« 圏外はポイントゼロ? | トップページ | 途中からカラツンのオンパレード。釣れない@増沢池 with HRさん and 短時間の岡ジャミKさん »

2014年7月14日 (月)

底も宙も後半失速@増沢池 with Kさん and Oさん

エヴリデイ・アングラーは最近週末は竿を出す事がなくなった。やはり土日はウィークエンド・アングラーのために開けておかないと。と言う事で、週の始めは増沢。とりあえず家にいる間に雨は降ったので、予報どおりもう雨はないと。駐車場着は10時頃か。晴れでもなく曇りでもなく湿気が充満している感じ。あっ、OさんとKさんの車ハケーン!今日は釣れてるのかな?急いで荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥にKさん。いつDscf4290Dscf4291もの場所に荷物を置いて、まずは挨拶。今日は釣れないとの事。Oさんも苦労していると言われ、やる前からガクガクッ。そのまま深場へ向かうと、塩ビ管奥にI尾さん。その奥、整地された辺りにOさん。なかなか厳しいようで、今日もまだ4匹。トボトボと釣り座Dscf4292に戻り、釣れても釣れなくても最善を尽くそう(な~んてね)。湿気が纏わり付いて、べたべたする。湖面は多少波はあるものの、ほぼ凪。さあ準備するか。竿は11尺で底から。餌は夏・冬・へらスイミー。今日は一緒に作った。底も取りやすく、開始は10時18分。う~ん、確かにウキはすぐには動き出さないなぁ。しばらく餌打ちが続く。あまりに返さないので、竿尻を引いてまで返すようにする(誘いの意味で)と、開始30分経った頃からウキが返すようになった。しかぁ~し、予定外の雨。もう降らないと思っていたが、急いで荷物にはシートを掛け、傘をセット。急に竿が振り難くなった。が、そんな中、初めてのあたり!しかぁ~し、残念カラ。でも、急にやる気が出る。すると、11時前になって、返したウキがムッと押さえるような動き。これに反応すると、やった掛かりました!しDscf4293Dscf4294かぁ~し、ハリスが絡んでしまう。最初はいつものように我慢しながら解こうと思っていたが、次第にイライラしてきてプッツン。急いで交換すると、次の餌打ちで、馴染んで返してチクッ!やった連荘?だ。11時を過ぎているので、ひょっとして午前中のGTかも(最近多い?)。すると、竿尻を引いて誘いを掛けたらDscf4295Dscf4296ムッ!で3匹目。更に11時半頃になって、ウキがズルッと入ったのでヤバイスレかもと思ったら、口の横でセーフ。釣れないと思っていたが、第2目標にリーチにまで漕ぎ着けたゾ。雨は断続的に降っていたが、この頃には止んだ。I尾さんは帰っている。どれくらい釣れたのだろうか。さて、この頃から次第にウキの動きが小さくなり、あたりらしき動きは何故かカラになってしまう。ちょっと無理目のあたりらしDscf4297Dscf4298きウキの動きに合わせたら、大きな鱗(残念!)。何とか12時のサイレンが鳴るまでにもう2匹追加して、第2目標はクリアしたものの、その後餌が尽きるまでカラのみで終了となってしまった。もちろんウキ下の微調やら餌付けやらは手を付けたが、効果はなかった。時刻は12時28分。結果、底では実釣2時間10分Dscf4299で6匹。凸かもしれないと思いながら始めたので、まあ充分でしょう(コラコラ)。竿尻を何度となく引いて誘いを掛けたのが効果的だった気がする。さあ、次は宙。と、その前にKさんのところに行って状況を訊く。もう少しで終わるとの事。最初は両ダンゴだったが、途中からトロ掛けに変えて2桁にはなったようだ。素晴らしい。私もこの後宙で頑張ってみよう。釣り座に戻り、まずは昼食。それから竿はそのままで仕掛けとウキを交換だ。餌は前回と同じグルバラ:凄麩を2:3の両ダンゴ。そして前回と同じ「たな」での再開は12時49分。太陽が左に移動して木陰がなくなったので、傘は必須。が、傘が左で私がサウスポー。ますます釣り難い状況になってしまった。Kさんは釣りを終え、奥の常連さんのところで岡ジャミか。さDscf4300て、餌打ちを始めてじきにウキに動きが。あたりらしきウキの動きも。そして1時前にグッと入るウキの動きで1匹目。やった底よりずっと大きいゾ。色も地べら風だし。しかぁ~し、下鈎を食っているのに上ハリスが切れている。何だこれは?さっさと交換するが、段差が気持ち縮まった気がすDscf4301るので、上ハリスを詰める。すると、1時を過ぎて、またもグッ!で2匹目。これもグッドサイズだが、またも下鈎を食っているのに上ハリスが切れている。解せん!再度交換するが、何となく段差が気になって仕方ない。またも上ハリスを詰める。この頃から、餌の経時変化なのかウキのDscf4302動きが悪くなる。手揉みだけでは対応しきれないか。Kさんが帰った1時半を過ぎて、餌がぶら下がった状態でのズバッ!が出て3匹目をゲットするが、これもグーなサイズ。一応ではあるがトータルでの第3目標と両ダンゴだけでの第2目標にはリーチとなった。が、ウキの動きはどんどん悪くなって疑心暗鬼が募り、2時を過ぎるまであたりらしきウキの動きにも手を出せなくなってしまった。餌のタッチは量が少ない事もあって変えられず、餌付けだけでの対応だ。Dscf4303Dscf4304それでもたまに出るズバッ!で2時半までにポツポツと2匹を追加。5匹目は今日一番のサイズで、おそらくは35cmオーバーだろう。これでトータルでの第3目標と両ダンゴだけでの第2目標はクリアしたが、今ひとつパッとしないので、ここは「上がりべら」と同時に底と同じ数の6匹目を狙おう。そして、2時半過ぎにウキが小さくチクッと入るあたりに手を出したら、やった掛かりましたよ!しかぁ~し、傘が邪魔で思うように寄せられない(それまでもそうだったが)。竿を右の方へ出すと水草に頭を突っ込まれてしまうし、とにかく懸命に堪えて、ようやく前を向かせて「たも」に近付けたと思ったら、何と「たも」のすぐ前で鈎が外れ、反動で仕掛けが頭上の木の枝に。もちろんどういう状況かは分からないので、闇雲に引っ張ったところ、ゲゲッ、ウキの下から道糸が切れてしまった。アウト!アウトだ。それにしても、散々手こずらせた挙句のバラシって何だろう。確かに口にかかっていた筈なのに、と今更ながらの時間よ止まれ(太田博之さんですが、知ってるかな?)。それはさておき、これからどうするか。餌も残り少ないので、ここで終わっても良いが、どうせ次回までに仕掛けを作らなければならないのは同じ。それなら現場施工しよう、と私にしては珍しい前向きな態度。指先が思うように動かず(方言で「ぶき」と言う)イライラしながらも、何とか出来たので再開するが、じきに3時のチャイムが何処からか聞こえてくる。その後も餌を打ち続けたが、最後の最後の辺りでようやくウキが動き出したものの、万事休す。3時20分に無念の終了だ。結Dscf4305果、宙では実釣2時間10分(仕掛け作り含まず)で5匹。トータルでは実釣4時間半弱で11匹。どうだろう、まあまあかな(オイオイ)。片付け。湖面は凪いでいて、まだ充分出来そうだ。常連さんも何人か残っている。Oさんはまだやっているのかメールしてみたが、返事がないのでおそらく帰ったのだろうと、特に奥まで見に行く事もせず、片付けを終えてさっさと駐車場に戻ったが、あれれまだ車があるゾ。やいやい困ったなぁ。再びメールで次回また宜しくと連絡して良しとした。さて、今日は久し振りにベイシアにでも寄って帰るとするか。汗を拭き吹き池を後にした。
 
梅雨明けまでは汗だくだくの辛い釣りになる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 圏外はポイントゼロ? | トップページ | 途中からカラツンのオンパレード。釣れない@増沢池 with HRさん and 短時間の岡ジャミKさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 圏外はポイントゼロ? | トップページ | 途中からカラツンのオンパレード。釣れない@増沢池 with HRさん and 短時間の岡ジャミKさん »