« 韓国人による恥韓論 | トップページ | 限りない愛 »

2014年6月20日 (金)

一転、底では釣れないし型も小さいし@増沢池 with Oさん

今日はギリシャ戦があるが、私が観る事で負けてはいけないと、情報を入れないまま(前半0対0)増沢に向かう。駐車場着は8時半過ぎ。あっ、Oさんの車ハケーン!Kさんはいないようだ。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥にはI尾さんが竿を曲Dscf4174げている。その奥、塩ビ管手前がOさんのようだ。いつもの場所に荷物を置き、I尾さんに挨拶しながらOさんの元へ。その奥には誰もおらず、どうやら私達3人がへら師の全てのようだ。Oさんは今週?は1回だけ鳳来に行ったらしい。結果は聞かなかった。今日はまだ2匹で、2匹目はビックリするくらい小さかったとの事。これはマズイ、前回並みを期待してきたが、凸もありそうな雰囲気だ。Dscf4175釣り座に戻り、さあ準備しよう。ちょっと迷ったが、まだ湖面は凪いでいるし、今日も11尺の底から行こう。餌は真底+冬。しかぁ~し、底取りをしようと思った頃から風・波。予報で午前中はほとんど風が吹かないと思って来たのに、最初からガックリだが仕方ない。ささっと底を取っての開始は9時10分。すると、数投でウキが返す。何だ高活性じゃDscf4176ないか。な~んて甘く見ていたら、開始20分経たないうちに小さく入るあたりで1匹目。そうそう、前回並みの結果は間違いない。しかぁ~し、その後は何故かウキは返すもののあたりが出ない。おまけに細かな白波でウキの視認性が悪化。懸命にウキを見続けるが、あたりが出たかどうか分からないまま、気が付くと10時。I尾さんは前回とは違ってポツポツと竿を曲げる。宙でやっているようだが、底はダメなのか。開始1時間が経った10時10分過ぎに、ようやく再度の底取り。しかぁ~し、今度は餌落ち目盛の微調で付けていたオモリが脱落。もう一度最初からやり直すと、ちょっと餌落ちの位置が変わったが、これが却って良かったらしく、ズルッと入るあたり!しかぁ~し、懸命に堪えたもののハリス切れ。しかもさっき付けたばかりのオモリも脱落だ。ガクガクッ。泣く泣く付け直して再開すると、10時半頃Dscf4177Dscf4178に何故かハッキリしたあたりが出て、ポツポツと2匹を追加。急にやる気になったが、残念ハリスがグシャグシャに絡んでしまった。これを解こうとしたが、無理。しかも上ハリスをカットしたため、風・波が出ている中での交換・底取りは堪えた。更に、モタモタしている間に状況が一変して、ウキは返すがあたらず、の繰り返しとなってしまう。それでも一応ウキ下の微調整やら餌付けを変化させたりしてみたが、アウト。そのうえ、またもオモリの脱落があって、こりゃぁダメだ。11時を過ぎ、I尾さんが静かに帰ったあと、もう釣れないとギヴ・アップ宣言。その後はただ餌を打ち切る事Dscf4179だけ考えての餌打ちマシン化。終わって時刻を確認すれば、驚きの11時40分。何と実釣2時間半で3匹だ。これにはオヨヨ。Oさんのところへ様子を見に行くと、2匹追加しただけ。スレが多いとの事。宙がいいんじゃないかと言われ、そうだな、トロ掛けでもやってみようと釣り座に戻る。竿は9尺、餌はグルバラ・凄麩・マッハを1:3:1とベイシアのトロロ。今日は感嘆なしで。準備をしてから、昼食。ちょうど12時のサイレンが鳴り終わった12時3分に、I尾さんが「たな」を深くしたら型が良くなったと言っていたのを思い出して、「たな」1本よりやや深めで開始だ。目標はとりあえず底と併せての第2目標クリア。すると、開始早々からウキがモヤモヤ。そしてグッとウキが入るのに合わせれば、やった掛かりましたよ!しかぁ~し、右の水草に潜り込まれてアウト。外れてしまった。ガクガクッ。でもまだウキは動いDscf4180Dscf4181ている。そして開始20分くらいが経った後に、グッと入るあたりで連荘ではないが2匹をゲットして、もう目標達成?それではトロ掛けだけでの第2目標クリアと行こう。しかぁ~し、幾らハリス長が短く、またハリス段差も小さいとは言え、かなりの風・波で流されるとあたりも出にくくなる。しかも、何故かブルーがトロロを食ってきて、ガックリ。もちろんお引取り願いました。更に、ズバッというあたりで、堪えに堪えたがハリス切れ。急いで交換しようとハリスケースを開けたら、何とスペアが残り1本。次にハリスが切れたらお終いだ。が、そんな心配など不要なくらい、ウキが動かなくなってしまった。1時。Oさんは終わっていて、奥の整地された辺りに3人いる常連さんと話し込んでいる。対面坂の下と看板横にも3人。それまで日陰で良かった私の釣り座も、左側だけ日が当たるようになった。どうしようか、結構暑いけどもう少しでバラケもなDscf4182Dscf4183くなるし、傘は我慢しようか。なんて考えていたら、特に何かをした訳でもないが、急にウキの動きが良くなって、Oさんが帰った1時半までに2匹を追加。これなら本当にトロ掛けだけで第2目標まで行けるかな。すると、1時半を過ぎてDscf4184しばらく経って、グッと入るウキの動きでやった第2目標クリアだ!しかぁ~し、バラケを食っているにも拘らず、下ハリスが切れている。ガクガクッ。もう交換する鈎はないので、セット用の小さな鈎の付いたハリスで代用。急にウキの動きが良くなってきたのは、そろそろGTなのかもしれない(まだ早いと言う意見も?)。それに、今まではバラケが落ちたと判断すれば、どんどん空合わせをしてきたが、餌も残り少なくなったので、待ちの釣りに切り替えてみる。すDscf4185Dscf4186ると、それが良かったのか、ズバッ!ズバッと2時をまたいで2匹を追加だ。やった最初は考えもしなかった、トータルでの第3目標までクリアしたぞ(最近の結果でも、大体5~7匹は釣れてますが、何か)。その後はウキはモヤモヤし続けたが、あたりを拾う事が出来ず、2時26分に終了となった。思ったより餌が持ったので、傘は差した方が正解だった。結果、トロ掛けでは実釣2時間20分強で7Dscf4187匹。型も数も底よりずっと良かった。底と併せたトータルでは、実釣4時間50分強で10匹。これは釣れたと言って良いのだろうか。暑いのでさっさと片付け。対面の3人と常連さんはまだ頑張っている。今日はギリシャ戦があったので(勝たなければならない試合で引き分けたショックで)へら師が少なかったのか、それとも鮎で?それとも釣れないから?片付けを終え、駐車場に戻る。底が釣れなかったのはショックだが、何かセッティング等に問題があったのだろうか。底取りが全てなのかもしれない。次回もう一度11尺でやってみよう。トロ掛けも、何故か7匹の壁があるみたいで、こちらも宿題山積みだ。荷物を積み、一応ベイシアに寄るべく車を走らせた。
 
暑い、まだ6月なのに暑いぞ!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 韓国人による恥韓論 | トップページ | 限りない愛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国人による恥韓論 | トップページ | 限りない愛 »