« 岡ジャミ2連発 yurieさん@西ノ谷 & Oさん@増沢池 | トップページ | 強風の日より釣れない@増沢池 with Oさん and ポスター貼りのmasaさん »

2014年2月21日 (金)

強風でやる気を削がれたが@増沢池 with Oさん and masaさん

昨日はあんなに穏やかな日だったのに竿を出さなかったので、今日こそと家を出るが、やはり予報どおり風が強そうだ。何だかなぁ。駐車場着は10時頃。荷物を降ろして橋を渡ると、へら師は橋の下(しも)だけ。今日こそ入りたかった旧流れ込みは先客(出が遅いので当たり前!)。そこで、また同じ場所かと言われそうだが、看板横を目指す。荷物Dscf3401Dscf3402を置き、まずはOさんのところへ。今日はまだ結果が出ていないとの事。masaさんが来ていて遊歩道端にいると言われて、そちらに向かう。こちらもまだ結果が出ていないようだ。昨日と変わらず渋いのか?釣り座に戻り、さあ準備しよう。今日は視認性を重視しDscf3403て、トップのやや太いものを採用。しかぁ~し、これは果たしてどうだったか?餌はいつものバラケとα21単体の食わせ。あっ、急に強い風が吹いてきた。振り込みも難しいうえに、餌落ち目盛も底も思うように合わせられない。早くもトーンダウン。それでも多分底は取れたと信じて?開始は10時51分。しかぁ~し、風・波でウキがシモり、トップまで沈没する始末に、ますますやる気がなくなる。今日は来なければ良かったか。竿を出す日が限られているウィークエンド・アングラーと違って、エブリデイ・アングラーは条件の悪い日にはすぐにやる気がなくなるのだ。一応携帯で時刻を確認すると、早30分が経過。風・波は一向に収まらない。ただただ餌を打つだけ。風の強い時には竿掛けから竿が落ちそうになるくらい。早く打ち切って帰ろう(決して捨てませんよ)。それでもたまに風・波が弱くなる瞬間があって、何となくへらがいるような気配を感じ、少しだけやる気が戻った。そして12時のサイレンを聴く少し前に、風向きがこちら側になってやや穏やかかなという時に、ウキが餌落ちまで返し、しばらくモヤモヤした後でチクッと入った!こDscf3404れしかないあたりと合わせれば、やったようやくかかりましたよ!う~ん、感動の1匹だ。今まで腐らずに(腐っていたか?)餌を打ってきたご褒美に違いない。いつもなら「さあどんどん行こう」と思うが、今日はこれで充分と言う感じになった。そして12時のサイレン。どうせ釣れないし、さっさと飯にしよう。Oさんの様子を見に行きたいが、風が強くて釣り台も飛ばされそうだ。そこで、竿ケースを重しにして釣り座を離れる。ただ、その時竿はどうなっていたか、仕掛けは?記憶にない。Oさんのところに行って様子を訊くと、何と3匹をゲットしていると言うではないか。これは素晴らしい。こんな強風の中でもあたりを拾えるんだ。釣り座に戻ろうとしたら、ゲゲッ竿が竿掛けから外れている。握りの部分は池に落ちているが、先の方は二股で受かっている。いやぁ、危ない危ない。竿を拾い上げると、ゲゲッ何Dscf3405かかかってます!これは嬉しいのか?寄せてみれば、頭でっかちで痩せこけたへらが申し訳なさそうに付いている。カウントカウント(オイオイ)。活性のある時期だったら竿をロストしていただろう。ホント、釣り座を離れる際には充分注意だ。再開。と、ちょうどmasaさんがこちらの様子を見に来た。お恥ずかしい結果を報告。masaさんも厳しい状況で、ドボンでも言っていた。masaさんと入れ替わるようにKさんがやって来た。対面柳の木の奥に入っていて、今日は35cmを出したとの事。す、素晴らしい~。KさんはOさんの方へ向かった。さて、再開したものの、風・波は相変わらずで、とりあえず2匹出たから終わってもいいかな。ん、さっきまでシモリがひどかったのに、何だかウキが返しているように見えてきたぞ。そして12時半過ぎに、斜めになりながらも餌落ち付近まで返した(と信じたい)ウDscf3406キがスッと入ったではないか!これに合わせればやった3匹目!放流であれ何であれ、釣れればズバリ嬉しいでしょう(丸尾スエオ君風に)!何だろう、急にやる気が出てきたゾ。しかぁ~し、再び風が出ると事態は元の木阿弥。そのまま1時。それまでの雰囲気から、個人の感想ではあるが、おそらくへらはウキの真下付近にいる。そして小さなあたりも出している。ただそれが見えないので拾えないだけなのだ。トップの太いウキを採用したのはどうだったか。見難くても前回と同じウキにしていれば(今日のタラ・レバ)。ただ、救いはグルテン。必ず鈎残りしているので安心して待てる。手に纏わり付くのは我慢しよう(釣れるまではそれさえもイライラの対象だった)。そうこうしているうちに、またも風・波がやや穏やかになったその時、餌落ち付近まで返したウキに「あたれ、あたれ!」と祈っていたDscf3407(声が出ていたかも)ら、チクッと入りました!これに合わせれば、やった地べらだ!尺はありそう。何だろう、時合かな?すると、それからしばらくして、空合わせで「かDscf3408かってます」!何と強風の中第2目標クリアだ。これは素晴らしい、素晴らしいが、「かかってます」が半分近く(しかも1匹は「付いてました」とは)というのはどうだろう。おっとカウントから外す事はしませんよ。へらも昼休みが終わったのか、お仕事頑張ってくれている様子。ただ、そろそろ食わせが終わりそう。風・波もやや落ち着いて来た感じなので、次は宙をやろうかどうしようか。なんて考えDscf3409ていたら、またも返したウキがチクッ!やった6匹目。まさに時合としか言いようのない状況に、ひょっとして第3目標まで伸ばせそうかとスケベ心満載になったが、1時Dscf3410半を過ぎて「かかってます」が出た後は何もなく、1時39分にグルテンが尽きて底は強制終了。バラケは捨てて餌ボウルには水。午後から風・波が強くなる予報だから、宙は私のアームでは多分出来ないので続行しません。片付け。今日は強風で凸必至だったが、終わってみれば実釣2時間50分弱でDscf34117匹と、よくぞここまで頑張ったという結果にまあ満足(もちろん自画自賛ですが、何か)。片付けを終える頃になって、風・波がやや穏やかになった気がするが、いつもの事。ずっと我慢していた用を足すと、あっ、河津桜がわずかではあるが咲いているではないか。後で写真。Oさんのところに行くと、7匹まで数を伸ばしたとの事。ゴールデンタイムの恩恵があるかもしれませんね。masaさんはドボンは止めてセットの宙で通しているようだが、結果は出ていても厳しDscf3412い状況に変わりはないようだ。でも、私が見ている間にもあたりは出たので、きっと好結果となるだろう。お二人に挨拶して戻る途中、橋の真下付近で桜の写真。風があって枝が揺れるので思うように撮れなかったが、間違いなく春は近付いている。荷物を背負い、駐車場に戻る。腰を始めとして節々が痛い。冷たい風にあたったのが効いているのかも。ただ、橋まで行くとかなり暖かく、湖面も凪いでいる様子。へら師の皆さん、頑張ってくださいと心の中で叫び、車に戻った。さあ帰ろう。と、せっかくだからベイシアに寄る?そうだな、寄って帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
ベターなセッティングのチョイスが難しい
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

|

« 岡ジャミ2連発 yurieさん@西ノ谷 & Oさん@増沢池 | トップページ | 強風の日より釣れない@増沢池 with Oさん and ポスター貼りのmasaさん »

コメント

寒い日はお家で過ごしましょう!
釣りまくるって状態でも無いでしょう?
チームKIM辺りは目標を持っていますから風でも、雪でも却っていい経験位で釣行すると思いますがリハビリに無理は禁物?(長島さんはものすごいリハビリしていたけど・・・。)
ベイシアでウォーキングがイイかも。
もう少しで温かくなると思いますので増沢の大会では参加もしくはサポートでmasaさんを助けてあげて下さい。

投稿: yurie | 2014年2月24日 (月) 17時56分

yurieさんこんばんは。
懲りもせず今日も出掛けましたが、見事な返り討ちに遭いました。
まだ好天は続くようなので、近いうちに再度出掛けるつもりですが、今度は深場でやってみます。

投稿: sunshine_hera | 2014年2月24日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡ジャミ2連発 yurieさん@西ノ谷 & Oさん@増沢池 | トップページ | 強風の日より釣れない@増沢池 with Oさん and ポスター貼りのmasaさん »