« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

宙は東ノ谷のようにはならない@増沢池 with 岡ジャミKさん

いよいよ5月も終わる。今月はGWもあったせいか(私にはノー・ビジネスだが)、ほぼ2日に1回竿を出した計算になる。そんな訳で、今日も増沢詣で。かなり出だしが遅れ、駐車場着は10時頃か。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、日向側には階段下から深場に向かって5人くらい。へら師の大半は日陰側整地された辺りだが、私が入りたいいつもの場所には先客。更に柳の木の奥にも2人。それでは旧爆釣ポイントにでも入ろDscf4071う。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。先客に挨拶して、さあ準備だ。前回11尺でウキが遠かったので、今日は9尺。もちろん底から。餌は真底単体。あっ、対面坂の下にHRさんとUさんだ。こちら側に入れないので、わざと向こうに行ったのかな。さて、底も取れ、開始は10時29分。ウキが近くなった分、細いトップのものを採用したので、果たして前回とは違う状況になるか?既に風・波は出ているが、涼しくて快感。あとは結果だけ?すると、数投でいきなり馴染んだウキがグッと入った!慌てて合わせるがカラ。これは好結果の予感か?しかぁ~し、その後は何と前回と同じような、馴染んだウキがすぐに返すが、そこから先がジリジリする状況に。柳の木の奥の2人はウキが曲がっている(あとで宙だと分かった)が、私の右の先客は底で難儀している様子。こりゃぁ前回と同じ轍を踏むのか。しばらくすると、返したウキが小さく動くようになるが、これがどうもあたりではないらしく、合わせても合わせてもカラ。まさかブルーではないだろうな。じきに11時を迎える。Kさんがやって来て、岡ジャミ。昨日はmasaさんと鳳来で並んで竿を出したらしい。詳細はmasaさんのブログで御確認のほどを。しばらく見ていたが、どうも釣れそうにないと踏んだのか、奥の整地された辺りへ行った。上空雲が多くなったせいか、白波になってウキの視認性が悪化するが、へらにとっては警戒心が薄れたかもね。それが証拠には、それからじきにウキが入ったように見えて合わせると、Dscf4072Dscf4073Dscf4074やった掛かりましたよ!おおっ、サイズもまあまではないか。11時半までにもう2匹追加して、雰囲気はまさに前回並み。でも、今日はジリジリはいいので、結果が欲しいところ。すると、何となくウキの余計な動きが収まって来た気がして(個人の感想にすぎませDscf4075Dscf4076Dscf4077Dscf4078ん)、12時のサイレンが鳴るまでに何と4匹を追加。ただしサイズは放流チックになってしまった。何だろう、へらのサイズがまあまあの時の方がウキの動きが悪いなんて。奥の方にいたKさんが戻って来て、遠くで私が竿を曲げるのを見たと言う。ボチボチですと答えるが、それからKさんが背後で見ている少しの間には数を増やせなかった。残念。Kさんが帰り、餌も残りわずか。とりあえず第2目標はクリア出来たので、まあまあと言ったところか(宙はさておいて、底は右隣もそうであるように難しい状況)。更に12時半近くなって、雨がパラパラ。Dscf4079Dscf4080遠くで雷も聞こえる。ヤバイ、終わらないとマズイかな。と、何故かあたりが復活して、ポツポツと2匹を追加。こうなると第3目標への欲が出るが、残念何もなく12時38分に終了だ。結果、底では実釣2時間10分弱で9匹。どうも真底Dscf4081が気になるので、次回は餌を夏・冬・マッハに戻してやってみよう。右隣は雨をこれ幸いと終わるようだ。私には雨は止むから続けるように言って帰った。どうしようかな。宙をやって終わろうか。ひょっとして東ノ谷みたいになるかも、と極甘の予想が頭の中を巡り、パラパラ雨の中続行を決める。その前に昼食。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は特S:凄麩を2:3。「たな」は1本と東ノ谷とほぼ同じ仕様での再開は12時55分。まずはウキを馴染ませる。Dscf4082Dscf4083すると、1時を過ぎてウキがモヤモヤ。そしてスパッというあたりが出て早くも1匹目。そうそう、こんな感じで行けば2桁は軽そうなんだけど。その後もウキはモヤモヤが続き、スパッというあたりで1時半までにもう1匹。何となく違うようDscf4084な気がするが、今のところはこんなものでは?1時半を過ぎて3匹目。う~ん、だんだんあたりが出なくなって来たぞ。こりゃぁ全く違うなぁ。気が付くと雨は上がり日が差している。ただ、まだ安心は出来ない。すると、やはりと言うかカラツンのご登場だ。東ノ谷でも出たが、こちらも感じが違う。餌に手水とグルグル。しかぁ~し、カラツンは止まず、消し込んでも消し込んでもカラ。柳の木の奥はあたりが出なくなって来たと言っている。状況も渋くはなって来ているようだ。東ノ谷ではガツガツした連中が多かったが、こちらはお上品に澄ましているのか?ただ、奥があたりが出にくい状況なのに対して、こちらはウキが消し込むのに掛からない。2時を過ぎても状況は変わらず。対面Uさんは帰り、HRさんも時間差で帰った。そろそろGTが来ても良さそうなのに、何だこれは。相変わらずスパッ!でカラ。何度かバラシはあったが、1時間近く何も釣れない状況。奥の2人はそれでもたまに竿が曲がDscf4085るが、私は「あっ!」と言う声を池に響かせるばかり(トホホ)。2時半近くなって、やっとスパッ!で掛かったが、サイズは放流。でも、この状況で文句は言えません。一応第2目標にリーチ。でも達成は難しそうだ。2時半を過ぎ、そろそろ餌が終わる。やはり東ノ谷のように釣るのは無理か。対面へら師は残り少なくなった。こちらは整地された辺りに常連さんが頑張っている。柳の木の奥の2人は餌が尽きたと言って終了。私もどうやらこれで終了となるか。と、何故Dscf4086かスパッ!に掛かって第2目標クリア。GTに近付いたせいかな。何とかもう1匹と気持ちだけは前向き?だが、餌が尽きて終了は2時46分。結果、宙では実釣1時間50分で5匹。水中の様子は見えないが、東ノ谷ほどには寄らなかったのかも。トータルでは実釣4時間で14匹。今日はこDscf4087んなところで勘弁してやろう(トホホ・・・)。先に片付けを終えた奥の2人も帰ったが、池の雰囲気はまだこれから。でも騙されないぞ。片付けを終え、駐車場に戻る。途中バランスを崩しそうになったが、大丈夫OKOK。さあ、さっさと帰ろう。いや、今日もベイシアに寄らなくては。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
途中で寝てしまい、月をまたいでの更新になってしまった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月30日 (金)

連続してヘラブナ釣りの番組

24日の「夢釣行~一魚一会の旅」で伊藤さとしさんが、今日の「フィッシング倶楽部」で熊谷充さんが、それぞれ乗っ込み対応のヘラブナ釣りを見せてくれた。
本当はもう少し詳しくとか言いたいが、30分番組(しかも単発)にそれを求めるのは酷なのかも。
あとは放送の時期。今日なんかまだ桜満開(しかも九州)だったもんね。これを観てさあ行こうとは思えないもどかしさよ。
まあ、著名人の釣りが観れて良かったという程度なのかな。
 
ここをポチッと宜しく。ホントに
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年5月29日 (木)

ジリジリと焦らされ、痺れる時間を堪能だ@増沢池 with Oさん and 岡ジャミKさん

Dscf4059今日は午後から通院なので、午前中しか時間がない。また2日連続してズバッという消し込みも満喫したので、ここは底で小さなあたりを拾う釣りがしたい。と言う事で、やって来たのは増沢。OさんとKさんの車を見つけたが、はてさて何処に入っているのだろう。急いで車から荷物を降ろして池に向かうと、旧爆釣ポイントと柳の木の置くには先客。その更に奥の塩ビ管手前にはOさんだ。いつもの場所に荷物を置き、先客に挨拶しながらOさんの元へ。昨日は斧でノーあたりだが、バスは釣れたらしい。今日もポツポツ釣れているとの事。私も底釣りの醍醐味を味Dscf4060わえるかな。先客2人の竿も曲がっているので、期待出来そうだ。釣り座に戻り、さあ準備しよう。竿は11尺。餌は真底単体。遅くとも1時には終われるような量を作ったつもり。風・波が出ていて底取りはちょっと手間取ったが、開始は9時33分。あれっ、馴染みが出ない(オイオイ)。微調して再開すると、何と言う事でしょう、第1投からウキが返したではないか。これはやる気が出ますよ。しかぁ~し、そこから更にウキが返して餌落ちまで行き、それでお終い。その後もそれの繰り返し。餌が持たないのか?ウキの動きはその後も変わらず、着底してすぐに返すが、そこからがない。いやぁ、焦れるなぁ。もちろんウキ下の微調やら餌の付け方等やれる事はやってみるが、難しい(ハリス長の変更はしませんでしたが、何か)。早くも10時。先客はビシビシ合わせているが、次第にバラシが多くなった感じ。早く1匹釣らないと、最悪凸も予想出来る。そう言えばOさんから、へらは上にいると聞いた事を思い出したが、餌はたっぷりあるので宙はやりません。釣れなくても底を通す。ジリジリとウキの返しを見ながら、あたれあたれと祈る(声に出ていたかも)この感じ、止められまへんなぁ。すると、10時を過ぎてじきにウキに動きが。反射Dscf4061的に合わせると、やった掛かりました!これこれ、これですよ。ジリジリした後のチクッ。しかぁ~し、その後は再び元の木阿弥状態に。そこで、開始1時間近くなったところで再度底取り。合ってましたが、確認した事による安心感が違う。すると、10時半を過ぎて、フワッと返したウキがチDscf4062クッ!何でこれが今まで出なかったんだ。サイズも30cmくらいはあるぞ。ホント、やれやれだ。と、所在が不明だったKさんが何処からかやって来た。今日は竿を出さないらしい。しばらく見ていたが、どうやら釣れそうにないと見切ったのか、Oさんの方へ行った。さて、その後も数少ないあたりらしきウキの動きに積極的に合わせて行くが、カラもしくはバラシ。クーッ、痺れるなぁ。最早数を釣るなんて事より、ウキの動きに翻弄されている自分に快感だ。まさに自虐的。早くも11時。釣れないと時間が経つのが早くなる。更に時間は進み、相変わらずジリジリした気持ちは続く。また糸トンボも来てウキの動きを制限するが、こちらは快感とはならない。11時半近くなって、返したウキが再び馴染んだが、良く見るとトンボ。Dscf4063竿を引いて追い払おうとしたその時に、ウキが入った!竿を引いた腕を咄嗟に上げる変な動きでも、やった掛かりました!サイズ的にはちょっとダウンしたが、贅沢は敵。幾ら釣れなくてもとは言っても、やはり釣れた方がいいでしょう。ほぼ1時間近く釣れなかったので、う、嬉しかぁ。するDscf4064Dscf4065と、しばらくして今度は返したウキがすぐさまチクッ。今日一番のあたりでやった4匹目。更には「かかってます」も出て、最初の1時間では思いもしなかった第2目標まで達成するとは。何故急にウキの動きが良くなったのかは不明だが、喜んだのも束の間。再び最初のような状態に戻る。先客は全く釣れなくなり、かかったと思えばバラシまたはハリス切れ。柳の木の奥はそれでも釣れているようだが、竿が曲がる頻度は確実に減っている。Oさんの様子は不明。いよいよ12時近くなった。ここまで釣れたので充分なのか。いや、ウキに動きがある以上、餌を打ち切るまで頑張るDscf4066ぞ。すると、極小さなあたりで6匹目。サイズは完全に放流になったが、へらが入れ替わった感じでウキの動きも戻り、隣も竿が曲がった。最初のグッドサイズからややダウンした型、そして今の放流と3段階でへらの入れ替えがあったみたいだ。12時のサイレンが鳴り、餌もそろそろ尽きる。ウキはまだ動いてはいるが、今度こそ終了のサインか。しかぁ~し、バラシも出たりして、まだいけそうな雰囲気。最後まで諦めてはいけないと言う事だ。すると、またも返したウキが入り、トンボと分かって追い払おうとしたらチクッ!で7匹目。更に連荘で2匹Dscf4067Dscf4068Dscf4069をゲットし、何と第3目標にリーチまでなったではないか。餌はあと数投分しか残っていないが、何となく行けそうな感じ。しかぁ~し、ウキは動いても掛からず、12時30分に餌が尽きて終了。結果、実釣3時間(予定通り)で9匹。途中から雑念が出てしまったが、あのジリジリする感じを堪能出来たので良かったと言えるだろう。片付け。日陰側とDscf4070言うだけあって傘が不要。これは楽だった。風も湖面を荒らしたが、体感温度をグッと下げてくれたので、良かった良かった。片付けを終え、Oさんの元へ行くと、途中入れパクになったとの事。う、裏山鹿~。今後はKさんと鳳来に詣でる予定らしいが、減水が進んでいるのでどうだろう(データを見たら90%近くに回復していた)。また宜しくとその場を離れ、先客にも挨拶して駐車場に戻る。いやぁ、来て良かったなぁ。何だか久し振りに底釣りを堪能した気分だ(月曜にここでやったばかりなのに)。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
ここをポチッと押していただけるとありがたいです
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年5月28日 (水)

前半はまあまあ、後半は強い風で@東ノ谷 & 奥池の様子

アクシデントにもめげず、今日も東ノ谷。昨夜は早く寝てしまったので、今朝は起きてすぐにハリス巻き。大体8時過ぎくらいには出発だ。今日は余計な寄り道なしで到着。そしDscf4028て前回と同じ場所に入る。竿はこれまた釣りを始めた頃に買ったグラスの振り出し9尺。餌は特S:凄麩を2:3。「たな」は適当(多分1本くらい)で、開始は9時18分。すると、すぐにやる気のない連中が口パクを始めるが、今日もこれを狙う訳ではありません。水が綺麗なせいで、こいつらが落ちて行く餌には見向きもしない事は一目瞭然。ただたDscf4029だ、おこぼれをパクパクするだけ。その下にいる食い気のある奴らを狙って、開始10分しないうちに1匹目をゲットするが、その後は前回のようなズバッ!ズバッ!がなかなか出ない。餌のせいなのか、初めて使う仕掛け(ウキ・ハリス長など)のせいなのか。それでも9時台には計5匹をゲッDscf4030Dscf4031Dscf4032Dscf4033ト出来、早くも?第2目標クリア。今日は前回のようなトラブルは一切なし。ジャミも群れの中にはいるが全く掛かって来ず、非常に順調に釣りが出来てストレスも溜まらない(あとは釣れるだけ)。こりゃぁ来て良かったなぁ。10時を過ぎても順調に釣れ続くかと思ったが、3匹を追加した後に突然カラとスレバラシを連発。終了後に調べたら、時間にすれば20分程度だったが、かなDscf4034Dscf4035Dscf4036り焦った。餌を手直し(手水とグルグル)して対応したら、再び釣れるようになって10時Dscf4037Dscf4038Dscf4039Dscf4040台には4匹を追加して、とりあえずは第3目標クリアとなった。が、前回よりはペースは落ちている。贅沢な悩みかもしれないが、もっと釣れる筈と欲張ってしまう。が、特に何かする訳でもないので、その後もポツーリポツリ。最初は傘なしで頑張っていたが、どんどん暑くなってギヴ・アップ。やはり傘は必須でしょう。さて、私の左と階段状堰堤に1人ずつ入っている。もちろDscf4041Dscf4042Dscf4043Dscf4044ん新東名橋の下は常連さん。そこに割って入るのはかなり難しそうだ。結局餌が尽きた11時半までに4匹を追加して、一旦終了。結果、前半は実釣2時間10分で16匹。ほDscf4045ぼ前回並みとなった。まあまあでしょう。休憩して、ちょっと早めの昼食とトイレタイム。そして再開は11時40分。餌は前回と同じ特S:マッハを2:3。しかぁ~し、急に風が強くなった。これは厳しい。傘も吹っ飛びそうだし、何より仕掛けが軽くて思うように振り込めず、また空合わせの後もも凧揚げ状態で仕掛けがなかなか掴めなくなってしまう。そんな中、左隣が竿を曲げるようになった。私が休んでいる間にへらが移動してしまったのか?再開するが、最初のあたりで掛かってきたのは、ガッDscf4046クリジャミでした。しかも、しばらくしてまたもジャミ。へらは何処か(おそらくは隣)に行ってしまった?1時前にかろうじて1匹をゲットするが、強風で仕掛けの扱いもままならず、またウキの動きも良く分からず、堪り兼ねてウキを交換する事に。オモリをもう少し背負い、太いトップで視認性もアップさせてみた(あたりが大きいので太いトップでも多分OK)。「たな」も最初は浅めにしてみたが、良くないので深めに。すると、12時半を過ぎてようやくあたりが見え(ウキが見Dscf4047Dscf4048Dscf4049Dscf4050Dscf4051えなくなるだけですが、何か)、1時までに5匹を追加。ウキが見えなくなれば半分以上は掛かっている感じ(あくまで個人の感想ですが)。1時を過ぎても調子は落ちず、ポツポツと4匹を追加すれば、あら嬉や後半だけでも第3目標Dscf4052Dscf4053Dscf4054Dscf4055達成だ。強風でも釣れるんだと感動。しかぁ~し、ここから今日初めての仕掛けトラブル。何とハリス切れ連発(合わせ切れではありませんよ。念のため)だ。多分スレているんだろうなぁ。どうやらこれで今日の釣りは終わりかも。1時半を過ぎて1匹追加するが、これが結果的には「上がりDscf4056べら」となった。1時50分に餌が尽きて終了。結果、後半は実釣2時間10分で11匹。12時からのウキ交換を含む30分間の空白が痛かった。トータルでは実釣4時間20分で27匹。昨日と同じく爆釣ではないが、特に後半は自分なりに良くやったと自画自賛して片付け。まずは傘。あDscf4057れっ、あれだけビュービューだった風がいきなり収まってきたぞ。オイオイ、ここでも私は「風を呼ぶ男」なのか。でも今更やりませんよ。片付けを終え、隣に挨拶して車に戻る。釣り場と車が近いって本当にいいなぁ。さあ帰ろう。おっと、せっかくここまで来たのだし、昨日はショックで思いつかなかったが、奥池の様子を見に行ってみようかな。奥池、久し振りだ。へら師は堰堤左端と右の桟橋?に1人ずつ。いかにも暑そうだが、風・波はない。帰りに東ノ谷(3番Dscf4058池とも言うようだ)を見たが、穏やかになっていて、私の左隣だった人が竿を曲げている。ちょっと寂しいが、仕方ない。そろそろと家路に着いた。
 
