« 日に当たったから疲れたのか?それとも@引佐天池 | トップページ | 久し振りの長時間釣行もモヤモヤが募るだけ@増沢池 with Kさん、HRさん and ちょっとだけパラソルさん »

2014年4月25日 (金)

GW前の3連荘でクタクタ@増沢池 with Kさん

連荘でかなり疲れているが、世の中は明日からGW。それで池が混む前に今日も何処かへゴー!と言っても、行き先は増沢ですが、何か。大楽地も考えたが、時間がかかる(最近は出だしがとみに遅れているので)のと、あの階段がまだちょっとと言う事でNG。Dscf3732駐車場着は10時過ぎ。急いで荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥にはKさん。まずは挨拶。今日も両ダンゴの底。Oさんは今月中は仕事の関係で来られないとの事。好天だが、へら師は対面に5人(最大時には8人)、こちら日陰側には5、6人(奥の方は見えない)だ。ジャカゴに1人いるようだが、へら師かどうか不明。私はいつもの場所に入る。さて、どうしようかな。毎度毎Dscf3733度のバラグルセットではつまらないし、それでは両ダンゴで行こう。竿は11尺、餌は夏・冬・マッハ。ゲゲッ、湖面が騒がしくなってきたぞ。KさんからまだこれくらいならOKと言われるが、ちょっとトーンダウン。さっさと底を取り、開始は10時41分。すぐにへらが寄ってくるとプレッシャーをかけられ、とにかく餌を打つ、打つ、打つ。すると、ものの数分Dscf3734Dscf3735でウキに返しが。そして、チクッというあたりで1匹目はグーなサイズをゲットだ。これは早い。早いが「やせ馬の先走り」という言葉があるように、その後が果たしてどうなるか。しかぁ~し、それも杞憂か、じきに2匹目。サイズは一気にダウンしたが、そんなの関係ねぇ~っ!さあどんどん行こう。日向では暑いと感じられたが、日陰は涼しくて快適。ただし、風が吹くとちょっと寒く感じるのは私だけではないだろう。さて、どんどん行きたかったが、その後3連続でバラし、11時。手応えはまあまあだったので、Kさんの言うように両ダンゴでは型が良いのかも。しかぁ~し、これかDscf3736Dscf3737Dscf3738Dscf3739らというところで、風・波が本格的に出始める。ガックリ。でも、前回よりはウキが見やすいぞ。これなら偏光グラスなしでも何とかなりそう。懸命に目を凝らせば、11時半までに何と4匹をゲット。早くも第2目標クリア!両ダンゴの恩恵なのか、それとも単に時合なのか(もちろん答えは・・・)。この調子なら、バラグルセットでまあまあの結果だった前回を上回る事が出来そうだ。しかぁ~し、そんなに甘くないのが増沢。他のへら師の様子は分からないが、Kさんは好調に竿を曲げている。あれには追いつかないが、何とか前回並みの結果を・・・。するDscf3740Dscf3741Dscf3742と、3匹を追加して、第3目標にリーチまで漕ぎ着けた。よしよし、それなら12時のサイレンが鳴るまでにもう1匹釣って第3目標クリアと行こうではないか。しかぁ~し、余計な事を考え始めると、変な力が入ってあたりに合わなくなるのが私。残念12時のサイレンには間に合いませんでした。Kさんが一旦終了して昼食。何処かへ行った。そろそろ餌が残り少なくなった事だし、何とか第3目標はクリアして、出来れば前回並み(しつこDscf3743Dscf3744Dscf3745Dscf3746い!)の結果を。ウキの動きも少なくなり、あたりらしきウキの動きにも合わず少し間が空いたが、再びあたりに合うようになって、12時半までに4匹を追加。第3目標はクリアして、更には前回の結果まで後1匹となり、もちろんそれはクリアするが、出来ればもう1匹追加して15で終わりたい。が、欲が再び調子を狂わせる。すぐにも釣れると思っていた14匹目が釣れない。もDscf3747う餌がない。次第にダンゴの直径が小さくなるのは仕方ないところ。が、ようやくあたりに合って14匹目をゲット。どうやらもう1匹は望めそうにないので、これが「上がりべら」なんだろうなぁ。その通り、12時44分に餌が尽きて終了。結果、底では実釣2時間10分余で14匹。時間6匹もギリDscf3748ギリクリア出来たか。ただ、Kさんの言うようなグッドサイズばかりではなかった。一旦休憩して昼食だ。後半はいつもどおり宙をやろうと思っていたが、風・波が収まる気配がないので、ここはウキの視認性重視で9尺の底をやろう。でも、両ダンゴとかバラグルセットでは多分そこそこ釣れるので面白くない。よし、時期的にはどうかと思われる?両グルテンで行こう。餌はα21とわたグルを半々。底も取れ、開始は1時11分。Kさんはまだ帰って来ない。ウキの視認性は思ったより良くて、これなら小さなあたりもバッチリ拾えるぞ(出ればの話ですが)。すると、開始数投でウキがチクッと入った!いきなりなので驚いたが、カラ。更にDscf37492回カラを打って、こりゃぁやる気が出ますよ。そして開始15分経たないうちに1匹目ゲット!サイズもまあまあだし、嬉かぁ。それにしても、9尺での手応えは11尺と全然違う。昨日の引佐天池でも引きの強さにビックリした。散々使って来ましたが、今頃気付きましたとさ。Kさんが帰って来て、再開。対面は帰る人が出て来た。ジャカゴには誰もいない。さて、とりあえず凸は免れたし、両グルも面白そうだ。が、餌が軽い分どうしても流されてしまう。その上、時折あたりがゴミとなる「変わり身の術」が出て、なかなか釣れない。ウキの動きも最初ほど大きくなくなってきた。馴染む途中でのあたりも出て、果たして底釣りになっているのDscf3750Dscf3751か。それでも1時台にはもう2匹を追加。なんだろう、ハッキリしたあたりでなくても、ウキが瞬間カチッと止まる事があり、それがあたりになると言う感じ(あくまで個人の感想ですよ)。前半の両ダンゴに比べて圧倒的に釣れていないが、これが気にならないくらい楽しく感じるのは何故?Kさんは再開後もポツポツと竿を曲げている。いつもなら帰る頃なのに、今日はどうしたのだろう。2時を過ぎてもウキのDscf3752Dscf3753動きはハッキリしないものの、更に2匹を追加。両グルの底だけで第2目標クリアだ。こうなると、何としてももう1匹釣って前回の結果に並ぶかそれを越えたい。しかぁ~し、余計な考えが気持ちを邪なものにすると同時に、風・波が多少弱くなるとウキの動きが明確になり、あたりらしき動きが結構出ている事に気付Dscf3754くが、それに合わせてもカラばかり。何故か急に焦りだす。5匹目から約30分釣れない時間となったが、それでも何とか「上がりべら」をゲットして3時1分に終了。結果、実釣1時間50分で6匹。底と併せれば実釣4時間でジャスト20匹。両ダンゴに両グルテンで楽しませてもらった(欲が少Dscf3755し?出ましたが、何か)。片付け。肩と肘と腰と目は大分疲れた。アリナミンでも買うかな。それにもうじきスイッチアングラー復活となるかもしれない。片付けを終え、Kさんの元へ。午後はトロ掛け。ウキは毎回のように動いている。う、裏山鹿~。次回また宜しくとその場を離れ、駐車場に戻った。3連荘で疲れてはいるが、何となくベイシアに寄りたくなったので、さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
GWは何処の池へ行こうかな?あまり混まないところがいいかな?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 日に当たったから疲れたのか?それとも@引佐天池 | トップページ | 久し振りの長時間釣行もモヤモヤが募るだけ@増沢池 with Kさん、HRさん and ちょっとだけパラソルさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日に当たったから疲れたのか?それとも@引佐天池 | トップページ | 久し振りの長時間釣行もモヤモヤが募るだけ@増沢池 with Kさん、HRさん and ちょっとだけパラソルさん »