« 見事に返り討ち@増沢池 with Oさん | トップページ | 暖かいけど釣れないのでまたも早上がり@西の平 »

2014年4月10日 (木)

連荘は結局いつもの池@増沢池 with Oさん

今日は久し振りに違う池に行こうかと思っていたが、最近腹の具合が良くないので、トイレの心配がない池が良いだろう。そうなると場所は限られてくるが、やはり昨日冴えなかったのでリベンジしたいという理由を付けて増沢へゴー!駐車場着は9時過ぎか。Oさんの車はないようだ。う、何となく腹の具合が・・・。この池にして良かったぁ。用を済ませて荷物を降ろし、池に向かう。今日は晴れという予報しか見てこなかったので、風の状況が分からない。でも、昨日日陰側でバシバシ竿が曲がっていたので、今日はいつDscf3606もの場所に入ろう。まだ湖面はそんなに波立っていない。早速準備だ。あれっ、塩ビ管手前にいるのはOさんのような気がする。向こうも気が付いて手を振ってくれた。準備中Dscf3607ではあるがOさんの元へ。昨日は午前中はまあまあだったが、午後がダメ。今日もあまり良くないとの事。これは困ったが、今更他の池には行かない。釣り座に戻り、竿は11尺でバラグルセットの底。細いトップのウキで底を測りかけていたら、急に風が強くなった。ヤバイ、トップが見えない!あまり太いトップでも良くないし、ここはyurieさん作の中くらいの太さのトップのウキを使おう。しかぁ~し、風・波で餌落ちから底取りまで手間取ってしまい、開始は9時55分。結構大きめのウキなのでオモリを背負っている。それで風に負けず振れるのが嬉しい。が、やはりウキが見辛いので、偏光グラスを装着。これを状況によって付け外ししながら釣る。それにしても昨日同様岸辺でバシャバシャはたいている。こんな状況では餌を食っている暇はないかもね。さて、ウキの馴染み具合も予想通りだし、後はあたりが出るかどうか。すると、ウキがすぐに返すようになった気がして、10時を過ぎて返したウキがチクッと抜群のあたり!しかぁ~し、カラ。急いで餌を一回り小さくすると、じきに1匹目。サイDscf3608Dscf3609Dscf3610ズは日陰側ではこんなものか。すると、更にもう1匹。更に更に10時半を過ぎてもう1Dscf3611Dscf3612匹。更に2匹を追加して早くも第2目標クリア。風はやたらと向きを変え、まるで冬場のようにビュービュー状態だが、こりゃぁ爆釣ペース?しかぁ~し、ちょっと間が空く。ちょうど釣りを終えたI尾さんが、わざわざ状況報告に寄ってくれDscf3613た。今日はジャカゴに入り、尺半以上を4匹。残りもほとんど尺以上だったとの事。す、素晴らしい!と、話している間にあたり!やった6匹目。これはさっきまでとは違ってそこそこのサイズ。こんな近くでこのサイズが出るのは今だけしかないような気がする。日陰に入って良かったぁ(ジャカゴに行けばもっと?)。Dscf361410時台にはもう1匹追加して、早くも7匹。ただ、風がアゲンストになって、ウキが手前に流されるのが気になる。それでも11時を過ぎても状況に変わりはなく、ポツポツと11時半までに4匹を追加。第3目標も楽々クリアだ。しかぁ~し、岸辺のバシャバシャが聞こえなDscf3615Dscf3616Dscf3617Dscf3618Dscf3619くなり、グルテンの性(しょう)もなくなってくると、急にあたりが遠くなった。1匹を追加した後は、ウキを見つめる時間が長くなった。それでも後3投Dscf3620でグルテンがなくなるという12時少し前に、バッチリのあたりでどうやら「上がりべら」ゲットか?その後残ったバラケを揉んで両ダンゴもどきで打ってみたが、どうやらこれはまだダメなようで、12時10分に終了だ。結果、実釣2時間15分で13匹。グッドサイズも混じったので、まあ満足か。Dscf3621今日は宙もやりたかったのだが、この風では私のアームでは無理。終わろうかな。一旦休憩として、Oさんの元へ。段々サイズがアップして来たらしい。せっかく来たのだから続けるようにと言われ、それでは再度底でやってみよう。釣り座に戻り、まずは昼食。そして次の仕掛けは竿は9尺、餌はα21+わたグルの両グルテンだ(セットとバラケの2つの餌を作るのが面倒だからという突っ込みはご勘弁)。ウキの立つ位置が近くなったが、風・波は午前中よりひどくなったので、1回目より更に太いトップを採用。そして再開は12時43分。うわっ、太いトップのせいもあるかもしれないが、ウキが流れる流れる。左から右へドンブラコ。それDscf3622でも数投後、1時少し前にムズッと押さえるようなあたり!まさかと思いながらも合わせれば、嬉や早くも1匹目ゲット!しかもグッドサイズ。まさにこの時期ならではだ。さあどんどん行こう。しかぁ~し、やはりウキが流されると、シモリ等もあってウキの動きが良く分からない。返すのは何となく分かるが、あたりが出ているかどうかがサッパリ。1匹目のようなハッキリしたあたりを求めてしまうので、これはなかなか辛いですよ。更に1時半近くなって、湖面がやや穏やかになったその時、バッチリのあたり!これに合わせるが、少し遅れたのか沖に逃げられて竿を立てられずハリス切れ。ガクガクッ。急いで交換して打つと、何と第1投であDscf3623Dscf3624たり!そしてかかりました!サイズはグーンとダウンしたが、随分間が空いた気がしたので、これは嬉しいでしょう。更に次の1投でもあたり!時間的にもゴールデンタイムかな?しかぁ~し、再び風・波が強くなってアウト。そのまま2Dscf3625時。更に餌を打つだけの時間は続いたが、またも湖面が少しだけ穏やかになったかなと思える時のあたりで4匹目。そろそろグルテンも終わる。何とかもう1匹追加して第2目標まで行きたい(本当は両グルだけで7匹、トータルで20匹まで行きたい)。次第に餌付けが小さくなり、インターDscf3626バルも長めになってしまう。それでも2時半を過ぎて、「上がりべら」ゲット!何とか第2目標まで漕ぎ着けた。が、どうも後2匹の追加は無理だ。そして2時43分に餌が尽き、無念の終了となった。結果、実釣2時間ジャストで5匹。トータルでは実釣4時間15分で18匹。後半は悪条件のDscf3627中、私にしては頑張った方(甘~っ!)。ただ、ウキの選定と両グルという餌には再考の余地がありそうだ。片付け。ちょっと風・波が弱くなった気がしたが、単なる気のせい。再びビュービューとなったので、一安心だ(オイオイ)。片付けを終え、Oさんの元へ。ポツポツとあたりを拾っている状況。まだ続けるようだ。また宜しくとその場を離れ、駐車場に戻った。最近は崖?を上るのが今までにも増してキツク感じるようになった。単に足をかばっているからなのか、それとも衰えなのか。後者でない事を祈りながら池を後にした。
 
P.S.帰りがけにもう一度見たら、Oさんの車はちゃんと停まっていた。
 
今年は西の平が1回。後は全て増沢という変調
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 見事に返り討ち@増沢池 with Oさん | トップページ | 暖かいけど釣れないのでまたも早上がり@西の平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見事に返り討ち@増沢池 with Oさん | トップページ | 暖かいけど釣れないのでまたも早上がり@西の平 »