« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月31日 (金)

やはり体調が悪化

今月始めからずっと喉の不調が続いていたが、だましだまし釣りに出掛けていたのが良くなかったのか、遂に昨日から下痢。
1日限りかと思っていたら、今日も同じ。これはマズイ。風邪が腹に廻ってしまったようだ。
そんな訳で、天気が悪いのもあるが、しばらくは外出を控えよう。特に治りかけに注意だ。もう体力に自信がなくなっているのだから、無理はしない。と言っても、良くなりかけると出掛けてしまうんだよなぁ。
 
こんなに長引いた事はない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年10月29日 (水)

まだまだ増沢に比べてウキは動く@引佐天池

今日は迷いに迷った挙句引佐天池へと向かった。増沢ではおそらく看板横には入れないので、行くなら東ノ谷か西ノ谷、または引佐天池。車を走らせながら決めた。池に着いたのは9時半過ぎか。堰堤左浅場に3人の先客。挨拶しながらオーバーフロー右側に入る。あっ、前回と同じメンバーだ。増沢でもお目にかかる3人組。見れば、3人のうち誰かが必ずと言って良いほど竿を曲げている気がする(あくまで個人の感想です)。これは思いの外高活性か?早速準備しよう。湖面は凪いでいるし、ちょっと濁りがあるのDscf4611で、そんなに長い竿は必要ないだろう。11尺を出す。もちろん底から。餌はまたまたいつものバラグルセット。私の右深場には後から1人来たが、この人も以前見た事がある。底をチャチャッと取り、開始は10時5分。すると、じきにウキがモヤモヤ。やはり高活性?食いはありそうか?早く1匹目を見たくて仕方ないが、なかなかあたらない。あっ、チクッと入った!残念カラ。今日は小さなあたりを見逃す事が多かった。さて、それからじきに再度のチクッ!やった今度こそ掛かりましたよ!え~っ、凄い引きだ。これはヤバイ、スレが濃厚。すると、やっぱり腹から見えてきた。ガクガクッ。更に次の消し込みあたりでは、何とこれまた凄い引きで堪え切れずハリス切れ。そんな中、右隣が竿を曲げてガクガクッ×ガクガクッ。早く私も凸から逃れたい。それからしばらく経った開始40分くらDscf4613いで、やっとあたりに合って1匹目。サイズはスレの時から分かっていたが、30cmに満たない。増沢から都田川経由で入ってきた去年の放流?くらい。先客も後から来た右隣も似たようなサイズ。この池のアベレージサイズは何処へ行ったんだろう。ウキはまだ動き続けるが、馴染みながらのチッというあたり及び馴染んだウキがフワフワしながらのチッというあたりに手が出なDscf4614Dscf4615い。それでも連荘で2匹を追加。しかぁ~し、ハリスが絡んでしまい、癇癪を起こさず解こうとしたが、残念切れてしまった。急いで交換するついでに、もう少しウキの動きが良くなると思い、段差をやや広めにする。が、そうはならず。11時を過ぎる。左は皆さん2桁は楽勝な感じで、話に花が咲く。右からは以前と同じくラジオ。集中出来な~い。時折出るはっきりしたあたりはカラなので、特に根拠はないが、見逃しているチッというあたりを何とか取らないと。3匹目から30分くらい経って、Dscf4616やっと4匹目。第2目標にリーチにはなったが、あれだけウキが動いていてこれかぁ。増沢のようにウキが動かないのもしんどいが、ウキが動いて釣れないと言うのも堪える。もちろん底取りのやり直しやらウキ下の微調も行うものの、バッチリと思われるあたりでのカラはなくならない。それでDscf4617も合わせ続ければ、12時のサイレンが鳴るまでに何とかもう1匹ゲットして、第2目標クリア!でも何だかなぁという感じ。と、何故かは不明だが、右隣が帰った。竿は曲がっていたと思うが、最初からの予定なのかな。ラジオを途中で消してくれたのが嬉しかった(私が何か言った訳ではありませんよ)。さて、餌がそろそろなくなる。第2目標もクリアしたので、もういいかな。すると、何と言う事でしょう、それまでなかなか合わなかった、モヤモヤチッに合って、やっDscf4618た「上がりべら」ゲットだ!それからじきに餌が尽き、底は終了。時刻は12時15分。結果、底では実釣2時間10分で6匹。あのウキの動きなら2桁くらい釣れないと。一旦休憩して昼食。昨日休んだおかげで体調もまあまあ。咳も出るが頻度は下がった。このポカポカ陽気も関係あるだろう。Dscf4619さあ、次は宙。東ノ谷のように、この池でまだ両ダンゴが通用するか。竿は9尺、餌はガッテン・天々・マッハ。「たな」は東ノ谷のままで再開は12時32分。前回のような2投目からズバッ!はないだろうが、どんなものかな。しかぁ~し、餌落ちを勘違いしていて、ウキが馴染んだと思っていたら餌が抜けていた。ガクガクッ。それで、充分気を付けて餌打ちすると、開始10分ほどでいきなりズバッ!やった早くも1匹目。意外と簡単かもね。すると、しばらくして「掛Dscf4620Dscf4621Dscf4622かってました」で2匹目。更にしばらくしてもう1匹と、開始30分経たないうちに3匹ゲットDscf4623とは素晴らしい。まだまだ私のしょぼい両ダンゴでいける?1時を過ぎてまたもズバッ!で4匹目。トータルでの第2目標までクリア出来た。さあどんどん行こう。ウキは立ってからしばらく入らず、それからシズシズと馴染んだ後にズバッ!なので、まさに教科書どおりと言える。しかぁ~し、そこからはウキの動きが一気に悪化。ウキが馴染んでからモヤモヤであたりにならない。どうも餌の経時変化ではないかと思われるが、私に出来るのは手水でかき混ぜるくらい(後は餌付けの大きさと圧くらいか)。更に秋は何とやらで「たな」を上下するが、いずれも変えた瞬間はウキに動きが出るものの、あたりにはならない。結局元の「たな」に戻った。ハリス長にも手を加えるが、これが良かったかどうか。そして4匹目から30分Dscf4624Dscf4625ほど経って、ようやく5匹目。更にしばらくして6匹目と、再び調子が上がってきたように思えたが、ここでズバッ!に対応出来ずハリス切れでリズムが狂う。2時になって3人組が終了。皆さんたくさん釣ったようだが、目標50匹で来たらしく、不満たらたらで帰った。そんなに釣れないでしょう(少なくとも私のアームではね)。見ると、左の方からどんどん翳ってくる。早く餌を打ち切って終わろう。あたりらしきウキの動きは時折出るものの、なぜか全てスレバラシ。餌の持ち過ぎか。しかぁ~し、Dscf4626またまた「掛かってました」で「上がりべら」ゲット。何だかなぁとは何処かで聞いた言葉。それからじきに餌が尽きて終了。時刻は2時18分。実釣1時間45分で7匹。トータルでは実釣4時間弱で13匹。もう帰っても良いが、何となくスッキリしないので、日陰が迫っている事もあって、1時間Dscf4627だけ残業する事にする。餌はS-ブルー2にBBフラッシュ1。すぐに再開すると、へらはまだ残っているようで、じきにウキがモヤモヤ。が、あたりにはならない。東ノ谷では効いたこの餌もダメか。それでもしばらくしてズバッ!で1匹目ゲットかと思いきや、顔を拝んだところでバラシ。確かに口に掛かっているように見えたが、これが私の運。どうやら残業はなかった事にしなDscf4628いとダメかもね。それでもじきにズバッ!が出て1匹目ゲット!良く分からないが、餌が良いとかの問題ではなさそう。そのため、そこからウキの動きがバッタリ。いや、たまにズルッと消し込みもどきの動きが出るが、全てスレバラシ。定時間と同じ状況。いやいや、残業したんだから手当てをちょうだい。まさかブラック企業?餌に手水でかなり柔らかくするが、BBフラッシュのおDscf4629かげで持つ。すると、3時前になってズバッというそれまでのもどきとは違う消し込みが出るようになって、やった2匹目ゲット!とっくに釣り座は陰り、寒ささえ感じるくらい。これはマズイ、咳がぶり返しそうだ。早く打ち切らないと。日陰と波と対面の景色が視認性を悪化させるが、3時を過ぎDscf4630Dscf4631てもズバッ、ズバッで2匹を追加。何処の池でもGTは同じなのかもね。そして3時18分に餌が尽き、今度こそホントの終了だ。結果、2回目の餌では実釣1時間で4匹。宙のトータルでは実釣2時間45分で11匹。底とのトータルでは実釣5時間弱で17匹。サイズはさておき、これだけ釣れれば上出来だ。これくらい増Dscf4632沢でもウキが動いてくれればなぁ。先客3人組も2桁釣れれば増沢なら・・・と言っていた。片付け。対面遊歩道で1人藻刈りをしている。明日釣りでもやるのかな。日が当たっているのは深場の一部だけになった。最近は釣り台の脚が抜け易いので、充分注意しながら片付け。大楽地でも書いたが、斜面での片付けは腰に来る。イテテイテテと言いませんが片付けを終え、駐車スペースへ。気温の変動を考慮して、いつもより着込んできたが、正解だった。さあ帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
増沢の名誉毀損で産経ならぬ4Kブログが起訴される?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年10月27日 (月)