もう少し通うか、それとも奥池で底釣り?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

良く眠れるか

Docu0010テレビで散々CMが流れているので気になってはいたが、先日折込広告で安価な試供品があったので、新し物好きな私はすぐに飛びついた。
昨日届いたので、夜ハリスを巻こうと思っていたが、それよりこちらと早速飲んで寝てみた。さて、効果のほどは?もう少し続けてみないと分からないなぁ(6日分ある)。
 
試供品でも一袋100円以上する。結構高いよ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

2014年5月27日 (火)

「福みつ」で昼食

この記事は、一つ前の記事の続きです。
 
152を南下して六間道路を東に向かい、橋を超えてすぐに左折すれば「福みつ」。1時を過ぎているのですぐに入れた。定食の中を注文。
P1000074P1000075熱々を口に頬張り、う~ん、マンダム。じゃなかった満足ぅ~。憂鬱さも何処かに吹っ飛んだか。途中雑誌を見ながら食べてしまったので少し冷めてしまい、美味しさはやや減ってしまった。やはり熱いうちに食べないとね。この店も消費税増税分より少し上乗せ分がある感じだが、10円未満は仕方ないか。腹パンパンになって(食べなくてもそうだろうと言う突っ込みはナシよ)、1170円を支払い。さわやかのげんこつハンバーグも良いが、たまにはこの餃子もいける。さて、帰りにJ州屋に寄って小物でも買うとするか。のそのそと帰路に着いた。
 
穂先だけでも何とかしなければ
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

ショックな出来事2連発@東ノ谷

今日は雨上がりで斧も考えたが、ここは昨日断念した東ノ谷に行ってみよう。出発は8時過ぎくらいか。ちょうど出勤時間帯と重なったのか、テクノロードは混雑。そうだ、前回この辺りを通った時に気になった「まつはら」の再確認をしなければ。途中看板はそのまDscf4004まだったが、やっぱり閉店していた。残念だ。さあ急ごう。しかぁ~し、急に腹の具合Dscf4005が・・・。仕方なく西ノ谷から北上して森林公園の第7駐車場へ。そこで不定期便。随分時間を使ってしまった。池に着いたのは9時頃か。へら師はやはり新東名の橋の下に集まっている。古い池の方にはバサー1人。どうしようかな。階段状堰Dscf4006
Dscf4007堤に入ろうかとも考えたが、ここはそこから少し左に外れた、平らになっているところに入ろう。雨の後で蒸し暑く、釣り台をセットするのもしんどい。傘も必須だ。さて、竿は9尺で宙(しか選択肢がない?)。餌は特S:マッハを2:3。「たな」1本での開始は9時25分。すると、第1投からウキが消し込んだ。ゲゲッ、早くもジャミ登場か。しかぁ~し、2投目には口をパクパクさせたへらがどっと寄って来るのが見えて、嬉しいやら悲しいやら。9時半を過ぎてじきにズバッという消し込みで1匹目。続いて2匹目もズバッ。連荘Dscf4008Dscf4009Dscf4010で3匹目。この池はサイズが小さいという印象だが、痩せてはいるけどまあまあだ。こんな簡単でいいのか?しかぁ~し、好調になりかかると、必ず反動がある。更にズバッ!でやった4匹目か?うわっ、凄い引き。懸命に堪えていたら、突然ズボッと言う音と共に、手応えが消えた。ハリス切れ?ん、仕掛けがなくなった?ゲゲッ、穂先が抜かれている(ガクガクッ)。もう2度とお目にかかる事はないだろう。しばし呆然。もう帰ってもいいが、ここは滅多に来ないので、もう少しやろう。気分はどん底だが、9尺の竿は昔買った振り出しがあるので、それでやろう。仕掛けとウキは新しくするけれど。暑さとショックとで、かなりイライラしながら現場施工。ウキの立ちが気に入らないが、再開は10時15分。しかぁ~し、数投後あたりに合わせたら、何処かでグシャッと言う音が。何だ何だ、今度は何がどうしたんだ。竿をじーっと見ると、ガックリ今度は竿元の差込口の下のところが裂けているではないか。幾ら安物と言っても、この壊れ方はないだろう。ショック第2弾。もう止めよう。気分は最悪だ。いや、餌がまだしこたま残っている。これを捨てて帰る訳にはいかない。ここまで、普段なら癇癪の爆発が起こっていても不思議ではないのだが、最近は鈍感になったのか、黙々と続行。竿は7尺にして、餌落ち目盛から測り直し、再開は10時35分。開始から1時間以上経ってしまった。相変わらず、餌打ちするとやる気のない奴らが口をパクパクさせてくるが、そいつらに食わせるタンメンはねぇ~っ!その層を通り越した下にいる筈のグッドなサイズを狙うぞ。しかぁ~し、最初のあたりで今度はハリス切れ。マグマは噴火寸前だが、何故か黙々とハリス交換。そしDscf4011Dscf4012Dscf4014て、10時45分過ぎに1匹目ゲット。その後ジャミ(ハヤ)を挟みながらも10時台には2匹を追加。とりあえずトータルでの第2目標はクリア出来た。ただ、あまり嬉しくないのは何故だ。11時頃1人やって来て、私の左に入った。さて、当然ながらウキの動きは止まDscf4015Dscf4016Dscf4017らず、何とダブルも出てポツポツと4匹を追加し、第3目標も難なくクリアするが、何故かしら穴が開く時間帯があって、しばらくは釣れず。11時半過ぎからウキの動きは復活すDscf4018Dscf4019Dscf4020Dscf4021るが、よくよく見ると、群れにはジャミも混ざっているではないか。斜めに入る消し込みは多分こいつらで、へらの合間にポツポツと。意外とグッドサイズだし、タナゴのような婚姻色も出ている。12時のサイレンが聞こえてくるまでに4匹を追加。本来ならもっと釣れていておかしくないが、私のアームではこんなものか。あたりが出ているので、ハリス長とか餌のタッチとかにも気が廻らなかった。12時を過ぎて、ようやく餌があと少しで尽きそうだ。ここで、「たな」をグッと縮めてみる。カッツケ(ウキ下50cm以下?)の練習も兼ねて。ただ、ハリスはそのままなので、バランスは多分良くなかっただろう。それでもウキが馴染んでからのあたりはDscf4022Dscf4023Dscf4024Dscf4025Dscf4026出て(カッツケじゃぁないじゃん?)、12時32分の終了までに5匹を追加。結果、実釣2時間20分(トラブル対応含まず)で19匹。爆釣とは言えないが、まあまあ楽しめた。ただ、ショックからは抜け出せていない。片付け。見ると隣も片付けているではないか。時々チラッと見ると竿が曲がっていたので、釣れてはいたDscf4027のだろう。本当は餌を作り変えて続行する腹積もりだったのだが、トラブルでそんな気持ちにもなれない。隣は私より早く片付けを終え、さっさと帰っていった。私は我慢していた用を足し、車の向きを変える。そろそろ1時。昼飯はどうしようかな。そうだ、モヤモヤした気分を吹き飛ばすため、久し振りに「福みつ」にでも行ってみよう。そろそろと池を後にした。- to be continued ! -

不要な9尺竿のある方、引き取りに伺わせていただきます
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (5)

2014年5月26日 (月)

雨で予定変更。短時間の釣り@増沢池 with Y川さん、Kさん and 早上がりのmasaさん

今日は東ノ谷にでも行ってみようと思っていたが、天気が芳しくない。午後3時には雨の予報だ。そこで、往復が楽で短時間出来ると言えば、増沢しかないでしょう。8時半頃出発。昼過ぎには終わるつもりなので、昼食の用意はなし。駐車場に着くと、masaさんが車から荷物を降ろしているところ。駐車してから、まずは挨拶。土日が鳳来で3連荘との事。Y川さんのバイクも見える。masaさんはキャリアを引いて行ったので、日向側にでも入るんだろうか。荷物を降ろして池に向かうと、対面へら師はゼロ。こちら側は柳の木のDscf3986Dscf3985奥にKさんハケーン!更にその奥、Oさんのいつもの場所である塩ビ管手前にはY川さん。いつもの場所に荷物を置いて、まずはY川さんに挨拶。昨日はバイクで鳳来まで行ったというから素晴らしい。今日は12尺で底。Kさんは7尺でトロ掛け。私が下りて来た時にも竿が曲がっていた。今日はへら師が少ないので、すぐに竿が曲がると早くもプレッシャーをかけてくる。確かに整地された辺りにも2人しかいない。あっ、masaさんが対面ダム?そばにいる。曇ってはいるが、結構きついと思うよ。さて、釣り座に戻って準Dscf3987備だ。既に湖面には波。上空曇っているので、白波とのコントラストでウキの視認性がかなり悪そうだ。そこで、底は止めて宙から入る事にする。竿は9尺、餌は特S単体。袋に書いてあるとおりに作り、「たな」1本での開始は9時7分だ。すると、10投くらいでウキがモヤモヤ。そして消し込みも出るようになるが、いずれもカラ。見ると、Y川さんもKさDscf3988んも竿が曲がっている。何となく追い込まれた感じで、早くもビビる大木。それでもスパッというあたりで1匹目。サイズもそこそこだし、まずはホッ。更に9時半を過ぎてもう1匹。一気にサイズダウンしたが、まあまあ我慢の範疇だ(やけに上から目線)。しかぁ~し、ここから何故かウキのDscf3989動きがなくなる。最初に餌を練り過ぎたのかな。いや、書いてあるように作っただけなんだが。ブツブツ言いながら続行するが、すぐに10時。masaさんの様子は分からないが、相変わらずY川さんとKさんの竿は曲がっているように思える。私に出来る事はやったつもりだが、状況は好転しDscf3990Dscf3991ない。が、余所見をしていたらウキを見失って3匹目(トホホ)。続いて10時半を過ぎ、餌がそろそろ尽きる頃になって4匹目。こうなるともう1匹釣って第2目標をと欲が出るが、残念何もなく10時38分に終了だ。結果、特Sでは実釣1時間半で4匹。ちょっと寂しい結果となった。Kさんのところに行って状況を訊くと、Dscf399240cmくらいが2匹出たとの事。え~っ、私の方は一番大きくてギリギリ30cmあるかないかなんですけど・・・。トホホで釣り座に戻る。さあ、次は「凄麩」をおろすぞ。しかぁ~し、初めて袋の裏を見たら、単体では使わないような事が書いてあるではないか。そうなの?そこで、良いかどうかは分からないが、凄麩:特Sを3:2で作る(何故特Sなのかは皆さん既にご承知ですよね)。特に押し練りなどせず、そのままをつまんで付けての再開は10時45分。最初の特Sの時よりかなりボソボソだ。しかぁ~し、それでも数投でウキに動きが。ただ、なかDscf3993なかあたりにはならず、じきに11時。何とか1匹は釣ってトータルでの第2目標までは持っていきたいが、それも難しい?それでもグッと力強く入るあたりで1匹目。やれやれ。しかぁ~し、風・波が強くなって仕掛けを振り難くなるし、更にウキの小さな動きもほぼ見えなくなった。これはアウトDscf3994Dscf3995か。ただ、何故かは分からないがあたりに合って2匹目。餌のタッチは最初の頃よりは柔らかくなっている(個人の感想です)が、粘りも出さないと餌が持たない。11時半を過ぎて3匹目。ここで一旦「たな」を1本半にしてみるが、変わりなく元に戻す。すると、時合なのかあたりが明確になってきて、12時のサイレンが鳴Dscf3996Dscf3997Dscf3998るまでに3匹を追加して、後半だけでの第2目標クリアに加えて、何と思いもしなかったトータルでの第3目標まで漕ぎ着けたぞ。こうなると、次は凄麩だけでの第3目標が見えてくるが、もちろんそんなに甘くないのが増沢。雨はまだ来ないが、風・波が強くなってウキの視認性は更に悪化。こうなると小さなあたりは考えないようにする。とにかくウキが消えるようなあたりだけを期待して餌打ち。そしてポツポツとあたりを拾えば、何とDscf3999Dscf4001Dscf400212時半までに3匹を追加出来て、後半だけで第3目標にリーチとなった。が、ウキの動きはあってもなかなかかからず、最後の1投もカラで12時38分に終了だ。結果、後半では実釣1時間50分超で9匹。トータルでは実釣3時間20分超で13匹。前半に思い描いていた(この頃はトホホ)よりは良い数字になったが、サイズはパッとしなかった。片Dscf4003付け。見ると、KさんもY川さんも片付けているではないか。やはり雨が気になるのか。片付けを終え、Kさんは整地された辺りにいる知り合いのところにいるので、Y川さんに状況を訊くと、12、3匹は釣ったとの事。ただ、私と同じでKさんのようなグーなサイズはなかった。あれっ、masaさんの姿がない。いつ帰ったんだろう。Y川さんにはまた次回宜しくと言って釣り座に戻り、駐車場へ。さあ帰るとするか。雨に降られなかっただけでも良かったとしなければ。荷物を積み、ベイシアへと車を走らせた。
 
ホント、ここをポチッと押していただけるとありがたい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月24日 (土)

「雪の女王」と「ぶどう畑のあの男」を観ている

Snow_queen「雪の女王」と言っても、レリゴーではありません。かつて韓流ブーム華やかなりし頃に何度も放映された、ヒョンビンさんとソン・ユリさんのドラマですよ。それが今頃になってまた再放送されているのだ。王道の韓国ドラマで観易いのがいい。ソン・ユリさん演じる高慢な女にM男はメロメロ?
Budobatake「ぶどう畑のあの男」は、私のご贔屓のユン・ウネさんが主演している。これは設定がいい。オ・マンソクさんも好演。
もう一つ、チェ・ジョンユンさん主演の「天使の選択」も再放送されているが、これはまあいいや。コ・ナウンさんが敵役で好演しているが、観てるとちょっと疲れるから。
 
