« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月31日 (木)

このくそ暑い時に

我々が良く知っている「うなぎパイ」のパクリ製品が韓国で発売されているとの記事が東京新聞に出ていたらしい。好意的に解釈すると、大久保にある「うなぎパイ」ファクトリー」に見学に行ってインスパイアされたようだが、形くらい変えろよと言いたい。まあ、類似品は国内にもあるようだが、それにしても決まって「独自開発」とのたまうのは何故だろう。かの国ではオリジナリティーという概念がないのか。
更に気分の悪くなる記事がもう一つ。韓国でマグロの養殖が本格化するらしい。これもリンク先の下の方まで読んでもらうと分かるが、事前に近畿大の水産研究所を「視察」している。それにしても日本人はお人よしやのう。
他にもロイヤリティーを払うのが嫌でイチゴの苗を盗んだり、牛の精液も盗んだりとの疑惑が。「開発費より交通費の方が安い」という考えが根底にあるようだが、隣の国としては迷惑の一語。
 
暑くて堪らない時に、更に気分が悪くなる
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2014年7月30日 (水)

予定通り休竿

今日はのんびり起きて竿も出さず。銀行と買い物で午前中過ごした。
昼前に気になって、増沢にいるKさんにメールしたら、6時半からやっているが4匹との返事。釣れないし状況も変わりそうにないので、午前中で終わるとの事。
確かに今までの釣り方では難しいのは最近の結果で承知しているが、私以外でもやはり釣れなくなっているのか。
しばらくはこの状態が続くと思う。他の池でも多分同じようなもの(個人の感想です)なので、家でゴロゴロが正解かもね。
 
でもゴロゴロは却って体力の低下をもたらしそう
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (5)

2014年7月29日 (火)

結局のところ「定点観測」@増沢池 with Oさん and 午後から岡ジャミKさん

今日までからっとした天気が続くと予報で言っていたので、それではと用事のついでにゴー!残念ながら?行き先は増沢。yurieさんからお叱りを受けたばかりだが、昨日のリベンジをするつもり(返り討ちもある)。10時頃駐車場に着くと、あっ、久し振りのOさんの車ハケーン!何処に入っているのかな?深場かな?とりあえず荷物を降ろしていつもDscf4351の道からいつもの場所へ。あれっ、誰かいるぞ。降りてみると、Oさんと常連さん、それにI尾さんだ。Oさんが竿を取られたが、回収したところ。I尾さんは柳の木の奥でやっていたが、予定した数を釣ったので終了との事。す、素晴らしい~。何でも、ダンゴは食わないので下ハリスを60cmにしたセットで釣り込んだとの事。ふむふむ、宙をやる時に参Dscf4350考にするかな。とりあえずいつもの場所に荷物を置き、奥まで行ってOさんに今日の状況を訊くが、最初のあたりで竿を持って行かれたらしく、これからだと。なかなか厳しそうだなぁ。竿は14尺で、これ以下だと根掛かりするらしい。頭上の木の枝もあって、私には荷が重そうだ。定点観測と言われても、いつもの場所に入ろう。柳の木の奥もちらっと頭を過ぎったが、サウスポーの私では11尺が右の木に掛かるので、結局のところいつもの場所だ。さあ準備するか。最初から風・波が出ているが、それでも11尺で底から入る。餌は夏・冬・マッハ。水量をちょっと多くしたのか、いつもより柔らかくなってしまったが、今更何かを足す事はしない。底を取り、開始は10時32分。すると、馴染みはそこそこだが、やはり右から左へゴンブラコ。その際に底で擦れて餌が抜け落ちている感じ。いつもより早めのインターバルになって、餌の消費が激しくなった。私の準備中に1人やって来て、柳の木の奥に入っている。奥の様子は分からないが、私も隣も黙々と餌打ちしている(個人の感想です)。何故か風・波は次第に強くなり、ウキの返しが出ているのか、あたりはあるのか中々分かり辛い。30分、1時間と時間が過ぎるが、開始1時間を過ぎたあたりで、堪らなくなって餌にへらスイミーをパラパラ。これで少しは餌が底に落ち着くかも。すると、ウキがズルッと入った。もちろん合わせるがカラ。更にしばらくして、波の中今日初めてのあたりらしきウキの動き!残念合わせられなかった。その後、何となくウキに動きが出て来た気がして、シモッたままのウキに反応したら、しまったスレた!バラシ。12時のサイレンが聞こえ、開始1時間半を認識。こりゃぁリベンジどころではない。凸も視野に入れなければ。と、隣の竿が曲がった!やられた、と思ったが、スレとの声にホッ。が、私の方も消し込むようなあたりでまたもスレバラシ。更に、チクッというあたりでもスレバラシ。うわぁ~、辛い、辛いぞ。もう餌がほとんどない。隣は再度竿を曲げ、今度は口に掛かったようだ。裏山鹿~。すると、時合なのか急に私の方もウキの動きが良くなって、Dscf4352フワッと返したウキがグッと入るのに合わせれば、やった今度こそ掛かったでしょう!これは外れませんよ。「たも」に納めてまずはホッ。サイズもそこそこだし、凸も免れた。ただ、とてもリベンジとは言えないなぁ。まだウキは動いていて、次の餌打ちでもあたりらしき動きは出たが、カラ。その後は何もなく、いよいよ最後の1投。すると、チクチクッというウキの動き。そしてウキDscf4353が入ったまま。首を傾げながら合わせると、やった掛かりましたよ!「上がりべら」ゲットだ!しかぁ~し、引きがおかしい。ドヨーンと重いのを引き上げれば、ガックリ「上がり亀」。おまけにハリスを切られた。何でこれが最後の1投なんだ!時刻は12時30分。結果、底では実釣2時間でDscf43541匹。トホホの結果だ。私なりに頑張ったつもりだが、お叱りは覚悟しよう。さあ、次は宙。と、その前にトイレ休憩と昼食。それから、竿はそのままで仕掛けをウキを交換。更に、上ハリスは10cmくらいにカットし、下ハリスは約50cm(最初からそれくらいにカットしてあるので、これ以上長く出来ない)として、そうです「お」でやるんです。バラケはグルバラ・マッハ。「たな」は前回のままで再開は12時59分。休憩中は穏やかだった湖面は再び風・波。ドンブラがあるのなら、「お」ではなくトロ掛けにすれば良かったか。今更変更はありません。とにかく餌打ちすると、数投でウキがモヤモヤ。これは?そしてウキが立ってすぐにズルッと入り、Dscf4355これに合わせると早くも掛かりましたよ!ひょっとしてスレかと思ったが、鈎を呑んでいただけ。前回の事もあるので、う、嬉しかぁ。しかぁ~し、「たも」の中で暴れてハリス切れ。急いで交換して再開すると、今度はバラケが抜けてからズバッ!しかぁ~し、バラシ。なかなか続かないなぁ。と、いきなり左から大きな声。ビックリして見ると、何とKさんだ。今日はどうかと訊かれたので、昨日も今日もダメダメと答えると、奥の方へと向かった。それにしてもビックリしたなぁ、もう。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、何故かウキの動きがなくなる。太陽が左から照らし出したので、釣り台の位置を下げて対応。ついでに、「お」が底に着かないよう「たな」も上げる。すると、この「たな」が良かったのか、ウキの動きが出て来た。でもDscf4356あたりにはならない。そのまま餌を打ち続けたら、2時近くになってウキがズバッ!これにバッチリ合わせると、やった掛かりましたよ!バラケを食っているが、ドンマイ。次のズバッ!はスレバラシだったが、2時を過ぎるとGTなのかウキがスパッと視界から消える気持ち良い消し込みで次々とDscf4357Dscf4358Dscf4359へらをゲット!気が付けば「お」だけで第2目標をクリアしている。一体何だろう。しかぁ~し、「たも」の中で暴れられてまたもハリス切れ。急いで交換するが、再開すると状況が一変。1回はあたりがあったものの(カラ)、そこから先はウキが全く動かなくなってしまった。2時半頃Kさんが岡ジャミ終了で戻って来た。明日は竿を出すとの事。岡ジャミお疲れ様でした。さて、さっぱりのまま時間だけが過ぎる展開に、「たな」をいじってみるが効果なし。どうやらバラケが経時変化で粘ったのが原因かも。でも、何かを足したりはしない。手水で柔らかくするくらい。3時を過ぎた。対面にはいつものご夫婦が竿を出している。暑くないのか?と、隣が竿を曲げた!おっと、それなら私の竿も曲がってDscf4360おかしくない。なんて勝手に思い込んでいると、何とズバッというあたりで6匹目ゲット!今になって何故、と思うが、釣れれば嬉しいでしょう。5匹目から1時間が経過している。風・波も収まって来たし、今度こそが本当のGTかな?しかぁ~し、そこから再びあたりが出る事はなく、3時35分Dscf4361にバラケが尽きて終了。結果、「お」では実釣2時間半強で6匹。底と併せれば実釣4時間半で7匹かぁ。前回とは格段の差。やはり、状況に応じた釣り方をしないとダメだ。ただ、セットはバラケが難しい。今日も途中からバッタリだったのは多分経時変化ではないか(へらが回遊していなくなった?)。次回はトロ掛けでやってみようかな。片付け。見ると、常連さんも終了したようだ。Oさんがこちらに手を振ったように見えたが、ハッキリしないので振り返さなかった。それにしても、昨日もそうだったが、空気が乾燥しているのか爽やかな風が吹いていたので、汗もなく過ごし易かった。片付けを終え、柳の木の奥に挨拶して駐車場に戻る。常連さんは皆さん帰ったようだ。随分遅くなったが、私も帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
明日は多分お休みです
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月28日 (月)