日陰に入って体調悪化?@増沢池

今日は何としても竿を出したい。しかも増沢で。何故かは不明だが、8時半頃に家を出る。しかぁ~し、途中でフロントグラスに雨粒。まだ小さいので何とかなりそう。駐車場着は9時前。雨粒はやや大きくなって、一気に気持ちが萎える。そうです、エヴリデイ・アングラーは名の通りいつでも竿を出せるので、ちょっとした事でやる気もトーンダウンするんです。ウィークエンド・アングラーの頃は多少の雨も何のその、目的地に着いてしまえば必ずと言っていいほど竿を出していたのに。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、う~ん、看板横には先客。入れない事はないが、気を使いそう。あとは皆さん日向側。1人だけ日陰側深場流れ込みにいるが、どうしようかな。それでも車に戻って思案中に急に明るくなったので、これは竿を出すでしょう。急いで車から荷物を降ろして池に向かう。Dscf4604もちろんいつもの場所。天気が良くないので日向日陰のどちらに入っても同じだろう(釣れるか釣れないかは別)。まだ湖面には雨粒が落ちているが、もう戻らない。準備しよう。雨はじきに止んだ。さて、竿は13尺、餌はいつものバラグルセット。トップが太めなので視認性に問題はない。底を取り、開始は9時47分。雨が止んでへら師がポツポツ増えてきた。最終的には日向側には10人以上となったが、日陰側は私と先客1人だけ。さて、ウキの馴染みを調整しながら打っていると、開始30分くらいでウキに動きが。そしてあたりらしきウキの動きに合わせると、お約束のブルーが掛かってきました。まあまあ、まだへらは寄っていない。これからこれから。すると、10時半近くなって、返したDscf4605ウキがピョコッというあたり!やったと合わせれば、うわっ凄い引きだ。かなりの大きさか、それともスレか。なかなか寄らないので、マー君かとも思ったが、寄せてみれば何の事はない尺をやや超えるくらいのサイズ。何故あんなに引きが強かったのか?まあいい、続けよう。が、すぐにウキの動きがなくなる。ただ、弱いながらも返しはあるような気が。風・波が時折出るようになって、特に白波ではウキが見えなくなる。それでも懸命にウキを見続けると、11時近くになって、ズバッと消し込むあたり!ヤバイ、今度こそスレでは?いや、大丈夫。Dscf4606ちょっとだけ鈎を呑んでました。開始1時間で2匹かぁ。大楽地より厳しいなぁ。対面看板横では竿が曲がっている。他のへら師もポツーリポツリ。これが今の増沢なのか。もうこのままで冬になってしまっては寂しい限り。しかぁ~し、そんな呑気な事を言えたのもそこまで。そこから1時間以上ほとんどあたりもなく、あたってもブルー2匹。開始2時間を過ぎ、12時のサイレンまで聞く羽目に。もうダメだ。実は最初から咳が止まらない。昨日も書いたように、喉の症状が出たのが今月の初めだったが、どうもそれを引きずっている感じで、全身倦怠。しかも治りかけると釣行してしまい、完治しない悪循環。もう今月はこれで終わりにしようかな。な~んて思っていたら、いきなりウキがズルッと入り、慌てて合わせるとDscf4607やった「上がりべら」ゲットだ!サイズは大幅にダウンしたが、文句などありません。それからじきに餌が尽きて底は終了。時刻は12時27分。結果、底では実釣2時間40分で3匹。ブルーも同じ数でした。さて、体調も良くないし、もう終わろうか。いや、やはり宙をやろう。最初はトロ掛けを試そうかと思ったが、トロロの残りが少ないので「お」に変更だ。と、その前に昼Dscf4608食。竿は11尺、餌はS-ピンクとS-ブルーを3:2のバラケと「お」。大楽地よりは「たな」を浅くして再開は12時46分。すると、第1投からウキがモヤモヤ。そして第2投でウキがグッと入り、予定通りのブルー。やれやれ。さっきまで猫がいたのに、こういう時に限っていなくなるんだから。すると、そこから消し込みも含めてブルー、ブルー、ブルーと、早くも第2目標にリーチ。こうなったらこの辺りのブルーを釣りきってやる!なんてね。すると、ちょっと間が空いたものの、じきに5匹目。ここで、幾らなんでもこのままではダメでしょう。ブルーばかり釣っても点数は付かないしね。ちょっと「たな」を変えてみる。しかぁ~し、すぐにブルーが追従。6、7、8。まだ釣れる。こうなったら第3目標クリアまで頑張るぞ。って、違うか。そして開始1時間ほどで第3目標まで達成。これは嬉しい、嬉しいですよ。嬉しくて涙が出そうだ(出ませんけど)。さあ、まだブルーはいるのか?しかぁ~し、ここからウキの動きがなくなる。ん、ブルーがいなくなった?ひょっとしてへらが来て入れ替わったかな。時間的にもGTだし。しかぁ~し、なかなかウキが動き出さないので、秋は何とやらで「たな」を上下。すると、ようやくウキがモヤモヤ。2時を過ぎ、1回だけへららしきものが掛かったが、バラシ。どうやら大楽地と同じく、私のいい加減な「お」では通用しなくなったようだ。そろそろバラケを尽きるので、さっさと帰ろう。しかぁ~し、いきなりウキが視界から消えDscf4609た!慌てて合わせると、やった掛かりましたよ!寄せてみればバラケを食っているが、正真正銘のへらで、しかも「上がりべら」。う、嬉しかぁ。今度は涙がチョチョ切れそうになった。さあ、あとは餌を打ち切るだけ。相変わらず咳は出続けている。へら師の皆さんにはご迷惑をおかけしました。2時36分に終了。結果、「お」では実釣1時間50分で1匹!トータルではDscf4610実釣4時間半で4匹。時間1匹にも満たなかったか。片付け。へら師は一部帰ったが、まだ5、6人が頑張っている。こちら側整地された辺りにも1人。皆さん体調には留意してくださいね。片付けを終え、駐車場に戻る。体力低下が甚だしく、大した距離でもないのにハアハア。今日は本当にきつかった。さあ帰ろう。そうだベイシアにも寄らなくては。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
明日も天気は良さそうだが・・・無理は出来ない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年10月26日 (日)

今日は何処へも行かない

昨日の疲れ(何故こんなに疲れるのか?)に加えて、用事があって今日は何処へも出掛けない。
実は、今日は花の舞の蔵開放の日。それにジャズウィークで駅近辺でライブが有料無料を含め多数行われる。
これにザわさんが2つのバンド掛け持ちで出演すると言うので、花の舞でお酒をちょっとだけ呑んでから是非とも行きたかったのだが、用事とのタイミングが合わず、残念。
予報では天気はあまり良くないが、曇りで穏やかな日曜となっている。暇な方は是非とも出掛けたらどうでしょう。
 
つまらない日曜
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月25日 (土)

