« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月31日 (水)

3連続凸を免れて気持ち良く新年を迎えられる@増沢池 with バットさん、masaさん and 昼まで岡ジャミザわさん

いよいよ今年も今日で最後。凸のままで新年を迎えるなど以ての外と、出掛けたいのはマウンテン・マウンテンなのだが、凸の恐怖が先立つ。そこで、誰か一緒ならとバットさんに聞いてみると、何と増沢に向かうと言うではないか。これならたとえ凸でも寂しさは軽減されるだろう(そうかな?)。ザわさんからも何処でやっているかと訊かれたので、これから増沢に向かうところと返事。おそらくmasaさんも来るだろうから、久し振りにオールスターキャストで竿が出せるぞ。いそいそと駐車場着は10時頃?あれれ知った車はない。とにかく荷物を降ろして池に向かうと、へら師は10人はいない感じ。階段下から遊歩道端まで空いているのが不気味だ(前回凸!)。最初は看板横が泣いて帰るには楽(オイオイ)とも思ったが、皆で並んで竿は出せないので、渋々階段下より深場に入Dscf4846る。先客に挨拶しながら遊歩道端から4つ左の釣り座に入って、さあ準備しよう。予報通り風・波で、おまけにギラギラターイム!それでも18尺で底から行く。餌はこのところご無沙汰だったバラグルセットだ。夏・冬・マッハのバラケにいもグル・わたグルの食わせ。準備中にザわさん登場。あれっ、道具を持っていないぞ。どうやら竿出しは新年を迎えてからのようだ。しばらくしてバットさんも登場。私の右?に入った。さて、ギラギラで底が取り難いが、前回のトンボを参考にササッと済ませ、開始は10時47分。やはりウキが見えない。しばらくはダメだ。それでも餌だけは打ち続ける。ウキが左に流されるが、何となく返しているようにも見える。少しだけ期待が膨らむが、餌が落ちただけとザわさん。そうかなぁ。11時頃にmasaさん登場。遊歩道端に入った。ギラギラは30分ほどで右にずれたが、まだ白波でウキの視認性は悪いまま。バットさんが21尺を出した。masaさんはセットか。詳しくはバットさんとmasaさんののブログをご参照ください。さて、次第に風・波も穏やかになってきてウキの返しが見えるようになると、何となく釣れそうな気がしてきたが、もちろん個人の感想です。餌の消費が少なく、予定の2時間では使いきれないが、今日は捨てずに使い切るつもり。11時半を過ぎた。皆さん軽口は出てもウキは動かない様子。と、返したウキがピョコンと入ったではないか!慌てて合Dscf4848わせれば、やった掛かりました!随分久し振りの感触だ(ブルーは除く)。おおっ、手応えは充分。しかぁ~し、バットさんからマー君ではないかとの声。そ、そんなぁ・・・。でも、「たも」に収めれば、これはへらでしょう。バット鑑定員も納得。グーなサイズなので採寸すれば、41cm。凸の連鎖も切れ、これで気持ち良く新年を迎えられるぞ。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、そんなに甘くありません。そのまま12時のサイレン。ザわさんはそれを機に帰った。お疲れ様Dscf4849Dscf4850でした。来年も宜しくお願いします。さて、その後は全くウキに動きなく、湖面は凪いでいても餌を打つだけの時間が過ぎるが、それでも餌はまだ残っていて、使い切るのは1時を過ぎるだろう。なぁ~んて思っていたら、1時になっても使い切らない。これはヤバイ、ヤバイですよ。でも、何となくへらがいるような気がしてならないんだが。と、空合わせで何かが掛かってしまった!凄い引きだったが、ハリス切れ。まあ、おそらくスレているので惜しくはない。急いで交換。すると、しばらくして今度は返したウキがムズッ。これに反応すると、やった掛かりました!2匹目ゲットだ。しかぁ~し、顔を拝んだところでバラシ(ガクガクッ)。すると、その後はウキの動きがなくなり、それではと遅めの昼食を食べなDscf4851がら餌打ちするものの、甲斐なく2時11分にグルテンが尽きて終了。結果、セットの底では実釣3時間半!で1匹。ただ、この1匹の持つ意味は大きい。さあ、次はどうしようか。バットさんがやっているように両グルの宙でもやってみるかな。いや、その前にもう一度底をやりたい。両グルでやれば、途中から宙にも変えやすいだろう。既に2時を過ぎているので、新べらグルテンを少し少なめに作り、再開。すると、何となくではあるがウキが返しているようにも見えてきたぞ。ただ、あたりにはならない。堪えに堪えていると、開始30分ほどで餌が底に着くDscf4852かどうかぐらいでモヤッ。これに反応すれば、やった掛かりました!ようやくの2匹目。しかぁ~し、その後がない。待ちに待って1回だけ抜群のあたりを見たが、残念カラ。更には今更のブルーもお目見えして、どうやら今日(今年)はこれでお終いかも。あまり詳しくは書けないが、GTになったような雰囲気が出て来て、3時を過ぎ、少しだけ底を切ってみる。変わらないね。次第に「たな」が浅くなってしまったが、結局何も起こらず3時半過ぎにグルテンが尽きる。今日は2匹で充分。以上!と思ったら、バットさんから餌をあげるのでもう少しやってみたらと提案され、ひょっとしたらGTのご相伴に預かれるかとスケベ心がムクムク。ありがたく頂き、「たな」もバットさんとほぼ同じにして再会すると、何と1投目からチクッ!これに合わせると、やったごっDscf4853Dscf4854つあんです!しかぁ~し、皆さんには言いそびれたがアッパーでした(トホホ)。でも、「たな」なのか餌なのか、それともGTなのかは不明だが、再びあたりを見られて嬉しかぁ・・・。更に次の餌打ちで今度はズバッ!これは嬉しい、嬉しいぞ。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。調子が出かかると起こるトラブル、しかもハリス交換が思うように出来ず、モタモタしDscf4855ている間に時合が遠のいてしまった。あ~あ、これが私の人生そのものか。その後も餌を打ち続けるが、残念ウキに動きなく4時8分に終了だ。でも、もらった餌で釣れてゴメンなさい。竿は上げずにそのままで終わりの写真を撮る。時間帯もあってすっかり翳ってしまったが、風がないのでそんなに寒くない。そして竿を上げると、ゲゲッ、掛かってます!終わりの写真を撮ってDscf4856から「上がりべら」、しかも「掛かってます」が出るとは、私の釣り人生でも初めての怪挙(かな?)。時刻は4時12分。バットさんからもらった餌で予想外の展開となり、3回掛かって2匹をゲットとは、バットさんありがとうございます。すんばらしい~ッ!トータルでは6時間近く竿を出していた事になるが、終わり良ければ全て良し。片付け。へら師はほとんど帰り、竿を出しているのはバットさん、masaさんとダム?そばの3人になってしまった。片付けを終え、お二人に挨拶して駐車場に戻る。来年も宜しくお願いします。大掃除の疲れもあってグッタリしているが、気持ちは晴れやか。さあ帰ろう。余韻を噛み締めながら池を後にした。
 
来年も宜しく寝!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年12月30日 (火)

やっと一息ついた

今日は朝から大忙し。大掃除で出た多量のゴミを捨て、墓参りに行った帰りに正月の買い物(と言っても、ほとんどは先に買ってある)。昼食を済ませれば、今度は大掃除で残っているところをシコシコとやり、ようやく一段落だ。疲れた・・・。
さて、明日はいよいよ大晦日。今年も終わる。まあ、それはさておき、天気も良さそうだ。ここは今年最後の竿出しで有終の美を飾るとするかな。ん?返り討ちで泣きながら帰る姿が見えるって?デジャヴですかね。
 
いよいよ来年は還暦だ。よくぞここまで生きてきた
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年12月28日 (日)

連続しての撃沈にはショック@増沢池 with ジョニーさん? and 大門係長?

やっと好都合の日がやって来た。そうです、快晴で風もない、へらではなく私にとってですが、何か。いそいそと出掛けました増沢。しかぁ~し、9時半過ぎに駐車場に着いてビックリ!何と満車ではないか。何処にも停められる場所がない。まさか好天に誘われて池はへら師ラッシュなのか?仕方なく外に出て、ダム?そばに駐車して池の様子を覗うと、あれれへら師の数が少ないぞ。1人やって来て、同じように池を見ているので、駐車スペースがない事を教えてあげたら、その人はおそらく西ノ谷方面へと向かって行った。私もその時他の池をあたれば良かったのだが、もう一度駐車場に戻って、誰か車を動かさないかと思っていたら、やった1人が出て行った。急いで停め、まずはバットさんに状況を報告。それから荷物を降ろして池に向かう。思えばこれが不幸の始まりとは、その時には思いもよらなかった。相変わらず浅場と日陰側は不評のようで、へら師のほとんどは階段下から深場に入っている。ここでもう一つの不幸が・・・。たまたま遊歩道端のところが空いているではないか。前回浅場で撃沈したので、今日こそは深場Dscf4842でへらをゲットだ。階段を下り、先客に挨拶して釣り座に入る。さあ準備しよう。その時には気付かなかった(と言うより、顔を覚えられない私)が、旧流れ込みに入っていたのは多分ジョニーさん?湖面はべた凪ぎで日当たりが良いので、私にとっては絶好のコンディションだ。竿は15尺で底から入る事にする。餌は新べらグルテン底。少しだけスイミーを作る。底は簡単に取れ、開始は10時41分。すると、何とすぐにウキがモヤモヤし始めたではないか。これは意外と高活性?しかぁ~し、開始10分ほど経った頃にその正体が明らかになった。そうです、♪森と泉に囲まれて・・・♪ブルーでした(古くて分からない?)。更にしばらくしてもう1匹。果たしてこのままで良いのか。私以外は皆さん長い竿を出している(左隣は宙)。それでもそのうちブルーがへらに変わるのではと思い、続行。が、次のあたり?ではブルーがスレてきた。ガクガクッ。開始1時間が経った頃、私のダメさ加減に呆れたジョニーさんから竿を長くした方が良いとアドバイスされ、それではと18尺に変更だ。しかぁ~し、わずか3尺伸びただけではあるが、竿が重い。肘がやられそうだ。それでも何とか底を取り、再開するとすぐに12時のサイレン。ウキは動かない。ブルーはいなくなったようだが、へらは?私の左隣の左の人が、段底で時折竿を曲げている。バランスではダメなのか?後から来た常連さんは橋の上(かみ)看板横付近に入ったようで、後から聞いたら底はダメだが宙でポツポツ新べらをゲットしたらしい。Dscf4843今日も場所を外してしまったか。ジョニーさん?は底から宙へと変え、大門係長?と思われる人(相変わらず顔が分かりましぇん)がジョニーさん?の奥に入っている。波がないのでギラギラタイムもなく、ウキの視認性はバッチリなのだが、何故かウキが動かない。やはり段底なのか?しかぁ~し、大門係長?さんはバランスの底でグッドサイズをゲットしている。釣り方よりアームの問題(分かってはいるけど)だ。さて、グルテンが残り少なくなって来たので、次はどうしようか考えた。よし、上ハリスをカットして段底まがいでやってみよう。残りのグルテンが尽きたら、「玉」を食わせにセットの宙にでもしてみるか。バラケはS-ピンクを2とS-ブルーを1。何故この餌なのかは皆さんご承知の事でしょう(釣る気があるのか?)。そして再Dscf4844開。遅い昼食を食べながら餌打ちすると、数回ウキがモヤッと動いたような気がしたが、グルテンが尽きたので「玉」を出す。そして底から少しずつ「たな」を浅くして行くが、ウキに動きなし。いつもなら釣れなくてイライラするのだが、今日は何故か泰然としている私。もっと焦っていろいろ試してみないと釣れないのに、何だろう。それより目の前を行ったり来たりしている水鳥へのイライラの方が大きい(オイオイ)。太陽が山に隠れ、体感温度が下がったが、風がないのでそれほどでもない。ん、ウキが突っかかった気がする。いよいよGTになったか?いや、気の迷いかもしれない。そんな状態が続き、3時を過ぎた。そろそろGTになっても良いのではと、まだ現状が呑み込めない私だが、よくよく見たら私から見えるへら師は皆さん竿が曲がっている(見えないところのへら師もね!)。つまり私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳なのだ。クーッ、痺れるぅ~(コラコラ)。へら師もポツポツ帰り始めた。どうやら私の凸も間違いないところ。後は餌を打ち切るだけ。そして何も起こらないまま3時35Dscf4845分に終了。結果は言うまでもありません。ショボーンとして片付け。バットさんにも悲しい現実をメールで報告。長い竿で疲れた。写真がほとんど同じですが、使いまわしではありません。片付けを終え、周りに挨拶して駐車場に戻る。足取りの重い事!何とか今年中にもう1回竿を出して凸を解消して新年を迎えたいが、果たして?さあ、ベイシアに寄って帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
P.S.バットさんからご指摘をいただきましたが、本文を直すのは手間(オイオイ)なので、ここで ジョニーさん? → キアヌさん とt訂正させていただきます。キアヌさん、名前?を間違えてゴメンなさい 。m(_ _)m
 
バットさんの結果はブログ(ここ)を見ましょう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年12月27日 (土)

今日もまた

今日こそと思っていても竿は出さず。かと言って家で大掃除かと思えばゴロゴロ。これではいけないと、夜になってようやく掃除の真似事を始めたが、すぐに疲れて休憩だ。

パソコンの調子がどんどん悪くなっている。ネット以外ではそこそこ使えるものの、ブラウザを立ち上げると止まったままでなかなか復帰しない事もしばしば。何となくメモリーの容量が足りないからではと勘付いてはいるものの、今更追加しても仕方ないだろう。新たに購入するしかない。しかぁ~し、肝心の先立つものが・・・。更に、この円安でとうとうパソコンも値上げされるそうだ。アベノミクスよ、何とかしてくれ!

何故かナッツ姫とやらの話題が続くが、もういいでしょうと言う感じ。他にニュースはないのか。そう言えば、アンジェリーナ何とかという女優が監督をした、日本を貶める映画がアメリカで上映され始めたようだ。生きたまま人肉を食らうとか、全く日本人を馬鹿にしているとしか思えない。
 
何だかなぁ・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年12月25日 (木)

何かモヤモヤしたものが

かなりの久し振り感がある年賀状の期限内投函。毎年大晦日付近まで書くのを引っ張っていたのに、一体何を思ったのか昨夜3時頃までかかって仕上げた。
それにしても、訃報が多くなっているのは仕方がない事とはいえ、やはり寂しいものだ。今晩も法事が出来たので、天気は良くても釣行は諦めた。
以前、午前中で釣りを切り上げた人が、これから法事だと言っているのを聞いた事があるが、私にそこまでのメンタルの強さはない。
投函後、今は家でこれを書いているのだが、何かモヤモヤした気分になっていて、それを払拭出来ないでいる。何だろう。
 
書いていても、一体何を言いたいのか自分でも分からない
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年12月23日 (火)

久し振りに竿を出せば散々の出来@増沢池 with 珍しい岡ジャミOさん

行く行くと言ってばかりの狼少年になってはならないと、寒いけど出掛けました増沢。10時前に駐車場に到着。10日以上間が空いての増沢は、遠くから湖面が波立っているのが見えて、早くも憂鬱になるが、それでも来たのだからと荷物を降ろして池に向かう。日陰側深場に1人。日向側は看板横には誰もおらず、橋の下(しも)O合さんのいつもの場所には先客。それから整地された辺りにもポツポツ。3人組も階段下付近から深場に並んでいて、そこからダム?方面にも3人。空いている場所はあるが、ここは人気Dscf4837(ひとけ)が少ない浅場のいつもの場所にでも入るとするか。あっ、私の右隣がO合さんだった。浅場の両方からウキが動かないとの声が聞こえてきて、これは入る場所を間違えたのではと不安になるが、今更場所の変更は出来ません(思い切って変わるべきだったとは、後になっての話)。さあ準備しよう。ちょうど良い具合に湖面が凪いで来た。竿は15尺で底から入る。餌はいもグル単体。一応スイミーを少々作っておく。底も取れ、開始は10時半ジャスト。ああっ、波が出て来てしまった。でも意外にウキが見えるぞ。それに、早速返しも出ている。これは釣れるかも。なんて調子の良い考えが出たのも最初だけ。確かに時折1目盛くらいフワッと返す事があっても、その後がない。焦れる。整地された辺りから奥の方では竿が曲がる事があるようで、入る場所の選択が大事と思い知らされる。でも、ウキが返していれば必ずあたりが出る筈と、セットと両グルを適当に打ち分けていくが、開始1時間経っても同じ。おまけに風が強くてウキが立つ位置がバラバラになって、余計にウキが動かなくなってしまう。私の左右からは相変わらずウキが動かないとの声。どうやら浅場の私を含む3人だけが寂しい思いをしているようだ。まさにトホホ。でも、いつかあたるのではとの微かな期待だけで餌を打ち続けるが、虚しく12時のサイレンを聞く事になる。ここまでノーあたり。さて、ギラギラが左から迫って来るので、ウキの視認性が気になって仕方ない。それで、餌も大分減ってきたが、竿を13尺に変更だ。底が思うように取れないが、何とかこれで良しとして12時半過ぎに再開。すると、背後から声が。あっ、ご無沙汰のOさんではないか。今月はまだ一度も竿を出していないとの事。それにしても岡ジャミとは珍しいですね。Oさんは整地された辺りの常連さんの方へ向かった。さて、ウキは太いトップのものに変えたので、これで視認性はOKかと思ったら、迫ってくるギラギラの方が予想外に強くて、しかも白波と重なってアウト!でも、目を凝らすとウキが返す時があるような気がする。今はもうとにかくブルーでも何でもいいからあたりが欲しい。右から1回だけあたったとの声が。う、裏山鹿~。1時頃に3人組が終了。8匹釣ったとかの声が聞こえてきて、今更ながらタラ・レバを言いたくなる。ギラギラに首を振り振り頑張ったが、疲れた。1時半頃に餌が尽きDscf4838て底は終了。あたりを見る事はなかった。結果は言うまでもありません。さあ、気持ちを切り替えて次は宙だ。竿も仕掛けもウキもそのまま。餌はα21とわたグルを半々に、ちょっとだけS-ブルー+BBフラッシュのバラケを作る。そして「たな」1本での再開は1時48分。このままだと終了は4時近くになってしまいそう。GTが来てくれればそれでも良いが、今日の様子では無理か。2時頃に左側が終了。結果は聞くまでもありません。どうやら浅場の選択は完全に間違っていたようだ。両バラケを打ち続けるが、へらが廻って来た様子はなく、次第にやる気が失せてくる。GTもどうだろう。右が終了し、整地された辺りで話し込んでいる。こちらも結果は左の先客と同じようだ。あっ、薄雲が太陽に掛かってウキの視認性が完全にアウト。まだギラギラも居座っているし、餌を打ち切る気持ちも弱まってきた。3時を過ぎ、常連さんも片付け開始か。旧流れ込み付近はまだ続行にみえる。ギラギラはやや右にずれたが、薄雲で湖面が暗くなって体感温度も下がると同時に、こちら向きの白波も池全体に広がって収まる気配もない。それでもウキに少しでも動きが見えればやる気も続くのだが、首を振り振り頑張っても残念動きが見えない。省資源釣法を謳っている手前、餌を捨てて終わる事だけは避けたいと思っていたが、もうダメだ。3時12分、開Dscf4841始から1時間半で終了とした。こちらもノーあたりだったと思う。結果は言うまでもありませんPART2。ガックリして片付け。足場が粘土質で何度となく滑って池に入りそうになった。ブルブル、事故だけは御免蒙る。片付けを終え、駐車場に戻る。今日はアリバイ作り(ただの言い訳)でやって来たが、そんなに甘くはありませんね増沢。さあ、今日はベイシアではなく東海釣り具に寄って帰ろう。そろそろと池を後にした。
 
自分の都合ではなく、へらの都合に合わせないとね
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年12月22日 (月)

coneri に行ってみた and 増沢の様子

前から気になっていたのだが、なかなか行けなかった coneri に、先週の Sma STATION!! で紹介された事もあって、竿出しの代わりに行ってみた。
環状線からエディオンの交差点を左折して道なりに進む。知らなかったが、途中染地台という住宅団地があって、結構開けていてビックリ。
染地台5丁目の信号の先右側にハケーン!しかぁ~し、右折では入らせてくれず(入り口に監視員)、その先の道を入ってUターンしようと思い、都合よく工場?があったので切り返そうとしたら、途中にUターン禁止の文字を見つけたが、時既に遅し。ゴメン。きっと私みたいな車が何台もUターンしたのだろう。今度は入れた。なかなか大きな建物だ。スマステの影響なのか、平日にも拘らず車が多い。写真は携帯で撮ったが、ちょっとぼやけた。
P1000109P1000110中も広く、子供の遊び場とか、外にも公園のようなものがある。
P1000111P1000112何処で coneri を売っているのかキョロキョロ。あったあった。試食をさせてもらったが、P1000113美味しいけど値段が高い。まあ、こんな立派な建物を建てた分も乗っているのだろう。うなぎパイと並ぶ春華堂の看板商品となれば良いが(既になっている?)。
高いと思いながらも、せっかく来たのだからと購入。 coneri はスティック状のパイとディップの組み合わせなのだが、個別に選ぶシステム(セットもある)。1個ずつでも計1300円(税別)からとなかなかのもの。
P1000114帰りに増沢に寄ろうかと思ったが、一体今どの辺りにいるのか皆目検討がつかないので、ナビで調べたら、そうか満州道路(テクノロード)の東側の山を削った辺りなのか。白昭の交差点を右折して増沢に向かうと、駐車場にmasaさんの車ハケーン!車を降りて橋まで行ったが、寒くて急に億劫になった。それで、写真だけ撮って退散する事に(オイオイ)。
masaさんにはメールで挨拶しておいた。明日には行きたいと思います、多分。
 
こうやってどんどん釣りから遠ざかるのか
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年12月21日 (日)

プリンターのインク

かつてはプリンターでなくプリンタと書いていた気がするが、まあどうでもいいか。
このところ、アクセスがグーンと下がっている。寒かったり風が強かったり、雨や雪が降ったり用事が出来たりと、先週は1回も竿を出していないので、釣りのブログとしては失格か。今年の釣行が目標の100回を超えたので、安心してしまったのかもしれない。明日からは行きますよ、多分。
P1000108そろそろ年賀状を書かないと、とインク切れ間近だったプリンターのインク交換をした。OAナガシマで去年買ったものだが、大容量を買ったのでカラーと黒で5000円はした記憶がある。プリンター本体が7000円くらいなので、これは高い。かつては本体が数万円したので、インクの価格もそんなに気にならなかったが、本体の価格破壊でメーカーの戦略が変わってきたのか。これなら、買った時に付属しているインクが切れたら本体を買い換えてもそんなに損はない事になる。何だかなぁ。安い詰め替え用インクを買いたいが、該当機種ではまだカートリッジの認識を誤魔化す方法?がないらしい。ネットで調べてみよう。
 
大掃除も今年はやらないとね
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年12月20日 (土)

みかん

Dscf4835昨日は久し振りの快晴で風もなく、竿を出すにはもってこいの日和だったのだが、残念用事で行けず。その間のわずかな隙間?を狙って三ケ日まで行って、みかんを買ってきた。
意外だったのが、家から店まで30分程度で行けた事。もっとかかると思っていたのに、スイスイと着いた。行き先は東名三ケ日インターのすぐそば。私が通販でミカンを送Mikanる時に良く利用しているところだ。JAの直営だし、東名の利用者をメインに浜松三ケ日の名産として売っているので、品物は大丈夫と踏んだ。
早生は終わっているので、今は青島。私は早生の方が好きだが、とりあえずこれで正月までは持つだろう。
 
冬はコタツでミカンで決まりですね
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年12月18日 (木)

昨日から随分寒いと思っていたら、案の定夜中に雪が降って積もった。今はだいぶ融けたようだが、日陰はまだ白い。
予報でも気温は上がらず風も強いとあって、エヴリデイ・アングラーは家でぬくぬく。竿出しは来週までおあずけかな。
 
マウスも冷たい。ブルブル~
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年12月17日 (水)

とにかく寒い

今日は多分この冬一番の冷え込み。寒い上に風も強く、特に寒波の影響が強い北海道などではテレビでも不要不急の外出は避けるようにと言っている。
家の中でも暖房なしでは過ごせず、動かないことが一番とパソコンの前に陣取っている。
最近のニュースと言えば、韓国のナッツリターン前副社長か。何とあのテレビ朝日でも報道していて驚いた。
まあ、力を持つ者がそうでない者に接するやり方としては、韓国では当たり前の事だったに違いない。それが海外にまで波及したので慌てて謝罪の真似などしたのだろう。副社長を辞めても生活には何の支障もないしね。それに、ほとぼりが冷めればそっと舞い戻るに決まっている。裁判でも財閥は執行猶予が付くようになっていて、更に時の政権によって恩赦もあるし、韓国ドラマでもごく自然にこのような事が出てくるしと、私にとっては特に驚く出来事ではなかったなぁ。そう言えば、死んだとされているセウォル号事件のあの会長、何処に潜伏しているのか。そのうちきっと現れると思うよ。
 
くだらないドラマでも、かの国の日常を垣間見る事が出来る
    ↓       ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年12月15日 (月)

ビックリ!

ホンダ浜製の前を走っていたら、後ろに変な車?あっ、エンブレムがホンダのパクリ?と言われるヒュンダイの車ではないか。ホンダの前でヒュンダイ車を見る。何だか変な気分になった。
それにしても、浜松では結構走っているのだろうか。少なくとも私は初めて見たぞ。昔満州道路にヒュンダイのディーラーがあった事を思い出したが、撤退して今はない。メンテ等は何処でやるんだろうと、余計な心配までしてしまった。
 
明日は雨。竿は出せないなぁ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2014年12月14日 (日)

大勝軒

ずっと前に開店したのは知っていたが、家の近くにありながらなかなか行く機会がなかった大勝軒に行ってきた。
券売機で券を買うのだが、大盛が無料とあってもボタンを押しても何も変わらないので、特盛に変更したが、テーブルに座って券を集めに来た店員さんから、その場で口頭で言えば良いと教えられ、しかも店の外にその旨書いてあると言われて恐縮。特盛の分は払い戻してもらった。お手数かけました。
しばらくしてラーメンがやって来た。スープは魚介の粉?が入っているのか濁っていて、味も魚介がメインか。麺はやや太めでストレート。一見すると伸びてしまっているように思えたが、口に入れればモチモチした食感。これは旨い。ただ、次にもう一度来たいかと聞かれれば、うーんと考えてしまう。
一緒に頼んだ餃子も、皮が薄くて口当たりも良いのだが、私には福みつの方が合っている。あの野趣に溢れた餃子が食べたくなった。
 
気になっていた店に行けたので、まあ満足
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

2014年12月12日 (金)

意地だ!釣れなくても底を通すぞ。新べらなんて関係ねぇっ?@増沢池 with masaさん

昨日の雨で状況がどのように変わったか不安になるが、それでも出掛けましょう増沢。水曜に私の隣で底で好調だった3人組を真似て、私も底でやりたい。駐車場着は10時前か。あっ、masaさんの車ハケーン!何処にいるのかな。まずは橋まで行って池の様子を覗う。もし深場に空きがなければ帰るつもり。ん、私のいつもの場所に1人。今日は曇りだから日向も日陰も関係ないが、そこは結構浅いよ。日向側橋の下(しも)にはO合さんか。やはり階段下から奥が人気のようだ。空きを見つけたので、急いで車に戻り、Dscf4828荷物を降ろして池へ。階段を下りると、旧流れ込みにmasaさんの姿。先客に挨拶しなDscf4829がら、まずは荷物を前回と同じ場所に置き、奥まで行ってmasaさんに挨拶すると、まだ準備中との事。それでは私も準備するかな。あっ、左隣は3人組ではないか。今日も爆釣かと聞こうかと思ったら、その前に釣れないとボヤキが聞こえてきた。まだ凸の人もいるようだ。ゲゲッ!予定外の話に迷いが。底でなく宙でやった方が堅いか。右隣は底だが、前回 I尾さんが厳しかったのと同じ状況らしい。ますます迷う。冷たい雨が底に入って、底はダメなのか。いや、それでも底から行こう。宙は後半のお楽しみと言う事で。竿は13尺で、餌はいもグル+α21と、一応バラケとしてへらスイミーを少しだけ。波が出て来てウキの視認性が悪化し底が取り辛いが、まあこんなものでしょうと決めて開始は10時36分。左3人組は私より長い竿、右はそんなに変わらない。masaさんは最初は13尺だったが、途中から随分長い竿(16尺だった)を振り始めた。さて、視認性重視で太いトップのウキを採用したのに、それでもウキが見辛い。ウキの馴染みはほどほどで問題ないが、小さな動きは見えないかも(その前にウキが動くかどうか)。餌を打ち続ければ、すぐに11時。右隣がブルーを釣った。左の3人組は真ん中の人だけが結果を出しているようだ。私は早くウキの返しを見たいのだが、時折波が弱くなってウキが見える事があっても、どうにも動かない。寒い上にウキも動かないとなると、来なければ良かったといつもながらのタラ・レバ。浅い方にいるO合さん?が竿を曲げている。今日は浅場なのか。masaさんと目が合ったので、どうかと聞けばダメダメとの返事。masaさんがダメなら私に釣れる筈もなく、それでも餌を打ち切らないと次には進めない(これが省資源釣法)。しかぁ~し、11時半を過ぎる頃からウキに返しが出てきた(ように思える)。バラケは打ち切り、既に両グルになっている。それでもモヤモヤから上向きに1目盛くらいフッと返すのは餌が落ちた訳でもないだろう。ただ、下向きには入らず、イライラは募るばかり。遂に12時のサイレン。イライラはあってもウキが動くのは嬉しい。それまでにウキ下をいじったり餌付けを変えたりして来たが、やっとその効果が出てきたか(単に午前中のGTとも言える)。きっと今に釣れる。と、ここでmasaさんの竿が曲がった!流石だ。素晴らしい(masaさんにとっては当たり前?)。私はその後もウキの動きに翻弄されながら、時間だけが過ぎるお約束の展開に甘んじる。悔しかぁ。右隣が終わったので、どうでしたかと聞いたらブルーだけとの返事。お疲れ様でした。左でも真ん中の人が帰った。さて、12時半を過ぎて餌が終わった。予定通りだが、次はどうするか。まだウキの返しはあるのに、このまま宙へ行って良いものか。よし、ここは底を続けよう。新べらとか旧べらとか関係なく、あのウキの動きの正体を知るまでは底を続けるぞ。急いで次の餌、α21+わたグルを作る。そして第1投。すると、ウキがモヤモヤフッとあたり?やったと合わせると、上がってきたのは残念ブルーでした。ガクガクッ。さあ、これでウキを動かしていた奴が誰だか分かってしまったので、宙にするか。いや、あの動きはブルーではない。絶対にへらだ。妙な確信で底の続行を決める。まあ、いつでもウキ下を縮めれば宙になるけどね。昼食は皆さんがやっているように、餌を打ちながら摂る。落ち着かないが仕方ない。1時を過ぎ、まだウキは動いている。風・波は弱くなってウキの返しも良く見えるのだが、下向きには入らない。クーッ、痺れるぅ。本来は両グルで待ちの釣りなのに、あまり待っているとへらが何処かへ行ってしまいそうで待ちきれない。masaさんはポツポツと竿を曲げる。う、裏山鹿~。しかぁ~し、再度のブルー、そして何故か手応えのないハリス切れが出て1時半を過ぎDscf4830た頃、モヤモヤからフッとウキが入った!やったと合わせると引きが強い。3時間凸状態だったので掛かったのは嬉しいが、ちょっと怪しいぞ。すると、ようやく顔を拝んだかと思ったら、左からアッパーとの声。私が見る前に決め付けられて一瞬ムッとしたが、寄せてみればサイズはグーなのに確かに鰓にスレていた。でも、一応鈎には掛かりましたよと、寂しい独り言。すると、場が荒れたのかその後はウキの動きはなくならないものの、弱くなってしまった。2時頃に左の2人も帰り、一気に寂しくなる。水曜対面にいた常連さんも今日は1人だけ。やはり釣れないと分かっているのだろう。2時を過ぎ、相変わらずの状況に疲れてきた。宙にしてみたい誘惑に駆られるが、今更ねぇ。今日は釣れても釣れなくても(釣れた方が良いけど)底で通すぞ。相変わらずウキは返し、そしてあたらない。ここで考えた。やはり待ってみよう。ハリス切れで交換した際にもウキの動きはなくならなかったし。そして底を測り直し、餌落ちも再確認して、気持ちも新たに餌打ち。良かった、ウキの動きはなくならない。2時半を過ぎた。それまでに1回だけあたりが出たが、これがカラで、思わず足をじたばた。これがホントの地団駄を踏む。身をもって理解しました。ただ、待てばあたりが出そうだ。そしDscf4831て2時40分過ぎに、馴染んで返してチクッ!の抜群のあたりでやった今度こそ掛かりましたよ!う、嬉しかぁ・・・。凸を逃れられたと言うより、底を続けていて良かったという感じ。さあ、時間的にもGTだ。まだ釣れる筈。すると、次の餌打ちでまたもチクッ!やった連荘だ!しかぁ~し、堪えている間にハリス切れ。ガクガクッ・・・。あれはあたりからして食っていたと思うよ。すると、それからウキの動きはなくならないまでも、少なくまた弱くなってしまう。バラシのようなもんだからなぁ。途中からウキを見続ける釣りになったので、餌がまだ少しある。何とかもう1匹。masaさんは2桁になったものの、納得いかないのか30分ほど残業するとの事。私は今日はやりま・・・せん!餌を打ち切れば終わりです。3時を過ぎ、ぐっとへら師が減った。予報では晴れ間もあるとの事だったが、曇ったままで体感温度も下がってきた。早く餌を打ち切りたいが竿も曲げたい。いよいよ最後の1投。これは今まで以上に待ちますよ。すると、何Dscf4832と言う事でしょう、返したウキを見つめていたら、チクッ!やった「上がりべら」ゲットだ!サイズはグーでしかも新べららしい。粘った甲斐があったというもの。終了。時刻は3時20分。結果、2回目の餌では2匹。途中大きな休憩はなかったので、トータルでは実釣4時間50分で2匹となる。まあ、数はさておき、底で意地を通して釣れたのが良かった。片付け。気温は下がっているが、湖面はまだ出来そうな気がする(もちろん私はやりませんが、何か)。片付けを終え、masaさんのとこDscf4833Dscf4834ろへ行くと、バッチリのタイミングで竿が曲がった。残業の意味はあったでしょうか。詳しくはmasaさんのブログの更新を待て!今日はへらが浅場に移動したようで、O合さんも竿が曲がっていたし、私のいつもの場所の人は20オーバーらしい。場所の見極めが重要だと言う事も身に沁みて分かった。挨拶して駐車場に戻る。さあ帰ろう。荷物を積み、そろそろとベイシアに向かった。
 
これから気温が更に下がり始めると、いつまで釣れるか分からない
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年12月10日 (水)

新べらに会いたくて会いたくて@増沢池PART1 -定時編-

注)見易さから、PART2は一つ前(下)の記事にしています。
 
月曜はほんのちょっとだけ新べらに会えたが、階段下から奥では爆釣とも思える結果を叩き出している事を知り、是非とも放流が動いているうちにおすそ分けを頂きたいと、相変わらずのグズグズでいつもより遅くなりながらも増沢へと向かう。おそらく深場に入る場所はないのではと心配しながらも、駐車場着は10時半頃。へら師と思われる車は10台以上ある。急いで荷物を降ろして池に向かうと、橋のすぐ下(しも)にはおそらくO合さん。車の数ほどへら師はおらず、深場にポツポツと空いた場所があるのをハケーン。早足で階段を下り、周りの先客に挨拶しながら遊歩道端から一つ上(かみ)の釣りDscf4785座に入る。あっ、常連さんが対面に数人。私の隣は I尾さんだ。聞くと、底でやっているようだが、まだ結果が出ていないらしい。ゲゲッ、月曜にはあんなに底でも宙でも竿が曲がるのを見ていたが、それは束の間の幻だったか。いや、旧流れ込みの先客、それに私から釣り座一つ隔てて入っている3人組は底で次々と竿を曲げているではないか。これは困った。11尺の宙をやるつもりだったが、ちょっとビビッて12尺に変更。餌はもちろんα21とわたグルの両グル。それとへらを寄せるためにS-ブルーを少しだけ作る。曇ってはいるが風がないので、さっさと開始しよう。「たな」は1本くらいで11時5分にまずはバラグルで餌打ち開始。私の準備中に I尾さんの竿が曲がり始めた。底と宙では違うが、私も早く竿を曲げたい。すると、開始20分くらいでウキが動き始め、とにかく下Dscf4786Dscf4787Dscf4788向きのウキの動きに合わせると、あな素晴らしや3連荘で3匹ゲットだ。早くも新べらの顔を拝む事が出来て、釣行100回目にふさわしい結果を勝手に予想。しかぁ~し、連荘は続かず少し間が空いてしまう。それでもしばらくしてまたも3連荘で早くも第2目標クリDscf4789Dscf4790Dscf4791ア!だが、今日はこんな低い目標で喜んではいられない。左隣では30を超えているとかいないとかの声。最終的に私の左隣の先客は39匹をゲットして帰った。3人組の残り2人も30数匹のようで、底でも上手ならかなり釣れる(いつまでかは不明だが)のだ。私も次回は底から入ってみようか。なんて余裕をぶっこいていたのはこの辺りまで。7匹目をゲットしたのは間違いないのだが、脇の水草に逃げられて痛恨のハリス切れ。ここで、よせばいいのにハリス長を詰めてみようなんて思ったのが運の尽き。再開するとウキの動きが一変。せっかくの好調?が台無しになりそうなので、数投で諦めて私には珍Dscf4792Dscf4793しいハリス交換。すると、再開第1投であたり!そして掛かりました。その後もう1匹追加して、これなら1時間で10匹は行くかもと、またまた余計な狸の計算。しかぁ~し、残念ながら12時のサイレンを聞いて断念。 I尾さんは私が来てからバタバタと釣り、凸にならなくて良かったと言って帰った。お疲れ様でした。さて、私はここでハリス段差が気に入らないと上ハリスを少し詰めてみる。すると、すぐに効果Dscf4794Dscf4795が出て9匹目。第3目標にリーチだ!更に少し経って、ズバッというあたりでやった10匹目!とりあえず第3目標クリア。しかぁ~し、鈎を呑んでいて、外そうとしているうちにハリス切れ(ガクガクッ)。急いで交換するが、またも段差が思ったより短くなってしまった。釣れ続きそうになると起きるトラブルに、段々イライラしてきた。何だかなぁ。イライラは収まらず、それが伝わるのかウキの動きも悪くなって、30分くらい釣れない状態が続いた。それでもバラグルと両グルを打ち分けながら続行すると、今度は鈎が餌ボウルの止め具に引っ掛かってしまった。一気にヤカンの水が沸騰しかけたが、ここは落ち着いて外そう。ゲッ、切れた・・・。OH MY GOD!最早これまでか。いや、まだチャンスはある筈。急いで交換して(ハリス段差がまたまた気に入らないが)再開すると、第1投からバッチリのあたりでやったと思ったが、今日初めてDscf4798のスレ(ガクガクッPART2)。それでも1時までに1匹追加するが、開始2時間でこの体たらく。最早時間15匹なんて夢のまた夢。それにしてもこの1時間は何だったのだろう。1時を過ぎ、再びウキの動きが多少良くなるが、あたりは続かずポツポツと釣れるだけ。餌が尽きた1時35分までに6匹を追加して、実釣2時間半で17匹という結果となった。比べても何もならないが、Dscf4799Dscf4800Dscf4801Dscf4802Dscf4803Dscf4804masaさんが1時間で釣った数を2時間半で釣る私の寂しさよ。さあ、次は竿を11尺に替えて釣るぞ。と、その前に遅い昼食。それから餌は同じ配合で作るが、何故か1回目Dscf4805より少し硬めになってしまった。でも気にしない気にしない(一休さ~ん!)。今度はバラケは作りません。何故かは自分自身でも不明。仕掛けが作りたてなのでオモリを調整し、再開は1時49分。目標はとりあえずの20(しかもトータルで!なので3匹。トホホ)。しかぁ~し、急に風が出て来て湖面には白波。一気にウキの視認性が悪化。それでもへらを留めておかなくてはと懸命に餌打ちするが、たまにウキが見易くなる事があっても動きはなく、時間だけが過ぎる最悪の展開に。1時過ぎに3人組が終了。結果は前に書いたとおり。これならへらがこちらに廻って来るかと皮算用するが、元よりウキが見難いのでアウト!アウト!その3人組より浅場にいる人の竿が曲がるのが見えるようになった。底のようだが、う、裏山鹿~。右手旧流れ込みの人もコンスタントに竿を曲げていて、どうやら私だけがアウト・オブ・ザ・蚊帳になってしまった感がある。テンションはだだ下がりですぐに2時。これはダメだ。最低でも3匹釣ってトータル20で帰ろうと思ったが、それもどうやら無理。更に、Dscf4806予定通りではあるが右前から影が迫ってくる。早く何とかしないと。それでも1匹出て、ひょっとしたら目標クリアになるかもとスケベ心がむくむくと頭をもたげるが、その後がない。後で気が付いたのだが、どうやらグルテンの硬さが大きく影響していたような気がする(個人の感想です)。ラスDscf4807前前の3時にもう1匹出て、これはいけるかと最後のお願いをするが、残念その後もなく3時4分に餌が尽きて終了。結果、2回目は実釣1時間15分でたったの2匹。トータルでは実釣3時間45分で19匹。ここで考えた。このままでは帰れまテン。湖面も凪いできたし、既に翳っているのでDscf4808今更寒いもクソもないだろう。よし、私には珍しい寒空での残業だ。もちろん目標は1匹釣ってトータルでの20ですよ。旧流れ込みも帰り、O合さんや浅場にいたへら師も帰った。こちら側では私以外には竿が曲がっている人とダム?そばの2人だけ。でも、この人達もじきに帰り、最終的には私と対面柳の木の横の2人きりとなった。こんな中、GTの時間帯とはいえ、果たして釣れるか。 TO BE CONTINUED!
 
詳しくはPART2(この一つ前の記事)の更新を待て!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

新べらに会いたくて会いたくて@増沢池PART2 -残業編-

あれだけ吹いていた風が収まると、翳っていても我慢できる範囲の涼しさ?さあ餌を作ろう。2回目と同じ分量を作るが、何故か1回目より柔らかくなってしまった。マズイ、ウキが馴染まないかも。何とか餌を付けて振り込むと、とりあえず馴染みは出る。が、ウキに動きなし。それでも何度となく打ち込めば、そのうち黒帯程度のモヤモヤが見えてDscf4809きた。おそらくさっきまでは見えなかった動きだ。そして下向きに弱く入るのに合わせれば、やった掛かりました!目標達成だ。一気に気が楽になった。すると、再びスケベ心がむくむくと。まだ餌は充分あるし、GT=夕まずめで、あと10匹くらいは釣れるんじゃないかな(極甘~っ!)。すると、ここから素晴らしい展開が待っていた。次々とあたりに合って掛かる掛かる掛かる。Dscf4810Dscf4811Dscf4812Dscf4813Dscf4814Dscf48151匹目が釣れてから20分経たない間に6匹を追加。一気に夢が現実味を帯びてきた。が、7匹目が旧べらでビックリしたが、鈎を呑んでいてなかなか外れない。今までもそうだったが、少しでも間が空くとへらがいなくなってしまう感じがするので、焦る。随分時間をロスした気がするものの、めげずに再開すると、やはりわずかではあるが空白の時間Dscf4816Dscf4817帯があったが、ウキの動きが復活して4時までに2匹を追加。これがGTで尚且つ新べらなのか。素晴らしいの一語。30までもう2匹だ。4時を過ぎてこちら側のへら師が帰り、池には私と対面柳の木の横の2人だけになってしまった。グッと寂しくなったが、ウキのほうはそんなの関係ねぇ~っ!とばかりにあたりを連発。それにほとんどカラを打つ事なく、掛かる掛かる掛かる。前半より更にペースアップ。入れパクとはまさにこれを言うのではないか(あくまで個人の感想ですよ)。トータルDscf4818Dscf4819Dscf4820Dscf4821Dscf4822Dscf4823Dscf4824での30などすぐにクリアして、一体何処まで釣れるのか?ただ、餌が残り少ない。頑張って40まで行けるかと、開始した頃とはえらい違いようだ。その後、旧べらのグッドサイズも混じりながら、35まで数を伸ばす。3時までは一体何だったのかと言いたくなるが、遂に餌が尽きた。どうやらこれまでか。充分に新べらを堪能出来て満足満足。釣行100回目を飾る好結果となった。ん、待てよ、餌ボウルにこびり付いている餌でも釣れそうだ。爪でごしごしやって何Dscf4825とか2個分の餌を作り、打つ。すると、何と言う事でしょう、あたり、そして掛かったではありませんか!やった「上がりべら」ゲットだ。う、嬉しかぁ・・・。ん、まだ餌ボウルをこすればもう1回分くらい取れそうだぞ。再び爪でゴリゴリやるが、やはり無理だ。2個は作ったが鈎が隠れない。まあいいや、ご愛嬌で打ってみよう。すると、何と言う事でしょうPART2、あたった!そして掛Dscf4826かりました。ん、引きの具合が何だかおかしいぞ。おおっ、ダブルではないか。今日最初で最後のダブルが、今度こそ正真正銘の「上がりべら」しかも残りカスのカスで出て終わるなんて、ビックリするやら嬉しいやら。時刻は4時20分。20分間で10匹とは、流石に痺れました。結果、3回目の餌では実釣1時間余で19匹と、それまでの結果と並んだ。トータルでは実釣5時間弱で38匹。残業してホントに良かったぁ。対面は帰り、池には私一人。片付けは慎重Dscf4827にやって、くれぐれも事故を起こさないように。釣り台の脚が抜けて池に落ち、難儀する事もあったが、好結果で癇癪も出ない。片付けを終え、駐車場に戻る。年に1回あるかどうかの素晴らしい釣りが出来た。もちろん残業をした私を褒めてやらないと。心地よい疲れと共に荷物を積み込み、ゆっくりと池を後にした。
 
明日は雨だが、金曜にもう一度快感を味わえるかな。もちろん今度は定時で。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年12月 8日 (月)

新べら?悪いなぁ、他をあたってくれ@増沢池 with masaさん

昨日行くと書いたので、行かない訳にはいきません。と、それらしい理由を付けて家人を送るついでにゴー!実は昨夜仕掛け作りやらハリス巻きまでして準備万端。しかぁ~し、何故か駐車場に着くと不定期便。時間をロスしたので、急いで車から荷物を降ろして池に向かうと、階段下付近から深場にへら師が集中している感じ。やはり深場なのか。看板横には誰もおらず、ちょっとだけ誘惑にかられたが、やはり橋の下(しも)に入らないと。でも、階段下付近はちょっとシャイな私には入り辛いので、最近お気に入りの場所に入る事にする。奥にいる先客に挨拶して、さあ準備しよう。今日はバッチリの好天でDscf4778風・波もない。ポカポカ陽気で防寒をし過ぎたのが恨めしい。さて、竿は13尺で宙から行くぞ。なんたって今日は放流狙いだから。しかぁ~し、仕掛けが「お」になっていたのが運の尽き。本来は両グルの新べら狙いのつもりなのに、よせばいいのに旧べら狙いの「お」でやる事にしたのが後悔の始まりとは、まだ気付いていない私であった。両グルは後半のお楽しみに取っておいて、餌はS-ピンク単体と「お」。「たな」は少し深めにして開始は10時7分。準備中から続々と常連さんがやって来た。そして、開始間もなくmasaさんもご登場だ。後で聞いたのだが、昨日はホテイアオイの除去をした後の午後から竿を出したらしい。もちろん爆釣でしょう。詳しくはmasaさんのブログの更新を待て!masaさんは階段下と旧流れ込みの間に入った。私の左にもへら師が入ったが、多分私が以前ここに入った時と同じ人だ。右側もよくよく見れば・・・。看板横にも誰か入った。さて、餌打ちを繰り返すのは良いが、ウキに動きなし。何となく結果が予想されて、いつものように底から始めるべきだったかと、早くもタラ・レバ。それでも開始1時間内に2回ほどウキが弱く上下したが、あたりではない?後から来て左に入った人が、ウキが動かないとぼやいている。私も同じですよ。右側の先客も厳しいようだが、整地された辺りから奥の方ではポツポツと竿が曲がっている。新べらも混じっているような、そうでないような。私の方はその後も特に何もなく、時間だけが過ぎるお約束の展開。もちろんバラケの付け方やら「たな」の上下等、手間でない変更はやってみるが、効果なし。新べらは無理でも、旧べらなら1匹くらい何とかなりそうと甘い考えは見事にしっぺ返しを食った。しかぁ~し、11時半を過ぎる頃からウキにそれらしい動きが。そして糸ずれのようなあたりや弱くウキが入る事があったが、これに反応してもカラ。ん、遠くでやけに竿を曲げている人が見えるぞ。ひょっとしてmasaさんか?後で見に行こう。その後も何となく何かがいる気配だけは感じるのだが、そのまま結局12時のサイレンを聞く羽目に。右隣も竿を曲げて、私の知る範囲では私と左隣だけが凸状態。返す返すも深場に入ってDscf4779いれば(タラ・レバPART2)。虚しく12時28分にバラケが尽きて終了。結果は言うまでもありません。さあ、次だ次。と、その前に昼食。それからmasaさんの様子を見に行くと、道中でも竿が曲がっているのが見える。う、裏山鹿~。聞くと、11尺で両グルテン。今まで5連荘もあって、昼食を食べる余裕がないと言うではないか。既に2桁をゲットしていると聞いては、裏山鹿連Dscf4780発で虚しいばかり。更に、私では合わせないようなあたりでへらをゲット!あたりが小さいので、とにかくウキが下向きに入ったら合わせるようにしないと釣れないと教えてもらった。そう言えばかつてそんな釣りをした事もあったっけ。早速釣り座に戻り、今度こそ新べらの顔を拝むぞ。竿は12尺に変更。餌はα21とわたグルを半々。「たな」は「お」の時と同じで再開は12時54分。仕掛けが軽くて思うように振り込めない。11尺の方が良かったか(これもタラ・レバ?)。ウキはすんなり馴染んではゆっくり返すの繰り返しで、一向にモヤモヤにならない。ん、少しではあるがモヤモヤしてきたか?そして、ちょっと餌ボウルに目をやってウキに視線を戻すと、ウキがトップまで入っているところだった。慌てて合わせると、やった掛かりました!あたり自体は見ていなくても(ギリギリセーフ?)、これで凸から脱却だぁ。うわっ、凄い引き。ビーンと糸鳴りまでして、マズイひょっとしてスレてるかも。しかぁ~し、寄せてみDscf4781ればセンター・イン。サイズもグー。ただ、予想していた新べらではなさそうな気が。それが証拠には、それから再びシーンの連続。時間だけが過ぎる・・・(もういいでしょう)。ダム?方面からどんどん翳って来る。左右のへら師の竿が曲がり始めた。両方とも午前中はさっぱりだった(本人の弁)ので、時合になったのだろうか。ただ、左からは新べらではないような声が。あっという間に2時。餌がなくなったので、もう終わろうか。いや、まだ2時だ。今日は残業と言う事ではなくて、あくまで定時間の扱いでもう一度だけ餌を作ろう。同じ配合で同じ量を作るが、ちょっと硬めになってしまったかな。どんどん餌を打つと、何となく何かがいるような気にさせる時もあるが、ほとんどはシーン。「たな」の上下だけでは解決しない。おそらく狙いの新べらは来ていないだろうから。が、左右のへら師の竿は曲がる。両方とも底?私一人が新べらの恩恵に与れないのか。どんどん影が迫ってくる。皆さんそろそろ終了の時刻。私の餌も順調に減っていて、3時頃には打ち尽くせるだろう。しかぁ~し、しかぁ~し、へら師の多くが片付けを始めた3時頃になって、ようやくウキに動きが。おそらくGT+餌を打っていDscf4782るのが私くらいになったためではないか。そして、黒帯くらいの小さな下向きの動きに合わせたら、やった掛かりました!これが新べらだ!おおっ、凄い引き。masaさんが言っていたとおりだ。これは楽しめる。そうかぁ、これが新べらなのか・・・。私の釣り座も完全に翳った。寒い。寒いがあと少しだけ餌がある。これDscf4783で何とかもう1匹。すると、何と言う事でしょう、再びの小さなあたりで3匹目ゲット!今頃になってGTかよ(普通ですが、何か)!残念ながら餌が終わる。予定通りなのに、何故か悔しい。そして3時11分に無念の終了。残業は、しま・・・せん(だって寒いから)。結果、実釣2時間20分弱で3匹。底と併せると、4時間40分で3匹。片付け。新べらが廻って来なかったら、今頃は泣きながら片付けをしてしていただろう(実際は泣きませんが、何かPART2)。延長戦を頑張っているへら師はDscf47842人くらいか。今日はわずかではあるが、新べらのあたりと引きを感じることが出来た。これはそんなに長い間続く訳ではないので、今週はもう1、2回くらい竿を出さないと(実は次回で今年の釣行がジャスト100回となるのだ)。片付けを終え、駐車場に戻る。私の左に入っていた人はO合さんと言うらしい。また宜しくと駐車場で別れた。荷物を積み、masaさんにも駐車場で挨拶。たくさん釣れたようだが、詳しくはブログの更新を待てPART2!ベイシアで買い物をすべく、そろそろと池を後にした。
 
次回は階段下より奥に入らねば(あくまで場所のせいにする)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2014年12月 7日 (日)

今年の放流

今日は待ちに待った?放流の日。と言っても、6時頃目覚めたが寒くて起きる気がしない。マズイ、このままでは放流が終わっても竿を出さないまま今年が終わってしまう(大袈裟な)!
渋々(オイオイ)ベッドから這い出て着替え、朝食は後回しで池に向かう。
7時少し前に駐車場に到着。車は少なく、まだトラックも来ていない。ご無沙汰のO名人がいたので、挨拶して世間話をしていたら、Uさんもやって来た。他にもT林さんとかI尾さんの姿も見える。風がないのでそんなに寒く感じず、湖面も凪いでいる。
Dscf4764Dscf4765しばらくしてトラックが到着。今年は700数十キロを放流するが、サイズはどんなものだろう。masaさんも姿が見える。トラックを先導してきたのかな。
Dscf4766Dscf4769皆さんトラックからへらをコンテナで受け取っては池に放す。私は写真専門なので、あちこちに廻ってはパチパチ(古いか?)。
Dscf4770Dscf4771Dscf4772Dscf4773Dscf4779おおっ、今年はグッドサイズばかりではないか。話では20~25cmくらいと言っていたが、中には30cm近いのも見受けられる。去年は骨折の後でまだ竿を出せなかったが、放流後何と100匹以上釣れた時期があったと聞いている(私はそれが一段落してから竿を出し、凸。トホホ)。
数十分で放流が終わり、放流協賛バッジを購入してから解散。トラックは次の西ノ谷にDocu0018向かう。masaさんの会の人達?はその後、ホテイアオイの除去をするようだが、役に立たない私は家に帰ります。放流に関わった全ての方々には感謝感謝。まだバッジ購入されていない方には、この釣りを継続して楽しむためにも、是非とも購入をお願いします。
毎年の事で、見るものはそんなに変わる訳でもないのに、やはり放流が終わると気分も新たになる。本来は放流してから一週間程度はへらを休ませるのだが、最近は当日から竿を出す人がいるようなので、今は特に規制はない。が、私も今日は用事があるので、竿を出すのは明日からにしよう。腹が減ったのでさっさと池を後にした。
 
明日も用事が出来てしまった。何とか都合を付けたいが・・・
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2014年12月 5日 (金)

スカイプがヴァージョンアップした

今日は用事があって竿を出せず。明日は寒くて(オイオイ)。以前Kさんが言っていたが、一週間休んだらやる気がなくなってしまったと。私もちょうど一週間のご無沙汰でした玉置宏になっている。何とか放流の日には増沢に行ってやる気を復活させないと。幸い月曜からは暖かくなりそうだ。そうそう、放流協賛バッジも買わないとね。
それはさておき、スカイプがVer.6からVer.7へとヴァージョンアップした。大きいのは表示画面が変わったのと、Ver.6の途中からではあるが、複数でのビデオ通話が無料で出来るようになった事か。
ただし、PCのスペックとネット回線の速度が効いてきそうだ。私のPCでは難しいかな。
既にスカイプを導入している方は、ヘルプ → アップデートの確認 からどうぞ。
 
新規の方はここからダウンロードしてみて(ただし自己責任で)
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2014年12月 3日 (水)

拡散希望

今日も寒いね。風が強くて釣行は中止。明日も雨だし、なかなか竿を出せないなぁ。
そんな中、ケント・ギルバート氏のブログで発見した動画。ドイツ語の直訳ではないが、ドイツ語が分からなくても良く聞いて字幕と比べると、ビックリして笑ってしまう箇所がある(不謹慎だけど)。

 
マイケル・ヨン氏が参戦してくれて感謝
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2014年12月 2日 (火)

師走

急に寒くなった。先週末の旅行はラッキーだったと言うべきか。
今日は強風の予報に釣行は取りやめ。家で大人しくしていよう。
と、これではツイッターと同じ。もう少し何か書かないと。
平昌の冬季五輪を日本が一部肩代わりするとか何とかふざけた憶測記事が出てきた。
オイオイ、G20の一流国なら自分だけでやれよ。今になってお金がないからと日本に泣きついてくる(謝罪と賠償という名目も付けて)とは情けないと思わないか。
まあ、日本は今までちょっとごねれば飴をくれたので、いつの間にかお気楽な金づるとでも思っていたのだろう。でも、もう違う。
今まではかの国なんて可哀想な国だから、元宗主国として援助でもしてあげよう(金を握らせて黙らせよう)で済ませてきた自民党と官僚が、あまりにしつこく金をせびってくるので、これはマズイとようやく目覚めたところ(まだ親韓勢力に牛耳られている部分がなきにしもあらず)。
日韓共催?のW杯で懲りているのだから、この誘いには絶対乗ってはならない。かの国におもねるだけが友好だと考えている連中には今度の選挙で退場してもらわないと。
 
中国に面倒みてもらうのが筋でしょう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »