« 「嫌韓」ではなくて「知韓」で行こう | トップページ | この人って、一体何? »

2014年7月 2日 (水)

場所を変えてはみたものの@増沢池 with Kさん

どうも天候がはっきりしない。今日は曇りで風も弱いとの予報で出掛けたのだが・・・。
 
いつもより早く出て、駐車場着は8時半頃。あっ、Kさんの車ハケーン!さっさと荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ私のいつもの場所にはバサーが。どいてもらうのは簡単だが、それよりも奥の方が空いている感じなので、今日はいつもと違う場所で竿を出しDscf4232てみよう。柳の木の奥にいるKさんに挨拶して、塩ビ管手前に入る事にする。もちろん整地された辺りの常連さん1人にも。まだ池には私を含めて3人だけ。それに湖面も穏やか。Kさんはトロ掛けで竿が曲がっており、奥の常連さんも。こりゃぁ前回よりは好結果が期待出来るかも。さっさと準備しよう。竿と仕掛けはいつもの通り、餌は真底が尽きたので、久し振りの夏・冬・マッハ。ゲゲッ、Dscf4231まだ時間帯は早い筈なのに、いきなり風・波だ。さっさと底取りするが、意外と水深がないぞ。いつもの場所より1mくらい深いと思っていたが、Kさんのいる辺りとそんなに変わらない。開始は8時51分。違う場所に入る時は、いつもドキドキする。馴染みは大体思ったとおり。さあ行こう!すると、数投でウキがモヤモヤ、いやガチャガチャし始めたではないか。これは予想外。こんな慌しい動きをされては調子が狂ってしまう。まさかブルーではないと思うが、そうでなければ放流か?いわゆるカチッとしたウキの動きはなく、馴染むまでにもいろいろな動きが。とにかくそれらしいウキの動きに合わせるが、カラDscf4233のオンパレード。それでも開始20分経たないうちに1匹目。サイズはまあまあ。とりあえずホッとした。が、餌のせいなのかウキの動きは相変わらずガチャガチャ。毎回のように合わせるので、これでは餌が早く尽きてしまうかも。更に、次第にカラからバラシへと移行していくのにもビックリだ。多分釣った数よりバラシの方がずっと多い筈。まさかとは思いながら再度底取りするが、問題なし。9時半を過ぎる頃になって、ようやく口にかかるようになったが、残念サDscf4234Dscf4235イズが放流になってしまった。タラ・レバではあるが、いつもの場所ならもう少し大きかった?しかぁ~し、文句を言えたのはその頃まで。アナルにスレが出ると、ウキの動きが一変。いつもの場所のように、割とすんなり馴染むようになった。あれっ、いなくなったのかなと思ったが、よくよく考えると、奥には常連さんが数人やって来ている。へらはそちらに行ったのかもね。Kさんがウキゴムの摩擦で道糸を切ってしまい、気分転換にと奥の方で岡ジャミ。さて、10時を過ぎても風・波は収まらDscf4237Dscf4238ないが、それでもウキはまだ動いているのが分かる。そして4匹目。更にKさんが見ている前で連荘!で5匹目をゲット。これは素晴らしい。が、ここから前にも増してウキの動きが悪くなり、さっぱりの状態に。奥の方では皆さん竿が曲がっているとKさんから聞いて、ちょっとだけ意気消沈。10時半を過ぎて、やっとDscf42391匹追加出来たが、どうやら今日はそこまで。10時50分に餌が尽きて無念の終了だ。結果、底では実釣2時間で6匹。残念な気持ちはあるが、まあまあでしょう(甘~っ!)。いつもここに入っているOさんなら、きっともっと釣れたでしょう。ウキの動きに翻弄された底釣りだった。餌が思いのDscf4240外軽めだったのも関係あるかもね。さあ、次は宙。と、その前にトイレ休憩と早めの昼食。風・波は少し弱まってきた。Kさんは仕掛けを作り直して再会。すぐに竿を曲げた。裏山鹿~。何でも、釣り台の足元にへらがやって来て、こぼれた餌を食べているらしい。西の平でもないのに。さて、続いてはトロ掛けだ。竿は9尺、餌は前回と同じ。ただ、感嘆は使わなかったし、ベイシアのトロロも今日で使い切った。深い方が型が良いと言われて、いつもより深めでの再開は11時13分。すると、こちらもすぐにウキがモヤモヤ。そして小さなあたりらしき動き。だが、掛からない。Kさんはよく竿が曲がるが、かつて聞いたところでは、いろいろと工夫があるようだ。私のようにただ餌打ちしているだけではダメなのだ(♪分かっちゃいるけど止められない~♪ と来たもんだ~)。と、そんな中、11時半を過ぎて、ウキが立つやDscf4241否や消し込み、慌てて合わせればやった掛かったでしょう!しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみれば残念顎にスレ。ガクガクッ。サイズ的にはグーなのになぁ。その後、知らず知らずのうちに「たな」が上がり、いつもの釣りのようになったが、ウキはモヤモヤするもののあたりにならず、渋々深くすると、ウキの動きは良くなるが、釣れません。たまのあたりもスレでは、気持ちも落ち込むというもの。時間だけが過ぎる、何処かで見た風景。私の何時もの場所には1人静かに入ったが、Kさんによると竿は曲がっていないとの事。場所を変えたのは正解?不正解?虚しく12時のサイレンを聞く。その後も「たな」を上げ下げするが、さっぱりのままDscf424212時半を過ぎる。「たな」は最初の頃のように深くなり、ウキの動きもグー。なのに釣れませんPART2。しかぁ~し、グッと力強くウキが入った!これを見逃さずに合わせれば、やったようやく1匹目。開始から1時間以上かかった。まさにトホホ。深くてもサイズは良くないとKさんに愚痴(オイオイ)。Kさんは最初の予定通り終了した。2桁は釣れたのではないだろうか。さて、とりあえず深いところで1匹出たので、もう一度「たな」を上げてやってみよう。しかぁ~し、残念相変わらずモヤモヤするだけ。もう次はしないぞと「たな」を戻す。1時を過ぎておDscf4243り、バラケも残り少ない。どうやらジ・エンドなのか。しかぁ~し、何故か消し込みが出て「上がりべら」ゲット!たったの2匹目ですが、何か。その後しばらくして餌が尽き、1時12分に終了。何とこちらも実釣2時間で2匹。トロ掛けの難しさを思い知らされた。トータルでは実釣4時間でDscf42448匹。数の上では前回並みだが、サイズがなぁ。まだ時間に余裕はあるが、用事があるので今日はここでお終い。片付け。対面看板横にはいつものご夫婦。早終いなので、直接太陽光線を浴びなくて良かった。傘も出さず楽な釣りでもあった(釣れないけどね)。片付けを終え、駐車場に戻る。さあ、帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
何かが足りない、何かが間違っている
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 「嫌韓」ではなくて「知韓」で行こう | トップページ | この人って、一体何? »

コメント

sshさんこんばんわ。
そうです何かが足りない!
という飢餓感があれば大丈夫、満たすための行動は?
今でしょ!、、、、古いなあ。
昨夜のTVでげっぷが出そう。
非日常ですよ、釣りってそういったものでしょう元来。
違うかな?

投稿: パラソル | 2014年7月 2日 (水) 19時07分

パラソルさんこんばんは。
足りないのは頭と努力。何もしないで結果だけ要求するのは無理ですよね。分かっちゃいるけど・・・。
エヴリデイ・アングラーは恐ろしい事に日常化(ルーチンワーク化)しています。怖い怖い。

投稿: sunshine_hera | 2014年7月 2日 (水) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「嫌韓」ではなくて「知韓」で行こう | トップページ | この人って、一体何? »