これはコメントが付かないだろうなぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年5月23日 (金)

予想通りの展開@斧

昨夜夢を見た。斧で第1投からあたり!そして尺7寸(50cmオーバー!)をゲットだ。更に次の餌打ちでまたもあたり!そして尺6寸。更に次々と・・・。これを正夢にすべく出掛けましたよ斧。しかぁ~し、逆夢も考えて昼食は抜き。飲み物だけ買って到着は9時頃。さてさてOさんが38cmを出した、ガードレールとフェンスの間はどうかな?あっ、草ぼうぼうではないか。何となく嫌になって、ハシゴを登るはめになる。手荷物はリュックだけにして、慎重にエッチラオッチラ。ゲゲッ、入るつもりの青い台までも草ぼうぼう。右の台Dscf3981ならすっと入れそうだ。と言う事で、予定の変更の変更で一件落着。Oさんから、足場は大丈夫でも板が危ないと言われているので、こちらも慎重に荷物を置く。さあ準備しよDscf3982う。竿は15尺で多分底が取れるだろう。餌は両ダンゴと迷ったが、やはりバラグルセットでしょう。ゲゲッPART2、仕掛けが作りたてになっている。仕方なく餌落ち目盛から。なかなか始められないなぁ。竿先からウキまで50cmくらい。何とかセット出来ての開始は9時58分。あっ、対面に1人入っているではないか。私の準備中に来たんだろう。さて、上空雲が多いが雨はないとの予報。でも、このくらいの方が風もあって涼しい。予定としては3時間、1時が終了の目安だ。さて、まさか夢が叶うとは真面目に考えている訳でもない(オイオイ)ので、そんなにすぐにはウキは動かないでしょう。しかぁ~し、数投でウキが返した。しかも、何かそれなりの返し方で、何となくへらがいるのではと思わせぶりだ。もちろんその後がある筈もなく、竿先と道糸が絡んだり、ハリスがグシャグシャになったり(今日は何故か癇癪なし。根性で何度も解いた)しながらも餌打ちを続ける。気が付けば11時。ウキを見過ぎなのか餌の消費が少ないようだ。これでは1時に終われない。両グルにしてウキの動きを見るが、さわりなど一向に出ない。ウキ下の微調やら餌付けの大小などやってみるが、遂に遠くから12時のサイレン。早くも2時間が経過してしまった。ちょっと雨が来たが、傘は不要。確かに時折フワッという感じ(あくまで個人の感想です)でウキが返すように思えるのだが、誘っても誘ってもつれないお方。開始直後にはバサーも1人いたが、いつの間にか帰ってしまった。移動が楽な釣り、裏山鹿~。その後も特に何かある訳でもなく、それでも気力がなくなる事もなく、地道に餌打ちを続ける私。でも、1時近くなって、何となくウキに動きが出てきたような気がして(あくまで個人の感想ですよPART2)、試しにバラケを小さく両ダンゴ風に付けて打ってみると、馴染んですぐにチクチクッというDscf3983あたり?やった、これしかない!と合わせれば、かかりました!尺7寸・・・。しかぁ~し、すぐに引きがなくなると言えば、お約束の亀。ガクガクッ。ちゃんとセンター・インしている。悔しかぁ~。さっさとご退場願い、かなり気落ちして続行だ。1時を過ぎ、対面が終わった。私より後に来て先に帰るのだから、3時間はやらなかっただろう。私は既に3時間。でも餌がまだある。実は腹ぺこぺこで集中力も途切れ勝ちになっているのだ。早く打ち切って終わろう。すると、それを見透かすかのように怪しげなウキの動きが。馴染みながら1目盛上下したではないか。何かいる?もう一度集中力を奮い立たせるが、残念何もなく1時41分に餌を打ち切って無念の終了だ。結Dscf3984果、実釣3時間40分弱でデコポン。片付け。この池、景色だけはいいんだけど見掛け倒しだ。もう来ないぞ(まだ来ますけど、何か)。片付けを終え、車に戻る。ハシゴは注意に注意を重ねて。あ~あ、疲れたなぁ。さっさと帰ろう。時間帯が悪くて、多くの店は昼の営業を終えているだろう。でも何処かで何か腹に入れたい。と言う事で、姫街道食堂へと車を走らせた。
 
亀でも釣れて良かったとするか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月22日 (木)

斧と猫の話

今日は風が強いので竿を出すのは止めた。そうそう、一昨日Oさんが斧で1枚出したようだ。38cm。ネヴァー・ギヴアップの賜物。いつもとは違って、フェンスとガードレールの間に入っていたと岡ジャミに行ったKさんから聞いたが、いずれにせよ素晴らしい。私もそこなら入れそうだ。そろそろ行く?
さて、飼い猫が子供を犬から救った映像がテレビでも流れた。久し振りにいい話を見た。


 
猫っていいなぁ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年5月20日 (火)

底はそこそこ宙でガックリ@増沢池 with 岡ジャミKさん and ブログ読者の方

金曜以来間が空いてしまったが、今日は曇りで風も弱いとの予報。これは出掛けなくてはいけません。Oさんに今日は何処にとメールしたら、予想通り斧だったが、私は何処へと言えば増沢しかないでしょう。相変わらず家でグズグズしていたので、出発は9時過ぎ。駐車場には既に多くの車が停まっていて、Kさんの車もあるが、へら師はどうかな?急いで荷物を降ろして池に向かうと、1人先客が私のいつもの場所辺りで釣り座を決めかねているところ。まずは挨拶。先客はかつてOT氏が良く入ったところに入った。Dscf3957旧爆釣ポイントやら、Kさんのお気に入り柳の木の奥も空いているので、先客のすぐそばのいつもの場所には入りにくい。私は一旦柳の木の奥に荷物を運んで釣り台まで出したが、今日は11尺を振ろうと思っていたので、この場所はマズイ事に気付き、慌てて旧爆釣ポイントに移動。汗。頭上の木の枝が気になるが、バラさなければいいんでしょうと居直って準備開始だ。竿はもちろん11尺で底。餌はいつものダンゴ。曇っていて風も弱く、湖面はほぼ凪。抜群のコンディションだが、果たしてウキは動くか?ささっと底を取っての開始は9時48分。すると、数投でウキに返しが出る。今日はちょっと餌が柔らかめだったし、底取りもささっとなので、まだ分からない。しばらく餌打ちすれば10時。Dscf3958すると、何と言う事でしょう「かかってました」で1匹目ゲットだ。確かにウキは返したが、それからあたりらしきウキの動きはなかった。底取りをやり直した方がいいんだろうか?いや、面倒なのでこのまま。馴染み具合やら勘案してウキ下をいじればいいや(オイオイ)。すると、2匹目は消しDscf3959込み!ちゃんと口だったのでホッ。ただ、何故か今日は底では良いあたりは出なかった。時折風・波が出たせいかどうかは分からないが、あたりらしきウキの動きの見逃しもあった。返した後の待ちが嫌で、1回くらい竿を引いただけでさっさと空合わせしてしまうので、今日は餌の消費が早そうだ。その後もポツポツと明確でないあたりに手を出して数を増やし、10時台には第Dscf3960Dscf3961Dscf3962Dscf39632目標までクリア出来たが、心の中では何だかなぁという感じ。今日は糸トンボの来襲はそんなになくて、その分は楽だったが、その代わり「毛虫ポトポト」攻撃が出て、つい大声を出してしまう事も。だって、気が付くとズボンの太股辺りに這ってるんですもの(コラコラ)。実は前回もあったが、書き忘れていた。さて、車はあっても本人不在だったKさんが整地された辺りから登場。今日はOさんが斧に行っていると言うと、竿を出しかねているところなので、それならちょっと様子を見に行ってみようかと言われ、斧までの道程をレクチャー。Kさんは早速駐車場へと向かった。11時を過ぎてもウキの動きはなくならないが、何か変な間が空Dscf3964Dscf3965いてしまう(おそらくはあたりの見逃し)。連荘が出たかと思えばシーン。たまにカラも出るが、何故かスレは出ない(そういえばバラシも記憶にない)。11時半を過ぎ、そろそろ餌がなくなる。第3目標にも近付いた事だし、それに「上がりべら」も期待したくなる。すると、理由は不明でもポツポツとあたりに合って、無事第Dscf3966Dscf39673目標アンド「上がりべら」もゲットだ。ただ、どうもあたりがスッキリしなかったのが気になるところ。そして11時44分に底は終了。結果、実釣2時間弱で10匹。いつもなら2時間半から3時間近く持つ餌が2時間弱で終わったのだDscf3968から、いかに合わせの回数が多かったかと言うことだ。それでこの結果はどうなんだろう・・・。まあいい、次は宙。と、その前にちょっと早めの昼食。そして竿は9尺に変更だ。餌はガッテン・マッハ。これで去年のガッテンも使い切ったゾ。「たな」1本での再開はちょうど12時のサイレンが鳴っている時。すると、何と言う事でしょう、第2投でウキがチクッ!これに合わせれば早くも1匹目ゲット!おおっ、これはグーなサイズ。宙の方が数が出そうか?すると、やや間がDscf3969Dscf3970Dscf3971空いたものの、12時半までに消し込みで2匹を追加。この調子この調子、これなら2桁も楽勝だ。しかぁ~し、次第にあたりに合わなくなる。あたり自体は明確な消し込みがほとんどなのだが、これがカラばかり。中にはグッ、ズバッという2段引きまで出るが、これがさっぱり。それに引き換え、午前中はあんまりだった(失礼!)先客がスパート。グーDscf3972なサイズを次々とゲットしている。同じ宙なのに、何故だ?結局12時半から1時までには1匹を追加したのみ。おそらくは餌の経時変化なのだろう。でも、私に出来るのは餌を柔らかくしながら粘りを出す事だけ。これでへらの口に入っている時間を少しでも長引かせるつもり。しかぁ~し、1時を過ぎると、カラに加えてバラシも出るようになる。これは困った。開ける抽斗がない私、ただただ餌付けに変化を付けるくらいの対応しかない。すると、急にあたりに合うようにDscf3973なって、ズバッズバッと連荘?残念2回目はスレてしまった。それでも1匹追加出来て、宙だけで第2目標クリア。やれやれといったところか。Kさんが帰ってきて、Oさんはいつもの場所でなく、フェンスとガードレールの継ぎ目から入ったようだ。2回あたりを見たらしいが、まだ結果が出ていないとの事。厳しい~っ!その後Kさんは整地された辺りに向かった。さて、餌は残りDscf3975少なくなったが、何とかもう1匹、いやそれ以上(オイオイ)。しかぁ~し、今度はウキの動きが次第に弱くなってくる。ダメだ、アウトだ。1時半を過ぎて1匹は追加出来たものの、どうにもならず1時44分に終了。結果、宙では実釣1時間45分弱で6匹。2桁楽勝はとんだピエロだった。さて、どうしようかな。まだ2時前、もう少し出来そうだ。ただ、両ダンゴでは釣れそうになDscf3976い?ので、ここはセットにしよう。先客がやっているようにトロ掛けが良さそうだが、残念手持ちがない。そこで、不本意ではあるが糸コンセットだ。ハリスをチェンジ。バラケは特Sとマッハで。3時頃の終了を目指して少なめに作るが、ちょっと水が多かったかな。同じ「たな」での再開は1時51分だ。すると、すぐにウキがモヤモヤ。まだへらは残っていたか。しかぁ~し、2時を過ぎて出始めたあたりは、どうやらバラケに集中しているようで、しかもカラ。これではさっきDscf3977までの両ダンゴと同じような感じではないか。そしてズバッという消し込みでかかった1匹目もやはりバラケを食っている。まあまあ、仕方ないだろう。とりあえず凸を脱する事が出来て良かった。しかぁ~し、ここからは全くかからない。おまけに、今まで滅多に落ちる事がなかった糸コンが、数回合わせると落ちてしまう。「玉」の瓶に入れたまま放っておいたのが良くないのか。更にバラケを食う事で上ハリス切れ連発。まさにトホホ。2時半頃先客が終わり、片付けの後に話しかけてきた。私がやたらカメラでへらの写真を撮っている事から、どうやらブログをやっているのが分かってしまったようで、しかも私のブログを見てくれているというではないか。いやぁ、嬉しいけど恥ずかしいなぁ。更に独り言満載で申し訳ありませんでした。と、餌打ちして指をタオルで拭こうとして竿から手を離した瞬間にウキが消えた!Dscf3978慌てて合わせればやったかかりましたよ!おおっ、ちゃんと糸コンを食っているうえにサイズもグーではないか。寄って来る間向きが変だったので、ひょっとしてスレかと思ったが、口の横にかかっていた。セーフ。先客は今日は休みを取って来たらしい。いつも増沢に来る前に私のブログを見てくると言われたが、さすがにこれは参考にはなりませんよ。その時は言えなかったが、これからもちょくちょくブログに立ち寄ってください。ついでにコメントの方も宜しくお願いします。さて、先客が帰り、3時を過ぎて奥の常連さんも帰る時間帯。私もそろそろ終わりたいが、その前にトータルで20まで伸ばしたい気もする。時間的にはGTだし、あとDscf39792匹。無理かな。せめて「上がりべら」はどうだろう。すると、ズバッというあたりでやった3匹目!しかも糸コンを食っている。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。ガクガクッ。もうバラケもないので、ハリス交換はしませんよ。そのまま1本鈎で餌打ち。何度かウキがグッと入ったが、かからず3時19分にバラケが尽きて終了だ。結果、糸コンセットでは実釣1時間半弱で3Dscf3980匹・・・。宙のトータルでは実釣3時間15分弱で9匹。底と併せたトータルでは実釣5時間15分弱で19匹かぁ。まだ湖面は凪いでいるが、ガックリして片付け。ただただ疲れた。片付けを終え、駐車場に戻る。涼しいが息は切れる。右足首も痛んでまさにトホホ状態。実はこのところずっと左肘も痛みが取れていないのだ。もう少ししたらスイッチ・アングラーになるかもね。さあ帰ろう。今日は久し振りのベイシアだ。荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
明日は雨。Oさんは斧に行くか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ


| | コメント (0)

2014年5月16日 (金)

買い物のついでに釣り?@大楽地

このところずっと車中では「たかじん」の曲ばかり聴いていたので、さすがに食傷気味。それではと、今度は「中島みゆき」特集だ。1枚目のCDから約30枚をMP3化して、そのうちの12枚を1枚のCDROMに収納。昔聴いた曲が新しい響きで蘇る感じがグー。「化粧」なんかは泣けるね(泣きませんけど、何か)。
 
