« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月28日 (水)

気持ちも体も

Docu0021_2今日、「酒のアルコ」の広告に国内産マイナー酒造によるウィスキーとワインが出ていたので、ついつい出掛けてしまいました。
ウィスキーと言っても、中にはモルト+グレーン以外の混ぜ物が入っているものがあったが、ウィスキーと名乗れるのもJASのおかげなのだろう。一応混ぜ物のないものを買ってきた。ついでにワインもね。

どうも肩の具合が良くない。しばらくすれば治ると思っていたのだが、変わらない(悪化?)。それで、明日にでも整形外科に行ってみよう。釣りに影響しなければ良いが(50肩?)。
 
どうでも良い話だが、隣国の大統領の支持率が、まだ任期3年を残して30%を切ったらしい。これを回復するには、ますます反日を強めるしかない。しかぁ~し、彼女は国内では親日と思われているんだって。あれで?反日をわめいても、日本から何も譲歩を勝ち得ていないからのようだが、もう無理ですよ。いつまでも昔の、文句を言えば謝罪とお金が降ってくる日本をイメージしての戦略は通用しません。今年は国交回復50周年だが、何かお祝い事でもするのかな。相変わらずイアンフガ~を続けるのだろうか。それとも柳の下の泥鰌で竹島上陸かな?

そう言えば、8700人の原告が朝日新聞を相手取って訴訟を起こしたらしい。間違った報道を行い、しかもそれが間違っているのが分かっても(最初から分かっていた?)、長い間訂正しなかったために、世界から日本が貶められてしまった事に対するもののようだ。どうなるか?
 
仏像も人質も早く帰る事を望む
    ↓       

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年1月26日 (月)

予定変更が大きな間違い@増沢池 with ジョニーさん

今日は曇りだが風がないとの予報。3時までは雨はなさそうなので、家人を送るついでにゴー!もちろん行き先は増沢。最近は日陰側で釣れているようなので、曇りでもあるし、私のいつもの場所にでも入ってみようかな。駐車場着は9時半過ぎ。あれっ、晴れている。まずは車を停めて橋まで行くと、日向日陰共に何処にでも入れそうだ。おっ、看板横も空いているぞ。急遽予定を変更。急いで車に戻り、荷物を降ろして橋を渡る。このところ深場ばかりだったので、看板横に変更して爆釣だぁ。しかぁ~し、この陽気に惑わされたのが運の尽きだったとは、その時には知る由もなかった。フウフウ言いながら看板Dscf4891
Dscf4892横に入ると、すぐに1人私の左に入った。更に更に、私の右に入った人が声を掛けてきた。sshさんですよね?えっ、そうですけど、貴方は・・・?ジョニーです。・・・。相変わらず顔を覚えられない私、本当に申し訳ありません。最近ようやくキアヌさんの顔を覚えたばかり(大丈夫か?)。元よりそんなに話が弾む私ではないので、早速準備しよう。左の人(I 藤さん?)から13尺~15尺で良いと教えられ、釣り台を考慮して15尺を選択。餌は新べらグルテン底単体。バラケもどきでスイミーを少量。ハリスがやけに長いが、良いのかなぁと思いながら底取りを終え、さあ開始と思ったら、ハリスが絡んでいる。これを解こうと思ったが、グルグル巻きになっているのでグッと引っ張ったら、何と両ハリスがプッツン。こちらの頭もプッツンしそうになったが、ジョニーさんの手前静かに交換だ。再度底取りし、開始は10時26分。すると、すぐにウキが返すではないか。これはひょっとして釣れそう?日陰に入らなくて良かった?いや、これがなかなか。ウキは返すだけでその後がない。もちろん私だけではないが、これは厳しいのかもね。日陰側には後から数人が入り、好調に竿を曲げていた様子(私は見なかった)。さて、すぐに11時を過ぎる。まあまあ、最初はこんなものでしょう。と、左が竿を曲げたが残念バラシ。すると、すぐに右のジョニーさんの竿も曲がった!あっ、外れた。へらは寄っているのか?私だけアウト・オブ・ザ・蚊帳なのか。しかぁ~し、その後は2人とも静かになってしまった。私の方もウキが返すのは返すのだが、本当にその後がない。気が付くと12時のサイレンが聞こえてきた。まあまあ、気を揉んでも仕方ない、ここは昼食と行きましょう。ついでに今更だけど底取りをやり直してみるが、問題なし。餌付けやらウキ下の微調を繰り返すと、数回ウキがモヤモヤしたが、あたりではありませんね(そっと合わせてみたけど)。と、またもジョニーさんの竿が曲がる!あっ、と思ったら、またもバラシ。しかぁ~し、それからしばらくして、遂にジョニーさんが凸から脱却。そしてもう1匹。う、裏山鹿ぁ~。すると、今度は左のI 藤さん?も竿を曲げるではないか。ガクガクッ×ガクガクッ。私もそれから何となくあたりのようなウキの動きがあり、何とか凸を逃れたいと真剣にウキを見つめるが、1回「かじり」があっただけで1時。まだ時折ウキは動くが、どうにもあたらない。2時間で使い切る予定のグルテンがまだ残っている。きっとウキの見過ぎだ。1時半を過ぎ、遂に最後の1投。ジョニーさんは底から宙に変えている。そしてウキに生体反応が出て来たらしい。私は餌が抜けるかあたりが出るかのどちらかになるまで仕掛けを上げないと決めていたが、そろそろ終了の写真を撮らなければと余計な考えが出て来て、ジャンパーのポケットに手を入れようとしDscf4893た、まさにその瞬間にウキが返してチクッ!竿から手が離れていて間に合わず、ジ・エンド。ガクガクッ×ガクガクッ×・・・。時刻は1時35分。3時間以上やって凸でした(泣)。もう帰りたい。帰りたいのはマウンテン・マウンテン。だが、凸で帰るのはあまりにも癪だ。空はどんより曇っていて、今にも泣き出しそうな雰囲気。でも、ここは予報を信じて私も宙をやろう。竿は13尺に変更。餌はセット専用バラケとスイミーを2:1で3時前に終われるくらいの量を作る。食わせは「玉」だ。「たな」は仕掛けそのままで再開は1時45分。すると、何投かした後にウキに動きが。今度こそへらの顔を拝めるか?しかぁ~し、すぐに2時。すると、空からポツポツと予想外の早さで雨が落ちてきた。何だよ、降るなら宙を始める前に降ってくれと、逆切れ風な怒り。雨はその後降ったり止んだりを繰り返し、空はどんどん暗くなる。I 藤さん?は終了。私とジョニーさんは続行。と、またまたジョニーさんの竿が曲がった!残念ギリギリ外から掛かっていたとの事。でも、何でも良いから掛かって欲しい私、裏山鹿の連発だ。すると、再びジョニーさんの・・・。今度こそガッチリ掛かっていたようで、これで充分と終了。ゲゲッ、私は凸のまま終わるのか?少なくとも作ったバラケだけは打ち切って終わりたいのが省資源釣法。でも、こればかりはどうにもならない。「たな」を上下してみるが、最初の頃のようなウキのモヤモヤもなくなった。これこそまさに餌打ちマシン。片付けを終えたジョニーさんから、まだ諦めるなと言われて渋々餌を打ち続ける私だDscf4894が、雨で撮れなくなってはマズイので、一応終了の写真だけ先に撮っておく。最早気力はない。「たな」を浅めにしてとにかく餌を打つだけ。2時半を過ぎた。何だかなぁ。もうウキを見つめる目も虚ろ。しかぁ~し、さっさと終わるべきところをズルズルではあっても伸ばしていた効果があったのか、ボーっとしていたらウキが馴染みきるあたりでグッと入り、更に見えなくなった。ジョニーさんが「あっ!」と言うのが聞こえて反射的に合わせたら、やった掛かりましDscf4895た!これは・・・。嬉しいような嬉しいような(結局凄く嬉しい!)。ジョニーさんから「玉」を食っているかと聞かれたので、そうだと答えてしまったが、実は「たも」の中で鈎が外れていて、本当のところは分からない。でも、寄せる途中見たところでは「玉」を食っていて、しかもスレてはいなかったと思うよ(確)。時刻は2時46分。ジョニーさんは私の喜ぶ様子を見ながら帰っていった。お付き合いいただきありがとうございました。さあ、雨が来る前に片付けよう。残っていた餌を捨てるが、あれっ、雨が止んでいるぞ。まだ出来そうだったかな。いや、もう餌を捨てたのでお終いだ。片付けを終え、駐車場に戻る。橋の上からは、まだ頑張っているへら師が日向側日陰側に見える。皆さん雨には充分注意してくださいね。「止める勇気」が必要ですよ(誰の口が言っている?)。車に荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
ネヴァー・ギヴアップの精神を忘れていたようだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6)

2015年1月25日 (日)

見学に行ったらKさんに遭遇@増沢池 with バットさん、バンビさん and masaさん

今日は好天で風も弱いとの予報。竿を出したいのはマウンテン・マウンテンなのだが、法事で家人を送迎するため、竿を出す時間がうまく作れない。それで、空いた時間に増P1000116沢の様子を見に行く事にした。
駐車場着は10時過ぎか。あっ、Kさんの車ハケーン!日曜は珍しいのでは?橋まで行って池の様子を覗おうとしたら、橋の中央付近にKさんがいるではないか。今日は岡ジャミらしい。昨日一昨日と段子川に行ったが、マー君ばかりだったとの事。火曜にOさんにはGTが訪れなかったとも聞いた。なかなか厳しいなぁ。
Kさんと別れ、階段を下りてバットさんを探す。昨日のブログに今日も増沢とか書いてP1000117あったので、お邪魔虫になるつもり。あっ、旧流れ込みにいたいた。まずは挨拶。
フラシが下りている。今日はmasaさんの会の例会にゲスト参加しているようだ。対面にはmasaさんとバンビさんがいると教えてくれた。おっ、対面竿が曲がっているぞ。後で見に行こう。
しばらくお邪魔したが、本当に邪魔になりそうなので早々に退散。橋を渡って駐車場付近から下へ。バンビさんとmasaさんのお邪魔虫へと変身だ。
P1000118P1000119お二人とも既に複数枚ゲットしていて、確かにバンビさんのウキがモヤモヤしているのが見えた。と、合わせた?今日卸したばかりの竹竿が綺麗に曲がった。素晴らしい。
さっさと写真を撮ってこちらも退散。昼飯をベイシアで買うべく池を後にした。
 
明日は何とか行けそうだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年1月21日 (水)

ゲゲッ!またバラした@東ノ谷

今日は予定通り東ノ谷で釣る。曇りで風もないので、釣りやすそうだ。池に着いたのは10時頃か。先客は階段状堰堤に3人、流れ込み付近に1人と駐車スペースすぐ下に1人。先客に挨拶しながら、一級ポイントとか呼ばれる場所に入る。秋までは池の大半に水草があった気がするが、今は見えない。枯れてなくなった?正面に目一杯打てるのDscf4886かな?左右の先客の竿と「たな」をチラ見して12尺を選択。まずは両グルテンの宙から行こう。底もやりたい気持ちはあるが、捨石がどの辺りまで入っているのか分からない(堰堤なら分かるが)ので止めた。準備中にフェンスの向こう側駐車スペースからすぐの堰堤に2人入った。さて、餌は新べらグルテン底。開始は10時28分。ひょっとして根掛かりするかもと注意しながら餌打ちするが、特に何かに掛かる様子もない。ただ、ウキが動かないだけ。そのまましばらく打ち続けるが、さすがにへらもジャミ(いるのか?)も寄らないようなので、11時を過ぎる頃からスイミーとマッハでバラケもどきを少量作る。すると、しばらくしてウキの馴染みが遅くなってきた気がして、そろそろかな?しかぁ~し、最初に竿が曲がったのは左の先客だった。う、裏山鹿~。セットもどきと両グルで「たな」を探しながら続行すると、開始1時間を過ぎた11時半過ぎに、今日初めてウキがはっきりと返し、そして入った!やったあたったと合わせるが、カラ。ガクガクッ。でも、これは釣れそうかも。が、その後1回だけウキが1目盛くらい上下しただけで12時のサイレンを聞くはめに。これは予想外に厳しいのか。その後も左の先客が再び竿を曲げた以外、私の感じる範囲でへらを釣った人はいなかった(遠く流れ込み付近でウキが動くDscf4887とか動かないとか・・・)。結局12時43分に餌が尽きて無念の終了。2時間半くらいやって凸かぁ。これは寂しい。何とかしないと(今更?)。それでは次は特に勝算がある訳ではないが、「玉」のセットでいってみよう。上ハリスを10cmくらいにカットして、下鈎はそのまま。バラケはS-ブルー:マッハ:天々を2:2:1。これでようやくS-ブルーを使い切った。やれやれ。昼食後に両グルと同じ「たな」で再開は12時52分。すると、何と言う事でしょう、開始10分くらい経った1時過ぎにウキがズバッ!やった凸を回避出来たぞ・・・と思ったのも束の間。バラシでガクガクッ。おかしいなぁ。見ると下鈎が何となく開いているように見えたので、爪でグイグイ押す。そして再開すると、しばらくしてまたもズバッ!やった今度こそ・・・あっ、バラした。ガクガクッPART2。やはり下鈎なのかなぁ。今度バラしたら交換してみよう。すると、1時半を過ぎて再びズバッ!幾ら何でも今度は掛かったでしょう・・・あっ、バラした。ガクガクッPART3。これはマズイ、マズイですよ。決めたとおり下ハリスを交換。「たな」もやや深めに変えてみると、4回目のズバッ!やった今度こそ・・・ゲゲッ、バラした。ガクガクッPART4&トホホ。最早下鈎の問題とか言っている場合ではない。しかぁ~し、2時近くなって、ウキがチクッと入るのに合わせたら、やった今度は間Dscf4888違いない!ちゃんと「玉」を食っている。いやぁ、疲れたなぁ。しかぁ~し、何故か「たも」の中でハリス切れ。調子に乗りかかると、自らトラブルを引き寄せてしまう私、ホントにショボイのだ。急いで交換して再開。すると、2時を過ぎてまたもズバッ!場が荒れたと心配したが、大丈夫だった。やれやれ・・・あっ、バラした。ガクガクッPART5。下鈎関係ないじゃん!それでも次のズバッ!で何とか2匹Dscf4889目をゲット。このまま釣り続けられればと思っていると、今度は小さなあたりのカラを交えながらズバッ!でのバラシが3回。最早トホホとも言いたくない感じ。しかぁ~し、あたりが出ていたのもその頃まで。次第にウキの動きがなくなってきた。代わりに私の背後でへらがバシャバシャやる音が聞こえてくるではないか。♪僕の恋人 東京へイッチッチ♪(古~っ!)。左の先客も私が見ている範囲での3匹目をゲットしていて、竿が曲がらないのは私だけになってしまったか。「たな」を上下してみると、深くした方がウキが動きそうだ。でも餌が残り少ない。3時を過ぎた。最早これまで。残ったバラケを丸めると数投分しかない。餌ボウルには水を入れて片付けの準備。しかぁ~し、ラス前々でようやくウキが小さく入った。でも今更なぁ。なんて思いながらも最後の1投に期待する私。すると、何と言う事でしょう、最後の1投でウキがズバッ!やった「上がりべら」ゲットだ!と喜んだが、ゲゲッ、バラした・・・。時刻は3時22Dscf4890分。結果、セットの宙でようやく凸から抜け出せたが、ズバッ!でバラシの連発には痺れたなぁ。片付け。あれっ、私の見える範囲のへら師も片付けを始めたではないか。きっと増沢の常連さんと同じく、GTには頼らないのだろう。片付けを終え、先客に挨拶して駐車スペースへ戻る。姿勢が悪かったのか腰がイテテテ。こんな事なら今日は曇りなので、増沢の日陰で爆釣だったか(個人の妄想です)。車に荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
さあ、次は何処?西ノ谷は何となく1人では入り辛いけど・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

見学に行ってOさんとKさんに遭遇@増沢池

好天で気温も上がってきたようなので、それでは見学くらいはしようと、買い物のついでに増沢ヘ向かう。
駐車場でOさんの車ハケーン!しかぁ~し、この時何故かあの派手な色の車が停まっている事には気付かなかったのだ。
P1000115_2車を停めて橋まで行くと、私が去年数回入ったところにいるのがOさんではないかな?その後ろにいるのは誰だろう?坂を下りて向かい、まずは挨拶。すると、後ろにいたのは何とKさんではないか。随分久し振りですね。まずはOさんに今日の様子を訊くと、何とまだノーあたりとの事。このところずっと厳しいのかと更に訊いたら、今年は今日を含めて4回来ているが、2桁出た日もあるらしい。今日だけやけに渋いようだ。
Kさんは岡ジャミだけかと思ったら、何と対面日陰側の定位置である柳の木の横に釣り台があるではないか。今日は10匹釣ったので充分との事。す、素晴らしか~。今は釣れないので日向ぼっこを兼ねて岡ジャミらしい。
もうじきGTが来るので、それまで見ていようかと思ったものの、買い物の予定があるので後ろ髪を引かれながらその場を離れた。帰りにKさんの車がこれまた定位置に停まっているのを見て、このところずっと姿を見なかったので、先入観で目に入らなかったとしか言いようがない寂しさを感じてショボーン。
明日は曇りなので気温がまあまあでも寒そうだ。でも、西か東には行きたいなぁ。
 
今日は本当に良い天気で、竿を出さなかったのが悔やまれる
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

どうしたんだろう

昨日も今日も朝は充分出掛けるのに遅くない時間には目覚めていたが、何故か気が付けばコタツでぬくぬく。朝日に当たらないので鬱っぽくなっているのかな。
明日は用事で外出するので、ついでに竿も出したいが・・・。
最近右肩が痛くなった。これもやる気のなさに繋がっていると思う。治れば自然と外に出るようになるかもしれないが、万一痛みが引かないようなら、行きたくはないが病院か。
 
西か東に行きたい
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年1月18日 (日)

日本人はなぜ日本のことを知らないのか

Takeda年末に7ネットで買った本。「そこまで言って委員会」やらガールズスキャンダルやらで有名な竹田さんの著書。
まだ手を付けていないが、日本の歴史教育がアメリカによって禁止されてきた事など書かれているようで、真面目な本である事は間違いない。
確かに自分の国の歴史を「国史」でなく「日本史」という不思議さについて言われると、そんな事を考えた事もない私にはビックリだ。
学生の頃、受験に関係ないと「日本史」を無視?してきたことが悔やまれる。もっとも、その「日本史」も、今思えば日本人の成り立ちとかについて詳しく教わった記憶もないが。
還暦を機に、自分の国についてもう少し学んでみよう。人気の幕末とか戦国時代ではない時代について。
 
奈良で大きな古墳跡と思われるものが見つかった(
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2015年1月16日 (金)

寒い!釣れない・・・@西の平

さてさて今日は何処へ行こうか。頭の中では東ノ谷が候補に挙がっていたが、ふと西の平はどうだろうと思い立った。そうなると、どうしても行きたくなってゴー!多分釣れないのは分かっているのだが、いそいそと環状線を進む。池に着いたのは9時半頃か。まずは池の様子を覗うと、うわっ、日が当たっているのは池の左少しだけ。しかも堰堤左側Dscf4882にあった釣り台がなくなっている。堰堤にはビニールシートが敷いてあって、水漏れを防いでいるのかもしれない。仕方なく、バルブの左に入る事にする。久し振りに日陰で釣るなぁ。ううっ、寒い。風が冷たい。そんなに強く吹いている訳ではないのだが、寒い。さあ準備しよう。迷ったが、まずは底から、。竿は11尺、と思ったら、水深が浅い事もあってウキの立つ位置が遠い。これは視認性もあってダメだ。9尺に変更。餌は新べらグルテン底単体。わわっ、水までもが冷たいではないか。これでへらが動いているのか?ウキの餌落ちを調整して底を取り、開始は10時15分。ん、ウキが返している?確かにじわじわと1目盛くらい返している。グルテンがそんなに早く抜けるのか。打ち続けるが、変わらない。ひょっとして既に何かいるのでは?が、いつもながらの「その後がない」。それでも11時を過ぎる頃からウキに変化が出て来た。今にもあたりそうだ。そして今日初めてのチクッ(があった気がする)!合わせるがカラ。更にしばらくして返したウキがチクッ!しかぁ~し、今度もカラ。間違いなく何かがいる。ただ、掛けてみない事には何だか分からない(ジャミかも)。すると、しばらくして再びのチクッ!これに合わせれば、やっDscf4883た3度目の正直、掛かりました!ん、引きがやけに弱いぞ。やはりジャミなのか。いや、へらに間違いはないのだが、サイズが・・・。結果が出て嬉しいのと、サイズにガッカリがハーフハーフ。でも、まだ釣れるに違いないと続行するが、これがなかなか。ウキの返しはあってもあたりを見る事が出来ず、残念餌が尽きて終了は11時58分。まあ、結果が出たから良しとしよう。さあ、次は宙。でも、底Dscf4884を続けた方が固そう。どうしようかな。よし、決めたとおり宙で行こう。ハリスを交換して「玉」のセットだ。バラケはS-ブルー+スイミー。何故かはご承知の通りです。「たな」は1本くらいで再開は12時15分。昼食を食べながら餌打ちするが、ウキは馴染んで返して、で終わり。これを繰り返すが一向にウキに動きが出ない。1時過ぎに1人やって来て、左岸倒木の隣ビニールで覆われた釣り座に入った。釣れるけど数は少ないと言っていたので、昔と変わらないようだ。それなら私の貧果も無理はない(コラコラ)。ついでに?そっと段底まがいに変更する。一向にウキは動かず、やはりセットではダメなのかと思っていたら、1時半を過ぎてウキが動いた!あたりかどうかは不明だったが、とりあえず合わせる。残念カラ。すると、次の餌打ちではハッキリ1目盛入るあたり!しかぁ~し、これもカラ。急にやる気が出て来たが、良く出来ていてバラケが残り少ない。これまでのやり方(底で2時間宙で2時間)では、結果が出る前に餌が尽きてしまう。今後は底で3時間宙で3時間くらいにするか、それとも底なら底、宙なら宙をぶっ通しでやった方が良いかも。その後もう1回ウキが動いたが、残念掛からず。2時10分に餌が尽きて終了。最後の1投でもウキがモDscf4885ヤッとしたが、掛からず。片付け。まあ、こんなものでは?と思っていたら、ビニールハウスのへら師が竿を曲げた!しかも私のような小サイズではない。す、素晴らしか~。どんな釣り方をしているのか確認出来なかったが、スコープを使っているのは分かった。もう1人がその人の右に入って準備中。今から何時間くらいやるのだろう(でも結果は出してますが、何か)。片付けを終え、へら師に挨拶して車に戻る。ようやく寒くなくなってきたところ。でも、この池もしばらくは来ないだろう。やはり日のあたる釣り場でぬくぬくやりたい。車に荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
次は何処の池?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年1月15日 (木)

明日は何処へ?

今日の雨が上がり、明日は好天が見込める。風はやや出るようだが、ポカポカ陽気という予報を信じて何処かへ行こうかな。
まずは西か東か。同じ西でも西の平は最近どうだろう。浜北新池は去年1回も行かなかったので、そろそろどうかな。鳳来は暖かくなるまで検討の外にしておこう。
他にも行きたい池があるが、それ以外にも初めて行く池の検討もしないとね。過去に見に行っただけで竿を出さなかった池とか。
まあ、明日は近くのほどほどの池にしよう。朝起きた時の気分で。
 
増沢は少しの間お休みと言う事で
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年1月13日 (火)

運であれ何であれ、結果さえ出れば@増沢池

今日は好天で風も弱そうとの予報に、何処かで竿を出さなければと思い立った。一昨日の凸から逃れたいが、釣れそうな池はあるのかな?それとも、あえて増沢でリベンジした方が良いか?せっかく早起きしたのに、モタモタしていて出発は9時半頃。結局増沢に向かう事になったが、今年は増沢への偏重を解消させるつもりなので、今日のところはとりあえず凸の解消のためと言い訳して駐車場着は10時前か。橋まで行って池の様子を覗うと、今日入るつもりだった看板横には微妙な位置で先客が準備中。あの両側にはちょっと入り辛いなぁ。あっ、旧流れ込みが空いている。急いで車に戻り、荷物を降ろして外の道路から階段を下りる。遊歩道の先客、ダム?と旧流れ込みの間の先客に挨Dscf4872拶するが、いずれも返事なし。さあ準備するかな。予報より更に風が弱く、ポカポカ陽気と相俟ってやる気充分。竿はこのところ18尺ばかりだったので、この場所ならと15尺を出す。餌はいつものバラグルセットだが、いもグルとわたグルが尽きてしまったので、不足分は新べらグルテン底で。ささっと底を取り、餌打ち開始は10時27分。と思ったら、何故か急に風・波。ギラギラターイム!釣り台を右にずらして対応するが、しばらくは我慢。と、開始したばかりの左の先客が竿を曲げた!そして右の先客も!これは高活性なのか。いや、単にアームの問題では?その証拠には、私にはその恩恵はない。今更だが、竿を長くした方が良かったかとタラ・レバ。でも、今日はこれで通す。リベンジなどクソくらえ!すぐに11時。風・波とギラギラは真っ盛りで、首を振り振りウキを見ていると、何と言う事でしょう、ウキがフワッと返したではないか。緊張が走る。しかぁ~し、その後がないのは前回と同じ。何とか、何とか1匹。すると、しばらくして、ウキが馴染みきる寸前に1目盛ムズッ。とてもあたりのような感じではなかったが、反射的に手が出たDscf4873ら、何と掛かりました!やったぁ、凸から逃れたぞ!運でも何でも良い、結果が全てだ(力説!)。サイズは放流だが、これで今日の目標は達成だ(オイオイ)。さあ、どんどん行こう。11時半頃になって風・波が穏やかになり、ウキの視認性も回復して、まさにこれからという雰囲気。しかぁ~し、何故かウキの動きがバッタリ。既に昼休みに入ったのかもしれない。左は随分大人しくなった感じだが、右は時折竿を曲げている。セットの宙のようだ。私は今日は後半両グルの宙をやるつもりだが、セットの方が良いかもしれない。そんな事をぼんやり考えていると12時のサイレン。波がまた出て来たので、それでは昼食にしよう。気温がDscf4874上がり、風・波も弱まって気持ち良かぁ。が、肝心のウキの動きは復活しないまま餌が尽き、12時36分に底は終了。さあ、次は宙。セットで行くか、それとも両グルか?よし、まずは両グルだ。竿と仕掛けはそのままで新べらグルテンを作る。「たな」は1本半くらいか。再開は12時41分。まずは餌を打つ、打つ、打つ。しかぁ~し、何もない。そこで、1時過ぎにマッハとS-ブルーでバラケ風のものを作り、バラグルセットもどきと両グルテンで更に打ち続けるが、どうにも反応しない。「たな」を少しずつ上げてみるが、変わらず。これは困った(想定の範囲でしょうに!)。私の右にはダム?そばまで3人入っているが、皆さん竿が曲がっている。「たな」は違うが同じようなセットに見える。私もセットにすべきだったかと、タラ・レバPART2。しかぁ~し、開始1時間が過ぎた頃、グルテンを小さく付けてみたら、馴染みながらモヤモヤ、更に馴染んでから小さくあたるようなウキの動き。残念手が出なかったが、ひょっとしてへらがいる?そこで、小さく付けてどんどん餌打ちしてみるが、必ずしもウキが動く訳でもない。2時を過ぎる。日陰が迫ってくるが、一時よりは時間が遅くなっている気がする。結局その後あたりを見る事はなく、2時51分に餌を打ち切って終了。Dscf4875結果は言うまでもありませんね。さて、どうしよう。何となくへらはいるような気がするし、そろそろGTだ。ここは思い切って「玉」を食わせのセットで残業だ。そうしよう、双子葉植物。上ハリスをカットして、バラケはS-ブルーとスイミーを大体1時間で打ち切る量作る。目標は、多分いるであろうへらを1匹でも良いから拝む事。トイレ休憩を挟んで再開すると、すぐに3時。ゲゲッ、私以外のへら師がほぼ同時に終了だ。看板横方面の人も姿が見える。寒いうえに寂しくなるのか。ただ、貸切のGTがどうなるか、ヒジョーに気になるところ。すると、しばらくしDscf4876て馴染んだウキが1目盛くらい弱くではあるが入った。これに反応すると、やった早くも掛かりました!サイズは放流だが、あっけなく目標達成。残業して良かったぁ(セットに変えて良かったぁ?)。まだバラケもどきは充分あるぞ。ひょっとして第2目標まで行けるかな?私の両側の先客は黙って帰った。浅場の常連さんの姿も見えなくなり、いよいよ本当の貸切状態。この後何か事故があっても助けてくれる人はいない。ウキの方はまだ動いていて、再度のモヤッに合わせると、ゲゲッ凄い引き!これはヤバイ、ヤバイですよ(2回言いましDscf4877Dscf4878た)。懸命に寄せると、思ったとおり尾びれから見えてきた。ガックリ。これで場が荒れたかと思ったが、しばらく餌打ちしていたら、またもモヤッ。セットではあるが、今日はズバッ!はなかった。これにも反応すれば、やった2匹目!まだいけそう、GTを逃すな。しかぁ~し、特に理由はないが「たな」を浅くしていくと、ウキの動きが悪くなった。そこで、今度は「たな」を元の1本半くらいDscf4879に戻してみると、4時前になってモゾッ。これに合わせれば、やった3匹目か?しかぁ~し、今度は腹から見えてきた。ガクガクッ。更に、空合わせしたら何かに掛かってしまい、バラシ。どうせスレでしょう(捨て鉢)。こうなると、「上がりべら」云々よりも餌を打ち切る方がメインになってDscf4880しまう。4時を過ぎ、いよいよ最後の1投。これを打ち込んでから、ちょっと早いかと思いつつも終了の写真を撮る。そしてウキに目をやると、馴染んだウキがモヤッ。これに合わせれば、やったDscf4881「上がりべら」ゲットだ。しかも終了写真の後に。時刻は4時20分。こんな事がいつかあったような気がするが、終わり良ければ全て良しと言う事で。結果、セットに替えて約1時間20分で5回掛かって3匹ゲットとは素晴らしい。トータルでは実釣5時間半で4匹。両グルで結果が出なかったのは残念だが、残業のセットがGT、それに貸切と相俟って好結果(もちろん私にとって、だが)となった。片付けを終え、帰りは橋を渡って駐車場に戻る。午後から風・波が弱くなって非常に釣り易かった(たくさん釣れると言う事ではありません)。前回のリベンジも成ったし、言う事なし。それに18尺に比べて15尺の振り易かった事!肩や肘への負担も少なく、これで釣れるなら今後は15尺で行きたいなぁ。車に荷物を積み、ベイシアで米を買うべく車を走らせた。
 
次は何処の池に行こうか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年1月11日 (日)

またも私だけ・・・トホホ@増沢池 with バンビさん、バットさん and 名前と顔が一致しない皆さん

今日は朝から嫌な予感がしていた。そしてそれが見事的中!書く事が殆どないが、とりあえずポツポツ。
 
昨夜の酒はすっかり抜けたものの、どうも気が重い。増沢にいる筈のバンビさんとバットさんに、どの辺りに入っているか訊いてみると、バンビさんはダム?そばと遊歩道端の間、バットさんはこれからご出勤のようだ。昭和池に行くと言っていたザわさんにも様子を訊いてみると、竿は出さないが、後で様子を教えてくれるとの事。さて、それでは私も出掛けるとするかな。スッキリしない気持ちでゴー!駐車場着は10時半頃か。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、看板横に1人。あとは階段下からダム?方面深場にへら師が固まっている。車に戻って荷物を降ろし、今日は何故か外の道路から池に向かDscf4866う。階段を下り、先客に挨拶しながら遊歩道端方面に向かうと、いましたバンビさん。その手前、旧流れ込みにはキアヌさん。後の人は誰だか分からない(スミマセン)。荷物を降ろしてバンビさんの元へ。14尺セットの宙で全くダメとの言葉にショックを受けるが、私はいつも通り底から入る事にするかな。足元が不安定な上に釣り台のセットも難しそうなので、バンビさんのそばは勘弁しDscf4867てもらい、遊歩道端から4つくらい離れた釣り座に入る。さあ準備しよう。予報よりはましだが、風・波はある。竿は18尺、餌は相変わらずのバラグルセット。そうそう、今日はウキの視認性を重視した、ど太いトップのウキを用意してきたので、まずは餌落ちから。う~ん、実に良く見える。これなら多少の波でも大丈夫ではないか。でも、こんな太いトップでこの時期の小さなあたりを拾えるのかな。底も取れ、開始は11時1分。ウキの馴染みが少ないので、ウキ下を微調。何とか1目盛馴染ませた。しかぁ~し、ギラギラターイム!それでも何とか見えるぞ。よしよし。すると、何となくではあるがウキが小さく返しているようにも見える。ひょっとしてあたる?残念それだけ。11時半頃バットさん登場。キアヌさんとバンビさんの間に入った。その後は特に何もなく、12時のサイレンを聞Dscf4869く。と、ここで久し振りに動いた!ハリスを伸ばす。そしてウキをいつものに代える。波が少し穏やかになった気がしたから。それから昼食休憩でバットさんとバンビさんの元へ。気のせいかこちらの方が湖面が穏やかに見える。今更だが無理をしてでもこの辺りに入った方が良かったか。釣り座に戻り、底取りをやり直して再開すると、確かにウキは1目盛くらい返している。ただ、その後がDscf4868ない。しかも、風・波が強くなると同時に上空雲が太陽を隠すと、ウキがほとんど見えなくなってしまった。私の右には名前は出て来ないが、凄い人が入ったようで、その右の人と同じく双眼鏡を出している。私も後になって双眼鏡を使ってみたが、手ぶれと目がおかしくなる感じが嫌で結局使えなかった。その後は餌を打ってはウキを探す展開に。私の左にいる人達は既に竿が曲がっていて、私の右も遅れて来たバットさん以外はおそらく竿が曲がっているのでは?1時を過ぎ、ウキが見難くてもとりあえず餌を打ち続けなければと、黙々と餌打ちするだけの時間が続く。たまに湖面が穏やかになる時には、じりじりとウキが返すのが見えるだけ。それらしいさわりもなければ、当然あたりもない・・・。1時52分に餌が尽きて終了だ。結Dscf4870果は言うまでもありません。悪い予感は当たったようだ。さあ、次はどうしよう。何だか湖面が穏やかになってきたが、太陽は着々と山に隠れようとしている。よし、とりあえず新べらグルテン底を作ろう。そして、まずは底で、そこから様子を見て?宙にしよう。ささっと餌を作り、2時前に再開。ゲゲッ、誰かさんには自意識過剰と言われるが、開始すると風・波が出て来た。それでも時折ウキが返すのが見えて、ひょっとしたら凸解消もあり得るのではとドキドキするものの、残念それだけ。私のアームではバランスの底は無理なのか(段底ならもっと無理?)。それで、去年末に釣れた時と似たような「たな」にして(右の人の「たな」も参考に。まさに「右へならえ!」)宙へと変更だ。ハリス段差を10cm以上取る。そして餌を打つ、打つ、打つ!しかぁ~し、風で思うところに餌を打てず、ウキがあちこちに立つ。あっという間に3時。あっ、階段下付近の人が水鳥を釣った!初めて見たのでビックリ。それからしばらくして私の左の人達が終了。皆さんそれなりに竿が曲がったようで、裏山鹿~。3時25分頃にグルテンを打ち切ったが、右の人がGTが来たと言っているので、それではと再度新べらグルテン底を少量作ってプチ残業。時間は不明だが、バットさんも凸を脱したようなので、遂に日向側では私1人が取り残されてしまった。太陽は完全に山に隠れ、体感温度がグッと下がった。おまけに風・波。本当はもう終わりたいが、とにかく新しく作った餌を打ち切らないと。すると、しばらくしてウキに動きが見えたような気がしてきた。そしてウキが馴染まず、そこからゆっくりと馴染んでいくのだが、その途中で白波が出てウキが見えなくなり、それからどうなったか不明。この1回だけが釣れそうなチャンスだったのに、クーッ。4時を過ぎ、最早これまででしょう。右の人はバシッという音と共に竿が曲がっている。素晴らしい。4時11分に餌が尽きて、今度こそ終了Dscf4871です。結果は言うまでもありませんPART2。片付け。ここも足元がそんなに良くないので、気をつけてゆっくりと道具を仕舞う。ゲゲッ、湖面が凪いできた。今更遅いよ!片付けを終え、バットさんとバンビさんの元へ。バットさんは底か宙かは聞きそびれたが、ウキが動いているとの事。バンビさんは結果は出たものの状況は芳しくない。また宜しくとその場を離れ、皆さんに挨拶して駐車場に戻る。途中、橋の上からバットさんの竿が曲がるのが見えて、ガクガクッ&裏山鹿~。大晦日の再来を期待して来たものの、そんなに甘くない増沢だった。さあ、ベイシアにでも寄って帰るとするか。荷物を積み、とぼとぼと池を後にした。
 
明日は休養にしよう。そうしよう、双子葉植物
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年1月10日 (土)

今年も盛況!「自虐的へらの会」新年会

Dscf4865昨夜から体調に留意したおかげで、待ちに待った新年会に参加出来た。場所はいつもの「濱作」。参加者は会長バットさん、長老のmasaさんとザわさん、還暦組のパラソルさんと私、現役バリバリの竹さんと松さん(縁起が良いねぇ)、評論家兼解説者の「杉ちゃん」さん、最年少バンビさんの計9名。私はいつもどおり開始の15分くらい前に着いたのだが、既に多くの会員が出来上がっていた?
Dscf4864へら釣りの会なのだが、前半はそんな話はかけらもないほど*ネタで盛り上がり、後半になって少しだけ釣りの話が出、あとはお決まりの表彰?があってお開きに。
私は増沢皆勤賞と言う事で、マスザワゲン賞を頂いた。静岡県民以外には通用しない駄洒落が入っている事をご了承願いたい。
Docu0020さて、明日は風が強そうだが、多くのへら師が竿を出すようだ。私は見に行けたら行きます、でいこうかな。皆さん、今夜は楽しい時をありがとうございました。
 
今夜はグッスリ眠れそうだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2015年1月 9日 (金)

ヤバイ!

明日の夜は自虐へらの新年会なので、その前に竿を出しておこうかなと思っていたら、何と寝る頃になって急に咳が出始めた。痰も絡んでいる感じ。
風呂から出てパソコンに向かっていたため湯冷めしたのかもしれない。新年会には是非とも出席したいので、大事をとって竿を出すのは止めておこう。とにかく今は安静に安静に。
 
トホホ・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年1月 8日 (木)

またまた欲しそうなものが

前に Real ROBOT で懲りた筈のディアゴスティーニで、またもや目新しいものが出てきた。私にとっては ROBI 以来の釘付け状態。それが、「週刊マイ3Dプリンター」
創刊号は半値だが、1冊1998円(税込み)で全55冊で3Dプリンターが組み上がる。約11万円なり。
こういうものに実に弱い私だが、よ~く考えてみたら、仮に組み上がったとして何か作りたいものがあるのかどうか。
以前3Dスキャナーも購買意欲がピクピクしたものの、懐事情もあって何とか踏み止まった私。でも、これと3Dプリンターの組み合わせは痺れるぅ~。おそらく買わないだろうけど、欲しいなぁ・・・。
 
その前にパソコンを何とかしないと
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年1月 5日 (月)

初釣り!初へらには会えたのか@引佐天池

いよいよ今年の釣りライフが始まる。さて、何処に行くべきか。バットさんは大楽地、masaさんは杉山だったが、皆さん増沢を避けているのかな。それでは私が行きましょう!とはならず(オイオイ)、今年初めての池は引佐天池。秋までは釣れていた記憶があるが、当然今は厳しいかも。でも、増沢よりは・・・。池に着いたのは10時過ぎ。オーバーフローの左浅場に先客2人あり。まずは遊歩道入り口付近に駐車して、荷物を降ろDscf4857して池に向かう。先客に挨拶してオーバーフローの右に入ると、ゲッ!対面右端に1人Dscf4858入っているではないか。翳っていて寒そうだ。堰堤は風もなくポカポカで気持ち良かぁ~。さあ準備しよう。今日は15尺で底から行くつもり。ん、隣は12尺とか言ってるな。それなら私は13尺で充分では?と、いきなり針路変更。後で考えたら、浅場なので長い竿ではウキが遠くなるため短い竿を使っているのでは?と気が付いたが、アフター・フェスティヴァル。結局13尺で通す事になった。時間を戻して、餌は夏・冬・マッハのバラケといもグル・わたグルの食わせ。湖面が凪いでいるので、底を取るのも簡単だぁ。開始は10時44分。左には後から2人入って4人になった。さて、肝心のウキの動きだが、全くナシ。左からも同じ声。まあまあ、最初はこんなものでしょう。しばらく打ち続けるが、返しは出るものの状況に変わりなく、気が付けば開始1時間を過ぎている。う~ん、困った。どうしよう、今更竿を変える気にはならないし。そうだ、ハリスを長くしてみよう。しかぁ~し、状況に(以下同文)。あっ、対面の竿が曲がった!う、裏山鹿~。おっ、こちらでも竿が曲がったぞ。ゲゲッ、ブルーでした。でも、何でもいいから釣れないかな。これなら増沢でも一緒だったとは、今年初めてのタラ・レバ。時の経つのは早くて、遂に12時のチャイム。どうせあたらないからと、餌打ちしながら昼食。1回だけあたった後のようなウキの動きを見たが、それだけ。知らず知らず餌を小さくちぎっては池に捨てている自分をハケーン。早く終わりたいんだな、ウンウン。結局、1時13分にグルテンが尽きて底は終了。結果は言うまでもあDscf4859りません。ウキが動かないと書くことがないのでブログが読みやすいでしょう(えっ?)。さあ、次は宙。最初は両グルでやるつもりだったが、竿を代えずにやるので、おそらく仕掛けがセットになっている。それで、「玉」のセットに変更だ(コラコラ)。バラケはS-ピンク4にS-ブルー1。やっとS-ピンクを使い切った。「たな」1本半くらいでの再開は1時24分。しかぁ~し、ウキに動きナシ。対面はもう1匹ゲットしていて、堰堤は全滅状態。これは痺れますね。ウキはその後も馴染んでバラケが抜けてゆっくり返す、の繰り返し。あっという間に2時を過ぎる。ヤバイ、これはヤバイですよ。少しずつではあるが「たな」を上げてきて、1本くらいになっている。すると、いきなりウキがスッと入ったではないか。慌てて合わせるがカラ。でも、今日初めてウキがあたりらしい動きをしたぞ。これでやる気が戻ってきた(それまではなかったのかよっ!)。太陽が背後に廻り始め、堰堤が翳ってきた。腰から下が寒い。もうそろそろ終わらないと。と、今度は一旦返したウキが1目盛入ったではないか。これにも手を出してしまったが、カラ。う~ん、難しい。何とか1匹をゲットしたい。すると、何と言う事でしょう、2時半過ぎて、途中まで返したウキがズバッ!これに合わせればやった掛Dscf4860かりました!う、嬉しかぁ・・・。なかなか良く引くので、ひょっとしたらマー君かとも思ったが、見えてきたのは間違いなくへら。しかも大きい!「たも」に収めれば、40cmオーバーは確実。ちゃんと「玉」を食っている。しかぁ~し、早く次の餌打ちをしなければGTが逃げてしまうと焦ったせいか、「たも」の中でハリス切れ。ガクガクッ。急いで写真を撮り、ハリス交換。しかぁ~し、幸運の女神の後ろ髪は禿げている。時既に遅し。ウキの動きはまだ残っていたが、次第に弱くなり、しばらくしたらなくなってしまった。3時になり、左の先客が帰り支度。皆さん凸だった模様。お疲れ様でした。すぐ左だった人が、元日は皆10匹以上釣れたが、それ以降は1匹か2匹になってしまったと教えてくれた。元日から冷え込んでいるが、当日はまだ水温に大きな影響が出ていなかったのだろう。それが2日になって水も冷え、へらの動きが完全に悪化してしまったのではないか。ともあれ、釣り始めで1匹出て本当Dscf4861に良かったぁ。その後太陽が背後に廻ると湖面が暗くなり、寒さに加えてウキの視認性が悪化。首を振り振り確認するが、その後もウキの動きは回復せず、3時40分にバラケを打ち終えて終了。片付け。残っているのは私以外に対面と堰堤左端の2人だが、ほぼ同時に終了。片付けを終え、駐車スペースに戻る。冷えたせいもあって腰が痛い。さあ帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を後にした。
 
次は増沢か?それとも他の池?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年1月 2日 (金)

寒い!

今年は元日から寒い。大晦日に竿を出しておいて良かったぁ。しかぁ~し、こんな寒さでもバットさんは元日から大楽地で竿を出したようだ。素晴らしいが、私には真似出来ない。週明けには寒さも緩むようなので、今年の竿始めは5日からにしよう。
前にも書いたが、昨年末から釣行が減ったのと同期するようにアクセスが減ってきた。こんな私のへぼ釣り日記でも見てくれる人がいるんだと思うと嬉しくなるが、エヴリデイ・アングラーは釣れないと結構腰が重くなるんですよ。でも、今年も年間100回釣行を目標に頑張りマス!
 
何とか初釣りでは初へらを拝みたい
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

2015年1月 1日 (木)

謹賀新年2015

Nenga2015
 
今年も宜しく根(さっき下の記事を書いたばかりだけど)!
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »