« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

浜松市防災ホッとメール

最近急にPM2.5の増加が叫ばれている。中国の大気汚染が風に乗って飛んでくるので避けられない。更には黄砂もそろそろ。
何か地元の情報はないかと浜松市のHPで調べてみたら、微小粒子状物質(PM2.5)についてというページがあった。
そこから微小粒子状物質(PM2.5)の注意喚起についてへと進むと、注意情報等をメールで連絡してくれるシステム「浜松市防災ホッとメール」がある事を知った。いや、知ったと言うのは正しくなくて、知っていたのだが利用しようと思った事がなかったというのが正解か。
通信料はかかるものの、便利である事は間違いない。早速登録。パソコンでやったが、もちろん携帯のアドレスも使える。
環境情報の他にも防災に関する情報を知られてくれるのだから、積極的に活用したい。皆さんも是非とまでは言わないが、検討の余地はありますよ。釣り情報にも使えるしね。
 
今日はポカポカ陽気だが、家を出るタイミングを逸した
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (6)

2014年2月26日 (水)

やっと旧流れ込みに入れた@増沢池 with Oさん and 岡ジャミザわさん

今日を逃すと明日からしばらく天気が悪いと言う事で、久し振りに早出?をして出てきました増沢。駐車場着は9時前か。あっ、Oさんの車。早いなぁ。私も急いで車から荷物を降ろし、池に向かう。やった今日は旧流れ込みが空いているゾ。橋の下(しも)ではOさんが準備中だが、挨拶は荷物を置いてからにしよう。階段をゆっくり下りて旧流れ込みDscf3425へ。ダム?そばにはI尾さん。とりあえず釣り台だけ出してからOさんの元へ。昨日はへら師が多く、また波もきつくてあたりが出なかったらしい。ゲゲッ、まだその状況が続いているのか。竿は長い方が良さそうだという情報を頂いて釣り座に戻る。さあ準備しよう。15尺の仕掛けはウキゴムがちょっと裂けているので怖いが、何とかなるだろう。そのまま使用。餌は相変わらずのバラグルセット。それにしても湖面は凪。素晴らしい。底が取れての開始は9時半。ゲゲッ、急に風・波が出てきた。でもそれほどきつくないので、餌打ち開始だ。すると、数投でウキが返した。これは・・・?更にしばらく打っていたDscf3426ら、ウキが小さく抑えるようなあたり!これを見逃さずに合わせれば、やった早くも1匹目!う、嬉しかぁ~。この場所に入った意味があった。やれやれ。しかぁ~し、喜んだのも束の間。波が大きくなると、正面の山の間の空が湖面に写り、そこが白波になってウキの視認性が悪化。少しずらして右に打てば多少状況は好転しそうだが、そちらの底は測っていないので心配。首を左右に振り、また偏向グラスを装着してみるが、かなり厳しい状況。時折モヤッと返すのが見えるが、それがあたりの後に来たものなのか、それとも単に返しているだけなのかさっぱり分からないまま時間だけが過ぎるいつもの展開。すぐに10時。そして10時半。何だこれは?看板横と同じ轍をなぞるようだ。しかぁ~し、ウキが馴染Dscf3427んでから更にシモり?そのままだったので空合わせで餌を落とそうとしたら、何と「かかってます!」で2匹目。既に開始1時間が過ぎているのに、たったの2匹とは、何だかなぁ。その後も首を傾けながらの餌打ちが続き、11時を過ぎる。と、階段方面から1人、のっしのっしとやって来たのはザわさんだ。私が旧流れ込みに入りたがっているのをブログで見ていて、岡ジャミに来てくれた。缶コーヒーを頂き、ごっつぁんです。しかぁ~し、缶コーヒーを釣り台に置こうとしたその時にザわさんから大きな声!何とあたったとの事。こちらからはさっぱり分からなかったが、少し左奥からならウキの動きが見えるのだそうだ。クーッ、返す返すも残念の一語。更に、竿から手が離れた瞬間に今日一番のあたり(って、まだあたりは1回しか見ていませんが、何か)!これを見過ごしてしまい、どうやら今日はジ・エンドか。どうも波であたりを逃しているのは間違いなさそう。一体どうすれば?それでも11時半少し前にウキがズルッと入るような大きな動きが出て、合わせようとしたら横からDscf3428「ハイッ!」の声。あたりを教えてくれたのはありがたいが、流石にあれは私にも分かります。あたりが変だったのでスレているかと思ったら、腹の方から上がってきたのでガックリ。しかぁ~し、よくよく見たら下鈎は口に掛かっていて、上鈎が腹にスレていたのでホッ。やれやれ3匹目。ザわさんが福の神なのか、それとも単に時合なのかは不明だが、その後今度Dscf3429こそのあたりで4匹目をゲットし、餌もまだあるしもう1匹釣って第2目標をクリアしようと、多少やる気が出てきた。ちょうどその頃、ダム?そばに入っていたI尾さんが終わってこちらに来た。今日はあまり釣れなかったが、それでも30匹弱。昨日は何と60匹近くゲットしたとの事。昨日は常連さんがあたりがなくて苦労したと言う話を聞いていたので、ビックリだ。I尾さんは帰り、私もラストスパート。しかぁ~し、振込みに失敗して餌が水面に着く前に竿を戻したら、反動で仕掛けが背後の河津桜にかかってしまった。これが手の届かないところで、しかもオモリ付近からかかっているので、外しようがない。無理して引っ張ったらヨリモドシのところからプツンと切れてガクガクッ。ザわさんは底を続けろと言うが、最早そDscf3430の気持ちにはなれません。残った餌は捨て(珍しい~っ)、道糸は仕掛け巻きに巻き付けて、竿も仕舞う。気持ちを切り替えて宙をやろう。結果、底では実釣2時間半弱で4匹。12時のサイレン。私とI尾さんの間に入っていた人がダム?そばに移動。さて、竿は12尺、餌はいつものセット。まだ波が残っているので、視認性重視でウキをトップの太いものに交換だ。餌落ちを決め、「たな」1本半での再開は12時20分頃。ウキをしっかり馴染ませようとするが、餌が軽いのかあまり馴染まず、早くもやる気が・・・。ザわさんも岡ジャミで疲れたのか、帰った。長時間ありがとうございました。さて、とにかくしっかりウキを馴染ませると、じきにウキに動きが。そして前回のようなあたり?これに合わせるが全くかからない。すぐに12時半。腹は減っているが、結構真剣に取り組んでいるので昼食はカットして続行だ。Dscf3431すると、ウキが大きく入るあたり!今度こそかかったでしょうと合わせれば、やった1匹目ゲット!しかぁ~し、バラケを食っていた。もちろんカウントですが、ちょっと寂しいのは何故だろう。まあいい、どんどん行こう。とにかくトータルでの第2目標クリア。しかぁ~し、その後は次第にウキの動きが悪くなる。しかもバラケにあたっている感じで、それではとバラけるのを早めるとウキが動かない。これ以上の抽斗がない私、しばらくそのまま打ち続けるが、やはり何かしなければと、まずは食わせを「お」に。すると、変えてすぐは反応があったが、やはりバラケに来ている気がする。それではと。今度は「たな」を1本に。う~ん、これも同じか。更には下ハリスを伸ばすが、時間だけが過ぎて、2時。1時間半くらい何も釣れておらず、これが普段の私とはいえ、かなり辛い。よし、思い切ってウキを変えよう。視認性は充分のようなので、いつもの細いトップのものに戻す。すると、何と言う事でしょう、急にウキの動きが良くなった。既に2時半近く、ひょっとして最近お世話になってDscf3432いないゴールデンタイムの到来か?そしてズバッというあたりが出て、やった今度こそ「玉」を食っています!しかもサイズアップしている。これは私が何かしたからではなく、間違いなく時合でしょう。ウキの動きは続き、2時半Dscf3433を過ぎて再びズバッ!で3匹目。これは素晴らしい。まだまだ釣れそうだ。しかぁ~し、肝心のバラケがもうない。このままで終わるのか?その後しばらく打ち続けるが、ウキは動くものの数を増やせず2時50分頃バラケが尽きて一旦終了。しかぁ~し、このままでは帰れまテン!風・波も収まってきたので、誰かを真似て残業だ!餌は確か別のものがあった筈。青い袋から1時間分くらいの量を出して水を加える。ん、これ何の餌だっけ?ゲゲッ、トロ掛け用と書いてある。これは違うでしょう。バラケのバラケ方が違うので、これはダメです。しかぁ~し、せっかく作ったので、良くも悪くDscf3434もこれで勝負だ?続行。すると、ウキの動きはまだ出ていて、3時前にズバッ!で1匹目。よしよし、予定通り?しかぁ~し、その後はあたりが遠のき、たまに出るズバッ!も全てスレバラシとなって、最早お手上げ。バラケが悪いのは承知なので、何とかもう1匹は釣って宙だけでの第2目標まで持って行きたい。3時を過ぎ、太陽がそろそろ山に隠れる頃。へら師もどんどん帰り、Oさんを含む常連さん数人のみが竿を出している。それでも3時半近くDscf3435なって、再びズバッ!でやった2匹目ゲットと共に宙だけでの第2目標クリアだ!しかぁ~し、またもバラケを食っている。やっぱりなぁ。その後もウキの動きはあるが、次第に弱くなる。餌がまだあるので、何とか打ち切って終わりたい。4時前になり、遂に常連さんが終了。Oさんが様子を見に来てくれた。今日はそこそこ釣れたと言うので、2桁は楽勝だったのでしょう。完全に翳ってやや肌寒くなった。Oさんは帰り、私1人で独占状態(バサーはいますが、何かPART2)。すると、再びウキの動きが良くなるが、スレバラシの連発でどうやら今度こそジ・エンドか?残業で2匹追加出来たから充分ではと思う反面、もう1匹釣ってトータルでの第3目標まで持って行きたい。すると、何と言う事でしょうPART2、4時をDscf3436過ぎたラス前にズバッというあたりでやった「上がりべら」ゲットだ!これは嬉しいでしょう。もう充分楽しめました。最後の1投は特に何もなく、4時18分に終了だ。結果、宙では残業を含めた実釣4時間!で6匹。底と併せれば実釣6時間半で10匹。今日は粘ったが、疲れた。片付け。腰が痛い。今日はPM2.5が降り注ぐと言う事で、いつもこの辺りに入るへら師の姿がなかったのか。まあ、そのおかげで入れたのだから、良しとしなければ。片付けをDscf3437Dscf3438終え、階段を上る。しんどい。途中満開近い河津桜をパチリ。外の道路とどちらが近いか考えたが、外の坂は意外ときついので、橋を渡るコースで駐車場に戻る。もう4時半を過ぎている。こんなに遅くまで竿を出したのは久し振りだ。でも、やった甲斐はあったかな。そう言えば腹が減った。こんなにムキになったのも久し振りだし、一体私に何が起きたのだろう。さあ、さっさと帰って遅い昼食でも。いそいそと池を後にした。
 
