« PC中毒? | トップページ | 投票に行こう »

2013年7月19日 (金)

あまり納得出来ないが結果はそこそこ@増沢池 with masaさん and HRさん

今日は日中曇りで風もなく過ごし易そうと、出掛けました増沢。しかぁ~し、家を出る頃からフロントグラスに雨粒。迷ったが、とりあえずゴー!駐車場にはへら師らしき車が数台。これに力付けられて、荷物を降ろして池に向かう。あれっ、対面旧流れ込みに1人Dscf3018いるではないか。後はこちら側深場にいつもの人達か。さあ準備しよう。ん、風がない筈なのに、湖面には波。気温はそれほど上がっておらず、そよ風で過ごし易い事に間違いはないが、小波はウキの視認性を悪くする。そこで、今日は9尺で底から入る事にする。ウキもやや太目のトップを採用。これならバッチリ見えるでしょう。餌は夏・冬・マッシュダンゴ。餌落ち目盛から始めて底も取れ、開始は9時23分。すると、何と第1投からウキが返すではないか。餌がそんなにヤワでもないし、これは既に何かが寄っている?しかぁ~し、あたりは出ず。そのまま餌打ちを続ければ、ウキの返しは毎回のようにあるのだが、肝心のあたりが出ないのだ。開始30分くらい経った頃に、1回だけ糸ずれのようなズルッと入る動きがあったが、もちろんカラ。そして10時を過ぎる。もうダメだ、竿を替えようとかなり弱気。いつものように11尺で始めていれば、こんな事にはならなかったのにと、早くもタラ・レバ。急いで交換するが、小波で餌落ちがキチンと取れたかどうか。再開は10時16分。すると、こちらも第1投からウキが返した!う~ん、9尺の時と同じ推移になるのかな。が、ウキの小さな上下がなかなか見分けられず、10時半を過Dscf3019ぎる。すると、ウキが2目盛以上入ったように見えて合わせると、やったかかりました!これは嬉しい。寄せてみればサイズも30cmはありそうだ。わずか2尺の違い(道糸も含めるとおおよそ1.2mの違い)でこんなに違うのか。嬉しさを噛み締めていると、左から誰かやって来た。あっ、masaさんではないか。平日なのにどうしてと思ったら、ちょっとした事情によるものだった。詳しくはmasaさんのブログでご確認願いたい(載っていればの話だが)。9尺であたりが出ないのは、流れ込んだ細かい土砂をへらが嫌がって吸い込まないからだと教えてくれた。なるほど。今日は奥の方でやると言って戻って行った。と、それからじきに今度は左奥から声が。あっ、HRさんだ。HRさんは迷いに迷って旧爆釣ポイントに入った。さて、私のウキの方は相変わらず返す事は返すが、あたりにならないのは変わらず。11時を過ぎる。HRさんはまだ準備中。波は次第に穏やかになってきた気がして、ウキも良く見えDscf3020Dscf3021る。すると、チクッというあたりでやった2匹目!更にしばらくしてもう1匹。餌は残り少ないが、急に第2目標が見えてきた気がして、やる気が出てくる。しかぁ~し、その後は何もなく11時32分に餌が尽きて終了だ。結果、11尺の底Dscf3022では実釣1時間15分強で3匹。9尺の底と併せると、実釣2時間で3匹かぁ。今日は釣れるのか釣れないのか分からないので、餌を変えてもう1回底をやってみよう。そうだな、久し振りにトロロの底釣りでやってみよう。Oさんからヤワヤワにするとあたりがハッキリ出ると言われた事を思い出して、水量はやや多めに。そして再開すると、へらがまだ残っていたようで、ウキはすぐに動き出した。が、ハッキリしたあたりなどとても望めず、やたらと合わせているうちにかDscf3023Dscf3024かると言う感じで、12時のサイレンが聞こえてくるまでに2匹。とりあえずはトータルでの第2目標クリアだ。ただ、納得のあたりは相変わらず出なDscf3025い。小さくチクッと入るあたりはほとんどカラ。ウキ下を上げたり下げたり(ウキ下を伸ばしてもカラだった)するが、難しい。餌付けも丁寧だったりラフだったり、大きさも変化させてみるが、これという解決策がないままとにかく合わせる。12時半までには1匹。12時半から1時までには3匹と、とDscf3026Dscf3027Dscf3028りあえずはトロロの底釣りで第2目標をクリア。トータルでも第3目標にリーチとなったが、特に時合というものもなく、ポツポツと結果が出るだけ。これでも充分と言う気持ちも何処かにあるが、やはり納得のあたりで「完璧ぃ~!」と叫びたい(もちろん心の中で、だが)。1時を過ぎてもこれというあたりには合わず、隣にHRさんがいるのも忘れてDscf3029Dscf3030「あ~っ!」という大声が出てしまう。何とか終了の1時15分までに2匹を追加し、トータルでの第3目標はクリア出来たが、トロロの底釣りでは納得の釣りは出来なかった。結果、トロロの底釣りでは実釣1時間45分弱で8匹。底のDscf3031トータルでは実釣3時間45分で11匹。数字のうえではまあまあ(もちろん私にとって、だが)だが、どうにも、ねぇ。隣で結果が出ていないHRさんは怒りが爆発しているご様子。ハリスも何度も飛ばしていて、とにかく結果が出るまでは帰らないとの事。さあ、私は宙の準備をしよう。竿は9尺、餌はスーパーダンゴ単体。これはガッテンと混ぜて使う予定だが、その前に単体で。準備を終えてから、ちょっと遅めの昼食。そして「たな」1本での再開は1時31分。朝方はずっと曇っていて、上空怪しい雲が行き来していたが、遂に日が差してきた。仕方なく傘をセット。さて、スーパーダンゴは随分昔に1回だけ買った事があるが、その時はバラケバインダーのようだった記憶がある。でも、今日作ってみたら全然違うのでビックリ。人の記憶なんていい加減なものだ(私だけ?)。出来上がりは袋に書いてある通りボソ。このまま打つとバラケになるらしく、数投打ってみるが持たない。そこで手水で数回かき混ぜて、後は指先で調整だ。クネクネやって何とか馴染むようになったが、するとDscf3032すぐにウキがモヤモヤ。そして開始15分でズバッ!1匹目ゲットだ。まさかこんなすぐに釣れるとは思っていなかったので、ビックリ。しかぁ~し、その後がない。ウキは「留め」が出た後シズシズと入っていって、ズバッ!と予定通りの動きをするのだが、これがかからない。そのうえ次第にウDscf3033キの動きが悪くなるいつもの展開。2時を過ぎた。そして1匹目から約40分が経とうとする頃になって、ズバッ!に合いましたよ!しかぁ~し、寄せる途中でガクガクッ。頬にスレていた。更に、既に上ずってしまったのか、餌がぶら下がるとウキが動かなくなる。でも、とにかく「たな」に餌を持って行くようしっかり持たせるようにして打てば、2時半を過ぎてポツポツと2匹を追Dscf3034Dscf3035加。何とか宙だけで第2目標まで行きたいが、やったと思ったズバッ!は物凄い引きで、一旦は堪えたのだがもう1回は耐え切れずハリス切れ。急いで交換するが、どうやら第2目標は難しそう。ならば何とかあと1匹。しかぁ~Dscf3036し、3時を過ぎて今度こそ「上がりべら」かと思ったズバッ!では目の上のたんこぶならぬ目の上のスレだ。ガクガクッ×ガクガクッ。そして餌が尽きて3時16分に無念の終了。結果、宙では実釣1時間45分で3匹。毎度のことながら両ダンゴではトホホだ。底と併せたトータルでは、実釣5時間半!で14匹。HRさんは私が宙をやっている間に結果を出し、しかも「上がりべDscf3037ら」は30オーバー。私のところから見ても充分の大きさだった。ほぼ同時に片付け。またもや長い時間竿を出したので、片付けもヘロヘロだ。masaさんにはメールで終了を報告し、駐車場に戻る。今日はかなり疲れた。特にトロロの底釣りでの、あのあたりがなぁ・・・。車に荷物を積み、HRさんにはまた宜しくと言ってその場を離れた。
 
masaさんのブログを見に行ったら、釣果は私の3倍だった。トホホ・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« PC中毒? | トップページ | 投票に行こう »

コメント

Oさんは立ちションをしているのですね?

投稿: 黄金バット | 2013年7月20日 (土) 15時13分

バットさんこんにちは。
Oさん→HRさんですね。
たまたまそのように見えるかもしれませんが、腰を伸ばしたところです。載せない方が良かったかな?

投稿: sunshine_hera | 2013年7月20日 (土) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« PC中毒? | トップページ | 投票に行こう »