« やっと一段落 | トップページ | いよいよその日が近付いたか@増沢池 with Uさん and 午後からじゃがにぃさん、バットさん、岡ジャミKさん »

2014年9月 3日 (水)

大分涼しくなった@増沢池 with 午後から岡ジャミKさん

ほぼ一週間ぶりの釣行。だが、相変わらずの出遅れで駐車場着は8時半過ぎ。ん、これはマズイぞ腹の具合が・・・。不定期便で時間をロス。急いで荷物を降ろし池に向かうと、奥の深場に何人かいる模様。まだ状況に変わりはないのか。目の前の水草をどかDscf4410す。かなり土砂が流れ込んだ感じだ。今日は長袖で来たので、ちょっと暑いかと思ったが、意外と涼しい。いよいよ秋の気配か。そう言えば蝉もほとんどがツクツク法師になっている。湖面が凪いでいるので、久し振りに底から行くとするか。竿は11尺、餌はトロロの底釣り単体。と思ったが、どうも餌が手に纏わり付くのでスイミーをパラパラ。ゲゲッ、底取りしようとしたら風・波。何でだ~。それでもここまで来たら続けよう。開始は9時14分。う~ん、ウキが右から左へ流されてしまう。でも、何となくウキがモヤモヤしている気がするのは気のせいかな。左に流されきったところが怪しい。すると、しばらくしてウキがスッと入ったではないか!慌てて合わせるがカラ。でも、以前よりは活性が上がってきたのかも。そして開始30分が過ぎた頃に、返したウキがグッと入った。これに合わせDscf4411ると、やった掛かりましたよ!おおっ、サイズも尺はある。間違いない、活性が高くなった。久し振りの釣行で爆釣か?しかぁ~し、奥の深場から草刈り機の轟音。今日は常連さんによる岸辺の草刈りが行われるようだ。しまったなぁ。それでもまだ最初の頃は遠くだったので良かったが、10時を過ぎて次第にこちらに近付いてきた。そして1人が私を通り越して浅場に向かい、柳の木の奥と浅場の両方から草刈り機の轟音。草刈りはありがたいが、これでは釣れません。風・波は止む事無く続き、合わせて轟音では手の打ちようがない。そのまま餌を打ち切っての終了は10時50分。実釣1時間半強で1匹かぁ。う~Dscf4412ん、ちょっと残念な結果だ。そのタイミングで草刈りも一旦終了。それでは次は宙で行こう。もちろん「お」。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はへらスイミー・天々・マッハを1:1:2に水1のバラケと極小の「お」。前回よりやや深めの1本から入る。しかぁ~し、開始しようと思ったら、右から大きな水草の塊が流れて来た。しばし休憩。そして今度こその開始は11時5分。あれっ、ウキが馴染まない。バラケが柔らか過ぎたか。ちょっと手揉みで調整して馴染みを出す。すると、少しはモヤモヤ。へらはいそうだ。が、あたりなど出る気配もない。え~っと思いながらも餌打ちを続けるが、気が付くと12時近く。午前中のGTは何処へ?それでも1回だけチクッというあたりらしきウキの動きがあり、これに手を出したがバラシ。その後は再びシーンとなって、12時のサイレン。腹が減ったが、1匹釣るまでは昼食抜きだ。すると、今度はいきなりのズバッ!慌てて合わせると、鱗。「お」を食ってくれない。開始1時間を過ぎて、このままではいけないと「たな」を浅くする。ダメだ、余計にウキが動かない。そこで、12時半近くなって思い切って?「たな」を深くしてDscf4413みる。すると、第1投でズバッというあたり!やった、掛かりましたよ!絶対逃がすまいと懸命に寄せれば、サイズ的には底に及ばないが、とにかく「お」での凸はなくなったので、まずはホッ。すると、次の餌打ちでまたもあたり!やった連荘と合わせると、ゲゲッ、お約束のブルーではないか。ご退場願って続行すれば、3投目でも消し込み!しかぁ~し、これはカラ。でも3連続のあたりなんて随分ご無沙汰だ。結果は今一つだが、きっとこれから釣れるに違いなDscf4414い。が、すぐに元の木阿弥状態。そこで、「たな」を1本に戻す。すると、またまたズバッ!が出て2匹目。これは素晴らしい。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。何だかなぁと交換するが、おそらくへらは散ったのでは。それにバラケがもうない。あと数投分。そこで、餌ボウルにこびり付いたバラケをこそげ取る。ん、ウキが何処かへ行ったか?見回しても見当たらない。いつもならとりあえず合わせるのに、今日はキョロキョロ。すると、グワッと竿が曲がっDscf4415た!危ない、穂先が抜かれる?慌てて合わせれば、やった掛かってます!やはりあたりはウキから目を離した時に出るんだ。ゲゲッ、バラケを食っている。でもOKOK。これでトータルでの第2目標にリーチとなったぞ。何とかもう1匹釣りたいが、如何せんさっき残りとこびり付きを丸めたものを合わせても3投分しかない。それを大事に打ったが、何もなく1時7Dscf4416分にバラケが尽きて「お」は終了。結果、「お」では実釣2時間で3匹。どうだろう、もう終わっても良いのでは?いや、飯を食って続行だ。しかも今度はトロ掛けで。あっ、急に風・波が弱くなった。どうしよう、「お」でやった方が良いかな。いや、最初の思惑通りトロ掛けで行こう。竿は9尺に変更。餌はマッハ・天々・ガッテンを1:2:1のバラケとトロロ。そして「たな」1本での再開は1時23分。やはりバラケが柔らかいので手揉み。すると、数投で何と下ハリスが抜けてしまった。今までどうやって付いていたかと言うと、ハリス長を調整するために玉こぶ結び。それが解けた。やれやれと交換。しかぁ~し、今度はトンボがハリスに絡まるアクシデント。これはどうにも解けません。さっき結んだばかりの下ハリスだけでなく上ハリスも交換する羽目に。まさにトホホ。そして再開すると、2時近くなっていきなりのズバッ!Dscf4417やった1匹目ゲットと同時にトータルでの第2目標までクリア出来たぞ。さあどんどん行こう。しかぁ~し、すぐにウキの動きが弱くなる。と、そこへKさんが岡ジャミで登場。お久し振りです。ほぼ1ヶ月ぶり。体調が芳しくないので休んでいた。不思議なもので1週間休むとそれほど竿を出す気にならないとの事。そんな事言わずにやりましょうよ。Kさんは奥の方へ様子見に行った。それからしばらくしてズバッ!が出たが、バラシ。「たな」を上下してみるが、深くしたらお約束のブルーがまたまた掛かる。もう~っ・・・。ウキはたまに弱く動くので、へらがいない訳ではなさそう。ただ、何かがあってあたらない。それは何でしょう(お前が考えろ!ってか)。3時を過ぎた。バラケももうない。いよいよラス前。と、何故かいきDscf4418なりのズバッ!やった「上がりべら」ゲットだ。しかぁ~し、「たも」の中で暴れられてハリス切れ。ガクガクッ。何で後1投というところで切れるんだ。丸めたバラケ1個を捨てて終わっても良いが、ここは次回の事も考えてハリス交換だ。そして最後の1投。が、特に何もなく3時16分に終了。結果、トロ掛けでは実釣1時間50分超で2匹。トータルでは実釣5時間半でDscf44196匹。時間1匹かぁ。何だかなぁPART2。片付け。対面ジャカゴ下に1人、こちら側柳の木の奥に1人と浅場にはいつものご夫婦。午前中は過ごし易かったが、かなり気温は上がっている感じ。長袖のおかげで蚊には刺されなかった。片付けを終え、駐車場に戻る。そんなにしんどくない。やはり秋なのか。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
もちろんベイシアには寄って
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« やっと一段落 | トップページ | いよいよその日が近付いたか@増沢池 with Uさん and 午後からじゃがにぃさん、バットさん、岡ジャミKさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと一段落 | トップページ | いよいよその日が近付いたか@増沢池 with Uさん and 午後からじゃがにぃさん、バットさん、岡ジャミKさん »