« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月30日 (月)

バットさん入賞おめでとう!

Dsc_07351昨日バンビさんからメールで入賞者の写真を送ってもらったまでは良かったが、それを保存する際に、何処に保存されたかが恥ずかしながら分からず、昨日の記事に載せる事が出来なかった。
今日になってやっと思い出し、ここに載せる。
バンビさん、写真提供ありがとうございます。
そして、バットさん入賞おめでとうございます。早くブログをアップしてくださいね。

 
 
P.S.バンビさんから来たメールは私のniftyメールアドレスに届いたが、そこから返信したらエラーになって届かない。別のメールアドレスを教えてもらってもしかり。エラーの原因はこちらにありそうなので、アウトルックのメールアドレスから返信したらOKだった(と思う)。何故かな?
 
今日は好天。ホント、天気が憎らしい
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2015年放流協賛増沢池へらぶな釣り大会

昨日まで4連荘で体力的にきついのか、昨夜の前夜祭を欠席しても朝起きられない。7時半過ぎまで全く目覚めなかった。
起きてすぐパラソルさんにメールすると、既に増沢にいるとの返事。朝食を摂ってから、8時半過ぎに増沢へゴー!
昨日よりは早いので、まさか駐車場が満杯なんて事はないだろうと思っていると、ゲゲッ、今日もほぼ満杯だ。たまたま空いているところがあった(本当に偶然)ので、シメシメと駐車。まずは本部がある東屋に行って、参加登録する。それからパラソルさんと坂の上で合流。自虐へら師の面々は、バットさん、バンビさん、ジャがにぃさん、杉ちゃんさんかな。ひげさんご夫妻は今日は欠席との事。あっ、珍しや竹さんが竿を出しているではないか。この辺り、写真は一切ございません。ご了解のほど。
へら師の大半が日向側に入っていて、日陰側にはまだ竿を出す余裕がある。パラソルさんに一緒に竿を出すよう勧めるが、これから鳳来に行くとの事。仕方なく車に戻り、荷物を降ろして池に向かう(いつもよりかなり遠い!)。
私のいつもの場所付近は、両側に先客がいるので、今から間に割り込むのは無理。橋の下までの間にある、足元がグジャグジャのところに入ろう。あっ、長靴に履き替えるのを忘れていた。でも今から戻るのは億劫だ。釣り台を下げて水に入らないようにする。さあ準備しよう。
Dscf5085当然長い竿にしたいが、18尺は未修理なので15尺しかない。底で行こう。餌はいつものバラグルセット。ウキもお気に入りは失っているので、まだ一度も使った事がない、ヒビが入っているどうか心配なものを採用。水深が浅いので、ウキがかなり遠くになってしまったが、今日は風・波の心配がないとの予報。餌落ちと底取りをささっと済ませ、開始は9時42分。
一応今日の目標は1匹。これしかない。が、これさえもかなり難しそうだ。その証拠?には、ウキが全く動かない。まあ、大会では当たり前でしょう。ひたすら餌を打つ。動かない。ひたすら・・・。あっという間に開始1時間近くなった。これまた最近の増沢では珍しくない(ひょっとして私だけ?)が、ここで初めてウキがモヤッ。これに手を出すと、やったDscf5086掛かりました!う、嬉しかぁ。サイズはかなり小さめだが、一応写真は撮ったものの、この程度のものを入れるのに、今日私が持ってきた海用のでかいフラシ(これしかないし、新たに買う気もない)を出すのは気が引けて、しばらく迷ってしまった。意を決してフラシを出し、「たも」から移そうとするが、やった事がないのでうまくいかず、「たも」からこぼれて逃げられてしまう。アワワワ・・・トホホ。これなら大会の記録は凸。中味なしのフラシだけが出ている寂しい状況になってしまった。ここで、空から雨粒の贈り物。予報では晩にならないと落ちて来ない筈だったのに。しばらくはそのまま続けたが、本降りの様相を呈してきたので、一斉に傘の花が開く。
すると、雨粒に刺激されたのか、ウキの動きが出てくる。そしてバッチリのあたりが数回。しかぁ~し、全てカラ。思わず「あっ!」という声が出てしまうほど。ウキ下やら餌付けやら、私の思うところをやってみるが、功を奏さない。しかも、12時のサイレンが鳴る頃にはウキの動きが収まってしまった。ガクガクッどころの話ではない。ウキが動いている間に釣らなければ、アウトだ。
餌も尽きて、新たに同じバラケで食わせだけ新べらグルテン底にしてみるが、残りの時間を考えず、いつも通りに作ってしまったので、これは絶対に使い切らないでしょう。省資源釣法は何処へやら、大半を捨てるはめになってしまった。
それでも正面ではなく、やや左に打つとウキが動く事があるのが分かり(遅っ!)、ひたDscf5087すら打てば12時半を過ぎる頃にやっとあたりにあって2匹目。数少ない釣果なので、もちろん写真。それから、もう恥ずかしくないのでフラシに入れる。何かと同じで、出すまでは恥ずかしいが、出してしまえば何て事はないね。これで公式にも凸ではなくなった(検量するまでは分からないけど)。
Dscf5088まだウキはたまに動くので、もう1匹もう1匹と欲張るが、相変わらず全く掛からないまま1時半過ぎにハリスが竿掛けに絡んでハリスカットを余儀なくされたが、ちょうど検量の方々がやって来たので、これ幸い?と終了。測ってもらったら、320gだった。これでやっと記録になったぞ。
びしょ濡れになりながら片付け。車に戻って荷物を仕舞い、東屋に向かう。そして検量が終わるのを待つ。
Dscf5089Dscf5092バットさんが開始から飛ばしているとの情報があったので、ひょっとして上位入賞かもと集計結果を見ていたら、やった素晴らしい結果。30日の中日新聞に載るでしょう。詳しくはバットさんのブログを。集計結果がまとまるまで、BASICの餌教室。琵琶湖の怪人、井上彰氏のお話に聞き入ってしまったが、今後BASICの餌を買うかどうかは確約出来ませんので、悪しからず。
最後に表彰、参加賞の授受が行われ、私も良いものを貰えた。開催にあたり、ご尽力されたmasaさんを始めとする幹事の方々、それに参加された60余名の方々、お疲れ様でした。
 
今週は用事で竿を出せるかどうか
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (9)

2015年3月28日 (土)

好天に家族連れ大挙来襲?駐車場はほぼ満杯@増沢池 with allstar cast

今日は明日の大会に備えて試釣の方々が多数いらっしゃる筈。もちろんその中には知った方も多いだろうと、竿を出すのは二の次(4連荘になる)、顔合わせにでも行くかなとのんびり家を出る。
Dscf5073しかぁ~し、ある程度の予想はしていたが、好天に誘われるように多くの家族連れが訪れたせいか、駐車場はほぼ満杯。やっとスペースを見つけて駐車。とりあえず手ぶらで池に向かうと、バットさんハケーン!周りにはへら師が数人いて、情報交換でもしているのだろうか。
近くまで行って挨拶。ジョニーさんもいた。早く顔を覚えるようにとバットさんから教育的指導。
Dscf5075Dscf5076それから、なかなか見つけにくいところに入っているバンビさんの元へ。途中、猫を散歩させている方がいたので、写真を撮らせてもらう。
足元に充分注意して近づくと、既に1時間以上打っているが、反応がないとの事。諦めて自分の好きな場所に行くと言うので、少しだけ荷物を運ぶお手伝いをさせてもらった。
Dscf5078Dscf5079それから、杉ちゃんさんから聞いた、ひげさんご夫妻の元へ。ほぼ1年ぶりの再会だ。もちろんお忙しくて竿を出すのも1年ぶりではないだろうか。
再びバットさんの元に戻り、岡ジャミザわさんも登場していろいろとためになる話?をしていたら、いつの間にか12時を過ぎてしまった。ザわさんから、さっさと竿を出すように言われ、それでは帰りが楽な日陰側にでも入りますとその場を離れた。腹が減っているが、のんびり昼飯を食っている余裕はない。
最初はバンビさんの近く、橋の下にでも入ろうかと考えたが、どうせならいつもの場所に入ろうと方針転換。実は、これが良くなかった。
Dscf5080荷物を持っていつもの場所に入ると、しまった、ここは午後になると左から山と木の影が迫ってきてウキの視認性が悪化するんだった。以前は1時頃にはほぼ終わっていたのでそんなに気にならなかったが、そんな時間から始めるのでほとんどアウト。それでもここでやる!まずは昨日からのミッション、ウキの割れ確認だ。もし問題なければそのまま使用と言う事で、15尺を出す。先に餌を作っておく。α21・わたグルの両グル。少量夏・マッハのバラケも。そして餌落ちから底取り。しかぁ~し、トップは何とか見えるものの、底取りの途中でハリスが絡むアクシデント。ここでモタモタしていると、再開すれば餌落ちが狂っている事に気付かされる。やっぱり何処か割れていて水を吸うのだ。残念だが、このウキはアウト!それでは、竿を13尺にしてウキも交換。最初からやり直しだ。ウキの視認性はどんどん悪化し、太いトップでも関係ない。ほとんどプッツン状態で無理やり良しとする。そして開始は何と1時18分。これで餌を打ち終えればほぼ4時。一体何のために竿を出すのかも何処かに行ってしまった。しかも、ウキの馴染みが案の定おかしい。何だかなぁ・・・。ウキ下を調整して再開。が、シモリがひどく、しかも右から左へ流される。何となくウキが返しているようにも見えるが、おそらくは底をなぞっているに違いない。しばらく餌打ちするが、どうにも気持ちが悪いので、結局底取りをやり直す事に。すると、途中で根掛かり発生?いや、鱗がスレてきた。へらはいるんだね。橋の上から大きな声。竹さんも見に来た。バンビさんが1匹ゲットしたと言うのを聞いて、私もDscf5081凸では帰れまテン!が、開始1時間を過ぎてしまう。嫌気が差して、バンビさんの様子を見に行く。すると、じゃがにぃさんが隣にいた。あれっ、湖面が凪いでいるぞ。急いで釣り座に戻り、再開するが、何故か急に元の木阿弥状態に。やる気は既に失せているが、結果だけは何とか出して終わりたい。すると、対面から「ドボン」の声。そうだ、そうでした。私には「ドボン」がありました。これならウキが少しくらい見難くてもOKOK。ちょうどオモリが動きやすくなっていた(普通ではダメ?)ので、そのままオモリを追加。トップの出具合も適当に再開。ウキが移動しなDscf5082いので、目を凝らせば見失う事もない。すると、再開して10分ほどで、何と「掛かってます!」で凸解消。しかも30cmはあるグーなサイズ。あたりを見た訳ではないのでちょっと寂しい気もするが、1匹は1匹。やったぁ、これで帰れる。後は餌を打ち切るだけ。と、ここでパラソルさん登場。昨日はお疲れ様でした。今Dscf5083度は年券を買ってやりたいですね。と、波の中ウキが動いた気がして合わせると、やった掛かりましたよ!パラソルさんから、ちゃんとあたりを取ったのかと言われたが、間違いなく取りました!う、嬉しかぁ。パラソルさんはバンビさんの様子を見に行った。私はそれから餌を打ち続けたが、ウキの視認性は多少改善されたものの、動きは却って悪くなり、結局3時34分に餌が尽きるまで1回もあたりを見るDscf5084事はなかった。結果、実釣2時間余で(ドボンで)2匹。何の参考にもならない。片付け。試釣の皆さんもポツポツ帰り始めたが、我が釣友はまだまだこれからか。片付けを終え、駐車場に戻る。一応終わった事を竿を出している方々に連絡して、帰りにまた大判焼きを買って帰った。
 
日陰はホント寒かった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年3月27日 (金)

劇的な、あまりにも劇的な結末@鳳来湖 with パラソルさん

注)タイトルに刺激されて最後だけ見るような事はお控え願います。面白さが半減?します。
 
最近連続しての釣行は体力的に厳しくなっているので、3連続釣行もしんどいのに、今日の鳳来行きは自分でも驚きだ。月末なので金融機関で記帳を済ませてから、10時頃に鳳来へと向かった。
Dscf5062Dscf5063Dscf5064何となく気が重いのは、途中の三遠南信。鳳来までの距離と時間が短くなったのは素晴らしいのだが、道路の片側一車線に加えて中央のポールが憂鬱なのだ。久し振りで緊張しながらトンネルを通過。管理事務所に到着してトイレ休憩。貯水量が100%近いので、見渡す限りの水に圧倒される。
そこから岸辺に沿ってクネクネ道を進み、パラソルさんが入っているだろう「石垣」付近にパラソルさんの車ハケーン!大体一時間くらい掛かったのかな。後ろに停めて、約束のクラクションを鳴らすが、反応がないので、多分こっちだと思う道を進むと、階段下にパラソルさんハケーン。まずは挨拶。結構広くて荷Dscf5065物も広げやすい場所だ。奥の方、通称「45度」に先客。それにしても良い天気。masaさんなどはここで昼寝がお決まりだと言うが、もっともだと感心。しばらく話していたが、ここまで来てこの陽気で、竿を出さずに帰るなんて馬鹿はまあいないでしょう。
一旦車に戻り、荷物を降ろしてパラソルさんから右に数メートル離れた場所に陣取る。湖面には波が出ているが、ウキの視認性に問題はなし。既に12時近くなっているが、大体4時頃まで出来れば充分でしょう。
竿はパラソルさんが19尺(後に根掛かりから16尺に変更)だったので、私が持っている中で一番長い、masaさんから頂いた「競」18尺を出す。餌はいつものバラグルセットを、いつもより多めに作る。ウキの選定を間違えたり、底取りでハリスが絡むトラブルがあって時間をロス。開始は12時23分。対面「杉林」に1人入った。
Dscf5066相変わらずウキの馴染みがスッキリしないので、ウキ下を微調する。GTは4時頃と言われているので、すぐにウキがどうこうはないだろうと高を括っていると、1時前にウキが馴染み切る寸前でチクッとあたり!ビックリして合わせられず、あ~~と声だけが出た。何かは不明だが、合わせればその正体が明らかになったのに・・・。
さすがにそこからは慎重に餌を打ち、またウキを見つめるようになったが、残念2度とあたりどころかさわりもないまま時間だけが過ぎる展開に。パラソルさんも小さなあたりが数回あったようだが、掛からず。
ウキは右に流され、途中で餌落ち付近まで返してから再び馴染むという動きをしていたが、これは底をなぞっているに違いない。でも、しっかりと見つめ続けて疲れる一方。
昼食を食べながら餌打ちを続けると、なんだかウキの馴染み具合が気になってきた。再度底取りをしようとするが、どうやらウキが水を吸って餌落ちが変化してしまったようだ。大体1時間くらいボーっとしていた事になる。これも時間のロス。
そこで、yurieさんから頂いた、お気に入りのウキを採用して餌落ちからやり直し。ちょっとオモリを切り過ぎたのか、餌落ちが思った位置より下になったが、それで良しとして再開。馴染み具合は餌付けしながらウキ下を微調PART2。
太陽の位置もどんどん右に移動して、次第にウキの視認性に影響してくる。それまで、餌が底に着いてからのあたりさわりは1回もなし。ウキを見つめる時間が長くなったためか、餌がかなり残っている。4時を目安に終了という予定なので、省資源釣法の私にとってはいささか不本意ではあるが、餌を少しずつちぎっては捨てる、を繰り返す。
いよいよ4時。そろそろ終わる時間帯。と思ったら、「45度」の先客が竿を曲げた!これはズバリGTでしょう。そこまでへらが来ているなら、きっとこちらにも廻ってくる筈と、今になってやる気復活。
しかぁ~し、特に何もないまま後数投で餌が終わる。と、馴染んだウキがいきなりフッと返し、そこからチクッと入ったではないか!これに反射的に合わせると、やった掛かりましたよ!うわっ、凄い引き。竿が満月以上に曲がった。懸命に堪える。が、ズボッと言う音と共に手応えが消えた・・・。
見ると、ハリス切れどころではなく、ウキもなければ仕掛けもない。穂先に付けているチチワの部分から抜けてしまったのか?ガックリしながら穂先を見ると、ゲゲッ穂先のリリアンが抜けているではないか。そうだったのか・・・。
Dscf5067鳳来での記念すべき1匹目のロスト、更にリリアン抜けのショックに加え、お気に入りだったyurieさん作のウキをロストした事が悔しくて仕方ない。が、今日の釣りはこれでお終いとするしかないだろう。時刻は4時12分。
パラソルさんはもう少し続行すると言うので、片付けを終えてパラソルさんと先客に挨拶して車に戻る。トリプルショックの後遺症なのか、頭がボーっとしている感じ。
まさかの事故に遭わないよう、ゆっくりと(普通に)帰宅した。車に表示される燃費が17.2km/L(TIIDAは1.8L)だったのにも驚きだが、何より鳳来に対してやる気が出て来た自分にも驚きだ。
次回からは年券を買って通う事にしよう。
 