今日はこれくらいで勘弁してやろう(トホホ)@増沢池

今日から猛暑でなくなるとの予報に、早々出掛けました増沢。駐車場に車は少なく、荷物を降ろして池に向かうと、あれれへら師は対面深場旧流れ込みに1人と、こちら側は整地された辺りに1人見えるだけ。KさんもOさんもいない。これはマズイぞ、マズイ。きっと釣れないに違いない。湖面は凪いでいるのに、やる気がちょっとだけなくなるが、Dscf4344せっかく来たのだから楽しまないと。いつもの場所に入って、さあ準備だ。竿は11尺で底から。餌は夏・冬・へらスイミー。しかぁ~し、底取りをしようと思ったら、いきなり風・波。風でかなり体感温度が下がるのはありがたいが、波はなぁ。波が大きくなる前にと、ささっと底取りを済ませての開始は8時31分。馴染み具合に留意しながら、また竿を引いての返し出しをしながら餌打ちを続けるが、一向にウキが動き出さない。開始30分くらい経った頃、ウキがフワッと返した気がしたが、その後は何もなく時間だけが過ぎる展開。そろそろ1時間が経過しようとする頃になって、ようやくあたりらしき動きが出たが、カラ。よ~し、ここからだと気合を入れようとすると、それに同期するような強い風・波。予報では午前中は風が弱い筈なのに、何だこれは!餌打ちもままならないくらいの風・波でしばらくやる気が出ないままの餌打ちとなる(いわゆる餌打ちマシンって奴ですか?)。ウキは右から左へドンブラコ。ゴミも流れて来てイライラは募る一方。気がつけば10時。これは困った。奥の方からも、ウキは動くが掛からないとの声。対面もダメらしい。でも、私以外は皆さん静かにへらを寄せるので、ひょっとしたら釣れているのかもしれない。それでも10時を過ぎる頃から、多少風・波が弱くなった感じ。そしてウキにも動きが。が、あたりらしき動きに合わせてもカラ。更には空合わせしたら、宙にいるへらに擦れてしまった。ガックリ。しかぁ~し、後でどんなあたり?と思っても思い出せないが、Dscf4345とにかくウキに変化があって、反射的に合わせれば、やったようやく掛かりましたよ!これは絶対にバラせないぞ。慎重に寄せれば、サイズはそんなでもないが、とにかく凸を脱したと言う事で、まずはホッ。さあどんどん行こうと言いたいが、餌が残り少ない。ウキの動きがなくても一応餌打ちのインターバルに留意した結果だろう。更には連続してスレバラシが出てしまい、どうやら底はこれでジ・エンドかな。開始2時間を過ぎ、いよいよ最後の1投。私にしては粘りに粘って、返したDscf4346(餌が抜けた?)ウキがスッと2目盛入るあたり?に合わせれば、やった「上がりべら」ゲットだ!これは嬉しいゾ。サイズも尺近くある。やれやれ、だ。時刻は10時45分。結果、底では実釣2時間15分で2匹。何かがマズかったのか、それとも本当に時合にならないのかは不明だが、言えるのは凸でなかったDscf4347と言う事だけ。いつもながら、何故か餌が尽きる頃になると風・波が弱くなるのは何故だろう。とりあえずトイレ休憩。今日は出が早かったので、昼食は買ってない。次の宙が終われば終了だ。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はグルバラ・凄麩・マッハを2:2:1のダンゴ。ゲゲッ、また風・波が出て来た。でも再開は10時56分。う~ん、やはりウキが思うようなところに立たない。それに、何故かウキの馴染みが出ないぞ。いや、出たり出なかったりだ。餌をしっかり付けているつもりなのだが、何故だろう。しばらく打ち続けるが、ウキがドンブラコと流されるのもあって、次第に嫌気が差してくる。開始30分くらい経った頃、餌にBBフラッシュを振りかける。すると、次の餌打ちで、ウキが馴染みながらググッと動いたではないか。これは結果が出たか?いや、ウキが動いたのはその1回だけ。再び黙々と餌を打つ時間。それに、一旦は馴染むようになったと思われたダンゴが、再び馴染みが悪くなってしまう。そこで、今度はへらスイミーを少々。最近の私なら絶対にやらない「何かを足す」、それで餌が増えてしまった。うん、さっきまでよりはウキがしっかり馴染むようになったぞ。しかぁ~し、ウキに動きナシ。そのまま12時のサイレン。風・波は収まらず、ウキもドンブラコ以外には動く気配もない。1回だけ不可思議な消し込みが出たが、カラ。へらはいるのかな。「たな」を浅くしたり底近くまで深くしたりとやってみるが、いずれも効果が出ない。特にあたりが出ると言う訳ではないが、結局元の「たな」に落ち着いた。12時半。そろそろ餌が尽きる。宙は底より悪かった。トロ掛けでもやれば良かったか(アフター・フェスティヴァル)。餌に練りを加えてみるが、どうにもならず12時52分に無念の終了だ。結果、宙では実釣2時間弱で凸。トータルでは実釣4時間15分で2匹。まさにトホホ。今日は前回のような残業はありません。片付け。非常に涼しくて汗もDscf4349かかず、気持ち良く釣りが出来たが、結果は残念だった。今日は水面にへらの集団が塊を作って移動している。背ビレをバシャバシャやるのが見えるので間違いないだろう。これと釣れないのとは関係あるのかな(多分ないでしょう)。片付けを終え、トボトボと駐車場に戻る。腹が減ったので、ベイシアで買い物のついでにスガキヤでラーメンでも食うとするか。荷物を積み、とっとと池を後にした。
 
釣れないと書く事がないので、文章が短くなるのは仕方ないか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年7月27日 (日)

法事に行ってきた

暑い中親戚の49日法要に行ってきた。人が亡くなるのは仕方ないにしても、自分の知っている人だとやはりショックは大きい。無事に天国に向かったと思いたい。
最近もっとショックだったのは、まだ20代の知り合いが亡くなった事。長期療養の病気や事故と言う訳ではなく、突然の病。残された奥さんと幼子3人の心中(しんちゅう)とこれからを思うとやりきれなくなる。
 
猛暑も今日で一段落らしいが、油断は禁物だ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年7月24日 (木)

ショック!

東ノ谷で「本ぬけ」9尺の穂先を取られてから、ずっと振り出しの9尺を使ってきた。穂先だけ買うのがベストだが、釣具店でもパーツの割引はないらしく、穂先だけでも7000円(税抜き)近い出費は堪える。
月曜日、東海釣り具へ餌を買いに行ったが、その帰り、イシグロで中古竿でも見ようかと立ち寄ったところ、何と「本ぬけ」9尺が出ているではないか。13000円余(税抜き)だったが、状態はかなり良さそう。しかぁ~し、持ち合わせが足りなくて、後ろ髪を引かれる思いでその場を立ち去ったのだった。
一旦は諦めかけたのだが、日が変わると次第に気になって仕方ない。穂先だけ買うよりよっぽどいいぞ。あれだけ綺麗な状態なら新品と同じだ。水曜は休みだから、木曜になけなしの金を下ろして買いに行こう!と遂に決断。
今朝、金を持って一目散にイシグロに向かったが、何と言う事でしょう、何処を探しても見当たらない。売り切れていた。ガクガクッ。竿を買った残りで、車で轢いてしまったウキケース(接着して使用中)でも買おうと目論んでいたのだが、それもショックで買えず、すごすごと家路に着いたのだった。
下ろした金は何処かにしまっておかないと、どんどん消えていってしまう。それにしても、残念の一語。もう2度と出会う事はないだろう。
 
当面は振り出し9尺にお世話になるしかない
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年7月23日 (水)

