« GW前の3連荘でクタクタ@増沢池 with Kさん | トップページ | 継続は力なり »

2014年4月27日 (日)

久し振りの長時間釣行もモヤモヤが募るだけ@増沢池 with Kさん、HRさん and ちょっとだけパラソルさん

GWはスタートしたが、私にとっては無関係。天気を見ながら出来るだけ釣行しよう。と言う事で。やって来たのはいつもの増沢。あれっ、まだ9時前なのに駐車場はほぼ満車状態。マズイ、場所はあるのか?急いで荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥にKさんと旧爆釣ポイントに先客。まずは挨拶していつもの場所に入る。思ったよりへら師はDscf3756少ない。全部で15人くらいではないか。釣り台をセットしてからKさんのところに行くと、今日も両ダンゴの底。底のゴミを拾っていると言うが、結構竿は曲がってますよ。あと2時間くらい底をやって終わるとの事。釣り座に戻り、さあ準備するかな。今日はまだ湖面が落ち着いているので、いつもと違って9尺宙から始めよう。それも糸コンセットで。餌は特S・バラケマッハに新ペレをちょっと足したバラケと糸コン。「たな」1本で開始は9時6分。と思ったら、いきなり風・波が出て来た。何だ何だ、早かろうと遅かろうと、私が始めれば風・波が出るのか?ちょっとガックリするが、まあ仕方ないので、とりあえずウキDscf3757Dscf3758をしっかり馴染ませるよう餌打ちすれば、数投でウキがグッと入り、これに合わせて早くも1匹目。そしてほどなく2匹目と、いつもとは全く違う出だしに我ながらビックリ。こりゃぁ2桁なんて楽勝かもね。しかぁ~し、すぐにいつものようなモヤモヤになってしまう。確かにへらは寄ってきたが、どうやってあたりを出せばDscf3759良いのか分からない。9時半頃に1匹追加するものの、そこからは地獄の時間帯。しばらくモヤモヤが続いた後にズバッ、ズバッと3回連続して消し込みが出たが、2回はスレバラシでもう1回はハリス切れ。急いで交換するが、その後はウキが弱く上下するだけ。バラケの付け方を調整してみるが、もう遅いのか。あっという間に10時を過ぎる。相変わらずウキは弱く上下して、たまにバラケに来るようなあたりでかからず。出だし好調と思ったのも束の間だったか。こちら側橋の下に2人いるが、ポツポツと竿を曲げている。Kさんもしかり。10時半を過ぎる頃から風・波が多少弱くなり、ウキが流されずまた視認性も回復すれば、そこからDscf3760Dscf3761Dscf376211時までに3匹と、とりあえず第2目標はクリア出来た。こうなれば何とかして第3目標、更にその上まで行きたいのはマウンテン・マウンテンなのだが、ウキの動きはなくならないものの、やはりカラやバラシが混じる。しかぁ~し、11時を過ぎると状況が一Dscf3763Dscf3764Dscf3765Dscf3766変。あたりがハッキリしてきたような気がして(個人の感想であり、効能を示すものではありません?)、11時半までに4匹をゲットして第3目標まで達した。ただ、バラケがどうなったから釣れて、どうなったから釣れないのかは私の頭では理解不能。単に時合で済まされそうな気がする(個人Dscf3767の・・・)。その後1匹を追加して、11時45分にバラケが尽きて終了だ。結果、糸コンセットでは実釣2時間40分で11匹。途中1時間ほど釣れない時間があったので、こんなものでしょう。ただし、気持ちのモヤモヤは残った。さあ、次はトロ掛け。しかぁ~し、風・波が収まる気配がないDscf3768ので、ここはいつもと順番を変えて底でやってみよう。と、その前にちょっと早めの昼食。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は夏・冬・マッハだ。前回と同じウキを使う。前回は釣れる予定でなくやったので、結果はまあ良かったかな。しかぁ~し、今日は両ダンゴで釣る気満々。底を取り、再開は12時5分だ。すると、すぐにウキに返しが出る。こりゃぁ爆釣の予感か?しかぁ~し、あたりにならない(あたりが見えない?)。馴染み具合も、前回は釣れない前提でやったので、馴染みがおかしくてもそんなに気にしなかったのだが、今日は違う。何とかしてチクッという良いあたりを出して釣りたいのだ。が、今日のウキの動きは全く気に入Dscf3769らない(説明は難しい)。ウキ下を微調、更には底を取り直したりして、何とか12時半までに1匹目。しかぁ~し、次のバッチリのあたりでやった連荘かと思えば、目にスレ。ガクガクッ。今日の底はそれ以外にもスレバラシが多かった。底取りはおかしくないし、ウキ下も何度となく微調を繰り返Dscf3771Dscf3772したのだが、何故だろう。1時までに2匹を追加するが、こちらも宙同様何かシックリしないままの続行だ。しかぁ~し、風・波が弱まった1時過ぎDscf3773Dscf3774Dscf3775Dscf3776から少しだけ状況が好転したのか、あたりらしきウキの動きが分かり易くなって1時半までに4匹を追加して、第2目標をクリアすると同時に前回の両グルの結果を越えた。ただ、何故かカラツンが出始めてしまい、数が伸びない。それでも何とか第3目標をと欲が出るが、元々釣れるつもりで始めた両ダンゴの底なので、それくらいは当たり前だろう。それにしても、思ったよりDscf3777Dscf3778釣れないなぁ。結局終了の2時10分までに2匹を追加したものの、第3目標は未達となった。結果、底では実釣2時間5分で9匹。セッティング次第でもっと釣れた気がして、これもモヤモヤした気持ちが残った。糸コンセットと併せDscf3779たトータルでは、実釣4時間45分で20匹。超えられない壁があるのか。Kさんと旧爆釣ポイントの先客は既に帰っている。さて、いつもならここで終了なのだが、まだ2時台だし、湖面も少しではあるが凪いで来た気がするので、残業してトロ掛けでもやってみよう。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はS-ブルーとマッハのバラケにヒゲトロだ。やっとS-ブルーを使い切った。これからは去年買った「凄麩」の大袋が待っているゾ。「たな」は糸コンセットの時と同じ1本で、再開は2時28分。すると、こちらもすぐにウキがモヤモヤ。何となくトロロを吸っているようにも思えるのは、仕掛けを上げるとトロロが減っているから。そしてじきにズバッというあたり!慌てて合わせるが、何と両ハリスが飛んだ。ガクガクッ。1匹も釣れていないのに早くもハリス切れかよぉ。今日はトロ掛けで何度もハリスが飛んだ。最近の私にしては珍しい。急いで交換すると、ウキはまだ動くが、それまでと同じく弱い上下。たまに小さくチクッと言う感じでウキの動きが出るが、これに合わせてもかからず。一体何処で合わせるのか?やはりある程度の力強さが必要ではと見続けるが、なかなDscf3780Dscf3781か出ない。しかぁ~し、私にはゴールデンタイムと言う切り札?があった。3時前からあたり?に合ってポツポツと2匹をゲットして凸を回避。やれやれ。さあどんどん行こうといきたいが、ズバッというあたりで竿を上げられずハリス切Dscf3782れとかバラシとかで、3時半までに1匹追加するのが精一杯。途中橋の上から声がかかったので、見るとHRさんだ。今日は対面坂の下にいたらしい。お疲れ様でした。さて、予定通りとはいえあまりの不甲斐なさに終了モード全開。湖面は凪いで来てウキの動きも良く見えるようにはなったDscf3783が、集中力も尽きた。4時までにもう1匹追加して、一応トロ掛けでも第2目標にリーチとなったが、次のあたりではスレでガックリ。4時かぁ。今日は9時頃からやっているので、7時間近く竿を出している事になる。疲れるのも気が散るのも無理はない。しかぁ~し、4時を過ぎてバラケが尽きようとする頃になって、一時的にウキの動きが良くなる(何故かは不明)。そしてズバッDscf3785Dscf3786ズバッの連荘で2匹をゲット。「上がりべら」はグッドサイズとなって、やった感満載のところへ右から声が。あっ、パラソルさんだ。今日は七曲がりでmasaさんの会の例会があって、それと関係するかどうかは分からないが、パラソルさん、それにじゃがにぃさんも竿を出したとの事。帰りに寄ってくれたのだ。グッドサイズをかけるところを見せられて良かったぁ。ただし、それから数投はさっぱりで4時13分に終Dscf3787了。結果、トロ掛けでは実釣1時間50分で6匹。ウキの動きからすれば、もっと釣れて良かったのではとモヤモヤ。それまでとの合計では実釣6時間半強で26匹。ハリス切れ多数でかなり疲れた。片付け。パラソルさんは奥の方に竹ちゃんマンさんがいると言って様子を見に行った。片付けを終え、駐車場に戻り、荷物を積んだ後に私も久し振りの竹ちゃんマンさんに会おうと崖?を恐々下りると、そこにいたのは竹ちゃんマンさんではなくキアヌ・リーブソさん(バットさん命名)だった。慌てて竹ちゃんマンさんにメールを打ってしまったが、スミマセンでした。パラソルさんと2人で駐車場に戻り、新車を見せてもらう。裏山鹿~。GW中に1回はご一緒しましょうと言って解散。そろそろと池を後にした。
 
長丁場は短期記憶も危ういので、内容に自信が持てません
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« GW前の3連荘でクタクタ@増沢池 with Kさん | トップページ | 継続は力なり »

コメント

イケるのであれば行きますのでザワさんと計画立案お願いします。
ホーライもエエよ。歩かないでOKですからね今は。
増沢より楽かも。

投稿: パラソル | 2014年4月28日 (月) 22時46分

パラソルさんおはようございます。
ザわさんの思いつきはその日の朝に急に始まるようなので(かつての聖湖釣行にはビックリ)、果たして私にも追従出来るか分かりません。でも伝えておきます。
鳳来は水量がある今のうちが華ですかね。どうも途中の道が怖くて時間がかかって足が向きませんが、釣れるのなら考えてみようかな。

投稿: sunshine_hera | 2014年4月29日 (火) 09時44分

26枚!ワタスの年間釣果だ。又、肘痛になっちゃうよ。

投稿: 竹さん | 2014年4月29日 (火) 11時33分

竹さんこんにちは。お久し振りです。先日は誤ってメールを送ってしまい、失礼しました。
さて、肘が痛いのは事実です。でも、釣れ過ぎてという事もないと思いますよ。鳳来とはサイズも引きの強さも比べ物になりませんものね。
お仕事お忙しいようで、釣りがあまり出来ないのは残念ですが、好景気は素晴らしいのでは?またご一緒しましょう。

投稿: sunshine_hera | 2014年4月29日 (火) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GW前の3連荘でクタクタ@増沢池 with Kさん | トップページ | 継続は力なり »