« マルキューのキャンペーン | トップページ | 穂先を買ってきた »

2014年9月 9日 (火)

釣れない・・・Xデーは間近か@増沢池

今日は久し振りの好天に恵まれ、こんな日に行かないなんてとゴー!錦織君の結果が気になったが、途中負けていたので何となく分かったつもり。駐車場着は8時半頃。急いで荷物を降ろして池に向かう。11尺底の仕掛けが前回パーになったのを、そのままにしておいたのに気付いたから。いつもの場所に入る。柳の木の奥にはI尾さん。さあ準Dscf4433備しよう。え~と、道糸は何処に?ウキ止めは?あくせくしていたら、手を拭くタオルを車に忘れてきた事に気付く。駐車場まで往復すれば、汗。どんどんやらないと竿が出せない。対面坂の下と先日草刈りしたところ、それに階段下に先客。いつもながらのモタモタで、途中ハサミを池に落としたりイライラしながら何とかオモリの微調整まで漕ぎ着けた。やれやれ、あと少し。しかぁ~し、出来るまでの間が勿体無いと餌を作ろうとしたら、夏・冬・マッハのマッハをこれまた車の中に・・・。もう取りには戻らない。ガッテンで代用だ(オイオイ)。更に、ここで何を間違えたのか、オモリを切るつもりが道糸を切ってしまった(ゲゲッ!)。それまでの苦労がアジャパー。これまでの私なら癇癪が大爆発して、韓国ドラマではないが目に付くものをそこらじゅうにばら撒いたかもしれないが、少しは大人になって感情のコントロールもそこそこ出来るようになったので、息を整えながら再度作り直す。何とか底取りまで済ませての開始は9時45分。1時間くらい損してしまった。しかぁ~し、今度は湖面に向かいの景色が映ってウキの視認性がほぼゼロ。秋になるとこの場所はアウトなのだった。首を上下左右に振りながら餌を打つと、しばらくしてウキがモヤモヤ。おいおい、意外と高活性?が、モヤモヤに合わせたら上がって来たのはお約束のブルー。アウト、アウト、アウト!どうやら今日は凸まっしぐらか。それでも開始30分が過ぎる頃、あたりらしきウキの動きに合わせたら、やった掛かりましたよ!あっ、バラした・・・。大きな鱗、30cmは楽にありそうだ。これなら凸はあるまいと、今度は急に楽観的になる。ところが、そこから先はウキの動きがバッタリ。しかも、太陽の移動に伴い背面の影がウキの視認性を更に悪化させる。首を上下左右に振りながらPART2、何とか視認性を確保するが、これはしんどい。開始1時間が経過し、いつもよりやや大きDscf4435めに餌付けしていたので、残りが少なくなった。再度底の餌を作る事はないので、いよいよ凸必至の状況に。しかぁ~し、返したウキがモヤ~ッと入るのに手が出てしまったら、何と掛かりました!しかもちゃんと食っている。う、嬉しかぁ。更に更に、少し高いところからならウキがDscf4436見えるぞと、立ち上がり中腰で頑張っていたら、チクッというあたりが見えてやった2匹目だ!やはり11時過ぎからは午前中のGTなのかもね。その後も同様に頑張ってみたが、残念餌が尽きて底は終了。時刻は11時20分頃。結果、底では実釣1時間半強で2匹。最近底で複数釣れた記憶がないので、これは素直に喜びましょう。I尾さんは帰っている。釣れたかどDscf4437うかは不明。さあ、次は宙。まずはトロ掛けから入るかな。と、その前に早めの昼食。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は買ったばかりのS-ブルーと持ちが不安なトロロ。「たな」は1本で再開は11時40分。背後の影の位置が変わって、ウキが見易くなった。これなら爆釣も夢ではない?しかぁ~し、そんな甘い事が起きる訳もなく、ただ何となくウキがモヤモヤしているなぁと言う感じだけが持続する、全く釣れそうにない状況。すぐに12時のサイレン。その後もごくたまにウキが入る事もあるが、カラ。おそらく何かしらがいるのだろう。でも掛けてみなければ何とも言えない。それにしても、この餌何とも私とは相性が悪そう。自分で作る適当なバラケの方が釣れそうな気がしてきた。ウキ下の微調を繰り返すが、効果なし。早くも1時を過ぎる。またまた凸必至の状況に。あまりバラケのそばにへらがいそうにないと判断して、私にしては思い切って下ハリスを伸ばしてみる。すると、時合とのDscf4438タイミングなのか、ウキの動きが良くなった。そしてグッと力強く入るウキの動きに合わせれば、やったようやく掛かりましたよ!いやぁ、長かったなぁ。でも、午後のGTもそろそろ来そうな気がするし、ここは気持ちを切り替えて続行だ。しかぁ~し、どうにもならず1時49分にバラケが尽きてトロ掛けも終了。結果、トロ掛けでは実釣2時間10分弱で1匹(トホホ)。さあ、次Dscf4439はやるのかやらないのか?私はやりま・・・す!終わりが4時頃になるのは前回と同じだが、何とか結果も前回並みに(と言ってもあと1匹ですが、何か)したい。竿と仕掛けはそのままで、下ハリスのみ交換。餌はこれまた買ったばかりのS-ピンクと持ちが不安な「お」。「たな」はそのままで再開は1時56分。しかぁ~し、太陽の位置が変わって再びウキの視認性が悪化。おまけに風・波もあって、ちょっとでも目を逸らすとウキを見失いそうだ。更に、この餌も私とは相性が悪いみたいで、どうにもまとまらない。強く揉み込めば馴染むのだが、その後がどうなっているのかウキが見えないのでよく分からない(それって餌との相性じゃないじゃん!)。ひたすら餌を減らすためだけの餌打ちが続く。ごくたまに糸ずれのようなウキの動きが出るが、もちろんカラ。しかぁ~し、時刻は不明だが、1回だけウキがグッと入るあたりらしき動きに合わせたら、掛かりました!しかぁ~し、何故かハリス切れ。普通は乳輪の結び目とかハリスとの結束部分が切れるのだが、ハリスの途中で切れた。何でだぁ・・・。急いで交換するが、ちょっと長めになってしまった。でもそのまま。3時を過ぎる。そろそろ常連さんを含めへら師が帰り支度。私だけが居残りの残業になりそうだ。いつもなら他がダメでも「お」なら何とかしてくれる。いわゆる最後の手段って奴ですか?でも、今日は全くダメだ。それでも何かしなければ。トロ掛けの時と違って、へらがバラケの近くにいそうな感じなので、思い切ってPART2ハリスを詰める。すると、3時半を過ぎDscf4440てウキがグッと力強く入った。これに合わせれば、やった掛かりましたよ!何でもいい、掛かった・・・。おおっ、まあまあのサイズではないか。やっとこれで前回と同じ数にはなったが、最早これまでだろう。その後も特に何かある訳でもなく、3時51分にバラケが尽きて「お」も終了。結果、「お」では実釣2時間弱で1匹。トータルでは実釣5時間半強で4匹。グッタリDscf4441だ。片付け。見れば、残っているへら師は私だけ。午後から来たご夫婦も早上がりしている。いつもは底も宙も2時間くらいやって終わるのだが、このところの渋さでは結果が出る前に終わってしまっているのかもね。そこで、次回からは底なら底、宙なら宙で通してみようかな(単に個人の思いです)。片付けを終え、駐車場に戻る。Xデーがいつ来るのか冷や冷やしながらの釣りが続いている。何とかこれを打破して2桁の結果を出したい。が、無理か。車に荷物を積み、ベイシアには寄らずに家路に着いた。
 
もっと釣れそうな西、東に行こう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« マルキューのキャンペーン | トップページ | 穂先を買ってきた »

コメント

おこしやすBBQ.

投稿: パラソル | 2014年9月10日 (水) 18時59分

パラソルさんこんばんは。
鳳来でのBBQはあまり気が乗らないので、申し訳ありませんが不参加です。ご了承ください。

投稿: sunshine_hera | 2014年9月10日 (水) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルキューのキャンペーン | トップページ | 穂先を買ってきた »