いつもの釣りに戻った@増沢池 with Kさん

竿とウキを回収してから初めての竿出しになった今日は、やけに早起きしてゴー!駐車場着は8時前(これにもビックリ)!と言っても、かつては4時起きで5時開始だったので、随分堕落してしまったものだ。Kさんは既に来ている様子。私も車を停めて荷物を降ろし、池に向かう。暑い、言いたくないが暑い。いつもの場所は空いているが、柳の木のDscf4324奥にはKさんではない人。その奥にKさんか。とりあえず荷物を置き、先客に挨拶して奥に向かう。まずは挨拶。今日は底から始めたが、釣れないので両ダンゴの宙に変えたところ。私があまりに早いので驚いたようだ。かつては・・・。へら師はもう1人がそこから更に奥に。あまり釣れそうにないが、私はいつもどおり底から行こう。釣り座に戻り、さあ準備だ。竿は11尺、餌は夏・冬・へらDscf4325スイミー。傘をセットしてから、昨日ある程度までやっておいた仕掛けの続きと底取り。これに手間取ったのか、開始は8時27分。早起きして来たのに・・・。しかも、この場所の宿命なのか底の状態が良くなくて、ウキの立つ位置によっては馴染みが変わってしまう。まあ、いつもの事なのでダマシダマシ餌打ちを続けると、開始30分経たないうちにDscf4326ウキの返し、そしてあたり!やったと合わせるがカラ。すると、次の餌打ちで、馴染んですぐのチクッ、でやった1匹目!どれくらい釣れるのかは見当がつかないが、とりあえず凸は脱した。が、その後はウキは動いていて小さなあたりらしき動きもあるのに、このところのカラツンオンパレーDscf4327ド。9時を過ぎ、ズルッというあたり?で2匹目をゲットするが、どうも納得出来ない。餌のタッチやら餌付けだけでは解消しないのかな。その後もあたり?に合わず、合ったと思えばハリス切れ。次第に餌打ちマシン化しそうな感じを振り切って続行すると、2匹目から30分で3匹目。更に10Dscf4328Dscf4329Dscf4330時にかけてもう2匹追加。思いもよらない第2目標クリアだ。しかぁ~し、急にウキの動きが悪くなる。何だろう、あたりも出ないし。そして無理に合わせた?ら、竿先が水中に引き込まれる強い引き!これはヤバイですよ。早く外れてくれと願うが叶わず、あちこち引っ張りまわされて「たも」に納めると鈎が外れている。いずれにせよスレに間違いはありません。ただ疲れただけ。その後は特に何もなく、10時23分に餌が尽きて底は終Dscf4332了。結果、実釣2時間弱で5匹。釣れないと言われている中ではまあまあだろう(納得はしていないが)。さあ、次は宙。と、その前にKさんの様子を訊きに行くと、両ダンゴでもさっぱりだったので、トロ掛けに変えたとの事。そして竿が曲がっている。私はこれから両ダンゴの宙をやるつもりだが、最初からトロ掛けにした方が無難かもね。でも両ダンゴ。釣り座に戻り、竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はグルバラ・凄麩。「たな」は前回のままで再開は10時39分だ。ちょっと風が出て来て、傘もあるので仕掛けが振り難くなったが、何とか。しかぁ~し、ウキに動きナシ。ひたすら打ち続けると、ウキがモヤモヤ。そして11時を過ぎDscf4333てウキがグッと入り、これに合わせて1匹目!サイズは底とあまり変わらないが、とりあえず凸を・・・(以下同文)。ただ続かない。その代わり、20cmくらいのバスが掛かった(何故?)。もちろん池からはご退場願いましたが、何か。その後も餌打ちのペースを守って打ち続けると、11時半頃に2匹目。そして11時半を過ぎるとサイズアップした3匹目が出る。ウキがしっかり馴染Dscf4334Dscf4335Dscf4336んだ後の力強いあたりでゲットしたので、何となく嬉しい。すると、しばらくしてまたもグッと力強くウキが入るあたりで4匹目!おおっ、今日一番のサイズではないか。ひょっとして昼休み前のGTか?しかぁ~し、寄せる途中で食っていない方のハリスが竿掛けに絡んでしまうアクシデント。そして、何故か両ハリスが切れてしまう。せっかく調子が出掛かったところでのトラブル、これはヤバイですよ。さっさと直したいが、両方とも切れてしまったので、ハリス長を決められない。確か25cmと35cmだったような(あやふや)。そのようにセットするが、何となく段差もスッキリしない。そのまま再開するが、ウキの動きがそれまでとは全く違ってしまった。やはりハリス長なのか。気持ち上ハリスを縮めるが、まだ変だ。そこで、下ハリスもカット。すると、ウキが馴染む様子は改善されたものの、馴染んでからのウキの動きは回復しない。餌の経時変化もあるかもしれないが、もう打つ手はないので、そのまま続行だ。しかぁ~し、あたりが出る事もなく12時のサイレン。そしてやった第2目標クリアかと思ったあたりも、寄せる途中で外れた。ガクガクッ。どうやらこのまま終了となってしまうのか。いや、そんな簡単にギヴ・アップはしまDscf4337せん。と言っても、「たな」を浅くするだけですが、何かPART2。すると、4匹目から1時間経った12時半過ぎに、ようやく5匹目。いやぁ、長かったなぁ。ただ、その後は期待出来そうになく、12時42分に餌が尽きて終了だ。結果、両ダンゴの宙では実釣2時間余で5匹。トータルでは実釣4時間で第3目標には届いたが、こちらも何となく釈然としない感じ。実は、今日はDscf4338底と宙を1回ずつやって終わる予定なので、昼食は用意してない。それで、釈然としない感じはあったが終わるつもりだった。しかぁ~し、まだ早いジャン!気が変わって、もう1回餌を作って1時間くらいやってみよう。もちろん両ダンゴで。餌はへらスイミー:マッハを1:2で、1時間くらいで使い切る量を作り、休みもなく再開だ。「たな」は元に戻し、餌はあまり揉まず大きめに餌付けして(早く終わらせるため)どんどん打っていくと、じきにウキは動き出したが、あたDscf4339らない。それでも1時を過ぎてグッと力強く入るあたりらしきウキの動きに反応すれば、やった掛かりましたよ!奥の方から、既に終わっているKさんから「大きい?」と声が掛かった。いやいや、大した事はありませんよと返しながらも、う、嬉しかぁ。しかぁ~し、何故か掛かっていない方のDscf4340ハリスが切れている。急いで交換して再開すると、じきにグッと入るあたりで2匹目。今日は、「目にも止まらぬ消し込み」は出なかったが、力強くグッと入る(もちろん個人の感想です)あたりで掛かる事が多かった。そして1時半を過ぎると、同じようなあたりで3匹目!これは素晴らしい。そDscf4341んなに期待していなかったので、嬉しさも一入(ひとしお)だ。しかぁ~し、意識的なのか無意識なのか不明だが、次第に餌付けが小さくなってくると、あたりが出なくなる。ひょっとして(ひょっとしなくても)まだ釣れるかもと欲が出てしまった感じが裏目だ。そして予定時刻をちょっとだけ過ぎた1時55分に餌が尽きて終了。結果、実釣1時間15分で3匹。トータルでは実釣5時Dscf4343間15分で13匹。腹が減っているので、さっさと片付け。柳の木の奥はそっと帰っている。対面にはいつものご夫婦。暑くないのだろうか。片付けを終え、駐車場に戻る。帰りが楽なら、この池どんなに素晴らしいか(へとへと)。今日はほぼ通常の釣りになった。数が出る訳でもなく、凸でもない。まあこんなものでしょう。荷物を積み、何処にも寄らずに池を後にした。
 
そろそろ常連さんがいる日陰に行く時期が来たか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月21日 (月)

ウキ、回収!

この記事は一つ前の続きです。
 
P1000090一夜明けて、海(磯?)用の「たも」を持って池に向かう。ひょっとして元の位置にはないのでは?と心配になったが、坂を下りて探せば、ありました。早速「たも」を伸ばしてウキを掬おうとするが、仕掛けが付いていて、しかも水草に絡まっているのは昨日と変わりなく、何度も失敗しながらも何とか「たも」に入れた。しかぁ~し、今度は手前に持ってくる途中で、岸辺の雑草が繁茂しているところに落としてしまう。これがギリギリ手が届かず、間違って私自身が池に落ちたら何をしに来たのか分からなくなってしまう。慎重に、あくまで慎重にゲット!やれやれ、心配していたトップの折れもない。これでウキの作者であるyurieさんに顔が立ったぞ。意気揚々(汗だくではあるが)で家路に着いた。
 
大昔買って一度も使った記憶がない「たも」が役立つなんて
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2014年7月20日 (日)