ほぼ貸切でもあんまり@大楽地 with 岡ジャミザわさん and パラソルさん、and 自分が岡ジャミに@東ノ谷

今日は最初から大楽地と決めていた。理由はありません。しかぁ~し、出発は9時過ぎ。何とか10時には餌を打ち始めたいが、ちょっと厳しいか。結局池に着いたのが10時頃(トホホ)。あれっ、車が1台しか停まってないぞ。しかもそれはバード・ウォッチャーのものだった。近くでゴッツイ望遠鏡のようなものを設置して左手の林の方を見ている。何だろう。まあ、それはどうでも良いが、この陽気でこれとは、ひょっとして釣れないからかな。とりあえず荷物を降ろして階段を登ると、ゲゲッ、水が泥色ではないか。快晴で風Dscf4591もないのは素晴らしいが、この泥色で釣れるのか?バットさんなら何か情報を持っているかもとメールしてみたら、最近来ていないので分からないとの事。お騒がせしました。えっ、東ノ谷にいるんですか?それなら爆釣間違いなしでしょう。こちらはこちらで頑張ってみるとするか。堰堤バルブの左に入って、さあ準備だ。これも最初から決めていた13尺を出す。もちろん底。餌はいつものバラグルセット。とにかく早く餌打ちしたいと、ささっと底を取って開始は10時22分。すると、ごく小さくではあるがウキが返しているようにDscf4592見えるぞ。まさかね。すると数投後、ウキが1目盛返した後にチクッと入り、慌てて合わせればやった早くも掛かりましたよ!おおっ、これはグーなサイズ。泥色が却って食いを良くしているのかな。さあどんどん行こう。しかぁ~し、最初からあたるなんて想定外だったので、普通は餌をどんどん打つところをウキを見るようになってしまった。そのせいか、ウキの動きが悪くなる。ウキ下の微調はとりあえずやってみるが、へらは餌のそばにいるようなそうでないような。11時頃に1人やって来て、堰堤私から少し左に入った。と、いきなりウキがグッDscf4593Dscf4594と入り、やった2匹目ゲットだ!何だろう、時合かな。すると、次の餌打ちでもあたり!連荘だ、素晴らしい。きっとこんな泥色でも竿を出した私へのご褒美なんでしょう。更に更に、次の餌打ちでもあたり!3連荘?いDscf4595や、これがなかなか引きが凄くて、なかなか上がって来ない。腕が疲れて竿を持ち替える始末。しかぁ~し、ようやく姿を見せたかと思えば、ガックリマー君でした。道理で良く引く訳だ。しかぁ~し、次の餌打ちでまたもあたり!そして掛かりました!4連荘(正しくはマー君を間にDscf4596挟んでいるので連荘は途切れているが、あたりの4連荘と解釈していただきたい)とは素晴らしいの一語。わずか10分の間にこんなに釣れるなんて、来て良かったぁ。しかぁ~し、ハリスが絡んでしまった。これは解けません。解けないので上ハリスをカット。同じくらいの段差にしたつもりだったが、ちょっと詰まってしまったか。しかも、本来は底取りをやり直すところを、目の前の結果に目が眩んでそのままで再開。すると、様々な要因が重なって状況が一変。あたりどころかウキの動きもほぼなくなってしまった。しかも、消し込むようなあたりで今度は下ハリスを切ってしまった。それで、今度こそは段差を付けようと思ったのだが、これが上手くいかない。そこで、何をとち狂ったのか、上ハリスをカットして段差を無理矢理作ると、気のせいではなくウキの動きが復活。ただし、チクッという小さなあたりらしきウキの動きはカラ、ズバッと消し込むようなウキの動きはスレバラシ。何だかなぁ。そのまま12時のサイレンを聞く。その後も状況に変わりはなく、遂にグルテンがDscf4597尽きてしまった。後は両バラケしかない。そして最後の1投。すると、何と言う事でしょう、バッチリのあたりが出て、やった「上がりべら」ゲットだ!そして第2目標もクリア。もう何も言う事はありません。時刻は12時32分。結果、底では実釣2時間10分で5匹。途中の勢いが続いDscf4598てれば、2桁は楽勝だったのにと、考えても何もならないいつものタラ・レバ。さあ、一旦休憩しよう。昼食にトイレタイム。それから、バットさんに東ノ谷の様子を訊いてみると、2桁は行ったようだ。午後に期待ですね。さあ、次は宙。竿を11尺に変更し、餌はS-ブルーとマッハのバラケに「お」。「たな」は1本で再開は12時53分。すると、じきにウキに動きが。ただ、あたりにはならない。右岸奥の方の釣り台に1人入っている。かなり浅そうだ。さて、「たな」を上下しながらウキの動きを見ていると、背後から声が。あっ、ザわさんではないか。今日は袋井の方に用事で出掛けた帰りに、池の様子が知りたくてたまたま寄ったとの事。奇遇ですね。それからザわさんと世間話で盛り上がり、肝心の釣りの方はややおろそかに。たまにウキが動く事もあるが、手が出ず。ズルッと入るあたりらしき動きで2回バラシ。でもこれはスレでしょうね、多分。そんな中、ズバッと入るあたりでやった今度こそ本物かと喜んだDscf4599が、それも束の間。バラケを食っているかと思ったら、何と目にスレていた。ガクガクッ。ザわさんは1時間くらい岡ジャミして帰ったが、その間1匹も釣れなかった。まあこんなものでしょう、私のアームでは。ザわさん岡ジャミお疲れ様でした。その後も深い「たな」でウキは動くものの、決定的なあたりは出ず、そろそろバラケが終わるかなと思っているところへ、何とパラソルさん登場だ。今日は家族サービスのついでに寄ったとの事。堰堤にいる人とは知り合いのようで、明日は鳳来でと言って帰った。それからじきに私も終了。時刻は2時53分。結果、「お」では実釣2時間で凸。トータルでは実釣4時間10分で5匹。きっとバDscf4600Dscf4601ラケが良くなかったのだろうと言い訳して片付け。堰堤のような傾いたところで作業すると腰に来る。イテテイテテと声に出しながら片付けを終え、堰堤のへら師に挨拶して車に戻る。たった4時間程度ではあるが、かなり疲れた。最近は体力低下が甚だしい気がする。まだ風邪が残っているのかもしれない。さあ帰ろう。そうだ、多分バットさんはまだ竿を出しているだろうから、様子でも見に行くかな。飛龍大橋を渡って東ノ谷へ。あっ、パラソルさんの車。中に誰か乗っているのが見えるが、奥さんか?駐車スペースの空いたところに駐車すると、パラソルさんが岡ジャミを終えて帰るところだった。お疲れ様でした。バットさんは階段状堰堤にいた。隣にはキアヌさんか(間違っていたらゴメンナサDscf4603Dscf4602イ)。バットさんは今17尺で底の準備中だと言うが、そろそろ太陽が山の陰になる。しばらく話していると、太陽が隠れて急に寒くなった。これはマズイ、風邪がぶり返すかもと、挨拶もそこそこに池を離れる事に。今度こそ帰るぞ。ベイシアには寄りません。そろそろと池を後にした。

P.S.バットさんの隣の方は、キアヌさんではなくてジョニーさんでした。大変失礼しました。
 
何でこんなに疲れるんだろう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2014年10月23日 (木)

盗作?オマージュ?

まずは以下の曲を聴いて欲しい。おそらくすぐにピーンと頭に思い描く曲があると思う。
   
ネットでは既に有名な話のようで、確かにそっくりかと言われれば微妙なところもあるが、いやしくもシンガー・ソングライターと銘打って仕事をしていてこれではさすがにマズイでしょう。単にアレンジだけの問題でもなさそうだし。
私の好きなアーティストだったし、他には良い曲もあるのに、残念だ。
 
他にも探せば有名な歌手の曲もそれらしいのが一杯
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

嫌韓への道

多くの人が嫌韓へと変化した道筋は同じではないか。雑ではあるがその流れを書いてみる。
 
①軍事政権時代  かの国は隣の国であってもほとんど興味の対象外。助平な日本のおっさんが週末になるとキーセン観光(売春ツアー)に出かけていた。帝国主義の流れの中で無理矢理朝鮮を併合(植民地ではありません)し、創氏改名を強制したなどと私の頭の中も自虐史観に洗脳されていた。
 
②河野談話  まだ自虐史観から抜け出せず、当然の事と思っていた。今にして思うと、リベラルとかハト派とかいう連中のひどさに呆れると同時に、古い体質の国会議員によるなあなあ(事なかれ)主義により、かの国の恫喝に毎回金で応えていた情けなさにガッカリする。
 
③韓流ブーム  かの国と日本の一部によって作り出されたブームで、かの国がグッと身近になった。テレビでは連日のようにかの国の食レポなどが流され、またぺ様人気も沸騰。実は私はこのブームには乗れていない。少し遅れて加わった。
 
④嫌韓流  かの国の事が知りたくなり、いろいろと調べていたらこの本が見つかった。当時ベストセラーであったにも拘らず、多くのマスコミが黙殺。かの国の執拗な反日が見えてきて、それまでの自虐史観を見直すきっかけになった。作られた韓流ブームが、実は嫌韓を呼び起こしたという皮肉。
 
⑤いわゆる従軍慰安婦問題  河野談話について、当時はそんなに考えもせず当然と思っていた事が、実は日本をここまで貶める事になっていようとは。朝日が主導した強制連行から今は普遍的な人権侵害へと形を変えて、相変わらず日本バッシングを続けているかの国。生まれてすぐに反日を叩き込む恐ろしさ。自由な考えを持てないため、反日に凝り固まる国民。そんな事で自分の価値は上がらない事に早く気付くべきだ(気付いているかも)。
 
⑥知韓  今は嫌韓と言われているが、実はかの国について理解が進んだと見るべきで、知韓と言うのが正しいのかもしれない。ただ、この響きが痴漢と同じというのがちょっと気になるところ。それはさておき、安倍ちゃんの戦後レジームからの脱却は危なっかしいところもないではないが、かの国の恫喝に応えないところは評価しても良いのでは。これまで安直に妥協(金)を引き出してきたかの国からすると、簡単には引き下がれないので更に反日が先鋭化していくのは目に見えている。行きつく先はまだ分からないが、腰砕けになって変な妥協をして欲しくない。もしそうなれば、今後日本は世界に顔向け出来なくなる。
 
隣が嫌でも引っ越せなければ、それなりの付き合いは必要だが
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年10月22日 (水)

ノーベル賞

天気が悪く、また体調も今ひとつのうえに、見るべき韓国ドラマがない事もあって、パソコンに向かう時間が多くなっている。
そうすると、人は見たいものを見ると言う事で、ネットでかの国の事を見てみると、最近日本人3名がノーベル賞を受賞したというニュースがあったが、それに対して毎年のように繰り返されるくだらない話が今年も出ていた。
まずは、「ノーベル賞は何故韓国を冷遇するのだろうか」。物事を客観的に見られないとこう言う事が出てくるのかと、呆れを通り越して感心してしまうほどだ。
更には、「韓国人がノーベル文学賞を取れないのは、韓国語があまりにも優秀だったからだ!」とは、これが有名な精神勝利と言う事。勉強になるなぁ。
更に悲しいのは、生まれて間もなく韓国を去った韓国系アメリカ人がノーベル医学生理学賞の候補になった?ものの受賞を逃したというニュース。韓国で生まれはしたが、韓国で教育を受けたわけでもない人まで何処かで探して引っ張ってくるという涙ぐましい話。
更になんだこれはと思えるのが、韓国生まれのノルウェー人と日本人のハーフが1987年に化学賞を受賞したというニュース。最早韓国人でもない「韓国生まれ」まで探してきて、金大中氏に加えて韓国生まれが2人いると誇る奇妙さ。
何処かの記事によると、韓国きっての理系大学・浦項工科大学のキャンパスでは、未来のノーベル賞受賞者のための銅像用の台座を13基も御影石で造って待っています とかあって、ここまでノーベル賞に執着しながらも受賞出来ない悔しさからなのか、賞自体の価値を否定したり、人間性では韓国が優れているとか、全く訳の分からない事ばかりが出てくる。
今年の受賞者の1人で、韓国の半導体メーカーの技術顧問をしている中村修二さんがリップサービスで「10年か20年以内に韓国もノーベル賞受賞者が出るだろう」と言われて精神安定する悲しさ。
書いていて段々寂しくなってきたので、この辺で止めよう。
 
一番以外はクズという考えが怖い
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年10月20日 (月)

やっと看板横に入ったが、雨で止む無く終了@増沢池 with Kさん and 途中からOさん

いよいよ天気が悪くなる。その前に出掛けないと。用事がなくなったので、急いでゴー!と言っても、出発は9時半頃。予報では雨は晩に来るので、遅くとも3時頃には終わる予定。駐車場に着くと、あっ、Kさんの車ハケーン!久し振りだが、今日は看板横に入る予定なので、いつも通り日陰側柳の木の奥にいたら話が出来ないなぁ。とにかく車から荷物を降ろして橋に向かう。へら師は橋の下(しも)整地された辺りに数人。しめしめ、看板横には誰もいないぞ。ん、日陰側柳の木の奥に1人入っている。Kさんかな。坂を下り、看板横の真ん中辺りに入る。荷物を置いてから、Kさんと思われる人に挨拶するが、Dscf4579聞こえない?それではメール。すると、やはりKさんだったので、電話が返ってきた。ホントお久し振りです。今日は7時半頃からやっているが、ブルーしか釣れないとの事。これは厳しい。曇ってはいるが湖面は凪。さあ準備しよう。思い描いてきた15尺の底から入る。餌はいつもの夏・冬・マッハにいもグルのセット。ゲゲッ、何故か風・波が出て来たぞ。時間帯が悪いのか。それでもささっと底を取り、開始は10時3分。すると、馴染みが予定より大きい気がする。それに、最初からウキがモヤモヤ上下しているぞ。そしてかなりシモる。これはやりにくそう。ウキの視認性自体は問題ないのだが、その動きが理解不能。底をなぞっているだけでは説明出来ない。ひょっとして底取りに問題があるのではと、開始30分を過ぎて再度底取りし直す。すると、一旦馴染み切ってトップの先端が出た筈なのに、そこからズルズルとトップが沈没。底がヘドロ?それとも水草でも生えてる?分からない。大体こんなものではと決めた餌落ちは最初と変わらない。仕方なく再開するが、再び同じ動きでそろそろ癇癪が・・・。開始1時間を過ぎて、遂に決断!分からないので、竿を替える。13尺だ。これに合わせてあるウキはトップが太くて浮力があるから、そんなにモヤモヤしないのでは、と勝手な判断。底も取れて再開しかぁ~し、やはりウキはモヤモヤしながら左から右へ流れる。あ~あと思いながら見ていたら、何とチクッとあたり!まさか出るとは思っていなかったので、合わせられない。失敗したDscf4580なぁと空合わせをしたら、何と掛かってます!おおっ、デカイ。35cmはあるぞ。「掛かってます」でも何でもいいから、凸解消でホッ。第1投で掛かるとは、何かやってみるもんだ。そうなると、今までのモヤモヤもへらに見えてくるから現金なものだ。と、坂の途中から声が。見るとOさんではないか。こんな遅くからとは珍しいですね。橋の下整地された辺りに入るようだ。そDscf4581の後モヤモヤもしっかり見続けると、1回「かじり」が出た後の11時半頃にウキがズバッと消し込み、マズイスレかもと思いながら寄せれば、鈎を呑んでいる。ただ、これはグーな体型だ。サイズ的には1匹目よりややダウンしたものの、体高が素晴らしい。午前中のGTが来たかな。しかぁ~し、これが暴れられてハリス切れ。急いで交換するが、その際にハリス段差を多めに取ってみた。すると、風・波が穏やかになってきたのと時合もあるだろうが、それまでとは違うウキの小さな動きが見えるようになった。そしてあたりらしきウキの動きもDscf4582出るが、残念カラ。12時のサイレンが聞こえてきて、そろそろGTも終わりに近付いたかと思っていたら、何と1目盛チクッと入る抜群のあたりでやった3匹目!30cmくらいになってしまった感じ(あくまで個人の感想です)だが、嬉しい事に変わりなし。更にしばらくして、またもチDscf4583クッで4匹目ゲット!これは素晴らしい。第2目標にリーチだ。ただ、バラケが尽きてしまった。そこで両グルテンで打つが、あたりがなくなってしまい、12時31分にグルテンも尽きて終了。結果、底では実釣2時間半(竿交換含む)で4匹。グーなサイズと引きの良さで充分満足。さあ、次は宙だが、その前に昼食とトイレ休憩だ。それからOさんの様子を見に行くと、まDscf4584Dscf4585だ始めてそんなに経っていないが、厳しいようだ。対面に後から来た人はじきに竿を曲げたようだが、Kさんは不明。釣り座に戻って、竿は11尺で「お」をやるぞ。餌はS-ブルーとマッハのバラケに「お」。「たな」もハリス長も前回のままで、再開は12時52分。一旦穏やかになった湖面だったが、再び風・波。が、竿が長くないので振込みには難儀しない。1時のラジオ体操が聞こえてきたら、ウキがスッと入った気がして合わせる。すると、あれれブルーかなと思った引きが途中から強くなり、これはへらかもと欲を出したDscf4587ものの、寄せてみれば20cmオーバーのブルーだった。トホホ。背後に猫が待っていたので、プレゼントだ。が、その後はウキに動きなく、ただ餌を打つだけの時間。Kさんは知らない間に帰っていた。さて、これではマズイと、開始1時間くらい経った時点で下ハリスを伸ばす。「たな」はその分上げて再開すると、これまた時合なのか急にウキがモヤモヤし始めたではないか。そしてあたりらしきウキの動きも。ただしカラ。2時を過ぎ、そろそろGTかなと思っていたら、落ちてきたのは雨粒。ヤバイ、ヤバイですよ。予報では3時は曇りなのに、もう雨なのか(もう恋なのか by にしきのあきら)。どうしよう、ここは駐車場から遠いので、土砂降りになったらアウトだ。お願い、強く降らないでと願いながら餌打ちすると、ウキがモヤッと動いたのに合わせたら、やった掛かりました!ゲゲッ、凄い引き。これは・・・と見ていたら、やはり尻びれから上がってきました。ガクガクッ。せっかくGTが来たようなのに、スレでは仕方ない。しかぁ~し、次の餌打ちではズバッというあたり!Dscf4588やった掛かりました!トータルでの第2目標クリアだ。バラケを食っていたが、ドンマイ。おおっ、これはデカイ。おそらく今日一番だろう。急いで外してどんどん餌打ち。雨は上がったようなポツポツ続いているような。あと数投で餌が終わる。と、ここで再びズバッ!やった今度こそDscf4589「お」を食ってます。まだウキは動いているが、雨粒が大きくなり、強くもなってきた。省資源釣法としてはやりたくないが、ここで餌を捨てて終了。返す返すも残念だ。時刻は2時23分。急いで片付け。結果、「お」では実釣1時間半で2匹。トータルでは実釣4時間弱で6匹かぁ。対面は帰ったようだが、こちら側はどうなのか。片付けを終え、Oさんに大きな声で挨拶すDscf4590るが、釣りに夢中で聞こえないようだ。代わりにそばにいるⅠさんが手を振ってくれた。早足で坂を登り橋を渡る。腰が痛くまた息切れ。もっとゆっくり帰りたかったが、仕方ない。駐車場ではそんなに雨は降っていない感じ。でも、終わりは終わりです。車に荷物を積み、餌と「たも」を買いに東海釣り具へと向かった。
 
体調が悪くならなければ良いが
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年10月19日 (日)

今日も天気が良かった

今日も快晴で風もなさそう。昨日に続く抜群の釣り日和だったが、昨日の釣行で体調が芳しくなく、結局今日の釣行は見送りになった。
何だろう、急に体力が落ちてきた気がする。
明日も天気が良いので、何とか増沢くらいには行きたい。でも体調と相談しないと。ちょっと前まで、ほぼ毎日少なくとも缶ビール1本くらいは呑んでいたと思うのだが、このところ酒は一滴も口にしていない。まあ,風邪のせいもあるが、呑みたいという気持ちも起きないくらい芳しくないのだ。
 
週の途中から天気が悪くなるので、何とか1回くらいは・・・
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月18日 (土)

看板横に入れず移動@東ノ谷

今日は風も弱く釣り日和。間違いない。と言っても、出発は8時半頃。おそらく入りたい看板横は先客で埋まっているだろう。もちろんそうなれば次の策は考えてあるが。駐車場に着くと、予想以上の車。OさんKさんの車はなく、自虐メンバーもいないようだ。とりあえず駐車して橋まで行くと、やっぱり看板横には3人入っている。週末でこの陽気なら混むのは当然か。元より日陰に入るつもりもなく、日向側も橋の下(しも)は考慮の外。それでは次の策で行こう。それは東ノ谷。引佐天池も候補にあったが、ちょっと遠い。さっさと駐車場を出て362に入る。しかぁ~し、駐車スペースには5台の車。これは参った。池の様子を覗うと、へら師は階段状堰堤左端に1人だけで、あとはバサー。彼らは見切りが早いので、じきにいなくなるだろう。それでは、と車を停めて荷物を降ろし池にDscf4559向かう。ガタイの大きなバサーがいたが、すぐに何処かに行ったので、これ幸いと一級ポイント?に入る。先客には挨拶して、さあ準備だ。もちろん両ダンゴの宙でやるが、先客は竿がやや長め。私はどうしようか。よし、いつものように9尺で行こう。餌はガッテン・天々・マッハ。おっ、先客が竿を曲げた。まだまだ活性はありそうだ。準備中に子供がやって来て、私のすぐそばで短い竿を出している。何を釣る気なのだろう。さて、「たな」は前回のままで開始は9時13分。すると、第1投から連荘で消し込んでジャミ。ガクガクッ。しかぁ~し、次の消し込みで何かをバラすと、ウキの動きが弱くなる。早くもジャミは何処かに行ったようだ。その後、ジャミは1回も掛からなかった。どうもウキの動きがDscf4560良くないのは秋だからかな。水は多少濁ってはいるが、こんな穏やかな日、きっと釣れる。すると、9時半を過ぎて、馴染んだウキがチクッという動き。これに反応すると、やった掛かりましたよ!サイズもまあまあで、とりあえず凸を脱したので気持ちが落ち着いた。さあどんどん行こう。しかぁ~し、ウキが馴染み切ると動かない。「たな」を変えてみようかな。と、その前に一応餌落ちを確認しよう。ゲゲッ、違っていた。馴染み切ったところでは既に餌が抜けていDscf4561た事に気付き、トホホだ。それで、餌付けの圧をちょっと強くすると同時に、少しだけ「たな」を浅くする。すると、ズバッというあたりで2匹目ゲット!既に爆釣というペースではないが、これはこれで面白い。ここで子供が帰った。ブルーを多く釣っていたが、それが目的とは思えない。何を釣りたかったのか。さて、10時になると一斉に草刈り機が稼動し始めた。しかも10人くらいDscf4562で。これは何?それでもしばらくしてまたもズバッ!で3匹目。今日は1匹目以外はすべてズバッというあたりだった。が、草刈りの人から、しばらく席を空けて欲しいと言われ、荷物を持って堰堤の方に移動。先客も休憩になり、少しだけ話した。いつもは西ノ谷に行っているが、こちらの方がサイズが良いと言われてやって来たとの事。車は豊橋ナンバーだった。さて、草刈りDscf4564Dscf4563の人からもういいよと言われて釣り座に戻る。餌が乾いているので、手水でチョイチョイ。そして再開は10時半ジャスト。あまりの音にへらは散ったかと思ったが、しばらくしてズDscf4565バッ!で4匹目。この調子なら第2目標は楽勝か。しかぁ~し、次のあたりでは目にスレ。ガクガクッ。すると、そこから再びウキの動きが悪くなり、更には餌打ちしてすぐに消し込み、堪え切れずにハリス切れ。急いで交換するが、ちょっと段差が詰まってしまった。それで、上ハリスをカット。元々ハリスが長過ぎると思っていたので、ちょうど良い。が、じきに餌が尽きて終了。Dscf4567時刻は11時15分。実釣1時間半で4匹。草刈りで間が空いた後半はたったの1匹だった。さて、次はどうしようか。その前に昼飯だ。喉の痛みを和らげる薬も忘れずに飲む。それから、竿はそのままでウキをオモリを背負うものに交換。元々はカッツケ用のウキでやっていたので、やや長めのハリスと深い「たな」では合っていなかった。餌はS-ブルーとBBフラッシュ。再開は11時33分。弱く吹いていた風もなくなり、まさに釣り日和。気持ち良かぁ。さあどうかな、釣れるかな。すると、前半とは異なり、ウキに動きが。ただ、なかなかあたらないので餌に手揉みと「たな」を少し上げる。階段状堰堤にはポツポツとへら師が入って来たが、いずれも無言。先客もポツポツと竿が曲がっているようだが、爆釣でも入れパクでもない感Dscf4568Dscf4569じ。そんな中、開始10分くらいで1匹目。そして12時のサイレンが鳴る前にもう1匹。とりあえずトータルでの第2目標は達成だ。ただ、ウキの動きが良くなったのは良いとしても、サイズがやや小さめになってしまったのは何故だろDscf4570Dscf4571う。それでも12時を過ぎてしばらくすると、ズバッ!スバッ!と連荘!これは素晴らしい。後半だけで第2目標にリーチだ。何だろう、セッティングを変えたのが良かったのか、餌のブレンド?いやいや、単に時合でしょう(チャンチャDscf4572ン!)。それからじきにもう1匹出て、やった後半だけでの第2目標達成。その後もウキの動きはなくならないし、たまに釣れるが、決して爆釣でも入れパクでもない中途半端な感じ。でも思ったよりウキが動いて嬉しかぁ。1週間以上のご無沙汰でした玉置宏です。1時までに4匹を追加するDscf4573Dscf4574Dscf4575Dscf4576が、次第にウキの動きが悪くなってきた。あと1匹で第3目標だし、「上がりべら」も欲しいところ。が、なかなかあたらない。今日はあたりこそ少ないが、掛かる確率はかなり高かった。カラは出てもスレやバラシは殆どなく、食いが立っているようなそうでないような。1時を過ぎ、またもウキが立つや否やの消し込みでハリス切れ。今頃になってとブツブツ言うが、交換しない訳にはDscf4577いきません。が、あと少しで餌が尽きる頃になって、嬉やズバッ!で「上がりべら」ゲットと同時に後半だけでの第3目標クリアだ!もう充分でしょう。最後の1投もズバッ!が出たがカラで終了。時刻は1時17分。結果、後半では実釣1時間45分で10匹。トータルでは実釣3時間15分でDscf457814匹。片付け。湖面は相変わらず凪いでいるし、気温も上がって風もない。まだまだ出来ますが、私はやりま・・・せん!片付けを終え、先客に挨拶して車に戻る。久し振りに日を浴びたせいか疲れた。さっさと帰ろう。あっ、そうだ、久し振りにベイシアにも寄らないと。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
看板横はウィークデイにでも入ろう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年10月17日 (金)

テンションが下がったまま

今日こそ出掛けようと意気込んでいたのに、ゴミを出しに行く時に風が少し出ていたら、急にやる気が失せてしまった。これはマズイ。
確かにまだ咳が完全には止まらないが、気持ちは充分あった筈。それがちょっと冷たい風に当たったらしぼんでしまうとは、このテンションの下がり具合はどうしたのだろう。
明日は、明日こそ風も弱そうと予報が言っているので、竿を出さなければ。
 
残念の一語
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年10月15日 (水)

まだ体調が

今日は予報によると晴れで風も弱そう。出掛ける絶好の日和だが、体調が回復しつつあるとは言っても、まだ時折むせるような咳が出る事があるので、我慢していた。
が、一向に明るくならず、気温も低い。そのうえ一時雨まで降っては、出掛けなくて良かったか。
明日は通院で竿が出せず、明後日からの本格復帰を目指したいところだが、一旦休むとなかなか再開にハードルが高くなるのは何故だろう。Kさんも竿を出さなくなって見学ばかりだと思っていたら、最近は姿を見なくなった。ここ一週間は私自身が行かないので分からないが、早く再開して状況の把握に努めないと。もちろん2回も水が替わった増沢のですよ。
 
台風の後気温の上昇があったが、それからすぐに秋が深まった
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月14日 (火)

台風一過PART2

起きれば快晴。雲ひとつない。昨夜は思った以上に風・雨もなかった。
18号の時には避難勧告が出た気がするが、今回は避難所の開設連絡があったくらい。
それに引き換え、静岡では数十万人に避難勧告が出たようだ。18号の時に出すのが遅れた?からなのか、羹に懲りて膾を吹くという感じに見えてしまう。まあ、いずれにせよ大きな被害がなくて幸いだった。
まだ強い風が残ると言うが、気温も上がる事だし、ちょっとそこらへと言う気持ちになってもおかしくない。が、体調がまだもう一つなので、ここは我慢だ。
 
避難勧告は狼少年との兼ね合いでなかなか難しい
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月13日 (月)

もう日付が変わる

思ったより風・雨が強くないままに台風は進んでいる感じだ。
現在の台風の様子は良く分からないが、YAHOO天気予報ではもう雨は弱くなっている。明日の明け方には晴れるようだ。ただし風は強いまま(と言っても10m/s以下だが)。
浜松では目だった避難情報は出ていない。静岡近辺では多くの人に対して避難勧告が出たようだが、今はどうなっているのか。
 
カラオケスナックは今しがた終わったが、開店は正解だった?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

嵐の前の静けさ?

台風は着々とこちらに進んできているが、何故か風・雨も弱くなっている。静かだ。まさに嵐の前の静けさ。もしかしたらこのまま推移してくれそう?それはないか。
 
カラオケスナックは今夜も開店!客も来てるよ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

四国に再上陸

次第に雨・風が強くなってきた。市の防災メールからは、もし避難するなら貴方の地域ではここと言う情報が届いている。でも、まだ大丈夫。前回も思ったよりひどくなかったから。ただ、雨で地盤が緩んでいたりするし、川のそばに住んでいる方々は増水に注意して欲しい。
 
さすがにカラオケスナックも夜の部はやらないだろう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

台風19号

雨はまだ来ないが、1時を過ぎて風が時折強く吹くようになった。
一応の備えはしてあるものの、雨戸はまだ閉めていない。雨が来たらと思っているのだが、その前に風対策で閉めた方が良いかもね。
 
P.S.と、書いてる矢先に雨が来た!
 
九州に上陸。そのまま列島を縦断か
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月12日 (日)

韓国人による沈韓論

Chinkan医者からもらった薬を飲んで大人しくしていたおかげで、体調が大分楽になってきた。しかぁ~し、ここで気を緩めてはいけない。もう少しの我慢だ。
と言う事で、またまた7ネットで本を購入。その名も「韓国人による沈韓論」。以前紹介した「韓国人による恥韓論」の続編とでも言おうか。あのセウォル号事件(事故)についても詳しく書かれている。
それにしても被害者(高校生だけ)家族の特権階級化にはビックリだ。国からいろいろな便宜を図ってもらったり、国会議員と飲食して、迎えに来た代行運転手を態度が悪いと殴ったり。
それに対して一般の被害者家族についてはほとんどないがしろ状態。声の大きな者だけに反応する。
まあ、私が書くより読んでもらった方が早い。
 
産経記者の起訴とか、どうかしてるぜあの国(ブラックマヨネーズ風に)
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年10月10日 (金)

これって一体・・・

家人を医院に送るついでに、気になっていた半田山の建物を見に行った。ネットでは確認済みだったが、やはり実物をと言う事で。
しかぁ~し、交通量が多くて長い間車を停められない。おまけにバス停付近だ。実際向かい側から写真を撮っていたら、バスが後ろに迫っていた。ゴメンゴメン。
Dscf4556Dscf4557それにしても変わってるなぁ。何でも、「ぬくもりの森」とか「ぬくもりイタリアンKINOKO」でお馴染みのぬくもり工房がプロデュースするアパート!らしい。まだ工事中で、現場には職人さんが働いていた。
 
どんな人が入居するんだろう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月 9日 (木)

いよいよ

昨日、体調が良くないのに釣りに出掛けたせいで、遂に喉の痛みが最高潮に。熱はないと思うが、痰がからんで声もかすれてきた。
仕方なく近くの医院で診てもらい、薬を貰ってきた。間違いなく風邪の前兆だが、今出来るのは大人しく安静にして栄養のあるものを食べる事くらいか。
と言う事で、しばらく竿を出せない。ブツブツ独り言のような文章が続くのをご了承ください。
 
いつも風邪は喉からやってくる。何色のパブロンだったかな
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (6)

2014年10月 8日 (水)

水が替わろうと泥色になろうと状況に変わりなし@増沢池 with Oさん

昨日は天候と体調不良の両方で竿が出せなかったが、今日こそと張り切って8時過ぎに家を出る。喉の痛みは引かないが、根性で治すぞ!駐車場着は8時半頃か。あっ、Oさんの車ハケーン。今日は看板横に入ろうかと思っていたが、きっとOさんは日陰側だろうと、いつもの場所に入る事にする。荷物を降ろして池に向かうと、またまた柳の木の奥Dscf4547にいましたよOさん。まずは挨拶。そして荷物を置き、Oさんの元に向かう。昨日はずっと天気が悪かった。あたり出しは遅かったが、結果10数匹をゲットしたとの事。これは素晴らしいが、今日は今のところブルー1匹。う~ん、どうだろう。看板横にすれば良かったか。しかぁ~し、空いていた看板横も、私が準備中に埋まった。その人はOさんによると昨日も入って入れパク?だったらしDscf4548い。場所もさる事ながら、やっぱりアームでしょうね、きっと。さて、今日は濁りがあるので手前でも良さそうとのご指摘に従って11尺を出す。もちろん底から。餌は夏・冬・マッハのバラケといもグルのセット。曇り勝ちなので、意外とウキが見やすいぞ。ささっと底を取り、開始は9時ジャスト。ウキの馴染みを調整しながら餌を打ち続けるが、一向に動きナシ。あっ、Oさんの竿が曲がった!残念カニでした。しかぁ~し、その後ポツポツと竿が曲がるようになった。裏山鹿~。私の方は何となく餌の周辺に何かがいるようなのに、あたりが出ない。そこで、開始30分くらい経った時点で、無理矢理合わせたら、小さなブルーがスレてきました。更に強引な合わせで今度はカニのスレ。もうガクガクッ。看板横は早くも竿を曲げた。アームの差とは分かっていても、入っていれば・・・。ウキはモヤモヤを繰り返すだけで、1回もあたりを見られず。更に開始1時間が過ぎたところで、再度のブルー。ガクガクッ×ガクガクッ。そこで、オモリが遊動式になっているのを思い出してドボンに変更だ。オモリを追加してトップの出具合を調整。そして再開する。が、何も変わらず。気が急いて、餌打ちのインターバルがやや早めになっているのが良くないのか。それでもドボンに変えてから突然ウキが動く事があって、2回バラシが出たのさえ嬉しくなる。さあ、もう一息で釣れるハズ。しかぁ~し、何と今度はカラ。もうダメでしょう。残った餌を丸めてあと何投出来るか計算。10投分あった。既にドボンで開始1時間以上が経過している。何とか凸だけは回避したいが、どうやらそれも叶わぬ話になりそうだ。いよいよラス前。すると、何と言う事でしょう、ウキがスパッと消し込んだではないDscf4549か!そして反射的に合わせれば、やった掛かりましたよ!もうバラシは許されない。慎重に寄せると、ガッチリ上唇?に掛かっているではないか。う、嬉しかぁ・・・。Oさんも喜んでくれているように見える。さあ、最後の1投。すると、またもあたり!しかぁ~し、残念バラシで終了。時刻は11時50分。結果、実釣Dscf45502時間50分で1匹。疲れた。さあ、次はお待ちかねの「お」の番だ。と、その前にトイレ休憩と昼食。12時のサイレンを聞きながら準備。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はS-ピンクとマッハのバラケに「お」。さっきまで底辺りにいたへらがまだ残っているかもと、簡単に底を測って15cmくらい上から始める。時刻は12時9分。なかなかウキが動かないので、少しずつではあるが「たな」を上げて行く。すると、ウキがスッと入ってやった1匹目ゲットだ?残念ブルーでした。あまり「たな」が深いとブルーになると誰かが言ってた気がするので、更に少しずつ「たな」を上げて行くが、ウキの弱いモヤモヤになってしまった。これは厳しいぞ。でも、気が付くといつもの浅ダナになっている。これで精神的にはやや安定したが、やはりあたりが出ないのが辛いところ。結局餌が尽きた1時50分までに2回バラシDscf4551が出ただけ。「お」では実釣1時間40分で凸。トータルでも4時間半以上やってドボンの1匹だけとはね。台風の前と後で水が替わったのと濁りが出た以外に何か変わったのか(もちろん釣れる人は釣れていますが、何か)。これでは帰れまテン!バラケを変えて残業だ。が、何をとち狂ったのか、今度のバラケは浅ダナトロ掛け用のS-ブルー。これにマッハを混ぜて大体1時間で打ち切れる量を作る。もちろん何故かはお考えの通りです。そして再開すると、何と言う事でしょう、数投後にウキがグッと入ったではないか。残念バラシ。更に数投後にもう1回ウキがグッと入ったが、これもバラシ。でも、バラケを変えたせいに違いない。急にDscf4552やる気になるが、ひょっとしてGTかも?すると、2時を過ぎてすぐにズバッというあたり!今度は外れません。が、何とバラケを食っているではないか。さすがにトロ掛け用だ。食わせとしても使える。素晴らしいが、ここでまたまた変な考えが出てくる。それならいっそハリス段差をトロ掛けのように縮めてみたらどうだろうかと。もちろん数cmなどにはしませんよ。今まで30cm以上あった段差を20cmくらいにしてみた。それならトロ掛けでやればという突っ込みは堪えていただくとして、へらが何処かへ行かないようにと手早く(個人の感想です)詰めて再開。すると、Dscf4553Dscf4554何だろうトロ掛けのようなズル~ッというあたり?が出て、これに合わせればやった掛かりました!おおっ、「お」を食っているではないか。呑み込んでいるのは仕方ないので、さっさと外す。すると、しばらくしてまたもズル~ッでやった3匹目ゲット!これは綺麗に口に掛かっている。2時から2時半までの短時間に3匹とは、作戦大成功か(GTでしょう)?しかもトータルでの第2目標にまで近付いたぞ。まだ餌はあるので、何としてももう1匹。しかぁ~し、次のズバッと消し込むあたりでバラすと、そこからウキの動きが一変。モヤモヤで終わったり、弱くモヤッと入るあたりらしき動きになってしまった。「秋はたなを釣れ」とか何とか言うので、「たな」を上下してみるが、特に何か変わることもなく、3時5分にバラケが尽きて終了。結果、「お」では実釣3時間で3匹。トータルでは実釣5時間40分で4匹。まさDscf4555にトホホ。だが、残業しなかったら1匹で終わっていたので、少しは自分を褒めたいところ(激甘~っ!)。片付け。深場整地された辺りには誰もいない。常連さんは日向側に移動してしまったようだ。私も次は日向で(ただし釣れる保証はありません)。片付けを終え、Oさんのところに行くと、午後からスレが多くなったとこぼしながらも、何とあと1匹で2桁になると言うではないか。いつの間にそんなに釣っていたのだろう。素晴らしい。あと1匹釣ったら終わると言うので私もそれを見届けようかと思ったが、余計なプレッシャーになっても良くないと、また宜しくとその場を離れた。駐車場に戻るが、大分涼しくなって汗は出ない。さあ帰ろう。今日はベイシアで買い物をしなければ。そろそろと池を後にした。
 
底を通して2桁釣る人って・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年10月 7日 (火)

ノーベル物理学賞

今日3回目の更新。
 
中村修二さんを始めとする日本人3氏にノーベル物理学賞が授与される事になったと、テレビの臨時ニュースが伝えた。
P社の関連(光ディスクドライブの青色LED)で中村さんの事は知っていた。ノーベル賞も夢ではないとも言われていたが、本当にそうなって素晴らしいの一語。
詳しくはこれからどんどん出てくるだろう。とりあえず明日の朝刊で。ネットではここから。
 
何だか身近な人に思えてくる錯覚
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

グループビデオ通話が無料に

久し振りのスカイプネタ。
何と今年の5月頃から、今まで有料だったグループビデオ通話が無料になっていた。
今までは1対1のビデオ通話だけが無料だったのだが、それ以上のユーザー同士のビデオ通話はお試し以外には出来なかった。それが無料とは、随分大盤振る舞いだ。
webカメラもひところに比べてお安くなっているし、カメラ付き携帯やスマホでも使えるのでは(パケット料金が発生?)。
もちろん文字チャットや声だけのグループ通話も可能。更には有料ではあるが固定電話等を交えたグループ通話が可能だ。
さあ、皆さんもスカイプのアカウントをゲットして、パソコンでビデオ通話を楽しみませんか?
 
ビックリしたなぁ、もう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

風邪気味

実は先週末の釣行くらいから喉が痛くなっている。間違いなく風邪の初期症状だ。水が替わり泥濁りしている増沢で竿を出したいが、ここは無理をせず休竿とした。
が、様子が気になるので、ひょっとして竿を出しているかもとOさんにメールしたら、そんなに良くないとの返事。「そんなに」がどれくらいかは不明だが、少なくとも爆釣ペースではないようだ。
濁りと言えば、斧はどうだろう。なかなか独りでは行き難くなっているが、チャンスかもしれない。でも、まあ明日の体調次第で決めよう。
 
栄養ドリンクを飲んで寝る!
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年10月 6日 (月)

台風一過

台風が去った後、しばらくは静かだったが、やはり昼頃からグッと気温が上昇。風も強くなった。
Dscf4545そんな中、気になったので昼食後に増沢の様子を見に行く。途中の坂では、山が抱えきれない水が流れている。そして駐車場までは木の枝が散乱。駐車場にはそれなりの車が停まっているが、へら師と思われる車はなさそうだ。とりあえず車を停め、橋まで行って見る。
予想通り水は泥色。空は北のほうには季節外れの積乱雲?があるが、真上は澄み渡っている。早速池を隅々まで見てへら師を探すが、さすがにいない。Dscf4544
Dscf4546橋の上では風が強く、私など吹き飛ばされそうだ。急いで橋の両側の写真を撮って引き返す。明日にはへら師が竿を出している事だろう。ひょっとして水が替わって爆釣になるかもね。
 
山も水を抱え込んでいるかもしれないので、日向側が安全かも
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

上陸

今朝8時頃に浜松近辺に上陸したので、夜中降り続いていた強い雨も止んだ。テレビによると、台風が去った後に北から強い風が吹くので、決して安心しないようにと言っている。
市内では4つの川(馬込川・安間川・芳川・釣橋川)の水位が基準を超えたため、多くの町に避難勧告が出たようだ。また、多くの雨を吸って地盤も弱くなっているので、台風が去ったからと言って安心は出来ない。
こういう情報は、浜松市の防災ホっとメールに登録していると得られるので、何かあった時のために、皆さんも登録したらいかがでしょうか。もちろん登録は無料です。
 
御岳も捜索に加えで土石流も心配だ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月 5日 (日)

台風

今10時を過ぎたところ。雨が次第に強まってきた。台風が近付いているのだろう。明日の朝までは全く予断を許さない状況。停電に備えて懐中電灯も用意した。
明日の午後からは天気が回復する。増沢の低活性も水が入れ替わって復調するのではと淡い期待があるが、その前に今回の台風で被害が出ませんように、また、出ても最小限で抑えられますようにと祈っておこう。
今まで書かなかったが、御岳での行方不明の方がまだ10数人いらっしゃるとの事。早く見つけ出してもらいたいが、この雨で降り積もった火山灰が粘土のようになっているらしい。捜索も困難を極めそうだ。
 
ブログを振り返ったら、7月半ばから釣れなくなっているようだ
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月 3日 (金)

ドボンもダメ!「お」もダメ!残業までしたのに@増沢池 with Oさん

昨日は雨はなかった。失敗したなぁ。今日はウェザーニュースもYAHOO天気予報も雨はない。それでは出掛けましょう。と言っても、何処へ?今日は気温が上がるという予報に、日陰がある増沢に決定。いつもより少し早出でゴー!駐車場着は9時頃か。Dscf4537あっ、Oさんの車ハケーン!今日は何処へとメールしながらいつもの場所に向かうと、あれっ、柳の木の奥にいるではないか。荷物を置いてからOさんの元へ。まずは挨拶。先日は3匹だった。今日はまだあたりがない。最近は宇連(鳳来)に行っている。今日は用事があるので午前中で終わるとの事。Kさんを最近見ないと言う事で一致。どうしたのだろう。釣り座に戻って、さあ準備しよDscf4538う。対面看板横と坂の下に入っているが、坂の下が好調に竿を曲げる。私は涼しい日陰でドボンをやるぞ!竿は12尺、餌は夏・冬・マッハのバラケといもグル。凪いでいるとは言え、やはりウキの視認性は良くない。一応太いトップのウキを採用しているが、どうかな?トップの出具合を調整して、開始は9時24分。しばらくはただただ餌打ちが続く。あっ、Oさんの竿が曲がった!う、裏山鹿~。私もおこぼれにあずかりたいが、前回のようなウキの動きは出ず、時間だけが過ぎる展開に。10時を過ぎて風・波が出て来ると、ウキの細かい目盛はアウト。でも、消し込みあたりがほとんどだから、あまり気にせず続行だ。すると、開始1時間近くになって、スパッとウキが消し込んだ!やったと合わせるがバラシ。ガクガクッ。でも、何となくウキが動いているような気がするぞ。小さくチクッとか、通常の底釣りのようなウキの動きも見える気がするが、大きなあたりを狙っているので手が出ない。開始1時間が経過して、今度は1目盛入るあたりに手を出すが、掛かったものの暴れられてまたもバラシ。ガクガクッ×ガクガクッ。スレなんだよなぁ、きっと。すると、そこからウキの動きがバッタリ。さすがに2回続けてバラせばダメでしょう。対面の竿が曲がる度にため息が出る。Oさんも竿が曲がる事があって、私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳。食いが悪いのでドボンをやっているハズなのに、通常の底釣りよりウキが動かないとは、寂しいの一語。釣れないと時間の経過が早く、あっという間に時は過ぎて11時。そして11時半。いよいよ餌があと2投分。ラス前だ。相変わらず風・波は出ていてウキは見難い。しかぁ~し、そんな中でもウキがスパッと入ったように見え、しかも竿にあたりの感触が!やったこれこそ「上がりべら」か?しかぁ~し、ちょっと何かに掛かったような手応えの後にバラシ?ガックリしてハリスを見たら、何と切れている。あと1投という時になってハリス切れかよっ!仕方なく交換して最後の1投。が、特に何もなくDscf453911時37分に終了。結果はいうまでもありません。トボトボとOさんのところに行くと、何と4匹をゲットしていると言うではないか。素晴らしい。あたりは消し込みばかりで、小さなモヤモヤはダメらしい。黄色い色のメガネのようなものを掛けているので、ウキが良く見えるらしく、私の安物の偏光グラスとはえらい違いだ。釣り座に戻り、次は釣れない時の「お」頼みで行こう。その前にトイレ休憩と早めの昼食。ちょうど風・波が収まって来た。これは良いタイミングかもね。竿は13尺!を出す。餌は相変わらずのS-ピンクとマッハのバラケに「お」。いつもの11尺よりは1.2mほど遠くにウキが立つ事になるが、風・波はあってもまだウキは何とか見える。とりあえずやってみよう。再開は11時55分。う~ん、やっぱり遠いなぁ。それに、ウキがオモリを背負わないので振り難い。しばらく打っていると、何と言う事でしょう、再び風・波が出て来たではないか。これは見えない、見えませんよ(2回言いました)。その後も何とか餌を打ち続けるものの、ウキに動きなく、開始1時間を待って竿を11尺に交換だ。うん、これならまだ見えるぞ。すると、数投後にいきなりの消し込み!ビックリして合わせるがカラ。でも、例え正体がブルーであったとしても、今は嬉しかぁ。少しだけやる気が戻る。1時を過ぎてOさんが予定通り終了。あれから釣れたかどうかは聞かなかった。お疲れ様でした。さて、Oさんが帰ってじきにまたもズバッという消し込Dscf4540み!そして掛かりました!やったぁ・・・。サイズは何であれ釣れた。凸はかろうじて回避だ。グッと気が楽になった。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、その後は音沙汰なしの状況が続く。そして1時56分にバラケが尽きて終了。結果、「お」では実釣2時間で1匹。ドボンと併せれば・・・まあいいでしょう。対面は2Dscf4541人とも帰り、代わっていつものご夫婦。さて、ここで終わっても良いが、まだ2時前。それならもう1時間くらい残業するかな。ちょうどGTも近いことだし。このまま帰るのはあまりにも寂しい。新しくガッテン・天々・マッハでバラケを約1時間分作る。そして再開。しかぁ~し、これが意味のないものになろうとは、その時知る由もなかった。風・波は穏やかになったものの、ウキに動きナシ。それでも2時を過ぎ、馴染んだウキが小さくモヤッと動いたのに反応すれば、やった掛かりました!残業の霊験新たかだ。しかぁ~し、しかぁ~し、寄せてみるとサイズはDscf4542問題ないのだが、残念アッパーだ。ガクガクッ。やはりあたりではなかったか。でも、「お」の付近にへらがいる事は分かった。何とか1匹。すると、次の餌打ちであたり!そして掛かりましたよブルーが・・・。ガクガクッに追い討ちを掛ける惨い仕打ちに、泣くに泣けない。そこで、「たな」を少し深めにして、尚且つハリス段差を詰めてみる。バラケは小さめにして、食ってくれれば儲けもの。すると、そこからウキに動きが出てくる。多分バラケにあたるのだろう。ただ、食うまでには至らず、あたっても掛からない。そのまま特に何もなく、3時9分にバラケが尽きて無念の終了。結果はDscf4543いうまでもありません。5時間以上やって1匹。まさにトホホ。対面では2桁出たらしいから、その差にもショックだ。片付け。こちら側奥の整地された辺りには常連さん。ただ、やけに静かなのが気になる。やはり厳しいのか。片付けを終え、駐車場に戻る。疲れた。次回からは釣れても釣れなくても日向側だ!荷物を積み、トボトボと家路に着いた。
 
