« これでお終いにします:昨日の続き | トップページ | 韓国人による恥韓論 »

2014年6月16日 (月)

そこそこ釣れたのに・・・@増沢池 with Kさん

エヴリデイ・アングラーになって、週末はあまり釣行しなくなった。あまり混む中で竿を出すのが辛くなったからかな。と、言う事で、今日は久し振りに早く家を出て、向かったのは増沢。先週あまりに釣れなかったので、少しくらい状況が変わっているのではという甘い考えで。駐車場着は8時半頃。Oさん、Kさんの車はない。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥でI尾さんが準備中。挨拶して、私はいつもの場所に入る。へDscf4146ら師は対面に1人だけか(午前中に早上がりした)。こちら側奥にはまだ誰も来ていないが、そのうち来るだろう。さあ準備するか。今日は竿を11尺にして底から入る。餌は真底・冬。食いが渋いと予想して、餌の持ちを良くする(袋に書いてあった)。まだ湖面は凪状態。早く底を取って始めないと。ゲゲッ、言ってるそばから風・波(トホホ)。まあこの程度なら釣りには影響しないだろう。底取りを終え、開始は8時58分。あまり期待はしていないが、それでもウキが動くくらいは・・・。すると、数投でウキが返すようになったではないか。まさかの高活性?そして何とあたりらしき動きが。しかぁ~し、何故か手が出ず。今日はこの後も何回となくあたりの見過ごしがあった。釣る気があるのか?さて、ウキが返した後にちょっとだけ竿を引いて誘いを掛けてみたら、あたり!そして掛かりましDscf4147Dscf4148たよ!サイズもまあまあだし、やったね。それからしばらくすると、今度はウキが餌落ち付近まで返したのを、餌が落ちたと思って空合わせしたら、何と「かかってます」で2匹目。やはり今日はいつもとは違う。ただ、それが竿を長くしたからなのか、餌の持ちを良くしたからなのか、または単に時合なのかは不明(答えは自明)。ここでKさんがやって来た。先週は3回鳳来に行った。今週も明後日Oさんと行く予定だそうだ。いつもの場所にI尾さんが入っているので、塩ビ管手前に入った。さて、その後9時半を過ぎる頃から、馴染んですぐのチッというあたりに合わせると、何故Dscf4149Dscf4150Dscf4151か掛かる掛かる掛かる。I尾さんなら入れパクと言うかもしれない。途中4匹目ゲットの際に掛かっていない方のハリスが切れたので、ここで調子が崩れるかと懸念したが、再開後第1投で掛かって準連荘。しかも第2目標クリア!これは近頃にない好調だ。このDscf4152Dscf4153Dscf4154ままなら20くらいは楽勝ではないか。しかぁ~し、この欲で状況が変わってしまう。それから何故かカラ・カラ・カラ。更にバッチリのあたりで今日初めてのバラシ。ようやく10時Dscf4155前に1匹追加して、やっと第3目標にリーチがかかったが、残念時間10匹には届かなかった。でも、トータルでの20はいけるかもと、相変わらずの獲らぬ狸。ただ、如何せんサイズがちょっと物足りない。でも、それは贅沢な悩みだろう。対面はもういないし、I尾さんもずっと静かだったので、ひょっとして釣れていないのかも(最後の方でバシャバシャ音がして、11時前くらいに帰った)。旧爆釣ポイントには1人入っている。さて、何となく失速気味の私だが、ここで釣れなくなってはダメだ。まだウキは動いているのだから、何とかもう1匹、いやもう1匹と欲を出そう。ただ、早めの馴染んですぐのあたりが合わなくなって来たので、躊躇してDscf4156Dscf4157Dscf4158Dscf4159Dscf4160Dscf4161Dscf4162Dscf4163_2見逃してしまい、それではとしばらく待てば餌が落ちる、これではまさにいつか見た夢の続きか。釣っている最中にはかなり失速した感じがあったが、よくよく考えると、これがいつもの私(しかも上出来状態)。前半は出来過ぎだ。そのDscf4164後もポツポツとあたりを拾い、途中出て来た風・波に難儀しながらも、終了の11時1分までに8匹を追加だ。結果、底では実釣2時間余で17匹。前回とは比べものにならない好結果だ。さて、ここで一旦休憩して、トイレとちょっと早めの昼食。竿を9尺に替え、仕掛けの通りトロ掛けをやる。食わせはベイシアのトロロに感嘆を少々。バラケは凄麩にBBフラッシュを混ぜる。後で、これが余計だったのではと気付いたが、時既に遅し。省資源釣法では餌を捨てるなど以ての外なのだ。そんな事も知らずに、前回と同じ「たな」での再開は11時21分。午後は風・波がほぼ出放しだったが、それでも開始早々からウキが上下。そしていきなりズバッというあたりで、堪えたのだが上ハリス切れ。やはりバラケにあたっていたか。急いDscf4165Dscf4166で交換すると、またもズバッ!で今度は堪えました。そして更にもう1匹。開始30分経たないうちに2匹出れば、私にしては上等だ。このまま行こう。しかぁ~し、またもズバッ!で、竿が引き込まれ糸鳴りもビーンというのを3回まで堪えたが、残念下ハリス切れ。スレていたのかなぁ・・・。すると、そこからはウキの動きが悪くなり、モヤモヤズルーズルーと上下するウキに手を出すべきか迷いながら12時のサイレンを聞く。Kさんは今日の予定が終わったようで、奥の方で岡ジャミ。I尾さんが帰った跡には、Kさんの知り合いが入っている。さて、30分くらい何もないままDscf4167Dscf4168だったが、12時半近くにやっと3匹目。開始1時間でこれかぁ。何もかもバラケのせいだ(オイオイ)。更にこの頃カラが出始めていたが、その正体はブルーだった。手の平くらいのサイズばかりでかくて何の役にも立たない奴(私の事Dscf4169ではありませんよ)。当然池からは出て行ってもらいました。12時半を過ぎてもう1匹ゲットして、ようやくトロ掛けだけでの第2目標にリーチとなったが、そこからが本日のハイライト?風・波もあるかもしれないが、ウキの動きがほとんど出なくなり、釣れない状態が続く。旧爆釣ポイントも竿が曲がらなくなった。逆GTなのか。そして1時。これは困った。何とかもう1匹。しかぁ~し、消し込みでまたもハリス切れ。ガクガクッ。Kさんが岡ジャミにやって来た。午前中は竿が曲がっていたと言われ、底はそこそこ釣れましたと返事。I尾さんが4回くらい竿を曲げたのも見ていたらしい。塩ビ管手前から見えるのかなぁ。と、1時半近くなって、小さDscf4170く入るあたりらしきウキの動きに合って、ほぼ1時間ぶりの5匹目。サイズも30cm近くあるし、やったぁ・・・。しかぁ~し、Kさんから思いもよらない言葉「小さいなぁ」。え~~っ?今日はこれでも良い方なんですけど。すると、塩ビ管近くでは40cmくらいも釣れた。30cmなど掛からないと。そんなぁ。今まで数が出たと喜んでいたのが、一気に萎んだ。Kさんは柳の木の奥の知り合いのところに行き、竿が曲がるのを見て、柳の木を境にへらの大きさが変わると言う。ショボン。後少しでバラケが尽きるので、それで終わろう。しかぁ~し、急にウDscf4171Dscf4172キの動きが良くなる。そしてズバッ!ズバッ!で2匹をゲットだ。特に2匹目は今日一番のサイズ。色もグー。これなら柳の木の奥にも負けないでしょう。一応写真を撮ったが、気になって採寸。35cmはあった。今日はこれで勘弁してやろう。採寸でモタモタしたため、残りの数投は特に何もなく、1時45分に終了。結Dscf4173果、トロ掛けでは実釣2時間20分強で7匹。数字的にはいつも通りだった。トータルでは実釣4時間半弱で24匹。時間5匹はクリアしたものの、ちょっと寂しいのは何故だろう。片付け。ゲゲッ、湖面が凪いで来ている。Kさんが言ったように、まだやれと言う事かな。でもやりません。片付けを終え、塩ビ管手前にいるKさんにはメールで終了を報告し、旧爆釣ポイントには挨拶して駐車場に戻る。暑くて息が弾んでしまう。これからもっと辛くなるぞ。さっさと荷物を積み、いつものコースであるベイシアへと車を走らせた。
 
竿と釣果は関係あるかも。次回は塩ビ管手前でグッドサイズを狙おう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« これでお終いにします:昨日の続き | トップページ | 韓国人による恥韓論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« これでお終いにします:昨日の続き | トップページ | 韓国人による恥韓論 »