« 連続してヘラブナ釣りの番組 | トップページ | 反動か? »

2014年5月31日 (土)

宙は東ノ谷のようにはならない@増沢池 with 岡ジャミKさん

いよいよ5月も終わる。今月はGWもあったせいか(私にはノー・ビジネスだが)、ほぼ2日に1回竿を出した計算になる。そんな訳で、今日も増沢詣で。かなり出だしが遅れ、駐車場着は10時頃か。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、日向側には階段下から深場に向かって5人くらい。へら師の大半は日陰側整地された辺りだが、私が入りたいいつもの場所には先客。更に柳の木の奥にも2人。それでは旧爆釣ポイントにでも入ろDscf4071う。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。先客に挨拶して、さあ準備だ。前回11尺でウキが遠かったので、今日は9尺。もちろん底から。餌は真底単体。あっ、対面坂の下にHRさんとUさんだ。こちら側に入れないので、わざと向こうに行ったのかな。さて、底も取れ、開始は10時29分。ウキが近くなった分、細いトップのものを採用したので、果たして前回とは違う状況になるか?既に風・波は出ているが、涼しくて快感。あとは結果だけ?すると、数投でいきなり馴染んだウキがグッと入った!慌てて合わせるがカラ。これは好結果の予感か?しかぁ~し、その後は何と前回と同じような、馴染んだウキがすぐに返すが、そこから先がジリジリする状況に。柳の木の奥の2人はウキが曲がっている(あとで宙だと分かった)が、私の右の先客は底で難儀している様子。こりゃぁ前回と同じ轍を踏むのか。しばらくすると、返したウキが小さく動くようになるが、これがどうもあたりではないらしく、合わせても合わせてもカラ。まさかブルーではないだろうな。じきに11時を迎える。Kさんがやって来て、岡ジャミ。昨日はmasaさんと鳳来で並んで竿を出したらしい。詳細はmasaさんのブログで御確認のほどを。しばらく見ていたが、どうも釣れそうにないと踏んだのか、奥の整地された辺りへ行った。上空雲が多くなったせいか、白波になってウキの視認性が悪化するが、へらにとっては警戒心が薄れたかもね。それが証拠には、それからじきにウキが入ったように見えて合わせると、Dscf4072Dscf4073Dscf4074やった掛かりましたよ!おおっ、サイズもまあまではないか。11時半までにもう2匹追加して、雰囲気はまさに前回並み。でも、今日はジリジリはいいので、結果が欲しいところ。すると、何となくウキの余計な動きが収まって来た気がして(個人の感想にすぎませDscf4075Dscf4076Dscf4077Dscf4078ん)、12時のサイレンが鳴るまでに何と4匹を追加。ただしサイズは放流チックになってしまった。何だろう、へらのサイズがまあまあの時の方がウキの動きが悪いなんて。奥の方にいたKさんが戻って来て、遠くで私が竿を曲げるのを見たと言う。ボチボチですと答えるが、それからKさんが背後で見ている少しの間には数を増やせなかった。残念。Kさんが帰り、餌も残りわずか。とりあえず第2目標はクリア出来たので、まあまあと言ったところか(宙はさておいて、底は右隣もそうであるように難しい状況)。更に12時半近くなって、雨がパラパラ。Dscf4079Dscf4080遠くで雷も聞こえる。ヤバイ、終わらないとマズイかな。と、何故かあたりが復活して、ポツポツと2匹を追加。こうなると第3目標への欲が出るが、残念何もなく12時38分に終了だ。結果、底では実釣2時間10分弱で9匹。どうも真底Dscf4081が気になるので、次回は餌を夏・冬・マッハに戻してやってみよう。右隣は雨をこれ幸いと終わるようだ。私には雨は止むから続けるように言って帰った。どうしようかな。宙をやって終わろうか。ひょっとして東ノ谷みたいになるかも、と極甘の予想が頭の中を巡り、パラパラ雨の中続行を決める。その前に昼食。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は特S:凄麩を2:3。「たな」は1本と東ノ谷とほぼ同じ仕様での再開は12時55分。まずはウキを馴染ませる。Dscf4082Dscf4083すると、1時を過ぎてウキがモヤモヤ。そしてスパッというあたりが出て早くも1匹目。そうそう、こんな感じで行けば2桁は軽そうなんだけど。その後もウキはモヤモヤが続き、スパッというあたりで1時半までにもう1匹。何となく違うようDscf4084な気がするが、今のところはこんなものでは?1時半を過ぎて3匹目。う~ん、だんだんあたりが出なくなって来たぞ。こりゃぁ全く違うなぁ。気が付くと雨は上がり日が差している。ただ、まだ安心は出来ない。すると、やはりと言うかカラツンのご登場だ。東ノ谷でも出たが、こちらも感じが違う。餌に手水とグルグル。しかぁ~し、カラツンは止まず、消し込んでも消し込んでもカラ。柳の木の奥はあたりが出なくなって来たと言っている。状況も渋くはなって来ているようだ。東ノ谷ではガツガツした連中が多かったが、こちらはお上品に澄ましているのか?ただ、奥があたりが出にくい状況なのに対して、こちらはウキが消し込むのに掛からない。2時を過ぎても状況は変わらず。対面Uさんは帰り、HRさんも時間差で帰った。そろそろGTが来ても良さそうなのに、何だこれは。相変わらずスパッ!でカラ。何度かバラシはあったが、1時間近く何も釣れない状況。奥の2人はそれでもたまに竿が曲がDscf4085るが、私は「あっ!」と言う声を池に響かせるばかり(トホホ)。2時半近くなって、やっとスパッ!で掛かったが、サイズは放流。でも、この状況で文句は言えません。一応第2目標にリーチ。でも達成は難しそうだ。2時半を過ぎ、そろそろ餌が終わる。やはり東ノ谷のように釣るのは無理か。対面へら師は残り少なくなった。こちらは整地された辺りに常連さんが頑張っている。柳の木の奥の2人は餌が尽きたと言って終了。私もどうやらこれで終了となるか。と、何故Dscf4086かスパッ!に掛かって第2目標クリア。GTに近付いたせいかな。何とかもう1匹と気持ちだけは前向き?だが、餌が尽きて終了は2時46分。結果、宙では実釣1時間50分で5匹。水中の様子は見えないが、東ノ谷ほどには寄らなかったのかも。トータルでは実釣4時間で14匹。今日はこDscf4087んなところで勘弁してやろう(トホホ・・・)。先に片付けを終えた奥の2人も帰ったが、池の雰囲気はまだこれから。でも騙されないぞ。片付けを終え、駐車場に戻る。途中バランスを崩しそうになったが、大丈夫OKOK。さあ、さっさと帰ろう。いや、今日もベイシアに寄らなくては。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
途中で寝てしまい、月をまたいでの更新になってしまった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 連続してヘラブナ釣りの番組 | トップページ | 反動か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 連続してヘラブナ釣りの番組 | トップページ | 反動か? »