昨日竿を出したばかりだが、今日の好天(風が強そう)に再び竿を出す気になった。今日は森まで新茶を買いに行くので、それでは途中?の大楽地にでも行こうかな。しかぁ~し、ネットで天気を調べながら関係ないニュース等を見ていたら、出発が大幅に遅れてしまった。家を出たのは8時半頃。時間的にもマズイ。10時前に開始出来るよう速攻で走る(交通法規は遵守しています)。コンビニで昼食を買い、池に着いたのは9時半前か。急いで荷物を降ろして池に向かうと、へら師は堰堤真ん中と対面釣り台に1人Dscf3947ずつ。まずは挨拶して、バルブ横に入る。まだ風はそんなに出ていない。傘が必要かもしれないが、我慢出来なくなったら出そう。さて、竿はちょっと迷ったが、堰堤の先客が短そうなので、私も11尺にする。餌はいつもの夏・冬・マッハ。底を取り、開始は9時55分だ。せっかく早起きしているのに、これでは何にもならないなぁ。堰堤の先客がしきりと合わせる。どうやらあたりはあるが、ほとんどカラのようだ。私にも当てはまると良いが、こちらのウキは静かなまま。すぐに10時。そのまま餌を打ち続ける、まさにいつも通りの展開だ。しかぁ~し、10時半頃になって、ウキが返した?実はそれまでにも数回ウキが返す動きはあったのだが、どうも餌が抜けた感じで待つ事もしなかったが、これは本物だ。しばらく待つがあたらず、それではと空合わせして再度餌打ち。すると、またも返しましたよ。今度こそあたるか?すると、その通りチクッというあたり!やったと合わせDscf3948ればかかりました!う~ん、サイズはどうだろう。型もそんなに良くないし(オイオイ)。凸を回避したのだから、もう少し喜んでも良さそうなのに、人間の欲望には限りがない。よしもう1匹。すると、しばらくして今度はズバッという消し込み!これはヤバイ、スレではないか?いや大丈Dscf3949夫、口でした。ただ、どうも型が良くないPART2。対面が竿を取られたようだが、じきに回収した。風は次第に強くなってきて、あたりの見過ごしも何度か(モッタイナイ!)。それでも11時頃から何故かウキの動きが良くなる。そしてズバッという消し込みでハリス切れ。更には今日初めてのカラも出て、この調子なら第2目標くらい行きそうだ。が、ほどなくウキが静Dscf3950かになる。底にはいる筈なんだけどなぁ。すると、あたったかどうか分からないが、勘?で合わせたらやった3匹目!おおっ、これはグーですよ。しかぁ~し、片目がつぶれている。誰のせいかは知らないが、代わりに謝っておきましょう、ゴメン。その後も風・波の中ウキは弱く動き続Dscf3951け、11時半を過ぎて、返したウキがグッと入るのに合わせれば、やった4匹目!あと1匹だ。しかぁ~し、何もなく12時のチャイムを聴く。餌も残り少なくなってきた。予定では底で3時間宙で2時間の計5時間が釣りに与えられた時間なので、いつもより餌付けが多少大きめになったからかな。すると、ラス前々に素晴らしいカラ、更にラス前でもカラと、今更ながらのウキDscf3952の動きにちょっと残念な感じ。そして最後の1投では何もなく、12時23分に終了だ。結果、底では実釣2時間半で4匹。前回よりは良かったか。対面の先客(常連さん)は帰り、代わって同じく常連さんと思われる人が、私とバルブを隔てた右に入った。さあ、次は宙。と、その前にトイレ休憩と昼食だ。竿は風も強くなって来たので9尺に替えようかと思ったものの、そのまま。餌はガッテン・マッハ。いつもよりやや多めか。ウキは9尺でも使っている小ウキなので、さすがにマズイと思ったが、これもそのまま。「たな」1本半での再開は12時40分。しかぁ~し、強風の中オモリを背負わないウキでは餌を大きく付けても仕掛けを振れず、結局ウキを変更だ(オイオイ)。昨日も書いたが、私のストックには適当なものがない。が、贅沢は敵、あるものでやりましょう。ちょっとトップが太くなったが、カマヘンカマヘン。すると、数投でウキがモヤッとしたが、その後はシーン。そこで、既に上ずったか?なんて理由を付けて「たな」を1本に変更だ。すると、すぐにウキが動き出したものの、風で仕掛けが振り難く(最初よりはずっと良くなりましたが、何か)、手前に落ちてしまっDscf3953た。やれやれと餌ボウルに目をやり、ウキに視線を戻すと、ウキがない!慌てて合わせればやったかかってます!何だかなぁと言う感じだが、1匹は1匹。カウントさせていただきます。さあどんどん行こう。しかぁ~し、再びウキが静かになる。餌付けはいつもより充分大きくしてウキの馴染みもバッチリなのだが、動かない。たまに弱くさわるだけ。1回だけズバッと消し込みが出たが、カラ。う~ん、こちらもいる事は間違いなさそうだが、何故だろう。1時を過ぎて堰堤の先客も帰り、いよいよへら師は私と右の常連さんだけになってしまった。風は時折突風となり、竿が竿掛けから外れてしまうほど。隣も合わせてはいるようだが、掛からない様子。私の方は最初に餌付けを大きくし過ぎて餌の消費が早過ぎる気がして、途中からやや小さめに変更。すると、それが功を奏したのか、ウキに動きが出るようになるが、さわりだけ。ボッタクリバー大楽地なのか?1時半を過ぎても状況に変わりなく、そろそろ嫌気が差してきた。何か出来る事はあるかと考えても、ナシ。ひたすら餌を打つだけ。すると、2時近くになってウキの動きが何故か復活。GTかもね。そしてDscf3954ズバッというあたりで、やった2匹目。1時間くらい釣れなかったので、ヒデキ感激!ウキの動きは良くなったが、残念餌が残り少ない。底の時と同じだ。でも、延長はしませんよ。すると、またもズバッ!やった3匹目ゲットか!しかぁ~し、凄い引き。竿先が水中に引き込まれそうになるのを懸命に凌ぎ、やれやれと寄せようと思ったら、プツッとハリス切れ。ガクガクッ。懸命に堪えた時間は何だったのか。今更ながらのハリス交換。そして再開するが、残りの餌が少な過ぎて、何もなく終了は2時17分だ。結果、宙では実釣1時間40分弱で2匹。何故あたりが出なかったのかとか、反省点はしこたまあるが、終わろう。Dscf3956トータルでは実釣4時間10分弱で6匹。予定より早く終われたのが良かった(オイオイ)。片付け。何故か風が止んで、これが「風を呼ぶ男」なのか。片付け中に1人やって来て、右の常連さんと話している。さて、片付けを終え、2人に挨拶して車に戻る。さあ、これから「石川園」まで行くのだが、ナビで調べたら、いつもとは反対の工業団地入口方面から森へと抜けるようだ。初めて走るので興味津々。ささっと池を後にした。
 
ちょっと遅い新茶の味、楽しみだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (14)

2014年5月15日 (木)

前半はスレバラシ後半はカラツン@増沢池

今日は雨の予報だったので、家でのんびりしようと思っていたが、起きると雨は止んでいる。ん、これは・・・。出掛けろと言う事か。しかぁ~し、相変わらずのグズグズで出発は10時半過ぎ。行き先は斧?まさかね。出が遅いので遠くには行けない。それで、増沢。駐車場に着くと、車は少ない。荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、へら師は対面Dscf3929は深場ダム?そばだけ。こちら日陰側では柳の木の奥に知らない人(後で常連さんと分かった)。整地された辺りには常連さんがいるが、いつもほどではない感じ。全部で5、6人か。私はいつもの場所に入り、さあ準備しよう。曇っていて気温も上がらず、湖面はほぼ凪と、抜群のコンディション。おまけにへら師も少ないとあれば、爆釣は必至?時間の都合(どんな都合だ?)で底はパスし、9尺で両ダンゴの宙で行こう。餌はガッテン・マッハで作ったが、11時10分に「たな」1本で開始した後に、馴染みが悪いのでBBフラッシュを追加。うん、これならグー。しかぁ~し、肝心のウキの動きが出ない。そのまま開始30分が経過。ん、ウキが動いたような気が。すると、今日初めてのズバッ!でやった1匹目ゲットか?しかぁ~し、尻びれから上がって来てガクガクッ。最初からこれかよ!すると、その後はウキが動く事は動くのだが、ズバッというあたりが全てバラシ。1Dscf3931匹も釣れないまま12時のサイレンを聞いていたら、そのズバッ!でやっとかかりました!おおっ、サイズはまあまあではないか。更に次の餌打ちでもズバッ!やった連荘?しかぁ~し、今度は腹から上がってきた。ガクガクッ×ガクガクッ。すると、そこから先はバラシのオンパレード。やったと思うあたりでもバラシ。ハリス切れも1回。その隙間にポツポツと3匹を追加して、12時Dscf3933Dscf3934Dscf393556分に一旦終了。実釣1時間45分で4匹かぁ。バラシは釣れた数の倍以上あった(個人の感想です)。どうして口に掛からないのか?分からない。餌なのか、ウキなのか?Dscf3936まずは昼食で気分転換。竿はそのままでウキを替えてみようと思ったが、私のストックには碌なものがないので、結局同じものになってしまった。餌は特S・マッハ。BB何ちゃらは入れませんよ。今度は「たな」1本半で再開は1時5分。湖面はずっと凪いでいる。こんな日は滅多にない。ないが、そんなに長くはやる気分でもない。せいぜい3時までだろう。さて、開始してじきにウDscf3937キに動きが。そしてズバッ!のあたりでやった早くも1匹目ゲット!トータルでの第2目標クリアだ。おおっ、サイズもグーではないか。「たな」かな?餌かな?しかぁ~し、次のあたりでまたも頬にスレ。これはマズイ。餌を替えても効果なかったか。が、しばらくすると、ウキが馴染むと動かなくなる。早くも「たな」が上がったかと、いつも通りの1本に戻してみる。すると、何と言う事でしょう。急にウキの動きが良くなり、馴染んでモヤモヤからのグッと力強いあたり、または消し込みが毎回のように出るようになるが、これが全くと言っていいほど掛からない。いわゆるカラツンって奴ですか?前半のようなバラシが懐かしくなってしまうほど小気味良くカラを打つので、その度に合わせては「あ~っ!」と言う声が池に響き渡ったかもしれないほどだ。前半もそうだったが、へらは寄っている。これは間違いない。が、どうやったら餌を食わせられるのか?ここが良く分からない。餌の違いでスレたりカラを打ったりとなる事は分かったが、それではどう対策すればとなると、ミクロ的には餌付けの大小に手揉みくらいしか能がない私。省資源釣法で多く餌を作らないので、あまりいじくるDscf3939とアジャパーになってしまうので、マクロ的には手水を打ってかきまぜるくらいしかやれないのだ(最近は何かを足したりする事はほとんどない)。1時台には2時前にもう1匹出ただけ。たまたま食ったとしか言えませんが、何か。しかぁ~し、2時を過ぎるとGTが近付いたせいなのか、1時台よりはあたりに合うようになった気がして(ホントか?)、カラツンの合間にポツーリポツDscf3940Dscf3941Dscf3943Dscf3944リと掛かり、何と4匹を追加してトータルでの第3目標までクリア出来たではないか。まさにGTの恩恵か。さて、いよいよ最後の1投。頼む、何とかもう1匹。すると、何と言う事でしょう、ここでまさかのズバッ!が出て、しかも掛かりました。やった「上がりべら」ゲットだ。サイズはグーンと小さくDscf3945なったが、ドンマイドンマイ。時刻は2時51分。結果、2回目の宙では実釣1時間45分で7匹。トータルでは実釣3時間半で11匹。あれだけのあたりがあって、これだけかぁ。ちょっと寂しい気がするのは贅沢か。片付け。柳の木の奥と対面ダム?そばの先客は帰ったものの、こちら側整地さDscf3946れた辺りの常連さんは増えたのか減ったのか不明。それにしても曇りで暑くもなく良いコンディションだった。本来ならもう少しやってもノー・プロブレムなのだが、終わりは終わり。片付けを終え、駐車場に戻る。これが一番辛い。もっと楽になる方法はないのか(楽になればへら師が増えそう。それもあんまりだが)。涼しくて汗も出ない。さあ帰ろう。ベイシアはまた今度と言う事で。荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
明日は好天だが風が強いとの予報。さてさて何処に行けば・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月14日 (水)

タナゴ釣り@四ツ池、びっくりドンキーで昼食、通院 and 斧

今日は午後から通院のため、うまく時間が取れない。家人を送るついでに何処かで竿を出したいが、少なくとも12時前には終わらないと、その後がタイトになってしまう。そこで、短時間で片付けも容易なタナゴ釣りに決定。池に着いたのは9時半頃か。急いで駐車して3つ目の池に向かうと、桟橋の入口に先客。日陰で涼しそうだ。が、私は前回Dscf3915同じ東屋のそばに入る事にする。竿、仕掛け、餌は前回と同じ。湖面はゴミが多いが、そこを避けての開始は9時50分。すると、第1投からあたり、そして掛かって来たのはハヤ(オイカワとも呼ばれる)。続いてのあたりでもハヤ。う~ん、タナゴは難しいか。すると、しばらくして掛かったのはクチボソ。タナゴは残念スレて掛かった。ゴメンゴメン。でDscf3916Dscf3917Dscf3918も、前回よりは調子が良さそうだ。餌付けの方法を変えた(大きくした)のが良いのかも。餌打ちすれば、餌本体はさっと落ちていくが、マッシュは途中で抜けて、それに小さな魚がわっと寄る。「たな」まで届いた餌に大きなものが掛かるという寸法ではないか。それからポツポツとタナゴ、そしてその他の小魚が掛かる。写真はタナゴが動き回ってDscf3919Dscf3920Dscf3921Dscf3922Dscf3925なかなか思うように撮れないので、ピンボケも含むが一部を載せる。先客は釣れているのか不明。途中、何処かの爺さんが孫2人を連れてやって来て、リール竿で鯉を掛けたが、カメラマンからリール竿と鯉釣りは禁止と叱られていDscf3926た。さて、最初に作ったグルテンが尽きて終了。時刻は11時6分。1時間余楽しませてもらった。前回のような、他の魚も含めて2桁以下と言う事はなく、タナゴだけで2桁ギリギリか。でも、サイズ的には餌を大きくした分アップしたように思える。ささっと片付け(これがグー!)して退散。先客に状況を訊いたら、練りわさびのようなチューブに入っている餌が良くなくて、タナゴは1匹も釣れていないとの事。餌は難しいね。帰りがけにヘラの池2つを見たが、2つ目のDscf3927池には誰もいなかった。何故かな?さあ、ちょっと早いが昼食。そうだ、ここから近い「うDscf3928さぎ庵」にしよう。時間的にも11時半近いしね。しかぁ~し、今日は水曜日だという事を忘れていた。店に着いたら、案の定シャッターが下りている。何組かやって来たが、皆さん帰った。それでも一応11時半まで待つが、シャッターが開く事はなく、虚しく店を後にした(後でネットで調べたら、月曜が定休日だったり無休とあったりで、もう少し待てば良かったか)。さて、どうしようかな。そうだ、いつも通るたびに車が満杯の「びっくりドンP1000069キー」に行ってみよう。意外や駐車場はガラガラ。時間帯なのかな。さっと日替わりランチを注文してさっと食べて店を出る。さわやかのハンバーグを食べ慣れている私にはちょっと物足りなかったかな。いや、美味しいのは美味しいですよ。時間に余裕が出来たので、一旦家に戻る。この時、考えを変えて斧に行っていたら・・・。短い休憩の後、1時過ぎに出発。診察まで1時間近く待ったが、診察時間は5分程度。しかも、こちらからあれこれ言わなかったら、おそらく2分程度ではなかったか。まさにトホホ。急いで斧に向かい、Oさんの岡ジャミ。しかぁ~し、着いてみたら誰もいない。ガクガクッ。来る前に1回確認のメールを入れるべきだった。もしくは家に帰らず通院前に来ていたらと、タラ・レバの連発。早速メールしてみたP1000070P1000073ら、やはりウキが動かず早々と諦めたようだ。今週は竿を出せないので、来週再び斧に来るとの事。でも、ひょっとしたら引佐天池かもと、少し弱気になっている様子。岩に張り付いたサボテンの花が綺麗だったのがせめてもの慰めか。そろそろと家路に着いた。
 
タナゴ釣り、面白いなぁ。準備と片付けが楽なのがサイコー!
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月13日 (火)

真夏のような暑さの斧で岡ジャミ with Oさん

朝方まで雨だったようだが、起きたら空は明るい。さてOさんは斧にいるのか?メールしてみたら、いました。まだノーあたりだと言う事で、見に行けたら行きますと返事(大体こういう時は見に行きますが、何か)。しかぁ~し、用事で行った郵便局で無駄な時間を費やし、プンプンしながら一旦家に帰るが、やっぱり斧の様子が気になってメールすると、P1000068P1000066この暑い中まだ頑張っているとの返事が。もちろんノーさわりノーあたり。それでも見に行きましょう。池にはへら師はOさんだけ。いつもと違って右の台に陣取っている。まずは挨拶。今日は左の台でやろうとやって来たが、右の台の前で大きなモジリを見てしまP1000067P1000065い、ついつい誘われるように入ってしまったとの事。本当に暑いが、風が強い分多少は救われている感じ。しばらく見ていたが、こちらが暑くてどうにかなりそうだ。早々にお暇する事にした。今日はフェンスを登れたが、1人だったら絶対やりませんし、荷物があってもノー!突先まで様子を見に行くと、前回は草が刈られていたところも、既にボーボーで入れそうにない。さあ帰るとするか。とっとと池を後にした。
 
明日は曇りで風も弱そう。さて何処へ?→明日は通院日でした。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月12日 (月)

岡ジャミの増沢でKさん、Oさん and masaさん & コルトレーンの5枚組CD

この記事は一つ前の記事の続きです。
 
帰る途中、ふと増沢に寄ってみようかと思い、テクノロードを北上。今日は午後から天気が下り坂と言う予報だが、果たしてへら師はいるのか。
駐車場に着くと、KさんとOさんの車をハケーン。急いで車を停め、池に向かう。へら師はDscf3912昨日と違って10人くらいか。柳の木の奥のKさんは既に終了したのか、片付けた荷物が置いてある。その奥、塩ビ管手前にOさんハケーン。今日はポツポツ釣れているとの事だが、私が見ていたわずかの間にも次々と竿が曲がる。う、裏山鹿~。何処からかKさんもやって来て、3人で話していると、何とここでこの池の主masaさんがご登場だ。3月に開催された大会のポスターを剥がすのと同時に、釣り人へのお願いを貼っていった。
Dscf3913Dscf3914しばらく眺めていたが、Kさんが帰ると言うので、私も一緒にお暇する事にした。また宜しくと言って駐車場に戻る。Kさんともそこでお別れ。
Coltraneそうそう、今日はもう一つやる事があった。それはセブンイレブンで、注文しておいたコルトレーンの5枚組CDを受け取る事。安いので音質がどうかという気もするが、どうせ車の中で聴くのだから、そんなの関係ねぇ~っ!さっさと帰宅した。
 
明日が雨ならOさんは斧。見に行けたら行こうかな
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

久し振りのタナゴ釣り@四ツ池 with 岡ジャミザわさん & 曳馬野食堂で昼食

今日は昨日のリベンジに増沢へと思ったが、「夢釣行~一魚一会の旅~」5月10日放送でタナゴ釣りを観てから、久し振りにやってみようかなと密かに考えていたので、ちょっと出だしが遅くなったが、四ツ池へゴー!
ブログを読み返してみたら、何と最後にタナゴ釣りをしたのは3年半前だった。果たして釣れるか?
Dscf3911池には10時過ぎに到着。駐車場はほぼ満車。かろうじて空いていたところがあったのDscf3910で、ラッキー!荷物を持って池を眺めながら奥へ奥へと向かう。へら師は2つの池で20人くらい。途中トイレが綺麗になっているのを見てビックリ。以前は古くて汚くて臭くて、とても使用に耐えなかったので、これは素晴らしい。
3番目の池に到着。さすがにここで竿を出す人はいないだろうと思ったら、1人いた。また、カワセミの写真を撮っているのか、東屋とDscf3901岸辺に1人ずつのカメラマン。私は桟橋の一番端、東屋のすぐそばに陣取る事にする。竿は振り出し6尺のうち4本を使う。餌は何と3年半寝かした「強力グルテン」。これを少量作る。時刻は失念したが、早速開始。
すると、何と言う事でしょう、何だか分からないが小魚がワッと押し寄せてくるではないか。そしてウキは忙しなく動き、早くもウキが消し込む。が、残念掛からない。でも、これは面白い。元はヘラブナ釣りでの合わせを柔らかくするためというのが、この釣りを始めたきっかけ(ザわさんの呼びかけもあったが、ご当人は未だ竿を出さず)だったのだが、これはこれで面白い。良いあたりで釣れないと、ついついカッとなるのもヘラブナ釣りと同じ。最初はさっぱりだったが、スレて上がってきたタナゴを見て感動。わずか数センチの魚を釣るのも醍醐味がある(スレであり、まだ釣れてませんが、何か)。さあ、どんどん行こう。
Dscf3909しかぁ~し、最初に口に掛かったのはクチボソ。これはこれで嬉しいんでしょうが、私は嬉しくない。その後小さなタナゴが口に掛かったが、写真を撮る前に跳ねて逃げられてしまった。ザわさんには四ツ池に来た事を連絡。
その後、打つ場所を変えたら、あたりが良くなって大Dscf3908きなタナゴをゲット!これは写真でしょう。ザわさんも途中から見に来てくれた。
そんな中、大きなあたりでかかったのが、これまた手のひらサイズのブルーギル。良くぞハリスが切れなかったものだ。こいつは法令に従って、池から退去していただきました。
少量作った餌がなくなり、また12時に近いと言う事で、終了。釣れたのは2桁に満たなかったが、充分楽しめた。簡単に片付けて(ヘラブナ釣りとの大きな違いだ)、ザわさんと駐車場に戻る。池から出た道路が152のバイパスと交差するところにある「曳馬野食堂」で、2人で昼食。そこで解散した。 to be continued!

P.S.四ツ池はタナゴが自然発生している貴重な池。天目等でごっそり一網打尽にするような事は避けて頂けるとありがたい。
 
餌が古いのが釣れない原因だったのか?それとも単に・・・。
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年5月11日 (日)

癇癪は爆発しなかったものの、惨憺たる結果に@増沢池

最近は朝が早くなってきた。今日も6時過ぎに目覚める。おっ、こんな良い天気に家にいてはモッタイナイ!と言う事で、珍しく7時半前に家を出る。行き先はちょっと迷ったが増沢に。駐車場に着くと、やけに車が多い。しかもへら師のような悪い予感がするぞ。と、その前に不定期便。ついでに橋まで行って池の様子を覗うと、やっぱりへら師が多い。日向側はジャカゴ付近から看板横、橋の下(しも)にもかなりいる。日陰側は私のいつもの場所に前回の黒ジャージが今日は2人組で。旧爆釣ポイント、更に整地された辺りには10人以上入っている感じだ。全部で30人くらいか。ほとんど入る場所がなさそうだが、柳の木の奥付近が空いていそうだ。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。Dscf3893先客に挨拶して、さあ準備だ。湖面はまだ凪いでいる。さて、どうしようかな。迷いに迷って9尺の底から。餌はトロロの底釣りを遂に使い切った。底も取れ、開始は8時10分。あれっ、さっさと底を取ったので気付かなかったが、正面から少し右に打つと馴染みが少なくなる。何かの上に乗ってしまうのかな。気になって仕方ないが、出来るだけ正面に打ち続けるように心がける。更に、細いトップのために正面に映る木で視認性も良くない。そのうえ大会並みにへら師が入ったせいか、あちらこちらで釣れないとのボヤキが。ゲゲッ、これは厳しそうだ。すると、その通りウキはほとんど返さず時間だけが過ぎる展開に。気が付くと9時10分。開始1時間が経ったが、ノーあたり。いつもなら30分も経たないうちに釣れるのだが、これはひょっとして凸もあり得るか。うっ、風・波も出て来たぞ。イライラしてくるが、まだまだ大丈夫。もう一度時刻を確認したら、ゲゲッ、9時40分。1時間半が経過してしまった。これは困った。イライラどころではない。そこで、今更ながら釣り台の向きを左にして、まずはウキの馴染み具合を一定にする。そしてウキ下の微調。しかぁ~し、ウキに動きナシ。左側で厳しいとぼやいていた先客が竿を曲げるようになったが、見ると竿が長い。9尺じゃ短過ぎるか。もう餌が残り少ないが、このまま凸まっしぐらと言うのも気分が悪い。そこで、10時を過ぎているが、私には珍しく竿を11尺に交換だ。しかぁ~し、底取りの途中で仕掛けが右の木の枝にかかるアクシデント。そうそう、そうでした。ここはサウスポーの私には注意が必要だった。かつて何度も仕掛けを木の枝に掛けているのだ。9尺の時には届かなかったのですっかり忘れていた。引っ張ったらハリス1本ロスト。まだまだこれくらいで爆発はしませんよ。すると、数投でウキが返し、そしてチクッ!のあたりでやった1匹目。何だ何だ、竿を伸ばせば簡単じゃないか。「たも」を持つ。しかぁ~し、寄せる途中で何故か外れ、反動で仕掛けが頭上の木の枝に。やいやい、やっちゃったなぁ。これも無理矢理引っ張ったら、今度は両ハリスをロストだ。いいや、まだまだこれくらいでは・・・。両方とも飛んでしまったので、ハリス長が分からない。で、適当に測って再開。うん、馴染みはそこそこだからOKOK(オイオイ)。風・波がかなり大きくなって、左に流される。更に、私が一番嫌がる糸トンボがウキDscf3894のトップに。いや、イライラはするけど爆発はしませんよ。すると、10時半を過ぎてやっと1匹目。サイズは放流だったが、う、嬉しかぁ。さあどんどん行きたいが、餌がもうない。10時44分に無念の終了だ。結果、底では実釣2時間半余で1匹。もう底は続ける気力もなく、竿はそのDscf3895ままで仕掛けとウキを交換して宙だ。餌はマッシュダンゴの残りとガッテン。いつものように「たな」1本での再開は11時6分。底の時よりウキの立つ位置は遠くなり、小さなウキなので動きが見辛い。更にかなり風・波が出ていて、目の前を水が流れていく。そこに落ちたウキの運命は、その流れに乗って・・・。餌のタッチは意外とシットリしていて良い感じだが、持ちが悪そうだ。手揉みして馴染みを出す。すると、しばらくしてウキに動きが。大きくズバッ!ではないものの、あたりらしき動きに合わせるようになる。11時半を過ぎたところで、あたりにDscf3896合って1匹目ゲット!底と比べて早い事。これなら爆釣も・・・。残念すぐにウキの動きが弱くなる。餌かな、それとも?更にそんな小さなウキにさえトンボがとまり、イライラは募るものの、大丈夫爆発の予定はありません(仕掛けトラブルが出れば分からないが)。12時少し前になっDscf3897て、今度はズバッ!で2匹目。サイズも少しだけアップした。右側2人組と旧爆釣ポイントの先客は帰り、旧爆釣ポイントの先客から帰りがけに、私が来るまでは好調に釣れていたとの言葉が。風・波といい、良くない事ばかり連れてくるのが私の運命なのか(トホホ)。その後はウキDscf3898は動いてもあたりは出ず、12時32分に餌が尽きて終了。結果、マッシュダンゴの宙では実釣1時間半弱で2匹。既に4時間以上竿を出していて、トロロの底釣りもマッシュダンゴも使い切ったので、もう帰ってもノー・プロブレムなのだが、まだ1時半。もう1回宙をやればそこそこ釣れるかも、と何故かこの状況下でスケベ心満載になる不思議さ。ただ、この場所でこれ以上やりたくない。2人組が帰ったので、いつもの場所に入ろう。荷物を移動させ、竿は9尺に戻す。仕掛けは引佐天池で壊してしまったので、現場施工だ。いつも通りイライラしながら作る。餌はガッテン単体。そして「たな」1本での再開は1時12分。ウキの馴染み具合を見ようと思っても、すぐにトンボがとまってさっぱり分からない。数回竿を引いてウキを沈めれば何処かへ行くのだが、それまでに当然ながら餌は落ちており、一体何をやっていDscf3899るのか分からないまま時間だけが過ぎる。それでも1時半を過ぎて、いきなりのズバッ!でやった1匹目ゲットだ。ただ、これが続かない。ウキが流されるのはもちろん、大敵の糸トンボ攻撃には閉口だ。途中からやる気を失い、ただただ餌を打つだけになってしまった。それでも爆発しないだけましだったかも。そのまま2時を迎え、更に2時32分に餌が尽きて完全Dscf3900終了。結果、2回目の宙では実釣1時間20分で1匹。トータルでは実釣5時間20分!で4匹。時間1匹にも満たなかった。2回目のハタキも終わって状況が変わったのか、それとも30人くらいのへら師で渋ってしまったのか、は分からないが、いずれにせよ惨憺たる結果。これでは癇癪の爆発などあり得ません。片付け。とりあえず古い餌の処分というミッションはクリアしたので、良しとしなければ(ホントか?)。片付けを終え、駐車場に戻る。暑い。さあ、久し振りにベイシアにでも寄って帰るとするか。荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
あまりのショボさに癇癪の出る幕もなかった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月10日 (土)

低価格3Dスキャナー

Sense録画しておいた「家電's Walker」を観ていたら、ビックリ低価格の3Dスキャナーの紹介があった。P社にいる時には、製品群の中に3Dスキャナーがあったが、まさか民生用でこういうものが出てくるなんて当時は思いもしなかった。
番組中でスキャンと3Dプリント(この部分は多少略されていたか)を実際に行ったが、対象物までの距離が少し変わっても問題ない(分解能とかが民生用とあって多少荒いかも)とか、使い勝手も良く、新し物好きな私は画面に張り付いてしまった。これは面白い。これがビックカメラで「家電」として販売されていると言うのも驚きだが。
最近3Dデータをネットで入手して銃を作った男が逮捕されたとか、一気にイメージが悪くなった感がある3D関連機器だが、これはそんな雰囲気を払拭してくれそうだ。
ただ、価格が安いとは言っても税込み59、400円。3Dプリンタが172、800円と、オモチャにしては手が出にくい(私だけかも・・・)。
 
3Dスキャナーについてはこちら。実際に使ってみた人のブログもある。
 
同じ会社で扱っている3Dプリンタはこちら
 
お金と暇があれば是非トライしてみたい(暇だけはあるんだけど)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

2014年5月 9日 (金)

癇癪で突然の終了@引佐天池

古い餌を使い切るシリーズも、今の増沢では何でも食ってくる(その割には釣れていないという突っ込みは御法度)ので、違う池で検証してみよう。と言う事で、やって来たのは引佐天池。しまった、入りたかったオーバーフローの右側に先客。何処へ入ろうか考えながら駐車。荷物を降ろして池に向かう。しょうがない、オーバーフローの左の浅場に入ろう。堰堤の草が刈られているので、ガードレールを越えて池に入り、先客に挨拶すDscf3880るが返事なし。まあいい、準備しよう。うっ、左の方にへらの死骸。こちらへ流れてきそうだ。久し振りに右手深い方に入れば良かったか。でも、今更移動は面倒だ。竿は11尺で底から。餌はもちろんトロロの底釣り。もう少しで終わるが、使い切らないのが私流(どんな流派だ?)。ささっと底を取り、開始は9時7分。すると、ウキの馴染みが思ったより少ない。いい加減に底取りしたせいかな。しかぁ~し、そうではなかった。早くもへらが寄って来たのだった。そして明確なあたり!が、カラ。ううん、やる気が出るぅ。その後もDscf3881ウキは動き続け、開始30分経たないうちに1匹目ゲットだ。サイズもグー。意外とこの餌良いのかもね。が、ウキのモヤモヤは小さなあたりらしき動きを出すが、これがカラ。餌が底から舞い上がっているような挙動を示す(餌付けが小さいのもあるが)ので、何となくへらのサイズが小Dscf3882さくなったのではと不安になる。すると、開始30分を過ぎて2匹目。ゲゲッ、何だこのサイズは!増沢の放流と同じくらい。予想通りこれがせわしなくウキを動かしているのか?ちょっとトーンダウンするが、決してそんな事はなかった。その後、バラシとハリス切れ(あわせ切れではありません)が出たが、手応えはグッドサイズに間違いない。10時を過ぎ、先客は帰った。入れ替わるように前回ラジオを点けながら竿を出していた常連さんが深場に入っていて、今日もラジオ。さて、あたりらしきウキの動きは続くものの、小さくチッと入るのはDscf3883全てカラ。ただでさえ少なく作った餌が残り少なくなった。が、ようやくのチクッと良いあたりでやった3匹目ゲット!しかぁ~し、またも放流サイズにちょっとだけガクガクッ。いよいよ餌があと2投分。ラス前になった。何とかもう1匹、いや2匹釣って第2目標まで伸ばしたい。すると、何Dscf3884と言う事でしょう、抜群のあたりが出て4匹目ゲットだ。サイズも元に戻った。さあ、残り1投。「上がりべら」を期待するが、残念カラで終了。時刻は10時24分。結果、トロロの底釣りでは実釣1時間20分弱で4匹。期待以上の結果だ。次は予定ではマッシュダンゴで宙だが、底で好Dscf3885結果?だったので、それではいつもの夏・冬・マッハで爆釣と行こう、とスケベ心満載で餌を作り底を続行。すると、再開第1投であたり!しかぁ~し、バラシ。すると、次の餌打ちでまたもあたり!そしてバラシ。ガクガクッ×ガクガクッ。これは何だ?更にしばらくして、またもあたり!そしてバラシ。バラシの3連荘だ。これには痺れた。ウキ下の微調とか関係なさそう。ウキのモヤモヤが何故か少なくなってきた。バラシの連続で場が荒れたのか。それに、急に風・波も強くなった。どうも餌付けが小さくて、トロロの底釣りではトロロで持ち堪えていたのが、落ちてしまうのかと、大きめに付けてみるが、あまり変わらず時間だけが過ぎる何処かで見たような展開。たまに出るあたりらしきウキの動きは全てカラ。最初はスレだったのに、どうしてカラへと変わってしまったのか。餌付けだけでなくウキ下も再度調Dscf3886整してみるが、どうにもならず最後の1投も効かず11時38分に虚しく底を終えた。結果、底では実釣2時間半弱で4匹。ウキは動いているものの、後半は残念凸でした。さあ、次は今度こそ宙だ。と、その前に早い昼食とトイレ休憩。それから竿は9尺に変更。餌はマッシュダンゴ2にBBフラッシュを1加えたところで、嵩増しにとガッテンを2加える。風向きがアゲンストになったが、「たな」1本での再開は11時54分。すると、何と言う事でしょうPART幾つか、手前には見えないが水草が繁茂しているようで、流されるとかかる。さて、ウキの馴染みは問題ないものの、餌が固い。これで食うのか?しかぁ~し、数投でズバッという消し込み!慌てて合わせるが、堪えきれずにハリス切れ。スレなのかなぁ。急いで交換して再開すると、しばらくしてまたもズバッ!そしてハリス切れ。ガクガクッ×ガクガクッ・・・。これまた交換して再開するが、スレてかかったので切れたのか、それとも元々ハリスでなDscf3887い糸だから切れたのか、鶴瓶のような悩みを抱えながらの続行。すると、12時半近くなってまたもズバッ!今度は逃がさないでしょう。竿は立っているし、口に掛かっているのは手応えからも間違いなし(個人の感想ですよ、あくまでも)。やったぁ、ようやくの1匹目だ。これでトータDscf3888ルでの第2目標をクリア。マッシュダンゴの面目も立ったかな。さあ、どんどん行こう。すると、じきにまたもズバッ!で2匹目。これは素晴らしい。でも、餌のせいではなく、単に食いが立っているだけだろう。本来ならこんな固い餌は吐き出してカラのオンパレードになる筈。まだDscf3889まだウキの動きはなくならず、しばらくしてズバッ!3匹目ゲット。作り過ぎた?餌のおかげでこんな時間が過ごせるなんて、今日は何て日だ!ズバッ!が出てグッドサイズがかかるとは、全く予想外だ。う、嬉しかぁ。しかぁ~し、風・波が強くなりまた吹く方向が変わったせいか、ウキに動きが少なくなってくる。単に餌の経時変化なのか。1時を過ぎた。まだ餌はあるので、何とかして宙だけでの第2目標クリア、更にはトータルでの第3目標クリアになればDscf3890と人間の欲望には限りがない。すると、またまたズバッ!で4匹目。いよいよ第2目標が現実味を帯びてきたゾ。そこからまた穴が開くが、1時半近くなって、今度もズバッ!でやった宙だけでの第2目標クリアだ!おおっ、サイズも今日一番のような感じ。これは採寸でしょDscf3891う。すると、結果は41cm。う~ん、まあまあかな。まだ餌はあるので、もう1匹釣ってトータルでの第3目標まで行けそうだ。しかぁ~し、それからじきに、あたりがあったのではなく、単に空合わせしただけなのに、スレてしまった。へらが水面すれすれまで上がってきたが、そこでバラシ。反動で仕掛けが絡む。実は今日それまでにも底で絡みのアクシデントがあり、その時にはちゃんと解く事が出来た。最近の私は結構気が長いんですよ。しかぁ~し、ウキの付近で道糸もハリスもグシャグシャに絡んでいて、これはハリスを切らないと解けませんね。と言う事でハリスをカット。しかぁ~し、残ったハリスが玉こぶのようで解けない。これが道糸にも絡んでいるので、どうやらアウトの感じ。ちょっとイライラして引っ張ってみたら、Dscf3892何と道糸が切れてしまった。これで癇癪が爆発。本来の私になって仕掛けはつぶれ、無理矢理の終了となってしまった。新たに仕掛けを作るような心の余裕はなく、餌は捨てる。時刻は1時50分。結果、宙では実釣約2時間で5匹。グッドサイズも出たが、気分は最悪だ。ただ、言い訳をすれば、そんなに強く引っ張った訳ではないので、きっと道糸も弱っていたのだろう。どのみち切れる運命だった(オイオイ)。片付け。上空雲が多くなり、風も冷たい。止めて良かったんだ、きっと。片付けを終え、駐車スペースに戻る。へら師はもう1人増えていて、常連さんなのか並んで竿を出している。さあ、帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
いよいよあと1回で間違いなくバーゲンセールが終わる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2014年5月 7日 (水)

疲れ切っていても3連荘@増沢池 with Kさん and 遠くにY川さん

連荘で体全体に疲労が蓄積している。今日はとりあえずお休みの予定だったが、昨日よりは風が弱いのでは?とそろそろ動き出した。もちろん行き先は増沢。使い残しの餌を使い切るシリーズ(そんなのあったっけ?)を早く終わらせなければ。駐車場着は9時前。Kさんの車は派手なのですぐに分かったが、Oさんは来ていないようだ。荷物を降ろDscf3860して池に向かうと、定位置柳の木の奥にKさんハケーン。いつもの場所に荷物を置いてから、まずは挨拶。今日も両ダンゴの底で通しているが、餌が合わず苦戦との事。私は餌が合おうと合うまいと関係ない。まずは使い切る事が命題となっている。釣り座に戻り、さあ準備しよう。ゲゲッ、何でいつもこうなんだろう。それまで凪いでいた湖面に風・波。今日こそ穏やかな湖面で前回芳しくなかった細いトップの底釣りをしたかったのに、ガクガクッ。それでもやりますよ。偏光グラスを着用して、竿は9尺、餌はトロロの底釣り。これを2時間以内に終われる量作る。まだあと1回分はあるなぁ(使い切れ!)。風・波でどうにも底取りが難しいが、チョチョイのチョイでOK。後は馴染み具合で(オイオイ)。鈎がギリギリ隠れるくらいの量を餌付けしての開始は9時10分。昨日と同じく振り難い。へら師は対面に6人、こちら側は不明だが、全部で10人は超えているだろう。奥の方からケロケロ声が聞こえるが、そこまで歩いて行く自信がない。今日はお休みなのか?後でメールしてみよう。さて、開始するや否や、ウキに返しが。あれれ意外と高活性なのか。そしてあたり!ビックリして合わせるが、何とカラ。こんな事ってあるか?最初からカラなんて。その後も毎回のようにウキが返してはあたりらしき動き。時にはウキが入らなくなる事も(別の原因かもしれないが)。これで釣れないのだから、単純な私はDscf3861すぐにヒートアップ(オイオイ、古い餌の処分が目的では?)。それでも開始20分経たないうちにあたりに合って1匹目!サイズもそこそこだし、「トロロの底釣り」も捨てたもんじゃないな。ただ、風・波によるシモリと白波、更には地形の問題で背後の山?木?の影でウキの視認性が厳しい。竿が短いのでかろうじてNGにはならないが、それにしても目が疲れそうだ。ウキの動きはその後も続き、カラやスレバラシに悩まされながらもポツポツと9時台には3匹Dscf3862Dscf3863Dscf3864を追加して、前回の結果をクリア。第2目標にもリーチだ。しかぁ~し、10時を過ぎてもうDscf38651匹追加し、第2目標をクリアしたまでは良かったのだが、何故かそこからウキの動きがバッタリ。1回スレて上がってきただけ。10時32分に餌が尽きて一旦終了。結果、トロロの底釣りでは実釣1時間20分で5匹。さてどうしようかな。今日の目的は「マッシュダンゴ」の削減。一体どれくDscf3867らい前に買ったのかも不明(そんな餌ばっかり)。すぐに宙か。いや、まだ時間はたっぷりある。とりあえずは夏・冬・マッハで昨日と比較しよう。再開は10時37分。しかぁ~し、風・波が強くなって、ウキのシモリがひどくなる。餌も多少柔らかめなのか、ずっと見ていれば流され底をするうちに取れてしまう感じ。そこで、早いあたりを取って行きたい。すると、何と言う事でしょう。そんな私に呼応するように、じきにウキが返し、そしてあたりも出るようになる。ただ、掛からなDscf3868い。これはトロロの底釣りの時と同じ。視認性悪化もあってイライラしながら続行すると、11時を過ぎてやっとあたりに合い1匹目ゲットだ。その後はウキが流されて空合わせしては打ち返しの繰り返し。それでも11時半までにもう2匹追加して、何とか第3目標クリアまで持って行きたい。しDscf3869Dscf3870かぁ~し、前回と同様にウキのシモリが大きくなって、ウキが沈没寸前だ。何だろう?餌付けを小さくしてもそれほど変わらない。更に、いよいよ糸トンボの季節がやって来て、これもイライラを募らせる。一方ずっと冴えないと言っていたKさん、しばらく奥の方へ行っていたが、帰ってきてからは私をあざ笑うような(あくまで個人の感想です)好調となり、ポツポツと竿を曲げる。対照的な状況には驚くばかりだ。そのままの状況で最後の1投。もう、あたりが出るか餌が抜けてしまうかのどちらかにならDscf3871ないと仕掛けを上げないぞ。すると、何と言う事でしょう、最後の最後にチクッという抜群のあたり!もちろんこれに合わせれば、やった「上がりべら」ゲットだ!サイズもグーだし、どうしてこれまで釣れなかったのか?そう言えば湖面が少し穏やかになってきたぞ。それであたりがハッキリ見えたのかな。結果、夏・冬・マッハでは実釣1時間20分で4匹。第2目標には残念届かDscf3872なかった。トロロの底釣りと併せた底のトータルでは、実釣2時間40分で9匹。さあ、次はいよいよ今日のメイン・イヴェントだ。と、その前にすっかり忘れていたY川さんにメール。すると、もう帰るとの返事が。オヨヨ。用を足し、立ちながら昼食。おおっ、湖面がどんどん穏やかになっていく。これなら宙もOKだ。餌はもちろん「マッシュダンゴ」単体。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。前回使ったウキは止めて、トップがやや細いものにする。餌落ちを決め、「たな」1本での再開は12時12分。すると、これは困ったウキが馴染まない。この餌が古過ぎてまとまりが悪いのだ。数投打ったところで空合わせをしたら、何と目にスレて掛かってきた。もうへらは寄ってるんだ。後はどうにかしてウキの馴染みを出さないと。そこで、良いか悪いかは分からないが、BBフラッシュを餌にパラパラと振りかけて混ぜてみる。まだ足りない。更にパラパラ。うん、馴染みは出たが、少し持ちが良くないようだ。それでは、と「粘りの素」なる粉をパッパッと振り掛けてみる。別にこれで餌がどうなっても構わないので、適当に。すると、馴染みが出て少し持つようにもなった。やれやれ。これでしばらく打っていたら、何とウキに動きが。そしてズバッというあたりも!本当にこれで良いのかDscf3874はネ申のみぞ知るところだ。Kさんは帰り、開始30分くらい経ったところで、またもズバッ!これに合わせればやったかかりました!釣れた釣れたゾ~ッ。サイズもまあまあだし、これは嬉しいでしょう。しかぁ~し、そこからがまたあたらなくなる。ズバッ!が2回ほど出たが、カラ。弱く入るあたりらしきウキの動きもかからない。2時を過ぎてもウキはまだモヤモヤしていて、グッと入る動きもたまに出る。とりあえずトータルでの第3目標はクリアしたので、後は前回並Dscf3875Dscf3876Dscf3877みにもう2匹。すると、あたりらしき動きにどんどん合わせていったら、ポツポツと3匹を追加出来た。これで一応トータルでは前回並みになったが、もう餌がない。終了は2時頃かな。次はどんな餌でやろうか。ん、ちょっと待てよ。床屋に行きたいなぁ。急に床屋に行きたくなったので、餌を打ち切ったら終わりにしよう。そして最後の1投。すると、何とDscf3878言う事でしょう、最後の最後にズバッ!で見事「上がりべら」ゲットだ。そろそろGTというのも関係しているのかな。時刻は1時57分。結果、宙では実釣1時間45分で5匹。底と併せたトータルでは実釣4時間半弱で14匹。変な餌でも何とかなった。片付け。まだトロロの底釣りもマッシュDscf3879ダンゴも残っているので、もう1回同じシリーズをやらないと。今度は違う池で風のない時にやってみよう(返り討ち間違いなし!)。片付けを終え、駐車場に戻る。日陰は風が吹くと寒いくらいだったが、日向は暑いくらい。体調がおかしくなりそうだ。さあ、ダイシン理容に寄って帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
注)「上がりべら」は1つの釣り方の終わり間際に釣ったへらの事で、一般に言われているそれとは異なります。
 
梅雨に入るまでに何回こなせるか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月 6日 (火)

同じ事の繰り返し

Dscf3859_2釣りの帰りにスイート・ベンに寄って、プリン(クレームキャラメル)とシュー何とかを買ってきた。このシュー何とかは前にも買って美味しかったので、また買った次第。しかぁ~し、肝心な事を忘れていた。前回も同じものを買い、シュー何とかとプリンのカスタードが同じものだったと言う事だ。同じ味のものを食べる面白味のなさ。実は更にその前にもスイートベンで同じカスタードクリームのシュークリームとプリンを一緒に買ってきて、この3回同じ事の繰り返しを反省もなくやっていた恥ずかしさよ。次回こそは違う味のものを買わなければ。
 
どうでもいい話でした
    ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

GW最終日とは無関係に出掛けてみた@増沢池 with Kさん

昨夜ザわさんから、体調不良により増沢釣行には参加出来ないとの連絡があったので、私も疲れていた事だし、これ幸いと中止を決めた。しかぁ~し、起きてみると良い天気だ。風が強いとの予報だが、昨夜干しておいた道具類をしまいながら、ちょっとだけ出掛けてみようかなと思い立った。9時過ぎに家を出る。駐車場着は9時半近く。まだ空きはあるので、余裕で駐車。それから念のためにトイレへ。荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ私のいつもの場所には黒ジャージのちょっと怖そうな3人組、柳の木の奥にはKさDscf3842んハケーン。一応両方に挨拶すると、黒ジャージ3人組も返してくれた。人は見かけによらないなぁと、このように挨拶一つで印象がグッと変わります。挨拶は大事!私は旧爆釣ポイントに入る。確かに風・波はあるが、釣りに支障というほどでもない。さあ準備しよう。頭上の松の木の枝が気になるので、影響が小さい9尺でやろう。ちょっと悩んだが、まずは底から。餌は去年からの残り物「トロロの底釣り」だ。あれっ、意外と量が少ないぞ。これなら確実に2時間以内に終われる。底も取れ、開始は9時45分。へら師は日向側には深場階段下付近からダム?方面にしかいない。こちら日陰側は整地された辺りに何人か入っている。さて、開始したものの、数投も打たないうちに強い風が吹き始める。すると、ただでさえオモリを背負わないウキ、振り込むのも難儀するほど。更にはシモリと白波で視認性もほぼアウト。偏光グラスは必至。左右の先客は竿が曲がっているようで、今日も私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳となるのか?しかぁ~し、10時を過ぎてじDscf3843Dscf3844きに、よく見えないながらもウキが入ったように感じて合わせると、やったかかりました!おおっ、手応えもグー。やはりグッドサイズだ。とりあえず凸から逃れられてまずはホッ。すると、しばらくしてまたも波の中ウキが入ったように思えて合わせれば、これは素晴らしい2匹目ゲット。連荘ではないが、グーググー(古~っ!)。まだまだ行けるぞ。しかぁ~し、3人組の下ネタ満載の話に右耳がダンボ状態になって、ただでさえウキを良く見なければならない状況なのに、集中力が何処かに吹っ飛んでしまった。風・波がたまに弱まる事があって、その時があたりが見えるグーなタイミングなのだが、残念見逃しが何回か。それでも11時近くなって、そのわずかのDscf3845間にウキが馴染んで返してチクッ!の理想的な動きを見せ、さすがにこれには合わせるでしょう。しばらく間が空いたが、やった3匹目ゲット!こうなると第2目標まで何とか行きたくなるが、何故か風・波が弱くなってもあたりは出ず、11時10分に餌が尽きて一旦終了。結果、トロロの底Dscf3846釣りでは実釣1時間半弱で3匹。この状況では良くやった方ではないか(右隣は結構竿が曲がってますが、何か)。さて、次はどうしよう。ちょうど風・波が収まってきたので、それでは餌を夏・冬・マッハに替えて底を続行だ。いつもより少なめにささっと作ってささっと再開。ん、こちらの方が持ちが悪いぞ。勝負は早めにしないと。が、風・波の再開もほぼ同時で、これは困ったと思っDscf3847ていると、開始して間もなくあたり!そしてかかりました!こ、これは素晴らしい。ひょっとして爆釣もあるかな?しかぁ~し、風・波が強くなるのと同時に、ウキのシモリまた流されがきつくなる。どうも納得し難いが、ウキの馴染みそのものも変わってきたようだ。ただ、風・波の強い状況下では確認が難しい(億劫なのでは?)。そのままズルズルと時間をロス。12時近くなっDscf3848て、再び風・波が弱まるほんのわずかな間のあたりでようやく2匹目。更に次の餌打ちでもあたり!そしてかかりました!連荘か?しかぁ~し、逆向きに上がってきた。右隣からも「尻びれ」「スレ」との声が聞こえてきて、カッチョ悪~っ。さっさと外して再開だ。すると、何と言う事でしょDscf3850う、再開第1投であたり、そしてかかりました!これは素晴らしい。急に高活性となったぞ。こうなると第2目標が・・・。しかぁ~し、すぐに風・波。そして大きくシモる原因も分からないまま、12時33分に餌が尽きてガックリの終了だ。結果、夏・冬・マッハでは実釣1時間20分でこちらも3匹。トDscf3851ロロの底釣りと併せたトータルでは、実釣2時間45分で6匹だ。何故か風・波が収まってきたが、一旦休憩して昼食。その間に状況の変化を見て、続けるか終わるか考えよう。Kさんは昼食休憩なのか、整地された辺りに行って常連さんと話し込んでいる。さて、まだ1時前。このまま帰るのはさすがにモッタイナイと、続行。せっかく湖面が落ち着いて来たのだから、ここは宙だ。しかもセットではなく両ダンゴ。餌はガッテン単体を袋に書いてある通りに作る。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。ハリスがトロ掛けのままなので、そちらも25cmと35cmに交換して「たな」1本での再開は12時55分。一体どれくらいやってないのかも分からないくらい久し振りなので、果たしてあたりが分かるか、また取れるか。すると、餌打ち開始からじきにウキに弱い動きが。ただあたりにはならず、餌を手揉みしたりして調整していると、いきなりのズバッ!が出るが、カラ。その後もフワフワした動きがなくならず、後はあたりを待つだけ?餌の調整は手水を加えて軽くかき混ぜるくらい。すると、Dscf38521時半を過ぎて、馴染んだウキがチクッと小さく入り、これに合わせればやった1匹目ゲット!そうか、大きなあたりよりも、とりあえずは小さくても力強い(と思われる)あたりを取って行こう。ちょどこの頃3人組が終了。最後にどうなるかと思ったが、残念帰りの挨拶は出なかった。惜しい(こちらからもしませんでしたが、何かPART2)。さて、そんなに都合の良い動きばかりが出る筈もなく、毎回餌のタッチを気にしながら打ち続けると、2時前になって、いつあたったDscf3853Dscf3854のかも分からない「かかってます」で2匹目。もちろんカウントですが、何かPART3。更にしばらくして、流されたウキがグッと入って3匹目ゲットDscf3855だ。これでトータルでの第3目標にリーチ。すると、2時を過ぎて同じくチクッで4匹目!トータルでの第3目標もクリア出来、そろそろGWならぬGT(ゴールデンタイム)が来たかな?しかぁ~し、そこから何故かウキの動きがなくなってしまった。Kさんからも芳しくないとの声。今日も両ダンゴの底で通しているが、風・波もあって私同様悩んでいるようだ。さて、餌も残り少なくなった。どうも経時変化しているのではないかと思われるが、とりあえず2桁まで伸びたので、どんどん打って終わりにしよう。すると、何と言う事でしょう、2時半近くなってウキのDscf3856Dscf3857動きが復活。あたりも出るようになる。そして連荘で2匹をゲット。宙だけで第2目標クリアにもなった。それからじきに餌が尽き、2時37分に宙も終Dscf3858了。まさにGTではないだろうか。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間40分で6匹。底と併せたトータルでは、実釣4時間半弱で12匹となった。片付け。Kさんは一足先に終了し、再び常連さんのところに行って話している。片付けを終え、駐車場に戻る。そんなに釣れた訳でもないのに、心地良い疲れが。さあ帰ろう。荷物を積み込み、家路に着いた。
 
エヴリデイ・アングラーはGW終了後も何処かの池で・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年5月 5日 (月)

雨中の釣りはさすがに堪えたが、いつもとは違う雰囲気で楽しめた@大楽地 with パラソルさん、「竹ちゃん」さん、バットさん、大門係長 and 何故か午前中岡ジャミのY川さん

風呂に入った後、不覚にも寝てしまい、10時過ぎの更新となってしまった。
 
今日はパラソルさんと大楽地。ただ、天気が芳しくない。午後から雨の予報にちょっと気が滅入るが、7時半頃に家を出る。もちろん不定期便にならないよう万全の準備をして。途中コンビニで昼食を買っても、池に着いたのは8時10分過ぎか。駐車スペースにはパラソルさんとキアヌさん改め「竹ちゃん」さん(パラソルさん命名)が待っていた。まずは挨拶。バットさんも来ると言うので、談笑しながら待つと、8時半頃にバットさん登場。4人で堰堤を上り、パラソルさんと私は堰堤、バットさんと竹ちゃん(いいのかこの呼び方Dscf3832で?)はジャカゴに入った。上空どんよりしていて、そのうち雨になるのはほぼ間違いなDscf3833い。何処まで持つか?とりあえず準備しよう。竿は13尺で、短時間で結果が出そうな「糸コンセット」を選択。餌は特Sとマッハを水で混ぜた後にペレット状の何かをパラパラさせたバラケと糸コン。パラソルさんは底、バットさんは両ダンゴのチョーチン、竹ちゃん(まだ少し抵抗がある)はバス釣り?さっさと準備した私が多分一番に開始。時刻は9時2分。すると、しばらく打った後にウキがモヤッと動いたではないか。こりゃぁ一番早くゲット出来そうか?しかぁ~し、なかなかその後が出ないまま、いつものように時間だけが過ぎるマズイ展開に。時折弱くあたるような気がして合わせれば、カラ。あっという間に10時だ。頭上からはポツポツと雨粒。まだ大丈夫と傘なしで続けると、ウキがいきなりズバッと消し込んだ!やったと合わせるが、しばらくしてバラシ。ガクガクッ。後から始めたパラソルさんの方が先に竿を曲げた。これはさすがにプレッシャーでしょう。メンタルが弱い私はそれだけでアタフタ。早くDscf3834追いつきたいと餌打ちするが、相変わらずのモヤモヤで焦るばかり。Y川さんは増沢、東ノ谷と巡ってきて、ここでも何故か岡ジャミ。カエルのくせに雨が苦手なのか?なんて余計な事を考えていると、パラソルさんが追い討ち。私も11時頃に再びズバッ!が出るが、またもバラシ。更にもう一度ズバッ!でバラシ。何だかなぁ・・・。ウキの立つ付近にはへらが寄っているのは見えているのだが、昭和新池の好結果?をひきずっているのか大きなあたりばかり気にしてしまい、我を忘れてしまう私。大門係長もやって来て、ジャカゴで竿を出し始めた。さて、時刻は戻るが10時半を過ぎる頃になって、それまではポツポツだった雨粒も次第に大きくなり、いよいよ傘なしではいられない。道具にも覆いをかけ、最近では珍しい雨中の釣りになってしまった。気温が思ったより上がらないので風も冷たく感じ、多分独りでやっていたら帰っただろう。でも、こんな状況での釣りも釣りの醍醐味のうちなんだと自分を慰める(何と言ってもまだ凸なので)。ウキはその後も動き続けたが、ハリス長を変えたり「たな」を変えたり餌付けもと、それなりに何かしてみたが、どうにもあたりを出せずに11時51分にバラケが尽きて一旦終了。Y川さんは帰り、雨は予報どおりに降り続いていDscf3835る。子バス釣りからへらに切り替えた竹ちゃん、それに大門係長も竿を曲げたようで、釣れても釣れなくても自分の釣りを貫いているバットさんを除けば、いよいよ私独りがアウト・オブ・ザ・蚊帳の雰囲気が濃厚になった。帰りたいのはマウンテンマウンテンなのだが、雨足が強くて片付けもままならない(それに元々途中では帰れませんけど、何か)。よし、ここは底に切り替えて続行だ。冷たい雨に打たれながら仕掛けとウキを交換。餌はこれ以外考えられない夏・冬・マッハ。底取りもそこそこに再開は12時8分だ。うん、適当に取った底でも馴染み具合はまあまあだ。昼食を摂りながら餌打ちを続けると、開始30分くらいで弱くウキが返した。来たDscf3836か?じっと竿を持つと、ウキがチクッと入り、これに合わせればやった今度こそかかったでしょう!この手応えならバラシはない。しっかり食っている筈(あくまで個人の感想です)。寄せてみればまあまあのサイズで、やったこれで何とか帰れるぞ。ジャカゴからのプレッシャーから開放されて、一気に気が楽になった。さあどんどん行こう。ウキに毎回のように動きがある訳ではないが、確かにへらはいる。そしてジリジリとウキが返す。そして1時を過ぎ、1匹目から30分が経過しようとするDscf3837頃、じわっと返したウキにあたれあたれと心の中で叫んでいた(声が出ていたかも)ら、やったチクッと入りましたよ!これに合わせて2匹目ゲット。う、嬉しかぁ。既に4匹をゲットしているパラソルさんの半分にまで追いつけた。しかぁ~し、すぐにポツポツと2匹を追加して私を突き放すパラソルさん。私の方も作り過ぎた餌を珍しく捨てながら(昭和新池でもありましたが、何か)終了時刻を2時頃に決めDscf3838て続けていると、1時半を過ぎてまたもチクッ!でやった3匹目。まだまだ釣れそうな気がするが、気持ちとは裏腹に雨により体力はかなり失われている。その後ウキが2、3回動いたような気がしたものの、見過ごしたりカラだったりで数を伸ばせず、2時19分に餌を打ち切って終了となった。餌を捨てなかったら3時過ぎまでやっていただろう。結果、底では実釣2時間10分で3匹。糸コンセットと併せたトータルでは実釣5時間!で3匹かぁ。最初の選択を誤らなかったら、もっと別のDscf3839Dscf3840結果になっていたかもと、今更ながらのタラ・レバ。でも、昭和新池のようにはならなかったが、雨の中の釣りを堪能したゾ。パラソルさんも私に合わせて終了してくれて、2人で雨に打たれながら片付け開始。バットさんが竿を曲げたのを見たが、「たな」はかなり浅くDscf3841なっていた(プチ情報でした)。片付けを終え、続行中のジャカゴの皆さんに挨拶して階段を下りる。ここは注意が肝心だ。ここで滑っては何にもならない。駐車スペースでパラソルさんと挨拶して解散。明日から会社なのに、こんな状況下でお付き合いいただきありがとうございました。さあ、明日は連休最終日。増沢が待っている。が、体力的にはかなりキツそうだ。それに道具も干さないと。いろいろと考えながら池を後にした。
 
P.S.「竹ちゃん」と元竹ちゃんマンさんの「竹さん」とは別人です。
 
もう少し気温が上がれば続行も出来た?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6)

初子の屋台

浜松祭り2日目の4日は町内の初子の家を練りと屋台が巡る。7時少し前に練りの連中、そして屋台が近くの初子の家にやって来た。久し振りに近くで屋台を見たので、写真写真。
Dscf3823Dscf3824Dscf3822Dscf3830
絢爛豪華な屋台に観客もうっとりだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年5月 4日 (日)