釣れないうえに余計なトラブルまで@増沢池 with 途中までKさん

今日は特に竿を出す気もなかったが、予報で風がないというのを見たら、つい出掛けてしまった。後にして思えば、これが災いの元。駐車場着は9時前か。車の数はかなりある。あっ、Kさんの車ハケーン!もし入る場所がなければ、別の池に行こう。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、私のいつもの場所は空いているが、柳の木の奥に2人。Dscf4319その奥、塩ビ管手前にはKさん。荷物を置き、先客に挨拶しながらKさんの元へ。すると、今日は全然ダメとの事。両ダンゴでやっていたが、トロ掛けに変えたところ。その奥にも数人入っている。対面ダム?そばにも2人。10人くらいはいるか。休日にしては少ないなぁ。最近は土日はほとんど竿を出さないので分からないが、こんなものなのかな。釣り座に戻って、さあ準備だ。いつも通りDscf432011尺の底から入る。餌は、しまった冬が切れていたのを忘れてた。それで、いいかどうかは別にして、夏・へらスイミー・マッハを2:1:1に水1.5を作ってみる。うん、手触りはまあまあ。後は餌の持ち具合だなぁ。ちょっと波が出て来たが、全体的には凪なので、ささっと底を取り、開始は9時21分。柳の木の奥の2人も釣れないと言っているが、何とか底で1匹。すると、何と開始数投であたり!しかぁ~し、残念これを見過ごしてしまった。でも、この調子ならじきに釣れるだろう。な~んて甘い考えでいたら、その後はさっぱり。何かしらウキに気配があるので、魚はいるのだろう。でも、釣るまではへらなのかブルーなのか分からない。その後もウキはモヤモヤ、たまに小さくあたるような動きを見せるものの、これがカラ。もちろん前回同様ウキ下の微調やら餌付けやら工夫してみるが、ダメダメのまま時間だけが過ぎる。気が付けば開始1時間が経過。旧爆釣ポイントに1人入っている。今日はさっぱりというKさんが早上がりして、岡ジャミにやって来た。昨日は2時間で2桁行ったらしいが、今日は散々だと。Kさんが見ている前で2回くらいウキが動いたが、カラ。頑張ってと言い残してKさんは帰った。お疲れ様でした。さて、あまりの体たらくに、もう一度底を測り直す。そして再開すると、しばらくして竿を引いて誘Dscf4321い?をかけたら、ウキが返す途中でチクッ!これに合わせればやった掛かったでしょう!う、嬉しかぁ。サイズもそこそこだし、凸も脱する事が出来たので、一気に気が楽になった。風・波が出て来てウキの視認性が悪化するが、それでも懸命にウキを見続けると、11時前にシモッたウキがスッと入り、これに合わせDscf4322て2匹目。やれやれ、だ。さあどんどん行こう。ん、空からポツポツ。ゲゲッ、雨!どうしようかな。じきに止むかな。しばらく考えていたが、やはり傘を出す事にする。後で日が差してきてもOKだしね。どうせ当たらないだろうと、仕掛けは放置してへらバッグと竿ケースをゴソゴソやっていたら、ゴン!と言う音。振り返ると、何と言う事でしょう、竿がスイスイ進んでいくではないか。既に手の届く位置ではないので、車に戻ってリール竿を出す。とにかく急がないとと言う事で、いつもとは違って全速力で駐車場に戻り、ハアハア言いながら橋まで行って竿を探すと、対面坂の下からやや下(しも)に浮いているのをハケーン。橋を渡ろうとしたら、ゲゲッ、確か付けたままだった筈のルアーがない!釣り座に戻って探すが、見つからないので、底取りのオモリで代用だ。急いで橋を渡り、坂を下りる。後で気が付いたが、竿はもう動く余地がない(水草に掛かっている?)ので、慌てる必要はなかったのだ。息絶え絶えでオモリを竿の近くに落とすが、丸いので掛からない。それに、少し動いたと思ったら、水草にほぼ寄る感じで、却って取り難くなってしまった。割と近いので、今度は普通の竿と仕掛けで、鈎に道糸を引っ掛ければ何とかなりそうだ。橋を戻り釣り座で12尺の竿と仕掛けを持って、ゲェゲェ吐きそうな感じで橋を渡り坂を・・・。日頃の運動不足(運動しない!)で息が上がり、汗はシャツもズボンもびしょ濡れになるくらい噴出している。息を整えながら仕掛けを落とすが、水草に引っ掛かって思うようにならない。それでも何とか引っ掛けて寄せようと思うが、竿に付いている仕掛けが水草に絡んでしまった。無理して引っ張れば、何とか竿は回収。しかぁ~し、残念ウキの上から道糸が切れて、ウキは水草の上。何度も仕掛けを落とすが、水草に掛かるだけで埒が開かない。12時のサイレンも鳴って、体力気力ともに尽き、ウキは諦める事に。でも、今度来る時に、海用の長い「たも」を持って来よう。それなら掬えるかもしれない。もちろんそれまでウキが同じ場所にあればの話だが。疲れ果てて坂を登るが、途中吐き気で休憩しないと進めない。何とか橋を渡って釣り座に戻り、釣り台に座るが、とても続行出来る状態でもなく、地面にブルーシートを敷いてその上に横になるしかない。体中汗びっしょりなので、そよ風でも体に心地良い。そのまま30分くらい(個人の感想です)横になって何とか体力も回復。いつもDscf4323なら余る水筒のスポーツドリンクも飲み干してしまった。よれよれで片付けだ。旧爆釣ポイントの人は、凸だと言って帰っている。さあ、とりあえず駐車場に戻らなければ。いつもよりゆっくり歩いて、何とか車に戻る。この状態で、今日は米を10kg買って帰らなければならない。もちろんベイシアで。このびしょ濡れの体で店に入っていいものか。いや、とりあえず行こう。荷物を積み、よろよろと池を後にした。
 
10kgの米の重い事!早く帰ってシャワーだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月17日 (木)

これ、やってみ!

「みずきの女子知韓宣言」というサイトで見つけたもの。
 
日本版ポリティカルコンパス     
 
私もやってみたが、何と思いもよらない?結果となった。
 
Datas
 
暇つぶしにはなるかも。設問の数が多いけど、めげないで
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年7月16日 (水)

途中からカラツンのオンパレード。釣れない@増沢池 with HRさん and 短時間の岡ジャミKさん

またまた増沢でスミマセン。ちょっと風があるが、まあいいでしょう。駐車場着は9時前。あれっ、Kさんの車がいつもと違うところに停まっているぞ。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥には知らない人。いつもの場所に荷物を降ろしてから、先客に挨拶しながら奥に向かうが、塩ビ管奥と整地された辺りに1人ずつ。Kさんはいない。おDscf4306かしいなぁ。確認のメールを打ってから、準備開始。今日も底から行こう。竿は11尺、餌は夏・冬・へらスイミー。ゲゲッ、波が出て来た。前回のような完全凪を予定して来たのだが、こりゃぁダメだ。でも、とりあえず底も取れたので、開始は9時11分。と、Kさんがやって来た。今日は時間が取れないので様子を見に来ただけ。昨日は良く釣れたそうだ。スポーツドリンクを頂いた。ごっつぁんです。柳の木の奥の人とも知り合いのようで、しばらく岡ジャミをして、明日は多分来ると言って帰った。さて、ウキに動きなく、前回のように竿を引いて返しを出していくが、白波でウキの視認性があまり良くない。それで、小さくあたっているかどうかは不明のまま開始30分が過ぎる。すると、ウキの返しが出て来た。これはこれは・・・。前回並みの結果もあるかもね。いきなりの消し込みも出たりDscf4307して(カラですが、何か)これは期待出来そうだ。そして小さなあたりで1匹目。やれやれ、これで気持ちが落ち着いたゾ。しかぁ~し、10時を過ぎての次のあたりはやや大きめ。これに合わせると、ゲゲッ凄い引き!間違いなくスレだ。散々あちこちに引っ張られた挙句が、尻びれから上がって来て、予定通りとは言えガクガクッ。ただ、まだこの頃はあたりに合う事が出来て、じきに2匹目。更に3匹目。10時半頃に4匹目とまあまあの状態か?しかぁ~し、Dscf4309Dscf4310Dscf4311何か変だぞと思い始めてもいた。次第にあたりに合わなくなって来ている(個人の感想?いや事実です)。一応第2目標にリーチとなったので、何とかもう1匹。しかぁ~し、バッチリのあたりがカラ。ウキ下の微調、餌のタッチ、餌付け等試みたが、全く掛からない。はっきりしないが、ほぼ毎回のあたりで10回は連続してカラを打った。「熱いぜ!」と大きな声が出たかも。結局かすりもせず10時51分に餌が尽きて無念の終了。結果、Dscf4312底では実釣1時間40分で4匹。餌の消費が激しくて、いつもなら2時間は持つ筈の餌が足りなかった。あまりに悔しくて次も底にしようかと思ったくらいだ。だが、予定通り次は宙(オイオイ)。カラツンは次回のお楽しみと言う事で・・・。一旦休憩して、まずはちょっと早めの昼食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はグルバラ・マッハと何処かで聞いたようなブレンド。そして「たな」は前回のままで再開は11時9分。すると、すぐにウキに動きが。そしてあたりらしきウキの動きも出始めるが、一向に掛からない。おかしいなぁと思っているところへ、HRさん登場。お久し振りです。旧爆釣ポイントへ入った。さて、合わせれども合わせれども掛からない。これは何だと思っていたら、小さくチクッと入るあたりでやった掛かりましたよ!が、なかなか寄らない。そしてようやく口がこちらを向いて「たも」の近くまで寄せたが、ここで何と痛恨のバラシ!反動で仕掛けが・・・(前回と同じ展開か?)。かろうじて仕掛けを水面に叩きつけて事無きを得たが、何で外れたのか?でも、これなら凸はなさそうだ。な~んて高を括っていたら、何とそれからはほぼ毎回のように出るあたりらしきウキの動きに合わせても合わせてもカラ。消し込みだろうがグッと入ろうがチクッとあたろうが、全てカラ。ハリスを少しずつ縮めたりもしたが、状況は変わらず。いつもなら12時近くになるとウキの動きが良くなるのに、今日はさっぱりだ。12時のサイレンが鳴って、餌にも手を加える。が、これが良くなかった。それまではカラではあるがウキが動いていたのに、押し練りを加えたばかりにウキの動きが激減。ぶら下がるようになって、その後少しずつウキが返してくるの繰り返しになってしまった。それで、餌を解して再度ボソ状態のようにしてみると、少しはウキの動きが改善されたものの、あたりは出ない。更に、そろそろ餌が終わるという頃になって、カラを打った鈎がその上にいたへらにスレてしまい、これも散々暴れられた挙句に腹から・・・(以下省略。ガックDscf4314リ)。そしてそのまま餌が尽き、12時56分に無念の終了だ。結果、底では実釣1時間50分で凸。ただただ疲れた。さあ、終わるか。ん、まだ1時前。それならもう1回何かやろう。本来なら餌を変えて両ダンゴでと言うところだが、そうだな、9尺でトロ掛けでもやってみよう。餌はへらスイミー・グルバラ・凄麩とフジッコのトロロ。HRさんはずっと竿が曲がらなかったが、お茶を飲むために竿から手を離した時に消し込み!が出て1匹をゲット。やはり竿を通して殺気が伝わるのは間違いなさそうだ(あくまで個人の感想です)。「たな」は前回のままで再開は1時6分。すると、何と言う事でしょう、数投でいきなりの消し込み!そして掛かりDscf4315ました?いや、バラシた。ビックリしたなぁ、もう。すると、次の餌打ちでまたもズバッ!今度は掛かりましたよ。ようやくトータルでの第2目標クリアだ。いやぁ、長かったなぁ。太陽の位置が悪くなって左半身が暑い。傘をセットするが、その間に何かがあって、またもやカラツンのオンパレードになってしまった。トロ掛けの場合、カラツンに対応するにはどうすれば良いのかな?バラケが良くないのは多分間違いない。これは後で何かしよう。その前に、少し長めではと気になっていたハリス段差を詰めてみるが、カラツンは変わらず。バラケには手揉みやら餌付けやら対処してみたが、抜けるのが早過ぎる?そこで、BBフラッシュを一握り加Dscf4316えて軽く混ぜると、ウキの動きが変化。2時を過ぎて、やっとズバッ!に合って2匹目。バラケを食っているが、気にするな。1匹目から1時間が経過している。この辺りでは大分やる気を失っており、餌打ちマシンというより早く終わりたいの一心で餌打ちしていたが、ひょっとしてGTがやって来Dscf4317たかと、ちょっとだけやる気が戻る。すると、しばらくしてまたもズバッ!に合って3匹目。これは素晴らしい。まだまだ行けるかもよ。柳の木の奥は常連さんだったようで、もう帰っている。さて、この調子ならトロ掛けだけで第2目標クリア?と獲らぬ狸の何とやらが出るほど気持ちは明るくなっていたが、そんな甘い考えはすぐに消えて、今度はバラケの経時変化なのか、ウキがモヤモヤするだけで終わってしまう。そのまま3時。今度こそ餌打ちマシンだ。HRさんもそろそろ終了か。奥の方の常連さんも帰り支度?その後も餌を打ち続けるが、GTには程遠くあたりもたまに出るがカラ、のまま3時半。HRさんは終了。奥の方も帰ったか。私はまだ少しだけバラケが残っているので、それを打ち終えて3時35分に終了。結Dscf4318果、トロ掛けでは実釣2時間半で3匹。トータルでは実釣6時間!で7匹。時間1匹とは寂し過ぎるの一語。片付け。今日はトホホ以外の何者でもなかったが、カラへの対応をほぼせずに、後回しにしたのが悔やまれる。その場で対応しないと、次回はまた1からになってしまう(分かっちゃいるけど止められない!ってか)。片付けを終え、とぼとぼと駐車場に戻る。今日はもう何処にも寄りたくない。荷物を積み、とっとと池を後にした。
 