週末の台風の進路が気になる
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年10月 2日 (木)

りんごバター

今朝、BSのウェザーニュースを見たら、午後から雨の予報。これではエヴリデイ・アングラーとしては出掛けられませんね。しかぁ~し、10時を過ぎてから念のためにネットでYAHOO天気予報を見てみると、何と雨はないではないか。どちらが正しいかはこれから分かるが、先にYAHOOの方を見ていれば・・・と、いつもながらのタラ・レバ。
P1000103さて、またまた食べ物の話で恐縮だが、通販で「りんごバター」なるものを購入した。わけありで品薄との文句に惹かれ、また8個セットでお安いのでついつい注文してしまったのだ。今日初めて開けてみたら、甘~い!これはヨーグルトに入れるのに都合が良さそう。それにしても、安いものばかりに目が行くなぁ。
 
ついでに「海ぶどう」も買ってしまった
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年10月 1日 (水)

念願?の看板横に入ってみたが@増沢池 with Oさん

10月になった。秋本番。これから冬に備えての食い溜めで多少活性が上がるのではと、またもノコノコと増沢へ。今日こそ看板横に入るぞ。しかぁ~し、相変わらずの出遅れと、駐車場に着くや否やの不定期便でこりゃぁ入れそうにないか。そぉ~っと橋まで行くと、あっ、空いている!これはラッキーと急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。そうそう、久し振りにOさんの車ハケーン!何処に入っているかとメールしたら、日陰側整地された辺りだとの返事。橋の上から挨拶。それから坂を下る。坂の下に1人先Dscf4529客。挨拶して看板横に入る。湖面は凪いでいる。日差しがまだ少し暑い。傘は必須かもね。さあ準備しよう。竿は13尺で底。餌は夏・冬・マッハのバラケといもグルのセット。いやぁ、釣り座の位置が高い事もあって、ウキが良く見える。これは素晴らしい。それに振り込みもしやすくて、あとは結果を出すだけだ(実はそれが一番難しい)。底を取り、開始は9時46分。先客は結構な頻度で竿を曲げる。これは期待が持てるか。Oさんに様子を訊くと、まだノーアタリだと。日陰は厳しい。ここは果たして・・・。期待を込めて餌打ちすると、開始15分で最初のあたり!でも糸ずれの雰囲気が大でカラ。更に開始30分で掛かってきたのはお約束のブルー。しかも次の餌打ちでも掛かりました!ブルーの連荘、何だかなぁ。その後も時折あたりらしきウキの動きが出るものの、いずれもカラ。そDscf4530れでも10時半を過ぎて、ビックリするような大きなあたり(2目盛くらいグッと入った)で、やったようやくの1匹目!こんな遠くまで(オイオイ)来て凸ではやりきれない。サイズも35cmはある。こうでなくっちゃね。坂の下は相変わらずのペースで竿を曲げている。私もあれくらいのペースにならないかなぁ。しかぁ~し、1匹釣った後はウキの動きが静かになってしまう。場所を変えて良かったのはウキの視認性だけか(それだけでも良いけど)。ウキの返しは出ているが、その後があるのかないのか。視認性が良くてもあたらなければ何にもならない(今日は愚痴ばかり。後半Dscf4531も)。それでも11時を過ぎ、試しに両バラケで打ってみたら、チクッとも言えないような小さなあたり?で2匹目。ちょっとサイズダウンしたが、贅沢は敵。欲しがりません勝つまでは!位置関係から、先客の竿が曲がるのが嫌でも見えて、裏山鹿~。11時35分に餌が尽き、終了。う~ん、これは・・・。結果、底ではDscf4532実釣1時間50分で2匹。本当にウキの視認性向上以外何もなかった。ただし、私のアームの問題もあるので、一概にここがダメだと言えないなぁ。早めの昼食。それからいつも通り「お」の準備をする。竿は11尺、餌はS-ピンクとBBフラッシュに「お」だ。一時風・波が出たが、じきに止んだ。ホント、今日はウキが良く見える。これで結果さえ付いてくれば。ハリス段差は前回の短いまま、「たな」はおおよそ1本で、再開は11時50分。すると、何と言う事でしょう、開始から数投であたり!そして掛かりましたよ、ブルーが(トホホ)。そして12時のサイレンが鳴るまでにもう1匹。♪作った餌が悪いのか それとも 俺が悪いのか 何も知らずに生きていくなら それは容易い事だけどDscf4533昭和ブルースへぼへら師編)♪早くもやる気がグッと下がるが、まだまだこれから。すると、馴染んだウキがモヤッと入り、これに合わせてみたら、やった今度こそ本物だ!しかもこれまたグーなサイズ。堪りまへんなぁ。さあ、どんどん行こう。すると、そこから痺れるような消し込みがポツポツと出始めたではないか。12時半までに2匹を追加し、久し振Dscf4534Dscf4535りのトータルでの第2目標クリア!気持ち良かぁ・・・。しかぁ~し、喜んでいられたのはそこまで。急にあたりに合わなくなり、あたり自体も減ってきた。そして、悲しいかなブルーの3連荘。へらは何処かへ行ってしまったのか。いや、続いての鱗1枚は確かにへらのもの。きっと釣れる。しかぁ~し、しかぁ~し、いよいよカラを除くあたりのほとんどがブルーになってしまい、途中からカウントも面倒くさくなるほど、掛かる掛かる掛かる。先客は1時過ぎに帰ったが、後でOさんに訊いたら、この人だけが竿を曲げていたと言っても過言ではないらしい。そうか、そうだったのか・・・。さて、そろそろ餌が終わる。今日は昼食も食べた事だし、もちろん延長か?いや、これ以上何をやってもブルーの餌食になるのがオチ。とっくに戦意喪失している。それでも1回だけへらが掛かったのだが、水中にその姿を見ただDscf4536けでバラシ。これで完全に終わった。1時40分にバラケが尽きて無念の終了。結果、「お」では実釣1時間50分で3匹。トータルでは実釣3時間40分で5匹(ブルーはその倍以上)。片付け。曇っているので日陰でもウキはそこそこ見える。タラ・レバだが、いつもの場所でドボンでもやっていれば・・・。片付けを終え、駐車場に戻る。いつもより長い距離のうえに精神的なものもあってしんどい。今日は用事でベイシアには寄る。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
さて、次は何処へ行こう。独りでは斧は怖い
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »