« 今日はこれくらいで勘弁してやろう(トホホ)@増沢池 | トップページ | 予定通り休竿 »

2014年7月29日 (火)

結局のところ「定点観測」@増沢池 with Oさん and 午後から岡ジャミKさん

今日までからっとした天気が続くと予報で言っていたので、それではと用事のついでにゴー!残念ながら?行き先は増沢。yurieさんからお叱りを受けたばかりだが、昨日のリベンジをするつもり(返り討ちもある)。10時頃駐車場に着くと、あっ、久し振りのOさんの車ハケーン!何処に入っているのかな?深場かな?とりあえず荷物を降ろしていつもDscf4351の道からいつもの場所へ。あれっ、誰かいるぞ。降りてみると、Oさんと常連さん、それにI尾さんだ。Oさんが竿を取られたが、回収したところ。I尾さんは柳の木の奥でやっていたが、予定した数を釣ったので終了との事。す、素晴らしい~。何でも、ダンゴは食わないので下ハリスを60cmにしたセットで釣り込んだとの事。ふむふむ、宙をやる時に参Dscf4350考にするかな。とりあえずいつもの場所に荷物を置き、奥まで行ってOさんに今日の状況を訊くが、最初のあたりで竿を持って行かれたらしく、これからだと。なかなか厳しそうだなぁ。竿は14尺で、これ以下だと根掛かりするらしい。頭上の木の枝もあって、私には荷が重そうだ。定点観測と言われても、いつもの場所に入ろう。柳の木の奥もちらっと頭を過ぎったが、サウスポーの私では11尺が右の木に掛かるので、結局のところいつもの場所だ。さあ準備するか。最初から風・波が出ているが、それでも11尺で底から入る。餌は夏・冬・マッハ。水量をちょっと多くしたのか、いつもより柔らかくなってしまったが、今更何かを足す事はしない。底を取り、開始は10時32分。すると、馴染みはそこそこだが、やはり右から左へゴンブラコ。その際に底で擦れて餌が抜け落ちている感じ。いつもより早めのインターバルになって、餌の消費が激しくなった。私の準備中に1人やって来て、柳の木の奥に入っている。奥の様子は分からないが、私も隣も黙々と餌打ちしている(個人の感想です)。何故か風・波は次第に強くなり、ウキの返しが出ているのか、あたりはあるのか中々分かり辛い。30分、1時間と時間が過ぎるが、開始1時間を過ぎたあたりで、堪らなくなって餌にへらスイミーをパラパラ。これで少しは餌が底に落ち着くかも。すると、ウキがズルッと入った。もちろん合わせるがカラ。更にしばらくして、波の中今日初めてのあたりらしきウキの動き!残念合わせられなかった。その後、何となくウキに動きが出て来た気がして、シモッたままのウキに反応したら、しまったスレた!バラシ。12時のサイレンが聞こえ、開始1時間半を認識。こりゃぁリベンジどころではない。凸も視野に入れなければ。と、隣の竿が曲がった!やられた、と思ったが、スレとの声にホッ。が、私の方も消し込むようなあたりでまたもスレバラシ。更に、チクッというあたりでもスレバラシ。うわぁ~、辛い、辛いぞ。もう餌がほとんどない。隣は再度竿を曲げ、今度は口に掛かったようだ。裏山鹿~。すると、時合なのか急に私の方もウキの動きが良くなって、Dscf4352フワッと返したウキがグッと入るのに合わせれば、やった今度こそ掛かったでしょう!これは外れませんよ。「たも」に納めてまずはホッ。サイズもそこそこだし、凸も免れた。ただ、とてもリベンジとは言えないなぁ。まだウキは動いていて、次の餌打ちでもあたりらしき動きは出たが、カラ。その後は何もなく、いよいよ最後の1投。すると、チクチクッというウキの動き。そしてウキDscf4353が入ったまま。首を傾げながら合わせると、やった掛かりましたよ!「上がりべら」ゲットだ!しかぁ~し、引きがおかしい。ドヨーンと重いのを引き上げれば、ガックリ「上がり亀」。おまけにハリスを切られた。何でこれが最後の1投なんだ!時刻は12時30分。結果、底では実釣2時間でDscf43541匹。トホホの結果だ。私なりに頑張ったつもりだが、お叱りは覚悟しよう。さあ、次は宙。と、その前にトイレ休憩と昼食。それから、竿はそのままで仕掛けをウキを交換。