天竜川よりは短いでしょう(分かる人にしかわからない)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2014年2月24日 (月)

強風の日より釣れない@増沢池 with Oさん and ポスター貼りのmasaさん

今日は好天で風もなさそうとの予報に、いそいそと出掛けました増沢。駐車場着は9時過ぎか。急いで荷物を降ろして橋まで向かうと、あれれ旧流れ込みには先客。階段下付近は空いているとはいえ、入りたかったのは旧流れ込み。それでは看板横にでも入ろうかなと思ったら、そこにも先客。だがスペースはある。入れさせてもらおう。坂を下Dscf3416り、まずは挨拶するが見事に無視。まあいい、粘土質に気をつけながら看板横に釣り座をセットだ。竿は13尺、餌はいつものバラグルセットと変わり映えしないが、とりあえず前回以上の結果を狙うつもり。湖面は凪いでいて、ウキもトップの細いもので充分見えるだろう。餌落ちを確認している時に、坂をOさんが降りてきた。先日はその後2匹を追加したが、今日もいつもの場所に入るようだ。底取りをしている間に先客の竿が曲がる。これは高活性か?餌打ち開始は9時50分。すぐにウキが動く筈もないが、隣に気を取られるメンタルの弱さで餌打ちのインターバルもバラバラに。すぐに10時。ただ、何となくウキがモヤモヤしているように感じるのは錯覚なのか。ウキ下を微調整してみるが、次Dscf3417第に馴染み幅がおかしくなってしまった。それでも馴染んだままモヤッと動くあたり?で1匹目。やれやれ、この後どういう展開になるのかさっぱり分からないが、とりあえず凸は脱したゾ。が、やはりウキの動きは良くならない。そこから30分くらい経ったところで、またも普段なら合わせないようなウキの弱い動きDscf3418で2匹目。何だろう、この動きは。こんなのに合わせないと釣れないのか?「完璧!」と叫びたくなるようなあたりにはお目にかかれないのか。開始1時間を過ぎてまだ2匹とは、前回と同じような展開なのか。隣もそんなに釣れている訳でもないが、常に私の先を行っている。それが弱いメンタルの私には響いて、相変わらず待ったり待たなかったりがバラバラ。それでも1回だけウキが小さくではあるが返し、その後チクッと今日初めての叫びたくなる(叫びませんが、何か)あたりが出て、やったと合わせればかかりました!しかぁ~し、寄せる途中でバラシ。ガクガクッ。何であんなグーなあたりがスレで、変な動きがかかるのか?全くもって分からない。11Dscf3419時半頃になって、やっと抑えるようなあたりで3匹目をゲットするが、どうにもシックリしないので、今更ながらではあるが底取りのやり直し。しかぁ~し、合っている。餌落ち目盛も、ウキの馴染み具合もノー・プロブレム。これで釣れないのなら仕方ないのか。12時少し前になって、やっとそれらしいウキの動きで4Dscf3420匹目をゲットするが、その後はバッタリで12時のサイレンを聞く。そうこうしているうちに、隣が私を引き離しにかかる。何とかダブルスコア(低い争いではあるが)は避けたい私、でもどうやら観念しなければならないか。隣が昼食を食べ始めたが、何とか追いつきたい私は後回しでウキを見つめ続ける。が、最近はあたりが出始める頃なのに今日はさっぱり。たまに出る弱いあたりらしきウキの動きはカラ、更にやったと合わせたあたりは鱗。どうにもならず、昼食をやけ食い。そのまま12時45分にグルテンが尽きて無念の終了だ。残ったバラケは池へ。結果、実釣3時間弱で4匹。前回より少ない(言い訳をすれば、前回の7匹から「かかってます」と「付いてます」を引けば同じ数になるけど・・・)。隣は私がカウントしただけで7匹。ギリギリダブルスコアを免れた。やれやれ(オイオイ)。仕掛けもそのままに釣り座を離れ、Oさんの元へ。すると、今日はポツポツではあるが釣れているとの事。Dscf3421Dscf3422そうか、そうだったのか・・・。釣り座に変える途中で河津桜をパチリ。春はどんどん近付いているのに、釣れない私って一体。しょんぼりして釣り座に戻ると、隣が竿を曲げる。素晴らしいですね。さて、次は宙にしてみよう。竿は12尺、餌はいつものセット。「たな」も一切変えずに再開は1時5分。隣は餌を打ち終えて終わったようだ。餌打ちを始めてじきにウキがモヤモヤ。そして小さく入るのに合わせるがカラ。う~ん、今までならかかる筈なんだけどなぁ。その後ズルッと入るあたり?に合わせれば、今度はバラシ。その後は次第にウキが動かなくなる。隣は静かに帰り、私はひたすら餌を打つ。もちろんあまり量を多くせず、またバラケ過ぎないように心がけるが、バラケが抜けるとウキは動かず、かと言ってバラケが残っている間に出る小さなウキの動きは全てカラ。確かに今までならこれでかかっていたと思えるようなウキの動きが全てカラでは、この先どういう対応をすれば良いのか、早くも打つ手がなくなる抽斗のない私。2時を過ぎ、ひょっとしてゴールデンタイムがあるかと思ったが、全くなし。ただ餌を打つだけの展開。もちろんたまにウキが動くので、飽きると言う事はないが、イライラは募る。そろそろバラケが終わる3時頃になって、masaさん登場。3月末にある放流協賛釣り大会のポスターを貼りに来たとの事。金曜はやはりパッとしなかったが、土曜にはダム?そばに入って好結果となったらしい。私も次回は何とかして旧流れ込みに入ってみよう。masaさんは帰り、私も餌を打ち終えた。時刻は3時Dscf3423Dscf34248分。2時間打って凸(トホホ)。片付け。湖面は相変わらずの凪状態。太陽もまだ山に隠れていないので、続行もあり?いや断固として帰る。へら師も多くは帰ったようだが、対面には常連さん2人が続行中。片付けを終え、Oさんのところへ。なんと2桁は釣っている。午後になってスレが多くなったらしいが、へらは深場に廻ったのかも。また宜しくとその場を離れ、駐車場に戻る。明日は竿を出せないが、天気が良ければ水曜にでも再度増沢もありえる。さあ帰ろう。結果が良くても悪くてもベイシアだ。そろそろと池を後にした。
 
それにしても太陽の高度が高くなった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2014年2月21日 (金)

強風でやる気を削がれたが@増沢池 with Oさん and masaさん

昨日はあんなに穏やかな日だったのに竿を出さなかったので、今日こそと家を出るが、やはり予報どおり風が強そうだ。何だかなぁ。駐車場着は10時頃。荷物を降ろして橋を渡ると、へら師は橋の下(しも)だけ。今日こそ入りたかった旧流れ込みは先客(出が遅いので当たり前!)。そこで、また同じ場所かと言われそうだが、看板横を目指す。荷物Dscf3401Dscf3402を置き、まずはOさんのところへ。今日はまだ結果が出ていないとの事。masaさんが来ていて遊歩道端にいると言われて、そちらに向かう。こちらもまだ結果が出ていないようだ。昨日と変わらず渋いのか?釣り座に戻り、さあ準備しよう。今日は視認性を重視しDscf3403て、トップのやや太いものを採用。しかぁ~し、これは果たしてどうだったか?餌はいつものバラケとα21単体の食わせ。あっ、急に強い風が吹いてきた。振り込みも難しいうえに、餌落ち目盛も底も思うように合わせられない。早くもトーンダウン。それでも多分底は取れたと信じて?開始は10時51分。しかぁ~し、風・波でウキがシモり、トップまで沈没する始末に、ますますやる気がなくなる。今日は来なければ良かったか。竿を出す日が限られているウィークエンド・アングラーと違って、エブリデイ・アングラーは条件の悪い日にはすぐにやる気がなくなるのだ。一応携帯で時刻を確認すると、早30分が経過。風・波は一向に収まらない。ただただ餌を打つだけ。風の強い時には竿掛けから竿が落ちそうになるくらい。早く打ち切って帰ろう(決して捨てませんよ)。それでもたまに風・波が弱くなる瞬間があって、何となくへらがいるような気配を感じ、少しだけやる気が戻った。そして12時のサイレンを聴く少し前に、風向きがこちら側になってやや穏やかかなという時に、ウキが餌落ちまで返し、しばらくモヤモヤした後でチクッと入った!こDscf3404れしかないあたりと合わせれば、やったようやくかかりましたよ!う~ん、感動の1匹だ。今まで腐らずに(腐っていたか?)餌を打ってきたご褒美に違いない。いつもなら「さあどんどん行こう」と思うが、今日はこれで充分と言う感じになった。そして12時のサイレン。どうせ釣れないし、さっさと飯にしよう。Oさんの様子を見に行きたいが、風が強くて釣り台も飛ばされそうだ。そこで、竿ケースを重しにして釣り座を離れる。ただ、その時竿はどうなっていたか、仕掛けは?記憶にない。Oさんのところに行って様子を訊くと、何と3匹をゲットしていると言うではないか。これは素晴らしい。こんな強風の中でもあたりを拾えるんだ。釣り座に戻ろうとしたら、ゲゲッ竿が竿掛けから外れている。握りの部分は池に落ちているが、先の方は二股で受かっている。いやぁ、危ない危ない。竿を拾い上げると、ゲゲッ何Dscf3405かかかってます!これは嬉しいのか?寄せてみれば、頭でっかちで痩せこけたへらが申し訳なさそうに付いている。カウントカウント(オイオイ)。活性のある時期だったら竿をロストしていただろう。ホント、釣り座を離れる際には充分注意だ。再開。と、ちょうどmasaさんがこちらの様子を見に来た。お恥ずかしい結果を報告。masaさんも厳しい状況で、ドボンでも言っていた。masaさんと入れ替わるようにKさんがやって来た。対面柳の木の奥に入っていて、今日は35cmを出したとの事。す、素晴らしい~。KさんはOさんの方へ向かった。さて、再開したものの、風・波は相変わらずで、とりあえず2匹出たから終わってもいいかな。ん、さっきまでシモリがひどかったのに、何だかウキが返しているように見えてきたぞ。そして12時半過ぎに、斜めになりながらも餌落ち付近まで返した(と信じたい)ウDscf3406キがスッと入ったではないか!これに合わせればやった3匹目!放流であれ何であれ、釣れればズバリ嬉しいでしょう(丸尾スエオ君風に)!何だろう、急にやる気が出てきたゾ。しかぁ~し、再び風が出ると事態は元の木阿弥。そのまま1時。それまでの雰囲気から、個人の感想ではあるが、おそらくへらはウキの真下付近にいる。そして小さなあたりも出している。ただそれが見えないので拾えないだけなのだ。トップの太いウキを採用したのはどうだったか。見難くても前回と同じウキにしていれば(今日のタラ・レバ)。ただ、救いはグルテン。必ず鈎残りしているので安心して待てる。手に纏わり付くのは我慢しよう(釣れるまではそれさえもイライラの対象だった)。そうこうしているうちに、またも風・波がやや穏やかになったその時、餌落ち付近まで返したウキに「あたれ、あたれ!」と祈っていたDscf3407(声が出ていたかも)ら、チクッと入りました!これに合わせれば、やった地べらだ!尺はありそう。何だろう、時合かな?すると、それからしばらくして、空合わせで「かDscf3408かってます」!何と強風の中第2目標クリアだ。これは素晴らしい、素晴らしいが、「かかってます」が半分近く(しかも1匹は「付いてました」とは)というのはどうだろう。おっとカウントから外す事はしませんよ。へらも昼休みが終わったのか、お仕事頑張ってくれている様子。ただ、そろそろ食わせが終わりそう。風・波もやや落ち着いて来た感じなので、次は宙をやろうかどうしようか。なんて考えDscf3409ていたら、またも返したウキがチクッ!やった6匹目。まさに時合としか言いようのない状況に、ひょっとして第3目標まで伸ばせそうかとスケベ心満載になったが、1時Dscf3410半を過ぎて「かかってます」が出た後は何もなく、1時39分にグルテンが尽きて底は強制終了。バラケは捨てて餌ボウルには水。午後から風・波が強くなる予報だから、宙は私のアームでは多分出来ないので続行しません。片付け。今日は強風で凸必至だったが、終わってみれば実釣2時間50分弱でDscf34117匹と、よくぞここまで頑張ったという結果にまあ満足(もちろん自画自賛ですが、何か)。片付けを終える頃になって、風・波がやや穏やかになった気がするが、いつもの事。ずっと我慢していた用を足すと、あっ、河津桜がわずかではあるが咲いているではないか。後で写真。Oさんのところに行くと、7匹まで数を伸ばしたとの事。ゴールデンタイムの恩恵があるかもしれませんね。masaさんはドボンは止めてセットの宙で通しているようだが、結果は出ていても厳しDscf3412い状況に変わりはないようだ。でも、私が見ている間にもあたりは出たので、きっと好結果となるだろう。お二人に挨拶して戻る途中、橋の真下付近で桜の写真。風があって枝が揺れるので思うように撮れなかったが、間違いなく春は近付いている。荷物を背負い、駐車場に戻る。腰を始めとして節々が痛い。冷たい風にあたったのが効いているのかも。ただ、橋まで行くとかなり暖かく、湖面も凪いでいる様子。へら師の皆さん、頑張ってくださいと心の中で叫び、車に戻った。さあ帰ろう。と、せっかくだからベイシアに寄る?そうだな、寄って帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
ベターなセッティングのチョイスが難しい
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2014年2月20日 (木)

岡ジャミ2連発 yurieさん@西ノ谷 & Oさん@増沢池

P1000046P1000047今朝は起きるのが遅かったので、とりあえず外出する事だけはしようと決めてまずは西ノ谷へ。今日はyurieさんが来浜して竿を出しているので、それの岡ジャミ。yurieさんはいつもの「お立ち台」に常連さんと並んでいた。まずは挨拶。今日は最近はまっている「両うどん」をしていた。その左隣の人は最近流行り?の長下ハリス。皆さん短い竿を振っていて、楽そう~。しばらく話をして、ウキを3本頂いてその場を離れた。次回また宜しくお願いします。
P1000048P1000049帰りに増沢に寄ってみたら、Oさんの車があったのでここでも岡ジャミ。風はそんなにないが、昨日より肌寒い感じ。どんな状況かと訊いてみると、何とまだあたりがないとの事。昨日は50匹以上釣った人がいたらしいが、今日は全くの様変わりだ。しばらくウキを見ていたが、確かにモヤモヤするもののあたりにはならない。これは厳しい~っ!12時近くなったので、お暇した。あっ、桜の木に蕾が。おそらくは河津桜だと思うが、大分膨らんでいる。どの木も同じような感じで、やはり春は近付いている。駐車場に戻り、そろそろと池を後にした。
 
気が付けば2月も20日経った
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年2月19日 (水)

春めいてきたか@増沢池

やっと風が弱い日がやって来た。いそいそとゴー!もちろん行き先は増沢。モクレン通りを走っていると、モクレンの蕾が膨らみかけているのが見えた。春は確実に近付いている。駐車場着は10時頃か。車の数はそこそこあるが、へら師はどうかな?荷物を降ろして橋を渡ると、橋の上(かみ)にはジャカゴ付近に1人が準備中。橋の下(しも)にはダム?そばから階段下付近までへら師が見える。曇っているので、日陰側にも1人。私は旧流れ込みに入りたかったのだが、先客がいるので空いている看板横に入ろう。湖面Dscf3369は凪。やや濁っていて環境は悪くない。さあ準備しよう。竿は13尺で、餌はいつものバラグルセット。水が冷たい。これではへらは動かないのでは?底を取り、開始は10時34分。果たして前回のような感じなのか分からないので、ドキドキで餌を打つ。すると、最初はピクリともしなかったウキが、20分経過しない前にモヤモヤ。そこで、両グルテンで打ってみると、返したウキがチクッ!やったと合わせるが、すぐに外れた。ガクガクッ。Dscf3370これはマズイ。再びセットで打ち出すと、11時前にチクッのあたりでやった1匹目ゲットだ。おおっ、サイズもまあまあではないか。でも、まだ活性が上がっているのか分からない。もう少し続けてみよう。すると、11時を過ぎてまたもチクッ!で2匹目。これもまあまあのサイズだ。これくらいがDscf3371次々と釣れてくれればありがたい。しかぁ~し、何故かそこからウキの動きがなくなる。約30分静かなままで、そろそろ何かあっても良さそうなものだと思っていたら、再びウキがモヤモヤ。普段なら12時近くなると昼休みでウキが静かになるのに、どうしてだろう。そしてチクッというあたりでやった3匹目!と思ったら放流のスレ。ガクガクッPART2。スレももちろんだが、サイズダウンが痛い。ひょっとしてこのまま放流と遊ぶ羽目になるのか?すると、その予感はDscf3373Dscf3374Dscf3375Dscf3376当たってしまった。昼のサイレンまでに、3連荘を含めて4匹をゲット。第2目標をクリア!ただサイズがなぁ、とは釣れたら釣れたで贅沢な悩み。少し間が空いたが、12時を過ぎてもウキの動きはなくならない。昼飯を食べながら続行すれば、ポツポツと飽きない程度に小さなあたりが出て、カラやバラシもあったが1時までに8匹をゲットだ。第3目標までクリア出来るとは、Dscf3377Dscf3378Dscf3379Dscf3380Dscf3381Dscf3382Dscf3383Dscf3384ホント来て良かったぁ。放流が元気になったのはありがたいが、出来れば地べらが・・・。いずれにせよ、春めいているのは間違いないだろう。浅場の人は釣れているのか疑問だったが、偶然竿が曲がるのを見た。静かに寄せていて、あれでは確かに分かり難い。私のようなへぼは、これみよがしにバシャバシャやるので、釣れていない場合との違いが明白だ。さて、ここまでで開始2時間半。いつもならとっくに餌が尽きているのに、小さく餌付けしたためかどうかは分からないが、まだグルテンも残っている。この後宙をやりたいので、早く打ち終えないと。なんて考えたつDscf3385もりはないが、次第に餌付けが大きくなったのは確か。それでもグルテンがあるうちにもう1匹ゲットして、後は両ダンゴまがいでもう1匹(上がりべら)をゲットしたい。しかぁ~し、両ダンゴまがいで打ち出すと、ウキは動くがあたりにならず、ラス前には痛恨のカラで底はゲームセット。終了はDscf33861時33分。結果、底では実釣3時間で15匹。これが好調なのかは、周りのへら師の様子が分からないので不明だが、何となく春めいてきたのは間違いない。さあ、次は宙。と、その前に我慢していた用を足す。それから竿を12尺に変え、餌はセット専用バラケと「玉」。今日はバラケをいつもの半分くらいしか作らないから、3時頃には打ち終える筈だ。更に前回より下ハリスを縮めてみる。そして「たな」1本での再開は1時50分。昼頃から気温が上がって来て、更に日も出て来たので暖かい。湖面はほとんど凪状態で、良い日に来たもんだ。さて、餌Dscf3387を打ち出してもすぐにはウキは動かず、じきに2時。底と宙では状況が違うのかな。しかぁ~し、今日も出ました「かかってます!」。しかもグーなサイズ。嬉し恥ずかしといったところか。その後ウキがモヤモヤし始めると、しっかり馴染ませてからのバラケが抜けた後にチクッというあたりでDscf33882匹目。いきなりサイズダウンしたのにはビックリだが、釣れないよりはましでしょう。すると次の餌打ちでは、返したウキがグッと力強く入り、これに合わせてやった連荘だ!あっ、外れた(ガクガクッPART3)。でもウキの動きは変わらず、その後もポツリポツリとバラケが抜けた後の小さなあたりで数を増やす。かかるのはいずれも小さなあたりで、3時前に出た最初のバラシのDscf3389Dscf3390Dscf3391Dscf3392ような大きなあたりはスレとなったが、3時までに4匹を追加。宙だけで第2目標クリア!こちらも飽きない程度にウキが動くので、まさに楽しく釣りが出来ている。ただ、いつもの半分しか作らないのに、1時間経ってもバラケがまだ残っている。小さめに餌付けしているので当たり前と言えばそうなのだが、バラケの量によって餌付けを無意識のうちに調節しているのかもね。おっと、3時といえばゴールデンタイムだが、前回もそうだったように、何故か恩恵がない。ウキは動くが開始の頃とそんなに変わらず、逆にあたりが減ってきた気がする(個人の感想ですが、何か)。それでもポツーリポツリと竿が曲がり、3時50分の終了までDscf3394Dscf3395Dscf3396Dscf3397に4匹を追加し、目出度く?第3目標クリアで宙は終了となった(ただし終了間際はサッパリ状態)。釈然としないまま片付け。結果、宙では実釣2時間で10匹。底と併せたトータルでは実釣5時間で25匹。上出来でしょう。橋の下(しも)は日陰側以外皆さん帰ったようだ。橋の上(かみ)のDscf3398人はまだ続行。相変わらず湖面は凪いでいるし、気温も上がったままで過ごし易い。いい季節になったもんだ。片付けを終え、坂を上る。あっ、前回は紅い梅だけだと思っていたが、今日は紅白の目出度い梅が咲いている。写真写真。相変わらずショボイが、記念にはなる。橋を歩くと、ジャカゴの更に奥の浅場にへら師が2人入っている。あそこは確か水深が40cmくらいではなかったか。春めいているのは間違いない!が、それにしてもビックリしたなぁ。もう。車にDscf3399Dscf3400戻り、荷物を積み込む。今日はホント来て良かった。明日も風はなさそうなので、何処かで竿を出そうかな。って、とりあえず行くところがあります。それは明日のブログで明らかに。それでは、とベイシア経由で帰宅した。
 
クイズ:「春めいてきた」が何回出て来たか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年2月18日 (火)

さだまさし「月虹」を観る:おまけ

Docu0008Docu0009           最近ずっと寒くて、なかなか竿を出せないでいる。明日はどうかな?曇りだが風は弱そうだ。行ってみようかな。
さて、なかなか聴けずにいた「月虹」だが、最後の1枚を聴く前に、おまけのDVD「グレープ 帰郷」を観てみた。
画面が4:3なのでパソコンでもいいかなと思ったが、これがダメだ。再生能力がないのか、画面は乱れ音も飛ぶ。仕方なくDVDプレーヤーで確認すると、音はまあまあだがやはり画質は良くなくてガッカリ。おまけは所詮おまけなのか。こりゃぁ観てもしょうがない。せめてもの救いは、若かりし頃のさださんのふさふさした髪が観られた事かな。
 
残り1枚がなかなか・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

近頃の軽

昨日コバックで車検をしたが、その際の台車にビックリした。スズキのスペーシアだったが、何と私の車より車高が高く、中も広いではないか。バックミラーの位置も当然ながら高く、ちょっと見辛い感じ。
ほぼ新車で、もちろんキーレスエントリーでエンジンもスイッチを押すだけ。メーター類も青色が入っていて、綺麗だ。考えてみれば、ホンダのN-シリーズやニッサンのDAYZのワゴンタイプなど、最近の軽は普通車より大きい。それでいてエンジンは660なのだから、まあ近場しか行かない私には充分かもしれないが、アクセルを踏み込んでも反応が今ひとつなのは仕方ないところか。
車検を通したのだから、少なくとも1年は買い替えしないが、消費税増税の前に買い換えた方が良かったのかもしれないなぁ。
 
バッテリーの交換を勧められたが、どうしよう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年2月14日 (金)

冷たい雨が降っている

今日は冷える。そしてこの雨は明日も降り続く。関東では先日と同じくらいの雪が降るようだ。
 

 
雨は似合わない(NSP)も聴きたくなった
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

寒くて早仕舞い@西の平

たまには違う池に行ってみよう。でも、堰堤がキツイと大変だ。と言う事で、やって来ました西の平。今日は晴れで風もそんなにない予報?池に着いたのは9時半近くかな。誰もいない。堰堤一番左にあった釣り台がなくなっている。既に太陽の位置が悪く、またDscf3364雲が多くて寒々しい雰囲気。とりあえずいつもの場所に車を停め、荷物を背負ってフェンスの扉を押す。さて何処に入ろうか。そうだな、後から常連さんが来た時に帰り易く、また足に負担のかからない入口そばにしよう。陽は当たってないけど、どうせ曇りがちだから何処でも同じだ。さあ準備しよう。ここは長い竿は不要なので9尺でも良かったが、今日は11尺。餌はいつものバラグルセット。うわっ、水が冷たい!これでへらは動くのか?それにやはり日陰は寒い。背後から風も吹いてきて、芯から冷えそうだ。ウキは小さなあたりでも見逃さないよう、細くて目盛の多いものを採用。う~ん、遠くに行けば行くほど浅くなっているので、ウキの位置が遠くなる。それに正面と左右で水深が微妙に違う。左が浅くて、右に行くにつれて深くなっていく。とりあえずは正面で底を取り、開始は9時50分。餌付けとウキの馴染み具合を見ながら打っていくと、数投でウキが小さく返している?まさか!そしてあたり!やったと合わせるがカラ。もしかしてジャミ?この池では結構ジャミのお世話になる場合が多いが、この時期でも出るのか。すると、その後も小さくウキが入る事数回。しかぁ~し、全てカラ。やっぱりジャミに違いない。こうなると合わせるのも億劫だなぁ。な~んて考えながら10時半近くになって、右に流されたウキがムズッと押さえ込むような動きをしたので、あたりではないと思いながらも合わせてみたら、何とかかりましたよ!れれっ、引きが弱いぞ。ジャミよりは強いが、ここのへらではDscf3365ない感じ。子べらかな。いや、上がって来たのは尺はありそうなへら。しかぁ~し、「たも」に納めると残念アッパー(ガクガクッ)。それにしても、片目はつぶれているし、痩せているなぁ。ガリガリだ。常連さんは来ていないのか。最初に駐車スペースを見た時タイヤの跡が新しかったので、来ていない事はなさそうだけど。それにしても痩せている(2回言いました)。まあ、いずれにせよスレだ。続行。すると、何故かその後はウキの動きが良くなり、餌落ち付近まで返す事もしばしば。ただ、あたりにはならない。10時半を過ぎ、常連さんの姿はない。これだけ寒いと出勤が遅いのDscf3366かもね。ウキはまだ動いていて、餌落ち付近まで返した後にモヤッと入ったので合わせると、やった今度こそかかりましたよジャミさん(ビミサンではありません)。それまでの動きはおそらく全てジャミ。もうへらと入れ替わったのか。ガックリ。それにしても寒い。こんな事なら増沢にでも行っていた方が陽が当たってぬくぬく釣りが出来たのにと、今更ボヤいてもしょうがないタラ・レバ。あまりに冷えてきて、トイレが呼んでいる。あと数投したら休憩にしよう。あっ、餌が手前に落ちてしまった。手前ほど深いので、トップが沈没しそうだ。ん、返したゾ。あっ、何故かバッチリのあたりが出た!慌てて合わせると、やった今度こそちゃんとかDscf3367かったでしょう!やれやれ、これで安心してトイレ休憩が出来る。しかぁ~し、「たも」に納めてみたら、何だか最初のスレと同じへらに見えてきたぞ。サイズは尺くらい、片目がつぶれている。それにガリガリだ。何だかなぁ。でも凸は脱した。やれやれだ。我慢していた用を足し、釣り座に戻る。大体開始してから1時間は過ぎた。12時頃までに餌を打ち終え、時間に余裕があるのでセットの宙でもやって終わるか。しかぁ~し、再開するとウキの動きがバッタリ。しばらく打ち続けるが状況に変わりなく、寒さばかりが身に沁みてくる。常連さんは相変わらず来ないし、もう止めてもいいかな。11時半のサイレンを聞きながら、餌がまだ残っているので、バラケだけ減らして両グルテンを主体に打ち終えよう。ゲゲッ、半分捨てようと思っていたバラケを全部捨ててしまった!残ったグルテンを丸めると、後6投分しかない。最早気力は失せているので、これだけあれば充分だ。餌ボウルに水を入れ、間違いなく片付けの準備。Dscf3368その後放置プレイも交えながら6投打ったものの、多少返しがあったかもしれないが、あたりを見る事はなく12時ガタガタ震えながら片付けを終える。まだ早いので他の池に行くと言う選択肢もあるが、今はただコタツでぬくぬくしたい。さっさと車に荷物を積み、満タンになっている用を足してから環状線へ向かうと、ゲゲッ、太陽は燦燦と降り注いでいる。暖かいなぁ。でも第2ラウンドはありません。そろそろと家路に着いた。
 
次は西ノ谷か東ノ谷か
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年2月10日 (月)

いつもの増沢に戻った(ゴールデンタイムは何処へ?)@増沢池 with Oさん and 半年ぶりのKさん

ようやく私が竿を出せる陽気になったと言う事で、一週間ぶりにやって来ました増沢。駐車場着は9時過ぎか。ちょうどOさんがカートを引いて池に向かうところ。挨拶もそこそこに、急いで荷物を降ろして後を追う。私の横に停まっているのがKさんの車だと言う事で、やっとお礼が出来るかも。橋の途中で、日陰側橋の下(しも)柳の木奥にいるのがKさんだと教えられ、まずは釣り座を決めて荷物を降ろしてから挨拶に向かう事にする。それにしても素晴らしいコンディションだ。ポカポカ陽気で風・波もない。先日の雨で多分渋いだろうが、これだけ暖かければ凸でもOKだ(本心はOKではありません)。私は看板横、Oさんはいつものワンドに入る。まず坂の下の先客(前回と同じ人)に挨拶。Dscf3353おっ、今日は返してくれたぞ。荷物を置いて再び坂を上り、橋を渡って日陰側へ。こちら側も半年ぶりだ。そしてKさんがいる場所もあの時と同じ。何だかドキドキするのは、急いで歩いただけではないだろう。Kさんですかと声をかけ、まずは挨拶とお礼。どうしてわざわざ日陰にいるのかと尋ねたら、先日ここで入れパクだったので、今日も柳の下の泥鰌を狙う(確かに柳の木のそばです)。再度お礼を言って釣り座に戻るが、これだけで既に今日の体力を使い果たした感じ。額にはDscf3354汗。さあ準備しよう。いつも同じだとアクセスが減りそうなので、今日は底は底でも竿を替えるぞ。ここで再開を果たした際には凸だった13尺を採用。餌は申し訳ないいつもと同じ。ウキはトップの細いものを採用し、小さな動きでも見逃さないつもり。ささっと底を取り、開始は10時ジャスト。先客は前回爆釣?モードだったが、今日はさすがに静かだ。私もウキの馴染み具合やら餌付けやら調整しながら餌打ちするが、ビックリするくらいウキが動かない。そして30分、1時間と時間が過ぎる。最早前回のような展開は望めないと分かっているのだが、それにしてももう少しウキが動いてくれれば(今日のタラ・レバ一発目)。それでも11時を過ぎる頃から、たまにウキが返して餌落ち付近まで見える事があり、あたれあたれと念じる(声が出ていたかもしれない)が、虚しく11時半。これは参った。しかぁ~し、返したウキが2目盛以上入る、今日初めてのあたりが出た!やったと合わせればかかりました!あっ、外れた・・・(ガクガクッ)。これだけ渋い状況でバラシはマズイでしょう。その後はウキの動きが元通りに。しかぁ~し、めげずに餌打ちDscf3355を続けたおかげで、12時近くになって、餌落ち付近まで返したウキがチクッと入ったではないか!今度こそと合わせると、やったこれは間違いない!寄せてみればサイズもまあまあだし、何より凸を免れたのが嬉しい。すると、その後もウキは返し、12時少し前に隣の先客が竿を曲げるのとほぼ同時に私のウキも押Dscf3356さえ込むようなあたりを見せ、2匹目ゲット!さあどんどん行こう。しかぁ~し、何故かそれからはウキの返しも出なくなり、12時のサイレンを聞いてからは風・波も出て来てアウト!当然ながら思うように振込みも出来ず、時間だけが過ぎる展開に陥るように思われたが、風・波が小康状態になったその時に、馴染み際であたり!あっと思ったが手が出ず、ガックリしながらウキを見ていたら、馴染んでしDscf3357ばらくして返し、そしてチクッと今日一番のあたり!やったと合わせれば嬉や3匹目ゲットだ!ただ、その後は再び元の木阿弥に。グルテンが尽きたので、バラケを捨てて終了(前回は両ダンゴもどきで粘ったものの、スレ連発だったので)とした。時刻はジャスト1時。実釣3時間で3匹ならいつもの通りだ。上出来でしょう。Oさんの様子を見に行くと、さわりが3回あっただけとの事。やはり看板横は好Dscf3358Dscf3359ポイントなのか。釣り座に戻り、今度は宙。風・波でウキが見辛そうなので、竿を12尺にする。餌はゴメンこちらもいつものセットだ。あまり長くやらないよう少なめにバラケを作った後に昼食。先客はとうに帰っている。さて、「たな」1本での再開は1時20分。前回の結果はあまり参考にならないかもしれないが、バラケは小さめにしっかり付けて餌打ちだ。風・波でウキが見辛くなり、また流されると思ったが、意外と流されない。バラケはしっかり付いているので、返しも思ったとおりだ。あとはへらがいるかどうか。対面Kさんが終わり、荷物を車に積んだ後で様子を見に来てくれた。コーヒーまで頂いてごっつあんです。Kさんはその後Oさんの方へ。さて、開始30分経たないうちに、返したウキが一目盛チクッ!やった早くも1匹目と合わせるが、カラ。まあまあ、こんなものでしょう。宙Dscf3360の方が釣れそうな気がしてきたぞ。しかぁ~し、開始30分を過ぎたところで、今度は大きなあたり!これに合わせればやった今度こそ1匹目ゲット!が、寄せる途中で変な向き。「たも」に納めると、残念顎にスレ(ガクガクッ)。サイズ的にはグーだが仕方ない。これまでも放流は混じっていないので、もうじき来るゴールデンタイム(放流の寄り)に期待した方が良いのかな。橋の影で寒くなるかと思ったが(確かに寒いけど)、雲が多くて同じだった。さて、2時を過ぎるとウキが時折モヤモDscf3361ヤ。何かいる事は間違いない。そしてウキがズルズル斜めに入っていったので、これはヤバイと思いながらも合わせると、やったかかりました!今度こそ間違いない。やれやれ、ようやく1匹目。そして時間的にもゴールデンタイムが近付いている。これからだこれから。しかぁ~し、その後は再びウキが返すだけの展開。それまでの経緯から、へらがいるのは間違いないと思うのだが、ウキにその証しはないまま時間だけが過ぎる。2時半。そろそろゴールデンタイム?残念時折弱く入るだけであたりにはならない。風・波も邪魔してくれる。これは困った。前回のような5連荘など夢のまた夢か。いよいよ3時近くなった。餌付けを小さくしているせいか、まだ残りは充分ある。3時半頃までは出来そうだ。何とかその間にゴールデンタイムよ来てくれ!しDscf3362かぁ~し、ウキの動きに変わりなし。が、何故か返したウキがいきなりグッと入ったではないか。全く予想していなかったし、ちょうどその時竿掛けが外れそうになっていたので、それに気を取られていて明らかに合わせが遅れたが、やったそれでもかかっていましたよ。宙での2匹目とトータルでの第2目標クリアだ。今度こそゴールデンタイムの始まりか。しかぁ~し、予定?の3時を過ぎてもウキの動きは良くならない。もちろんバラケの付け方を変えてはみたりするのだが、事態は変わらず。ただ、下ハリスには触らなかったので、それをしていれば(今日2回目のタラ・レバ?)。結局その後は1回もあたりを見る事がなく、3時40分過ぎにバラケが尽きて終了。結果、宙では実釣2時間20分余で2匹。Dscf3363底と併せれば実釣5時間20分余で5匹。いつもながらの結果となった。寂しく片付け。太陽は雲に隠れたままだが、湖面は凪いでいる。でも延長はしません。片付けを終え、橋の下(しも)ワンドの辺りを見ると、常連さんも片付け中。Oさんのところに挨拶に行こうかと思っていたが、こちらに来るのを待つ事にする。しばらくしてOさんを含む常連さんがゾロゾロやって来た。総勢6人。日向側にはもう誰もいない。Oさんに結果を訊いたところ、午後から調子が上がったのか片手(おそらく5匹)との事。皆で坂を上がり橋を渡る。池には日陰側整地された辺りにへら師が1人だけ。駐車場に戻り、Oさんにはまた宜しくと言って池を後にした。もちろんベイシア経由で。
 
これが実力。前回は出来杉
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年2月 8日 (土)

それからどうなった?

Sh3800960002その後、再び妹からメール。雪は降り続いていて、写真は豪雪地帯のようだ。
 
くりびつてんぎょう!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6)

こちらは雨

Sh3800960001横須賀に住む妹から、雪の写真が送られてきた。結構積もっている。寒そうだ。
こちらは雨。冷たい水が溜池に流れ込むので、明日の西ノ谷は激渋間違いなし。凸が大半を占めるのではないだろうか(あくまで個人の感想です)。
 
長竿浅ダナセットしか思いつかない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

いよいよ大寒波襲来か

今夜から明日にかけて気温が大きく下がり、雪も降るようだ。この辺りでは途中から雨になって、日曜は天気が回復するとの予報。
しかぁ~し、冷たい雨が流れ込んだ溜池では、へらの動きが止まるのは必至。風も強そうで、西ノ谷の大会に出るバットさんやmasaさんは一体どんな手段を使ってこの状況を打破するのだろうか。見に行くのもしんどいくらいの寒さ(暖かくなるとの予報もあるが)の中、健闘を祈るとしか言いようがない。
 
私はこたつでぬくぬくとさだまさしのDVDでも
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (6)

2014年2月 5日 (水)

スカイプのファイル送信

昨夜の事になるが、yurieさん宛てにスカイプでとあるファイルの送信を行った。
100MBを超える大きさだったので、かなりの時間を要すると思っていたのだが、意外や数分で済んでしまった。以前SK氏に500MBくらいのものを送った事があるが、その時は1時間経っても終わらず断念した記憶がある。
これは何故かと考えたところ、私のネット環境がADSLから光に変わった事が大きいのでないかと気が付いた。
もちろんyurieさん側も光なのだろう。時代はどんどん進んでいる事を痛感した次第。
話は変わるが、XPのフォローが近日中に打ち切りになるのが痛い。WINDOWSを買い換えてインストールするだけではハード的に厳しいようで、10年間!も使い続けた愛着のPCにもお別れの時が近付いている。
しかぁ~し、今月には車検もあるし、前にも書いたがPCの買い替えではなく、安価なタブレットにした方が良いのか、迷うところだ。ただし、今のところスマホにする選択肢はない。
 
私にはガラケーで充分
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年2月 3日 (月)

行って良かった増沢池 with Oさん

今日を逃すとなかなか良い日はないとの予報に、いつもより早く家を出る。駐車場着は9時頃か。あっ、車から荷物を降ろしているのはOさんではないか。急いで車を停め、まずは挨拶。私も荷物を降ろし、一緒に池に向かう。橋から見ると、橋の真下に1人、一方橋の下(しも)には深場ダム?そばから階段下辺りまでビッシリと、整地された辺りに常連さん。私は看板横、Oさんはいつもの場所に入る事にする。坂の下の先客に挨拶するDscf3303が、聞こえない振り。まあいい、昨日の雨で粘土が滑り易くなっているので、充分注意して下り、さあ準備しよう。竿は15尺の底で、餌は毎回同じ。先客はウキが動きっ放しのようで、ポツポツと竿を曲げている。上空雲が多いが暖かく、湖面も凪いでいる。久し振りのグッドコンディションだ。底も取れ、開始は9時半。すると、開始早々はウキの動きもなかったが、じきに返すようになった。先客はまだまだ竿を曲げ続ける。かなりのプレッシャー。しかぁ~し、開始20分経たないうちに、小さなあたりで1匹目。グーなサイズ。Dscf3304Dscf3305Dscf3306更に連荘で2匹をゲット!開始30分で3匹とは、最近にない好調か。この分なら第3目標は楽々クリアかもね。その後もあたりはやや不満な感じではあるがかかり、10時半Dscf3307Dscf3308Dscf3309Dscf3310までに4匹を追加。隣のハイペースには負けるが、第2目標はクリアして今年初めての第3目標クリアはもう間違いない。ただ、ちょっとサイズが小さいのが混じってきた気がする。放流と入れ替わるのも時間の問題か。私は私なりのペースでその後もポツポツと第3目標クリア!気温の上昇Dscf3311Dscf3312Dscf3313で汗ばみ、何か違う季節のようだ。しかぁ~し、ここまでウキが動けばかかっていた状況が、ここからガラッと変わる。あたり自体はそれまでよりグッと良くなって、バッチリと合Dscf3314Dscf3315わせるがカラのオンパレード。たまにかかってポツーリポツリ。隣は全く穴がない状態で、私と何が違うのだろう(もちろんアームですが、何か)と2匹を追加して11時。いつもよりはかなりグーな状況なのだが、釣れたら釣れたで悩みDscf3316Dscf3318はあるものだ。もう1匹追加した後に、遂に出ましたスレ。それまでにもバラシは何度となくあったのだが、上がってきたのはこれが初めて。早く外れてくれ!その後11時半までにやっと1匹追加。失速したまま終了か(あたりが多くて餌の消費が激しく、小さく餌付けしていてもグルテンがそろそろ終わる)。しかぁ~し、再びあたりに合うようになって、グルテンが尽きるまでに5匹をゲット。バラグルセットでDscf3319Dscf3320Dscf3321Dscf3322Dscf3323の最後の1投では残念スレとなって20の大台には乗らず、残ったバラケは捨てて昼休みにでも思ったが、時間を見るともう少しで12時。それなら両ダンゴまがいで餌を打ち切ろう。しかぁ~し、これが良くなかった。そこからもあたりは毎回のように出続けたのだが、何と全てスレ!しかも12時を過ぎて最後の1投も尻びれから上がってきたのでは万事休す。虚しく底は終了だ。結果、実釣約2時間半で19Dscf3328匹。途中から放流に変わってしまったのは残念だが、私にしては上出来。ホント、来て良かったなぁ。隣のハイペースも凄かったが、私は私だ。仕掛けはそのままでOさんの様子を見に行くと、やはりウキの動きは良いようで、私が見ていたほんのわずかの間に3回あたった。しかぁ~し、両ダンゴでスレが多いと言うように、3回ともバラした。午後はいつものように宙をやると言ってその場を離れ、釣り座に戻る。竿は13尺に替え、餌はいつものセット専用バラケと「玉」。間違っても段底にはならないよう、まずは底を測る。水深がないので「たな」はそんなに上下出来ず、1本でまずはやってみよう。急いで昼食を摂っての再開は12時半。すると、第1投からウキがモヤモヤ。こりゃぁ宙でも好結果か?しかぁ~し、開始10分ほどで出た最初のあたりをバラすと、そこからウキの動きが弱くなる。しかもバラケにあたっているようにも思えるぞ。しばらくそのままで打ち続けるが、あっという間に1時。しかも、その後あたりに合ったと思ったら、上鈎にスレている。スレはまだ続くのか?これはマズイでしょう。まずは下ハリスを短くしてみる。手順としてはおかしいかもしれないが、ハリスをいじるのは私にしては大英断だ。更にバラケの付け方を変化させてみると、小さいながらもウキが沈没するくらいしっかり餌付けした方があたるようだ。そして、その結果が出て来たのが1時半過ぎ。もう開始1時間が過ぎている。隣はとっくに帰っDscf3330Dscf3331Dscf3332たので、その分がこちらに廻ってきたのかも。ただ、なかなか続かず2時までに3匹。とりあえず20はオーバーしたが、上乗せは何となく難しそうだ。それでもその後ポツーリDscf3333Dscf3334Dscf3335ポツリと2時半までに3匹。最初の1時間は仕方ないが、これでも私にとっては好結果(ちょっと寂しい?)。残ったバラケを丸めると後5投分。餌ボウルに水を入れて終了の準備。ただし、まだ時合はありそうなので、ひょっとしてこの後ゴールデンタイムの恩恵に与れるかもと続行すると、何と言う事でしょう、5連荘!で終了の2時46分までに5匹Dscf3336Dscf3337Dscf3338Dscf3339Dscf3340を追加出来たではないか。まさにゴールデンタイム。サイズも小さいし、あたり自体も小さく弱いものだったが、1回だけ目も眩むような消し込みも出たし、満足のラストシーンだった。もちろん最後の1投もかかりました。結果、宙では実釣2時間15分で11匹。底と併せれば実釣4時間45分で30匹。いやぁ、気持ち良いなぁ。まだ湖面は凪いでいるし、気温も充分高いので続行可能だが、私はやりませんよ。片付け中にOさんがやって来た。今日は皆満足したとの事。確かに今までとは雲泥Dscf3341Dscf3342の差だった事は間違いない。私も片付けを終え、坂を上る。そうそう、来る時に梅が咲いているのに気付いたので、写真を撮らないと。接写は失敗したが、他に載せるものがなDscf3343Dscf3349いので・・・。春はもうそこまで来ているんだなぁと妙に感心しながら橋を渡る。浅場にはDscf3350多分午後から来たご夫婦が竿を出している。深場では常連なんが片付け中か。橋を渡Dscf3351Dscf3352り、ついでにと言っては何だが、椿の写真。駐車場に戻り、荷物を積む。それからトイレでインナーを脱ぎ、ゴキゲンでベイシアへと向かった。
 
昨日の雨にも拘らず、水位が少し下がっていた気がする
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

2014年2月 2日 (日)

God sees the truth , but waits

高校の英語の教科書に載っていたトルストイの短編を、今朝のサンデー・ジャポンを観ていて思い出した。
関連しないかもしれないが、北川景子さん主演の映画のモデルとなった人の話を観て、人は理不尽を受け入れなければならないのかという思いが頭の中を埋め尽くしたからだ。
かつてその答えを知りたくて、教会に行ってこの事を訊いた記憶があるが、その時どんな答えが返って来たかは残念ながら記憶にない。
 
一期一会の気持ちで毎日を生きる難しさも
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

ダメだこりゃ

今日は気温も上がるし風も弱そうな予報に、出掛けなければと思っていたが、何の事はない家でゴロゴロの体たらく。
多分自虐のへら師はめいめいの釣り場で竿を出しているのだろう。そう思っても岡ジャミにも出掛けようとしない腰の重さには我ながら呆れる。
明日から天気は悪くなるし、その後は再び寒い日が続くという予報なのだから、今日は何としても出掛けるべきだったのに、残念だ。
自虐へら師の皆さん、頑張ってくださ~い。
 
トホホ・ガクガクッ・コラコラ・オイオイ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »