« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月31日 (日)

デマなのか?

日韓W杯の際に、スタジアム建設費として日本が韓国に貸した300億が未だ返却されていないという事がネットに沢山載っているが、一方ではそんな事実はないとの記載もある。

時系列では、
・1998年IMF危機の際に韓国から300億円借金の申し出があり、日本は快諾
・しかし、韓国のV字回復により借金の話はなくなった
・が、2001年の9.11同時多発テロの関連で再び韓国の経済が一気に悪化
・それで別途再び日本からスタジアム建設費に限らないが23億ドル(当時のレートで約2800億円!凄く増えてる)の融資を受け、これは現在返済中(残り300億円近く)
らしい。

この残額と300億円の融資がごっちゃになっているのか?よく分からないが、坊主憎けりゃ袈裟までではないが、嫌韓のあまり目が曇っては彼らと同じになってしまう。
 
この記述が良く表している → http://www.skept.org/hoki01.html
 
浜松駅にハングルの表示があった。日本語とローマ字で充分では?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

久し振りの顔合わせ

Dsc01830去年の今日、まさに事故によって私だけ出席出来なかった学生時代からの友人との呑み会にようやく参加出来た。場所は皆さんご存知?の割烹「濱作」。
個別にお見舞いに来てくれたので、それぞれの顔を見るのは1年ぶりだが、こうして揃って顔を合わせるのは2年ぶりになるのか。近況報告やらそろそろリタイアの時期でもあるので、これからどうするのかとか、あっと言う間の3時間だった。
話し足りずに近くの喫茶店で1時間ほど喋ったが、まだまだ時間が足りなかった。秋にOM氏の企画により泊まりでの何かがあるようなので、期待しよう。皆さん本当に楽しい時間をありがとうございました。
 
歳は取っても気分は学生時代?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年8月29日 (金)

ため池の今後

今日は出そびれて家。明日は呑み会があるので、去年の轍(去年も同じメンバーでの呑み会の前々日に事故った)を踏まないよう大人しくするのも良いかも。
そんな中、最近評判の悪い朝日の記事に次のようなものがあった。
 
農業用ダム・ため池、510ヵ所で耐震不足
 
調査が進めば更に対象となる所が増えるだろうから、その改修により釣りが出来なくなると同時に、改修のために池を干し上げるので、へらの数も激減すると思われる。昭和新池やら野口池やらも、そんな理由でしばらく釣りが出来なくなるのか(未確認)。私のテリトリーでもひょっとしてあり得るかもね。
 
こればかりはどうしようもない?
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年8月28日 (木)

一周年

増沢での、あの忌まわしい事故から1年が経った。事故当日、いつもの場所に荷物を置き、Oさんに挨拶に行った帰りの出来事。ちょうどすぐそばで竿を出していたのがKさん。ホント、OさんとKさんにはお世話になったが、同時に近くにいても知らん顔だった人の事もしっかり覚えてますよ。
救急車を呼んだものの、救急隊員3人では運べず2人が追加で呼び出された。この時ほど自分の体重を恨んだ事はない。
OさんとKさんには荷物を運んだり車を家まで届けてもらったりと、幾ら感謝してもしきれない。
そのまま入院、2日後には手術となり、約3週間病院内でゴロゴロしていた。まあ、それまでも普段はゴロゴロしていたので気分的にはそれほど変わらなかったが、シャバに戻った時はさすがに感激した。ああ、季節は変わっているんだと。
入院している間に台風が来たりオリンピックが東京に決まったりといろいろなニュースがあった。
9月18日に退院。自宅でのリハビリと通院が続く。
足のネジが取れて車の運転も自由になり、ようやく全体重を右足に掛けてもOKとの許可が出てからしばらく経った12月に久し振りの竿出し。初日は凸だったが、大晦日までには結果を出す事が出来てホッ。
OさんとKさんにもお礼が言えて良かった。私が足を滑らせた場所は、常連さんがならして歩き易くしてくれたようで、これにも感謝。ヘラブナ釣りをやっていたから起きた事故ではあったが、そのおかげで親切な方々にも会えた。事故は残念だが、出会いはそれに勝る。事故は公にはしなかったが、それでもお見舞いに来てくださった方々にもこの場を借りてお礼を言いたい。ありがとうございました。
 
いつ何処で何があるか分からない。それが事故
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2014年8月27日 (水)

宙で亀ってアリ?@増沢池

いつも天気予報はBS910のウェザーニュースとYAHOOの2つを見るが、今日はBSは雨でYAHOOは曇り。どちらを信じれば良いか迷ったが、昨日もBSは外れたので、それでは出掛けるとするか。9時前に家を出る。もちろん行き先は増沢。駐車場に着くと、車はそれなりに停まっているけれども、OさんKさんはいないようだ。最近は釣れないので来ないのかな。とりあえず荷物を降ろして池に向かう。湖面は凪いでいるが、湿度が高Dscf4403そう。奥の方に何人か入っているが、釣れてるのか?目の前の水草をどかして、さあ準備しよう。底が厳しいのは承知なので、今日は宙から入る。しかも両ダンゴで。バットさんが苦労したが、自分で経験しないと。竿は11尺、餌はガッテン・天々を1:1。仕掛けが「お」のままなので、両ハリスを交換。「たな」は1本で開始は9時40分。うわぁ、急に風・波が出て来た。でも、涼しくてグー。ちょっとウキの馴染みが良くない(あくまで個人の感想です)ので、BBフラッシュを一つまみ。しかぁ~し、打てども打てどもウキに動きナシ。予想の範囲とは言え、ちょっと辛い。そのまま10時。更に時間は過ぎる。たまにウキが弱く小さくモヤッとする事があるが、それ以上は何もない。しかぁ~し、10時半を過ぎて急にウキを見失った!慌てて合わせるDscf4404と、やった掛かりました!ん、何かおかしい。何かが変だ。ゲゲッ、これは・・・。ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメの成れの果て)ではないか。おいおい、宙でも来るのかよっ!ショック。唯一の救いは鈎が外れていた事。交換の手間が省けた。亀にはご退場いただき、続行。すると11時頃になって、昼前のGTなのかウキのモヤモヤがハッキリして来たぞ。消し込むほどではないが、グッとウキが入るあたりが2回。いずれもカラだったが、何となく釣れそうな予感。そして3回目のウキがグッと入るあたりで、やった掛かりましDscf4405たよ!う、嬉しかぁ。これを逃してなるものかと懸命に寄せる。う~ん、サイズ的にはまあまあかな。ん、ゲゲッ、顎にスレているではないか!ガクガクッ×ガクガクッ。急いで放し続行すれば、やはりGTなのかウキは時々動くが、どうにも掛からない。最後の1投もままならず、11時29分に餌が尽きて虚しく終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間50分で凸、凸(怒)!旧爆釣ポイントに1人入り、多分底Dscf4406で始めた。さて、次は待ってましたの「お」。これで釣れなければ、もう来ないぞ!竿はそのまま、バラケはスイミー・天々・マッハを1:1:2のバラケと小さ目の「お」。「たな」はそのままで再開は11時41分。すると、まだへらが残っているのか、すぐにウキがモヤモヤ。ただ、あたりにはならないし、バラケに来ている気がする。じきに12時のサイレン。ここで、竿から手を離して餌ボウルの中でくっついた「お」をバラバラにしていたら、いきなりウキが消し込んだではないDscf4407か!慌てて竿を持てば、ガッチリ掛かってます。今度こそは大丈夫だろう。「たも」に納めれば、「お」を呑んでいるので、指を突っ込んで外す(人間鈎外しの術)。やったぁ、凸回避だ。それにしても、何故竿から手を離している時に限ってあたりが出るのだろう。殺気が竿から餌まで伝わっているのかもしれない。更にしばらくして、今度はバラケが抜けてからちょっと待っていたら、ズバッ!これは物凄くDscf4408引きが強い。竿先だけでなく水中に引き込まれそうになるのを懸命に堪える。この危機を乗り越えれば、後は何とかなる筈。堪えに堪えるが、ひょっとしてスレではと嫌な予感も。しかぁ~し、「たも」に収めれば「お」を食っていてホッ。ただ、今度も鈎を呑み込んでいる。釣りの性格上止むを得ないか。鈎外しを用いるが、暴れられてハリス切れ。もう~っ・・・。急いで交換して再開するが、しばらくはウキがモヤモヤしていたものの、次第に動かなくなる。隣は1回竿が曲がるのを見たが、ブルーだった。さて、どうにもウキが動かないので、「たな」を上下してみるが、深くして掛かってきたのはお約束のブルー。特定外来魚ゆえ、池には戻しません。その後も餌付けやら工夫するが、局面は打開出来ず。隣も状況に変わりはない様子。2匹目から1時間以上餌打ちマシンとなる私。しかも、2時近くなってさあこれからGT、と思ったところに雨粒。珍しくBSの予報どおりだ。でも、そんなに降らないだろうと思っていたら、次第に強くなってきた。と、隣が片付け開始。あたりが全く出なかった。何でも、バイクで来ているとの事。Y川さん以外にもいるんだ。素早く片付けて帰った。さて、まだバラケが少しDscf4409残っているが、今更傘を出すのも面倒なので私も終わろうかな。餌を捨て、1時59分に終了だ。結果、「お」では実釣2時間20分弱で2匹。トータルでは実釣4時間超で2匹。状況が変わらないうえに、両ダンゴでは私のアームでは難しい事を実感した。片付け中に雨が弱まってきたが、もうやりません。片付けを終え、駐車場に戻る。グッタリだ。さあ帰ろう。もちろんベイシアに寄って。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
今日の日記はいつもよりかなり短い。書くことがないからね
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年8月26日 (火)

黒いハリスを使い切った

ようやくyurieさんから貰った黒いハリス(インテリア手芸用の糸)を使い切った。300mとあるので、通常のハリス50mの6個分。いやぁ、長持ちした。
さあ、次は同じくyurieさんから貰った透明なハリス(これも手芸用)。太さと長さは黒と同じで#60と300mだが、yurieさんによると同じ#60でも、黒がおおよそ0.35号くらいなのに対して透明は0.4号くらいだと言うので、手触りは確かに透明の方がややゴワゴワした感じがする(個人の感想です)。
ここ数年黒ハリスでやって来たので、透明に戻すと何かが変わるかもと期待が膨らむ?が、透明から黒に変えた際にもそのように思った記憶があるが、結果がどうだったかと言うと、良く分からないのが正直なところ(オイオイ)。
まあ、私の強めの合わせでもそんなにブチブチ切れた記憶もないので、強度もノー・プロブレムだと思う。しばらくはハリスを買う必要もないだろうし、助かるね。
 
いよいよ1周年が近付いてきた
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年8月24日 (日)

豊作?

Dscf4402今年の夏は果物が向こうからやって来る豊作。
スイカ、メロン、温室ミカン、桃、そしてブドウ。梨だけは増沢の帰りに直売所で買った。いずれも美味しい。量が多くてなかなか減らないのが嬉しい悲鳴?もうじきリンゴ(紅玉)も穫れる(三方原農園)。
 
果物は朝が金、昼が銀、夜は鉛だと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

状況に変わりなし@増沢池 with 途中からmasaさん and 岡ジャミザわさん

小型台風が去って、久し振りに竿を出す気になった。今日も暑いが、水筒にスポーツドリンクをたっぷり入れてゴー!もちろん行き先は増沢。先週土曜以来1週間経っているが、池の状況はどうかな。相変わらずのモタモタで出が遅くなり、駐車場着は9時過ぎか。へら師らしき車は停まっているが、釣れているのか?急いで荷物を降ろして池に向かう。暑い。いつもの場所には水草が溜まっており、まずはそれを掃除して、さあ準備しDscf4394よう。汗が滴る。台をセットして、さあどうしようか。前回は宙だけだったが、やはり底から入りたい。と言っても、いつもの長さでは釣れないだろう。ここは13尺で。餌は夏・冬・スイミー・マッハとごちゃ混ぜでいつもより多めに作る。それから底取り。ん、ウキが遠すぎて山の影にもなって視認性が悪すぎる。それに餌落ちも合っていないようだ。風・波も出て来て早くもげんなり。こりゃぁダメだ、竿を短くしよう。結局11尺(トホホ)。大分時間を費やしてしまった。底取りを終え、開始は9時55分。ウキの馴染みは予想通りで、しかも早くから返しが出る(ただし餌が持たないから)。いつもより餌が多いので、最初から割と早めのインターバルで餌打ちを続けるが、想定内とは言ってもウキが動かないと寂しい。早くも開始30分、そして1時間近くなった11時前からようやくウキに動きが。しかぁ~し、何と言う事でしょう、餌ボウルに視線が向いたその時にあたり!残念見過ごし。更にごく小さくあたったように見えて合わせるがカラ。更に更に、再度餌ボウルに目が・・・。何故あたりそうな時に視線をずらしてしまうのか。私見だが、おそらくウキを見続ける緊張に耐えかねての事ではないか。とにかく、ただでさえあたりが少ない時に2回もあたりを見過ごすようでは、今日の底はこれで終わり。ところが、11時を過ぎて、ウキが返した後にモヤ~ッと弱くゆっくりと入った。いつもなら絶対に合わせないだろう動きだが、何故か手が出てしまった。しかぁ~し、掛かりました!ん、ヤバそう、スレでは?おDscf4395おっ、寄せてみればしっかり口に掛かっているではないか。う、嬉しかぁ。サイズも30cm超だし、やったぁ。さあどんどん行こうと言いたいが、やはり渋いのに変わりはなく、すぐに午前中のGTは去ってしまった。11時半を過ぎた頃、1人やって来て奥の方へと向かった。私はウキの動きもないのでボーッとしていたが、突然背後から声が。あっ、masaさんではないか。久し振りです。午後からセットでやれば釣れると奥の方で言っていると教えてくれた。もちろん後半戦は「お」でやります。写真を撮ってから、塩ビ管奥に入った。さて、まだ餌が残っている。1匹ではまぐれと言われても仕方ないので、何とかもう1匹。しかぁ~し、12時のサイレン。最早気持ちは次の「お」。そんなところへ奥の方からヨイショヨイショとやって来たのはザわさんだ。こちらも久し振り。蜂とか蜘蛛とかが嫌なので、今日は深場方面から降りてきた。昭和新池への釣行は仕事が立て込んでいるので難しいとの事。残念だが、昭和池に移ってからにしようかな。12時半頃に餌が尽きて底は終了。2人でmasaさんのところDscf4396Dscf4397に様子を見に行く。まだ始めたばかりらしいので、今度は来月に予定されている鳳来でのBBQと、同じ日の夜にあるじゃがにぃさんのライブの話になった。どうしようかなぁ。そうそう、話も良いが、釣りを忘れていた。独り釣り座に戻って「お」の準備だ。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌は凄麩・天々・マッハを1:2:2(凄麩は今日で使い切った)のバラケと小さ目の「お」。「たな」はmasaさんは浅めだったが、私は1本くらいから行くかな。再開は12時45分。蝉はクマゼミからツクツクホウシへと変わり、秋の気配。でもまだ暑い。さて、打てども打てどもウキに動きナシ。底で厳しいのは極々承知だが、今日こそ「お」で凸になるのか。それでも1時半を過ぎる頃からウキに動きが。ようやく、かな。そしてモヤモヤからグッと入るウキの動きに合わせたところ、やった掛かりましたよ!あっ、バラシた・・・。しかぁ~し、ハリスを見たら何とハリスがサルカンからするりと抜けているではないか。実は前回ハリスを詰める際に、玉こぶで縛っていたのだった。それでも前回1匹は釣れたのだが、どうもそこから解けたのか「ハリス抜け」。あ~、勿体無い。急いでハリスを縛るが、段差は大きくなってしまった。でも構わず再開だ。すると、今度はグッと入るあたりで掛かったと思いきや、バラシた。ガクガクッ。何となく午後のGTっぽい感じはするものの、こんな事を繰り返していると、へらが何処かへ行ってしDscf4398まう。それでも2時近くなって再度のグッと入るウキの動きで、やった今度こそ掛かったでしょう!サイズ的にはまあまあだが、開始1時間で凸を回避出来て嬉しかぁ。さあ、今度こそ本物のGTか?しかぁ~し、続かない。午後からセットで釣れるという情報はホント?いやいや、昔から3時過ぎが本当のGTと言われている?ので、まだまだこれからに違いない。その後も単発的にあたりらしきウキの動きは出るものの、どうもバラケに来ている感じ。またハリスを詰める?いや、今日は(今日も)「たな」を浅くしてみよう。すると、2時半頃になって、いきなりの目にも止まらぬ消し込み!慌てて竿を起こそうとするが、残念ハリス切れ。ビックリしたなぁ、モウ。でも、今までそんなウキの動きはなかったので、今度こそ正真正銘のGTか?急いで交換すDscf4399Dscf4400ると、2時半を過ぎてまたもズバッ!今度は心の準備が出来ていたので、バッチリ合わせた。おおっ、またまた30cmオーバーか。これはデカそうだ。更にしばらくして、もう一度ズバッ!で3匹目。これは素晴らしい。この調子で第2目標も行けそうだ。だが、残念バラケがもうない。今日も昼食の用意をして来なかったので、腹ペコだ。延長はしません。これを打ち切って終わる。しかぁ~し、何故か急にウキの動きが悪くなり、3時にバラケが尽きて終了。結果、「お」では実釣2時間15分で3匹。底と併せれば実釣4時間45分で4匹かぁ。凸は免れたものの、とても良くやったとは言えないなぁ。前回から間を空け、満をDscf4401持しての竿出しだったが、状況は変わっていないと言う事だ。片付け。masaさんはまだ竿を出しているようだが、見に行く気力もなく、片付けを終えてからメールで挨拶して駐車場に戻った。さあ、帰ろう。とりあえずベイシアには寄るが、フードコートには行かない。買い物だけして。荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
深場に行った方が釣れるのか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年8月21日 (木)

小型台風去る

我が家にも小型台風が2つやって来て、あっという間の2日間吹き荒れた。いる間にはあまりのやかましさに閉口する事もあったが、去ってみると静けさよりも寂しさが募るのは何故だろう。
P1000094そんな中、昨夜は「とろろや」、今日の昼には「新角」で鰻だ。
「とろろや」では写真を撮り忘れたが、あまりの量の多さ(ご飯ではありません)に、前回4杯まで行けた私の食欲も持たず、3杯に留まってしまった。腹一杯で帰宅。
今日の昼は待ちに待った鰻。墓参りの後に「新角」で。土用の丑に食べられなかった鬱憤を晴らすかのようにガツガツと頂いた。いやぁ、美味かったなぁ。
 
相変わらず暑い。溶けそうだ。
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

行って良かったのか@増沢池 and カインズキッチンで昼食

昨日は予報に騙されて出掛けなかったので、今日は多少雲行きが怪しくてもゴー!と言う事で、やって来ました増沢。駐車場着は8時半頃か。途中でフロントグラスに雨粒が付いたが、これくらいなら大丈夫。しかぁ~し、車は多くても何か行事があるみたいで、肝心のへら師はどれくらいいるのかな。荷物を降ろして池に向かうと、ゲゲッ、塩ビDscf4386管付近に傘が見えるが、それ以外は誰一人いません。天気のせいなのか、それとも釣れないからか。雨粒が湖面にポツポツしているが、本降りにはなりそうにないとの予報を信じよう。傘を一応セットし、荷物には覆い。とりあえず準備しよう。「たも」で正面の水草をどかして釣り台をセット。さて、どうしようかな。いつもより長い竿で底と考えて来たが、どうも釣れそうにない。それでは最初から「お」で行ってみよう。竿は穂先を修理した11尺、餌はグルバラ・凄麩・マッハを1:3:1のバラケと小さめの「お」。しまった、仕掛けがトロ掛けになっていた。ハリスを切らずに交換しようと思ったが、蒸し暑さについイライラしてカット。「たな」は前回より深めにして9時2分に開始。もちろん目標は凸回避。しかぁ~し、と言うか、当然の如くウキに動きナシ。そんなに早くへらが寄る筈もない。ただ、闇雲に餌を打ち続ければ良いと言う訳でもなさそうだ。ボチボチ行こう。なんて最初は多少余裕があったが、打てども打てどもウキは返すだけ。何だか「お」でも凸を食らいそうだ。ただ、ごく弱くではあるが、ウキが上下しているようにも見える。これが何であるか、早く結果を出したい。すると、10時を過ぎる頃になって、いきなりウキがスッと入っDscf4387た。が、カラ。力強さがなかったので、糸ずれだろう。ん、2人やって来たぞ。何やら長い鎌のようなものを持っている。そして柳の木の奥の上部の木の枝を切り始めた。オイオイ、勝手な事しても良いの?公園に許可は取ってあるの?雑草を刈るのとは訳が違う。が、何も言えず見ているだけ。雨は断続的に降り続くが、予報どおり本降りにはならない。ウキの方は相変わらずシーン。ただし、上下に弱く動いているように見えるのも変わりなし。と、10時半を過ぎて、ウキが馴染んでからしばらくして、1目盛くらいゆっくりと上下した。ん、あたった?いや違うだろう。そして餌を切るべく空合わせすると、何と「掛かってます」!軽く合わせただDscf4388けなので、へらも別に驚いた様子もなく、すんなり「たも」に収まった。やった凸回避、今日の目標は達成したぞ!しかぁ~し、喜びは薄い。「掛かってます」はないでしょう。多分その前の弱い上下があたりだったのだろう。でもあれには合わせないよ。ブツブツ言いながら(もちろん独り言ですが、何か)続行だ。しかぁ~し、続かない。何かしらの動きをウキは示すのだが、一応合わせてみてもカラ。そして11時。開始2時間が過ぎてしまったが、餌打ちのインターバルが長くなっているので餌が残っている。何だかなぁ。気分はどんより。そして、嬉しくないブルーをゲット。更には多分餌打ちでハリスがグシャグシャに絡むアクシデント。どうにも解けそうになく、上ハリDscf4389スを交換だ。そして「たな」を浅くしてみると、11時半近くなってウキがグッと入った!これは?もちろん合わせると、やった掛かりましたよ!今日初めてあたりに合わせた。う、嬉しかぁ・・・。おおっ、サイズもグーではないか。これなら来た甲斐があるぞ。さあどんどん・・・。餌がもうない。11時49分に終了。結果、実釣2時間40分弱で2匹。対面には3人のバサー。だが、見極めが早くてじきに帰った。Dscf4390さて、次はどうしようか。前回並みの結果が出たから良しとして終わろうかな。いや、続行だ。でも、「お」でこれだと次にどんな釣り方をすれば良いのか。まさか今更の底?いやいや、それはないでしょう。それより、何となくウキが動き出したようなので、「お」で続けてみよう。餌は凄麩・マッハを1:2で大体1時間で打ち切れる量を作る。そして再開は11時52分。が、特に何もなく12時のサイレン。ちょっとバラケに粘りがないのか餌が持たない感じがする。手揉みで調整しながら打ち続けると、開始20分ほどでいきなりウキがスパッと視界から消えたではないか。慌てて合わせようとするが、凄い引きで竿先が水中に引き込まれる。これを懸命に堪えるが、残念ハリス切れ。見ると上ハリスが切れている。バラケを食ったのか。それにしても凄い引きだったなぁ。もしかしたらスレかもね。急いで交換すると、その後もウキは何となくではあるが魚の気配を示してくれる。が、なかなかあたらないのDscf4391は前半と同じ。しかぁ~し、12時半を過ぎてまたもいきなりのスパッ!今度はちゃんと竿を立てる事が出来、ガッチリ捉えた。寄せてみれば同じくバラケを食っていたが、スレでなければ何でもOK。やったぁ・・・。さあ、ウキが動いているうちにどんどん行こう。しかぁ~し、何故か前半と同じくブルーが掛かってくる。その上、しばらくしてまたもやハリスが絡んでしまった。そこで、今までは長ハリスでやって来た(と言っても50cmくらいですが、何か)のを、バラケに来るならきっとバラケの近くにいる筈と思い切って絡んだ部分の下ハリスをカットして段差を詰めてみる。Dscf439210cmくらい短くなった。大丈夫かなぁ。すると、再会するや否や、状況が変わった事への興味なのか、1時近くになってズルズルとウキが入ったではないか。これにも合わせるが、気分はスレ。しかぁ~し、寄せてみればちゃんと「お」を食っている。何だか分からないが、とりあえずやったぁ・・・。今日は凸さえ免れれば良いと思ってやって来たが、第2目標にリーチとはね。俄然やる気になるが、何故かそこからウキの動きがなくなる。え~っ、これからがGTではないのか?柳の木の奥にはいつもなら対面看板横付近に入るご夫婦が入っている。雨を避けているのか。その後もウキの動きは回復せず、1時18分にバラケが尽きて無念の終了。結果、2回目の「お」Dscf4393では実釣1時間半弱で2匹。トータルでは実釣4時間余で4匹。充分でしょう(甘~ぃ!)。片付け。雨はとうに上がり、日が差す事もある。湖面はやや波立っているが、これからと言う感じ。でもやりません。片付けを終え、駐車場に戻る。湿気のせいかしんどい。汗、汗。さあ、帰ろう。腹が減ったので、ベイシアの中にあるパン屋でパンを買って食べるとするか。荷物を積み、スポーツドリンクを飲みながら池を後にした。
 
P1000092ベイシアに意気込んで入ったまでは良かったのだが、ゲゲッ、パン屋がない。止めたのか?仕方なくフードコートに向かうが、スガキヤ付近は混み込みなので、その隣のカインズキッチンでラーメンとミニチキンカツ丼を食べる事にする。うわぁ、丼は本当にミニだ。言い方は変だが「看板に偽りナシ」。でも両方で480円だから文句も言えまい。さっさと食べてさっさと家路に着いた。
 
今月はなんだかんだで釣行回数が少ない
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (7)

2014年8月13日 (水)

訃報

今日はお盆で親戚に行って来たが、帰ってパソコンをONさせたら、ビックリするメールが届いていた。それは、P社の元社長KT氏が亡くなったという連絡。
KT氏は私がまだ従業員が20人ほどだったP社に入った頃から面倒を見てもらっていた恩人。
門前の小僧ならぬKT氏の仕事ぶりを見て学んだ。社長になった時も口にこそしなかったが、誰よりも喜んだ。が、P社が傾きリストラを断行した頃は、社長としてかなり辛かったと思う。
社長を交代してからは相談役としてしばらく留まっていたようだが、その後は残念ながら知らない。が、最新の動向が今日の訃報になるとは、あまりの驚きにまだ実感が湧かない。
通夜まで何日かあるので、じりじりとKT氏がいなくなった事を実感するだろう。
 
謹んでご冥福をお祈りします

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6)

2014年8月12日 (火)

一つのブログが終わった

楽しみに見ていた「あんぷおやじの製作記」が今日をもって終了との記事があった。
まだまだやりたい事が多くあるので、ブログに割くリソースがないとの事。
アクセス数100万を超える人気ブログの終了は残念ではあるが、あんぷおやじさんの今後のご発展を祈る事にしよう。
 
一度くらいはお訪ねして、オーディオシステムに触れてみたい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年8月11日 (月)

いよいよ凸まっしぐらか@増沢池 with 途中からじゃがにぃさん、奥の方にキアヌさん and 大門係長

またまた釣行が間延びしてしまった。台風一過で水が換われば釣れるかもと何処かに書いてあったので、いそいそとゴー!駐車場着は8時半近く。KさんもOさんもいないなぁ。荷物を降ろして池に向かうと、へら師は塩ビ管奥に方に何人かと、対面階段横に1人。上空前方には真っ黒な雲。予報では雨はないとの事だが、何だか怪しそうだ。湖Dscf4378面は風が出たり止んだり。さっさと準備しよう。いつもどおり竿は11尺で底から入る。と、何と竿袋から竿を出す際に穂先を折ってしまった。オー・マイ・ガーッ!仕方なく竹竿11.1尺にご登場願う。餌はトロロの底釣り。しかぁ~し、これがどうだったか?何しろ指に纏わり付いて離れないのだ。底を取り、開始は8時57分。ん、雨?やっぱりね。ザーザー降るほどではないが、一応荷物には覆い。そして傘。餌の量は少ないが、指に纏わり付く分餌付けに時間がかかり、結果餌打ちのインターバルが長くなってしまうのと、私のイライラが募る。しかも、お約束のウキの馴染みが・・・。ウキ下も微調整するが、開始20分経たないうちにウキが馴染む途中でスピードが変化した。これは意外と高活性か?いや、残念ウキが動いたのを見たのはそれっきり。まるで水深の浅い斧のようだ。その後2時間餌を使い切るべく打ち続けたが、波のせいもあるかもしれないが、結局ウキの返しも見ないままで最後の1投(え~っ!)。これは放置プレイでしょう。すると、フワッとウキが返して再び馴染んだ。思わず竿を持つ手に力が篭るが、残念それ以上はなく10時59分に餌が尽きて終了。結果は言うまでもありませんね。今までなら幾Dscf4379らウキが動かなくても開始1時間半くらいで何かしら結果が出ていたのだが、遂にこの日が来た。まさにガクガクッ。ウキが動かないと書くこともないので、いつもより文章が少なめになっています。一旦休憩してトイレタイム。それから水分補給。雨は上がっている。柳の木の奥には1人入った。いつの間にか深場整地された辺りには常連さん。竿は曲がっているのかな?さ~て、次はどうしよう。宙をやるのは間違いないが、何としても凸からは脱却したいので、このところ好調?な「お」で行こう。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はグルバラ・凄麩・マッハを1:2:2のバラケと大きめの「お」。「たな」は前回よりやや深めから入る。しかぁ~し、ウキが流されるのは仕方ないが、上下の動きが全くない。何となく餌打ちマシン化しそうな感じで時間が過ぎる何処かで見た展開に。今日は早上がりのつもりで昼食を用意していないが、このままだと残業も考えなければ。それでも開始30分頃からウキは少しはモヤモヤして来たので、何かが寄っているのは間違いない。ただし、顔を拝Dscf4380むまでは何とも。すると、ウキが馴染んでしばらくして、ウキがチクッと入り、これに合わせればやった掛かりました!ちゃんと「お」を食っている。最初から3時間近く経っての1匹目、う、嬉しかぁ。ウキの動きはまだ出ているので、きっと寄っているのだろう。これを逃してはならない。そのまま12時のサイレンを聞く。しかぁ~し、しばらくして空合わせをしたら、しまったへらにスレてしまった(ゴロ合わせ?)。なかなか寄らず難儀したが、何とか「たも」に納めたら腹ビレにスレていた。これで場が荒れて今日はジ・エンドかと覚悟するが、まだ時合は残っていたのか、それからしばらくしてウキがモヤモヤからグッと入るのに合わせたDscf4382ら、やった今日2匹目だ!しかぁ~し、バラケを食っている。でも今日の状況から考えれば、まあドンマイだろう。が、下鈎が腹辺りに掛かっていて、これを外そうとしたら暴れられて上下のハリスを切られてしまった。ガクガクッ×ガクガクッ。急いで交換するが、再開すると状況が一変(良くあるパターン)。再びウキが動かなくなってしまった。とりあえず凸を免れたのは良かったが、何だかなぁと思いながらウキを見ていたら、左後ろから声が。あっ、じゃがにぃさんだ。お久し振りです。何でも、今日は斧でやろうと来てみたが、濁りが全くないので止めて来たとの事。じゃがにぃさんの岡ジャミの元、餌を打ち続けるが、状況は一Dscf4383向に好転せず、1回くらいあたりらしきウキの動きが出たが、カラ。1時を過ぎてじゃがにぃさんがここで竿を出すと決める。私の餌は残り少ないが、せっかくそばで竿を出してくれるのだから、残業も考えよう。じゃがにいさんは旧爆釣ポイントで準備を始めるが、その釣り台の大きさにビックリ!これは重そうだ。9尺宙でバラグルセットをやると言うので、参考に出来るところがあれば真似しないと。しかぁ~し、ウキが動かないと驚きの声。私の方は何も変わらず、1回ブDscf4384ルーが掛かって来ただけ。1時45分にバラケが尽きて終了。結果、「お」では実釣2時間半で2匹。凸を免れただけでも幸いとしなければ。さあ、次は残業でトロ掛けでもやろう。餌はグルバラ・マッハを1:2のバラケとトロロで、大体1時間で打ち切れる量を作る。「たな」は「お」の時のままで再開は2時前(失念!)。しかぁ~し、予想したとおりウキに動きナシ。ひたすら餌打ちを続けるが、気が付いたのはトロロの持ちが良い事。へらはいないんだろうなぁ、きっと。「お」の時よりも状況が悪くなっているのは間違いない。GTは何処へやら、だ。そのまま無事にバラケを打ち切っての終了は3時13分。結果、トロ掛けでは実釣1時間15分くらいで凸。トータルでは実釣5時間45分!で2匹。何度も繰り返すようだが、凸でなくて良Dscf4385かったぁ。片付け。柳の木の奥は帰っている。竿は果たして曲がったのか。片付けを終えてじゃがにいさんの様子を見に行くと、今は下鈎を底に這わせて段底まがいでやっているとの事。あたりが全くない。確かにウキは餌が底に着くと静かになってしまう。が、馴染む途中でちょっと動き出したようだ。と、ここで塩ビ管手前から声が。最初はmasaさんかと思ったが、違うようだ。確かめに奥に行くと、向こうから誰か歩いて来た。誰?顔の覚えが悪い私、思わず訊いてしまったが、キアヌさんでした。今日も結果が出ているようで、裏山鹿~。塩ビ管手前にいたのは大門係長でした。お久し振りです、と言うか、キアヌさんも大門係長もしょっちゅう増沢には来ている様子。私がいつも浅場ばかりでやっているので、気が付かなかっただけだろう。携帯で時刻を確認すると、4時。どおりで腹が減った訳だ。じゃがにいさんにまた宜しくとその場を離れ、駐車場に戻った。じゃがにぃさんには結果を教えて欲しいと頼んでおいたが、果たしてどうなったのか。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
凸まっしぐらは間違いない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2014年8月 8日 (金)

「限りない愛」が終わった

アクセスが急減するかもしれないが、やはり書いておく(そんな大袈裟な)。
ずっと観ていた「限りない愛」が終わった。全50話。
3兄弟(長男:定年退職した元高校教師、次男:定年退職した元中堅企業常務、三男:スポーツ用品店経営)はそれぞれ1億ウォンずつ調達して、更に父親から幾らかの出資を受けてコーヒーショップを開くものの、半年経ってもなかなか軌道に乗せることが出来ない。すっかり弱気になっているところへ、父親からすね蹴りの叱咤を受ける。
そして最後は長男の息子(長男)の子供が生まれるところと次男の結婚式で終わる。
韓国ドラマといえば、ドロドロの復讐劇か恋愛ものがほとんどだが、意外に大家族ものも人気がある。もちろん今の韓国を象徴している訳ではなく、むしろ現実はその逆で、いわゆるノスタルジーが人気の原因だと思うが。
実際は親が子供に財産を譲り渡した後に、面倒をみてもらえないからと子供を訴える事案が多いとか、かなりハードなようだ。だからこそドラマの中にファンタジーを見つけたいのだろう。
さて、これでしばらく韓国ドラマから離れられると思っていたら、この後には「光と影」が始まるとの事。以前1回だけ観た事があるが、韓国の軍事政権時代の闇も少しではあるが描かれているので、もう一度観てみようかな。
 
ホント、言うほど観てませんよ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年8月 7日 (木)

久し振りなので釣り方を忘れたか@増沢池 with Kさん

やっと暑さも一段落?と言う事で、先週火曜以来の竿出しとなった。出来れば早く出発したかったのだが、相変わらずのグズグズで8時過ぎにゴー!駐車場に着くと、Kさんの車ハケーン!あとはどうだろう、とりあえず荷物を降ろして池に向かうと、あれれ柳のDscf4368木の奥は違う人。その奥も。まあいい、まずは準備しよう。最近は底が良くないが、今日はどうかな?竿は11尺の底から行こう。餌は夏・冬・マッハ。一通り準備を済ませてかDscf4369らKさんにメールすると、何と今日は塩ビ管奥にいるというではないか。先客に挨拶しながら奥に向かうと、いましたKさん。珍しく底をやっているが、まだ結果が出ていないとの事。厳しい~っ!へら師は私を含めてたったの4人。時間帯が早いのもあるが、やはり釣れないからでは?釣り座に戻り、底取り。しかぁ~し、急に風・波。大体いつもどおりだろうと、ささっと底を取っての開始は8時48分。馴染みが気に入らないので、微調しながら餌を打つが、一向にウキが動かない。竿を引いて返しを出すが、それ以上はない。あまり待っても仕方ないだろうと、それなりのインターバルで餌打ちするが、開始1時間近くなって、やっとウキが返した。さあこれからと思いたいが、その後がない。風・波は出たり出なかったり、向きはバラバラ。さて、10時頃には深場整地された辺りに常連さんがやって来た。Kさんの「2時間やってやっと1匹」との声が聞こえてくる。柳の木の奥はたまに竿が曲がっているようだが、私は静かなまま(独り言は満載ですが、何か)。それでも、10時を過ぎて初めてカチッとしたあたり!やったと合わせるものの、残念カラ。餌付けは小さいので、ウキ下を調整。すると、しばらくしてまたもチクッ!しかぁ~し、これもカラ。ウキ下を再度調整。すると、返したウキがグッと入り、これに合わせればやったかかったでしょう!しかぁ~し、今度はスレバラシ。ガクガクッ。これで場が荒れて今日はお終いかと思っていると、10時半を過ぎてフワッと返したウキがグッと入り、これに合わせるとわわっ、凄い引きDscf4370だ!傘が邪魔になって寄せられず、傘を閉じ、立ち上がって懸命に寄せると、ガックリ目にスレている。強い引きはスレだったか。最早これまででしょう。更にしばらくして、仕掛けを投入しようとしたら、トンボが仕掛けに絡むアクシデント。これはどうにも解けません。トンボにはご退場願い、両ハリスも交換。餌も残り少ないのに、ホント、何だかなぁ。ハリス長も段差も変わったので、再度底取り。しかぁ~し、11時過ぎに再開するや否や、ウキが返してモヤッと入った。これに合わせると、やった今度こそ掛かったでしょう!サイズは小さめだDscf4371が、開始2時間を過ぎて、ようやく凸を脱する事が出来た。う、嬉しかぁ。その後もしばらくはウキが動いていたものの、最後の1投も叶わず11時24分に終了だ。結果、底では実釣2時間半強!で1匹。カラツン2回にスレバラシ1回。スレて上がってきたのが1回だった。力なく水筒Dscf4372のスポーツドリンクを飲む。Kさんの様子を聞きに行く気力もないまま、次は宙。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はグルバラ・マッハ・凄麩を1:1:3のバラケに「お」。そうです、前回の仕掛けがそうなっているので、そのままです。「たな」も前回のままで再開は11時35分。休憩中には止んでいた風・波が再び出て来た。これだとバラケと「お」が同期しなさそう。それでも打たなければ始まらない。が、ウキは馴染んで返すの繰り返し。多少ドンブラコはあっても、そんなに大きな問題にはならない気がする。それよりも、12時のサイレンが鳴る前に1回だけウキがスッと入った後は何もない方が心配だ。塩ビ管手前の先客は帰った。私はひたすら餌を打つだけ。そのまま開始1時間が経過。何も書く事がないので、文章Dscf4373の進みが速い。と、特に何かした訳でもないのに、ウキが立ってからズルッと引き込まれた!これに合わせると、やった宙でも掛かりましたよ!慎重に寄せれば、鈎を呑んでいる。サイズはそれほどでもないが、とりあえず宙でも凸は回避したゾ。しかぁ~し、ハリスが絡んでいる。玉こぶになっているので、これはアウトでしょう。下ハリスを交換だ。再開するが、ウキのDscf4374動きは多少出るようになってきた。が、小さな「お」が老眼もあって鈎に付き難いので、大きめに変える。しかぁ~し、古いのか毎回のように落ちてしまう。そうこうしながら1時を過ぎると、ズバッというあたりで2匹目。鈎は呑んでいなかったが、何故か再びのハリス絡み。今度は上ハリスの交換と相成った。急いで再開するが、どうにも続かない。何故だ?柳の木の奥も帰り、ぐっと寂しくなった。対面坂の下付近にはいつものご夫婦。午後から来て暑くないDscf4375のか?さて、1時半頃になって、ウキがモヤモヤした後にグッと入り、これに合わせればやった3匹目!また鈎を呑んでいたが、釣り方の性格上仕方ない。Kさんが終了。全くダメだったようだが、懲りずに明日も来ると言う。へらもお盆休みのようだし、私はどうしようかな。さて、そろそろGTかなと思ってみたが、これが違う。続かないのはバラケのせいもあるだろうが、もう残り少ないので何かを足したりはしない。その代わり「たな」を下げてみる。するDscf4376_2と、2時前にズバッ!で嬉や4匹目!底と併せて第2目標クリアだ。もちろん鈎を呑んでいましたが、何か。その後数投でバラケが尽き、2時4分に終了。結果、「お」では実釣2時間半弱で4匹。トータルでは実釣5時間で5匹。時間1匹かぁ。前回とそんなには変わらないなぁ。いずれにせよ、底では(私のアームでは)釣れない状況になっているのは間違いない。片Dscf4377付け。風があるので汗もそんなに気にならず、爽やか(誇張し過ぎ?)に過ごせたのは良かった。片付けを終え、駐車場に戻る。腹ペコなので、今日もベイシアで何か食べて帰ろうか。いや、帰ってから食べよう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
底で餌打ちマシン化したのは、釣り方を忘れたせい?(単にアームでしょう)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

何だかなぁ

相変わらず暑い。今日は雨が降るとの予報に出掛けるのを控えていたが、確かに雨はあったがパラパラ程度。行けたなぁ。でも、これだけ暑いと行かなくて良かったかも。

①理研の笹井さんが自殺したと報じられた。一体何のために。墓場まで持っていかなくてはならない何があったのだろうか。

②朝日新聞が今頃になって記事の取り下げ。済州島でのいわゆる従軍慰安婦の強制連行に関わる記事は、虚偽を見抜けなかったと言う事で取り下げ。女子挺身隊と慰安婦との混同も認めた。
 
詳しくはここ①ここ②を見よう。  
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年8月 3日 (日)

チョコレート

Dscf4367Dscf4364世界遺産になった富岡製糸場、一気に観光地化して様々なお土産も出来ている。
その中で、お土産にもらったこのチョコ、なかなか口に入れにくいと思うのは私だけか。
もちろん口には運んだが、味は普通。葉っぱの部分は抹茶味?お蚕の部分はクラッシュクッキーとホワイトチョコ。
なかなか思い切ったものを作ったものだと感心。でも、私なら果たして買うかな?誰かにあげるものとしては面白いかも。
 
蚕を知らない人にはOK?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »