« スミマセン m(_ _)m | トップページ | もう釣れないのは当たり前(でも釣れる人は釣れる)@増沢池 with Oさん and 岡ジャミザわさん »

2014年11月17日 (月)

中途半端で行かない方が良かったか@増沢池

竹さんの3連荘に刺激されて、ちょっと寒そうだが出掛けて来ました増沢。駐車場着は9時半過ぎ。一応いつもよりは厚着をしてきたが、やはりと言うか予定通りと言うか不定期便。ついでに池の様子を見に行くと、あれっ、へら師の数が少ないぞ。予報通り湖面は穏やかなので、急いで車に戻り、荷物を降ろしてゴー!橋を渡りながら考えた。看板横と橋の下(しも)、どちらにしようか。迷いに迷って決めたのが看板横。準備が楽そうだDscf4691から(オイオイ)。坂を下り、さあ準備だ。竿は13尺で底から。餌はトロロの底釣り+冬。ちょっと柔らかくなってしまった。次いで底取りをしようとしていたら、後ろから声が。あっ、masaさんだ。久し振りですね。と思ったら、急な用事が出来て帰った。あれれと思いながら底取りを続けると、ゲゲッいきなりブルーが掛かって来たぞ。早くもやる気がトーンダウン。それでも底が取れ、開始は10時25分。これを12時のサイレンを目安に打ち切ろう。どうもウキの馴染みがスッキリしないが、餌が溶けちゃうのかな。それとも底がいい加減?しばらくモタモタしていると、ウキに返しが出て来た。が、喜ぶ事は出来ない。既に餌なしでもブルーが来たのだから。ウキは弱くではあるが動き、お約束のブルーを2匹釣って猫にやり、11時を過ぎる。それにしても涼しさを通り越して寒ささえ感じる。一旦太陽が顔を出してぬくぬくした感じになったが、すぐに雲。気温が上がらず、この程度の厚着ではダメだ。次回からは真冬の格好で(それもどうかと思うよ)。さて、ブルーを釣り切ったのかウキの動きがなくなったが、開始1時間が経とうとする頃になって、モヤッと小さく返したウキがこれまた小さくチクッ!あまり気力なく反応するが、あっ、手応えが違う!やったか?「たも」の準備が出来ていなかったので、慌てて伸ばして持つ。しかぁ~し、顔を拝んだかと思ったら外れた。ガクガクッ。スレなのか掛かりが浅いのか。まあどちらでも一緒だけどね。その後、何となくへらがいるような気配を感じる(個人の感想です)が、あたりにならない。時折糸ずれのような大きな動きや上向きのあたり?があっても下向きのこれぞと言う動きはなく、12時のサイレン。バラシの後、それまでとは打って変わってウキを見る時間が長くなったので、まだ餌が残っている。でもDscf4692もう少し。すると、サイレンが鳴り終えるや否やあたり!これしかないとビシッと合わせれば、やった今度こそ掛かりました!これは逃がさないぞ。「たも」に収めるとサイズがちょっとガッカリだが、1匹は1匹。これで凸から逃れられてホッ。が、その後じきに餌が尽き、12時11分に終了。結果、底では実釣1時間45Dscf4693分強で1匹。橋の下(しも)で水草の脇に入れば釣れるというmasaさんのブログの通りにすれば良かったと、今更ながらのタラ・レバ。でも、場所は移りません。次は宙。と、その前に昼食。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21とわたグルを半々で、今日は間違いなく2時間程度で使い切る量を作る。開始しようとしているところへ、おそらくT林さんだろうへら師(顔の覚えが悪いので・・・)が釣れるかと声をかけてきた。1匹出たと答えると、セットが良いようだと教えてくれたが、今まで底をやっていたと言うと、「底なら・・・」と言って坂を上がって行った。聞き漏らした言葉はおそらく「底なら釣れるぜ」だったような気が。それでも私は釣れないんです。さて、宙とは言っても、まずはさっきの両ダンゴではなく両グルテンの底でやってみて、そこから少しずつ「たな」を上げて行く算段。気温は一向に上がらず、朝方より寒くなった感じだ。時刻は12時30分。すると、すぐにウキが動き出した。が、どうも怪しい。あまり期待せずにそれらしい動きに合わせて行くと、やっぱりブルーでした。猫が我先にと寄ってくるので、どんどんあげる。俺はブルーを釣りに来たんじゃないぞと言っても、説得力のない独り言。と、1時近くなって雨粒。予報では雨はなかった筈だが、どうしようか。まだ始めたばかりでグルテンが山のようにある(もちろん個人の感想Dscf4694ですよ)。でも、寒いし釣れないから終わろうかな。グルテンを景気良く池にばら撒いて終了だ。時刻は1時6分。結果は言うまでもありません。片付け。他のへら師は帰る様子はない。皆さん毎日来ているので、この雨がどの程度なのか分かっているのかもしれないなぁ。でも私は帰る。片付けを終え、車に戻る。急ぐと息が上がるので、雨との兼ね合いでそろそろと橋を渡る。橋からだと湖面に雨粒が満遍なく落ちているのが見える。省資源釣法としては勿体なかったが、これで良かったのだと自分に言い聞かせて駐車場へ。やれやれ、だ。中途半端な釣りだった上に結果も良くない。今日は来なくても良かったのではと、思っても仕方ないタラ・レバ(好きだなぁ)。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
そろそろ冬の釣りか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« スミマセン m(_ _)m | トップページ | もう釣れないのは当たり前(でも釣れる人は釣れる)@増沢池 with Oさん and 岡ジャミザわさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スミマセン m(_ _)m | トップページ | もう釣れないのは当たり前(でも釣れる人は釣れる)@増沢池 with Oさん and 岡ジャミザわさん »