« 小型台風去る | トップページ | 豊作? »

2014年8月22日 (金)

状況に変わりなし@増沢池 with 途中からmasaさん and 岡ジャミザわさん

小型台風が去って、久し振りに竿を出す気になった。今日も暑いが、水筒にスポーツドリンクをたっぷり入れてゴー!もちろん行き先は増沢。先週土曜以来1週間経っているが、池の状況はどうかな。相変わらずのモタモタで出が遅くなり、駐車場着は9時過ぎか。へら師らしき車は停まっているが、釣れているのか?急いで荷物を降ろして池に向かう。暑い。いつもの場所には水草が溜まっており、まずはそれを掃除して、さあ準備しDscf4394よう。汗が滴る。台をセットして、さあどうしようか。前回は宙だけだったが、やはり底から入りたい。と言っても、いつもの長さでは釣れないだろう。ここは13尺で。餌は夏・冬・スイミー・マッハとごちゃ混ぜでいつもより多めに作る。それから底取り。ん、ウキが遠すぎて山の影にもなって視認性が悪すぎる。それに餌落ちも合っていないようだ。風・波も出て来て早くもげんなり。こりゃぁダメだ、竿を短くしよう。結局11尺(トホホ)。大分時間を費やしてしまった。底取りを終え、開始は9時55分。ウキの馴染みは予想通りで、しかも早くから返しが出る(ただし餌が持たないから)。いつもより餌が多いので、最初から割と早めのインターバルで餌打ちを続けるが、想定内とは言ってもウキが動かないと寂しい。早くも開始30分、そして1時間近くなった11時前からようやくウキに動きが。しかぁ~し、何と言う事でしょう、餌ボウルに視線が向いたその時にあたり!残念見過ごし。更にごく小さくあたったように見えて合わせるがカラ。更に更に、再度餌ボウルに目が・・・。何故あたりそうな時に視線をずらしてしまうのか。私見だが、おそらくウキを見続ける緊張に耐えかねての事ではないか。とにかく、ただでさえあたりが少ない時に2回もあたりを見過ごすようでは、今日の底はこれで終わり。ところが、11時を過ぎて、ウキが返した後にモヤ~ッと弱くゆっくりと入った。いつもなら絶対に合わせないだろう動きだが、何故か手が出てしまった。しかぁ~し、掛かりました!ん、ヤバそう、スレでは?おDscf4395おっ、寄せてみればしっかり口に掛かっているではないか。う、嬉しかぁ。サイズも30cm超だし、やったぁ。さあどんどん行こうと言いたいが、やはり渋いのに変わりはなく、すぐに午前中のGTは去ってしまった。11時半を過ぎた頃、1人やって来て奥の方へと向かった。私はウキの動きもないのでボーッとしていたが、突然背後から声が。あっ、masaさんではないか。久し振りです。午後からセットでやれば釣れると奥の方で言っていると教えてくれた。もちろん後半戦は「お」でやります。写真を撮ってから、塩ビ管奥に入った。さて、まだ餌が残っている。1匹ではまぐれと言われても仕方ないので、何とかもう1匹。しかぁ~し、12時のサイレン。最早気持ちは次の「お」。そんなところへ奥の方からヨイショヨイショとやって来たのはザわさんだ。こちらも久し振り。蜂とか蜘蛛とかが嫌なので、今日は深場方面から降りてきた。昭和新池への釣行は仕事が立て込んでいるので難しいとの事。残念だが、昭和池に移ってからにしようかな。12時半頃に餌が尽きて底は終了。2人でmasaさんのところDscf4396Dscf4397に様子を見に行く。まだ始めたばかりらしいので、今度は来月に予定されている鳳来でのBBQと、同じ日の夜にあるじゃがにぃさんのライブの話になった。どうしようかなぁ。そうそう、話も良いが、釣りを忘れていた。独り釣り座に戻って「お」の準備だ。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌は凄麩・天々・マッハを1:2:2(凄麩は今日で使い切った)のバラケと小さ目の「お」。「たな」はmasaさんは浅めだったが、私は1本くらいから行くかな。再開は12時45分。蝉はクマゼミからツクツクホウシへと変わり、秋の気配。でもまだ暑い。さて、打てども打てどもウキに動きナシ。底で厳しいのは極々承知だが、今日こそ「お」で凸になるのか。それでも1時半を過ぎる頃からウキに動きが。ようやく、かな。そしてモヤモヤからグッと入るウキの動きに合わせたところ、やった掛かりましたよ!あっ、バラシた・・・。しかぁ~し、ハリスを見たら何とハリスがサルカンからするりと抜けているではないか。実は前回ハリスを詰める際に、玉こぶで縛っていたのだった。それでも前回1匹は釣れたのだが、どうもそこから解けたのか「ハリス抜け」。あ~、勿体無い。急いでハリスを縛るが、段差は大きくなってしまった。でも構わず再開だ。すると、今度はグッと入るあたりで掛かったと思いきや、バラシた。ガクガクッ。何となく午後のGTっぽい感じはするものの、こんな事を繰り返していると、へらが何処かへ行ってしDscf4398まう。それでも2時近くなって再度のグッと入るウキの動きで、やった今度こそ掛かったでしょう!サイズ的にはまあまあだが、開始1時間で凸を回避出来て嬉しかぁ。さあ、今度こそ本物のGTか?しかぁ~し、続かない。午後からセットで釣れるという情報はホント?いやいや、昔から3時過ぎが本当のGTと言われている?ので、まだまだこれからに違いない。その後も単発的にあたりらしきウキの動きは出るものの、どうもバラケに来ている感じ。またハリスを詰める?いや、今日は(今日も)「たな」を浅くしてみよう。すると、2時半頃になって、いきなりの目にも止まらぬ消し込み!慌てて竿を起こそうとするが、残念ハリス切れ。ビックリしたなぁ、モウ。でも、今までそんなウキの動きはなかったので、今度こそ正真正銘のGTか?急いで交換すDscf4399Dscf4400ると、2時半を過ぎてまたもズバッ!今度は心の準備が出来ていたので、バッチリ合わせた。おおっ、またまた30cmオーバーか。これはデカそうだ。更にしばらくして、もう一度ズバッ!で3匹目。これは素晴らしい。この調子で第2目標も行けそうだ。だが、残念バラケがもうない。今日も昼食の用意をして来なかったので、腹ペコだ。延長はしません。これを打ち切って終わる。しかぁ~し、何故か急にウキの動きが悪くなり、3時にバラケが尽きて終了。結果、「お」では実釣2時間15分で3匹。底と併せれば実釣4時間45分で4匹かぁ。凸は免れたものの、とても良くやったとは言えないなぁ。前回から間を空け、満をDscf4401持しての竿出しだったが、状況は変わっていないと言う事だ。片付け。masaさんはまだ竿を出しているようだが、見に行く気力もなく、片付けを終えてからメールで挨拶して駐車場に戻った。さあ、帰ろう。とりあえずベイシアには寄るが、フードコートには行かない。買い物だけして。荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
深場に行った方が釣れるのか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 小型台風去る | トップページ | 豊作? »

コメント

GTってロウニンアジの事?

投稿: 黄金バット | 2014年8月22日 (金) 23時20分

バットさんこんばんは。
それだけ分かっていればノー・プロブレムでしょう。皆が好きな時間帯ですよ。そう、ゴールデン・ボール。じゃなかった、ゴールデン・タイムです。

投稿: sunshine_hera | 2014年8月23日 (土) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小型台風去る | トップページ | 豊作? »