明日はどうする?どうする?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月14日 (月)

底も宙も後半失速@増沢池 with Kさん and Oさん

エヴリデイ・アングラーは最近週末は竿を出す事がなくなった。やはり土日はウィークエンド・アングラーのために開けておかないと。と言う事で、週の始めは増沢。とりあえず家にいる間に雨は降ったので、予報どおりもう雨はないと。駐車場着は10時頃か。晴れでもなく曇りでもなく湿気が充満している感じ。あっ、OさんとKさんの車ハケーン!今日は釣れてるのかな?急いで荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥にKさん。いつDscf4290Dscf4291もの場所に荷物を置いて、まずは挨拶。今日は釣れないとの事。Oさんも苦労していると言われ、やる前からガクガクッ。そのまま深場へ向かうと、塩ビ管奥にI尾さん。その奥、整地された辺りにOさん。なかなか厳しいようで、今日もまだ4匹。トボトボと釣り座Dscf4292に戻り、釣れても釣れなくても最善を尽くそう(な~んてね)。湿気が纏わり付いて、べたべたする。湖面は多少波はあるものの、ほぼ凪。さあ準備するか。竿は11尺で底から。餌は夏・冬・へらスイミー。今日は一緒に作った。底も取りやすく、開始は10時18分。う~ん、確かにウキはすぐには動き出さないなぁ。しばらく餌打ちが続く。あまりに返さないので、竿尻を引いてまで返すようにする(誘いの意味で)と、開始30分経った頃からウキが返すようになった。しかぁ~し、予定外の雨。もう降らないと思っていたが、急いで荷物にはシートを掛け、傘をセット。急に竿が振り難くなった。が、そんな中、初めてのあたり!しかぁ~し、残念カラ。でも、急にやる気が出る。すると、11時前になって、返したウキがムッと押さえるような動き。これに反応すると、やった掛かりました!しDscf4293Dscf4294かぁ~し、ハリスが絡んでしまう。最初はいつものように我慢しながら解こうと思っていたが、次第にイライラしてきてプッツン。急いで交換すると、次の餌打ちで、馴染んで返してチクッ!やった連荘?だ。11時を過ぎているので、ひょっとして午前中のGTかも(最近多い?)。すると、竿尻を引いて誘いを掛けたらDscf4295Dscf4296ムッ!で3匹目。更に11時半頃になって、ウキがズルッと入ったのでヤバイスレかもと思ったら、口の横でセーフ。釣れないと思っていたが、第2目標にリーチにまで漕ぎ着けたゾ。雨は断続的に降っていたが、この頃には止んだ。I尾さんは帰っている。どれくらい釣れたのだろうか。さて、この頃から次第にウキの動きが小さくなり、あたりらしき動きは何故かカラになってしまう。ちょっと無理目のあたりらしDscf4297Dscf4298きウキの動きに合わせたら、大きな鱗(残念!)。何とか12時のサイレンが鳴るまでにもう2匹追加して、第2目標はクリアしたものの、その後餌が尽きるまでカラのみで終了となってしまった。もちろんウキ下の微調やら餌付けやらは手を付けたが、効果はなかった。時刻は12時28分。結果、底では実釣2時間10分Dscf4299で6匹。凸かもしれないと思いながら始めたので、まあ充分でしょう(コラコラ)。竿尻を何度となく引いて誘いを掛けたのが効果的だった気がする。さあ、次は宙。と、その前にKさんのところに行って状況を訊く。もう少しで終わるとの事。最初は両ダンゴだったが、途中からトロ掛けに変えて2桁にはなったようだ。素晴らしい。私もこの後宙で頑張ってみよう。釣り座に戻り、まずは昼食。それから竿はそのままで仕掛けとウキを交換だ。餌は前回と同じグルバラ:凄麩を2:3の両ダンゴ。そして前回と同じ「たな」での再開は12時49分。太陽が左に移動して木陰がなくなったので、傘は必須。が、傘が左で私がサウスポー。ますます釣り難い状況になってしまった。Kさんは釣りを終え、奥の常連さんのところで岡ジャミか。さDscf4300て、餌打ちを始めてじきにウキに動きが。あたりらしきウキの動きも。そして1時前にグッと入るウキの動きで1匹目。やった底よりずっと大きいゾ。色も地べら風だし。しかぁ~し、下鈎を食っているのに上ハリスが切れている。何だこれは?さっさと交換するが、段差が気持ち縮まった気がすDscf4301るので、上ハリスを詰める。すると、1時を過ぎて、またもグッ!で2匹目。これもグッドサイズだが、またも下鈎を食っているのに上ハリスが切れている。解せん!再度交換するが、何となく段差が気になって仕方ない。またも上ハリスを詰める。この頃から、餌の経時変化なのかウキのDscf4302動きが悪くなる。手揉みだけでは対応しきれないか。Kさんが帰った1時半を過ぎて、餌がぶら下がった状態でのズバッ!が出て3匹目をゲットするが、これもグーなサイズ。一応ではあるがトータルでの第3目標と両ダンゴだけでの第2目標にはリーチとなった。が、ウキの動きはどんどん悪くなって疑心暗鬼が募り、2時を過ぎるまであたりらしきウキの動きにも手を出せなくなってしまった。餌のタッチは量が少ない事もあって変えられず、餌付けだけでの対応だ。Dscf4303Dscf4304それでもたまに出るズバッ!で2時半までにポツポツと2匹を追加。5匹目は今日一番のサイズで、おそらくは35cmオーバーだろう。これでトータルでの第3目標と両ダンゴだけでの第2目標はクリアしたが、今ひとつパッとしないので、ここは「上がりべら」と同時に底と同じ数の6匹目を狙おう。そして、2時半過ぎにウキが小さくチクッと入るあたりに手を出したら、やった掛かりましたよ!しかぁ~し、傘が邪魔で思うように寄せられない(それまでもそうだったが)。竿を右の方へ出すと水草に頭を突っ込まれてしまうし、とにかく懸命に堪えて、ようやく前を向かせて「たも」に近付けたと思ったら、何と「たも」のすぐ前で鈎が外れ、反動で仕掛けが頭上の木の枝に。もちろんどういう状況かは分からないので、闇雲に引っ張ったところ、ゲゲッ、ウキの下から道糸が切れてしまった。アウト!アウトだ。それにしても、散々手こずらせた挙句のバラシって何だろう。確かに口にかかっていた筈なのに、と今更ながらの時間よ止まれ(太田博之さんですが、知ってるかな?)。それはさておき、これからどうするか。餌も残り少ないので、ここで終わっても良いが、どうせ次回までに仕掛けを作らなければならないのは同じ。それなら現場施工しよう、と私にしては珍しい前向きな態度。指先が思うように動かず(方言で「ぶき」と言う)イライラしながらも、何とか出来たので再開するが、じきに3時のチャイムが何処からか聞こえてくる。その後も餌を打ち続けたが、最後の最後の辺りでようやくウキが動き出したものの、万事休す。3時20分に無念の終了だ。結Dscf4305果、宙では実釣2時間10分(仕掛け作り含まず)で5匹。トータルでは実釣4時間半弱で11匹。どうだろう、まあまあかな(オイオイ)。片付け。湖面は凪いでいて、まだ充分出来そうだ。常連さんも何人か残っている。Oさんはまだやっているのかメールしてみたが、返事がないのでおそらく帰ったのだろうと、特に奥まで見に行く事もせず、片付けを終えてさっさと駐車場に戻ったが、あれれまだ車があるゾ。やいやい困ったなぁ。再びメールで次回また宜しくと連絡して良しとした。さて、今日は久し振りにベイシアにでも寄って帰るとするか。汗を拭き吹き池を後にした。
 
梅雨明けまでは汗だくだくの辛い釣りになる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月12日 (土)

圏外はポイントゼロ?

Kengai
先日圏外の話を書いたが、一旦収まったと思ったら、今度はその数が異常に増えた。これはバグ以外の何者でもないでしょう。ブログ村は早く改善して欲しいものだ。
 
ポイントはあるのに圏外って?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年7月11日 (金)

台風一過の増沢 with 今日はこちらが気付かなかったOさん

予報ではしばらく雨はない。台風が通過した後の強風が心配だが、とにかく出掛けました増沢。途中風が強かったので、こりゃぁ釣りは出来ないかと思ったが、とりあえず到着。車は数台停まっているが、何故か今日に限ってしっかりナンバーを確認しないまま荷物を降ろして池に向かう。あっ、私のいつもの場所にバサー。声をかけると、意外や好青年だった。ちょうど終わるところだと言う。片付けの間、何故竿を数本持っているのかと訊いたら、付ける仕掛けの種類で使い分けるとの事。彼は帰りにも挨拶して行った。Dscf4271バサーにもいろいろあるんだ。先入観は禁物!奥には整地された辺りと塩ビ管近辺にいるようだ。さあ準備しよう。風・波が強そうなので底は止めて宙?しかぁ~し、風はあっても湖面はそんなに波立っていない。これはどうしよう。でも、最初に決めた通り宙、しかも前回凸(短時間ではあったが)だった両ダンゴで行こう。仕掛けが出来ている11尺で行く。餌はグルバラ:凄麩を2:3。オモリがかなり重く付いていて、ウキもそれなりのものになってしまったが、ここはそのまま行こう。「たな」1本での開始は9時28分。餌のタッチ、大きさ等不安を抱えたままだったが、15分ほど打っているとウキがモヤモヤ。これは前回もそうだったので別に驚きはしないが、問題はこれからだ。すると、大きなあたDscf4272Dscf4273りではないがウキがグッと入り、これに合わせれば嬉や1匹目ゲット!更にしばらくして2匹目。これは素晴らしい、な~んて写真を撮っていたら、左から声が。あっ、Oさんではないか。塩ビ管奥に入っているが、浅い方に誰か入ったのが見えて確認したら私だったとの事。今日は私が気付かなかった。失礼しました。台風一過で良く釣れる。既に2桁。底でやっているが、宙の方が釣れそうだと言う。俄然やる気になると同時に、プレッシャー!最近の斧の様子も教えてもらったが、堰堤が好調だと言われても、私には入れません。Oさんが戻り、再開。すると、10時を過ぎて「かかってます!」で3匹目。鈎を呑んでいるが、それでもあたりが分からなかった。トホホDscf4274Dscf4275Dscf4276(ウキのせいにしておこう)。その後も消し込みで2匹を追加し、10時半までに第2目標Dscf4277Dscf4278Dscf4279Dscf4280クリア。本来ならもっと釣れるのだろうが、私にしては上出来だ。更に11時までに4匹を追加して、予想もしなかった第3目標にリーチ!素晴らしい(もちろん私にとって、だが)が、これは餌のタッチとか餌付けとは無関係な時合です。11時を過ぎてじきに10匹目。やった第3目標クリア!まDscf4281だ時間も餌もある。何とかもう1匹。しかぁ~し、ズバッと入るあたりで「上がりべら」かと思ったら、「たも」に入るか入らないかのギリギリでバラシ。何でだぁ~。しかも、次の消し込みでは顎にスレてしまった。どうやら「上がりべら」は無理か。今日は気温も上がり湿度も高くて、本来なら汗だくだくなのだが、やや日陰でしかも風が適度に吹いているので、午後になって直射日光にDscf4283当たるようになるまでは結構過ごし易かった。さて、いよいよ最後の1投。拝むように餌打ちすれば、ズバッというあたりでやった「上がりべら」ゲット!時刻は11時24分。結果、両ダンゴの宙では実釣2時間弱で11匹。アームが良ければ倍以上も可能だったろう。竿と仕掛けを片付け、Oさんの元へ。塩ビ管近くかと思ったら、更にその奥にいたので、そこまで行くのに結構しんDscf4284Dscf4285どい(オイオイ)。朝方より調子は下がって、ポツポツのペースになってしまったらしい。でも、ウキは動いていた。釣り座に戻り、まずは昼食。それから餌を作る。グルバラ・マッハのバラケとフジッコのトロロ。それから竿を出す。9尺。ん、風向きがアゲンストになってしまったぞ。これはマズイ。でも、始めない訳には行かない。と言う事で、「たな」1本強での開始は11時49分。ん、ちょっとバラケがバラけ過ぎるかな。いやいや、こんなものでしょう。が、特にウキに動きなく12時のサイレン。その後1回だけウキがスッと入ったが、カラ。どうやらへらは寄って来たかな。そして開始30分経たないうちに、グッDscf4286とウキが入るのに合わせて1匹目ゲット。そうそう、こんな感じ。しかぁ~し、両ダンゴでそこそこ釣れたから、トロ掛けなら更に釣れそうと勝手な判断だったが、これが大外れ。ウキのモヤモヤはあっても、それらしい動きは出ない。もちろん風で同じところにウキが立ち難いと言う事もあるが、どうやらバラケが良くなさそうと、BBフラッシュを一掴みパラパラと入れてかき混ぜる。すると、ウキの動きは良くなったが、あたりらしきウキの動きは全てカラ。何だかなぁと思いながら餌打ちマシンとなってしまった私、気が付けば1時だ。やいやい、こりゃぁ困ったもんだ。「たな」を上下すればそれなりにウキは動くが、1回鱗が掛かっただけ。次第にウDscf4287キ下が短くなるのは仕方ない?1時を過ぎて、日が当たりだした。暑い。厳しい。それでもほとんどバラケが抜けたと思った瞬間に弱くスッとウキが入るのに合わせれば、やった掛かりました!これは不可思議。今までそんなウキの動きでは掛からなかったので、自分でもビックリだ。そろそろ嫌気が差して止めてもいいかなと思い始めていたので、これは素晴らしい。ひょっとしてGTになったのかと思ったが、そんな事はなくて再びの餌打ちマシン。目の前を亀の赤ちゃんが泳いで行く。「たも」で掬ってやろうかと余計な考えが出るくらい集中力は途切Dscf4288れている。それでも1時半を過ぎて、弱く入るウキの動きで3匹目。何故釣れたのか分からないので、素直に喜べないなぁ。その後もウキはモヤモヤするがあたりにならず、2時2分にバラケが尽きて無念の終了。両ダンゴとの違いは何処にあったのだろう。竿の長さは影響したのか?トロロは持ちが良かったので、やはりバラケに問題ありか。結果、トロ掛けでは実釣2時間10Dscf4289分余で3匹。まさにトホホ状態だ。底と併せれば実釣4時間余で14匹。何故か両ダンゴで結果が出たので、次回からは宙は両ダンゴとトロ掛けの両方をやろう。片付け。日に当たり続けたせいか、かなり疲れている(釣れないせいですが、何か)。片付けを終え、本来ならOさんのところに行って挨拶するのだが、メールで勘弁してもらう。それくらい疲れた。駐車場に戻る。さあ帰ろう。車に荷物を積み、トボトボと池を後にした。
 
次回は他の池にでも行くとするか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

特に何もなかったような

6時半頃目覚めたが、雨も風もそんなになかったようで、まずはホッ。台風が失速したのが大きな理由のようだが、これから関東に再上陸。北日本にはまだ注意が必要なようだし、台風が去った地域でも地盤の緩みには充分注意しなければ。
と言う事で、これから台風一過の増沢の様子を見に行って来る。
 
暑くて風・波が強くて、現地で断念するかも
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

上陸するのかしないのか

ただいま11日午前0時を過ぎたところ。台風は昨夜11時時点では伊勢湾の南を東に向かって移動中。かなり近付いている。このまま浜松付近で再上陸するのかしないのか。風・雨はそれほど出ていなくて、静かに推移している。
 
心配だが、もう寝よう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年7月10日 (木)

あれっ?

午後10時を過ぎた。予報によると、今は大雨で風もビュービューの筈なのだが、何故か雨はなく風も吹いていない。静かだ。一体どうしたのだろう。雨風に備えて家中の雨戸を閉め切ったのは意味がない?いやいや、そんな事はないだろう。そのうち雨も風も出てくるよ。
 
もちろん雨風がない方がいいけど
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年7月 9日 (水)

台風が来る前に@増沢池 with またも会えなかったOさん

既に台風の被害が出ているが、それはさておきと出て来ました増沢。蒸し暑い!車の数はかなり少ない。予報も雨と晴れの2種類あって、どちらが本当かは分からないが、とりあえず今日は午後から用事があるので、午前中なら両方とも雨はない。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥にI尾さん、深場整地された辺りには常連さんがDscf4263何人か。しばらく来なかった(先週金曜以来ですが、何か)ので、いつもの場所の前には水草。I尾さんは竿を曲げているが、宙だろう。私は底だけやって帰るつもり。さあ準備しよう。竿は11尺、餌は夏・冬・へらスイミー。何となく手触りが好みでないが、作ってしまった以上使わなければ。ささっと底を取っての開始は8時48分。すると、数投でウキがモヤッと返したではないか。これは意外に高活性?しかぁ~し、その1回だけで、後はウキが馴染むだけ。おっかしいなぁ。開始30分くらい経って、ようやくウキが返し始めた。あたれ!と心の中で祈る(声に出ていたかも)と、いきなりズルッとウキが入った!反射的に合わせれば、やった掛かりました!でも、引きが・・・。やはりでしたブルー。もDscf4264うガクガクッ。それでも再度のズルッでようやく1匹目。スレかと危惧したが、口の横に掛かってました。サイズもまあまあだ。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。ガクガクッ。急いで交換するが、何となく段差が前と違うような。でも、そのまま再開。すると、何と言う事でしょう、返したウキがチクッと入って、掛かってきたのはまたもブルー。しかも鈎を呑んでいる。もうガクガクッ×ガクガクッ。餌のタッチが気に入らないので、少しずつ手水と揉み揉みで柔らかくしていくが、これが却って餌の持ちを悪くしたのか、返しが早くなる。どうもウキの動きがスッキリしないので、開始1時間くらい経ったところで再度底取り。すると、それが功を奏Dscf4265したのか、10時頃にウキが2目盛以上入る大きなあたりで2匹目!何故小さなあたりが出ないのだろう。今日はズルッというのと目にも止まらぬ消し込み(底ですよ!)が何回となく出たが、1匹目以外は全てカラだった。何だろう。更にしばらくして、またも大きなあたりで3匹目!あたりのDscf4266割には放流になってしまって、ちょっと残念。それにしても、底釣りらしい「馴染んで返してチクッ」は出ないのか。それは餌のせいなのか・・・。10時半少し前にI尾さんが終了。奥の方へ行って話し込んでいる。すると、そこにいたへらが移動してきたのか、それとも単に時合なのか、風・波Dscf4267Dscf4268が出ている中シモッたウキがスッと入るあたりで2匹を追加。何だかスッキリしないまま第2目標クリアだ。その後は特に何もなく、10時58分に餌が尽きて終了。結果、底では実釣2時間10分で5匹。今日は底らしいあたりが出Dscf4269なかったので、「完璧!」とは叫べなかったなぁ。さて、まだ時間が少しある。それでは竿と仕掛けはそのままで両ダンゴの宙をやるだけやってみよう。とてもベターなセッティングとは言えないが、いつもトロ掛けなのでたまにはやってみたいのだ(もちろん凸は覚悟のうえ)。餌はグルバラ・凄麩・マッハを同量ずつ、1時間程度の打ち切れそうな量作る。そして「たな」1本での再開は11時3分。I尾さんはいつものように静かに帰った。さて、最初はボソボソをギュギュッと締めて付けた餌で、数投で馴染みが悪くなり、ウキがグッと入るあたりらしき動きも出るが、いずれもカラ。時には馴染まなくなる事もあって、へらは寄ってきたのだろう。しかぁ~し、強いあたりも弱いあたりもいずれもカラ。ハリスをいじりたい気もするが、次回底でやるので仕掛けはノータッチ。出来るのは餌のタッチと付け方だけ。が、何をしてもカラ。スレさえも出ない。今までトロ掛けで楽をしてきた報いかも。12時のサイレンが鳴って、引導を渡される。そして12時10分に餌が尽きて終了だ。結果、実釣1時間余で凸。予定通りとは言っても、ちょっと残念だ。片付け。奥の方は人が増えたようだ。Dscf4270対面看板横にはいつものご夫婦。ささっと片付けを終え、駐車場に戻る。ムシムシして辛い。いよいよ嫌な季節になった。あっ、Oさんの車が停まっている。来た時にはなかったので、後から来たのだろう。多分常連さんと同じ辺りで竿を出しているに違いない。でも、そこまで行く気持ちにはならず、メールでご挨拶しておいた。次回また宜しくお願いします。車に荷物を積み、さっさと池を後にした。が、家に戻ってビックリ。用事がなくなっていた。こんな事ならもっとじっくり・・・。
 
それにしてもドイツは強いね
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月 8日 (火)

「圏外」って?

Rankingブログ村でマイページを開いたら、私のヘラブナ釣りでのランキングが圏外になっていたのでビックリ!今までこんなランク表示された事がないし、実際ランキングを見に行ったら、その時点では12位となっていた。これはエラーかはたまた何だろう?珍しいので画面を切り取っておいた。明日には元に戻るかな?
 
とにかくここをポチッと押していただくと、その現象に繋がります
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月 7日 (月)

訳あり

P1000089楽天からのメールで「送料無料」とあったので、ついつい注文してしまった山形の佐藤錦。よくよく考えると(今更?)送料がただになる筈もなく、その分は価格に入っているのだろう。訳あり(無選別)とあったので、あまり期待していなかったのだが、これがなかなか。サイズも色も味もグー。これは良い買い物をした。
 
ここをポチッと押して頂けるとありがたい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

今日はゆっくり

Penta_0Penta_1バットさんが共同購入してくれた傘が手に入った。ちょっと柄の径が太くて、すぐに使えるかは不明だが、普通の傘としても使えるので問題なし。釣り用の傘ではないのに、上部が2重構造の面白い作りになっている。
Docu0013傘を受け取った帰りにKFCに寄ろうと思ったが、向きが反対だったのですぐに断念(オイオイ)。別に無理してレッドホットとやらを食べなくてもね。でも・・・。
久し振りに近くの書店に行き、鼻血の件で話題になった「美味しんぼ」110巻を購入。中味を読んだが、そんなに違和感はない。次の巻かな?もう手に入らない?
 
天気次第で明日も増沢?
    ↓       ↓

                     にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

2014年7月 5日 (土)

ビックリの貯水率

鳳来(宇連ダム)の貯水率が35%を切ってしまった。これは辛い、辛いですよ。私が初めて行ってヒーコラ言ったのが50%くらいの時()。それを遥に下回っているので、どれだけ歩けば竿が出せる場所に行けるのか。怖くて考えられない。それでも釣行される皆さんには、どうか体に無理をしないようにとしか言えません。とにかく充分気を付けてください。
 
ここを見れば一目瞭然。まだまだ下がる可能性も充分ある
(↓は無関係。でもクリック宜しく!)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月 4日 (金)

ほどほどに楽しめた@増沢池 with Kさん

最近は増沢ばかりで食傷気味の方もいらっしゃるかとは思うが、それでも通うのは近いから?釣果は望めないけれども、頑張って毎回2桁目標だ?
 
今日はお盆で坊さんが朝7時半にお経をあげに来てくれたので、5時過ぎには起床。予報では雨だったり晴れだったりハッキリしないが、時間に余裕が出来たので、ちょっと出Dscf4245が遅れたもののゴー!駐車場着は9時頃か。Kさんは既に開始しているようだ。私も急いで荷物を降ろし、池に向かう。いつもの場所は空いていて、柳の木の奥にはI尾さん、塩ビ管手前にはKさんが見える。荷物を置いて、まずはKさんの元へ。なかなか厳しいらしい。足元に注意しながらいつもの場所に戻り、さあ準備だ。汗が滲み出すと同時に、小さな虫が顔に寄って来る。これが鬱Dscf4246陶しい。さて、竿は11尺、餌は夏・冬・マッハと変わり映えしないが、ささっと底を取っての開始は9時22分。今日は風が弱くてしんどかったが、湖面は大半が凪状態でウキは見易かった(釣果とは無関係ですが、何か)。すると、しばらくしてウキが返すようになるが、前回のようなガチャガチャした感じではなく、今にもあたりが出そうな感じ(あくまでDscf4247個人の感想です)だ。それでも1匹目は開始30分弱で、1回目のあたりで出た。あたり自体はちょっと納得し難いが、サイズもそこそこだし、贅沢は敵。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、次のあたりはカラ、次のズルッというあたりはハリス切れ。見過ごしはないと思うが、とにかくあたりが少ない。10時を過ぎる。ちょっと風・波が出て来て嫌らしいが、充分我慢の範疇だ。ハリス交Dscf4248換で段差が少し縮まったので、念には念と再度底取り。OKだった。I尾さんの方から「入れパク」の声が聞こえてくる。確かに竿が曲がっている様子。裏山鹿~。10時半近くなって、やっと2匹目。おおっ、これもなかなかのサイズではないか。開始1時間でまだ2匹だが、意外と気にならなDscf4249い(オイオイ)。虫も次第に数が減って、精神的には安定。10時半を過ぎて3匹目。放流ではなさそう。数が出なくても充分楽しんでますよ。しかぁ~し、ウキの動きが次第に多くなると、ただでさえ少ないあたりが余計になくなる。放流に入れ替わってしまったのか、前回のような落ち着かない感じになってしまって、さっぱりのまま11時を過ぎる。ウキが馴染む前から引っ張られる感じもあって、これは難しくなってしまった。結局3匹目から30分経って、やっと4匹Dscf4250Dscf4251Dscf4252Dscf4253目。これもフワッと戻したウキがチッと入るのに合わせた。やはり上ずってしまったのかも。しかぁ~し、ここから何故かあたりに合って、終了の11時半までに3匹を追加だ。ひょっとして午前中のGTかと思ったが、餌がなくなる頃になってとは・・・。結果、底では実釣2時間10分弱で7匹。Dscf4254サイズもまあまあだし、引きも良かったので、これは良しとしないと。朝が早かったので腹が減った。何はともあれ、まずは昼食。それから次の準備をしよう。竿は9尺で、餌はへらスイミー・グルバラ・凄麩のバラケにフジッコのトロロ。前回の「たな」そのままでの再開は11時52分。すると、数投でウキがグッと入った。これはカラだったが、ひょっとして行けそう?I尾さんは終わっている。バラケがあまりバラケないので、これは失敗かなとは思ったものの、もちろんこれを捨てるなどありえません。作った餌は原則使い切るのが省資源釣法。何かを足Dscf4255したり引いたりもしない(知恵がないとも言う)。それでも12時のサイレンが鳴っている最中の、グッとウキが入るあたりで1匹目ゲット!おおっ、これはグーではないか。色も地べらだし、サイズも30cm超。よ~し、このままどんどん行こう。しかぁ~し、その後がない。何となくへらは来ている感じなのに、あたらないのだ。フジッコのトロロは繊維の長さといい持ちといいグーなDscf4256のに、バラケがどうもダメダメだ。「たな」を上げてみるが、芳しくない。何と1匹目から40分以上経って2匹目をゲットするが、もうテンションはかなり下がっている。何でこんなバラケを作ってしまったのか・・・(単なるタラ・レバです)。早く打ち切って終わりたい。その後もウキはモヤモヤするだけで、ズバッという消し込みでハリス切れと、何だかなぁ。底では釣れなくても、ウキが動いていればそんなに気にならなかったのに、宙ではすぐにイラついてしまう。1時半近くになって、「たな」を思い切って深くしてみる。すると、すぐにウキがグッと入るようにDscf4257Dscf4258Dscf4259Dscf4260なって、しかもそれの半分くらいが掛かる(あくまで個人の感想ですよ、あくまで)。しかぁ~し、3匹目から6匹目までが全部バラケを食っているのにはビックリ。GTなのかどうかは不明だが、それにしてもバラケばかりとはなぁ。2時前の7匹目が結局「上がりべら」になったが、それにしても1Dscf4261時半頃からの約30分で5匹とは、私にとっては上出来の上出来だろう。2時7分にバラケが尽きて終了。まだトロロがかなり残っていたので、残業も頭にちらついたが、心を鬼にして捨てての終了だ。結果、宙では実釣2時間15分で7匹。底と併せれば実釣4時間半弱で14匹。時間3匹Dscf4262かぁ。でも、割と飽きなかったぞ(トロ掛けの途中で嫌になったのは忘れたのか?)。片付け。対面看板横にはいつものご夫婦。時間的にもまだ充分出来そうだが、お楽しみは次回に(ハァ?)。片付けを終え、Kさんの元へ。中休みの後に調子が上がったようだが、今はまたあたりがなくなったとの事。次回また宜しくとその場を離れ、駐車場に戻る。そんなに辛くない。曇っていて気温がそれほど上がらないからかな。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を後にした。
 