更に、上ハリスは10cmくらいにカットし、下ハリスは約50cm(最初からそれくらいにカットしてあるので、これ以上長く出来ない)として、そうです「お」でやるんです。バラケはグルバラ・マッハ。「たな」は前回のままで再開は12時59分。休憩中は穏やかだった湖面は再び風・波。ドンブラがあるのなら、「お」ではなくトロ掛けにすれば良かったか。今更変更はありません。とにかく餌打ちすると、数投でウキがモヤモヤ。これは?そしてウキが立ってすぐにズルッと入り、Dscf4355これに合わせると早くも掛かりましたよ!ひょっとしてスレかと思ったが、鈎を呑んでいただけ。前回の事もあるので、う、嬉しかぁ。しかぁ~し、「たも」の中で暴れてハリス切れ。急いで交換して再開すると、今度はバラケが抜けてからズバッ!しかぁ~し、バラシ。なかなか続かないなぁ。と、いきなり左から大きな声。ビックリして見ると、何とKさんだ。今日はどうかと訊かれたので、昨日も今日もダメダメと答えると、奥の方へと向かった。それにしてもビックリしたなぁ、もう。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、何故かウキの動きがなくなる。太陽が左から照らし出したので、釣り台の位置を下げて対応。ついでに、「お」が底に着かないよう「たな」も上げる。すると、この「たな」が良かったのか、ウキの動きが出て来た。でもDscf4356あたりにはならない。そのまま餌を打ち続けたら、2時近くになってウキがズバッ!これにバッチリ合わせると、やった掛かりましたよ!バラケを食っているが、ドンマイ。次のズバッ!はスレバラシだったが、2時を過ぎるとGTなのかウキがスパッと視界から消える気持ち良い消し込みで次々とDscf4357Dscf4358Dscf4359へらをゲット!気が付けば「お」だけで第2目標をクリアしている。一体何だろう。しかぁ~し、「たも」の中で暴れられてまたもハリス切れ。急いで交換するが、再開すると状況が一変。1回はあたりがあったものの(カラ)、そこから先はウキが全く動かなくなってしまった。2時半頃Kさんが岡ジャミ終了で戻って来た。明日は竿を出すとの事。岡ジャミお疲れ様でした。さて、さっぱりのまま時間だけが過ぎる展開に、「たな」をいじってみるが効果なし。どうやらバラケが経時変化で粘ったのが原因かも。でも、何かを足したりはしない。手水で柔らかくするくらい。3時を過ぎた。対面にはいつものご夫婦が竿を出している。暑くないのか?と、隣が竿を曲げた!おっと、それなら私の竿も曲がってDscf4360おかしくない。なんて勝手に思い込んでいると、何とズバッというあたりで6匹目ゲット!今になって何故、と思うが、釣れれば嬉しいでしょう。5匹目から1時間が経過している。風・波も収まって来たし、今度こそが本当のGTかな?しかぁ~し、そこから再びあたりが出る事はなく、3時35分Dscf4361にバラケが尽きて終了。結果、「お」では実釣2時間半強で6匹。底と併せれば実釣4時間半で7匹かぁ。前回とは格段の差。やはり、状況に応じた釣り方をしないとダメだ。ただ、セットはバラケが難しい。今日も途中からバッタリだったのは多分経時変化ではないか(へらが回遊していなくなった?)。次回はトロ掛けでやってみようかな。片付け。見ると、常連さんも終了したようだ。Oさんがこちらに手を振ったように見えたが、ハッキリしないので振り返さなかった。それにしても、昨日もそうだったが、空気が乾燥しているのか爽やかな風が吹いていたので、汗もなく過ごし易かった。片付けを終え、柳の木の奥に挨拶して駐車場に戻る。常連さんは皆さん帰ったようだ。随分遅くなったが、私も帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
明日は多分お休みです
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 今日はこれくらいで勘弁してやろう(トホホ)@増沢池 | トップページ | 予定通り休竿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日はこれくらいで勘弁してやろう(トホホ)@増沢池 | トップページ | 予定通り休竿 »