« 便乗値上げ? | トップページ | 水辺遍路 »

2014年4月 7日 (月)

後半大失速&不滅の法則発動@増沢池 with Oさん and masaさん

やっと出掛ける余裕が出来て、張り切って出掛けました増沢。駐車場着は9時過ぎか。あっ、Oさんの車ハケーン!ちょっと腹の具合が芳しくないが、何とか持つだろう。とりあえず橋まで行って池の様子を覗うと、まだ早いのかへら師はそんなにいない。予報に比べて風も弱そうだ。それでは誰もいない看板横にでも。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。ゲゲッ、良く見るとへら師は深場に集中だ。最近まで常連さんがいた辺りDscf3573にはI尾さんだけ。後は遊歩道端付近に3人。残りは全て日陰側。さてOさんは何処にいるのだろう。荷物を降ろしてから遊歩道を深場に向かって歩く。やっぱり遊歩道端の3人は違った。あっ、対面準備中なのがOさんだ。手を振ってくれた。整地された辺りから更に深場に入っている。何故だろう。まあいい、釣り座に戻って準備しよう。今日は底をやらない。まずはトロ掛けから。竿はDscf357411尺、餌はS-ブルーとトロロ。キモは鈎をトロ掛け専用にした事。「たな」1本での開始は9時57分。風・波が出て来たが、yurieさん作の長トップのウキの視認性に問題なし。あとはウキが動くかどうかだ。すると、仕掛けを数回上げてもトロロが落ちない。これは良いですよ。J州屋で100円で買った鈎だが、グーググー!更に10時を過ぎ、開始20分くらいでウキに動きが。ちょっとズルッと言う感じだが、消し込んだ。いいぞいいぞ。後はあたりだ。が、弱く入る動きではかからない。何度となく合わせていたら、10時半をDscf3575Dscf3576過ぎてやったかかりましたよ!「たも」の中でのハリス切れはお約束だが、何にせよ1匹出れば安心だ。すると、ハリス交換後の第1投でまたもあたり!そしてかかりました!これは連荘って奴ですか?オイオイ、幸先良いぞ。しかぁ~し、どうもまだこの釣りのあたりが読めておらず、闇雲に合わせるがかからない。Dscf3577やはり力強いウキの動きに絞った方が良いのかも。11時前に何とかあたりに合って3匹目をゲットするが、最初の勢いは何処へやら。それに、風が冷たかったせいなのか、腹の具合が・・・。道具を置いたまま釣り座を離れるのが怖いので、ここは我慢だ。11時を過ぎて1人やって来て、看板の奥に入った。この人に番をお願いしようかな。うっ、ビッグウェーヴが来た。いやいやまだ我慢出来るぞ。何とか第2目標はクリアしてからにしよう。脂汗を流しながら堪えていると、もう1人やって来て、今度は私の上(かみ)に入った。2人いれば大丈夫でしょう。Dscf3578Dscf3579そろそろトイレへ行きたい。しかぁ~し、何故かウキが動き、あたりに合って11時半までに2匹を追加。これは嬉しいが、お尻の栓が抜けそうだ。第2目標クリアを機に、急いで坂を上がり橋を渡る。やれやれ、一段落したぞ。やはりちょっとでも具合がおかしかったら、必ずトイレには寄ろう。今日の教訓でした。さて、スッキリして釣り座に戻り再開すると、第1投からウキが動いた。まだへらは残ってたんDscf3580Dscf3581だ。そして12時のサイレンが鳴るまでに2匹を追加。フニャッというあたり?にも手が出るようになってきて、こうなると第3目標まで行きたい。両側の2人も底で始めたが、へらはいてもなかなかかからないようだ。さて、私の方はトロロの性(しょう)がなくなってきて、これはヤバイですよ。でも、新しく出しません。バラケが尽きるまで持ってくれれば良い。鈎にも付き難くなってきて、適当に付けて打つ。するDscf3582Dscf3583Dscf3584と、それでも反応してくれるへらがいて、ポツポツとバラケが尽きた12時34分までに3匹をゲットし、目出度く第3目標クリアとなってトロ掛けは終了だ。結果、トロ掛けでは実Dscf3585釣2時間半弱(トイレ休憩除く)で10匹。まあまあでしょう。さあ、次はインスタントウドンのセット。と、その前に昼食だ。竿と仕掛けはそのままで、下ハリスだけ交換。餌はセット専用バラケと感嘆。どうだろう、トロ掛けよりは出るかな?な~んて思いながらの再開は12時51分だ。風・波も弱くなってきて、すぐにでも釣れそうな予感。しかぁ~し、なかなかウキが動き出さない。一度ズルッと入る動きが出たので、へらはいるのだろう。でも、バラケに来ている感じ。そうこうしているうちに1時半。すると、いきなり私の左に顔が出現。久し振りのmasaさんだ。今日はこれから日没近くまでやるらしい。後から来た人との間に入ったが、まずは桜の写真と遊歩道方面に向かった。私に緊張が走る。今まで適当なペースでやって来たが、masaさんが始めるまでに何とか1匹。実は横に知った人が入ると、プレッシャーがかかって釣れなくなるというマーフィーの法則にも似た法則がある私。ただでさえ釣れていないのに、今後はどうなるのか?じきにmasaさんが帰ってきて準備開始。私はモヤモヤし始めたウキを見ながら、何とか1匹と餌打ちのインターバルが次第に長くなってしまう悪循環。2時過ぎにmasaさんが9尺で私と同じセットの宙で開始。ああ~っ、開始までに1匹も釣れなかった。法則が発動して、ひょっとして後半は凸かも。すると、開始してほどなくmasaさんの竿が曲がった!ガクガクッ。アームの差が歴然とは言え、これは辛い。しかもじきにもう1匹。最早頭は混乱状態になって、ただただ餌を打つだけの繰り返し。たまに消し込みのようなウキの動きが出るが、全くかからず。masaさんはその後もポツポツと竿が曲げる。底でやっている2人も竿が曲がり、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳だ。どうやらへらはバラケを突付いている様子で、トロ掛けでまあまあだったのもそう言う事。それはmasaさんも同じ。だが、そこからが違う。後で聞いたのだが、最初はバラケをすぐに抜いていたようで、私のようにいつまでも芯残りさせていては釣れないのだ。Dscf3586が、もう餌が残り少なくなっている。何かをしても効果が出る前に終わってしまいそう。それで、同じ事を繰り返す(何もしない事の言い訳)。それでも3時近くなって、強いあたりで何とか凸を脱した。ただ、バラケを食っていましたが、何か。その後も全く良いところがなく、3時11分にバラケを打ち切ってセットは終了。バラケを変えて残業という選択肢はない。ただただ疲れてDscf3588Dscf3587いる。片付け。遠くでOさんも終わったようなので、どうでしたかとメール。すると、底はゴミが多くて難儀したそうだ。それでもグッドサイズを数枚ゲットしたと言うから、素晴らしいの一語。最近斧にも出向いたそうだが、そちらはノーあたりだったそうな。私はしばらく行けませんので、岡ジャミくらいなら。片付けを終え、しばらくmasaさんのウキを見ていたら、私とは違って良く動いている。何かが違う事は間違いない。また宜しくとその場をDscf3590Dscf3591離れ、帰る途中に気になった花をパチリ。ツツジのような感じがするが、葉が出ていなDscf3592Dscf3593い。何だろう。ついでに名残の桜も。車に戻り、荷物を積む。さあ帰ろう。ベイシアに寄る気力はない。さっさと池を後にした。
 
次回は再度トロ掛けとインスタントウドンセットで
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

|

« 便乗値上げ? | トップページ | 水辺遍路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 便乗値上げ? | トップページ | 水辺遍路 »