« 新年早々縁起でもない | トップページ | やしきたかじんさん死去 »

2014年1月 6日 (月)

果たしてリベンジは成ったと言えるのか@増沢池 with masaさん

明日はリハビリで竿を出せそうにない。そこで、風が弱そうな予報を信じて増沢へゴー!駐車場着は9時半頃か。車の数は少なく、これなら深場にも入れそうだ。急いで荷物を降ろして橋を渡ると、ゲゲッ、へら師は2人きり。1人は橋のすぐ下(しも)、もう1人は遊歩道端。やはり階段は怖いので、いつものように坂を下って遊歩道へ。かなり落ち葉が浮いている。それに油膜も見えるぞ。先客に挨拶して、私は階段下に入る事に決Dscf3260める。時間的にはギラギラタイム間近だが、意外と湖面が凪いでいるのでOK。さあ準備しよう。今日は竿、仕掛け、ウキ、餌全てが去年末と同じ。何とか1匹釣って深場で実績を挙げたい。準備中にチラホラへら師がやって来た。常連さんも。難なく底を取っての開始は10時3分。しかぁ~し、あれほど凪いでいた湖面が、開始して間もなく風・波でまさにギラギラターイム。ただ、何となくウキは返しているように見え(去年末とは同じだが)、あとはあたりだけなのか(それが大変)。偏向グラスを装着し、首を左右に振りながら餌打ちするが、水深があるせいか餌付けがやや大きめになっている気がする。それにかなりウキが流され、底をなぞっているのかウキが弱く上下している?10時半を過ぎた頃、masaさんご登場だ。まずは新年の挨拶。先週末「杉ちゃん」さんとバンビさんが増沢に来て残念な結果だったらしく、これは私など敵う増沢ではなさそうだ。早くも意気消沈。masaさんは遊歩道端付近に入った。さて、時折上向きに動くウキに合わせたいのだが、これが出来ない。どうしても下向きの動きでないと体が反応しないのだ。でも1回くらいはやってみたいなぁ。とか言っている(心の中で。ひょっとして声に出ているかも?)うちに11時を過ぎる。ギラギラは右にそれ、ウキの見易さだけは問題なしとなった。橋のすぐ下(しも)に入っていた先客が帰り支度。竿は曲がったようだ。う、裏山鹿~。と、流されてシモッたウキがモヤッと弱く入り、いつもなら合わせないのだが反射的に手が出たら、やったかかりましたよ!あれがあたりだったのかぁ。寄せてみれば30cmくらいDscf3261ありそうだ。やれやれ、これでリベンジ成ったぞ(オイオイ)。いや、どうもあたりに納得出来ないし、何かスッキリしない気分だ。リベンジは半分?としておこう。もう1匹釣ってこそ(しかも抜群のあたりで)リベンジと言えるのでは。なんて気取ってはみたものの、その後はウキの弱い返しはあっても上下のあたりらしき動きにはならず、時間だけが過ぎる何処かで見たような展開に。そして虚しく12時のサイレンを聞くはめに。後から来た、私の右に入っていた人は帰っている。竿は曲がらなかったようだ。その後、やはり餌付けが大きめなのか、いつもより早い12時半過ぎにグルテンが尽きたので、残ったダンゴ風バラケを私にしては珍しく捨てて強引に終わり。とりあえず1匹出たので良しとして、後半は釣れるかどうか分からない(再デビューから一Dscf3262度もあたりを見ていない)宙をやってみよう。と、その前にmasaさんの様子を見に行くと、2回あたりがあったとの事。宙から段底に変えたばかり。やはり難しいのか。釣り座に戻り、再開。竿は13尺(これがダメダメなのか)のセット。一応下鈎は極小を使用。餌は相変わらずのバーゲンセール(釣る気があるの?)のバラケとミクロの「お」。明日「玉」を買いに行こう。準備が終わったところで遅い昼食。そして「たな」1本半での再開は1時6分だ。しかぁ~し、昼休みの間は割りと穏やかだった湖面は再び風・波。予報どおり午後からは風が強くなった。私のショボイアームでは同じところに振り込めない。もちろんそんな具合でウキに動きなど出る筈もなく、ただただ餌を打つだけの時間が続く。すぐに2時。最早やる気は失せている。が、何とか省資源釣法を全うしなければの思いだけで続行だ。しかぁ~し、よくよく考えてみたら、底の時も餌を捨てている事に気付いた。なぁんだ、捨てていいんだ(オイオイPART2)。2時半頃になってバラケをポイポイし、終了だ。結局宙では1回もウキが動かなかった(もちろんおさわりもなしよ)。片付け。常連さんの中では2人が竿を曲げたDscf3263のを確認。それだけ深場はずっと難しいままなのだ。片付けを終え、masaさんに終了の挨拶に行くと、状況に変化はないらしい。まだ続けるようなので、今週末の飲み会でまたお会いしましょうと言ってその場を離れ、駐車場に向かった。masaさんの釣りの結果については、こちらをどうぞ。最近は冷えのせいなのか足が痛む。明日のリハビリで優しく揉んでもらおう。車に荷物を積み、米を買うためにベイシアへと車を走らせた。
 
何処の池が釣れるのだろうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 新年早々縁起でもない | トップページ | やしきたかじんさん死去 »

コメント

散々の結果だった訳では有りませんよ。
バラケに固形餌のセット釣りの線を崩さずに、バラケ餌の抜き方に合わせて、ウキを5回以上は変更したり、ハリスの長さ、ハリのサイズ、竿の長さ、タナ、最後は段底まで試したりと、考えられる事の術を最後まで諦めず、トコトン出す良い機会に恵まれました。結果が出なかったのは確かに悔しいですが、こんな経験は年に何度も訪れる訳では無いので良い経験に成ります。
努力もしないで釣りやってませんから。

投稿: 杉ちゃん | 2014年1月 6日 (月) 23時13分

「杉ちゃん」さんこんばんは。
結果だけ聞いて書いてしまいましたが、失礼しました。
 
散々の → 残念な に変更しました。

投稿: sunshine_hera | 2014年1月 6日 (月) 23時26分

流石、杉さんはこだわりながら引き出し一杯使っての釣行だったようですね。
省資源釣法も気持ち的には◎ですが、グルテンなんかはやっぱり新しい方が食いは良い様ですね。
バットさんは如何だったのだろうか?
未だにUPしてないって事は・・・。
マア、気長に待ってみます。

投稿: yurie | 2014年1月 7日 (火) 08時06分

yurieさんこんにちは。
お二人でも釣れなかったのを私なんぞが釣れる筈がない、という意味だったのですが、言葉足らずでご迷惑をかけてしまいました。
 
バットさん、なかなか更新されませんが、昨日遠くから聞こえた声では、西ノ谷もかなり厳しかったようですよ。

投稿: sunshine_hera | 2014年1月 7日 (火) 10時17分

渋い増沢行きたいです!

帰ってからも、昼休みも仕事が忙しくて、西の谷新年親睦会アップしてません。
下書きが前半でストップしてます。
お待ちを…。結果は散々でした。

投稿: 黄金バット@会社 | 2014年1月 7日 (火) 13時32分

バットさんこんにちは。
残念な結果だったようですが、アップ楽しみにしてますよ。
 
増沢の渋さは渋柿など問題にならないくらい。これから更に寒くなったらどうしよう(誰かさんは道楽池に行くと言ってましたが)。

自虐を味わいたければ、階段下から浅場側が良いみたいですよ。

投稿: sunshine_hera | 2014年1月 7日 (火) 13時58分

今の増沢なら周りが釣れなくても自分だけ釣るいいチャンスです。
風や風による水の流れ方等、状況の変化に合わせてウキの選択。またバラケ餌の抜き方を替えるといった状況に応じた対応を取ってしてでも中々状況に合わせるのが難しいです。特に増沢池の場合は風の向きが良く変わるのでそう成りますが、上手く歯車を合わせる事が出来れば、「爆釣出来るのでは?」そんな思いでいつも釣りしましょう。
でも達成するといつか突き落とされますよ。増沢の魚の引きに!いやバットさんかも?

投稿: 杉ちゃん | 2014年1月 7日 (火) 15時52分

「杉ちゃん」さんこんばんは。
いつでもワンパターンで竿が出せれば良いという感じですから、爆釣は夢のまた夢。そうですね、今年は回数はさておき何かしら抽斗を増やしたいという思いでやってみます。

投稿: sunshine_hera | 2014年1月 7日 (火) 22時25分

やっと大会アップしました。

投稿: 黄金バット@会社 | 2014年1月10日 (金) 12時58分

バットさんこんにちは。
いやぁ、待ちに待ちましたよ。それにしてもお立ち台は相変わらず凄いですね。その中に入って頑張ろうとするバットさんの根性も凄い。でも、皆さんウドンセットのようですが、右に倣えではなかったんですね。「はげ?」は予定通りとはいえ、変えようとは思わなかったんでしょうか。新年会でそのあたりは聞きたいですね。

投稿: sunshine_hera | 2014年1月10日 (金) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新年早々縁起でもない | トップページ | やしきたかじんさん死去 »