« この人って、一体何? | トップページ | ビックリの貯水率 »

2014年7月 4日 (金)

ほどほどに楽しめた@増沢池 with Kさん

最近は増沢ばかりで食傷気味の方もいらっしゃるかとは思うが、それでも通うのは近いから?釣果は望めないけれども、頑張って毎回2桁目標だ?
 
今日はお盆で坊さんが朝7時半にお経をあげに来てくれたので、5時過ぎには起床。予報では雨だったり晴れだったりハッキリしないが、時間に余裕が出来たので、ちょっと出Dscf4245が遅れたもののゴー!駐車場着は9時頃か。Kさんは既に開始しているようだ。私も急いで荷物を降ろし、池に向かう。いつもの場所は空いていて、柳の木の奥にはI尾さん、塩ビ管手前にはKさんが見える。荷物を置いて、まずはKさんの元へ。なかなか厳しいらしい。足元に注意しながらいつもの場所に戻り、さあ準備だ。汗が滲み出すと同時に、小さな虫が顔に寄って来る。これが鬱Dscf4246陶しい。さて、竿は11尺、餌は夏・冬・マッハと変わり映えしないが、ささっと底を取っての開始は9時22分。今日は風が弱くてしんどかったが、湖面は大半が凪状態でウキは見易かった(釣果とは無関係ですが、何か)。すると、しばらくしてウキが返すようになるが、前回のようなガチャガチャした感じではなく、今にもあたりが出そうな感じ(あくまでDscf4247個人の感想です)だ。それでも1匹目は開始30分弱で、1回目のあたりで出た。あたり自体はちょっと納得し難いが、サイズもそこそこだし、贅沢は敵。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、次のあたりはカラ、次のズルッというあたりはハリス切れ。見過ごしはないと思うが、とにかくあたりが少ない。10時を過ぎる。ちょっと風・波が出て来て嫌らしいが、充分我慢の範疇だ。ハリス交Dscf4248換で段差が少し縮まったので、念には念と再度底取り。OKだった。I尾さんの方から「入れパク」の声が聞こえてくる。確かに竿が曲がっている様子。裏山鹿~。10時半近くなって、やっと2匹目。おおっ、これもなかなかのサイズではないか。開始1時間でまだ2匹だが、意外と気にならなDscf4249い(オイオイ)。虫も次第に数が減って、精神的には安定。10時半を過ぎて3匹目。放流ではなさそう。数が出なくても充分楽しんでますよ。しかぁ~し、ウキの動きが次第に多くなると、ただでさえ少ないあたりが余計になくなる。放流に入れ替わってしまったのか、前回のような落ち着かない感じになってしまって、さっぱりのまま11時を過ぎる。ウキが馴染む前から引っ張られる感じもあって、これは難しくなってしまった。結局3匹目から30分経って、やっと4匹Dscf4250Dscf4251Dscf4252Dscf4253目。これもフワッと戻したウキがチッと入るのに合わせた。やはり上ずってしまったのかも。しかぁ~し、ここから何故かあたりに合って、終了の11時半までに3匹を追加だ。ひょっとして午前中のGTかと思ったが、餌がなくなる頃になってとは・・・。結果、底では実釣2時間10分弱で7匹。Dscf4254サイズもまあまあだし、引きも良かったので、これは良しとしないと。朝が早かったので腹が減った。何はともあれ、まずは昼食。それから次の準備をしよう。竿は9尺で、餌はへらスイミー・グルバラ・凄麩のバラケにフジッコのトロロ。前回の「たな」そのままでの再開は11時52分。すると、数投でウキがグッと入った。これはカラだったが、ひょっとして行けそう?I尾さんは終わっている。バラケがあまりバラケないので、これは失敗かなとは思ったものの、もちろんこれを捨てるなどありえません。作った餌は原則使い切るのが省資源釣法。何かを足Dscf4255したり引いたりもしない(知恵がないとも言う)。それでも12時のサイレンが鳴っている最中の、グッとウキが入るあたりで1匹目ゲット!おおっ、これはグーではないか。色も地べらだし、サイズも30cm超。よ~し、このままどんどん行こう。しかぁ~し、その後がない。何となくへらは来ている感じなのに、あたらないのだ。フジッコのトロロは繊維の長さといい持ちといいグーなDscf4256のに、バラケがどうもダメダメだ。「たな」を上げてみるが、芳しくない。何と1匹目から40分以上経って2匹目をゲットするが、もうテンションはかなり下がっている。何でこんなバラケを作ってしまったのか・・・(単なるタラ・レバです)。早く打ち切って終わりたい。その後もウキはモヤモヤするだけで、ズバッという消し込みでハリス切れと、何だかなぁ。底では釣れなくても、ウキが動いていればそんなに気にならなかったのに、宙ではすぐにイラついてしまう。1時半近くになって、「たな」を思い切って深くしてみる。すると、すぐにウキがグッと入るようにDscf4257Dscf4258Dscf4259Dscf4260なって、しかもそれの半分くらいが掛かる(あくまで個人の感想ですよ、あくまで)。しかぁ~し、3匹目から6匹目までが全部バラケを食っているのにはビックリ。GTなのかどうかは不明だが、それにしてもバラケばかりとはなぁ。2時前の7匹目が結局「上がりべら」になったが、それにしても1Dscf4261時半頃からの約30分で5匹とは、私にとっては上出来の上出来だろう。2時7分にバラケが尽きて終了。まだトロロがかなり残っていたので、残業も頭にちらついたが、心を鬼にして捨てての終了だ。結果、宙では実釣2時間15分で7匹。底と併せれば実釣4時間半弱で14匹。時間3匹Dscf4262かぁ。でも、割と飽きなかったぞ(トロ掛けの途中で嫌になったのは忘れたのか?)。片付け。対面看板横にはいつものご夫婦。時間的にもまだ充分出来そうだが、お楽しみは次回に(ハァ?)。片付けを終え、Kさんの元へ。中休みの後に調子が上がったようだが、今はまたあたりがなくなったとの事。次回また宜しくとその場を離れ、駐車場に戻る。そんなに辛くない。曇っていて気温がそれほど上がらないからかな。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を後にした。
 
面倒でもここをポチッと宜しく!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« この人って、一体何? | トップページ | ビックリの貯水率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この人って、一体何? | トップページ | ビックリの貯水率 »