« おりても特約 | トップページ | アオバアリガタハネカクシ »

2014年9月22日 (月)

遂にその日が来た・・・か?@増沢池

昨日は岡ジャミだけだったので、何となく消化不良の感じ。それでは台風が来る前に出掛けましょう。もちろん行き先は増沢。随分秋めいてきたし、ひょっとして状況に変わりがあるかもと、ノコノコと出発。駐車場着は9時頃か。最初は日向側看板横にでも入ろうかと思っていたが、日差しがまだ強いので日陰にした。いつもの場所に入る。右の木の枝が折れていて、頭上がスッキリしている。これはありがたい。へら師は対面に2人とこちDscf4500ら側深場ダム?そばに1人。こりゃぁ釣れていなさそうな感じだ。でも、とりあえず準備しよう。水温は大分下がっている。風はない。それなら今日は思い切って?12尺だ。もちろん底から。しかぁ~し、仕掛けがなかった。一旦は11尺でもと弱気になったが、いや、ここは現場施工で行こう。ウキはトップが太くて視認性の良いものを選択。ただ、ウキの感度はトップの径の2乗に反比例するので、ひょっとしたらあたりが見えない(出ない?)かも。いつもながらのモタモタで時間を大きくロス。その間にいつの間にか風・波。餌はトロロの底釣り+冬。とりあえず底も取れての開始は9時45分。ウキがオモリを背負うので、振込みは楽。ただし、背後の影と湖面に映る景色、更には白波とが相俟って、思ったよりもウキの視認性が良くない。しかも馴染みが思うように出ないので、ウキ下を微調。すると、開始20分くらいでウキがフワッと返した。これは・・・。しかぁ~し、その後がない(ように見える)。頭を振りながらの餌打ちが続く。気が付くと開始1時間。これはマズイ。湖面が凪いだ時にもう一度底を取り直そう。ゲッ、かなり違っていた。が、取り直してもやはりウキの馴染み具合がスッキリしない。太いトップの選択は間違っていたか。餌打ちのインターバルも早めになっているが、もっと待ちの釣りなのかもと、たまに待ってみるが、懸命に目を凝らすとウキが小さくモヤモヤしているようにも見える。ただ、それはしんどくて続けられない。開始1時間半が過ぎる。どうやら底では凸必至。しかぁ~し、あと数投で餌が終わると言う時になって、今更のウキの返し。こうなると、放Dscf4501置プレイしかない。が、それも叶わず11時48分に無念の終了。思ったよりかなり厳しい状況に、いよいよXデーかと弱気になる。それでも次は「お」。これなら今まで何とか結果を出して来た。期待して、まずはトイレ休憩と早めの昼食。へら師はポツポツと増えてきて、対面に5人、こちら側はダム?そばに数人と整地された辺りに1人。さて、竿は11尺に変更。餌はS-ピンクとBBフラッシュ、それに「お」。下ハリスが短くなっているので、交換して50cmくらい?にしてみる。風は出たり止んだりと一定しない。それと、ウキのトップが底の時よりかなり細くなってしまった。これは見辛いを通り越してほぼ見えない。でもそのままで再開は12時13分。しかぁ~し、これはダメだ。トップが細過ぎる。ちょっと目を離すと絶対見つけられない。それでも30分ほど打ってみたが、ギヴ・アップだ。これでは「お」でも凸まっしぐらになってしまう。そうだ、場所を移動して浅場に行ってみよう。試しに竿だけ持って草むら一つ隔てたところに行ってみると、ウキに日が当たって視認性抜群!ただ、ここもそのうち日が翳るのは間違いない。それなら今の場所でも同じだ。それよりウキを替えよう。最初から分かっていたのに、オモリの調整やら面倒なのでやらなかった(釣る気があるのか?)。太目のトップに交換すれば、まだ新しくてトップの塗装がくすんでいない事もあって、グッと見易くなった。最初からこれでやっていればと、オイオイのタラ・レバ。ただし、ウキが動くかどうかとは無関係。その後も餌を打ち続けると、開始1時間半くらいして、やっとウキがフワッと返したあとに消し込み!ヨッシャ~と合わせるがカラ(ガクガクッ)。そろそろGTでもありそうな気がするが、如何せんバラケが残り少ない。その後、フワフワしたウキの動きが出たので、怪しいとは思いながらも合わせると、ガックリお約束のブルー。さっさとご退場いただいた。それからもう1回だけ消し込みが出たが、こちらもカラで大体2時19分頃(終了の写真を撮るのを忘れた!)にこちらも無念×無念の終了となってしまった。いわゆる凸です。トータルでも凸(当たり前!)。遂にその日が来ました。ガックリして片付け・・・。いつもならそのような展開になるが、今日はちょっと違う。確かに他のへら師の竿も曲がってはいない様子だが、このまま帰るとあまりにも辛過ぎる。よし、バラケを替えて泣きのもう1回(サービス残業)だ。バラケというよりダンゴの感じのガッテン・天々・マッハを大体1時間で使い切る量作る。ついでにハリスを40cm?くらいに縮める。これは、何となくではあるが、へらがバラケの近くにいるのではという思い込みから。更に「たな」も縮めて再開。本当は一気に3つもの変更をするのDscf4502は良くないのだが、ただただ凸が悔しいだけ。しかぁ~し、何と言う事でしょう、再開して数投後にウキが消し込んだ!そして掛かりましたよ!しっかり「お」を食っている。やったぁ・・・。もう予定はクリアしたので、残った餌を捨てて終了しても良いが、一応省資源釣法を標榜しているので、さすがに捨てられません勝つまでは?そのまま続行だ。すると、更に更にしばらくして再度の消し込みで、やっDscf4503た2匹目ゲット!今度は30cm超の大物。鈎を呑んでいるが、ドンマイ。何だろう、これがGTか?でも、大体2匹釣るとお終いというのがいつものパターンだ。今日もそんな具合ではないだろうか。すると、予言?が的中したのか、その後は再びさっぱりで3時29分に終了。結果はトータル約5時間で2匹。とりあえず凸でなくて良かった。でも、まだXデーに怯える日々は続くのかと、ちょっと憂鬱だ。Dscf4504片付け。対面は1人になってしまったが、看板横にいつものご夫婦。こちら側は整地されたあたりに1人と、ダム?そばに数人が固まっている。片付けを終え、駐車場に戻る。疲れた。どうしようもない。次回は日向側で長い竿を振るゾ!車に荷物を積み、ベイシアには寄らずに家路に着いた。
 
一向に状況が好転しないのは何故?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« おりても特約 | トップページ | アオバアリガタハネカクシ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おりても特約 | トップページ | アオバアリガタハネカクシ »