« こんなトロロはどうでしょう | トップページ | 「嫌韓」ではなくて「知韓」で行こう »

2014年6月30日 (月)

釣れそうでなかなか釣れない@増沢池 with ちょっとだけ岡ジャミKさん

昨日バットさんに良い事があったようだが、勿体ぶってなかなか教えてくれない。早く更新してくれ!
 
今日は予報によると午前中はそれほど風が出ないようだ。それでは出掛けようかと思ったが、いつもながらのグズグズで、出発は9時半頃か。駐車場にはそれほど車がなく、Dscf4216OさんとKさんもいない様子。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、私のいつもの場所は空いているが、そのすぐ左と旧爆釣ポイントに先客。これはマズイと奥の方へ行こうとしたら、柳の木の奥にはI尾さん、その奥にも入っているし、整地されたあたりには常連さん。遅れたのが悪いのだが、何処にも入れない!仕方なく、先客に断っていつもの場所に入る。あまりに近いので、私の独り言攻撃に辟易されないよう、充分気をつけなければ。まだ風は出ていない。さっさとDscf4217準備しよう。いつも通りの竿とウキ、そして餌。あれっ、風・波が出て来た。早く底取りしないと。チャチャッと底を取っての開始は10時11分。ウキの馴染みがしっくりこない(またぁ!)ので、チョコチョコやり直していたら、開始数分で「かかってました!」が出たのDscf4218にはビックリ。もちろん隣の先客も。ただ、その時は恥ずかしくて言えませんでしたが、スレ(ガクガクッ)。でも、へらが既にいる事は間違いない。早く1匹釣って安心したいし、常連のように思われているので、そこそこ釣らないと。でも、このところずっと底ではパッとしない結果が続いているので、果たして?左隣は私と同じく底、旧爆釣ポイントの人とI尾さんはトロ掛けのようだ。さて、早くもへらが来ている事が分かったものの、その後連続してバラシが出ると、ウキの動きが悪くなる。それでもいつもよりはウキが動いているようで、白波の中偏光グラス越しにウキの返しも見える。そして開始30分が過ぎる頃、誘いをかけたらチクッ!で今Dscf4219Dscf4220度こその1匹目。更に、ズルッと入るウキの動きで2匹目。まだ11時前。この調子なら今日は2桁楽勝か。何て勝手な事を考えている(口には出ていないと思うが)と、やはり風・波が強くなってウキが流され、またシモリもひどくなって、11時を過ぎる頃からさっぱりの状態に。I尾さんはいつも通りに帰っている。ウキは確かに返しているし、また弱くではあるが入る事もあるので、へらはいる。ただあたらないだけ。先客のお二人はまださっぱりのままらしい。その後もウキは動くものの、何となく放流に切り替わった感じで、あたりらしきウキの動きも何だか軽く見えるゾ(個人の感想です)。風・波が少し弱まると、確かにあたっている。が、何故か見過ごしばかDscf4221り。11時半頃になって、やっとあたりらしきウキの動きに合ったが、やはり放流の感じだ(あくまでも個人の感想に過ぎませんけど)。ちょっとあたりが取り辛いので、ウキ下を微調すれば、更に風・波の中でもウキがスッと入るのが見える。しかぁ~し、見過ごしてしまうか、または合わせてもカラ。一向に掛からないまま12時のサイレン。厳しい~っ!しかも、またもやオモリの脱落。もう餌が残り少ないので、このまま底を止めても良いのだが、それでも次回のためにと餌落ちからやり直し。馴染みもほぼ元に戻ったところで、餌が尽きて終了だ。時Dscf4222刻は12時20分。結果、底では実釣2時間10分弱で3匹。しかも3匹目から1時間くらい何も釣れなかった。それで、気が付けばいつも通りの結果に(トホホ・・・)。さあ、気を取り直して次は宙。と、その前にトイレ休憩と昼食だ。それから竿は9尺に変更し、餌はグルバラ・凄麩・マッハを2:2:1のバラケとベイシアのトロロに感嘆をパラパラさせた食わせ。前回より少し深めの「たな」での再開は12時38分。やはりウキがドンブラコとなって、いよいよトロ掛けで凸の時がやって来たか。めげずに続行すると、そのうちウキがモヤモヤし始めた。よ~し、これからと思いたいが、旧爆釣ポイントの先客が私より長い竿でブルーを釣っているDscf4223ので、こちらもブルーなのか。しかも、目が覚めるような消し込みでカラ。ビックリしたなぁ、もう。しかぁ~し、1時を過ぎて、グッとウキが入るあたりでやった1匹目!バラケを食っているが、ドンマイドンマイ。いやぁ、これで一安心だ。Kさんが岡ジャミにやって来て、奥のほうに行った。さて、ウキはまだ動いているので、寄っているのは間違いない。すると、しばらくして、連荘でDscf4224Dscf4225はないもののズバッ!ズバッ!という消し込みで2匹をゲット。これは素晴らしい。トータルでの第2目標もクリア出来たぞ。が、ここで何故か「たも」の中で上ハリスが切れた。そう言えば前回ハリス同士が絡んだままだったのをそのまま使っていたので無理もない(オイオイ)。でも、下ハリスが切れなかったのは不幸中の幸い(スペアがない)。急いで交換するが、ちょっとハリス段差が縮まった感じだ。でも、直すのは億劫なので、そのままで再開。すると、すぐにウキは動き出したが、Dscf4226あたりらしき動きが出ない。やっぱり段差をもう少し拡げるべきでは?と悩みながらも続けると、2時前になってズバッ!で4匹目。これでハリス段差を拡げるチャンスを逸してしまい、ズルズルと続ける羽目に。2時を過ぎ、Kさんが岡ジャミを終えて帰って行った。隣の先客も宙に変えているが、あたりはあっても掛からない様子。旧爆釣ポイントの先客は逆に宙から底に変えたようだが、良くないようだ。それで、2時半頃2人揃ってカインズホームに行くと言って帰った。お疲れ様でした。さて、時間的にはGT、何とかトロ掛けだけでもう1匹釣って第2目標くらいはクリアしたい。それで、今更ながらではあるが、上ハリスをカットして段差を拡げる。しかぁ~し、今度は拡がり過ぎた感じ。でも、もう縮める事は出来ないので、何が何でもこのままで餌を打ち終えるぞ。すると、3時近くなってウキの動きが一変。ズDscf4227バッ!でやったトロ掛けだけで5匹目ゲットだ!4匹目からジャスト1時間が経過している。段差を拡げる決断をもっと早くしていればと、今日のタラ・レバでした。さて、次の餌打ちでまたもズバッ!やった連荘で「上がりべら」か?しかぁ~し、残念顎にスレ(ガクガクッ)。何で今になってと愚痴の一つも言いたくなるが、とにかく餌を打ち切ろう。そろそろ3時のラス前。すると、Dscf4229グッとウキが入ったではないか!これに合わせればやった「上がりべら」ゲットだ。サイズは小さくなったが、無問題。そして3時3分に餌が尽き、トロ掛けも終了。結果、トロ掛けでは実釣2時間半弱で6匹。底と併せると、実釣4時間半強で9匹。トータルでの第3目標には及ばなかったが、まあこんなものだろう。I尾さんの後に入った人は、静かにやって来て静かに帰った。挨Dscf4230拶くらいしても良いと思うよ。片付け。対面には坂の下と看板横に1人ずつ。橋の上(かみ)ジャカゴの下(しも)にはいつもの人か。深場ダム?そばにも1人入っている。皆さん私より出が遅いが、帰りも遅くて帳尻が合っていると言う事だろう。湖面は時間帯もあって、それまでよりは凪いでいる。もう少しという選択肢を振り払って片付け終了。駐車場に戻る。あっ、Oさんの車。いつ来たのかな。さあ、帰ろう。もちろんベイシアに寄って。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
今日で6月も終わり。早いもので1年の半分が終わった。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« こんなトロロはどうでしょう | トップページ | 「嫌韓」ではなくて「知韓」で行こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こんなトロロはどうでしょう | トップページ | 「嫌韓」ではなくて「知韓」で行こう »