面倒でもここをポチッと宜しく!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

この人って、一体何?



日本中が呆れかえったこの人って、一体何?火病を発症してるのかな?ここには出てないけど、水の飲み方も・・・。
 
結局肝心な事は濁す
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

場所を変えてはみたものの@増沢池 with Kさん

どうも天候がはっきりしない。今日は曇りで風も弱いとの予報で出掛けたのだが・・・。
 
いつもより早く出て、駐車場着は8時半頃。あっ、Kさんの車ハケーン!さっさと荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ私のいつもの場所にはバサーが。どいてもらうのは簡単だが、それよりも奥の方が空いている感じなので、今日はいつもと違う場所で竿を出しDscf4232てみよう。柳の木の奥にいるKさんに挨拶して、塩ビ管手前に入る事にする。もちろん整地された辺りの常連さん1人にも。まだ池には私を含めて3人だけ。それに湖面も穏やか。Kさんはトロ掛けで竿が曲がっており、奥の常連さんも。こりゃぁ前回よりは好結果が期待出来るかも。さっさと準備しよう。竿と仕掛けはいつもの通り、餌は真底が尽きたので、久し振りの夏・冬・マッハ。ゲゲッ、Dscf4231まだ時間帯は早い筈なのに、いきなり風・波だ。さっさと底取りするが、意外と水深がないぞ。いつもの場所より1mくらい深いと思っていたが、Kさんのいる辺りとそんなに変わらない。開始は8時51分。違う場所に入る時は、いつもドキドキする。馴染みは大体思ったとおり。さあ行こう!すると、数投でウキがモヤモヤ、いやガチャガチャし始めたではないか。これは予想外。こんな慌しい動きをされては調子が狂ってしまう。まさかブルーではないと思うが、そうでなければ放流か?いわゆるカチッとしたウキの動きはなく、馴染むまでにもいろいろな動きが。とにかくそれらしいウキの動きに合わせるが、カラDscf4233のオンパレード。それでも開始20分経たないうちに1匹目。サイズはまあまあ。とりあえずホッとした。が、餌のせいなのかウキの動きは相変わらずガチャガチャ。毎回のように合わせるので、これでは餌が早く尽きてしまうかも。更に、次第にカラからバラシへと移行していくのにもビックリだ。多分釣った数よりバラシの方がずっと多い筈。まさかとは思いながら再度底取りするが、問題なし。9時半を過ぎる頃になって、ようやく口にかかるようになったが、残念サDscf4234Dscf4235イズが放流になってしまった。タラ・レバではあるが、いつもの場所ならもう少し大きかった?しかぁ~し、文句を言えたのはその頃まで。アナルにスレが出ると、ウキの動きが一変。いつもの場所のように、割とすんなり馴染むようになった。あれっ、いなくなったのかなと思ったが、よくよく考えると、奥には常連さんが数人やって来ている。へらはそちらに行ったのかもね。Kさんがウキゴムの摩擦で道糸を切ってしまい、気分転換にと奥の方で岡ジャミ。さて、10時を過ぎても風・波は収まらDscf4237Dscf4238ないが、それでもウキはまだ動いているのが分かる。そして4匹目。更にKさんが見ている前で連荘!で5匹目をゲット。これは素晴らしい。が、ここから前にも増してウキの動きが悪くなり、さっぱりの状態に。奥の方では皆さん竿が曲がっているとKさんから聞いて、ちょっとだけ意気消沈。10時半を過ぎて、やっとDscf42391匹追加出来たが、どうやら今日はそこまで。10時50分に餌が尽きて無念の終了だ。結果、底では実釣2時間で6匹。残念な気持ちはあるが、まあまあでしょう(甘~っ!)。いつもここに入っているOさんなら、きっともっと釣れたでしょう。ウキの動きに翻弄された底釣りだった。餌が思いのDscf4240外軽めだったのも関係あるかもね。さあ、次は宙。と、その前にトイレ休憩と早めの昼食。風・波は少し弱まってきた。Kさんは仕掛けを作り直して再会。すぐに竿を曲げた。裏山鹿~。何でも、釣り台の足元にへらがやって来て、こぼれた餌を食べているらしい。西の平でもないのに。さて、続いてはトロ掛けだ。竿は9尺、餌は前回と同じ。ただ、感嘆は使わなかったし、ベイシアのトロロも今日で使い切った。深い方が型が良いと言われて、いつもより深めでの再開は11時13分。すると、こちらもすぐにウキがモヤモヤ。そして小さなあたりらしき動き。だが、掛からない。Kさんはよく竿が曲がるが、かつて聞いたところでは、いろいろと工夫があるようだ。私のようにただ餌打ちしているだけではダメなのだ(♪分かっちゃいるけど止められない~♪ と来たもんだ~)。と、そんな中、11時半を過ぎて、ウキが立つやDscf4241否や消し込み、慌てて合わせればやった掛かったでしょう!しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみれば残念顎にスレ。ガクガクッ。サイズ的にはグーなのになぁ。その後、知らず知らずのうちに「たな」が上がり、いつもの釣りのようになったが、ウキはモヤモヤするもののあたりにならず、渋々深くすると、ウキの動きは良くなるが、釣れません。たまのあたりもスレでは、気持ちも落ち込むというもの。時間だけが過ぎる、何処かで見た風景。私の何時もの場所には1人静かに入ったが、Kさんによると竿は曲がっていないとの事。場所を変えたのは正解?不正解?虚しく12時のサイレンを聞く。その後も「たな」を上げ下げするが、さっぱりのままDscf424212時半を過ぎる。「たな」は最初の頃のように深くなり、ウキの動きもグー。なのに釣れませんPART2。しかぁ~し、グッと力強くウキが入った!これを見逃さずに合わせれば、やったようやく1匹目。開始から1時間以上かかった。まさにトホホ。深くてもサイズは良くないとKさんに愚痴(オイオイ)。Kさんは最初の予定通り終了した。2桁は釣れたのではないだろうか。さて、とりあえず深いところで1匹出たので、もう一度「たな」を上げてやってみよう。しかぁ~し、残念相変わらずモヤモヤするだけ。もう次はしないぞと「たな」を戻す。1時を過ぎておDscf4243り、バラケも残り少ない。どうやらジ・エンドなのか。しかぁ~し、何故か消し込みが出て「上がりべら」ゲット!たったの2匹目ですが、何か。その後しばらくして餌が尽き、1時12分に終了。何とこちらも実釣2時間で2匹。トロ掛けの難しさを思い知らされた。トータルでは実釣4時間でDscf42448匹。数の上では前回並みだが、サイズがなぁ。まだ時間に余裕はあるが、用事があるので今日はここでお終い。片付け。対面看板横にはいつものご夫婦。早終いなので、直接太陽光線を浴びなくて良かった。傘も出さず楽な釣りでもあった(釣れないけどね)。片付けを終え、駐車場に戻る。さあ、帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
何かが足りない、何かが間違っている
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年7月 1日 (火)

「嫌韓」ではなくて「知韓」で行こう

KanjiTsuraまたまた7ネットでかの国についての書籍を2冊購入。かの国を良く知って、厄介な隣人と付き合う方法を考えよう。まあ、無理して仲良くするよりも、あたらずさわらずで良いと思うけど、いわれのない中傷やらおかしな動きには逐一対処する事も必要だろう。日本では沈黙は金かもしれないが、世界では黙っていると相手の言い分を認めた事になってしまうからね。
 
何で根拠のない自信を振りまくのかも分からない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »