« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月30日 (日)

ノスタルジーを探す旅

P100010529、30日と静岡に行ってきた。学生時代(の一時)を過ごした街(我々は田舎での生活がほとんどだったが)に、ほぼ40年ぶりの当時を思い起こす旅だ。
一つ前の記事にも書いたが、当日は朝から雨。予報では3時過ぎまで雨となっており、幹事ではない私がしゃしゃり出て集合時刻を変更。昼頃にというのを3時に静岡駅バスターミナルに集合となった。
しかぁ~し、私が浜松駅に着いた頃には天候が一変。雨は止み晴れ間も出てきた。これはヤバイ。ちょうど一緒の電車に乗ったSK氏にも責められながら静岡に到着。ひやひやしながらバスターミナルでKA氏と合流。それからHS氏、NY氏と幹事のOM氏がやって来た。私は皆さんと顔を合わせているが、中にはほぼ40年ぶりの顔合わせとなって感激の方々もいた。
それからバスに乗って大学方面に向かう。七夕豪雨で陸橋の下が冠水し、下宿のそばの道も川になった当時が蘇ってきた。まさにノスタルジー。バスから降りて、当時それぞDscf4738れが下宿していたところに向かい、その様変わりに驚きながら記念写真を撮る。いつの間にか40年前にタイムスリップしつつも、予想はしていても現実との乖離に驚いた時間だった。昔は風呂とトイレは共同で、しかもトイレは和式のポットン。今は各部屋にトイレと風呂がないと学生が入らないとは、まさに隔世の感だ。
それにしても蒸し暑い。一応それなりの格好で行ったつもりだが、汗が止まらない。顔を拭き拭き、今度は構内へと向かう。土曜の午後とあって学生はほとんどいなかったが、Dscf4749Dscf4751ひんやりした風が吹いてきて心地よい時間となった。
ほぼ1時間半の散策だったが、普段ほとんど動かない私にとってはしんどいの一語。腰にも来た。おまけに帰りのバスではえらい混みようで、立ったままで駅に到着。都合で散策には来られなかったTN氏と合流してホテルにチェックイン。それから宴会場へと向かう。
Dscf4755ここからがお粗末なのだが、店の名前を忘れ、出てきた料理の写真も撮り忘れる始末。かろうじて集合写真だけは店の人に撮ってもらったが、何とここで電池切れ(ガクガクッ)。
ここでも話は各自の今ではなく、当時の与太話がメイン。楽しい時間は早く過ぎ、30日は用事のため泊まれないSK氏を駅まで送り、泥酔状態のNY氏とこちらもお疲れのKA氏をホテルに置いてから、残った4人でカラオケへと向かう。
Dscf4761ここは近くに他のカラオケ店がないためか、価格設定が高め。確かに他の店を探す訳にもいかず、不満たらたらではあるが2時間歌いまくった。
外見では分からなかったが、TN氏も宴会でかなり呑んだようで、最後にはフラフラ。何とか部屋に押し込んで解散。各自部屋でぐっすり眠った(はず)。
30日は8時に朝食の会場に集合。しかぁ~し、NY氏は起きてきたがTN氏は呼べど答えず。ちょっと時間が掛かったが、それでもしばらして登場し、皆をホッとさせた。
バイキング形式なので、いつもより多めに食べてしまったが、皆同じなので私だけが食意地が張っている訳ではないと安心。それにしても良く食べたなぁ。
10時にチェックアウト。私はこの旅のついでにヴィノス・やまざきという店で磯自慢を買うつもりなので、単独行動となるのを覚悟していたが、まだ帰るには早いと3人が付いてきてくれた。
P1000107P1000106HPを見る限りではもっと種類が置いてあると思っていたが、私が見つけたのは2種類だけ。「磯自慢大吟醸」の4合瓶を購入。ついでに隣の姉妹店で今しか食べられないという触れ込みのチーズも購入。いやぁ、旅の良い思い出になったなぁ(お三方には連れ回してスミマセンでした)。
帰る方向が違うKA氏と別れ、浜松組は東海道本線の鈍行で浜松へ。充実した2日間だった。出席された皆さんと旧交を温めることが出来て大満足。幹事のOM氏、お疲れ様でした。
 
十年一昔というが、40年では?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

2014年11月29日 (土)

雨になってしまった

楽しみにしていたイヴェントだが、昨日から何となく怪しいと思っていたが、予報も実際も雨。困ったなぁ。学生時代を過ごしたキャンパスとか付近の様子をぶらり旅する予定だったのに。
メンバーに連絡して、とりあえず集合時刻をずらしてもらったが、雨さえなければ楽しい時間が過ごせたのにと思うと、残念でならない(短時間ですが散策するんですけど、何か)。
まあ、メインは夜の呑み会と言う事で。それに明日は晴れるので、もう一度ぶらり旅をやり直すのも良いかもしれない。あまりネガティヴに捉えず、有意義な時間を過ごす事だけ考えよう。
 
電車の時刻を再確認だ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年11月27日 (木)

深場に入ってみた@増沢池

週末には外出するので、今日は行くべきでしょう。と言う事で、やって来ました増沢。いつもよりちょっとだけ早く着いたら、駐車場は路面が濡れている。予報では晴れだが、まさか雨?それに車が少ない。Oさん、Kさん、それにMさん(masaさん)もいないぞ。荷物を降ろして池に向かうと、橋の上から数えてへら師はたった2人。あれれどうしたのかな?今日は深場に入る予定だが、階段下付近からダム?そばまで選び放題だ。いつもとはルートを変え、階段を下りて少し上(かみ)にいる先客に挨拶。それから旧流れ込み(1級ポイントと呼ばれているが、最近はどうかな)に入る。上空どんよりしていて、湖面Dscf4726は凪いでいるものの寒そうな感じ。これで晴れだと!まあいい、準備しよう。本来なら15尺を出すところだが、まずは試しと13尺。もちろん底から。餌はいつものバラグルセット。底を取り、開始は9時57分。底を2時間に宙を2時間やれば2時頃には終われる筈(結果が出て残業しない前提)。すると、数投でウキがモヤモヤ。ホントか?ブルーのような感じもするので、喜ぶのは釣ってからにしよう。その後もウキは上向きには動いても下向きには入らない。何故だ?底が取れていないのか(オイオイ)。次第に明るくなって来たが、この場所は正面がギラギラになりやすいので、翳っていた方が良かったか。体感温度が急上昇したので、上着を脱ぐ。さて、あまりにもあたらないので、餌を両Dscf4727グルテンに替えて待ってみる。すると、開始30分で返したウキがグシャッという動き!これに反応すると、やった掛かりましたよ!とりあえず深場で凸は逃れられた。さあどんどん行こう。しかぁ~し、続かない。ウキの動きはあるのだが、あたらないのだ。へらに間違いはないのに、どうして・・・。一応底取りをやり直してみるが、合っている。何だろう。しかぁ~し、出来るだけ遠くに餌打ちしているのだが、多少手前に流されるのか根掛かり発生。下鈎をロスト。急いで交換するが、ウキの動きは同じだ。それでも1匹目から1時間!経って、ウキ下を数センチずらしてみたDscf4728ら、返したウキがチクッ!やった2匹目ゲット!いやぁ、長かったなぁ。まだ餌はあるので、これからこれから。しかぁ~し、いつもなら午前中のGTの筈が、ウキの動きがどんどん悪くなる。しかもあたったと思えば再びの根掛かりで今度は両鈎をロスト。ガクガクッ。やはり15尺を出すべきだったか。次回は双子葉(そうしよう)植物。すると、12時を過ぎて3回目の根掛かり。もう少しで癇癪が大爆発しそうだが、堪えに堪えて交換。が、残念その後もあたりなく12時16分に餌が尽きて終了。結果、底では実釣2時間20分で2匹。上手にやれば倍以上と、お約束のタラ・Dscf4729レバ。さあ、次は宙。と、その前に昼食だ。へら師は少しずつ増えてはいるが、10人には満たない。常連さんはどれくらいいるのかな。釣れてるのかな。向いている方向が悪くてへら師の様子がさっぱり。さて、今日は竿は13尺のままで「お」をやってみる。餌はS-ピンク単体ともちろん「お」。仕掛けが長ハリスの両グルテンになっているのを、上ハリスをカットして良しとする。「たな」は1本くらいで12時32分に再開。すると、2投目からウキが動いた!これはDscf4730素晴らしい。その後も何となくへらのようなモヤモヤが続くが、あたらず1時。しかぁ~し、遂にあたった!しかもズバッではなくスッと消し込み。これに反応すれば、やった「お」で釣れました!嬉しかぁ。時合になったのか、その後もウキは動き、1匹目からそんなに経たずに今度はグッと力強いあたりで2匹目。これDscf4731は素晴らしいPART2。トータルでの第2目標にもリーチだ。まだ餌も時間もある。どんどん行こう。しかぁ~し、次第にウキの動きが・・・。そこで「たな」を少し上げてみると、開始1時間を過ぎてウキが斜めにズルッと入った。やった3匹目と合わせるが、横向きに上がってきてガックリ鰓にスレ。ふと見ると、右前から影が忍び寄って来る。何とか終わりまで持って欲しいが、おそらく2時頃には私の釣り座は翳ってしまうだろう。ウキはすぐに元の木阿弥状態になり、予想通り2時を過ぎる頃に太陽が山に隠れた。急いで上着を着る。どうやら水温も一気に下がってジ・エンドか。しかぁ~し、逆にウキに動きが出てきたではないか。まさかのGT?が、あたらず、いよいよ最後の1投。今日は残業はしないぞ。この一投に賭ける。すると、何と言う事でしょう、Dscf4733放置プレイが功を奏したのか、今日一番のズバッ!でやった「上がりべら」ゲットと同時にトータルでの第2目標クリアだ!これは素晴らしいPART3。もう何も言う事はありません。時刻は2時24分。結果、「お」では実釣1時間50分で3匹。トータルでは実釣4時間10分で5匹。他のへら師の様子が分からないのDscf4734で、これがグーなのかどうかは不明だが、私にとっては上出来だ(極甘~っ!)。片付け。湖面は相変わらず凪いでいて、GTが続けば爆釣も可?でもやりません。他のへら師は終わる気配もなく、黙々と餌を打っている。きっと釣れますよ(とっくに釣れてる?)。片付けを終え、先客に挨拶して腰を伸ばし伸ばし階段を上がる。日を浴び続けることが疲れの原因なのか、今日Dscf4735Dscf4736もグッタリして駐車場に戻る。でも何故か充実感。さあ、これからベイシアに行きますよ。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
今度は階段下辺りでやってみよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年11月24日 (月)

