« 調子が出てくると起きるトラブル、いやアクシデント@増沢池 with masaさんはいずこ? | トップページ | 暑気払いは大盛り上がりだが »

2013年8月12日 (月)

最後の最後に悲惨な出来事@増沢池

まだまだ暑さは引かないが、釣りには出掛けた方が良い(家でエアコンを使わなくて済む。図書館でも同じ)ので、少し出が遅れたが、ゴー!駐車場着は8時半頃か。じぇじぇっ、急に腹の具合が・・・。急いで不定期便。それから池に向かうと、じぇじぇPART2Dscf3164対面深場旧流れ込みに1人いるではないか。この暑さの中どうして?どうやらこちら深場の整地された辺りの人の知り合いのようだ。柳の木の奥、それから塩ビ管付近にも誰か入っている。さあ準備しよう。既に汗が出ているが、準備中にボタボタと滴る。さて、竿は前回からヒントを得て12尺、餌は夏・冬・マッシュダンゴのバラケとα21・わたグルの食わせ。まだ湖面は凪いでいるので、底取りは簡単。餌打ち開始は8時52分だ。すると、開始間もなくウキに動きが。セットの効果が出て来たか。そして9時を過ぎるとモヤッとウキが入り、いつもなら決して合わせないのだが、何故か手が出たらかかりまDscf3165した!え~っ、あれがあたり?おおっ、サイズもグーではないか。こりゃぁ爆釣かな。しかぁ~し、そんなに甘くないのが増沢(私にだけかも)。と言うより、そこからウキの動きが悪くなったが、どうやらグルテンの性がない(しょうがない:方言?)ようで、作る時に良く混ぜなかったのが原因か。ウキが返してもグルテンが残っているかはっきりしないまま待てないので、釣りがチグハグ。それでも9時半を過ぎる頃、返したウキをちょっとだけ待っていたら、チッと小さなあたり!これに合わせればやったかかりましたよ!ん、引きが弱い。じぇじぇPART3、ブルーだ。ガクガクッ。写真なんてもう撮りません。ブルーが出てくると釣れなくなるのがDscf3166最近の私、どうしようかな。でも打つしかない。すると、またもモヤッというあたり?に合わせて今度こそかかりました!じぇじぇPART4、今度は全く引かない。そうです、亀仙人でした(えっ?)。こいつにハリスを切られ、早くもハリス交換。そして再開すると、何とウキが馴染む途中でズDscf3167バッというあたり!慌てて合わせればやった2匹目!これもグーなサイズ。しかぁ~し、鈎を呑んでいてこれを外そうとしたら、「たも」の中で何故か両ハリスが切れてしまった。じぇじぇどころではない。傘に注意しながらハリスを交換だ。ただ、底取りをせずウキの馴染み具合でウキ下とチョチョイ(オイオイ)。が、やはりシックリこないので、底を取り直す。そして10時。ウキは相変わらず動いてはいるが、どうにもグルテンが残っているかどうかばかりが気になって仕方ない。何かを足したり作り変えたりしないのが省資源釣法なので、餌落ち付近まで返したウキを、それ以上待つべきか切るべきかで迷いに迷う。それでも時折あたりが出て、小さかったりモヤッとしたりするウキの動きでポツポツとゲットし、何とか開始Dscf3168Dscf3169Dscf31702時間までに3匹を追加して、何とか第2目標はクリア。ただ、あたりは様々でも、大半が鈎を飲み込んでいるのは何故か。それに、今日のミッションは成功しているのかどうDscf3171かも分からないくらいの微妙な釣果。今更だが、グルテンさえしっかり作っておけば(本日のタラ・レバ)。11時までにもう1匹追加して、第3目標へわずかな望みを繋ぐ。が、グルテンの性のなさはどんどんひどくなり、更にバラケより早く使い切ってしまった。かろうじて1匹を追加した後は、Dscf3172バラケをダンゴとして使用するが、以前と同じくあたりにならず、11時25分に終了だ。結果、底では実釣2時間半で7匹。評価が難しい。11尺でもトロロの底釣りでも良かったような気がしてしまう。さあ、次は宙。竿は11尺に変え、餌はガッテン・天々。柳の木の奥はいつの間にか帰り、対Dscf3173面坂の下には家族連れ。「たな」1本での再開は11時40分だ。ちょうど風・波が出ていて、軽いウキと餌では竿が振り難くなっている。まずはしっかり馴染ませる事を念頭に置いて打つ、打つ、打つ。しかぁ~し、前回のようにすぐにはウキは動き出さない。12時を過ぎ、開始30分くらい経って、いきなりのズバッ!が出るが、堪えきれずハリス切れ。じぇじぇPART5。すると、そこかDscf3174らウキに動きが出るようになるが、あたりらしきウキの動きはカラ。どうすれば良いのだろう。餌に手水やら餌付けを変化させてみたりしていると、1時少し前になって弱く入るウキの動きに手が出てようやく1匹目。でも中途半端な嬉しさなので、喜びの表現はあと2匹釣って第3目標をクリアしDscf3175Dscf3176てからにしよう。すると、しばらくして今度こそズバッ!で2匹目。これはグッドサイズだ。更に1時を過ぎてまたもズバッ!で3匹目。何だか良く分からないうちにトータルでの第3目標クリア!最後の方になってウキの動きが良くなっDscf3177たので、次も両ダンゴでやってみようかなと、少しだけスケベ心が出てくる。餌が尽きたのは1時15分。結果、宙では実釣1時間半強で3匹。次の餌は袋に書いてあるとおりスーパーダンゴ・BBフラッシュで。餌を作ってから遅い昼食。「たな」はそのままで再開は1時22分だ。すると、まDscf3178だ先程までの余韻があるようで、じきにウキがモヤモヤ。そしてズバッというあたりで早くも1匹目ゲットだ。おおっ、これは大きい(あくまで個人の感想です)!採寸は面倒なので。「たも」を比較対象にしてみる。約35cmか。幸先良いぞ。この調子で爆釣を目指そう。しかぁ~し、良かったのは最初だけ。次第にウキの動きが悪くなるのがいつもの私。更に、1匹が欲しくて欲しくて堪らず、つい合わせが強くなって「合わせ切れ」が2回。最近はほとんど出なかった(天使まではいかないが、昔に比べて合わせが優しくなっていた筈)のに、これは辛い。仕掛けが宙を飛ぶ事も数回。これはかなり恥ずかしい。が、2時を過ぎると、急に時合Dscf3179Dscf3180なのかズバッ、ズバッ、で2匹をゲット。何だかなぁ。しかぁ~し、その後は再びウキの動きが弱くなる。そしてあたりはほとんで出ないまま、2時50分に餌が尽きた。結果、2回目の宙でも実釣1時間半弱で3匹。宙のトータルでは実釣3Dscf3181時間で6匹。相変わらず下手の私がいた。こちらもセットだったら・・・(本日のタラ・レバ2回目)。底と併せたトータルでは、実釣5時間半で13匹。どうなんだろう、これ。少しは改善されているのか。何となくではあるが、もう少し工夫をすればそれなりに釣れたような気がする。やはり漫然と餌打ちしていてはダメだ(今更?)。片付け。まだ暑い。対面の家族連れはブルーを釣って喜んでいたが、帰った。代わりに1人が看板横で竿を出す準備をしている。片付けを終え、駐車場に戻る。最近は必ず5時間以上竿を出しているので、終わるとかなり疲れている。そのせいもあったかもしれないが車に荷物を積み、バックで車を出しベイシアへ向かおうと思ったその時、前輪が何かを踏んだ。じぇじぇPART6、竿ケースがまだ積んでなかった。急いで車を停め竿ケースを見ると、肝心の竿にはダメージはなかったものの、ウキケースがものの見事に破損している。今ここで中味を見るとショックが大きいので、とりあえず積み込み車を出そうとしたところに、何とパラソルさん登場だ。今日は超減水の鳳来に行ってきたが、予想を裏切らない結果になった。竹さんも自虐的へら釣りを堪能したらしい。私も今日の状況を説明して、明日は宜しくと言って解散。私はブロークンハートのままベイシアへと向かうのであった。
 
何もかも暑さのせいにしたい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 調子が出てくると起きるトラブル、いやアクシデント@増沢池 with masaさんはいずこ? | トップページ | 暑気払いは大盛り上がりだが »

コメント

只沢山釣りたいのなら季節に合った釣法をすれば手っ取り早い。
SShさんの場合は比較的時間も有る故、ウィークエンドの様に混んだところで釣りをおやりになる訳ではないので魚が多い増沢あたりの平日釣行は釣り方さえ間違わなければそれなりに釣れると思うのだが・・。
グルテンセットをしなくてはならないような渋さなのでしょうか?
暑さで大量に魚が浮いたとか・・・?
魚に合わせた釣りをするのかテーマを持った釣りをするかですね。
リベンジを期待しております。

投稿: yurie | 2013年8月13日 (火) 00時19分

yurieさんこんにちは。
masaさんのブログのように「お」で2時間で12匹とかありますが、私は底釣りが釣れても釣れなくても好きなので(釣れた方が良いですが)、状況に合わなくてもやります。
ダンゴでも釣れそうなのですが、この時期私のアームでは凸も充分ありえますので、少し前の記事でお分かりのように、竿を長くしてみたり餌を変えてみたりして探っています。
本来ならセットはやりませんが、「お試しか!」でやってみました。ダンゴの時より釣れたような誤差範囲のような・・・。奥の深場の方が涼しいし釣果も出そうです。でも、あえて(単に楽だから?)浅いところでやるのも自虐的で良いのでは?
それより、ウキが何本かおしゃかになってしまいました。ウキケースも修繕もしないといけませんので、しばらく釣りに行けなくなるかも。

投稿: sunshine_hera | 2013年8月13日 (火) 09時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 調子が出てくると起きるトラブル、いやアクシデント@増沢池 with masaさんはいずこ? | トップページ | 暑気払いは大盛り上がりだが »