« 同じ事の繰り返し | トップページ | 癇癪で突然の終了@引佐天池 »

2014年5月 7日 (水)

疲れ切っていても3連荘@増沢池 with Kさん and 遠くにY川さん

連荘で体全体に疲労が蓄積している。今日はとりあえずお休みの予定だったが、昨日よりは風が弱いのでは?とそろそろ動き出した。もちろん行き先は増沢。使い残しの餌を使い切るシリーズ(そんなのあったっけ?)を早く終わらせなければ。駐車場着は9時前。Kさんの車は派手なのですぐに分かったが、Oさんは来ていないようだ。荷物を降ろDscf3860して池に向かうと、定位置柳の木の奥にKさんハケーン。いつもの場所に荷物を置いてから、まずは挨拶。今日も両ダンゴの底で通しているが、餌が合わず苦戦との事。私は餌が合おうと合うまいと関係ない。まずは使い切る事が命題となっている。釣り座に戻り、さあ準備しよう。ゲゲッ、何でいつもこうなんだろう。それまで凪いでいた湖面に風・波。今日こそ穏やかな湖面で前回芳しくなかった細いトップの底釣りをしたかったのに、ガクガクッ。それでもやりますよ。偏光グラスを着用して、竿は9尺、餌はトロロの底釣り。これを2時間以内に終われる量作る。まだあと1回分はあるなぁ(使い切れ!)。風・波でどうにも底取りが難しいが、チョチョイのチョイでOK。後は馴染み具合で(オイオイ)。鈎がギリギリ隠れるくらいの量を餌付けしての開始は9時10分。昨日と同じく振り難い。へら師は対面に6人、こちら側は不明だが、全部で10人は超えているだろう。奥の方からケロケロ声が聞こえるが、そこまで歩いて行く自信がない。今日はお休みなのか?後でメールしてみよう。さて、開始するや否や、ウキに返しが。あれれ意外と高活性なのか。そしてあたり!ビックリして合わせるが、何とカラ。こんな事ってあるか?最初からカラなんて。その後も毎回のようにウキが返してはあたりらしき動き。時にはウキが入らなくなる事も(別の原因かもしれないが)。これで釣れないのだから、単純な私はDscf3861すぐにヒートアップ(オイオイ、古い餌の処分が目的では?)。それでも開始20分経たないうちにあたりに合って1匹目!サイズもそこそこだし、「トロロの底釣り」も捨てたもんじゃないな。ただ、風・波によるシモリと白波、更には地形の問題で背後の山?木?の影でウキの視認性が厳しい。竿が短いのでかろうじてNGにはならないが、それにしても目が疲れそうだ。ウキの動きはその後も続き、カラやスレバラシに悩まされながらもポツポツと9時台には3匹Dscf3862Dscf3863Dscf3864を追加して、前回の結果をクリア。第2目標にもリーチだ。しかぁ~し、10時を過ぎてもうDscf38651匹追加し、第2目標をクリアしたまでは良かったのだが、何故かそこからウキの動きがバッタリ。1回スレて上がってきただけ。10時32分に餌が尽きて一旦終了。結果、トロロの底釣りでは実釣1時間20分で5匹。さてどうしようかな。今日の目的は「マッシュダンゴ」の削減。一体どれくDscf3867らい前に買ったのかも不明(そんな餌ばっかり)。すぐに宙か。いや、まだ時間はたっぷりある。とりあえずは夏・冬・マッハで昨日と比較しよう。再開は10時37分。しかぁ~し、風・波が強くなって、ウキのシモリがひどくなる。餌も多少柔らかめなのか、ずっと見ていれば流され底をするうちに取れてしまう感じ。そこで、早いあたりを取って行きたい。すると、何と言う事でしょう。そんな私に呼応するように、じきにウキが返し、そしてあたりも出るようになる。ただ、掛からなDscf3868い。これはトロロの底釣りの時と同じ。視認性悪化もあってイライラしながら続行すると、11時を過ぎてやっとあたりに合い1匹目ゲットだ。その後はウキが流されて空合わせしては打ち返しの繰り返し。それでも11時半までにもう2匹追加して、何とか第3目標クリアまで持って行きたい。しDscf3869Dscf3870かぁ~し、前回と同様にウキのシモリが大きくなって、ウキが沈没寸前だ。何だろう?餌付けを小さくしてもそれほど変わらない。更に、いよいよ糸トンボの季節がやって来て、これもイライラを募らせる。一方ずっと冴えないと言っていたKさん、しばらく奥の方へ行っていたが、帰ってきてからは私をあざ笑うような(あくまで個人の感想です)好調となり、ポツポツと竿を曲げる。対照的な状況には驚くばかりだ。そのままの状況で最後の1投。もう、あたりが出るか餌が抜けてしまうかのどちらかにならDscf3871ないと仕掛けを上げないぞ。すると、何と言う事でしょう、最後の最後にチクッという抜群のあたり!もちろんこれに合わせれば、やった「上がりべら」ゲットだ!サイズもグーだし、どうしてこれまで釣れなかったのか?そう言えば湖面が少し穏やかになってきたぞ。それであたりがハッキリ見えたのかな。結果、夏・冬・マッハでは実釣1時間20分で4匹。第2目標には残念届かDscf3872なかった。トロロの底釣りと併せた底のトータルでは、実釣2時間40分で9匹。さあ、次はいよいよ今日のメイン・イヴェントだ。と、その前にすっかり忘れていたY川さんにメール。すると、もう帰るとの返事が。オヨヨ。用を足し、立ちながら昼食。おおっ、湖面がどんどん穏やかになっていく。これなら宙もOKだ。餌はもちろん「マッシュダンゴ」単体。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。前回使ったウキは止めて、トップがやや細いものにする。餌落ちを決め、「たな」1本での再開は12時12分。すると、これは困ったウキが馴染まない。この餌が古過ぎてまとまりが悪いのだ。数投打ったところで空合わせをしたら、何と目にスレて掛かってきた。もうへらは寄ってるんだ。後はどうにかしてウキの馴染みを出さないと。そこで、良いか悪いかは分からないが、BBフラッシュを餌にパラパラと振りかけて混ぜてみる。まだ足りない。更にパラパラ。うん、馴染みは出たが、少し持ちが良くないようだ。それでは、と「粘りの素」なる粉をパッパッと振り掛けてみる。別にこれで餌がどうなっても構わないので、適当に。すると、馴染みが出て少し持つようにもなった。やれやれ。これでしばらく打っていたら、何とウキに動きが。そしてズバッというあたりも!本当にこれで良いのかDscf3874はネ申のみぞ知るところだ。Kさんは帰り、開始30分くらい経ったところで、またもズバッ!これに合わせればやったかかりました!釣れた釣れたゾ~ッ。サイズもまあまあだし、これは嬉しいでしょう。しかぁ~し、そこからがまたあたらなくなる。ズバッ!が2回ほど出たが、カラ。弱く入るあたりらしきウキの動きもかからない。2時を過ぎてもウキはまだモヤモヤしていて、グッと入る動きもたまに出る。とりあえずトータルでの第3目標はクリアしたので、後は前回並Dscf3875Dscf3876Dscf3877みにもう2匹。すると、あたりらしき動きにどんどん合わせていったら、ポツポツと3匹を追加出来た。これで一応トータルでは前回並みになったが、もう餌がない。終了は2時頃かな。次はどんな餌でやろうか。ん、ちょっと待てよ。床屋に行きたいなぁ。急に床屋に行きたくなったので、餌を打ち切ったら終わりにしよう。そして最後の1投。すると、何とDscf3878言う事でしょう、最後の最後にズバッ!で見事「上がりべら」ゲットだ。そろそろGTというのも関係しているのかな。時刻は1時57分。結果、宙では実釣1時間45分で5匹。底と併せたトータルでは実釣4時間半弱で14匹。変な餌でも何とかなった。片付け。まだトロロの底釣りもマッシュDscf3879ダンゴも残っているので、もう1回同じシリーズをやらないと。今度は違う池で風のない時にやってみよう(返り討ち間違いなし!)。片付けを終え、駐車場に戻る。日陰は風が吹くと寒いくらいだったが、日向は暑いくらい。体調がおかしくなりそうだ。さあ、ダイシン理容に寄って帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
注)「上がりべら」は1つの釣り方の終わり間際に釣ったへらの事で、一般に言われているそれとは異なります。
 
梅雨に入るまでに何回こなせるか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 同じ事の繰り返し | トップページ | 癇癪で突然の終了@引佐天池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同じ事の繰り返し | トップページ | 癇癪で突然の終了@引佐天池 »