« 餃子の丸和 | トップページ | ありえないアクセス »

2013年12月23日 (月)

ほろ苦い再デビュー@増沢池

いよいよ待ちに待った釣り再デビュー!ちょっと寒いがそんなの関係ねぇ~っ(古!)。道具を積み込んでいそいそと向かった先は増沢。やはりこの池から始めないとね。しかぁ~し、今日は天皇誕生日。3連休の最終日とあっては、入る場所があるかどうか。もちろん日陰側には行きませんよ(寒いのと足場の悪さ)。駐車場着は10時半頃か。予想通り多くの車。道具を降ろすと、久し振りな事もあるのか重い!これを担いで日向側まで行くのか・・・。ゆっくりと歩いて橋を渡ると、橋の下(しも)は入りにくそうだが、橋の上(かみ)看板横は1人入っているものの、私も入れそうだ。やれやれと坂を下り、先客Dscf3234に挨拶。9尺で底をやり始めたばかりだが、ウキに動きナシとの事。3桁釣れた頃に来たかったなぁ。粘土質の地面が怖くて下りられず、モタモタ。何とか下りられた。あっ、先客の竿が曲がった!しかぁ~し、バラシ。どうやら蟹だったようだ。さあ準備しよう。上空雲の流れが早くて、日が当たっていれば暖かいが、曇ればブルブル。釣り台を設置してまではまあスムーズだったが、何が何処にあるのか記憶が薄れていて更にモタモタ。さて、どうしようかな。底から入りたいが、場所柄私も9尺と言うわけにはいかないだろう。13尺を選択。餌は夏・冬・スーパーダンゴのバラケとわたグル。底が取れ、空鈎で打ち込むと、何と最初からウキが大きく上下するではないか!これは素晴らしい。私の再デビューは素晴らしい結果となりそうだ。第1投はジャスト11時。すると、空鈎の時と同じくウキが大きく上下!これは先客も見ていてビックリしたようだ。いよいよ期待が高まってきたぞ。しかぁ~し、第2投からはウキがシーン!何故、何故、何故なんだぁ・・・。何投かした際にウキが返したものの、その先はなく、その後もウキは全く動かない。先客はすぐ横に水草(ホテイアオイのような)があって、その際を狙っている様子。なるほど。私は懸命に餌打ちするが、ウキは静かなまま。もちろん私もただぼんやりとしていた訳ではなく、馴染んだ後に竿を前に出して道糸のテンションを弱めたり餌付けを大小変えてみたり両グルテンで打ってみたりしたが、変わらず。先程までの期待は一気にしぼんでしまった。我々よりずっと浅場で竿を出していた人がやって来て、ウキが動かないとぼやいた。これは厳しい。更に先客から、橋の下(しも)でも早くから餌打ちしている人達が2時間ウキが動かなかったと言う事を聞いて、膨らんだ風船はしゅるしゅると萎む。どうやら最も悪い日に来てしまったようだ。まあ、これが私の引きの強さなんだろう。あっという間に1時間が過ぎ、12時のサイレン。ここで、念には念をと底の取り直しをするが、合っている。それで、ウキを上下してみるが状況に変わりなし。先客からもへらはいないのではないかと言われ、激しく同調。昼飯を食いながらウキを見つめ続けるが、相変わらずシーンのまま1時。予定では底を2時間宙を2時間やって3時に終わるつもりだったが、あまりに餌を打たないので、かなり余っているので仕方なく続行。橋の影はどんどん近付いてきて、一気に寒くなってきた。先客も翳ったら帰るらしいが、せめてウキに動きがあれば、やる気も絞り出せるのに。1時半を過ぎる。完全に橋の影になった。湖面にも波が出て、冷たい風も吹いてくる。しかぁ~し、ここで今日初めてシモッたウキがスッと入ったように見えてビシッと合わせる!しかぁ~し、カラ。そろそろ来てもよさそうな気がしてきたゾ。先客も竿が曲がったが、残念ハリス切れ。どうやら今日は終わった感じだ。私の方もその後数回あたりのような動きを見た気がして(もちろん個人の感想です)、合わせるがカラ。そして2時3分に餌が尽きて底は終了。橋の影は左に移動して、何とかDscf3235寒さから逃れられたが、もう帰っていいかな。先客からは今日は最近では最も悪い日になったけれど、せめてへらの顔は拝んで帰るように言われたが、私のテンションは下がったまま。先客は終わり、帰った。私はこのまま帰るのも癪なので、一応1時間くらい宙をやる。竿、仕掛け、ウキ(オールマイティタイプ)は変えずに、「たな」は1本に変更するだけ。餌はわたグル単体。ちょっと多めに作ってしまったが、どんどん打つぞ。再開は2時8分。風が強くなって思うように餌打ち出来ないが、せっせと打つ、打つ、打つ!しかぁ~し、馴染んだウキはうんともすんとも言わず(言わないか!)、こうなると早く餌を打ち切って終わるだけ。と言いながらも、最後の方では放置プレイの連続。しかぁ~し、どうにもならず3時22分に虚Dscf3236しく終了だ。結果、と言ってもお分かりのように凸。片付け。常連さんが一気に終わって私の後ろを通ったが、やはり厳しかったようだ。私と同類の方もおられたので、ちょっと安心(コラコラ)。片付けを終え、足元に注意しながら粘土質の地面を上がる。いつも帰りはハアハアするので、今日はゆっくり歩くぞ。まだへら師は何人か残っているようで、ゴールデンタイム狙いなのだろうか。橋を渡り、駐車場に戻る。まあ、こんなものでしょう。皆さん釣れない(2桁いった人はいない?)のに、私だけ爆釣なんてありえず、かと言って凸が当然と言うつもりもないが。ほろ苦い再デビューとなった次第。腰の痛さはいつも通り、寒さのせいか足がちょっと痛むが、これくらいは仕方ないだろう。最早ベイシアに寄る気力はなく、荷物を積んでとっとと池を後にした。
 
3桁釣れる頃に来たかったぁ(今更)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 餃子の丸和 | トップページ | ありえないアクセス »

コメント

こんばんは。
久しぶりの釣行だったようで、足がどんな具合かわからないので、大丈夫か?と思いながら、最初から最後まで読ませていただきました。
とりあえず、竿を出せた事でよかったのでは?

放流は一度針掛かりすると、ホントに喰わなくなりますね。
渋い増沢:好きです!

投稿: 黄金バット | 2013年12月23日 (月) 23時48分

バットさんこんばんは。冗長な文章にお付き合いいただきありがとうございます。
寒くても何かしらウキに動きがあれば粘れたのですが、シーンの連続では先客も帰る筈です(オイオイ)。
久し振りに竿を振ったら、肘と肩にきました。特に肩は寒い事もあってガチガチになりましたが、今は何とか元に戻りつつあります。
あと、荷物を持って移動したので、開始してからしばらくは両腕が小さく震えていましたよ。これにはビックリ。早く足だけでなく元に戻りたいものです。

投稿: sunshine_hera | 2013年12月24日 (火) 01時10分

残念でしたネ。
再開はやっぱり顔をみたいもの!
やっぱり「持ってますネ」(爆)
マア、余り寒い時は韓国映像でも楽しんで下さい。
もっとも自虐的には◎かもね(笑)
先ずは再デビューお祝いって事で・・・。

投稿: yurie | 2013年12月24日 (火) 12時19分

yurieさんこんにちは。
やっと竿を振る事が出来ました。結果は残念でしたが、やはりウキをドキドキしながら見つめるのは何とも言えないですね。
年末まで暖かくなる日はありませんが、もう1回竿を出したいですね。

投稿: sunshine_hera | 2013年12月24日 (火) 13時25分

よかったですね、復帰おめでとうございます。
なかなか渋いへらのお出迎えだった様ですがじきに遊んでくれると思いますよ。
ぼちぼちやりましょう。

投稿: パラソル | 2013年12月25日 (水) 20時04分

パラソルさんこんばんは。
凸で終わった事によって、また竿を出したくなりました。今年中にもう1回は釣行したいですね。おそらくは年末。

投稿: sunshine_hera | 2013年12月26日 (木) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 餃子の丸和 | トップページ | ありえないアクセス »