« エヴリデイ・アングラーの哀しさよ | トップページ | 今度こそアウトか? »

2014年9月15日 (月)

一転出掛けたものの、カッツケで通すつもりが@増沢池

注)この記事は一つ前の記事の続きです。
 
今日はお休みと一旦は決め込んだものの、昼飯を食べてから急にやる気になった。とりあえず9尺の竿と小物入れを仕舞っておいたので、体一つでゴー!多分開始は1時半くらいになるだろうが、5時まではやれるだろう。目的は修理したばかりの9尺の具合と、東ノ谷で試したカッツケが増沢で同じように通用するかの確認。駐車場に着くとすぐに池の様子を見に行く。もう看板横に入る気持ちは失せている。それでいつもの場所を見るDscf4479と、しめしめ空いているゾ。奥の方には多分常連さん。対面ジャカゴ下(しも)と整地された辺り、それに階段下付近にへら師。すぐに車に戻って荷物を降ろし池に向かう。日が当たるところはまだ暑い感じだが、日陰は気持ち良い。湖面も凪いでいるし、さあ準備だ。もちろん竿は9尺、餌はガッテン・天々・マッハ。おそらく「たな」は40cm、ハリスは15cmと26cmくらい。ちょっと風・波が出て来たが、さっさと始めよう。時刻は1時37分。すんなり馴染むがそれ以上はない。ただただ打つのみ。しかぁ~し、ウキが馴染み切った辺りで小さく動いているようにも見えるが、目の錯覚なのかもしれない。それくらい静かに推移していく。が、さすがにこれは無理と思い、まずは「たな」を20cm深くして60cmにする。変わらないね。今度はハリスを26cmと36cmに変更。まだまだ。既に開始1時間近くが経過している。このままではどうやら凸。元々はカッツケを試すつもりなので、それも特には気にしないつもりだった。が、やはりウキが動かない(微妙に動く時がある?)のは辛い。餌打ちのインターバルだけはビシビシやっているが、もう打つ手はないのか。よし、ここは「たな」を更に深くして80cmにしてみよう(ただの浅ダナ両ダンゴになってますが、何か)。すると、何と言う事でしょう、馴染んだウキがグッと入ったではないか!もちろん反応するがカラ。でも、今日初めてあたりを見たので、GTも近い事だしこれはいけるかもね。すると、数投後に馴染んだウキがチクッと入り、これに合わDscf4480Dscf4481_2せるとやった掛かりました!これは嬉しい。久し振りにこの池で両ダンゴで釣れた。サイズもそこそこだし、来て良かったぁ。更にしばらくして、今度はズバッというあたりでやった2匹目!何だろう、快感だ。まさに「秋はたなを釣れ」だな(本当か?)。さあどんどん行こう。しかぁ~し、その後しばらくはウキに動きがあったものの、次第にシーン。そこで「たな」を10cm浅くすると、再びウキが動き出した気がしたが、すぐにシーン。そのままどうにもウキが動かず、3時33分にDscf4482_2餌が尽きて一旦終了。結果、カッツケ改め浅ダナ両ダンゴでは実釣2時間弱で2匹。この場所でのカッツケは通用しなかった。よくぞ凸でなかったと言う事か。穂先を変えた9尺も特に問題なし。さあ、もう終わっても良いが、やはり「お」をやりたい。そこで、竿を11尺に変更。餌はS-ピンクと古い「お」。大体5時を目処に終われるような量を作る。しかぁ~し、何故か下ハリスが短いが、そのまま。「たな」を1本にしての再開は3時46分。すると、じきにウキがモヤモヤ。そして開始10分経った頃に、馴染んだウキがチクッと小さく入るのに合わせれDscf4483ば、やった早くも掛かりましたよ!あれっ、サイズが小さくなった?ちょっとガッカリだが、1匹は1匹。文句など言ってはいけません。しかぁ~し、その後はウキがモヤモヤだけで終わってしまう。そこで、「たな」を10cmくらい詰めてみると、たまにウキが入る事があるが、おそらくは糸ズレでカラばかり。4時を過ぎて皆さん片付け開始か。残ったのは対面ジャカゴ下(しも)と、こちら側深場整地された辺りの更に奥の2人と私の3人だけ。思ったよりバラケの量があるので、ひたすら餌打ちを続けるが、たまにウキが消し込んでもカラ。どうやらバラケに来ている様子。これを早く抜いた方が良いのか?4時半を過ぎ、モヤモヤしたウキの動きに合わせたら、何と掛かりましたよ、ブルーが(倒置法で書いてみました)。結構立派だが、特定外来魚なので池には戻しません。すると、今度はモヤモヤからズルッという感じでのあたり?が出て、これに合わせると、やった今度こそへらでしょう。「たも」を持つ手に力が入る。しかぁ~し、バラシでガクガクッ。どうやらこれで今日はお終いなのかもね。ところがそれからしばらくすると、そんなに大きなウキの動きではなかっDscf4484たものの、手が出たら掛かりましたよ!今度こそは逃がしません。やったサイズが元に戻った。一応トータルでの第2目標にリーチ。でも、多分これ以上は無理。まだ明るいがウキが見難くなっている。その後数投でバラケが尽き、予定通り4時59分に終了となった。結果、「お」では実釣1時間15分弱で2匹。トータルでは実釣3時間15分で4匹。これは素晴らしい。Dscf4485来て良かったぁ。片付け。今日はカッツケでは結果が出せなかったものの、この池で両ダンゴで久し振りに釣れたのが嬉しい。「お」はおまけのつもりだったが、まあまあでしょう。片付けを終え、駐車場に戻る。汗も出ないくらいの気温になった。もう秋なのは間違いない。車に荷物を積み、ベイシアへと向かった。
 
小物入れを取りに帰ってからすぐに来たらどうだったろう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« エヴリデイ・アングラーの哀しさよ | トップページ | 今度こそアウトか? »

コメント

相変わらずの増沢ですね。今月末(だった?)の放流協賛大会までには回復してくれると良いんだけど。
しかしこのような状態の時、つわもの達がどのような釣技をみせてくれるのかも興味が有りますネ。

投稿: yurie | 2014年9月16日 (火) 13時00分

yurieさんこんにちは。
去年はデータがないのですが、2012年、2011年の9月はそれなりに釣れてますよ。やはり水が替わらないのが原因なのかも。西、東ともに釣れてますもんね。
大会までに状況がどうなるか、不安でもあり楽しみでもあります。

投稿: sunshine_hera | 2014年9月16日 (火) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エヴリデイ・アングラーの哀しさよ | トップページ | 今度こそアウトか? »