セットで釣ればそこそこ@増沢池 with Oさん、masaさん、「杉ちゃん」さん and 岡ジャミザわさん

昨日は特に何もしなかったが、今日も好天のうえ明日が雨らしいので、それでは出掛けましょう。東ノ谷はゴミが沈没するか何処かへ行くまでは行かない。引佐天池はきっと満杯。昨日連絡があった昭和新池はザわさんと一緒に取っておこう。と言う事で、結果はいつもながらの増沢ですが、何か。日向に入るが一応防寒はしていく。駐車場着は10時半頃か。あっ、Oさんの車ハケーン!休日とは珍しい。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、あれっ看板横には誰もいないぞ。橋の下(しも)には万遍なく10人以上のへDscf4714ら師。Oさんは何処かな?それより私の入れそうな場所は?前回凸寸前だったところが空いている。前回は両ダンゴだったから、今日はバラグルセットでやれば大丈夫だろう。よし、そこに入るぞ。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。坂を下り、前回5匹を釣ったDscf4715人が同じ場所にいたので、まずは挨拶。それから釣り座に荷物を降ろすと、Oさんはすぐ右隣にいた。挨拶して状況を訊くと、まだ始めたところだと。それでは私も凸にならないよう準備しよう。Oさんは10尺の底だったが、私は近いところは自信がないので13尺を採用。餌はいつものバラグルセット。あっ、わたグルをいもグルに変えた。湖面は凪いでいるが、何故かゴミが多く、中にはホテイアオイもドンブラコ。それを避けるように底を取り、開始は11時8分。この調子だと底と宙を2時間ずつやっても3時だ。厳しいなぁ。しかぁ~し、欲目かもしれないが、最初からウキがじんわり返しているようだ。ブルーかもしれないが、動かないよりはまし。左隣の先客がウキが動かないとこぼしている。前回とは様子が違うようだ。餌付けを調整してウキの馴染みを見ていると、開始10分を過ぎた頃にあたり!慌てて合わせるがカラ。でも、前回よりはいい感じだ。すると、11時半を過ぎて、返したウキがグッと入り、これDscf4716に合わせるとやった早くも1匹目!これは素晴らしいし、凸からも逃れられてホッ。さあどんどん行こう。が、そんなにうまくいかない。餌打ちのインターバルが早過ぎる気がするが、良く良く考えたらセットでやっているのだから、本来はダンゴよりは待つ釣り。それをバシバシと切っていては、へらも食べ辛いだろう。12時近くなった。すると、返したウキがバッチリのチDscf4717クッ!そんなに良いあたりを期待していなかったので、完全に合わせが遅れたが、やった掛かりました!おおっ、まあまあのサイズではないか。嬉しかぁ。ん、遠くの方から聞き覚えのある声が。「杉ちゃん」さんのような気がする。まさか1人で来ている?この餌を打ち終えたら探してみよう。12時のサイレン。どうだろう、餌打ちのペースが落ちてきたが、果たして2時間以内に打ち切れそうか。ゴミは行ったり来たりを繰り返していたが、風向きが変わったのか何処かへ行って、釣りやすくなった。あとはあたるだけ。それにしても暑い。とっくに上Dscf4718着を脱いでいる。と、またもあたりに合って3匹目!いいぞいいぞ(一で二三さん風に。懐かし~)。何だかウキの動きが良くなってきた感じで、小さく返して小さくあたっている(ように見える)。そんなところへまたもあの人が・・・。そうです、ザわさんです。今日もカインズホームにDscf4719用事があって来たついでに寄ったとの事。しばらく話していたら、12時半頃にあたり!そして4匹目。時間的には12時過ぎでへらも昼休みの筈だが、あたるとは嬉しい。これでまがりなりにも第2目標にリーチとなったぞ。が、その後小さなあたりに手を出しても掛からず。そしてザわさんに電話が。何とmasaさんからだ。「杉ちゃん」さんと並んで竿を出しているらしい。来た時には全く気付かなかったが、何処だろう。ザわさんによると、旧流れ込みが「杉ちゃん」さんで、遊歩道の端がmasaさんのようだ。ザわさんはそちらへ移動していった。さて、まだ小さなあたりはあるものの、これに手を出して良いか分からず躊躇っていたら、次第にウキが動かなくなった。オイオイ、ヤバイんでないの?それに、ウキを見過ぎたせいか餌がまだ残っている。これを1時までに打ち切るのは無理。宙はやらずに終わるのか。それより、餌が終わったらmasaさんと「杉ちゃん」さんに挨拶しようと思っていたが、よし、5匹目が出るか餌を打ち終えるかのどちらかで挨拶に行こう。しかぁ~し、1時を過ぎてもあたらないし、餌も終わりそうにない。これは困った。とりあえず時間短縮とDscf4720言う事で、釣りながら昼食だ(皆さん普通にやってますが、何か)。すると、やや左に打ち込んだウキが返し、そこからチクッ!やった第2目標クリアだ。まだ餌があるが、決めたとおり中断して2人とザわさんの元へ向かう。まずは挨拶。お2人ともセットの宙でやっているようだが、masaさんのみ結果が出ているらしい。詳しくはmasaさんのブログをご参照の事。しDscf4721Dscf4722ばらく話した後に釣り座に戻り、ザわさんも帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さあ、早いとこ残った餌を打ち切って、宙に切り替えよう。自分ではさっさと餌を打ったつもりだったが、打ち終えたのは2時4分。予定より1時間オーバー。中断を除いても実釣2時間40Dscf4723分ほどで5匹。一応第2目標はクリアしたが、これでは普通に宙をやると、終わるのが4時を過ぎてしまう。それは避けたいので、宙はとりあえずアリバイ作り?で1時間くらいで終われるようにしよう。竿は11尺で・・・。あっ、しまった!11尺も12尺も宙の仕掛けはつぶれたままだった。かと言って13尺では、今しまったばかりの竿をもう一度出すのは癪に障る(どういう考え方だ?)ので、ここは9尺!しかも振り出しで。仕掛けが両ダンゴもしくは両グルテンになっているので、ここは両ダンゴで行こう。餌はガッテン・天々を2:2。これだと1時間をやや越える量だが、早く打てば良いだろう(オイオイ)。「たな」は1本くらいで再開は2時14分。しかぁ~し、ウキは馴染んではゆっくり返すの繰り返し。ちょっと餌が開き気味(私も偉そうな事を言うようになった)なので、指先でコロコロして馴染ませると、開始30分ほDscf4724どでウキに動きが。馴染んで返す際にモヤモヤ。これは、とウキを見ていると、数投後にズバッ!やった釣れました!おおっ、サイズも今日一番。35cm以上はある。採寸したいが時間がない。続行だ。しかぁ~し、両ダンゴの難しさよ、次第にウキの動きが悪くなるのはいつも通りの展開。3時を過ぎ、そろそろ皆さん終了のご様子。と、Oさんが立て続けに竿を曲げた。それまでも竿は曲がっていたが、スレが多かったらしい。でも、こちらから見ていると、追い込みはスレではなさそうだ。素晴らしい。私のほうも終わりたいのはマウンテン・マウンテンだが、餌を打ち切らないと終われないのは・・・。太陽が山の陰になり、体感温度はグッと下がっている。その後1回だけ糸ずれのようなあたり?があったが、どうやらそれ以上を望むのは無理。早く餌を打ち切ろう。Oさんを含む常連さんのほとんどと、masaさん「杉ちゃん」さんも終わって帰った。皆さんお疲れ様でした。私もそろそろ終わろうかと思っていたら、何と今頃になってウキがモヤモヤ。でもあたらない。やっぱりセットでやるべきだったと、お約束のタラ・レバ。ようやく3時46分に餌を打ち終え終了。Dscf4725結果、宙では実釣1時間半で1匹。トータルでは実釣4時間10分で6匹。ちょっと甘めだがまあまあではないか。片付け。池には後2人くらいが竿を出している。1回何処かへ行った筈のゴミが舞い戻っており、湖面は凪いでいてもやる気は起きない(どちらにせよやりませんけど)。片付けを終え、駐車場に戻る。たった4時間程度でも最近はやけに腰に来る。途中腰を伸ばしながら駐車場に着き、さっさと荷物を積み、今日は何処へも寄らずに池を後にした。
 
場所なのか、ダンゴよりグルテンよりセットなのか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

釣り禁止に

私も1回だけ行った事がある野口池が釣り禁止になるらしい。
今更遅いと言われる方がおられるかもしれないが、アンテナが低いのはいつもの事。地方新聞に載っていた。釣りだけが問題と言う事ではなさそうな気もするが、地元の要望とあって市長も聞かざるを得ないようだ。
こうして一つ一つ釣り場が消えていく?せめて我々の近くの池だけはそんな事にならないよう、「おらが池」の悪い風評やゴミの不法投棄には気を配ろう。もちろん落ちているゴミは率先して拾うとか。
 
あと10年でヘラブナ釣りも消えてなくなるとか言われるが
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2014年11月23日 (日)

じゃがにぃ通信

バットさんがお休みしている間、代わってじゃがにぃさんからの写真を載せる。
14167379735681416737995462
改修工事が予定されている昭和新池で、私が増沢や東ノ谷では通用しなかった「グル宙」14167380093861416738049930でグッドサイズをゲットしたとのメールをいただいた。写真は一部のようだが、確かに40cmクラス(1匹はオーバー)のへらだ。池はまだ工事というより測量を行っているようで、今年中は釣りは出来そう。1回くらいは行ってみたい気がするが、どうかな?
 
「グル宙」というよりアームの差では?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年11月22日 (土)

地震!

久し振りに揺れたのでちょっとビックリした。
ネットで速報を見たら、震源地は長野。結構大きいので、被害が気になるところだ。
 
これこそツイッターでしょう
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

ゴミに辟易、釣れない and 突然の終了@東ノ谷

今日は好天との予報に、増沢ではなく東ノ谷で両グルテンを試す。出発はちょっと遅れ気味だが、更に途中で腹の具合が(家で充分搾り出している筈なのに)・・・。増沢の様子を見ると言うこじつけで不定期便。池(いつも行くのは古い方)に着いたのは9時半過ぎか。車は3台。まずは空手で池に向かうと、へら師は階段状堰堤右端と更にその奥に1人ずつ。階段状堰堤から左に外れたところにも1人いたので、挨拶して車に戻り、荷物を降ろして先客の右、いわゆる一級ポイント?に入る事にする。湖面は凪いでいるが、Dscf4704少し風がある。さあ準備しよう。竿は11尺で両グルテン、と思ったら、左の先客が両ダンゴで竿を曲げているのを見て両ダンゴに変更するという無節操(これがタラ・レバの元)。両グルテンは後半って事で。餌はガッテン・天々・マッハ。40cmと50cmのハリスと「たな」は前回のままで開始は10時8分。ん、何か変だぞ。ゲゲッ、左からゴミが流れて来るではないか。良く見るとホテイアオイの残骸だ。それが新旧の池を分けているフェンスの辺りに物凄い量溜まっていて、少しずつ風に乗って池に拡がり始めたのだ。先客も「たも」で掬ってはいるが、じきに諦めて片付け(後から池の右奥に移ったようなそうでないような・・・)。私はまだ始めたばかりなので、他の池に移る選択肢もあるが、Dscf4706面倒が先立って続行と決める。しかぁ~し、かなりの量でウキの立つ位置を探すのが大変。しかも動いているので、同じ場所に餌を打つ事が出来ず、早くもウキが動き出したようなのに困った。ただ、その動きも弱くて、今までのようなズバッ!やグッ!とは程遠い。遂にこの池も秋冬モードに突入か。それでも開始50分くらい経って、ズバッという消し込み!今日初めてなので慌てたが、残念バラシ。やっとへらが溜まって来たのかな。でも思うように打てないし、ウキが立たなかったり竿や道糸に残骸が絡まったりとイライラは募る。11時を過ぎて、ウDscf4707キの動きがやや活発化。GTかな?そしてグッと力強くウキが入るのに合わせれば、やった掛かりました!これはバラさないでしょう。サイズはパッとしないが、嬉しかぁ。これで随分気が楽になった。と、堰堤右端にいた先客が声を掛けて来た。ゴミがひどくて釣りにならないとの事。休憩のようで、しばらく私の横で岡ジャミ。これがプレッシャー。それでもフワフワからグッとウキが入るのに合わせれば、やった2匹目ゲットか?残念顎にスレ。調子に乗ってくるとスレとは、私らしい。先客は釣り座に戻り、しばらくして堰堤左端(私の少し右)に移動してきた。さて、スレで私も一旦トイレ休憩。帰ってきて再開すると、ウキはまだ動いていて、第1投からあたり!やったと喜ぶが、残念引きが弱くジャミ。ここで何故か上ハリスを詰めてハリス段差を2cmくDscf4709らい拡げると、ウキの動きが一変。そして11時半を過ぎて再びグッ!でようやくの2匹目。今度こそGTか?残念なかなか続かない。ゴミは左から右に流れるが、時折止まったり逆方向に動いたりと、なかなか正面がスッキリしない。餌も残り少ないし、どうやらこれで終わりかな。ハリスが長いのが良くないかもと思いつつも、次の両グルテンは長ハリスなので、出来れば交換したくない気持ちで何もせず、代わりにウキを浮力の小さいものに交換。するとこれが良かったのかウキの動きが出てくるが、あたりにはならず12時のサイレンを聞く。結局その後も何もなく12時11分Dscf4710に餌が尽きて両ダンゴは終了。結果、両ダンゴでは実釣2時間で2匹。前回からの様変わりには驚きだが、アームが試されているのだろう(私は不合格か)。さあ、いよいよ本日のメインイヴェントである両グルテンの出番だ。と、その前に昼食。竿と仕掛けはそのまま。餌はα21+わたグル。再開は12時17分。すると、最初こそウキが動いたものの、次第に静かになってしまう。集魚効果が弱いからかな。ゴミの量が増えてきたし、仕掛けが軽い事もあって、両ダンゴの時より更に打ち辛くなる。セットで始めた先客も餌打ちには苦労している様子。でも、私が帰るまでに少なくとも4匹は釣った。釣り方が違うので別に羨ましくありませんが、何か。その後もウキは動かない事はないが、モヤモヤで、たまに斜めにズッと入る事があっても掛からず。1回だけ掛かって瞬時にバラシというのがあったが、手応えはジャミではなかった。でも、そう言えば増沢ではブルーが猛攻を仕掛けて来たが、ここではジャミはグルテンに用がないのかな。1時を過ぎ、ちょっと考えた。ハリスを詰めてみよう。何故かは不明。下ハリスをカットして20数cmにする。これで段差も10cm以上。すると、ウキの動きが良くなって、あたりらしき動きも出て来るが、こちらも全く掛からなDscf4711い。そのまま1時55分に餌が尽きて無念の終了。結果、両グルテンでは実釣1時間40分で凸。私には両グルテンは難し過ぎるかも。次回からはセットでやろうかな。さて、どうしよう。後半が完全に失速して気分が優れないので、まだ終了には早い感じもあるし、いつも通り1時間くらい残業しようかな。竿と仕掛けは変えず、餌はS-ブルー2+マッハ1を1時間分。しかぁ~し、水の量を間違えて餌がヤワヤワに。最初はちょっと柔らかいが何故かなくらいで2時8分に再開すると、第1投からあたり!これは行けそうか?なんて頓珍漢だったが、事の次第に気付いてBBフラッシュを1加える。すると、まあまあ纏まりのある餌になったので、OK。ただし、だからと言って釣れる訳ではない。じきにウキはモヤモヤし始めるが、最初の頃と同じくあたりにはならない。手水で柔らかくしていくと、何となくいい感じ(あくまで個人の感想です)。あたりの空振りで仕掛けが絡んでも、根気良く解く辛抱強Dscf4712さは、いつもの私ではない気がする。すると、2時半を過ぎてから今日一番のあたり!でやったトータルでの3匹目。これは餌のタッチもさることながら、GTなのかな(もちろんそちらでしょう)。何となく釣れそうな気がしてきたぞ。しかぁ~し、何故かハリス絡み。これは解けないので交換しよう。すると、何と言う事でしょう、間違えてサルカンの上をカットしてしまった。別に癇癪を起こしていた訳でもなく、何かに焦っていた訳でもないのに、何故だ。仕掛けがパーになったので、その時点で終Dscf4713了。餌が余っているが、これは捨てるしかない。時刻は2時57分。結果、再度の両ダンゴでは実釣50分で1匹。トータルでは実釣4時間半で3匹。この池ではまさにトホホだろう。ガックリして片付け。太陽が正面に来てギラギラがひどく、波も出てきたようなので、終了はまあ良かったのだろう。片付けを終え、先客に挨拶して車に戻る。10数歩で着くので本当に楽だ。それにしても釣れなかったなぁ。ゴミさえなければとタラ・レバが発動しそうになったが、やはりアームでしょうか。車に荷物を積み、トボトボと家路に着いた。
 