とにかくここをポチッと宜しく!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (9)

2015年3月26日 (木)

連荘で来たものの、好結果とはならず@増沢池

Dscf5058Dscf5060今日は予定はなかったが、予報が好天だったので、シメシメと家を出る。行き先は引佐天池か東ノ谷かに迷ったものの、結局は増沢。最近は出がかなり遅くなっていて、今日も10時過ぎ。駐車場に着くと、好天の割にはそんなにへら師と思われる車がない。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、橋の上から看板横にⅠ尾さんが見える。今日は日向深場と浅場ジャカゴ付近にはあまりいなくて、私が昨日入れなかった橋の下(しも)も空いているゾ。橋を渡り、坂を下りると、何と早くもⅠ尾さんが片付け中。ビックリしたなぁ、もう。それならそこに、とも思ったが、いつも同じ場所ではつまらない。やはり橋の下(しも)に行こう。おっ、遊歩道に入ってすぐのところが足場が良さそうだ。釣れるかどうかはDscf5038分からないが、急にそこに入ってみたくなった。荷物を降ろしてさあ準備だ。底の状態も分からないので、15尺を出す。もちろん底から。餌は新べらグルテン底単体。夏・マッハも少しだけ作る。底を測ったら、看板横から離れているにも拘らず、結構浅いぞ。既に波が出ているのに、ウキが遠くなってしまった。でも開始だ。時刻は11時6分。すると、何と言う事でしょう、これまた昨日と同じように、ウキが第1投からモヤモヤしているではDscf5039ないか。ただ、ウキの馴染みが思ったより少ないので、まずはそれを調整してから。すると、開始して20分くらいでチクッ!やった1匹目。何故か上鈎を食っているが、ノー・プロブレム。さあどんどん行こう。あたり自身はそんなにハッキリとしたものではなくても、合わせれば掛かる。それで、Dscf5040Dscf5041Dscf5042Dscf5043Dscf504412時のサイレンが鳴るまでに4匹を追加。早くも第2目標クリアだ。予報どおり湖面が穏やかなせいか、ウキが良く見えて思ったより良いペース。2桁は当たり前か。更に12時のサイレンと共にもう1匹。爆釣間違いなしかも。ただ、気持ちあたりが少ない気がする。モヤモヤをあたりに結び付ける事が出来れば、、おそらく倍の釣果が望めるだろう。惜しいかな私にはそれが分かりません。それでもポDscf5045Dscf5046Dscf5047ツポツと12時半頃までに3匹を追加し、第3目標にリーチ!ここで、あたりが遠のいてきたのを幸いに?昼食を食べながらの餌打ちに切り替えると、いきなりの消し込み!慌てて合わせると、とりあえずは掛かったものの、ガックリ尻ビレから見えてきた。まあ、こんなものでしょう。これで場が荒れたのか、結局12時台には1匹も追加出来ず。1時を過Dscf5049Dscf5050ぎて2匹を追加したが、どうも上ずっているような気がした。まあ、何とか第3目標まで来たが、何となくスッキリしないまま1時31分に餌が尽きて底は終了。結果、底では実釣2時間半弱で11匹。何かしらの方策があればもっと釣れDscf5051た筈(いつものタラ・レバでした)。さあ、次は宙。どうしようかな。昨日と同じく13尺でセットをやるか。いや、ここは先日好結果だった?12尺を出してみよう。もちろんグル宙です。餌はα21・わたグル。スイミーも少しだけ作る。そしてウキを細いトップのものに変えて、前回と同じ「たな」での再開は1時57分。最近は開始が遅いので終了も4時過ぎになってしまう。誰もいなくなってもし事故が起きたらと思うと、ちょっと心配だ。さて、餌打ちを始めると、すぐにウキにDscf5052動きが。そして何とあたり?残念カラ。だが、これを数回繰り返した後に、やった掛かりましたよ!これは宙でも意外と行けそうな感じ?しかぁ~し、すぐにウキの動きがなくなる。まあ、そんなに寄っていないのだろう。どんどん餌打ちすると、1匹目から30分くらい経って、同じようなあたりで2Dscf5053Dscf5054匹目。こんな感じで良いのかな。いや、もっとウキを動かさなければ。ただ、バラケを付ければ良いというものでもなさそう。その後1匹を追加したが、念のため下鈎に粘土を付けて打ってみると、下鈎は底には着いていないものの、かなりギリギリのところだと分かったので、20cmくらい上げてみる。すると、すぐにあたり!やったと合わせるが、「たも」の手前でバラシ。ガクガクッ。それでも3時半頃にやっDscf5055と4匹目ゲット。そして3時40分頃に餌が尽きる。結果、宙では実釣1時間40分くらいで4匹かぁ。ダメダメだな。このまま帰っても良いが、まだ4時前。ここは残業だ(オイオイ、大丈夫か?)。目標はとりあえず1匹。餌は新べらグルテン底を1時間で打ち切る量作る。同じ「たな」で再開するが、ウキは弱く動くもののあたりにはならず、「たな」を上下しながらGTを待つが、一向に来ない。4時頃に常連さんが帰ると、池にはへら師は私と対面の2人だけになってしまった。バサーもいるが、万が一のときに助けてくれるかな?それはさておき、湖面の穏やかさとは裏腹にウキの動きは寂しい。「たな」を大きく上下してみるが、先の餌でもDscf5056そうだったように、餌落ち付近でウキがモヤモヤするものの、結局あたりは出ず(出ても非常に弱い動き)、4時29分に無念の終了。残業の効なし。結果、宙では実釣2時間半で4匹。宙は何をやっても難しいですね。トータルでは実釣5時間で15匹。片付け。まだ充分明るくて、湖面も凪いでいる。でも私はやりま・・・せん(そろそろ飽きる頃か)。片付けを終え、駐車場に戻る。少し厚着をしてきたので、おそらく汗ビッショリ。今日は連荘で来たものの、思うような結果は出なかった。さあ、明日は何処に行こうかな(実はもう決まってるんですけど)。そろそろと池を後にした。
 
ここをポチッと押していただければ幸いです
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2015年3月25日 (水)

寒が戻ってへらも動かず?@増沢池 with Kさん and 岡ジャミパラソルさん

今日は風が強いとの予報に、普段なら竿を出す事など考える筈もない私だが、何故かその気になってパラソルさんにメールしたら、既に三遠南信を走っているとの返事。それでは私は増沢にでも行くかな。おそらく長い竿は振り難いので、短い竿でもOKの日向側橋の下(しも)にでも入ってみるか。しかぁ~し、出発は10時過ぎ。おまけに家人を送る用事も重なって、こりゃぁ開始は11時頃になるかな。駐車場に着くと、Kさんの車ハケーン!今日も日陰で自虐かなとメールするが、返事がない。まあいい、荷物を降ろして池に向かう。途中、橋の上から、入りたかった日向橋の下(しも)には先客が見える。看板横にも。日陰側は深場しかいないが、湖面の波を見ると浅場には入りたくない。考えながら坂を下りると、上がってきたKさんと遭遇。メールには気付かなかったようだ。日陰で放流に遊んでもらうと言って駐車場に向かった。私は楽チンな看板横に入ろう。先Dscf5023客に挨拶して、左に入る。さあ準備だ。予定が狂ったので、仕方なく15尺を出して底から行こう(13尺では前回根掛かり)。餌はα21・わたグルの両グルテン。少しだけ夏・マッハを作る。シモッて「たな」が取り辛いが、何とか取って開始は11時23分。ちょっとやれば12時かぁ。でも仕方ない。しかぁ~し、第1投からウキが流されまたシモリながらも返しているように見える。意外と高活性かも。でも隣を見ればそうでもなさそうで、これは状況判断が難しい。と、ここでパラソルさんからメール。鳳来は風が強くて諦め、こちらへ岡ジャミに来るとの事。それまでに何とか結果を出しておきたいが、数投打ったところでパラソルさん見参!すると、ウキが馴染む途中でズルッ!これは底釣りではないが、掛かれば何でもOKと合わせれば、やった掛かりました!しかぁ~し、寄せる途中で出目に気付いたパラソルさんからスレのお言葉。確かに目にスレだ。サイズは放流ではないが、最初からこれでは先が思いやられそうだ。バラグルと両グルを適当に打ち分けながら様子を見れば、波の中シモるようなあたりがポツポツ出たが、12時のサイレンまで1匹も掛からず。ヤバイ、ウキが動いての凸か?それでも12時を過ぎて、やはりシDscf5025モるようなウキの動きでやった今度こそ掛かりました!パラソル判定員から、今度はバラケを食っているとのお言葉があったが、食っていればOKOK。やっと凸から逃れられた。その後バラシが出たところでパラソルさんが茶店タイム。気が向いたら竿を出すと言って帰った。お疲れ様でした。そうそう、Kさんは対面に入っている。様子は分からないが、良い時には20数枚出たと言うから、今日もそれなりの結果を出すのだろう。さて、風・波は一向に収まらず、時には竿が竿掛けから外れる程の強い風も出て、とりあえず凸ではなくなったので、適当に終わろうかなと思っていると、それでもウキはシモリながらもあたりを出す。が、大Dscf5026Dscf5027Dscf5028半がカラ。餌付けを小さくしたり、ウキ下を微調したりして、何とか1時までに3匹を追加。全て放流と言うのが残念だが、釣れないよりはましでしょう。1時を過ぎてもウキはDscf5029Dscf5030Dscf5031Dscf5032動き続け、たまにあたりに合って餌が尽きるまでに4匹を追加(ただし、6匹目は「掛かってます!」。一番良型だったのに、残念!)。最後の方では昼食を食べながらではあったが、数的には前回よりは少しましな結果となって1時45分に終了。結果、底では実釣2時間20分で8匹。さDscf5033て、次はどうしよう。前回同様両グルの宙を試してみるかな。竿は13尺に変更。仕掛けを出してみたら、何とセットになっているではないか。ハリスを交換して両グルにするのがベターか。いや、ここは仕掛けの通りセットでやってみよう。餌はセット専用バラケ・天々のバラケに「玉」。後で「お」になるかもしれないので、買っておいた黄色い「お」の準備もする。そして「たな」1本くらいでの再開は2時6分。終わるのは4時過ぎかぁ。始めるのが遅かったから仕方ないか。風・波は相変わらず出ていて、宙はやり辛そう。でも再開。風のせいで思うように振り込めない。バラケをしっかり付けてウキの馴染みを出すようにすると、じきにウキDscf5034が馴染んだ後にチクッと小さなあたり?これに合わせれば、やった早くも1匹目。こりゃぁ爆釣か?しかぁ~し、その後はバッタリ。何故なんだろう、いつもこうだ(愚痴?)。「たな」をいじりながらしばらく打ち続けるが、「玉」が毎回のように落ちるのが気になって仕方ない。そこで、GTが近づいた3時頃に下ハリスを伸ばして黄色い「お」の登場だ。ハリスを伸ばした分ウキ下を縮めて再開すると、確かに簡単には落ちないが、これは単に「お」が新しいためかもしれない。あっ、対面Kさんがいない。いつ帰ったのだろう。さて、GTが来る筈なのにウキに動きなし。最近はGTも時間が遅くなったのかな。更に、橋の影が伸びてきて私に覆いかぶさった。これで体感温度が下がると同時にウキの視認性も悪化。もう無理だ。早く餌を打ち切って終わろう。なんて考えていたら、常連さんが終了して私の後ろに来た3時半Dscf5035近くなって、ウキがズルズルと入って行くではないか。これに合わせれば、やった食ってますよ!とりあえず底と併せれば第3目標クリアだが、ホント、セットは難しい。今年の課題にしようかな。この頃からウキに動きが出始めた。遅れてきたGTだ、きっと。しかぁ~し、あたりらしきウキの動きに全く合わない。バラケに来ているのかな。更に、目にも止まらぬ消し込みでは目にスレ。ガクガクッ。更に更に、ラス前々では消し込みでハリス切れ。もうガクガクッ×ガDscf5037クガクッ。今になって何で、と思いながらも交換するが、最後の1投でもあたらず、4時15分にバラケが尽きて終了。結果、宙では実釣2時間余で2匹。トータルでは実釣4時間半で10匹。疲れきって片付け。第3目標も達成したし、まあ充分でしょう。しかぁ~し、橋の影が抜けると共に風・波も弱くなったではないか。でも、残業はやりま・・・せん(お約束)。片付けを終え、駐車場に戻る。骨折した右足の具合が良くない。踏み込む度に中指が痺れるような感じがして、困った。リハビリの手を抜いたからかもしれないなぁ。さあ、帰ろう。そうだ、ベイシアならぬカインズホームでティッシュ5箱組を買わなければ。これは1箱に200組400枚入っていて質も良い(大王製紙製)上に税込198円とお安い(今だけですよ、奥さん)のでお勧め。お一人様5組まで買えるので、目一杯買っておこう。あれっ、これは釣りと無関係だよな。荷物を積み、さっさとカインズホームへと向かった。
 
ホント、ここをポチッと宜しく。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年3月24日 (火)

台湾で大暴れしたのは何処の誰? and 星座占い?

先に台湾の話。空港で大暴れして職員を骨折させて逮捕された人物。記事の中には「日本人俳優」とあったが、現地では韓国籍(パスポートで一目瞭然)として報道されている。だから、正しくは「日本の俳優」だろう。
酒に酔っての行動らしいが、思わぬところで素性が明らかになるとは、当人もビックリしたのでは?
報道ではプライベートでの旅行などとあったが、映画の撮影で台湾に入ったとの情報もある(この事件でクビになったらしいが)。
ネットでは強制送還された場合、何処に送られるのか興味津々のようだ。おそらく「在日」として日本だろう。けれどその時、彼はどんな言い訳をするのかも気になるところだ。

ネットでこんなものを拾った。別に何かに役立つと言うこともないだろうが、とりあえず載せておこう。
 
Seiza

最近厳しい状況にあります。ポチッと宜しく!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2015年3月23日 (月)

サクラサク

静岡で開花宣言が出た。と言う事で、家人を送るついでに増沢へゴー!途中のモクレン通りでは花がほぼ散った。落ちている花びらを見ると物悲しくなるのは何故だろう。
今日は風が強いとの予報に、へら師はそんなにいないのではと思ったが、常連さんらしき車が10台くらい。さすがです。
Dscf5020Dscf5014
橋を渡って対岸の桜を見ると、蕾が今にも綻びそうになってはいるものの、花はポツーリポツリと咲いているのが見えるだけ。ちょっと拍子抜けだが、今週中には満開間違いなし。月末の大会には桜を見ながらの釣りが出来そうだ。
Dscf5016Dscf5017
へら師は浅場ジャカゴから深場ダム?そばまで数は少ないが満遍なく?いて、何処が釣れそうなのかは分からない。私なら風の弱そうなところに入りたいなぁ。でも、今日はやりま・・・せん。
Dscf5019Dscf5022帰りにテクノロードを南進したら、道路沿いの桜で木によっては満開近いものがあった。色がピンクがかっているので、ソメイヨシノではなさそうだ。
椿で季節の花(私はアジサイ)を貰って家路に着いた。明日くらいは竿を出そうかな。でも、風が強そうだし、エヴリデイ・アングラーは本当にひ弱なんですよ。
 
ホント、ここをポチッと宜しく!
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年3月21日 (土)

グル宙?グル底?@増沢池 with Oさん and Kさん その2

注)この記事は1つ前の記事の続きです。
 
後半戦の宙をやる前に、まずは昼食。それから竿を12尺に変更。餌はα21・わたグルの両グルでやる。「たな」は1本くらいで再開は1時2分。まずは残ったバラケも付けてへらを寄せるつもり。でも、なかなか風・波は止まないなぁ。ウキはこれまた視認性の良いものを採用したつもりだったが、意外と餌を背負わず、トップぎりぎりが見えるくらいまで馴染んでしまう。オモリ調整をやりたいのはマウンテン・マウンテンだが、そのまま続行。すると、開始20分くらいで、いきなりウキが消し込んだ!慌てて合わせるがカラ。でも、へらはいるぞ。俄然やる気になると、じきに馴染みきって少しだけ出ているトップが弱く入り、これに合わせればやった掛かりました!う、嬉しかぁ。すると、それから間を置Dscf4994Dscf4995Dscf4996く事なく同じようなあたりで2匹を追加。適当なハリス長とハリス段差で釣れるとは、かなりの高活性とみた。しかぁ~し、そこからウキの動きがなくなったので、ウキ下を微調Dscf4997Dscf4998(単に縮めるだけなんですけど)すれば、再度ウキの動きが出て2匹を追加。開始1時間ほどで宙だけで第2目標をクリア。トータルでも第3目標Dscf4999に届いたゾ。更に宙では放流だけでなく地べらも混じって引きの強さも堪えられまへん。更にもう1匹ゲットして、こりゃぁ今度こそ爆釣か?しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。調子が出掛かると必ず起きるトラブル。まだまだですなぁ。急いでハリス交換したものの、欲張って?最初より段差を大きめに取ってしまった。これが良かったのか悪かったのは分からないが、時間のロスで状況が変わり、ウキの動きが悪化。そこで、再びウキ下を上げたり下げたり。すると、ウキ下を短くしても芳しくないが、長くしたらいきなりあたりらしき動き。そして交換後40分くらいで結果が出たではないか。更に、そこから約20分の間に3時をまたDscf5001Dscf5002Dscf5003Dscf5004Dscf5005いで4匹を追加。やった宙だけで第3目標をクリアしたゾ。これらは全て、馴染んで返してチクッまたはグッという感じ。3時7分に餌が尽きて終了。宙では実釣2時間で11匹かぁ。私には充分の結果だが、ウキをいつも使っているDscf5006細いトップのものにしていれば、おそらく倍は・・・(いつものタラ・レバでした)。トータルでは実釣4時間で16匹。充分でしょう。さあ終了するかな。いや待てよ、今日は始まりが遅かったので、まだ4時間しかやっていない。せっかくGTが来ているので、このまま少しだけ残業すればまだ釣れるに違いないと、スケベ心がムクムク。それで、今度は餌を新べらグルテン底にして、1時間くらいで使い切る量作る。そしてもちろんさっきまでと同じ「たな」で再開だ。しかぁ~し、いつもならこの時間帯には風・波が穏やかになるのに、結構強い風が吹いてきたではないか。おまけに翳ってしまって寒い、寒いぞ(2回言いました)。それでも、再開してじDscf5007Dscf5008きに1匹目。そしてしばらくしてもう1匹。いずれも同じようなあたりだ。背後から声がしたので振り向くとKさん。いつもより遅い終わりのようだ。今日は良くなかったと言うが、私が見た様子ではそんな事はない筈。午後が良くなかったのかな。また宜しくお願いします。と、ここで考えた。どうもスッキリしないが、ひょっとして底釣りになっていないか?以前バットさんも「たな」を下げていったら底になっていたと言っているのを聞いた事がある。ハリス交換してからのウキの動きやあたりの具合から、底疑惑が浮かんできた。グル宙ならぬグル底か。別に不正でも何でもないが、本人が今何をやっているか分からないままでは困る。オモリを付けて確認しようかな。いや、もし底だったらマズイ?ので、終わってからにしよう(オイオイ)。ちょうどあたりが遠のいDscf5009Dscf5010たので、「たな」を20cmくらい上げてみる。うん、ウキの挙動はさっきまでとほとんど変わらない。すぐに戻すと、4時前になってあたりが復活して3匹目。その後も待つ釣りになったが、4時を過ぎてもう1匹。トータルで20匹になっDscf5011Dscf5012た!更にラス前と最後の1投で連荘!こんな素晴らしい事はない。4時22分に終了だ。結果、残業では実釣1時間強で6匹。宙のトータルでは実釣3時間で17匹、総トータルでは実釣5時間で22匹となった。しかぁ~し、最後に掛かったへらが「たも」の中でハリスを切ってくれたので、底疑惑は解消出来なかった。残Dscf5013念のようなホッとしたような・・・?片付け。ゲゲッ、さっきまでビュービューだった湖面が凪いで来たではないか。Oh,my God!でも再残業はありません。片付け中に常連さんが大挙して終了。Oさんも混じっていた。お疲れ様でした。私も片付けを終え、駐車場に戻る。久し振りに充実感。さあ帰ろう。そうだ、帰りに気になっていた大判焼きの店に寄ろう。さっさと荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
ここをポチッと押していただけるとありがたい。損はさせません
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

グル宙?グル底?@増沢池 with Oさん and Kさん その1

いつもならあまり竿を出す事がない週末だが、天気が良いのが今日くらいまでなので、せっかくだからと出掛けました増沢。もちろん前回の不甲斐なさを帳消しにしたい気持ちも込めて。ただ、天気が良ければへら師も多くなり、果たして入る場所があるか心配な面もある。モクレン通りでは花が散り始めている。駐車場着は10時頃。あっ、OさんとKさんの車ハケーン!まずは車を停め、橋まで行って池の様子を覗うと、橋の上(かみ)にはジャカゴ、日陰側浅場に1人ずつ。橋の下(しも)は日陰側は私のいつもの場所、柳の木のそば、それからグッと深い方に先客あり。今日は曇り勝ちとの予報を受けて、日陰側でも良いかなと思っていたのに、入れないなぁ。日向側では浅い方からポツポツだが、階段下から深場にへら師が集中しているのはいつも通りだ。あっ、浅場で手を振っDscf4986Dscf4985てくれたのはOさんではないか。急いで車に戻り、荷物を降ろして再び池に向かう。河津桜は完全に散った。ソメイヨシノはまだ蕾。最初はOさんの近くにでも入ろうかと考えていたが、坂の途中でふと看板横でも良いのではと思い始め、とりあえず荷物を置き、坂の下の先客に挨拶して遊歩道へと向かう。Oさんに挨拶したら、その隣にKさんハケーン!これは珍しい。Oさんと駐車場で会い、誘われるままに日向側に来てしまったようだ。私も早く準備して始めたくなったので、話もそこそこに看板横に戻る。いつも入る辺りは雨で粘土質がむき出しなので、万が一にも滑って池ポDscf4987チャや捻挫骨折でもしたら目も当てられない。幸い誰もいないので、今まで入った事がない左側に入ってみる。さあ準備だ。竿は13尺で底から入る。餌はいつもの夏・冬・マッハのバラケとα21・わたグルのバラケ。ゲゲッ、時間帯が悪いのかいきなり風・波が。おまけにウキの立つ位置付近に何かあるようで引っ掛かる。テンションダウンだが、振り切れば大丈夫そう。底を取り、開始は10時41分。思いの外遅くなってしまった。坂の下の先客がポツポツと竿を曲げているので、少なくとも前回よりは良い結果が期待出来そう(甘~い!)。すると、開始してじきに、波の中にもウキに動きが。これこれ、これなんですよ、今までなかったのは。見れば私の左、浅場の人も竿を曲げているので、ますます期待が高まる。が、予期していた通り根掛かりで両ハリスをロスト。急いで交換して再度底取り。すると、11時を過ぎた頃、シモッたウキがスッと入った!あたり!と合Dscf4988わせるがカラ。う~ん、残念。しかぁ~し、次の餌打ちで再び同じようなあたり!そして今度は掛かりました!やったぁ、嬉しかぁ。何となく爆釣の予感がするのは私だけか(そうでしょう)。その後も根掛かりに泣きながらもポツポツと12時までに3匹を追加して、爆釣とまではいかないまでDscf4989Dscf4990Dscf4991Dscf4992も、まあ満足出来る状況だ。そして12時過ぎにもう1匹。やった随分久し振りの第2目標クリア!まだ時間と餌は充分ある。第3目標目指してゴー!しかぁ~し、予報と違って風・波がきつくなり、せっかく視認性を考慮して太いトップのウキを採用したので、それさえも見難くなってしまった。結局そのままあたりを見ることもなく、ラス前にも根掛かりで両ハリスをロストすれば、さDscf4993すがに続行の気持ちも失せて底は終了だ。時刻は12時43分。実釣2時間で5匹かぁ。今までなら万歳だが、今日は上手な人がやれば2桁は当たり前だろう。へぼが恨めしい。そうそう、根掛かり等でハリスを5本ロストしたが、中には1回、根掛かりだと思って引くのを休めたら、竿先がピクピク。やっぱりあたりだったんだと再度合わせたら、凄く重くてそのままハリスを切られるという面白い?事があった。一旦休憩してOさんKさんの元へ。Oさんが9尺、Kさんが10尺で底をやっていて、そこそこ釣れているが、放流ばかりでスレが多いらしい。おっ、話している間に、Kさんが2回竿を曲げた。私も戻って再開だ。
 
セットの宙にした方が良いのでは、と思いながら・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年3月18日 (水)

休竿明け。気力充実で臨んだが@増沢池 with いつの間にかKさん

やっと休竿期間が明けた。昨夜から気持ちが落ち着かない。やる気がなくて空きが出来た訳ではないので、そりゃぁもう大騒ぎってもんよ。9時頃に家を出る。モクレン通りでは白モクレンが満開を過ぎ、一部散り始めている。今日は気温も上がるし風もそんなに強くないとの予報に、駐車場は満杯かと思ったが、着いてみてビックリ!意外に少ないぞ。車を停め、荷物を降ろしていそいそと池に向かう。先日Y川さんが深場で15尺の底をやり、ウキが動いていたので、私もそれに倣うつもり。橋の上から上(かみ)を見ると、ジャカゴにはⅠ尾さんと思われる人。看板横にはまだ誰もいない。橋の下(しも)には、と・・・ゲゲッ、日向側は誰もいないぞ。へら師は日陰側深場に固まっている。嫌な予感はあったものの、旧流れ込みが空いていたので、シメシメと入る事に。さあ準備しよう。Dscf4980う~ん、暖かいなぁ。いや、暑いと言ってもいいくらいだ。風・波も今のところ出ていない。予定通り15尺セットの底だ。餌は夏・冬・マッハのバラケとα21・わたグルの食わせ。気持ちが逸って、ささっと底取り。開始は9時49分。しかぁ~し、時間帯なのか風・波が出て来る。でもウキの視認性はまだ大丈夫だ。せっせと餌打ちするが、ウキは一向に動き出す気配がない。対面からさわりがない、あたりがないといつもの3人組の声が聞こえる。午後に帰ったが、昨日は良く釣れたらしいが、今日は1人だけ2桁になったらしい。さて、あっという間に開始30分。そろそろ何かしら雰囲気が出て来そうなものだが、バラケが溶けてウキが返す以外に全く動かない。こちら側はポツポツと3人くらい入っただけ。ダム?そばにはいつの間にか1人入っていたが、じきに消えていた。1時間もいなかったような気がする。橋の上から大きな声がした。Kさんだ。橋の上(かみ)日陰側浅場に入ったが、へらがはたいているとの声を聞いただけ。こちらも午後になって知らないうちに帰った。また、近くで鶯が鳴きの練習を始めたようだ。開始1時間を過ぎ、ウキ下やら餌付けをいじってみるものの、痺れるくらい何も起きない。波でウキの視認性が悪化したのは関係ないだろう。それで、何かしなければと底取りをやり直すが、全く効果なし。そうこうしているうちに、ビックリ12時のサイレンが鳴ったではないか。どうやら今日は気合の空回りで終わりそうだな。何だか帰りたくなってきた。バラケが尽きDscf4981ていよいよ最後の1投。これは放置プレイ。すると、何と言う事でしょう、最後の最後にやっとウキがフワッと返したではないか。そしてシズシズと馴染んだが、それで終わり。12時34分に無念の終了だ。結局1さわりノーあたりだった。真冬より厳しいぞ。へらは浅場に移動したのかもしれない。さあ、次は宙。その前に昼食だ。竿は13尺に変え、餌はセット専用バラケ・夏のバラケと、底で残ったグルテンのセット。「たな」は深めで再開は12時52分。風・波は断続的に出続けて、ウキの視認性は芳しくないが、午後になったのできっとそのうち穏やかになると信じて餌を打ち続ける。すると、1時半頃に、ウキが馴染みながらグッと入り、あっと思ったが手が出ず、しまったと思っていたら再度のグッ!これに合わせると、Dscf4982やったようやく掛かりましたよ!う、嬉しかぁ・・・。30cmは優にある。やれやれ、これで落ち着きそうだ。しかぁ~し、それからしばらくして再度のグッ!ではバラシ。これが良くないのか、それからウキの動きが悪くなった。そこで、「たな」をいじる事に。すると、ウキがそれらしい動きをするようになったが、今度は全くかすりもしない。オヨヨ。食わせが尽きたので「玉」を出す(変な意味はありません)。そして、放置しておいたら、1回だけ目が覚めるような消し込みが出たものの、カラ。ウキが全く動かなかった底よりはましだが、こちらも厳しい事に変わりはない。2時を過ぎ、そろそろGTが来そうだ。何とかもう1匹。しかぁ~し、ハリストラブルで下ハリスをカット。ハリスケースの中から適当にそれらしいのを出してセットしてみたら、何と「お」用Dscf4983の鈎だった。ガクガクッ。でも今更交換はしない(しろよ!)。そのまま続行すると、2時半を過ぎてチクッ!これに合わせればやった2匹目ゲット。ただ、放流に変わっちゃったなぁ。でも贅沢は敵。GTのうちに出来るだけ釣らないと。しかぁ~し、次の餌打ちでチクッ!に合わせたら、何と掛かりましたよ!連荘だ、と喜び爆発で「たも」を持つと、ガックリバラシた・・・。すると、そのせいかウキの動きが止まる。再び悩みの季節。「たな」を上下してウキの動きが出るところを探すが、3時を過ぎた。その後もう1回バラシが出たものの、数を増やせず3時24分にバラケが尽きて終了。途中、グル宙で残業も頭に浮かんでいたが、既に気力は失せているので、終了しDscf4984ます。片付け。へら師もグッと数が減った。釣れないからかなぁ。次回は浅場?いや、釣れても浅いところはあまり面白くないから(釣れなかった時の言い訳か?)。片付けを終え、駐車場に戻る。かなり暖かい(暑い)。明日は雨のようだから、次は金曜か。そうそう、私の左手の草があるところで、へらがはたいていた。繁殖に夢中になると、更に釣れなくなるかも。困ったなぁ。そろそろと池を後にした。
 
ここをポチッとしていただけると、私が嬉しいです
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年3月17日 (火)

面影橋

ぼんやりパソコンの前でようつべにアクセスし、この曲を見つけた。
NSPには前期以外には興味があまりなかったので、全く前知識のないまま聴いてみたが、何か心に沁みるものがあったのか、お気に入りとなった。センチメンタルな夜。

 
P.S.調べたら、昭和54年3月の作品だった。まだNSPから興味がなくなっていた時期ではないのだが、ちょうどこの頃、私は人生の岐路に立っていたので、音楽は二の次になっていたのかもしれない。
 
しんみりとした気持ちでパソコンをオフ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

今日も岡ジャミ@増沢池 with バットさん、Y川さん、バンビさん and 岡ジャミ仲間ザわさん

今日は気温が上がるし風も弱い絶好のコンディション。竿を出したいのはマウンテン・マDscf4971ウンテンなのだが、自分で決めた事は守る。残念だが予定通り増沢に岡ジャミに向かう。
駐車場でバットさんの車ハケーン!おっ、その近くにはバンビさんの車も。今日は鳳来ではないのか。今月末の大会の試釣に来ているのかもしれない。
Dscf4972Dscf4973メールで階段下付近にいるとあったので、橋を渡って左折し、階段を下りると遊歩道端付近にバットさんハケーン!あっ、その手前には久し振りのY川さんではないか。まずは挨拶。Y川さんは今年になって増沢は2回目で、只今準備中。バットさんは今しがた始めたところ。いやぁ、予報どおりポカポカ陽気だ。曇ると少し肌寒く感じるが、これくらいならノー・プロブレム。
早速17尺グル宙のバットさんの様子を覗うと、3投目でウキに動きが。しかぁ~し、なかなかあたらず。それでも仕掛けやら餌についてレクチャーしてもらい、解禁時に試してみたくなった。
Y川さんは15尺の底でバラグルセット。そうそう、バンビさんは何処にいるのか訊いたら、日陰側浅場にいるのが見える。寒そうだ。メールしたら、寒い上に厳しいとの返事。こちらへいらっしゃいと誘ったら、昼頃に移動してきた。
さて、バットさんが11時前に竿を曲げる。流石だ。詳しくはバットさんのブログでご確認Dscf4976Dscf4977願いたい。Y川さんもウキは動いていたが、手が出なかったりカラだったりと、なかなかへらにお目にかかれなかったが、それでも11時半頃に竿が曲がった。ちょうどその頃バンビさんが荷物を抱えて到着。こちらの暖かさに驚きながらY川さんの左に入った。
Dscf4979ザわさんも12時のサイレンが鳴る前に到着。最近も公私共に忙しくて、釣りは4月末くらいまでおあずけらしい。私はこの時点で既に岡ジャミ1時間半。そろそろ消えた方が良さそうだとは思ったものの、なかなかこれだけの面子が揃う事はないし、なによりポカポカと気持ち良いのだ。結局ズルズルと岡ジャミを続け、その間にバットさんもY川さんも竿を曲げる。う、裏山鹿~。
Dscf49781時近くなって、さすがに私も腹が減った。ザわさんと一緒にその場を離れ、駐車場に戻る。長い間お邪魔してスミマセンでした。
ザわさんとは駐車場でお別れ。皆さんの釣っている様子を見て、竿が出したくて出したくて仕方ない。もう少しの辛抱だ。最初にも書いたが、自分との約束は守りたい。う~ん、あと2日。ただ、解禁日は今のところ予報は雨。辛いなぁ。
 
梅は散ったが、桜のまだ蕾のようだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (4)

2015年3月13日 (金)

すっかり春めいて

いくら竿を出さないからと言って、様子を見に行かないのもどうだろうと、天気が良いのをDscf4958言い訳に増沢へゴー!気温は上がっているようだが、風が冷たい。途中のモクレン通りでは、もうモクレンが満開だ。まだ散り始めていないのが幸いといったところ。写真を撮ろうと思ったが、移動中では危ない。信号で停まる際にようやく1枚。ただ、もっと沢山咲いているところを撮りたかったんだが。
池に着くと、Oさんの車ハケーン!その他の知った人の車はない。車を停め、橋を渡って坂を下りる。う~ん、紅白の梅はもう散ったようだな。河津桜も葉が出ている。ジャカゴにDscf4961Dscf49621人。坂の下看板横ではⅠ藤さんが準備中。挨拶しながら遊歩道へと向かう。すると、いましたよOさん。まずは挨拶。Oさんも今月になって初めて来たとの事。なんと9尺を出Dscf4963Dscf4964している。この辺りは底が良いのでOKらしいが、常連さんに聞いたところでは、最近はあまり釣れていないようだ。風も意外に弱くて波もそんなに出ていない。あとはへらが寄るだけですね。数えたところ、橋の上(かみ)にはジャカゴに1人、看板横に2人と坂の下の1人で計4人。橋の下(しも)には遊歩道側に7人と日陰側に3人の計10人。これから暖かくなれば、もっとへら師が増えるのではないか。
Dscf4965Dscf4966あまり邪魔になってはと早々に退散。帰りは陽気に誘われて、坂を上ってから右に向きを変え、池を半周する事にした。猫も気持ち良さそうだ。
Dscf4968Dscf4969途中、散りそびれた梅があったので、写真。しかぁ~し、白い梅の方はピントが合わなかったので、写真は控えめにしました。
駐車場に戻り、あとはいつもどおりのベイシア。そろそろと池を後にした。
 
週末は天気が悪いが、それを過ぎれば春本番か
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

 

| | コメント (0)

2015年3月11日 (水)

4年が過ぎた

3月11日がやって来た。あの日から既に4年が経っている。
ニュースによれば、仮設住宅での生活を余儀なくされている方々が約80000人もいらっしゃると言う。また、未だ行方不明者も数千人に及ぶと聞けば、いかにあの震災が破滅的であったかと言う事だ。
更に、福島第一ではまだ放射能が垂れ流されていて、とてもアンダー・コントロールとは言えないだろう。
今日は静かに鎮魂の気持ちを捧げよう。
ヤフーが今日限定で、3.11というワードで検索すると、1人に付き10円が被災地に寄付されるというチャリティーを行っているというので、時間がある方はご協力をお願いしたい。
 
いろいろな行事があるだろうが、悪天候には充分注意してください
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年3月10日 (火)

いよいよ還暦

今日が60回目の誕生日。故渥美清さんや松田聖子さんと同じ日だ。
だからと言って別に何もないのだが、まあ有名人と同じ日と言う事が少しだけ嬉しいのかな。そうそう、今日は東京大空襲の日でもあった。
この後、一週間遅れの17日にはパラソルさん、更に一週間遅れて最近ご無沙汰の白エルさんが還暦を迎える。
思い返せば恥の多い人生でした。これからは今までのようにダラダラと1日を過ごすのではなく、噛み締めるように日々を過ごして行こう。
な~んて殊勝な気持ちは毛頭ございません。野垂れ死に必至でダラダラと行かせてもらいましょう。
 
敗戦から70周年、日韓国交回復から50年。きな臭い感じがするのは私だけ?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年3月 8日 (日)

3月は別れの月(スマステを観て)

さっきまでスマステで3月にふさわしい定番・新定番の曲を聴いていた。
もちろん私は2000年以前の曲に心惹かれたが、2000年以降でも、いきものがかりの「YELL」とかジーンと来るものがあった。音楽っていいなぁ。
しかぁ~し、2000年以前の定番ソングの1位が松任谷由実の「卒業写真」だったのはまあ良いにしても(私的には、さだまさしの「案山子」が入ってほしかった)、ライヴ映像でユーミンの声が出ていない事にビックリ!キーも低くなっていたようだし、さすがに還暦を過ぎれば厳しい状態になってしまうのか。
でもまあ、ファンにとってはその衰えも含めてのユーミンなのだろう。そう言えば吉田拓郎さんもヴォイス・トレーニングをしてキーを上げている(元に戻す?)と聞いた事がある。衰えをそのまま見せるのか、それともコンディションを保つ事に執心するのか。私が熱を上げた頃のフォークソング・ニューミュージックの皆さんは当然ながら良いお年になっているので、それぞれの方が今後どういう生き様を見せてくれるかも興味深い。
 
もう少しで還暦。よくぞここまで生きてきた
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年3月 5日 (木)

休竿期間に入る

今日から17日までの約2週間、竿を出す事を休む。その間、何とかネタをひねり出していくので、アクセスの方宜しくお願いします。
 
家人を医院に送るついでに、ホンダのディーラーに寄ってGRACEを見てきた。
ネットで大体の事は分かっていても、やはり実物を見るとなかなかのものだ。
今乗っているTIIDAとほぼ同じくらいの居室空間がポイント。前にMAZDAでDEMIOやAXELAを見てきたが、格好や機能などに惹かれても、中が思ったより狭い(特に後部座席)のが気になって、それ以上先に進めなかった。
FITより5cm車高を下げたと言う事で、頭上が少し気になるものの、セダンではこんなものではないだろうか。新車の匂いも相俟って、購買意欲がグーンをアップしてきたぞ。ただ、1年点検を済ませたばかりなので、ちょっと迷うところ。まあ、車検までに決めればいいか。カタログと価格表を見つめる日々が続く。
 
金をひねり出す必要もあった。トホホ・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年3月 4日 (水)

韓国人が暴く黒歴史

Kenkanお馴染みシンシアリーさんの「韓国人による恥韓論」「韓国人による沈韓論」に続く3冊目。7ネットで予約購入し、さきほど受け取ってきた。そろそろ韓国内でも本人探しが始まりそうで、危険を承知の上でのブログ更新が続いている。
外務省のHPで、「最近の日韓関係」の項目で、「我が国(日本)と自由と民主主義、市場経済などの基本的価値を共有する重要な隣国」という従来の韓国紹介文が「最も重要な隣国」に変えられた事でも分かるように、日韓基本条約締結から50周年の節目に、日本はそれまでの韓国甘やかしから脱却する覚悟を決めたようだ。
朝日新聞の意図的な「誤報」によって貶められた日本を取り戻すためにも、今年は両国にとって記念すべき年になるだろう。安部談話がどのようなものになるかも気になるところ。
 
ここをポチッと押してくれると、私が大喜びします
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年3月 2日 (月)

難しい!あたりそうであたらず。ウキが動かなければそのまま@大楽地 with パラソルさん

今日は風が強いとの予報に竿出しを渋っていたが、パラソルさんから大楽地との連絡があり、とりあえず見に行くだけでもと(一応荷物は積んで)10時前に家を出た。割とスムーズに到着。岡ジャミの筈が気が付けば荷物を降ろしている。まさにパラソルマジックDscf4949か。階段を上ると池には先客が3人。ジャカゴには8尺を振る人、奥の釣り座では長竿Dscf4950か。パラソルさんはバルブのすぐ右で誰かと談笑中。挨拶してバルブの左に入る。浜松では風が強そうな感じだったものの、この池は風に強いのかそんなに波立っていない(波はあるけどね)。パラソルさんは花粉でコンディションがやや悪そう。まだ結果が出ていないとの事。私の手に負えるかな。さあ準備だ。竿は真似して15尺で底から入る。餌は夏・冬・マッハのバラケとα21・わたグルの食わせ。底を取って開始は11時9分。すると、最初からウキが返すではないか。これは意外といけるかもね。しかぁ~し、そこから先が弱く上下にモヤモヤであたりにならない。パラソルさんも同様で、曰く「モヤモヤ病」らしい。確かにこれはウキが動かないより堪える(動かなければ動かないで文句は出るけどね)。ウキ下をいじってみるが、効果が出ているのかさっぱり分からない。更にウキを見る時間が自然と長くなり、餌の消費が少なくなって余計に釣れないのかも。ジャカゴの人は8尺で竿を曲げた。う、裏山鹿~。早くも12時近くなった。と、返したウキが小さくチクッと入った気がDscf4951して合わせてみると、やった掛かりました!これは嬉しい、嬉しいですよ。ちゃんと口にも掛かっていて、サイズもまあまあ。良かったぁ。この調子ならまだ釣れそうだ。どんどん行こう。しかぁ~し、次がない。打てども打てどもウキは返すだけ。餌付けかな、サイズかな?とりあえず簡単に出来る事だけやってみるが、特に変わらず。餌打ちのインターバルも意識してみるが、腹も減ったので釣りながら昼食。結局その後1回もあたりを見る事無く、まだ餌は残っているが、次の宙の事もあって底は1時にDscf4952強制的に終了。結果、底では実釣2時間弱で1匹かぁ。まあ、凸でないだけ良かったと言う事で。ジャカゴの人は帰り、1人が奥の釣り台に入った。さて、次は宙。実はここでやりたかったのが、バットさんに感化されて只今マイブームの両グル。竿は13尺に変更。と思ったら、ウキと仕掛け(オモリ)の関係が分からなくなって何度も「あれっ!」の大声。パラソルさんも驚いただろう。失礼しました。その間にパラソルさんが1匹ゲットしている。この池にGTがあるのかは不明(夕まずめはあるらしい)だが、餌落ちをあわせる際に空鈎であたったので、希望が持てそう。何とかそれに乗ってもう1匹と行きたいところだ。やっとそれなりのウキと仕掛けで「たな」1本半くらいでの開始は1時27分。残った餌でセットまがい?、ウキが馴染んだら切るを繰り返すと、次第にウキの馴染みが遅くなってきた(個人の感想です)。が、やはり「モヤモヤ病」であたらない。1時半頃に餌を使い切ったので、今度は新べらグルテン底を作る。すると、この餌が良かったのか、再開してすぐにウキに動きが。ただ、同じくあたりにはならない。それでも「たな」をいじりながら打ち続けたら、2時を過Dscf4953ぎて返したウキが弱く入った!これしかないと合わせると、やった掛かりましたよ!おおっ、竿を持っていかれそう。まさかスレではと危惧するが、寄せてみればOKOK。今度こそGTかな?さあどんどん行ってみよう。しかぁ~し、すぐにウキの動きが悪くなる。更に時折竿が竿掛けから落ちそうになるくらいの強風が吹いて、ウキが落ち着かない。私の左には2人入っている。皆さんパラソルさんとはお知り合いのようだ。さて、何とかウキは動いてはいるようだが、あたりかなと合わせても何も掛からず(あたりじゃないじゃん!)。その後は次第にウキが動かなくなってそのまま3Dscf4954時を過ぎ、3時19分に餌が尽きて終了。結果、両グルの宙でも実釣1時間50分で1匹。消化不良ではあるが予定はこなしたので、終了。と思ったが、2匹目をゲットしたパラソルさんから、日が沈むまでやりましょうとの言葉に釣られて(自分が釣られてどうする!)フラフラと残業する事に。上ハリスをカットしてセットまがいPART2。餌はセット専用バラケを1時間で打ち終える量作り、食わせは「玉」。そして同じ「たな」で再開だ。すると、すぐにウキに動きが出るものの、あたらない。いや、あたった?どうやらバラケに来ているようだ。それならそれで掛かっても怒らないのでヨロシクと声に出すが、掛からない。1回だけズルッというウキの動きで鱗をゲットするが、そんなの関係ねぇ~っ!下ハリスも一応いじってみたが、最後の1投もズルッというカラで4時42分に今度こそ本当の終了だ。結果は言うまでもあDscf4955りません。セットはバラケが難しいね、ホント。池は翳ってしまったが、凪いでいてまだ出来そう。でも私はやりま・・・せん。片付け。奥の釣り台にいた先客2人は帰ったが、私の左の2人とパラソルさんは続行の様子。片付けを終え、お先にと声を掛けて階段を下りる。5時間半やって2匹は頑張った方か(自画自賛)。さっさと家に帰りたかったが、大体の予想は付いていたが帰りの渋滞に巻き込まれてしまい、帰宅するまで1時間余掛かってしまった。残業は考え物だった。さて、明日は雨、木曜からは2週間休竿になるので、今日が釣り納めか。この間のネタ探しが大変だ。でも、何もしないとアクセスがなくなるので、何とか頑張ろう。
 
ここをポチッとすると、私が喜びます
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (7)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »