堪えたもののハリス切れ。しかも両方。まさにガクガクッ。急いで交換するが、段差が少し開いてしまった気が。でも、そのままで続行。すると、ウキのモヤモヤは更に出るようになり、あたりが減る展開。段差が開いたのが原因なのか?なかなかあたりにならず、バラケも残り少なくなってきた。何とかもう1匹。が、甲斐なく2時半。すると、何故かは不明だが、Dscf2938いきなりのズバッ!が出て、やったトロ掛けだけでの第2目標クリアだ!これが「上がりべら」かもしれない。すると、その予想は悲しいかな当たり、で2時41分にバラケが尽きてトロ掛けも終了だ。結果、トロ掛けでは実釣2時間余で5匹。トータルでは実釣4時間15分弱で8匹。この後「お」もやってみたかったが、家の用事が控えているので終了だ。片付け。今日は30℃を超Dscf2940えるとか予報で言っていたが、湿気はあっても暑くはなかった。塩ビ管奥の常連さんはまだ竿を出している。対面看板横と坂の下付近にはご夫婦のへら師と猫の餌やりの人たち。片付けを終え、駐車場に戻る。これがしんどい。ムシムシで汗がじわり。さあ帰ろう。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
これから暑くてジトジトは続く(関東は梅雨明け?)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« ネットトラブルその他 | トップページ | クラシックでも聴いて:その41 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ネットトラブルその他 | トップページ | クラシックでも聴いて:その41 »