« クラシックでも聴いて:その42 | トップページ | 緊急事態 »

2013年7月16日 (火)

底も宙も尻すぼみ@増沢池

注)液晶ディスプレイのトラブルにより、後半の宙の記事の更新が遅れてしまった。それで、ただでさえ曖昧な記憶が更にうっすらしてしまったので、自分の日記としても芳しくない。ご了解宜しくお願いします。
 
今日は曇りで風もないとの予報に、いそいそと出掛けました増沢。駐車場に着くと、へら師と思われる車は少なく、何処にでも(もちろん日陰側)入れそうだ。でも、私はあえていつもの場所に向かう。あっ、柳の木の奥に1人。まだ9時過ぎなので、奥の常連さんDscf2992の姿は見えない。湖面は凪いでいて、まさに予報どおり。さあ準備しよう。竿は11尺で底から。餌はちょっと迷ったが、夏・冬・マッシュダンゴ。ゲゲッ、何故か急に風・波。おかげで涼しい事は涼しいが、ウキの視認性がかなり悪化してしまった。早くもイライラ。それでも何とか底を取り、開始は9時31分。う~ん、ウキの馴染みは良いような気がするが・・・。おっ、最初からウキが返している?それにあたりらしきウキの動きも見える。でも手が出ず、イライラは募るばかり。落ち着け、落ち着けと自分に言い聞かせて平静を装うが、気持ちは乱れたまま。それでも何度となく合わせているうちに、開始20分くらDscf2993Dscf2994いが経過した時点で、やったかかりました!次第に気持ちが穏やかになるが、まだまだ。すると、次の餌打ちでもあたり!そして連荘!何だ何だこれは?どうもスッキリしないまま10時を過ぎる。へらは寄ったようで、ウキの動きが煩雑になる。そしてあたりらしきウキの動きに翻弄されて、風・波と相俟ってイライラが再燃。しかぁ~し、それでもほぼ3連荘(記憶が曖昧)で早くも第2目標クリア!この調子Dscf2995Dscf2996Dscf2997なら時間10匹くらい行けそうな気がするぅ~(古~っ!)。しかぁ~し、風・波は次第にDscf2998Dscf2999止む時間が出て来るが、ウキの動きは逆に悪化。何故か消し込みが出て10時半までに2匹を追加するが、時間10匹はもう無理。10時半を過ぎDscf3001Dscf3002て、小さなあたりを拾って更に2匹を追加し、ようやく第3目標にリーチだ。しかぁ~し、気持ちに焦りがあったとは思えないが、そこからウキの動きは更に悪化し、あたりらしきウキの動きもカラにバラシとあっては、再びイライラが出てくるか?何と1匹も追加出来ないまま11時を過ぎる。一時でも時間10匹なんて自惚れた自分が恥ずかしい。9匹目から約30分経過した頃になって、やっと小さなあたりが出てDscf3003Dscf3004第3目標クリア!更に次の餌打ちでも同じような小さなあたりで連荘!11匹目ゲットだ。あんな小さなあたりなのに鈎を呑んでいてビックリだが、1匹は1匹。こうなると人間の欲には限りがなくて、「上がりべら」でもう1匹。しかぁ~し、次の小さなあたりでは、グイグイ引かれた挙句にハリス切れ。もう餌があと2回分しかない時に切れるなんて、オー・マイ・ゴッド!急いで交換するが、ちょっと段差が変わってしDscf3005まった。でも今更直せないのでそのまま。すると、最後の1投でまさかの「上がりべら」ゲットだ!時刻は11時28分。結果、底では実釣2時間弱で12匹。10時頃にはバシバシあたりに合っていた気がした(個人の感想です)ので、何となく尻すぼみの感は否めない。さあ、次はどうしよう。まDscf3006だ12時前だし、餌をトロロの底釣りに替えて底を続行という選択肢もあるが、ここは宙に変えよう。竿は9尺、餌はガッテン:天々。開始する前にまずは昼食。そして「たな」1本での再開は11時45分。風・波はあるが、ウキが近いので何とかなるだろう。すると、数投でウキに動きが。ひょっDscf3007として釣れるかも。と、開始10分経つか経たないかのうちにズバッ!で1匹目ゲット。これは爆釣の予感?しかぁ~し、その後もウキは動き続けるものの、あたりらしき動きに合わせてもカラ。ウキが動いてあたりも出るなら、餌は正しい方向なのかも。すると、後は餌のタッチ(これが一番難しDscf3008Dscf3009い)?2匹目が出たのは12時を過ぎ、開始40分近く経ってから。更に連荘でもう1匹。だが、私の勝手な予想では、宙で8匹釣ってトータル20匹で終わるのだが、これまでの様子ではちょっと難しそうな展開だ。12時半を過ぎてもうDscf30101匹追加し、形の上では宙での第2目標にリーチとなったが、ウキの動きは次第に弱くなって、私も知る範囲で餌をいじくってみる(省資源釣法上、何かを足す事はないが)が、1時を過ぎる。厳しい~っ!餌も残り少なくなってきて、知らず知らずのうちに餌付けが小さくなった。すると、それDscf3011Dscf3012が功を奏したかどうかは不明だが、ポツポツと2匹をゲットして、とりあえず宙での第2目標はかろうじてクリアしたものの、1時28分に宙は終了。結果、宙では実釣1時間45分弱で6匹。底と併せても残念ながら20には届かなかっDscf3013た。が、時間的にはまだ充分余裕がある。もう1回餌を作って続行だ。前回奥でやった時には、竿は11尺で遠目だったが、マッシュダンゴを入れた餌で一応7匹がかかった(2匹はスレだけどね)。特Sはその時に使い切ったので、今日は最初と同じガッテン・天々に加えてみようとよからぬ企み。もちろん竿と「たな」は同じで1時半頃に再開。すると、餌というよりまだへらが残っていたのか、最初から消し込みが出るが、ことごとくバラシでガクガクッ。そのうちウDscf3014キの動きが悪くなり、餌に手水でどんどん柔らかくしていったら、2時を過ぎて開始50分くらい経過した時点でようやく1匹目。さっきより更に厳しい状況だ。何とかもう1匹釣ってトータルで20にして終わりたい。ただその一心で餌打ちを続けると、ズバッというあたりが出るには出たが、痛恨のハリス切れ。最早ガクガクッ×ガクガクッ。急いで交換するが、段差が少し詰まってしまった。けどそのまま続行だ。そろそろゴールデンタイムが来そうな時間帯だが、餌がDscf3015ダメダメで恩恵には与れそうにない。しかぁ~し、鬼まではいかないが放置プレイを続けると、3時半を過ぎてズバッ!ようやくトータルで20になった。が、状況は芳しくないまま3時近くなる。もう目標は達成したのだから、早く餌を打ち切って終わろう。な~んて考えていたら、3時少し前Dscf3016のラス前前にズバッ!で3匹目。でも、もう終わりでしょう。3時を過ぎたところで餌が尽き、無念?の終了となった。結果、2回目の宙では実釣1時間半強で3匹。何だかパッとしないまま終わった感じだ。宙では実釣3時間10分くらいで9匹。底と併せたトータルでは実釣5時間強で21匹。Dscf3017一応のノルマはこなしたと言っていいのでは(甘~っ!)。片付け。奥の常連さんは既にいなくなり、対面看板横にはご夫婦と坂の下には1人。傘を差していたにも拘らず、腕が少しヒリヒリする。片付けを終え、駐車場に戻る。暑くはないがジトジトしている。さあ、帰ろう。と、その前に恒例となったベイシア詣で。そろそろと池を後にした。
 
2日がかりでやっと書き終えた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« クラシックでも聴いて:その42 | トップページ | 緊急事態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クラシックでも聴いて:その42 | トップページ | 緊急事態 »