久し振りの遠出で2つの池その2@昭和新池 with ザわさん

この記事は一つ前の記事の続きです。
 
車を移動させ、フェンスから堰堤を見ると、堰堤には6人のへら師。あと、駐車スペースのすぐそばの草木に覆われた岸辺に1人いるが、全部で何人いるかは見渡せない。ここは風の影響を受け難いようだ。ただ、へら師の間隔が微妙で、間に入るのは難しそう。面倒でも遠くに入らなければならないか。しかぁ~し、我々が見学していたすぐそばDscf3806の先客が午前中で帰ると言うではないか。ラッキー!そこが空けば入れる。昼食を用意してなかったザわさんは近くのコンビニに買いに走り、私は荷物を運んでベンチで昼食。気温が上がって来て暑いくらい。ザわさんが帰って来て、先客も終了。朝早くないと釣れない、午後は3時過ぎと言って帰った。ザわさんにはカップ麺を奢ってもらい、ごっつあんです。先客の間に私が左、ザわさんが右に入る。さあ準備しよう。昭和池には何度も来ているのに、この池は初めてと言うザわさんは、昭和池と同じ竿と仕掛け。私もここでは底でやった事がないので、今日も糸コンセットから入る事にする。竿は13尺を使用。餌は特Sとマッハに後から何処かのペレット状餌をパラパラと振り掛けたバラケに糸コンだ。先に始めたザわさんから、すぐにへらがウキの近くに寄って来たとの声。そうなの?ひょっとして釣れそう?いつものように「たな」1本での開始は12時15分。すると、確かに数投もしないうちからへらが寄ってきた。昭和池とは雲泥の差に、これからはこちらの池だとザわさん。左隣の先客は両ダンゴの宙で竿を曲げている。それも面白そうだが、まずは結果を出したい。と、いきなりウキが消し込んだではないか!慌てて合わせるがカラ。でも、これは釣れそうな気がしてきたぞ。更に開始10分経たないうちに、またも消Dscf3807Dscf3808し込みで1匹目ゲット!大きい、大きいぞ。う、嬉しかぁ~。更にじきにもう1匹追加して、手応えも充分なので一気にそれまでの釣れなさ感も吹っ飛んだ。ずっと昭和池でやっていたら、この感触は味わえなかっただろう。ザわさんの決断に感謝。そこから少し間が空いたものDscf3809の、3匹目をまたもズバッ!でゲット。全てが30cmオーバー。写真ではサイズが分かり難いが、大きいですよホント。風が背中方向から吹くので振り込みやすく、また波は出にくいのでウキの視認性もバッチリで言う事ナシ。1時を過ぎる。一方のザわさんは、消し込みは出るのだがカラばかり。何がどう違うのかは分からないが、早く結果が出て欲しいのは本人ばかりではありません。さて、1時を過ぎる頃から、餌の経時変化なのか、それともへらが餌に飽きたのか、寄りは変わらないDscf3810ものの、あたりが出なくなる。いわゆるバッタリって奴ですか。1匹は追加して、形の上では第2目標にリーチとはなったものの、状況は悪化の一途。左隣は帰り、左岸奥の見えない場所で釣っているへら師の、へらを寄せる際のバシャバシャという音だけが池全体に響く状況に。ザわさんは相変わらずカラに悩み、私はウキの動かなさを嘆くだけ。ザわさんはいろいろと何かやっているようだが、私は餌付けを変えてみるだけ。何かを足したり、ハリス長を変えたりはしないまま時間だけが過ぎるいつもの展開に。そして2時。右隣の先客も帰り支度か。私もそろそろバラケが尽きる。ザわさんは帰りたがっているが、せっかく遠出して来たのだから、もう少しやりましょう(結局5時頃までやる事になったのだが)。すると、時合が到来したのか、急にウDscf3811キの動きが良くなって、またもズバッ!でやった5匹目ゲットだ。1時間近く釣れなかったのだから、感激もひとしお。それからじきに餌が終わり、2時24分に糸コンセットは終了。結果、実釣2時間余で5匹。途中の失速は反省すべきだが、グッドサイズ連発に大満足。さて、次はどうしようかな。左隣が私より短い竿でやっていたので、それでは11尺にしてみよう。それもトロ掛けで。右の先客が、トロロをあまり食わないようだと言っていたので、ヒゲトロの残りを使いきるつもりで。餌は特Sとマッハ(同じだ!)のバラケとヒゲトロ。と、ここでザわさんの竿が曲がった!それまDscf3812Dscf3814での鬱憤を晴らすかのようなグッドサイズをゲットだ。しかもじきにもう1匹。素晴らしい。私も早く始めよう。「たな」1本での再開は2時40分。すると、へらが寄ってきたのは前半と同じ。そしてズバッというあたりも出たのだが、残念バラシ。ザわさんも3匹目をゲッDscf3815トして勢いが付いたかと思ったが、そこからは何故かバラシの連続。私の方は3時を過ぎてやっと1匹目。バラケを食っていたが、ドンマイ。しかぁ~し、「たも」の中で、食っていない方の下ハリスを切ってしまうアクシデント。何だかなぁ。それでもじきに、またもズバッ!で2匹目。今度はトロロを食っている。いつもなDscf3816ら、さあどんどん行こうと思うのだが、これはなかなか難しいですよ。すると、そこから合わせ切れなのか堪えが足りないのか、上下下とハリスを連続してロスト。これは勿体無いでしょう(鈎とへらの両方にとって)。ウキはまだ動いてはいるが、大きなズバッは少なくなった。どうしても大きなウキの動きだけを追ってしまうので、ひょっとしたらモヤモヤの中にある食いあたりを逃しているのかもしれない。Dscf3817それで、ウキが小さく入る動きに合わせてみたら、やったかかりましたよ!トロロの食いあたりに合わせられて、気持ち良い。が、その後がなく4時。まだ時合は続くと思われたが、次第に風・波が強くなってきた。そして向きもくるくる変わり、まるで真冬のようなビュービュー状態になる事も。それに合わせるかのようにウキの動きも少なくなる。何よりウキの近くに寄っていたへらの姿も見えなくなった。そして最後まで残っていた堰堤の先客2人が終了し、池はバサーを除けば我々2人だけになってしまった。まだ餌は残っているが、ザわさんからは帰るコール。もう少しやりましょうや。そうそう、5時までは(ご、5時という言葉が私の口から出るとは!)。すると、Dscf3818一旦遠ざかったと思われたウキの動きが少し戻ったようで、ズバッというあたりで4匹目。まだやる気を失っていない私(これも珍しい)、トロ掛けでの第2目標目指して頑張ろう。しかぁ~し、あたりは出ないまま5時近くなる。いよいよ終了も止むを得ないか。と、ここでそれまで沈黙を続けていたザわさんの竿がグーンと曲がった!どうやらこれが正真正銘の「上がりべら」だろう。私はもう少し続けたかったが、ザわさんからの帰るコールに耐えかねて終了を決意。残った餌を捨てての終了は4時53分。結果、トロ掛けでは実釣2時間余で4匹。返す返すもハリス切れが痛かった。昭和新池でのトータルでは実釣4時間20分余で9匹。サイズといい数といい、Dscf3819_2満足だ。ザわさんもこれからはこちらの池に来るとの事。片付け。昭和池も含めると約8時間半の長い間傘も出さず日に当たり続けたので、疲れた。多分顔は下半分が真っ黒に焼けているだろう。片付けを終え、6日は増沢でと言う事で、駐車スペースで解散。ザわさんは行きと同じ南周りコース、私も北周りコースでそれぞれ家路に着いた。帰りは多少混雑したものの、それでも行きと同じ1時間くらいで到着出来、たまには遠出(たった1時間くらいですが、何か)もいいかなと思った。さて、5日は大楽地(これも遠出か?)だが、予報では天気が悪そう。何とか持ってくれ。
 
昭和新池、このままの状態が続くならお勧めだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年5月 3日 (土)

久し振りの遠出で2つの池その1@昭和池 with ザわさん

今日は久し振りに遠出して初めて竿を出す。それが昭和池。興奮したのか昨夜は寝付かれず、うつらうつらしたまま朝を迎える。6時。ノロノロと起きて、簡単な朝食。それから入念にトイレ。もう大丈夫か?ザわさんにメールすると、もう到着していると言うではないか。慌てて7時頃家を出る。コースは東名を使って西インターから三ヶ日まで行くのが楽そうだが、三ヶ日にはジャンクションがあり、mapfanで調べたら一筋縄ではいかなそうなので、ここは普通に362で三ヶ日まで行き、そこからレークサイドウェイ、更に海沿いに走ってアスモ目指して行く事に。ザわさんは南から行ったようだ。連休中とは言え、向きが逆なのか道路は空いていて、1時間くらいで楽々アスモ前に到着。そこから細い道に入ってしばらく行くと、昭和新池と駐車場、そしてその奥に昭和池がある。駐車場に着いたので、念には念をとトイレに入ると、出ました不定期便。寄って良かったぁ。細い道をDscf3802入って行くと駐車スペース。そこにザわさんともう1人の車が停まっている。その横ギリギリに駐車して荷物を降ろす。あっ、遠くでザわさんが手を振っている。遊歩道を歩いてDscf3803到着。まずは挨拶。今日は宙で通すつもりだが、消し込みで掛かるのがジャミとの事。私は底でやろう。ザわさんの右に入り、13尺を出す。餌はいつものバラグルセット。風・波があるがと言うと、私が来るまでは湖面は凪状態だったらしい。まさに「風を呼ぶ男」。何とか底が取れ、開始は8時38分。初めて竿を出すので、ちょっと緊張、またワクワクする。それにしても風・波が強いなぁ。ウキがドンブラコと流され、またシモる。これを切っては打ち返すを繰り返すが、どうもウキが動きそうにない。これはヤバイか。すぐに9時。いやまだまだ決め付けるのは早いでしょう。もう少し打って様子を見よう。すると、ザわさんから遠くでモジッたとの言葉。これはやる気が出ます。しかぁ~し、亀だったとのオチ。ガクガクッ。でも、何となくではあるがウキは返しているようにも見え、ひょっとしてあたりが出そうかなと勝手な思い込み。すると、何と言う事でしょう、シモッたウキがスッと入ったではないか。これに合わせれば、やったかかりましたよ!ん、やけに重いゾ。そDscf3804れに引かない。嫌な予感。すると、やはりそうでした、ビッグなミシシッピアカミミガメだ。「たも」からはみ出そう。たまたまハリスが外れたので、何もしなくて済んだ。やれやれ。亀さんにはお帰りいただきました。9時半頃になって、嫌気が差したザわさんが釣りを中断し、散歩がてら新池の様子を見に行った。その間に何とか1匹目と粘ってみるが、残念効なし。10時半頃ザわさんが帰って来て再開するが、今度はジャミあたりも出ないと言う。この程度の事ではビクともしないのが自虐へら師。まだまだ出来るぞ。ただ、新池にはへら師が6人くらいいるが、竿は曲がるしウキの周りにはへらが黒々と寄っているらしい。裏山鹿~。2時間くらい餌打ちしているので、もう少しで餌を打ち終える。そうしたら移動して新池の方へ行くって言わないかな・・・。いやいやここは初めての池、そんな簡単には諦めないぞ。しかぁ~し、周りに何も遮るものがないので、風が強くなるとビュービュー。ウキのシモリも大きくなり、もう少しで餌を打ち終えそうな11時過ぎにザわさんが決断。ここは終了して新池に移動だ。Dscf3805えっと驚いて見せるが、内心はやったと片付け。結果は言うまでもありません。実釣2時間半弱で亀1匹。しかぁ~し、ザわさんの片付けの早さにビックリ。斧で見せたmasaさんの逃げ足の速さに匹敵する。私はモタモタ。そしてフェンスを越えるのだが、最初にやって来て池に入る時、「玉」を痛打してイタタとうずくまってしまったので、慎重に慎重に。やれやれ、何とか終われた。2人で遊歩道を駐車スペースまで移動。初めての池でこんな体たらくではまさにトホホだが、釣れないより釣れた方が良い(まだ分かりませんが)のは当たり前、2台の車はさっさと池を後にするのだった。
 
次の記事へと続く( to be continued! )
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金)

雑感

雨の間にやろうと思っていても、ついつい怠けてしまって出来なかったハリス巻き。昨日遂にストックが切れて、やらざるを得なくなった。昨日ザわさんからは安くてもいいから普通のハリスを使うよう言われたが、まだ黒い糸がある間は使いますよ。それで本来釣れるものが釣れなくても(エッ!)。
 
ずっと書かずにいたが、韓国船沈没、既に半月経っているのに報道が止まない。確かに多くの命が絶たれた事は残念だが、もう報道するような新しい事実はないでしょう(後から後から出てくる対応のお粗末ぶりはあるけど)。そんなにこの事故に対するニーズが高いのかな。私的には韓国ドラマどおりの展開(会社を設立する目的は裏金作り。何かあると企業経営者はすぐに何処かに逃げる)なので、実質オーナーのユ某氏とその家族が事故直後に韓国を離れた(しかも重要な?データが入っていると思われるパソコンの中味を全て初期化して!)と聞いても別に驚きもしないが。
 
今日のモーニングバードでやっていたが、消費増税にかこつけた便乗値上げの件、何を今更でしょう。ただ、諸経費が上がる中でずっと値上げを我慢してきたメーカー等(これも良くないが)とは別に、単に数字上の誤魔化しで実質値上げされているものなど、新聞の折込広告を見れば一目瞭然だ。
それは、それまで内税になっていた価格(消費税5%込み)をそのまま税抜き価格として扱い、それに新しい税率8%をかけるというもの。前にも書いたが、某ホームセンターだけでなく、某スーパー、某ドラッグストア等でも、一目で分かる事をずうずうしくやっているのだ。もちろん良心的な店もあるのだけれども、悪貨は良貨を駆逐するようにならなければ良いのだが。
 
GW本番はこれから。ただ、私には It's no business.
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

短時間の予定がオーバー@増沢池 with 岡ジャミザわさん、最後にKさん and 帰りにすれ違いのバットさん

今日は午後から通院なので、普段なら竿を出さないのだが、昨日まで天気が悪く竿を出せなかった鬱憤を晴らそうと、短時間でもやろうと思い立った。遅くとも1時に終われば問題ない。まずは病院で午後からの予約を取り、そのまま増沢へゴー!ツツジは満開近く、池のそばには藤の花も見える。いい季節になった。駐車場に着くと、やはりGW車が多い。急いで荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ私のいつもの場所から2mも離Dscf3788れていないところで先客が準備中。いくら空いているとは言え、さすがにそこは入れないでしょう。仕方なく挨拶して旧爆釣ポイントに入る。柳の木の奥にも先客。20人近くが入っているのではないか。さあ準備だ。短時間なので底は止めて、トロ掛けにしよう。竿は9尺、餌は特S・マッハのバラケとヒゲトロ。湖面は泥色、風もなく蒸し暑い感じで、早くも汗がジワッ。いつものように「たな」1本での開始は9時36分。すると、数投でウキがモヤモヤ。そして小さく入るあたり!残念カラだったが、こりゃぁすぐにも釣れそうだと楽観。しかぁ~し、その後はいつも通りの弱いあたりらしき動きに翻弄される。合わせても合わせてもカラ。たまにズバッと消し込みが出たりするが、カラだったりハリス切れ(強く合わせていないのに何故?)でイライラしながら1時間が過ぎる。柳の木の奥と橋の下の先客はバシャバシャと竿を曲げるが、右の先客と私だけが静か。更に時間は過ぎて11時。これは困った。トロ掛けだけで終わりそうだ。そのうえ凸となれば、まさにトホホ。Dscf3789Dscf3790しかぁ~し、11時を過ぎて時合?になったのか、あたりが分かり易くなって合う。ポツポツと2匹をゲット。サイズが放流なのは仕方ない。さあどんDscf3791どん行こう。すると、11時半を過ぎて更に状況が好転したのか、3匹目。と、その時背後から声が。そうです、ザわさんが岡ジャミに来てくれたのです。コーヒーも頂き、ゴッツァンです。すると、そこから何故か12時のサイレンまでに連荘も含めて3匹を追加して、さっきまでは思いもしなかったDscf3792Dscf3793Dscf3794第2目標クリアとなったではないか。まさに福の神ザわさんだ。連休中の3日と6日には竿を出せると言うので、ご一緒させてもらう事に。パラソルさんとは日程が合わなかったので、4、5日にでも宜しくとメールしておいた。さて、12時を過ぎてもウキは動き続け、Dscf3795もう1匹追加。まだまだ釣れそうだ。しかぁ~し、バラケがもうない。時間はないけど再度作って続けようか。なんて考えていたら、今日3回目のハリス切れ。今になってとは、まさにトホホPART2。急いで交換したものの、残念何もなく12時15分にバラケが尽きて終了。結果、トロ掛けでは実釣2時間40分で7匹。数は覚えていないが、大半がバラケを食っていた。もう終わろうDscf3796か。いや、ここは底をやろう(何故?)。1時間くらいやって1時半に終わればまだ間に合う。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はいつもの夏・冬・マッハ。しまった、いつも通りに作ってしまった!これを1時間で打ち切るのかぁ。ササッと底を取り、再開は12時26分。すると、すぐにウキが返すようになる。あれれ底なら爆釣なのか?しかぁ~し、ザわさんも見ていたバッチリのあたりがカラ。ゲゲッ、何故だ。その後は馴染む前にあたったりと、さっぱりのまま1時近くなり、ザわさんは帰った。岡ジャミお疲れ様でした。更に1時を過ぎて右の先客も帰り、急に寂しくなった。しかも、急に風・波が強くなって、ウキがシモり流されトップまで水没する始末。これでは釣れません。更に根掛かりで鈎をロストしては、やる気が出る筈もDscf3797なく、早く餌を打ち切って終わろうと終了モード全開に。それでも1時半近くに、シモッたウキがスッと入るのを見逃さずに合わせれば、やったようやくかかりましたよ!サイズはこれまた放流だが、1時間近くかかって釣れたので、嬉しさが募る。しかぁ~し、予定の1時半になった。どうする?よし、2時までやって(餌を打ち切って)今度こそ終わろう。これ以上は伸ばせない。風・波は2時近くになってようやく収まってきて、これなら釣れるでしょう。すると、確かにDscf3798Dscf3799Dscf3800ウキは動いていて、バッチリのあたりが見えるではないか。終了の2時7分までに3匹を追加し、トータルでの第3目標もクリア出来たゾ。それにしても1時間近くロスしたなぁ。Dscf3801結果、底では実釣1時間40分で4匹。トータルでは実釣4時間20分で11匹かぁ。左隣に比べて厳しいなぁ。急いで片付け。と、片付け中にKさん登場だ。今日は段子に行ったらしい。話をしたいが挨拶だけで駐車場に戻る。最早病院に直行しても時間的に厳しくなった。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にするが、帰路途中でバットさんからすれ違ったとのメールが来てビックリ。車が新しくなったので、気付かなかった。そのままモクレン通りをひた走った。
 
明日は風が強いとの予報。ストックが尽きたのでハリスも巻かないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »