« 底も宙も後半失速@増沢池 with Kさん and Oさん | トップページ | これ、やってみ! »

2014年7月16日 (水)

途中からカラツンのオンパレード。釣れない@増沢池 with HRさん and 短時間の岡ジャミKさん

またまた増沢でスミマセン。ちょっと風があるが、まあいいでしょう。駐車場着は9時前。あれっ、Kさんの車がいつもと違うところに停まっているぞ。とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥には知らない人。いつもの場所に荷物を降ろしてから、先客に挨拶しながら奥に向かうが、塩ビ管奥と整地された辺りに1人ずつ。Kさんはいない。おDscf4306かしいなぁ。確認のメールを打ってから、準備開始。今日も底から行こう。竿は11尺、餌は夏・冬・へらスイミー。ゲゲッ、波が出て来た。前回のような完全凪を予定して来たのだが、こりゃぁダメだ。でも、とりあえず底も取れたので、開始は9時11分。と、Kさんがやって来た。今日は時間が取れないので様子を見に来ただけ。昨日は良く釣れたそうだ。スポーツドリンクを頂いた。ごっつぁんです。柳の木の奥の人とも知り合いのようで、しばらく岡ジャミをして、明日は多分来ると言って帰った。さて、ウキに動きなく、前回のように竿を引いて返しを出していくが、白波でウキの視認性があまり良くない。それで、小さくあたっているかどうかは不明のまま開始30分が過ぎる。すると、ウキの返しが出て来た。これはこれは・・・。前回並みの結果もあるかもね。いきなりの消し込みも出たりDscf4307して(カラですが、何か)これは期待出来そうだ。そして小さなあたりで1匹目。やれやれ、これで気持ちが落ち着いたゾ。しかぁ~し、10時を過ぎての次のあたりはやや大きめ。これに合わせると、ゲゲッ凄い引き!間違いなくスレだ。散々あちこちに引っ張られた挙句が、尻びれから上がって来て、予定通りとは言えガクガクッ。ただ、まだこの頃はあたりに合う事が出来て、じきに2匹目。更に3匹目。10時半頃に4匹目とまあまあの状態か?しかぁ~し、Dscf4309Dscf4310Dscf4311何か変だぞと思い始めてもいた。次第にあたりに合わなくなって来ている(個人の感想?いや事実です)。一応第2目標にリーチとなったので、何とかもう1匹。しかぁ~し、バッチリのあたりがカラ。ウキ下の微調、餌のタッチ、餌付け等試みたが、全く掛からない。はっきりしないが、ほぼ毎回のあたりで10回は連続してカラを打った。「熱いぜ!」と大きな声が出たかも。結局かすりもせず10時51分に餌が尽きて無念の終了。結果、Dscf4312底では実釣1時間40分で4匹。餌の消費が激しくて、いつもなら2時間は持つ筈の餌が足りなかった。あまりに悔しくて次も底にしようかと思ったくらいだ。だが、予定通り次は宙(オイオイ)。カラツンは次回のお楽しみと言う事で・・・。一旦休憩して、まずはちょっと早めの昼食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はグルバラ・マッハと何処かで聞いたようなブレンド。そして「たな」は前回のままで再開は11時9分。すると、すぐにウキに動きが。そしてあたりらしきウキの動きも出始めるが、一向に掛からない。おかしいなぁと思っているところへ、HRさん登場。お久し振りです。旧爆釣ポイントへ入った。さて、合わせれども合わせれども掛からない。これは何だと思っていたら、小さくチクッと入るあたりでやった掛かりましたよ!が、なかなか寄らない。そしてようやく口がこちらを向いて「たも」の近くまで寄せたが、ここで何と痛恨のバラシ!反動で仕掛けが・・・(前回と同じ展開か?)。かろうじて仕掛けを水面に叩きつけて事無きを得たが、何で外れたのか?でも、これなら凸はなさそうだ。な~んて高を括っていたら、何とそれからはほぼ毎回のように出るあたりらしきウキの動きに合わせても合わせてもカラ。消し込みだろうがグッと入ろうがチクッとあたろうが、全てカラ。ハリスを少しずつ縮めたりもしたが、状況は変わらず。いつもなら12時近くになるとウキの動きが良くなるのに、今日はさっぱりだ。12時のサイレンが鳴って、餌にも手を加える。が、これが良くなかった。それまではカラではあるがウキが動いていたのに、押し練りを加えたばかりにウキの動きが激減。ぶら下がるようになって、その後少しずつウキが返してくるの繰り返しになってしまった。それで、餌を解して再度ボソ状態のようにしてみると、少しはウキの動きが改善されたものの、あたりは出ない。更に、そろそろ餌が終わるという頃になって、カラを打った鈎がその上にいたへらにスレてしまい、これも散々暴れられた挙句に腹から・・・(以下省略。ガックDscf4314リ)。そしてそのまま餌が尽き、12時56分に無念の終了だ。結果、底では実釣1時間50分で凸。ただただ疲れた。さあ、終わるか。ん、まだ1時前。それならもう1回何かやろう。本来なら餌を変えて両ダンゴでと言うところだが、そうだな、9尺でトロ掛けでもやってみよう。餌はへらスイミー・グルバラ・凄麩とフジッコのトロロ。HRさんはずっと竿が曲がらなかったが、お茶を飲むために竿から手を離した時に消し込み!が出て1匹をゲット。やはり竿を通して殺気が伝わるのは間違いなさそうだ(あくまで個人の感想です)。「たな」は前回のままで再開は1時6分。すると、何と言う事でしょう、数投でいきなりの消し込み!そして掛かりDscf4315ました?いや、バラシた。ビックリしたなぁ、もう。すると、次の餌打ちでまたもズバッ!今度は掛かりましたよ。ようやくトータルでの第2目標クリアだ。いやぁ、長かったなぁ。太陽の位置が悪くなって左半身が暑い。傘をセットするが、その間に何かがあって、またもやカラツンのオンパレードになってしまった。トロ掛けの場合、カラツンに対応するにはどうすれば良いのかな?バラケが良くないのは多分間違いない。これは後で何かしよう。その前に、少し長めではと気になっていたハリス段差を詰めてみるが、カラツンは変わらず。バラケには手揉みやら餌付けやら対処してみたが、抜けるのが早過ぎる?そこで、BBフラッシュを一握り加Dscf4316えて軽く混ぜると、ウキの動きが変化。2時を過ぎて、やっとズバッ!に合って2匹目。バラケを食っているが、気にするな。1匹目から1時間が経過している。この辺りでは大分やる気を失っており、餌打ちマシンというより早く終わりたいの一心で餌打ちしていたが、ひょっとしてGTがやって来Dscf4317たかと、ちょっとだけやる気が戻る。すると、しばらくしてまたもズバッ!に合って3匹目。これは素晴らしい。まだまだ行けるかもよ。柳の木の奥は常連さんだったようで、もう帰っている。さて、この調子ならトロ掛けだけで第2目標クリア?と獲らぬ狸の何とやらが出るほど気持ちは明るくなっていたが、そんな甘い考えはすぐに消えて、今度はバラケの経時変化なのか、ウキがモヤモヤするだけで終わってしまう。そのまま3時。今度こそ餌打ちマシンだ。HRさんもそろそろ終了か。奥の方の常連さんも帰り支度?その後も餌を打ち続けるが、GTには程遠くあたりもたまに出るがカラ、のまま3時半。HRさんは終了。奥の方も帰ったか。私はまだ少しだけバラケが残っているので、それを打ち終えて3時35分に終了。結Dscf4318果、トロ掛けでは実釣2時間半で3匹。トータルでは実釣6時間!で7匹。時間1匹とは寂し過ぎるの一語。片付け。今日はトホホ以外の何者でもなかったが、カラへの対応をほぼせずに、後回しにしたのが悔やまれる。その場で対応しないと、次回はまた1からになってしまう(分かっちゃいるけど止められない!ってか)。片付けを終え、とぼとぼと駐車場に戻る。今日はもう何処にも寄りたくない。荷物を積み、とっとと池を後にした。
 
明日はどうする?どうする?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 底も宙も後半失速@増沢池 with Kさん and Oさん | トップページ | これ、やってみ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 底も宙も後半失速@増沢池 with Kさん and Oさん | トップページ | これ、やってみ! »