西ノ谷はまだいけるのかな?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2014年11月21日 (金)

ミカエースが販売中止に

ずっと楽しみに待っていたミカエースが、それに値する品質のものを揃えられないと言う事で販売中止になった。そう言えば、11月の頭から予約を開始すると言っていたのを、1回延期して16日からとなり、更には予約そのものがなくなって25日から販売開始となっていたのだが、何となく怪しいと思っていた事が不幸にも当たってしまった。
5kgで5000円を超える(通常のものは10kgでもそんなにしない)高級品なので、ブランドイメージを維持するためには仕方なかったのだろう。残念だが仕方ない。
 
普通の早生みかんでも買うとするか
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2014年11月19日 (水)

もう釣れないのは当たり前(でも釣れる人は釣れる)@増沢池 with Oさん and 岡ジャミザわさん

今日は予報によると快晴で風もない。これは行くでしょう。と言う事でゴー!行き先はちょっと迷ったが、月曜の続きをしたいと増沢へ。駐車場着は9時半頃か。しかぁ~し、何故か不定期便。これで時間をロス。ついでに池の様子を覗うと、一応入りたいところは空いているので、車に戻ってさっさと荷物を降ろして池に向かう。坂の下に先客がいたので、まずは挨拶。さて、看板横と遊歩道のどちらに入ろうか。前回ブルーの猛攻をかわしきれなかったので、今日は遊歩道にしよう。前回凸だった場所は外して、一つ奥Dscf4695のところに入る。うん、湖面は凪いでいるし、風もなくてポカポカ陽気。今日はセーターまで着込んで来たのに、良い意味で裏切られた。急いでジャンパーを脱ぐ。さあ準備だ。久しぶりに11尺を出す。もちろん底。餌はトロロの底釣り+夏。ささっと底を取り、開始は10時9分。すると、第1投から馴染んだウキがゆっくり返すではないか。これは素晴らしい。素晴らしいがあたらなければ何にもならない。しかぁ~し、数投後にウキが馴染みながら一旦止まり、馴染んでも餌落ち付近になってあれっと思っていると、そこからチDscf4696クッ!これに合わせると、やった早くも1匹目!これは素晴らしい。サイズもまあまあだし、今日は爆釣か?その後もウキは馴染みながらモヤモヤして、今にもあたりそうな雰囲気。思わず竿を持つ手にも力が入る。しかぁ~し、何故かそのままで、しかも次第にウキの動きが悪くなる。そしてブルーを思わせるようなチクチクッというあたり?糸ずれのような大きな動きも出るが、私が期待するようなあたりは出ない。と、後から来て私から水草一つ離れた左の人(O合さん?)の竿が曲がった!私が凸だった場所で竿が曲がるのか(ガクガクッ)。10時半を過ぎてOさん登場。常連さんがいる整地された辺りに入った。さて、その後もイライラするような状況は変わらず、11時を過ぎて決断。ドボンをやってみよう。オモリ部分が遊動式になっているので、オモリを追加してウキの位置を調整。餌はそのまま。しかぁ~し、ウキに動きなし。それでもしばらく打っていたら、およそドボンにふさわしくないような小さな動きを見せるようになった。一応合わせてみるものの、カラ。そんなに甘くないね。お隣さんは2匹追加したようで、やっぱり場所に関係なく釣る人は釣るんだ(ガックリ)。それでもウキがガチャガチャと上向きに動いたのに合わせれば、やった掛かりましたよ!あっ、外れた・・・。すると、そこからウキの動きがバッタリ。予定通り餌があとわずか。12時には打ち終えそうだ。と、ここでまたまたドボンらしからぬ小さなチクッ!もう合わせるしかないDscf4697でしょう。すると、やった掛かりましたよ!今までの小さなチクッもブルーではなくへらだったのか。どんどん合わせれば良かったと、いつもながらのタラ・レバですが何か。とりあえず両目が開いたので、やれやれと思っていると、何だか黒ずくめの熊?がのっしのっしとやって来たではないか。そうですザわさんです。今日は車を違うところに停めたのに、良くぞ気付いてくれました。コーヒーごっつぁんでDscf4698す。しばらくして12時のサイレン。そして餌が終わり12時12分に底は終了。ザわさんには釣るところを見せられなかった。結果、底では実釣2時間強で2匹。いやぁ、厳しかったなぁ。さて、次は宙だが、このところ懲りもせず続けている両グルテンでやる。竿はそのままで、仕掛けとウキを交換。餌はα21+わたグル。ザわさんからも止せと言われたが、釣れても釣れなくてもやりたい。ハリスは40cmと50cmくらいで、まずは「たな」1本くらいで始めてみる。が、ウキが動かず。それでは前回看板横でやったように、底から少しずつ「たな」を上げてみよう。適当に底取りして再開すると、第1投からウキに動きが。でも、看板横で経験済みでした。次から次へと掛かるブルー。両ダンゴの時には1回も掛からなかったのに、一体何処にいたのかと思うくらい出てきた。ザわさんも呆れて1時過ぎに帰った。岡ジャミお疲れ様でした。それからしばらくブルーの相手をしたが、どうにもならず少しずつ「たな」を上げる。ダメだ。しばらくすると完全なる餌打ちマシン化した私がいた。やはりセットでやれば・・・。いや、まだ両グルでやるぞ。もう一度気持ちを高めて餌打ち。2時を過ぎる。餌が残り少ない。どうにもならないなぁ。と、そろそろ餌が終わる頃になって、ウキがモヤモヤし始めた。いよいよGTか?ただ、あたらないし、元よりへらとは限らないので、Dscf4699半信半疑で打ち続けたが、あたらず2時26分に終了。そろそろダム?付近から翳ってきた。どうしよう、終わろうかな。それとも少しだけ残業するかな。よし、今度は両ダンゴで1時間くらいやってみよう。GTの恩恵に与れるかもしれない。餌はS-ブルー2にBBフラッシュ1で、1時間程度で打ち切る量を作る。何故この餌かと言うと、使いかけだから(これが省資源釣法。って、オイオイ!)。そして再開すると、最初こそウキがモヤモヤしていたが、次第に動かなくなる。餌のタッチを変えてみるが、難しい。「たな」を少し上げてみると、それでもウキが小さくモヤモヤ。そして宙にして初めてあたった!今度こそGTか?3時を過ぎ、常連さんがそろそろ帰り支度。私も帰りたいのはマウンテン・マウンテンだが、餌を打ち切らないと帰れまテン。遂に私のところも翳った。急に体感温度が下がり、寒くなったので、脱いでいDscf4700たジャンパーを羽織る。そして空合わせをしたら、何と「掛かってます」!これにはビックリだが、何と言われようと1匹は1匹。やったぁ。私の左も終わったようだ。聞こえてきたのは5匹。1匹マブナもあった(ヘラブナ釣りではノーカウント)らしいが、私が凸だった場所で釣る人がいる。場所でなくアームなのかと思い知らされた。その後、寒くて早く餌を打ち切ろうとしたため、あたりは出た記憶はない。そDscf4701れからしばらくして私も終了。時刻は3時32分。結果、宙ではトータルで実釣3時間で1匹かぁ。底と併せても実釣5時間で3匹。セットでなく両ダンゴと両グルテンで通したとは言っても、まさにトホホ。片付け中に常連さんが私の背後を帰って行った。Oさんに訊いたら、今日は厳しくて1匹だと。やはり場所なのかなぁ。片付けを終え、トボトボと駐車場に戻る。最早釣れないのは当たり前となった。水もかなり冷たくなっているし、2桁なんて夢のまた夢。橋を渡ったとDscf4702Dscf4703ころで、ちょっとした紅葉をハケーン。季節感を出すため写真。さあ帰ろう。今日はベイシアに寄る予定もない。さっさと車に荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
天気だけは素晴らしかった
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (6)

2014年11月17日 (月)

中途半端で行かない方が良かったか@増沢池

竹さんの3連荘に刺激されて、ちょっと寒そうだが出掛けて来ました増沢。駐車場着は9時半過ぎ。一応いつもよりは厚着をしてきたが、やはりと言うか予定通りと言うか不定期便。ついでに池の様子を見に行くと、あれっ、へら師の数が少ないぞ。予報通り湖面は穏やかなので、急いで車に戻り、荷物を降ろしてゴー!橋を渡りながら考えた。看板横と橋の下(しも)、どちらにしようか。迷いに迷って決めたのが看板横。準備が楽そうだDscf4691から(オイオイ)。坂を下り、さあ準備だ。竿は13尺で底から。餌はトロロの底釣り+冬。ちょっと柔らかくなってしまった。次いで底取りをしようとしていたら、後ろから声が。あっ、masaさんだ。久し振りですね。と思ったら、急な用事が出来て帰った。あれれと思いながら底取りを続けると、ゲゲッいきなりブルーが掛かって来たぞ。早くもやる気がトーンダウン。それでも底が取れ、開始は10時25分。これを12時のサイレンを目安に打ち切ろう。どうもウキの馴染みがスッキリしないが、餌が溶けちゃうのかな。それとも底がいい加減?しばらくモタモタしていると、ウキに返しが出て来た。が、喜ぶ事は出来ない。既に餌なしでもブルーが来たのだから。ウキは弱くではあるが動き、お約束のブルーを2匹釣って猫にやり、11時を過ぎる。それにしても涼しさを通り越して寒ささえ感じる。一旦太陽が顔を出してぬくぬくした感じになったが、すぐに雲。気温が上がらず、この程度の厚着ではダメだ。次回からは真冬の格好で(それもどうかと思うよ)。さて、ブルーを釣り切ったのかウキの動きがなくなったが、開始1時間が経とうとする頃になって、モヤッと小さく返したウキがこれまた小さくチクッ!あまり気力なく反応するが、あっ、手応えが違う!やったか?「たも」の準備が出来ていなかったので、慌てて伸ばして持つ。しかぁ~し、顔を拝んだかと思ったら外れた。ガクガクッ。スレなのか掛かりが浅いのか。まあどちらでも一緒だけどね。その後、何となくへらがいるような気配を感じる(個人の感想です)が、あたりにならない。時折糸ずれのような大きな動きや上向きのあたり?があっても下向きのこれぞと言う動きはなく、12時のサイレン。バラシの後、それまでとは打って変わってウキを見る時間が長くなったので、まだ餌が残っている。でもDscf4692もう少し。すると、サイレンが鳴り終えるや否やあたり!これしかないとビシッと合わせれば、やった今度こそ掛かりました!これは逃がさないぞ。「たも」に収めるとサイズがちょっとガッカリだが、1匹は1匹。これで凸から逃れられてホッ。が、その後じきに餌が尽き、12時11分に終了。結果、底では実釣1時間45Dscf4693分強で1匹。橋の下(しも)で水草の脇に入れば釣れるというmasaさんのブログの通りにすれば良かったと、今更ながらのタラ・レバ。でも、場所は移りません。次は宙。と、その前に昼食。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21とわたグルを半々で、今日は間違いなく2時間程度で使い切る量を作る。開始しようとしているところへ、おそらくT林さんだろうへら師(顔の覚えが悪いので・・・)が釣れるかと声をかけてきた。1匹出たと答えると、セットが良いようだと教えてくれたが、今まで底をやっていたと言うと、「底なら・・・」と言って坂を上がって行った。聞き漏らした言葉はおそらく「底なら釣れるぜ」だったような気が。それでも私は釣れないんです。さて、宙とは言っても、まずはさっきの両ダンゴではなく両グルテンの底でやってみて、そこから少しずつ「たな」を上げて行く算段。気温は一向に上がらず、朝方より寒くなった感じだ。時刻は12時30分。すると、すぐにウキが動き出した。が、どうも怪しい。あまり期待せずにそれらしい動きに合わせて行くと、やっぱりブルーでした。猫が我先にと寄ってくるので、どんどんあげる。俺はブルーを釣りに来たんじゃないぞと言っても、説得力のない独り言。と、1時近くなって雨粒。予報では雨はなかった筈だが、どうしようか。まだ始めたばかりでグルテンが山のようにある(もちろん個人の感想Dscf4694ですよ)。でも、寒いし釣れないから終わろうかな。グルテンを景気良く池にばら撒いて終了だ。時刻は1時6分。結果は言うまでもありません。片付け。他のへら師は帰る様子はない。皆さん毎日来ているので、この雨がどの程度なのか分かっているのかもしれないなぁ。でも私は帰る。片付けを終え、車に戻る。急ぐと息が上がるので、雨との兼ね合いでそろそろと橋を渡る。橋からだと湖面に雨粒が満遍なく落ちているのが見える。省資源釣法としては勿体なかったが、これで良かったのだと自分に言い聞かせて駐車場へ。やれやれ、だ。中途半端な釣りだった上に結果も良くない。今日は来なくても良かったのではと、思っても仕方ないタラ・レバ(好きだなぁ)。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
そろそろ冬の釣りか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年11月15日 (土)

スミマセン m(_ _)m

今日は昨日のプチ大掃除の疲れもあって、一日中コタツでゴロゴロ。そろそろ寝ようかと部屋に戻ってふと携帯を見たら、何と竹さんからメールが来ているではないか。慌てて開いたら、朝早くに増沢に行くとの内容だった。もう日付が変わる頃。急いで申し訳なかったと返信したが、普段も家ではそんなに携帯を触る事がない(外出している時は別)ので、たまにこういう事が起きてしまう。
今日の事はmasaさんのブログに載っていたので、そちらをご覧ください。昨日は鳳来にも行っていたので、寒くなって復活したのか?いずれにせよ良い事だ。次回は宜しくお願いします。
 
本当に申し訳ないの一語
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年11月14日 (金)

寒い!

今朝は冷え込みでなかなか起きられなかった。急に寒くなったので、我が家もそろそろコタツを出すとするか。釣りにも行きたかったが、コタツの誘惑に負けた。
 
快晴なんだけどなぁ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2014年11月12日 (水)

無理してまで行く事はなかった@増沢池

予報が雨から曇りに変わっていたので、明日は通院だし今日しかないと、張り切ってゴー!駐車場着は9時半前か。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、残念看板横には先客。あとはダム?そばと旧流れ込みかぁ。まあ、整地された辺りも含めて入れない事はない。急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。橋を渡り坂を下り、先客に挨拶して遊歩道へ。そうだ、この前に入ったところへ入ろう。きっと釣れる。しかぁ~し、何故かもっと橋の近くにセッティングしてから、ここは違うと気付いたが、移るのも面倒だと言う事でそのままにする。それがガッカリの結果をもたらすとは、その時には気付かなかっDscf4683たが・・・。さて、今日は先日西ノ谷でバットさんがやっていた両グルテンの宙を、釣れても釣れなくてもやる。その前にいつも通り底はやりますが、何か。竿は12尺、餌はトロロの底釣り+夏。本当はもう一つ右隣の場所でやりたかったが、仕方ない。予報より風が弱くて、底も簡単に取れ、開始は9時55分。ただ、釣りをすると咳が出るのは何故だろう。今日もずっと咳き込んでしまい、へら師の方々には申し訳ありませんでした。どうも体調が芳しくないのは、気温の上下が激しいからかな。無理してまで来なくても良かったとは思うが、やはり竿を出したい。さて、しばらくするとウキが返すようになる。そして上向きにグッとウキが動くが、下向きには入らない。何故だ?放置した方が良いのか、どんどん餌を打った方が良いのか。10時を過ぎて、いつも通り常連さんが下手(しもて・「へた」ではありません)の方の整地された辺りにどんどん入ってきた。私のほうはいつまで経ってもあたりが出ず、当然の事ながらウキ下の上下やら底取りのやり直しもしてみるが、そういう問題ではないようだ。とにかくあたらない。ダンゴでなくバラグルセットが正解だったか。でも、今日はこれで通すぞ。開始1時間が経ち、それまでに2回あたりがあった。が、1回はカラ、もう1回は合わせた瞬間にハリス切れ。スレだね、きっと。その後もウキは弱く返すだけで、遠くで常連さんが竿を曲げるのが見えると辛くなる。1時間半くらい経過して餌も残り少なくなって来たが、ここでドボンを選択。オモリを追加し、ウキ下を調整。すると、数投後にチクッというあたり?更にズルッというあたりにズバッとDscf4684いうあたりも出て、底の時とは雲泥の差。しかぁ~し、いずれもカラ。クーッ。結局11時41分に餌が尽きて底は終了。結果は言うまでもありません。さあ、次が今日やりたかった事。と、その前に早めの昼食。竿はそのままで、トロ掛けの仕掛けになっていたハリスを30cmと40cmに交換だ。ついでにウキもね。餌はわたグルとα21を半々で。しかぁ~し、何故かいつもの倍作ってしまった。出来てから気付いたがどうにもならない。これはいつも通りの餌打ちでは2時間では終わらないので、かなり大きめでしかもラフ付けで早い回転で打たないと。そして「たな」は約1本での再開は11時56分。ちょうど風向きが変わったのか、右からゴミが流れてくる。これがちょうどウキが立つ辺りに留まってグーッ!じきに12時のサイレン。でも、何かウキに動きがあるようだぞ。大きめの餌付けが良いのかな。すると、それからじきに、ウキがズバッ!慌てて合わせるがすぐに手応えがなくなった。ハリス切れ?ゲゲッ、道糸がオモリの上から切れている。仕掛けがオジャンだ。何故こんなところで切れるのか?でも現実を受け入れよう。同じ竿で現場施工もあるが、竿を変えた方が楽だと13尺を出す。こちらは「お」の仕掛けになってるのを30cmと40cmに変Dscf4685更。ついでにウキも。そしてほぼ同じ「たな」で再開すると、じきにグッと力強くウキが入り、これに合わせると、やった掛かりましたよ!これこれ、これを待ってたんです。サイズはちょっと小さめの気がするが、ドンマイドンマイ。やっと凸を免れた。う、嬉しかぁ。さあどんどん行こう。が、ウキは馴染みながらそれらしい動きを見せるものの、なかなかあたらない。「たな」を上下。1時を過ぎ、グッとウキが入るのに合わせたら、ビーンと糸鳴り!しかも凄い引きだ。何となくスレの予感だが、とにかく上がって来ない。立ち上がってようやく「たも」に収めたら、腹にスレていた。やっぱりね。さっさと外して続行。が、その後もウキの動きは芳しくない。グルテンは最初に大きめのラフ付け、更に早いテンポでの餌打ちの甲斐があって、だいぶ減った。知らず知らずのうちに小さめに餌付けしている。これはマズイ、マズイが餌が残り少ないので止むを得ないか。1時半頃に1人やって来て、私が入りたかったところに入った。釣れると良いDscf4687ですね。さて、その後ブルーが掛かった以外何もなく、2時近くなっていよいよラス前だ。すると、今更ながらではあるがズバッ!で嬉や2匹目だ。更にオーラスでもあたったが、残念カラで終了。時刻は1時55分。きっとGTに違いない。本当はここで終わりなのだが、気温が上がらず風も多少あって体調が芳しくなくDscf4688なったものの、せっかくウキが動いているからと続行を決断。ただし、グルテンではなくダンゴに変更。ガッテン・天々・マッハを同量1時間で打ち切る量を作る。そして再開。しかぁ~し、グルテンと違って持ちが良くないので、「たな」を浅くしないとダメだ。ウキは動く事は動くが、なかなかあたらない。やっぱりやらずに帰った方が正解だったのでは?と後悔先に立たず。でも餌がある間は決して止めませんよ。それが省資源釣法。例え具合が悪くても(本当は辛い)。グルテンの時のようなズバッを期待するものの、そんな動きはない。GTは勘違いだったDscf4689のか。それでも2時半を過ぎて、グッとウキが入るのに合わせたら、やった掛かりました!それまでも似たようなウキの動きはあったかもしれないが、手が出なかったので、これは嬉しかぁ。でも、それだけ。それからじきに餌が尽きて今度こそ終了。時刻は2時49分。ほぼ1時間で1匹。グルテンと併せると実釣Dscf46903時間で3匹。底とは併せても仕方ないが、実釣4時間50分くらいで3匹。さあ帰ろう。片付け。見ると、常連さんも一部の方が終了した様子。湖面は一時波立ったものの、再び穏やかになっている。片付けを終え、隣に挨拶して坂を上り、看板横にも挨拶。体全体がだるい。胸も咳のせいでしんどい。早く帰ろう。でもベイシアには寄らなくては。車に荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
明日は喉(風邪)の薬も処方してもらわないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6)

2014年11月11日 (火)

天気が悪い

今日は雨。予報では12時付近だったが、今朝から降っている。土曜の西ノ谷以来、日曜は雨で大会も見に行く気にならず、昨日は用事でNG。そして明日も天気が悪そうとの予報では、エヴリデイ・アングラーはなかなか竿を出せない。こういう時には道具の手入れでもするか。
 
その前に前倒しの大掃除?
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年11月 8日 (土)

賑やかな事は良き事かな@西ノ谷 with バットさん、じゃがにぃさん、キアヌさん and 「どM」さん?

Dscf4661今日は西ノ谷に行きたい。明日は大会があるので、バットさんが試釣に行っている筈。常連さんが多い釣り場にはなかなか1人では行きにくいので、今日はチャンスだ。メールしてみたら、西ノ谷にいるとの返事。それっとばかりに家を出る。しかぁ~し、途中で腹の具合が。増沢で不定期便。ついでに車を見ると、常連さんが来ているようだ。OさんKさんはいない。さあ、急がないと。駐車Dscf4662スペースには多くの車。でも、バットさんはお立ち台にいる。まずは様子を見に行くと、お立ち台の真ん中にバットさん、その左にはキアヌさん、右にはじゃがにぃさんだ。まずは下まで行って挨拶。じゃがにぃさんの隣が空いているので、車に戻って荷物を降ろし、よろよろとお立ち台へ。他にも対面、それにここからは見えないが、道路沿いとか新東名の橋の下辺りにへら師が入っていDscf4663る様子。皆さん明日の試釣?私は無関係ですよ。荷物を置いて、さあ準備しよう。皆さん竿が曲がっているようだが、じゃがにぃさんは12尺の底で準備中。私も同じ長さでは差がはっきりして辛いので、13尺を出させてもらう。もちろん底。餌はこのところ採用のバラグルセット。相変わらずのいい加減な底取りで、開始は10時35分。すると、すぐにDscf4664Dscf4665Dscf4666Dscf4667ウキが動き出す。ただ、あまり忙しないと私の好む釣りでなくなるのが厳しい。じゃがにぃさんもすぐに合わせるようになった。私も最初は割と分かりやすいあたりでポツポツと釣れていたが、次第に慌しい釣りになる。とりあえず10時台には4匹。11時を過ぎてすぐに1匹ゲットして、早くも第Dscf46682目標クリア。サイズは小さいが、良く引くのでまあまあと言ったところか。もちろん私とじゃがにぃさん以外のへら師も競うように竿を曲げている。明日は皆さん上位入賞は確実か。私もこの調子なら第3目標も楽々クリアかとほくそえんでいたが、次第にウキの動きが悪くなる。それにしても、皆さん話好きだ。いつも一人でポツンと釣っている私には刺激が強いが、これもまた釣りの醍醐味。たまにはいいだろう。ウキの動きは忙しなく、どれがあたりなのか判別がDscf4669Dscf4670Dscf4671Dscf4672Dscf4673難しい。とりあえずこれと思うものに合わせて行くが、なかなか合わない。それでもポツポツとあたりを拾え、11時台にはもう5匹を追加。やった第3目標も無事クリア出来たゾ。ただ、開始早々の頃に比べればかなりのペースダウン。楽々ではなかった。12時のサイレンを聞き、そろそろ餌が残り少なくなってきた。ラストスパートと行きたいところだが、白波が出始めてウキの視認性が悪化。その結果かどうDscf4675かは分からないが、スレたりと思うように行かない。何とかもう1匹追加するが、残念それまで。12時22分に餌が尽きて終了。結果、底では実釣1時間45分強で11匹。上出来と言えるかどうか。じゃがにぃさんは次に7尺で底をやるらしいが、私は通用するかどうか不明だが両ダンゴの宙をDscf4676やろう。東ノ谷ではそこそこ釣れたが、その再現となるか。その前に昼食。それから竿は振り出し9尺に変更。餌はガッテン・天々・マッハ。仕掛けは特にいじらず、「たな」をやや深め(と言ってもかなり浅いけどね)にしての再開は12時37分。すると、何と言う事でしょう、2投目から消し込みの連荘で2匹をゲット!これは素晴らしい。目にもとまらぬ消し込みは気持ち良かぁ。しDscf4677Dscf4678かぁ~し、次の餌打ちから状況が一変。いつものモヤモヤになってしまった。これが私には分からない。分からないのでそのまましばらく打っていたが、簡単に出来る「たな」を深めに。すると、グッというあたりでやったかと思いきや、バラシ。ハリスが長過ぎるのではと5cmほど詰めてみる。すると、余計にウキが動かない。オイオイ、大丈夫か?「たな」を上下、餌に手水と自分に出来る事はやってみるが、Dscf4679Dscf4680効なく1時を過ぎる。完全に餌打ちマシンとなってしまったが、1時半を過ぎてようやく3匹目。2時前に4匹目と、相変わらずパッとしないまま。一体最初の連荘は何だったのかと言いたくなる(言ってますけど)。じゃがにぃさんは底で結果を出して、今度は私と同じ浅ダナに。そしてすぐに合わせる。ガクガクッ。2時を過Dscf4681ぎて、何とかもう1匹追加。よれよれで第2目標クリア。両ダンゴ、甘くないね。その後も特にあたりなく、2時25分に餌が尽きて宙も終了。結果、宙では実釣1時間45分強で5匹。底と併せたトータルでは実釣約3時間40分で16匹。増沢ならバッチグーだが、ここでは好結果と言えるかどうか。残業も頭に浮かんだものの、予報がこれから雨なので、終わる事に。皆さんDscf4682はまだ続行の様子。今日は楽しい時間をありがとうございました。明日は備え万全で頑張ってください。片付けを終え、皆さんに挨拶して駐車スペースに戻る。そうそう、桟橋の端にいたのが「どM」さんだったようだ(バットさん、もし違っていたらご一報願います)。さあ帰ろう。ベイシアではなくカインズで買い物がある。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
結局雨はなかった。クソッ!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6)

2014年11月 6日 (木)

場所が変われば元の木阿弥@増沢池

今日は東ノ谷・引佐天池と悩んだ末の増沢。とにかく風が弱いという予報に急かされて家を出る。駐車場着は9時頃か。あれっ、誰もいないぞ。この陽気でそんなバナナ。でも、何処でも入り放題だ。前回と同じ場所で釣るも良し、看板横でも良し。まあ、前回と同じ場所で貸切なら爆釣は当たり前。それなら看板横でポツポツ釣ってみるとするか。Dscf4650荷物を降ろし橋を渡って坂を下り看板横へ。うわぁ、暑い。早速1枚脱ぐ。さあ準備しよう。竿は13尺の底から。餌はトロロの底釣り+夏。底を取り、開始は9時28分。すると、何と言う事でしょう、第1投からあたり!残念掛からないが、その後も5投目までに3回あたり!まだ掛けていないので正体は不明だが、へらなら嬉しい。すると、開始15分Dscf4651経たないうちにズルッというあたりで1匹目。サイズもなかなか。この調子なら前回同様の結果が得られるかもね。しかぁ~し、あれほど動いていたウキがやがてシーン。少しは返すようだが、あたらず。10時を過ぎる頃から私の背後を通ってポツポツへら師がやって来た。貸切で始めた時には、昨日ヤバイ事でもあったのかと心配したが、皆さんどうも午後に賭けているようだ。さて、あまりにウキが動かないので、開始40分くらいで底の確認。すると、鈎に付けるオモリを探している間にチクッ!残念手が出ず。更に、ちょっと緊張が緩んだのか余所見。すると、またまたバッチリのあたりを見過ごし、ガクガクッ。やはり仕掛けを通して殺Dscf4652気が鈎まで伝わっているのだろうか。それでも開始1時間経った頃に、フワッと返したウキがチクッ!これに合わせればやった掛かりましたよ!サイズもまあまあで、ようやく気持ちが落ち着いてきたゾ。が、やはりウキの動きは良くならない。風はそんなにないが、流れも出てきた。へらは底付近にいるのは間違いないが、なかなか食わないので、ちょっと無理して合わせたら、お約束のブルーがスレてきた。ウキ下の微調も甲斐なく、どうやら底はこれで終わりか。Dscf4653と思っていたら、何故かあたり!そして掛かりました。嬉しいが、何故急にあたるのかスッキリしない。でも、何も考えなくてもあたりが出て釣れるより、少しは工夫して結果を出した方が楽しいだろう。もちろん今日の私がそうであるとは言ってませんが、何か。やっと午前中のGTが近づいて来たかと思ったら、餌がもうない。ガクガクッ。やや小さめの餌付けになってしまったが、いDscf4654ずれにせよあたらないのは同じ。そのまま11時11分に餌が尽きて底は終了。結果、底では実釣1時間45分弱で3匹。いつもどおりだなぁ。いったん休憩して早めの昼食。それから竿を12尺に変え、トロ掛けの準備。餌はS-ブルー3とマッハ2のバラケにトロロ。前回と同じ釣り方で、場所が変わるとどう違うか。「たな」はやや深めで再開は11時29分。すると、何と言う事でしょうPART2、2投目でウキが馴染みながらグッと入り、更に馴染み切ってからチクッ!まさかこんな早くにウキが動くとは思っていなかったので、手が出ず。底も宙もへらはいるぞ~っ。しかぁ~し、数投でウキの動きが落ち着いてしまう。モヤモヤはあるがあたらない。そこからしばらく餌打ちだけを漫然と繰り返し、12時のサイレンを聞く。さて、いつもながらの餌打ちマシンと化してしまったが、30分くらいしてから考えた(もっと早く!)。下ハリスを伸ばしてみよう。その前にハリスをカットするので、どうせなら短くしてみてもいいだろう。試してみるが、残念あたらず。それで、ハリス交換してグッと段差を広げる。すると、ウキの動きが良くなったが、やはりあたらない。また、糸ずれのような動きはカラ。へらはバラケの近くにいるのは間違いない。それなのに前回の残業と同じく食わない(かすりもしない)のだ。おっと、前回はバラシがありましたけど、何かPART2。そこで、足りない頭で更に考えた。下ハリスにもバラケを付けて、両ダンゴもどきでやってみたらどうだろう。すると、何と言う事でしょうPART3、再開第1投からグッとウキが入ったではないか。残念バラしたが、今日宙で初めて手応えを感じたぞ。すると、次の餌打ちでまたもウキがグッ!そして掛かりましたよ。あっ、バラシた。でも、ひょっとしてダンゴの方が良いかも。しかぁ~し、しばらくすると元の木阿弥。でもトロ掛けよりウキが動くぞ。よし、このままトロロを捨てて残ったバラケで両ダンゴもどきで打ち終えよう。でも、Dscf4655ちょっと勿体無いので、少しだけトロ掛けでやろう。すると、何と言う・・・。1時を過ぎて馴染んだウキがグッと入り、これに合わせればやったようやく掛かりました!今度はバラシはないぞ。やれやれ、ようやくトロ掛けで1匹。しかぁ~し、別にGTになった訳でもなく、その後は再びモヤモヤで1時21分にバラケを打ち切ってトロ掛けは終了。結果、トロ掛けでは実釣1時間50分強Dscf4656で1匹。まさにトホホ。何かやり方があって、それをすれば釣れるのか。それともトロ掛け自体がダメなのか(多分アームの問題)。今日はまだ時間に余裕がある。それでは残業というより定時の延長と言う事で、気になっている両ダンゴでやるぞ~。竿は振り出し9尺に変更。餌はガッテン・天々。「たな」とハリス長は東ノ谷と同じで再開は1時半。すると、こちらも開始してじきにウキがモヤモヤ。そして小さく入るが掛からない。13尺や12尺に比べてかなり岸に近いが、ウキが動くとは素晴らしい。でもまだ何かは不明。その後もウキはモヤモヤ。やはり食わないのか。でも、このまま終わるのも癪だし、東ノ谷バージョンでハリスが短め(20cmと30cm)になっているので、これを30cmと40cmに伸ばしてみよう。その分「たな」を上げる。最早下ハリスと錘からウキまでの距離がほぼ同じになってしまった。すると、ウキの動きが急変。やはりハリス長は大事だなぁ。そして2時を過ぎた頃に、Dscf4657グッとウキが入るのに合わせたら、やった掛かりましたよ!う、嬉しかぁ。これは両ダンゴが良いのか、岸辺付近が良いのか、それとも「たな」なのか。更に、ウキがズルズルと入るのに合わせれば、ゲゲッ、ブルーだ。背後の猫がささっと寄ってきたので、あげる。まだGTには早いような感Dscf4658じだが、一応トータルでの第2目標はクリアした。2時半近くに、今度は馴染み切ったウキがチクッ!これに合わせてやった2匹目ゲットだ!トロ掛けの頃が嘘のよう。2時半を過ぎ、そろそろ餌がなくなる。まだウキは動いているが、第2目標もクリアした事だし、充分かな。前回の場所に入っていれば、もっと違う展開になったかもしれないが、これはこれでいろいろ試せて良かっDscf4659た。なんて余韻?に浸っていると、立ったウキがいきなりズバッ!慌てて合わせると、やった食ってます。う、嬉しかぁ。もう1匹出るなんて。でも、おそらくこれで打ち止めだろう。いわゆる「上がりべら」って奴ですか?その後もウキはモヤモヤしたが、予定通りあたらず2時56分に終了だ。結果、両ダンゴでは実釣1時間半弱で3匹。トータルでは実釣5時間10分で7匹。難しDscf4660いと思っていた両ダンゴで3匹は嬉しい。トロ掛けはどうだったか。何かをすれば釣れたかも、とタラ・レバはもういいでしょう。奥の方のへら師の様子は分からないが、上出来では(甘~っ!)。片付け。腰が痛いのは慢性か。片付けを終え、駐車場に戻る。途中、橋の上から整地された辺りを見たら、へら師は8人いた。皆さんこれからのGTに期待なんだろう。駐車場に戻り、荷物を積む。疲れたが、今日はベイシアに寄らなければ。さっさと池を後にした。
 
場所は大事。次回はまたあそこに入ってみよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年11月 4日 (火)

残業手当も出ないブラック企業か@増沢池 with Oさん and 午前中の岡ジャミザわさん

今日は予報によると風もない快晴。ちょっと気温が低そうなので、少しだけ厚着をしてゴー!駐車場着は9時過ぎか。この陽気では入りたい看板横は無理だろうなぁ。うっ、腹の具合が・・・。いつもながらではあるが不定期便。ついでに池の様子を見に行くと、やはり看板横には先客。第2候補の旧流れ込みにも先客。どうしよう、階段下辺りに入ろうかな。車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。坂を下りる途中で、私の前を歩いていたへら師に挨拶して様子を訊くと、10匹前後は釣れるらしい。ここが良いと言われて橋Dscf4633の下(しも)に入る事にする。初めて入るので不安だが、果たして?整地されているので釣り台の設置は楽。湖面は予報どおり凪いでいるし、思ったより暑くて、早速薄着に。さて、竿は13尺で底から。餌はいつものバラグルセットだが、食わせにα21を追加。準備中に何処かで聞いた声が近づいてきた。あっ、Oさんではないか。最近は出が遅くなったのかな。常連さんが入る整地された辺りに向かった。底取りの頃からウキに嫌な動きがあったので、こりゃぁブルーばかりをゲットする事になるのかと不安に。更に、底取りの時点で早くもハリス絡み。何故かは分からないが、解けずカットして結び直しての開始は9時57分。すると、数投でウキに返しが。そしてあたりらしき動きが出るが、掛からない。やっぱりブルーなのか。そうこうしていると、橋の上に熊が出没?冬眠の前の荒食いか?ザわさんでした。用事でカインズホームに来たついでに寄ったようだ。缶コーDscf4634ヒーまで頂いて、ゴッツアンです。と、ザわさんが見ている前であたり!そして合いました!これは素晴らしい。今まで看板横でもこんなに早く釣れる事はなかった。一週間のご無沙汰で状況が変わっているのか?常連さんがポツポツやって来て、途中には10人を超えた。さて、あたりがDscf4635Dscf4636思ったより大きいのにもビックリだが、その後もバッチリのあたりが見えて、10時半までにもう2匹を追加。ブルーなんて疑って済みませんでした。ザわさんからは、へらバッグを衝動買いしたとか、パラソルもついでに買いたいとかDscf4637Dscf4638景気の良い話が出るが、ウキの方もまだ動き、11時までにもう2匹を追加。早くも第2目標クリアだ。この調子なら第3目標まで行くかな?しかぁ~し、いつもながらの事ではあるが、次第にウキの動きが悪くなる。本来なら午前中のGTなのに、何故だ?ザわさんもそろそろカインズへと言いかけた11時半頃になって、やっDscf4639Dscf4640と食い上げで6匹目。すると、次の餌打ちでもあたり!連荘で7匹目だ。それを見届けてザわさんは帰った。ほぼ1時間半の岡ジャミお疲れ様でした。さあ、まだ餌はある。何とかもう3匹釣って第3目標クリアと行きたいところだが、ウDscf4641キの動きは良くならない。あの連荘は何だったのか?かろうじて12時のサイレンが鳴る前にもう1匹追加したが、Oさんが言っていたように午前中が勝負なのかな。ウキの動きは良くならない。しかも、餌が残り少なくなって、やや小さめに餌付けしたらウキの動きが出てきたが、これがカラ。ガDscf4642クガクッ。とにかく合わせ続けてもう1匹ゲットし、形の上では第3目標にリーチとなったが、残念どうにもならず12時47分に餌が尽きて無念の終了だ。結果、底では実釣2時間50分!で9匹。途中からの失速が残念の極み。竿と仕掛けはそのままで、Oさんのところへ様子を訊きに行くと、底が悪くてウキが返さない。掛かってもスレかブルーだと。私の入っている場所はこちらDscf4643Dscf4644側で一番釣れるところだと言われ、2桁に満たなかったのはダメな証なのかとガックリして釣り座に戻る。まずは昼食を摂り、さあ次は宙。本来なら竿は11尺で行きたいところだが、昨日穂先を直したばかりなので、ちょっとやり辛い。それで12尺にする。仕掛けを見たら両ダンゴに見えたので、それもまた良しと伸ばしてみたら、ビックリトロ掛けだった。それで、餌はS-ブルーとマッハのバラケにトロロを久し振りにやってみる。ちょっと段差があるような気がしたが、そのままで再開は1時11分。すると、何と言う事でしょう、数投でウキがモヤモヤ。これは素晴らしい。爆釣の予感だ。しかぁ~し、なかなかあたらない。どうもハリス段差が気になるので、遂に交換して1cmくらい詰めてみた。するDscf4645と、あたりが出始めるが、掛からない。今度こそブルーかな?しかぁ~し、開始30分くらいで、グッとウキが入るのに合わせたら、これはブルーの手応えではない!やった掛かりましたよ。おおっ、サイズも底よりグーではないか。トータルでの第3目標をクリアしたぞ。さあ、どんどん行こう。が、「たも」の中でハリス切れ。せっかくグーな段差だったのにと急いで交換するが、さっきよりちょっと短くなったか。大丈夫かな?すると、しばらくして凄い消し込みでハリス切れ。結局交換する羽目に。ウキの動きを見ながら「たな」を上下するが、何処でもウキが動く。こんな事はこの時期滅多にない。これで釣れないと、周りに何を言われるかと心Dscf4646配するほどだが、残念な事にあたらない。2時を過ぎてやっと2匹目をゲットするが、続かない。Oさんは午後になって竿が曲がるのが見えるようになった。私の方はさっぱりのまま3時を過ぎる。私の出来そうな事はいろいろやってみたが、どうやらこれで終わりか。と、消し込みではDscf4647ないが、ウキがグッと入り、これに合わせるとやった掛かりました!もうグッタリだ。それからじきにバラケが尽きて終了。時刻は3時12分。結果、トロ掛けでは実釣2時間で3匹。何か工夫があればもっと釣れた筈と、今更ながらのタラ・レバ。見ると、階段下辺りまで翳っている。どうしようかDscf4648なぁ。ウキが動いているし、トロロも残っているし、消化不良なので、ここは1時間くらい残業するかな。バラケはS-ピンクとマッハを2:1で。ちょっと柔らかくなってしまったが、ウキは馴染むのでOK。影はどんどん迫ってきて、じきに私の釣り座も翳ってしまった。すると、体感温度が一気に低下。急いで着込む。さて、肝心の釣りの方だが、あたりは出たが、バラシのオンパレード。しかも、掛かってすぐに外れれば良いものを、散々暴れてからなので腕が疲れる。Oさん達は3時半過ぎに終了。帰りがけに寄ってくれて、8匹釣れたから充分と言って帰った。Dscf4649お疲れ様でした。私もそろそろ餌が終わるので、寒いし早く終わりたい。でも1匹は釣りたい。しかぁ~し、最初に書いたとおりバラシで終了。時刻は4時21分。予定通りほぼ1時間の残業だが、この池はブラック企業なのか残業手当は出なかった。ガックリして片付け。トロ掛けでは実釣3時間で3匹(トホホ)。トータルでは実釣5時間50分(ほぼ6時間だよ!)で12匹。数としては久し振りの2桁だが、宙はウキが動いても厳しかった。片付けを終え、駐車場に戻る。腰が痛い。さあ帰ろう。今日は何処にも寄りたくない。さっさと荷物を積み込み、さっさと池を後にした。
 
場所を選べば増沢でも釣れる?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年11月 3日 (月)

とりあえず解決

今朝、早速家人を送るついでにハード・オフに向かう。ちょっと開店より早かったので、ついでにイシグロで11尺の穂先を買う。今までは使えない21尺の穂先で代用していたのだが、ひょっとして直せれば必要になるので、まさについでに、だ。
10時半頃にハードオフに着く。店に入るとジャンク品が目に付いた。あれっ、これしかないのかな。4:3の液晶ディスプレイなんてもう中古にも出ないのか。いや、奥の方になにやら見えるぞ。あっ、これはアナログテレビだ。この液晶をディスプレイに使うという手もあるが、やはり専用が欲しい。
となると、ジャンク品しかないのか。前回買った時も、中古品は1つしかなかったという記憶が。これはさすがに保証はない。買うべきか止めるべきか。
そうだ、念のため近くをぐるっと廻ってみよう。すると、ゲゲッありましたよ沢山。選び放題だ。焦ってジャンク品を買わなくて良かったぁ。もちろんいかれたディスプレイは引き取ってもらった。
と言う事で、今こうしてブログを再開出来た次第。やれやれ、だ。
 
今度は多分パソコンが壊れる。そうしたらいよいよ買い替え
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年11月 2日 (日)

遂にイカれた

液晶ディスプレイが壊れて、ハードオフで購入した中古ディスプレイ。このところ調子が悪くなって、電源を入れてからしばらくしないと画面が表示されなくなっていたが、今日遂に表示されなくなってしまった。
これはマズイ、マズイですよ。前回既に画面が4:3のものは買ったものしかなかったので、どうやらアウトの可能性大。
これはもう1台のPCで書いているが、これもずっと専用で使うわけにも行かず、早急に新規購入も含めた検討が必要だ。
誰か不要なディスプレイのある方、または不要なノートPCがある方、宜しく譲渡のご検討お願いします。
 
とりあえず明日ハードオフに行ってみる
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年11月 1日 (土)

3連休は雨か

予報どおり朝から雨が降っている。静岡で開かれている大道芸ワールドカップも雨にたたられていて大変なようだ。
私のようなエヴリデイ・ホリデイの人(しかも体調不良で蟄居)には関係ないが、普通に3連休を楽しもうとしている方には残念だろう。釣りにも行けないしね。
 
ハリスでも巻くかな
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »