« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

「天使の選択」が終わった

Choice_of_angel大会社会長の娘(姉)と息子(弟)。弟ウンソクが恋をして結ばれた相手は、姉ウンソルの夫サンホのかつての恋人ユラン。
サンホは自分の父がかつて会長に殺された恨みを晴らして会社を乗っ取るためにウンソルと結婚。ユランは不遇な暮らしから抜け出すために結婚詐欺でウンソクと結婚。
2組の夫婦は会長宅で同居するのだが、サンホとユランは昔の思い出が蘇って、家族内での不倫。子供まで作ってしまう(見掛けはウンソクの子)。
2人は関係を知られた会長を事故で葬り、ウンソクも不倫を知ったのを知られて暴行されて記憶喪失と5歳の知能に。ウンソルは横領の濡れ衣を着せられて刑務所行き。その間に2組の夫婦は離婚となって、サンホとユランは結婚。会社も乗っ取られてしまう。
何もかも失ったウンソル。そこから復讐が始まるのだが、ようやくある程度の結果が見込めそうになった時点で、これまたウンソルの結婚相手ミンジェが探していた、生き別れの妹がユランだと分かり、2人は止む無く別れる。更にミンジェとユランの父がウンソルの父によって殺されたという疑惑が浮かぶが、結局はサンホの父が全て悪くて、ユランは敵の息子を愛したと言う事を知って絶望。サンホともみ合う中で事故死。サンホは全てが明らかにされて刑務所へ。そして子供はウンソクの子だと分かる。
ちょっと時系列に間違いがあるかもしれないが、なんじゃこれという話にはビックリを通り越して呆れるだけ。
それでも見続けたのは、主役ウンソルを演じたチェ・ジョンユンさんが可愛いから(オイオイ)。それと宝石ビビンバのコ・ナウンさんが出ていたから。今回はユランという悪役で、しかも自分がのし上がるためには何でもして良いという歯切れの良さ。それに加えて、相変わらずの母と息子の過剰な愛情は韓国ドラマにはなくてはならないもの。終わってほっとしたのが正直なところか。1時間ドラマで全70話(実際は30分ドラマ140話)。
 
ありえない設定が却って面白い
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

MONODAS2013、2014

M2013M2014結局増沢には行けず、連絡があった7ネットでの買い物だけで今日(今月)が終わった。
受け取ってきたのはこれらの本。スポンサーがないので容赦なく評価が出来るという触れ込み。全頁カラーで1000円以下とは確かに安い。内容もまあまあ。しばらく楽しませてもらおう。
 
買い物する訳でもないのに
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

底も宙も良く分からない@増沢池 with Oさん

今調べたら、またも用のないアクセスで900近くなっている。これでカウンタが増えても何もならない。困ったものだ。
 
さて、昨日は曇りで気温も上がらず、あまりやる気がなかったが、今日は暖かそうだ。と言う事で、のそのそと出かけてしまいました増沢。ただし、いつもながらのグズグズと腹の具合が出発を遅らせてしまい、駐車場着は10時頃。うっ、やはり腹の具合が・・・。不定期便でますます時間のロス。ついでに橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ、看板横には6人が竿を並べているではないか。大会でもあるまいし、何故そんなに混んでいるのか。橋の下も深場はダム?そばから階段下手前までと常連さんで、ざっと数えてDscf329120名。幸い階段下付近は空いているので、急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。既にかなり暖かいが、湖面には波。階段をおそるおそる下りてさあ準備しよう。あっ、常連さんの中で手を振る人が。Oさんだ。今日も車の確認を忘れてしまった。手を振り返す。いつもなら挨拶に行くのだが、かなり遅れているので後にしよう。竿は15尺、餌はいつものバラケと、わたグルとα21を半々の食わせ。ちょうどギラギラタイムでウキは見難いが、さっさと底を取っての開始は10時42分。常連さんはいつもの整地された辺りで芳しくなさそうなのに対し、旧流れ込み付近は次々と竿が曲がっている。もし深場が良いのなら、私のその恩恵に与れるかもね。ゲッ、右前方の水草の辺りに鳥の死骸!水鳥ではなさそうだが、何故ここに。もしかして鳥インフルエンザと関係あるか?既に水に触っているので、もしそうならアウトだ。気持ちを切り替えて餌を打つと、11時を過ぎてウキがゆっくりじわじわと返す。これは、と見ていたら、あまりにグーなあたりが出て面食らい、合わせが完全に遅れてしまった。ヤバイ!しかぁ~し、放流サイズではあるがDscf3292ガッチリと口に掛かっている。やった早くも凸から逃れたゾ。これで一気に気が楽になった。が、その後はしばらくウキに動きナシ。でも気配を感じるので、今日はそこそこ釣れるのでは?と早くも取らぬ狸。開始30分が経過したところで、空合わせに何かがかかったが、すぐにバラシ。ウキDscf3293が流されて底をなぞるような感じもあるが、いやいやへらはいますよ。11時半を過ぎ、今度は返したウキがモヤッと入るのに会わせて2匹目。放流ではなさそうだ。嬉しいのは嬉しいが、どうしてあたる時以外はウキの動きがないのだろう。少しぐらいモヤモヤしても良さそうなものだが。ただ、この頃から少しだけ状況が改善されたようで、しばらくしてまたも返したウキがチクッ!Dscf3294やった3匹目ゲットだ!ホント、あたりは風・波の中でもハッキリ見える素晴らしいもので、何処かの誰かなら「完ぺキ!」と叫んでいるかもしれない(私も「ヨッシャ~!」と声が出ているようですが、何か)。しかぁ~し、この頃から上空雲が多くなって、ギラギラは去っても白波でウキの動きがまたまた見難くなった。右の方からはへらを取り込む時の音が断続的に聞こえてきて、う、裏山鹿~。そのまま虚しく12時のサイレンを聞く。遂に雲が空を覆い、ウキは目を凝らしてもほとんど見えない状況に。昼食を摂っても良さそうな感じだが、何とかもう1匹、いやもう2匹釣って第2目標まで持ち込みたい。その思いだけで続行だ。その後、Dscf3295風・波が穏やかになったその時に、またも返したウキがバッチリのあたり!これでようやく4匹目。何とかもう1匹。ただ、グルテンがそろそろ尽きる。今までより更に放置プレイを長くしなければ。すると、待って待った挙句に、これまたバッチリのチクッ!やった第2目標クリアと合わせるが、かかって一瞬で外れた(ガクガクッ)。あのあたりで食っていないとは・・・。その後はウDscf3296キも静かなままでグルテンが尽き、1時少し前に底は終了。結果、実釣2時間15分で4匹。いつもより早くグルテンが終わったのは、少し大きめに餌付けしたのかもしれないなぁ。それともインターバルが短めだったか。まあいい、仕掛けはそのままでOさんの様子を見に行くと、確か竿が曲がるのを1回は見たが、途中経過については聞けなかった。が、何とさっき深場で終わってDscf3297帰った人の中にKさんがいたと言うではないか。しまったなぁ。今月中にあと1回は来増するらしいので、私もお礼をするために通わなければ。釣り座に戻って、次は宙。でも、風と白波でウキが流されまた見辛そう。このまま帰った方が良いのかも。いやいや、宙で2匹目の泥鰌があるかもと、またまたスケベ心がむくむく。続行だ。竿はいつものように13尺に変更、餌はいつもより少なめに作ったセット専用バラケと「玉」。「たな」はどうしようか迷ったが、とりあえず1本半で1時17分に再開だ。すると、思った以上にウキが見辛く馴染みの様子も掴めない。更に風で思うように振り込めない上に流されてしまっては、私のアームではどうしようもなくなり、途中から諦めモードに。毎回のように立ち上がっては餌打ちするが、アジャパーだ。あっという間に2時。ここで流石のボンクラも何かしてみようかと考えた。まずはウキをトップの太いものに交換して少しでも視認性をアップしよう。しかぁ~し、餌落ち目盛を決めようと思った時点で早くもアウト。視認性はそれほど変わらない。それでも始めたのだからと何とか決めて再開だ。が、しばらく我慢してみたものの、結局元のウキに戻した。もう一度餌落ちを決め、続行。しかぁ~し、元の状態に戻っただけで、一体何をやったのか?そこで、今度は「たな」を変えてみる。まずは1本に。ダメだ、却って振り難くなった。もう2時半を過ぎている。バラケを捨てて終わっても良いが、最後の最後に「たな」を2本にしてみよう。すると、何と言う事でしょう、第1投でバラケが抜けてからチクッDscf3298というあたりが出たではないか!そして「ヨッシャ~」とばかりに合わせると、やったかかりましたよ!宙での凸を回避したと同時にトータルでの第2目標もクリアだ。これは素晴らしい。が、「たな」を変えたのが幸いしたのか、それとも単にゴールデンタイムが来たからなのかは不明。更に太陽が再度顔を出した事もあって、ウキの視認性がやや回復。すると次の餌打ちでまたもあたりが!残念カラだったが、俄然やる気に。ただ、バラケがもう残り少ない。右隣の好調は相変わらずだが、常連さんの方にもへらが廻って来たようで、Oさんの竿も曲がっている。やはりゴールデンタイムに勝るものはないと言う事か。さて、3時になろうとするそDscf3299の時に、遂に出ました「かかってます!」。これは空合わせをするのとへらが食ったタイミングが一致したとしよう。万が一にもあたりの見逃しなんて、ねぇ。3時を過ぎるが、常連さんはほとんどが続行。このゴールデンタイムを逃してなるものかと言う事だろう。しかぁ~し、私への恩恵は「かかってます」で終わったようで、太陽が山に隠れると再びウキの視認性が悪化。いよいよあと3投でバラケが終わる。しかぁ~し、ウキが馴染みながらスッと入るのを見逃さずに合Dscf3300わせれば、やったかかりました!ちゃんと「玉」を食っているゾ。その後はバラケが抜けてから待ちに待つがあたりは出ず、3時半過ぎに終了だ。結果、宙では実釣2時間15分で3匹。底と併せれば実釣4時間半で7匹かぁ。右隣の2桁には及ばないが、まあまあこんなものだろう。ただし宙Dscf3301での最初の1時間は不要だった。改善が必要だ。片付け。私の右には1人だけになってしまった。常連さんはまだ頑張っているが、そろそろ終わりか。片付けを終え、遊歩道を歩いて常連さんに挨拶しながらOさんのところへ。ゴールデンタイムの恩恵で6匹となったとの事。今月はもう来ないと言うので、また宜しくとその場を離れ、坂を上って橋を渡り、駐車場に戻った。足腰が痛むのは同じ姿勢を続けたためだろう。それと右足首も。車に荷物を積み、ベイシアには寄らずに家路に着いた。
 
Dscf3302以前サークルKだったところに、去年末にラーメン屋が出来た。結構有名な店の暖簾分けらしいが、浜松にはもう2軒同じ店の分家があるようで、それぞれ違う色になっているらしい。蕎麦でなくラーメンでブログを書いてみるのも良さそうだが、鉛の舌ではどうしようもないか。
私のお気に入りのラーメンブログがこれ。ここまで書けるのは凄いの一語。
 
月日は百代の過客にして 行かふ年もまた旅人なり
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

異常なアクセス再来

昨日はあまりPCに触らなかったのだが、日が変わってちょっと見てみたら、昨日が異常なアクセスだった事が分かってビックリ。
1日に900近いアクセスなんて私のブログではありえず、中味を調べると、案の定 msnbot とやらで、機械的な調査のようだ。
どういう理由でこれがアクセスしてくるのかは分からないが、これをカウントしてしまう仕組みは何とかならないだろうか。IDはしょっちゅう変わるようなので、これで引っ掛ける訳にもいかない。ホント、嬉しくないなぁ。
 
最近は更新が少なくなってきた
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

看板横でポカポカとブルブル@増沢池 with 福の神ザわさん

1週間ぶりに竿を出す事になった。やはり気温の上昇と風が多少ではあるが弱そうだから。いつもより早く家を出たつもりなのだが、駐車場着は10時前。好天に誘われるように車は多い。Oさんはいないようだ。今日は看板横で楽をしたいが、果たして。急いで車から荷物を降ろし、池に向かう。橋の下(しも)はダム?そばから旧流れ込み、そして階段下辺りまでビッシリ。整地された辺りは常連さんだが、まだ全員集合はしていない。Dscf3284あっ、橋の上(うえ)から看板横付近にへら師が見える。ただし看板横には入れそうだ。坂を降り、まずは先客に挨拶。返事はあったのかなかったのかは不明(声が小さくて聞き取れなかった?)。粘土で滑らないよう、慎重に下りる。ちょうどギラギラタイムだが、風・波はそれほど出ておらず、これはやりやすそうだ。ただ、まだ気温は上がっておらず、風は冷たい。さあ準備しよう。竿は15尺で底から。餌はいつものバラグルセット。しかぁ~し、いつもながらと言うか、底を取ろうと思うと風・波。適当に取って開始は10時15分。すると、ウキが風で流されながらも、1投目からモヤモヤ。これは釣れそうな雰囲気。そしてあたりらしきウキの動きも出た(気がする)が、残念合わせられず。この状況でまさか凸はないだろう。そして開始20分を過ぎた頃、返したウキがモヤッと入るのに合わせれば、やったかかりましたよ!「たも」を持つ。しかぁ~し、バラシ(ガクガクッ)。これはマズイ、マズイですよ。最初からバラシてはこの後釣れる訳がない。ウキの動きはまだ続いているが、あたりは出ないまま11時。風は止んできて、ポカポカと気持ち良くなったが、状況に変わりなし。隣が1匹目を釣った。底でやっているようだ。さて、その後も全く良いところなく11時半。やはり最初のバラシが効いているのか。と、ここでメールが。ザわさんからだ。何処でやっているのかと。返事を打とうとしていたら、分かったと言いながら坂を下りてきた。橋の上(うえ)から誰が携帯を出すか見ていたとの事。まずは挨拶。私の右に座って岡ジャミ開始。今日は今までしなかったような、釣りを始めたきっかけとか、masaさんとの出会いの事、仕事の事などを話してくれた。ただ、ウキの動きについては、単に底をなぞっているだけとか、餌が抜けて返しているに過ぎないとか、私の希望的観測を打ち消すネガティヴ発言を繰り返す。ショーック!しかぁ~し、12時にDscf3285なろうとする頃、フワッと返したウキがモヤッと入るのを見逃さずに合わせると、やったかかりましたよ!やっぱりウキは動いていたでしょう。しかぁ~し、「たも」に入れてとよくよく見ると、ゲゲッ鼻にスレているではないか。ガクガクッ。サイズは尺あるのにとボヤクと、カウントカウントと悪魔の囁き。これに何とか打ち勝って続行するが、じきに12時のサイレン。風もなくポカポカ陽気で、人間にとっては好都合の日和。それにザわさんが来てから、普段はウキが動かない時間帯なのに、スレではあっても姿を見る事が出来て、ひょっとして今日はザわさんが福の神なのかと冗談を言っていると、やはり返したウキが弱く入った。これにも反応すると、やった今度こそかかりましたよ!スレとは引きが違う(あくまで個人の感想です)。「たも」に納めれば、Dscf3286Dscf3287サイズはややダウンしたものの、地べらでしょう。とにかくこれで凸から逃れられ、まさに福の神。すると、次の餌打ちでまたもあたりが!ちょっとズルッと入ったような感じだったが、寄せてみればしっかり口に掛かっている。連荘だ!これは素晴らしい。ザわさんが福の神である事は間違いないだろう。さあどんどん行こう。しかぁ~し、そこからはウキがほとんど動かなくなってしまった。代わって隣が1匹追加。その後もウキの動きは良くならず、ウキ下の微調とか餌付けの変化とかしてみるが、2度とあたりを見る事なく、1時過ぎにグルテンDscf3288が尽きて底は終了。それを機にザわさんも帰った。貴重な話と福の神ありがとうございました。ただ、私にそのまま帰るのではなく、宙をやっていけと言い残して。そろそろ橋の影が迫ってくるので、帰りたいのはマウンテンマウンテンなのだが、ひょっとしたら前回のように宙で結果が出せるかもとスケベ心の方が勝って、続行。竿を13尺に変え、餌はセット専用バラケと「玉」のセット。しかぁ~し、早く終われるようにと餌の量を少なくしたにも拘らず、水の量はいつも通りでヤワヤワになってしまった。でも何かを足すとバラケの量が増えてしまうので、そのまま使用。浅い場所なので「たな」はどうしようかと思ったが、とりあえず下鈎に粘土を付けて底を測り、間違っても段底にならないよう適当に「たな」をセット。1時18分に再開だ。私の準備中に隣が竿を曲げたが、残念スレだった。さて、再開して間もなく再び風・波。そしてじきに橋の影。さっきまでとは格段の違いで寒い!このまましばらく我慢しなければならない。そこで、燃料補給と遅い昼食。さて、ウキの方はそれなりに馴染みを見せるが、抜けるのも早そうだ。ウキは動かないが、しばらくそのまま続けていて、2時近くなった。影はもう少しで抜ける。しまった、「玉」を付けた状態での馴染みを見てなかった。急いで「玉」のみで打つと、ウキが入って行く途中でモヤッ。そして馴染み際でチクッとあたり!ビックリして合わせるがカラ。なるほど、へらはいるんですね。それでは今更だが、バラケに一つまみスーパーダンゴを加える(何故セット専用バラケでないかは、既にお分かりですね)。すると、さっきよりしっかり馴染んで、もっと早くしていればと後悔。ただ、これで終了が伸びてしまった。と、2時を過ぎてバラケが抜けた後にDscf3289チクッというあたり!今度こそと合わせれば、やったかかりましたよ!小さな鈎ではあるが、ちゃんと口にかかっていて、う、嬉しかぁ~。ただ、これが続かない。もちろん風で思うように振り込めない私のショボさもあるが、それにしてもどうしてだろう。時間的にもゴールデンタイムに近付いているのに。隣が1匹追加して、私の見ている範囲ではスレの数も合わせて同じになった(スレ1に口3)。「たな」を変えたりバラケの大小とか圧の変化等、私の知るところをやってみるが、2時半を過ぎても状況は好転せず、どうやら今日はこれで終了か。3時になり、隣が静かに帰った。昔の私のようだ。その後もウキに動きなく、3時半頃に虚しく終了となった。何故かDscf3290終了と同時に湖面は凪になったが、もうやりませんよ。結果、底では実釣3時間弱で2匹。宙では実釣2時間強で1匹。トータルでは実釣5時間で3匹と冴えない結果だったが、もし福の神がいなかったらと思うと、感謝感謝。片付けを終え、痛む腰をかばいながら駐車場に戻る。今週末にはもっと暖かくなる予報なので、今度は深場でやってみようかな。車に荷物を積み、久し振りにベイシアへと車を走らせた。
 
ポカポカ陽気でのんびりが一番
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年1月22日 (水)

さだまさし「月虹」を観る:その14

Docu0008今週はずっと寒くて起きるのが遅くなり、また小さな用事等もあって竿を出せないでいる(もちろんただの言い訳ですが)。明日くらいに出せたらいいなと思いながら、コタツでぬくぬくしてさだまさしを聴く。何と年またぎになってしまった。
確かにあまり聴いた記憶がない曲ばかりのようだが、逆に新鮮に感じるのでグー。しかぁ~し、「おばあちゃんのおにぎり」のトークのあたりで記憶が薄れ、何となく聞こえているような感じでうつらうつら。気が付けば終盤に差し掛かっているではないか。
と言っても、普通のコンサートでもたまには寝る事があるので、ここは聴き直さずに続行。やっとあと1組までこぎつけた。前にも書いたが、30周年を記念して出されたDVDなのに、聴き終る前に既に40周年を過ぎている情けなさ。早く聴き終えて40周年のDVD購入について考えよう(オイオイ)。
 
聴き逃した部分は全部聴いてから再度
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

CDが届いた

Docu0005やたらイライラして困る。釣りでもそうだが、ちょっとした事にすぐイライラしてしまう。元々釣りは短気な人がやるものらしいが、イライラと短気とはちょっと違うか。まあ、どちらも精神的にも悪いとは思うのだが、分かっていてもどうにもならない。おおらかな自分でありたいと切に願う。
と、愚痴は何処かに置いておいて、やしきたかじんのCD。早くも今日届いたので、7イレブンで受け取ってきた。2枚組なので聴き甲斐がありそうだ。早速聴いてみよう。
 
たまには愚痴でも言わないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6)

2014年1月16日 (木)

復帰後初めて宙であたりを見た@増沢池 with Oさん

このところの寒さでずっと縮こまっていたが、今日は気温はそれほど上がらないものの風が弱そうとの予報に、いてもたってもいられなくなってゴー!しかぁ~し、相変わらずのグズグズで駐車場着は10時頃になってしまった。好天に誘われるように車が多い。出来れば看板横に入って楽したいと思っていたのだが、難しいかも。急いで荷物を降ろして橋を渡ると、ゲゲッやっぱり!看板横は既に3人が入釣しているではないか。深場ではダム?そばに赤いタオルのIさん、あとは遊歩道に沿って数人とこちら側なら入れるが、前回も残念な結果だったので、ちょっと気が重い。いつもと違うコース、階段を下りDscf3271る。そしてそのまま階段下に入る事にした。あっ、ワンドの外れ付近から手を振るのはOさんではないか。今日も車の確認を忘れてしまった(反省!)。荷物を置き、先客に挨拶しながらOさんの許に向かうと、14尺でまだ準備中。ただ、雰囲気はかなり厳しいようだ。釣り座に戻り、さあ準備しよう。もちろん底から。竿は15尺、餌はいつものバラグルセット。それにしても予報どおり湖面はDscf3272凪状態。風がないと本当に暖かく、こりゃぁ極楽だ。底を取り、開始は10時37分。ゲゲッ、急に風・波が。でもギラギラタイムではあるが、かろうじて見える範囲の波。へら師はどんどん数が増えて、私のすぐ右にも1人。池全体では20人くらいいそうだ。これではただでさえ厳しいのに凸まっしぐらか?すると、その予感は的中!ウキはピクリともしない。おまけに左へ流されるので、根掛かりも出るかもしれないという不安。しかぁ~し、たまにウキが弱く返す時があって、おそらくへらはいるのではと思わせるのが憎い。隣は底すれすれの宙をやっているようだが、じきに1匹目ゲット!底はダメなのか(お前がダメなんだよという突っ込みはご勘弁)。一応ウキ下の微調とか餌付けの大小とかやってみるが、あっという間に時間は過ぎ、虚しく12時のサイレンを聞く(何度同じ事を書いたか・・・)。腹は減ったがそれどころではない。続行だ。しかぁ~し、ウキに動きナシ。早く餌を打ち切って終わるか宙にするか(勝算などないが)。しかぁ~し、しかぁ~し、12時半近くなって、ウキが馴染む様子に異変を感じ、竿をグッと持つ。すると、馴染Dscf3273み際で弱く入ったではないか!これに合わせれば、やったかかりましたよ!ん、引きがおかしい。何だか嫌な予感だ。ゲゲッ、腹にスレている(ガクガクッ)。尺はあると思うのだが、ショック。この後へらの顔を拝めないかもしれないので、一応写真。ここでようやく緊張が解れ、スレではあるが型を見たと言う事で、昼食。隣はポツーリポツリと数匹は出ているかもしれない。常連さんは皆さん静か(声は大きいけど)だ。エネルギーを補給後、再開。しかぁ~し、特に何もなく、ひたすら餌を打つだけの展開。1時を過ぎ、グルテンが終わったので、久し振りの「玉」を出す。誤解のないようお断りしておきますが、ゴールデンではありません。Dscf3274が、これも特に何もなく、1時30分に終了。スレ1回の凸では帰り難いので、いつもどおり宙を1時間程度やって帰ろう。Oさんの様子を見に行くと、私同様ウキの動きがないとの事。釣り座に戻って、さあ宙!竿は13尺、餌はセット専用バラケと「玉」。「たな」は隣が底すれすれで結果が出ているので、真似してとりあえず2本でやってみる。再開は1時43分。風が強くて、私のアームでは思うように振り込めず、これでは前回と同じ轍を踏む予感が。ただ、バラケは上手い具合にバラケているようで、ウキの返しはグー?そしてジャスト2時にその時がやって来た。かなり左に流されてバラケも抜けたようなので、軽く空合わせをしてみたら、何Dscf3275とかかってます!しかもグーな引き。「たも」に納めればグーなサイズに間違いないが、あたりを見て合わせた訳ではないので、それがちょっと・・・。復帰後初めて宙で釣れたのは良かったし、嬉しい、とりあえずは嬉しいのだが、何となくスッキリしない。まあ続けてみよう。再開。しかぁ~し、特に何かした訳でもないので、その後もウキの動きが続く訳もなく、30分ほど打ったところで、あれっ?と思った。バラケが抜けてからしばらく待つんじゃなかったかな(今Dscf3276更!)。それで待っていたら、餌落ち付近まで返したウキが弱くではあるがチクンと入ったではないか。待ってましたと合わせると、やった2匹目ゲット!しかも復帰後初めて宙であたりを見たドーッ!サイズは放流だが、これはかなり嬉しい。まだゴールデンタイムには早いのかもしれないが、底で凸でも帰らずに竿を出し続けた私への空からのご褒美では?いや、単なる時合でしょう。それが証拠には、その後もウキは弱くではあるが動き、3匹目はそれこそ極Dscf3277Dscf3278小さなウキの動きでゲットし、4匹目は3時前に2匹目と同じようなチクンでゲット。いよいよ第2目標が見えてきた感じだが、比較的ウキが動く看板横でも「もう1匹」が出なかったので、あまり期待せずに続行だ。まだ餌が少し残っているので、これを打ち切って終わろう。しかぁ~し、3時を過ぎて太陽が顔を隠すと、湖面も波によって一気に見辛くなる。更に寒い、寒いぞ。右隣は帰り、常連さんもそろそろ帰り支度。ところが、世はまさにゴールデンタイムなのか、ウキが入らない事もあって、何とDscf3279かもう1匹と期待が膨らむ。すると、またも出てしまいました「かかってます」で第2目標クリア!何でだろう、ウキのフワフワモヤモヤもあたりなのか。分からないまま次の餌打ち。すると、今度はハッキリしたウキの動きでやった連荘で6匹目?しかぁ~し、アナルにスレ。ガクガクッPART2。最早これまでか。片付けを終えたOさんが様子を見に来た。午後になってウキが動くようになったのか2匹をゲットとの事。底は難しいんですね、やっぱり。まだ常連さんの一部は片付けの途中だが、竿を出しているのは私1人になってしまった。これはヤバイ。もし万が一事故でも起こしたら、誰も助けてくれないぞ。早く餌を打ち切って私も終わらねば。3時半を過ぎ、白波でほとんどウキが見えない中せっせと餌を打てば、何故かは分Dscf3281Dscf3282からないがウキが動いたかなと思って合わせると、何と2匹をゲット出来たではないか。いずれも放流ではあるが、第2目標をクリア出来たのが嬉しいの一語。さあ、いよいよ最後の1投だ。しかぁ~し、草に下鈎を引っ掛け、おまけにバラケも吹っ飛んでしまってじぇじぇじぇの終了だ。時刻は3時41分。結果、宙で実釣2Dscf3283時間で7匹。これは素晴らしい。底での凸は記憶にありません。う~っ、寒い。さっさと片付けよう。誰もいない池で寂しく片付け。すると、何と言う事でしょう、それまで立っていた白波がピタッと収まったではないか。まあいい、今更穏やかになったってどうしようもないしね。片付けを終え、階段から橋を渡って駐車場に戻る。1人だけジャカゴにいるのを見た。足が痛む。おそらくは寒さのせい。でも、久し振りに歩いたのは良かった。更に今日は予想外の宙での結果に、ホント来て良かったなぁ。車に荷物を積み、何処にも寄らずに家路に着いた。
 
こんな日があってもいいじゃないか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6)

2014年1月15日 (水)

やっと買えたぁ

Takajin前にも書いたが、たかじんさんのCDの入手が難しくなっている(あくまで個人の感想?)。そこで、一応入荷したら連絡をもらえるようにしておいたのだが、昨日連絡を受けたものの、対応が遅くて既に在庫切れとなる残念な結果となってしまった。
それではと再度入荷連絡を受けるようにしておいたら、何と早くも今日入荷したとの連絡があったではないか。しかぁ~し、ここでも連絡から既に2時間ほど経過していて、またもアウトかと思いながら7ネットを見に行くと、やった購入可能だ!急いでクリック。やれやれ、後は発送の連絡を待つだけ。楽しみだ。
 
今更だとは思うが、聴いてみよう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年1月12日 (日)

自虐的へらの会新年会

リアルタイム更新が売り?の私のブログだったが、寒さで縮こまっていたら1日が経過。ちょっと記憶が薄れ気味かもしれないが、お待たせの更新だ。
Dscf3268Dscf3269昨夜6時から、恒例となっている「濱作」での新年会が開催された。参加者は幹事のバットさんを始めとして、年齢順?にmasaさん、私(えっ、いきなり?)、パラソルさん、竹さん、むぎわらの松さん、バットさん、エロ川(旧姓Y川)さん、じゃがにぃさん、バンビさんDscf3270の9人だ。
Docu00041今年は若手が張り切って話題を振りまき、いつもより下ネタ満載の飲み会となった。更に9時を過ぎて、用事が済んだザわさんも合流し、ワイワイガヤガヤと10時近くまで宴は盛り上がった。
私は一徹(ちゃぶ台をひっくり返す人ではありません)賞をいただき、今年の釣りへの励みとなった。幹事のバットさん、楽しい時を過ごさせていただきありがとうございました。
Dsc01416_2釣りが縁で知り合った方々、これからも宜しくお願いします
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (8)

2014年1月10日 (金)

やしきたかじん:東京

不謹慎かもしれないが、訃報の後でセブンネットでたかじんさんのCDを検索してみた。すると、全てが入荷待ちになっているではないか。考える事は皆同じだなぁと感心した?次第。
そこで、ようつべで調べたら、こちらはすぐに見つけられた。

 
今更だが購入予定
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

やしきたかじんさん死去

既にご承知かと思うが、やしきたかじんさんが死去した事が昨日分かった。
癌の全身転移によるものらしいが、最初の報道では早期の食道癌だという事で、手術後じきに復帰するものと思っていた。それが休養がかなり長引いた後の復帰では、やはりしんどそうな感じに見えたと思ったらすぐに再休養。
それでも体調に万全を期すためにゆっくり療養していると信じていたし、去年末には再々婚したという報道もあって、順調な回復の証だと喜んでいたのだが、残念な結果となってしまった。
たかじんさんと言えば、やはり「そこまで言って委員会」だろう。最初にこの番組を観た時の驚きは、それまでの「TVタックル」などの番組とは比べ物にならないくらいだった(今では慣れたのかそれほど・・・)。
たかじんさん亡き後も、たかじんさんの冠を付けた3番組は名前を変えずそのまま続行されるらしい。故人への餞となるだろうか。
ご逝去に際し心よりご冥福をお祈り申し上げます。
 
・・・・・・・・・・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年1月 6日 (月)

果たしてリベンジは成ったと言えるのか@増沢池 with masaさん

明日はリハビリで竿を出せそうにない。そこで、風が弱そうな予報を信じて増沢へゴー!駐車場着は9時半頃か。車の数は少なく、これなら深場にも入れそうだ。急いで荷物を降ろして橋を渡ると、ゲゲッ、へら師は2人きり。1人は橋のすぐ下(しも)、もう1人は遊歩道端。やはり階段は怖いので、いつものように坂を下って遊歩道へ。かなり落ち葉が浮いている。それに油膜も見えるぞ。先客に挨拶して、私は階段下に入る事に決Dscf3260める。時間的にはギラギラタイム間近だが、意外と湖面が凪いでいるのでOK。さあ準備しよう。今日は竿、仕掛け、ウキ、餌全てが去年末と同じ。何とか1匹釣って深場で実績を挙げたい。準備中にチラホラへら師がやって来た。常連さんも。難なく底を取っての開始は10時3分。しかぁ~し、あれほど凪いでいた湖面が、開始して間もなく風・波でまさにギラギラターイム。ただ、何となくウキは返しているように見え(去年末とは同じだが)、あとはあたりだけなのか(それが大変)。偏向グラスを装着し、首を左右に振りながら餌打ちするが、水深があるせいか餌付けがやや大きめになっている気がする。それにかなりウキが流され、底をなぞっているのかウキが弱く上下している?10時半を過ぎた頃、masaさんご登場だ。まずは新年の挨拶。先週末「杉ちゃん」さんとバンビさんが増沢に来て残念な結果だったらしく、これは私など敵う増沢ではなさそうだ。早くも意気消沈。masaさんは遊歩道端付近に入った。さて、時折上向きに動くウキに合わせたいのだが、これが出来ない。どうしても下向きの動きでないと体が反応しないのだ。でも1回くらいはやってみたいなぁ。とか言っている(心の中で。ひょっとして声に出ているかも?)うちに11時を過ぎる。ギラギラは右にそれ、ウキの見易さだけは問題なしとなった。橋のすぐ下(しも)に入っていた先客が帰り支度。竿は曲がったようだ。う、裏山鹿~。と、流されてシモッたウキがモヤッと弱く入り、いつもなら合わせないのだが反射的に手が出たら、やったかかりましたよ!あれがあたりだったのかぁ。寄せてみれば30cmくらいDscf3261ありそうだ。やれやれ、これでリベンジ成ったぞ(オイオイ)。いや、どうもあたりに納得出来ないし、何かスッキリしない気分だ。リベンジは半分?としておこう。もう1匹釣ってこそ(しかも抜群のあたりで)リベンジと言えるのでは。なんて気取ってはみたものの、その後はウキの弱い返しはあっても上下のあたりらしき動きにはならず、時間だけが過ぎる何処かで見たような展開に。そして虚しく12時のサイレンを聞くはめに。後から来た、私の右に入っていた人は帰っている。竿は曲がらなかったようだ。その後、やはり餌付けが大きめなのか、いつもより早い12時半過ぎにグルテンが尽きたので、残ったダンゴ風バラケを私にしては珍しく捨てて強引に終わり。とりあえず1匹出たので良しとして、後半は釣れるかどうか分からない(再デビューから一Dscf3262度もあたりを見ていない)宙をやってみよう。と、その前にmasaさんの様子を見に行くと、2回あたりがあったとの事。宙から段底に変えたばかり。やはり難しいのか。釣り座に戻り、再開。竿は13尺(これがダメダメなのか)のセット。一応下鈎は極小を使用。餌は相変わらずのバーゲンセール(釣る気があるの?)のバラケとミクロの「お」。明日「玉」を買いに行こう。準備が終わったところで遅い昼食。そして「たな」1本半での再開は1時6分だ。しかぁ~し、昼休みの間は割りと穏やかだった湖面は再び風・波。予報どおり午後からは風が強くなった。私のショボイアームでは同じところに振り込めない。もちろんそんな具合でウキに動きなど出る筈もなく、ただただ餌を打つだけの時間が続く。すぐに2時。最早やる気は失せている。が、何とか省資源釣法を全うしなければの思いだけで続行だ。しかぁ~し、よくよく考えてみたら、底の時も餌を捨てている事に気付いた。なぁんだ、捨てていいんだ(オイオイPART2)。2時半頃になってバラケをポイポイし、終了だ。結局宙では1回もウキが動かなかった(もちろんおさわりもなしよ)。片付け。常連さんの中では2人が竿を曲げたDscf3263のを確認。それだけ深場はずっと難しいままなのだ。片付けを終え、masaさんに終了の挨拶に行くと、状況に変化はないらしい。まだ続けるようなので、今週末の飲み会でまたお会いしましょうと言ってその場を離れ、駐車場に向かった。masaさんの釣りの結果については、こちらをどうぞ。最近は冷えのせいなのか足が痛む。明日のリハビリで優しく揉んでもらおう。車に荷物を積み、米を買うためにベイシアへと車を走らせた。
 
何処の池が釣れるのだろうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (10)

2014年1月 4日 (土)

新年早々縁起でもない

書くのをためらっていたが、やっぱり書くことにした。
昨日、家まで辿り着いたら、家の前の駐車スペースに猫が左側を下にして横たわっているのを見てビックリ。これでは駐車出来ず、クラクションでも鳴らしてやろうかと思ったが、よくよく見ると息をしていないようだ。車を停め、おそるおそる猫に近付くと、何てこった死んでいるではないか。ちょうど車の両輪の中間くらいの位置なので、私が車で轢いた訳ではなさそう(もしそうなら、おそらく原形を留めていない筈)。家人を呼んだが、今日は家から出ていないので、猫がいつここに遺棄?されたのか定かではなくなった。
考えられるのは
1.車の下にいたのを私の車で轢いた(これはまずない)
2.何処かで怪我をして、私の車の下までほうほうの体で辿り着いたものの、そのまま息を引き取った
3.近くの道路ではねられ(または殺され)、誰かが駐車スペースに遺棄した
1.は除外するとして、2.は血が点々としていないのでどうか。やはり3.が濃厚だ。
外見上傷はないように見えたが、そのままでは駐車出来ないので、ポリ袋に入れるために持ち上げたところ、顔の左半分がつぶれている。保健所に電話したところ、正月休みなのか留守番電話。今日になって再度電話したところ、ようやく繋がって業者さんが引き取りに来てくれた。
やれやれだが、それにしても気になって仕方ない。まさか向かいのカラオケスナックと関係ある?いやいや無闇に他人を疑ってはいけない。が、もし嫌がらせだったら・・・。
 
監視カメラでも付けようかな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年1月 3日 (金)

初釣り、初へら@増沢池 with Oさん?

今日は好天で風もなさそうな予報に、ついふらふらと家を出る。行き先はもちろん増沢。再度深場に入って去年のリベンジをするつもり。しかぁ~し、相変わらずのグズグズで出発が遅れ、駐車場着は10時半頃。急いで車から荷物を降ろして橋を渡ると、ゲゲッ橋の下(しも)日向側には約20名のへら師がズラッと並んでいるではないか。入れる場Dscf3253所がない事はないが、シャイな私にはどうにも入り辛くて、誰もいない看板横にする。ギラギラは既に終わっているが、意外と波が出ている。あっ、ジャカゴに2人!さあ準備しよう。竿は15尺で底。餌も前回と同じ。底も取れて開始は10時51分。前回のようなウキの動きに期待するが、残念最初からシーン。これは困った。年をまたいでの連続凸の予感。それでも餌を打ち続けると、開始30分くらいでシモッたウキがスッと入った気がしたが、カラ。初釣りなので何とか結果を出したいが、こればかりはへらに聞いてみないとね。その後は弱く返しているようだが、いつものように虚しく12時のサイレンを聞くはめに。ここで何故か風が一気に弱くなった。風・波があった方があたりが出やすいとか聞いているので、これはダメか。次第に餌打ちのインターバルが長くなるのは承知のうえだが、これでは餌が思い切り余ってしまいそう。省資源釣法はそろそろチェンジかな。しかぁ~し、放置の末の今日一番のチクッというあたりが出たものの、これに合わせてもカラ(ガクガクッ)。長く待つのは正解かもしれないが、それにしてもあのあたりでカラとはね。ちょっとウキ下をいじって再開すると、ウキの返しはあるが、ここで痛恨の余所見。Dscf3254慌ててウキに目を戻すと、返した筈のウキが再び1目盛入っているではないか。今更ではあるが合わせてみる。すると、やったかかりましたよ!これは嬉しい。さっきまで凸必至の状況だったのに、初へらを拝めるなんて。サイズも30cmくらいありそう。やれやれ。ようやく気持ちに余裕が出てきたので、再度底取り。そDscf3255して再開だ。何故か猫が私のそばで日向ぼっこをしている。そう言えば昼飯時だった。それを待っているのかと思っていると、すぐに何処かへ。あれれ違うのか。と、返したウキがチクンというあたり!待ってましたと合わせると、またもかかりましたよ!今年初めてあたりに合わせたゾ(偉くないけど)。寄せてみれば1Dscf3256匹目と変わらないくらいのグーなサイズ。何故かは分からないが、良かった良かった。さあ、どんどん行こう。おっとその前に昼食。時間を惜しむようにガツガツと口に入れる。そしてセミ放置プレイでウキを見続けると、ウキの返しはまだ続いていて、1回シモるように入ったウキがフワッと返し、その後ダッと消し込んDscf3257だではないか!ビックリしながらも合わせると、やったかかりましたよ!ただ、スレではないかとの危惧があるのは仕方ない。それでも浮き上がらせてみればしっかり口にかかっています。やったぁ、この場所で前回と同じ数まで出たぞ。橋の上(うえ)から、大きい、尺はあるとの声が聞こえてきて、私の鼻の穴は思い切り膨らんだ事でしょう(見ていませんが)。まだ行けそうな気がする(もちろん個人の感想ですよ)ので、セミ放置プレイを続行。すると、しばらくしてまたも返したウキがチDscf3258クン!やったと合わせて4匹目ゲットだ。これは素晴らしい。1匹目を釣ってからわずか30分の間に4匹目とは。こうなると第2目標への期待が一気に高まるが、そこはそれ私の事、そんなにうまくは進みません。次のあたりを痛恨の見逃し!するとそこからウキの動きが一変。最初の頃のように弱く返しは出るがあたらない状況に逆戻りだ。そのまま1時を過ぎると、何と風・波が再び出始めた。橋の影も迫ってくる。と、ここで橋の下(しも)にいた先客が帰り際にお先にと挨拶してくれた。お疲れ様と返すと、あっ、sshさんではとの声。振り向くと、何とOさんでした。全く気付かなかった。車の確認をすべきだったなぁ。まずは新年の挨拶。7時半頃からいつもの場所に入っていたが、1回もあたりなし。午後から用事があるので早上がりしたようだ。5日にまた来ると言うので、その時には宜しくとお願いしておいた。さて、1時半頃橋の影が迫ると同時に体感温度も下がってきた。ウキはどうせ動かないし、早く餌を打ち切りたいのはマウンテンマウンテンだが、放置プレイでひょっとしてあたりが出るかも、とスケDscf3259ベ心満載で続行すれば、結局2時過ぎまで震えながら餌打ちしたもののあたりを見る事は出来ず、結果が出たのに寂しく終了となった。片付け。ジャカゴの2人はいなくなり、午後から私の左浅場に2人と、私の右坂の下に1人入っている。片付けを終え、坂を上って橋へ。見るとへら師はほとんど帰っていない様子。日陰側にも深場流れ込みに2人。皆さん3時過ぎのゴールデンタイムに期待しているのか。痛む足をひきずるように橋を渡り、駐車場に戻る。初釣りはとりあえず結果が出たので良しとしよう。ただ、出来ればもう1匹釣って第2目標はクリアしたかった。欲張り過ぎかな。荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
ここを遠慮なくポチッと根津甚八!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

今年のおせち

Dscf3248前回ネットでおせちを注文してみた。結果はまあまあだったが、今回はもういいかなと止めるつもりでいた。しかぁ~し、12月21日にイオンからメールで格安おせちの連絡があり、40%オフとの誘い文句につられて注文してしまった。情報はほとんどないままで、一体どんなものが来るのか(写真はあったけど)楽しみでもあり、グルー○ンのような変なのが来たらどうしようと不安半分だった。一応イオンなので大丈夫とは思っていたが、30日に到着。去年は冷蔵品だったが、今年は冷凍。うまく解凍出来るか不安ではあったが、冷蔵庫で1日、外へ出Dscf3249Dscf3250Dscf3251して数時間で見事に解凍。中味は和風とあって色見はやや地味だったものの、元日から頂けばそこそこ美味しい(いや、かなり美味しい)。これは当たりでした。

今年もここをポチッと宜しく根曲がり竹
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年2014

Nenga2014
 今年も宜しくポチッと根岸季衣
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (7)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »