« さだまさし「月虹」を観る:おまけ | トップページ | 岡ジャミ2連発 yurieさん@西ノ谷 & Oさん@増沢池 »

2014年2月19日 (水)

春めいてきたか@増沢池

やっと風が弱い日がやって来た。いそいそとゴー!もちろん行き先は増沢。モクレン通りを走っていると、モクレンの蕾が膨らみかけているのが見えた。春は確実に近付いている。駐車場着は10時頃か。車の数はそこそこあるが、へら師はどうかな?荷物を降ろして橋を渡ると、橋の上(かみ)にはジャカゴ付近に1人が準備中。橋の下(しも)にはダム?そばから階段下付近までへら師が見える。曇っているので、日陰側にも1人。私は旧流れ込みに入りたかったのだが、先客がいるので空いている看板横に入ろう。湖面Dscf3369は凪。やや濁っていて環境は悪くない。さあ準備しよう。竿は13尺で、餌はいつものバラグルセット。水が冷たい。これではへらは動かないのでは?底を取り、開始は10時34分。果たして前回のような感じなのか分からないので、ドキドキで餌を打つ。すると、最初はピクリともしなかったウキが、20分経過しない前にモヤモヤ。そこで、両グルテンで打ってみると、返したウキがチクッ!やったと合わせるが、すぐに外れた。ガクガクッ。Dscf3370これはマズイ。再びセットで打ち出すと、11時前にチクッのあたりでやった1匹目ゲットだ。おおっ、サイズもまあまあではないか。でも、まだ活性が上がっているのか分からない。もう少し続けてみよう。すると、11時を過ぎてまたもチクッ!で2匹目。これもまあまあのサイズだ。これくらいがDscf3371次々と釣れてくれればありがたい。しかぁ~し、何故かそこからウキの動きがなくなる。約30分静かなままで、そろそろ何かあっても良さそうなものだと思っていたら、再びウキがモヤモヤ。普段なら12時近くなると昼休みでウキが静かになるのに、どうしてだろう。そしてチクッというあたりでやった3匹目!と思ったら放流のスレ。ガクガクッPART2。スレももちろんだが、サイズダウンが痛い。ひょっとしてこのまま放流と遊ぶ羽目になるのか?すると、その予感はDscf3373Dscf3374Dscf3375Dscf3376当たってしまった。昼のサイレンまでに、3連荘を含めて4匹をゲット。第2目標をクリア!ただサイズがなぁ、とは釣れたら釣れたで贅沢な悩み。少し間が空いたが、12時を過ぎてもウキの動きはなくならない。昼飯を食べながら続行すれば、ポツポツと飽きない程度に小さなあたりが出て、カラやバラシもあったが1時までに8匹をゲットだ。第3目標までクリア出来るとは、Dscf3377Dscf3378Dscf3379Dscf3380Dscf3381Dscf3382Dscf3383Dscf3384ホント来て良かったぁ。放流が元気になったのはありがたいが、出来れば地べらが・・・。いずれにせよ、春めいているのは間違いないだろう。浅場の人は釣れているのか疑問だったが、偶然竿が曲がるのを見た。静かに寄せていて、あれでは確かに分かり難い。私のようなへぼは、これみよがしにバシャバシャやるので、釣れていない場合との違いが明白だ。さて、ここまでで開始2時間半。いつもならとっくに餌が尽きているのに、小さく餌付けしたためかどうかは分からないが、まだグルテンも残っている。この後宙をやりたいので、早く打ち終えないと。なんて考えたつDscf3385もりはないが、次第に餌付けが大きくなったのは確か。それでもグルテンがあるうちにもう1匹ゲットして、後は両ダンゴまがいでもう1匹(上がりべら)をゲットしたい。しかぁ~し、両ダンゴまがいで打ち出すと、ウキは動くがあたりにならず、ラス前には痛恨のカラで底はゲームセット。終了はDscf33861時33分。結果、底では実釣3時間で15匹。これが好調なのかは、周りのへら師の様子が分からないので不明だが、何となく春めいてきたのは間違いない。さあ、次は宙。と、その前に我慢していた用を足す。それから竿を12尺に変え、餌はセット専用バラケと「玉」。今日はバラケをいつもの半分くらいしか作らないから、3時頃には打ち終える筈だ。更に前回より下ハリスを縮めてみる。そして「たな」1本での再開は1時50分。昼頃から気温が上がって来て、更に日も出て来たので暖かい。湖面はほとんど凪状態で、良い日に来たもんだ。さて、餌Dscf3387を打ち出してもすぐにはウキは動かず、じきに2時。底と宙では状況が違うのかな。しかぁ~し、今日も出ました「かかってます!」。しかもグーなサイズ。嬉し恥ずかしといったところか。その後ウキがモヤモヤし始めると、しっかり馴染ませてからのバラケが抜けた後にチクッというあたりでDscf33882匹目。いきなりサイズダウンしたのにはビックリだが、釣れないよりはましでしょう。すると次の餌打ちでは、返したウキがグッと力強く入り、これに合わせてやった連荘だ!あっ、外れた(ガクガクッPART3)。でもウキの動きは変わらず、その後もポツリポツリとバラケが抜けた後の小さなあたりで数を増やす。かかるのはいずれも小さなあたりで、3時前に出た最初のバラシのDscf3389Dscf3390Dscf3391Dscf3392ような大きなあたりはスレとなったが、3時までに4匹を追加。宙だけで第2目標クリア!こちらも飽きない程度にウキが動くので、まさに楽しく釣りが出来ている。ただ、いつもの半分しか作らないのに、1時間経ってもバラケがまだ残っている。小さめに餌付けしているので当たり前と言えばそうなのだが、バラケの量によって餌付けを無意識のうちに調節しているのかもね。おっと、3時といえばゴールデンタイムだが、前回もそうだったように、何故か恩恵がない。ウキは動くが開始の頃とそんなに変わらず、逆にあたりが減ってきた気がする(個人の感想ですが、何か)。それでもポツーリポツリと竿が曲がり、3時50分の終了までDscf3394Dscf3395Dscf3396Dscf3397に4匹を追加し、目出度く?第3目標クリアで宙は終了となった(ただし終了間際はサッパリ状態)。釈然としないまま片付け。結果、宙では実釣2時間で10匹。底と併せたトータルでは実釣5時間で25匹。上出来でしょう。橋の下(しも)は日陰側以外皆さん帰ったようだ。橋の上(かみ)のDscf3398人はまだ続行。相変わらず湖面は凪いでいるし、気温も上がったままで過ごし易い。いい季節になったもんだ。片付けを終え、坂を上る。あっ、前回は紅い梅だけだと思っていたが、今日は紅白の目出度い梅が咲いている。写真写真。相変わらずショボイが、記念にはなる。橋を歩くと、ジャカゴの更に奥の浅場にへら師が2人入っている。あそこは確か水深が40cmくらいではなかったか。春めいているのは間違いない!が、それにしてもビックリしたなぁ。もう。車にDscf3399Dscf3400戻り、荷物を積み込む。今日はホント来て良かった。明日も風はなさそうなので、何処かで竿を出そうかな。って、とりあえず行くところがあります。それは明日のブログで明らかに。それでは、とベイシア経由で帰宅した。
 
クイズ:「春めいてきた」が何回出て来たか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« さだまさし「月虹」を観る:おまけ | トップページ | 岡ジャミ2連発 yurieさん@西ノ谷 & Oさん@増沢池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« さだまさし「月虹」を観る:おまけ | トップページ | 岡ジャミ2連発 yurieさん@西ノ谷 & Oさん@増沢池 »