« 浜松市防災ホッとメール | トップページ | 素晴らしい結果 »

2014年3月 1日 (土)

半年振りに「いつもの場所」に入ってみたが@増沢池 with Kさん

今日は終日曇りとの予報に、これなら日向日陰関係ねぇ~っとばかりにゴー!もちろん行き先は増沢。土曜日なので河津桜の見物客で混んでいるかと思ったが、9時半頃でも駐車場は余裕。さっさと停めて荷物を降ろし、池に向かう。前回も入りたかった「旧流れ込み」に入れたので、今日は是非とも「いつもの場所」に入りたい。もちろん悪夢を思い出すかもしれないが、何より駐車場から近いのがグー。足元に気をつけて向かうと、Dscf3439水量がいつもより多そうだ。とりあえず荷物を降ろして、車に戻って長靴に履き替える。この長靴も悪夢と関係するが、これまた仕方ないところ。あっ、柳の木の奥にいるのはKさんではないか。今日も段底の勉強との事で、何としても食わせをグルテンであたりを出したいようだ。へらはすぐに寄るらしいが、私にはどうかな。13尺の底から入る事にする。餌はお叱りを受けるかもしれないが、いつものバラグルセット。2往復したので暑くなった。汗。湖面は凪いでいて、底も楽に取れた。開始は10時4分。あれっ、何故か急に風・波。一気に寒くなったので、脱いでいたジャンパーを羽織る。さて、この場所、ずっとへら師が入っていなかったので、不安なまま餌打ちを始めたが、なるほどじきにウキが返すようになった。そしてチクッというあたり!やったと合わせるがカラ。ムムッ、大体最初のあたりはかかるんだけどなぁ。それでも開始10分くらいで1匹目。でも何だか嫌な予感がしてきたぞ。サイズが日向側に比べて小さい感じ(あくまで個人の感想です)。Dscf3440Dscf3441Dscf3442これが寄ってくるとウキの動きがゴチャゴチャしそうだ。しかぁ~し、それは単なる杞憂だったのか、その後ポツポツとあたりに合って、10時半までに3匹と好調を予感させる。ただ、繰り返すがサイズがなぁ。風・波は出るが、トータルでは凪いでいる時間の方がDscf3443Dscf3444Dscf3445Dscf3446Dscf3447長かった。10時半から11時までには5匹を追加して、あっという間に第3目標が見えてきた。サイズも30cmくらいが混じるようになったが、ホンマかいな?しかぁ~し、ここからが今日のハイライト。11時を過ぎる頃から状況が一変!風・波でウキの視認性が悪くなったのもあるが、ウキは馴染んですぐ返すもののあたりが出ない(見えない?)。それまでと180度変わってしまった状況に対応出来ず、ジリジリ焦れてくる。もちろん餌付けやらウキ下の微調やらはしてみるが、とにかくあたりが出ないのだ。しかも、待ちに待って出たバッチリと思えるあたりに合わせるとカラ(ガクガクッ)。それではと、最初に出る弱く入るあたり?に手を出すと見事なスレバラシ(ガクガクッPART2)。ほぼ30分間いいようにあしらわれてしまう。結局それから12時までDscf3449Dscf3450Dscf3451に何とか3匹をゲットして、とりあえずは第3目標クリア。しかぁ~し、そこからグルテンが尽きた12時33分までには1匹も追加出来ず、何だかなぁと言う感じで底は終了だ。結果、底では実釣2時間半で11匹。実はずっと気になっていたハリス長を、風・波の中でDscf3452底取りをやり直すのが面倒で一度も変えなかったのが悔やまれるが、ここが私らしいといえばそうなるか(オイオイ)。今日は皆さん私と同じような考えなのか、常連さんはこちら側奥の整地された辺りに多く入っている様子。対面にもチラホラいるが、状況はそんなに良くないようだ。さて、昼食を食べながらKさんの様子を見に行くと、勉強中とは言いながらも結構釣っている。何故食わせをグルテンに絞ってやっているのかは聞けなかったが、それとは関係なく、今日は30数年ぶりに12.5尺のカーボン竿を使っているとの事。13.5尺も持っていると言うが、昔はそんな刻みの竿もあったのか。釣り座に戻り、宙の準備。変わり映えしないが、竿は12尺で餌は段底と「玉」。何故段底かと言うと、使いかけがあったから。これで爆釣を夢見る事はないが、そこそこ釣れてくれれば。結構浅いところなので、一応下鈎が底に着かない事だけは確認して、「たな」1本での再開は12時50分だ。気温が上がらず風も冷たいので、遅くとも3時頃には終わるつもり。さて、餌打ちを再開すると、じきにウキがモヤモヤ。こちらも寄りは早いようだが、果たして?すると、餌付けをしっかりしてウキを馴染ませればあたりが出るが、かからない。多分バラケを突っついている感じ。すぐに1時。Kさんは終了して奥の方へ岡ジャミに行っている。その後もモヤモヤから弱Dscf3453く入るウキの動きはあってもかからず、やはり適当なバラケではダメなのか(今頃?)とやや反省の気持ちが出てきた1時半近くになって、やっとかかりましたよ!しかぁ~し、案の定バラケを食っている。今日は大半がバラケを食っていたが、数は不明。その後もポツポツと2時までにもう2Dscf3454Dscf3455匹。カラも出るが、スレやバラシが多かった。合わせる際に下鈎がかかってしまうのかな?Kさんは2時前に、尺上の腹パンを釣りたいと言い残して帰った。また宜しくお願いします。さて、2時を過ぎても何ら状況に変わりなく、それではと下ハリスを詰めてみる。更に「たな」を少し上げる。しかぁ~し、それでも状況に変わりなく、ウキはなかなか強いあたりを見せてくれないまま何とか3匹をゲットするが、3Dscf3456Dscf3457Dscf3458時。無理な合わせ?でスレ・バラシ連発。何だか肩が痛いのは、寒いからだけではなさそうだ。ただ、そろそろゴールデンタイム。あと少しでバラケが終わるが、もう少し数を増やせたらなぁとスケベ心満載で続行。すると、何と言う事でしょう、ウキの動きが良くなってきたように思えるぞ(もちろん個人の感想でしかありませんが、何か)。風・波が弱くなった事もあるかもしれないが、小さく入るウキの動きはそれまでは弱い感じだったのDscf3460Dscf3461Dscf3462Dscf3463が、チクッと力強いものが混じるようになって、それに合わせればかかる!まさにゴールデンタイム?そして最後の1投でもバッチリかかって、見事宙だけで第3目標達成だ。時刻は3時35分。3時終了予定が大幅に上回ってしまった。結果、宙では実釣2時間45分で10匹。底と併せれば実釣約5時間15分で21匹。数的には充分かもしれないが、サイズ的に不満が残った。また、特に底では最初の1時間で8匹だったのが、後の1時間半で3匹。ここを何とも対Dscf3464応出来なかったのが残念の一語。片付け。朝方から気温が上がらない感じで寒い。体中がカチカチに固まっている。目・肩・腰にはアリナミンでも飲まないと。片付けを終え、駐車場に戻る。距離は短いが、坂の勾配があって結構しんどい。さあ帰ろう。ベイシアではスガキヤがラーメン半額をやっていて、時間があれば寄りたかったが、今食べると夕飯が入らなくなりそうで我慢。明日もやってますよ。そろそろと池を後にした。
 
今度はジャカゴにでも入ってみようか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 浜松市防災ホッとメール | トップページ | 素晴らしい結果 »

コメント

完全復活いつものアソコ。
釣果もバッチグーでいう事なし。
今後の文体が楽しみです。
今日の西大谷の大会でバンちゃんが優勝と大物賞って情報があります、とすると前回の杉山に続いて二連覇!
足で距離を走っての参加だもんね、sshさんの足もちゃんと神様は見てますよ、なんて思いました。

投稿: パラソル | 2014年3月 2日 (日) 19時00分

パラソルさんこんばんは。
バッチグーはどうでしょうか?放流が寄って、アームがあれば倍は釣れたのではと思います。途中今ひとつ乗り切れなかったのは、やるべき事があってもやらなかったせい。分かってはいるんですが、ダメですね。
バンビさんはホントなら凄いですね。バットさんがブログを更新したら確認してみます。でも素晴らしい。

投稿: sunshine_hera | 2014年3月 2日 (日) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浜松市防災ホッとメール | トップページ | 素晴らしい結果 »