« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

風が強い中でグル宙をやってみた@増沢池 with 大門係長?

今日は午後から通院。いつもなら釣りはお休みになるのだが、何せ年間釣行100回の目標に対して実績が少な過ぎるので、1回でも多くと言う事で、午前中もしくは午後の早い時間まで頑張ってみる事にした。医院で予約を取ってから、急いで増沢に向かう。駐車場着は9時頃か。GWでも平日?なのか駐車場にはそんなに多くの車がある訳でもない。いつもの場所でささっと釣って終わろう。なんて甘い考えでいつもの場所に入る。Dscf5348旧爆釣ポイントから奥にはへら師が並んでいて、柳の木の奥のⅠ尾さんはもう終了のようだ。さあ準備しよう。今日は元から底の予定はない。まずはグル宙だ。竿は11尺、餌はα21・わたグル。と、奥の方から1人やって来て、私と旧爆釣ポイントの先客の間に入ると言うではないか。2人とも特に異存がある筈もなく、その人は準備開始。何処かで見た事があるようなないような・・・。相変わらず人の顔が覚えられない私、もしかして知り合いなら大変失礼しました。さて、準備が出来て開始は9時28分。ここから約2時間ずつ違う釣りをやって1時半には終了したい。ゲゲッ、風・波が強くなってきたぞ。軽い餌では仕掛けを振り難いが、この釣りを選んだ以上仕方ない。ウキさえちゃんと見えればノー・プロブレムだ。とにかくウキが馴染むまでが勝負。馴染み切ってから待っていると餌が減らず、次の釣り方の時間の余裕が少なくなるのだ。すると、しばらくしてウキに動きが出て来たか。そしてスッと入るような動き。これに合わせるがカラ。数回カラを打っDscf5349Dscf5350た後で、やった遂に掛かりましたよ!意外と早いなぁ。サイズもそこそこ。これは素晴らしい。すると、ほどなく2匹目。あれあれ簡単か?しかぁ~し、次のあたりでバラすとウキの動きが弱くなる。そんな時はスパスパ餌を切って寄せ直す感じ。10時を過ぎても波の中ウキの動きはなんとか見える。とにかくウキの動Dscf5351Dscf5352Dscf5354き(強弱に関係なく?)合わせて行くと、10時半までに3匹を追加して、第2目標クリDscf5355Dscf5356ア!なかなか良いぞ。そして餌が尽きた10時55分までにもう2匹。「最後の1投」も効いた。これはやった意味があったでしょう(丸尾スエオ君風に)。結果、グル宙では実釣1時間半弱で7匹。さあ、次はどうしようかな。予定より30Dscf5357分くらい早いので気持ちに余裕が出来た。それでは、まずは早めの昼食と行こう。それから、風・波が強くなっているので、振り易さとウキの視認性から竿を9尺に変える。今度は両ダンゴ。旧爆釣ポイントの先客は確か両ダンゴの宙でやっていたようだが、帰った。あまり釣れなかったのか。餌はガッテン・マッハ。とりあえず目標は3匹で、トータルで10匹。「たな」は昨日のままで再開は11時10分。う~ん、ウキの馴染みが思うように出ない。それに、ウキがかなり流されてしまう。宙には条件が悪い。隣の大門係長(多分そうではないか?)は、短竿の底で竿が曲がっている。合わせが静かなのが素晴らしい。底のゴミに悩んでいるようだ。私もウキのどんぶらこに閉口しながらも餌を打っていると、開始20分くらい経ってようやくウキの上下の動きが見えてきた。しかぁ~し、ウキがグッと入ったように見えて合わせると、やった掛かりました!しかぁ~し、バラシ。ガクガクッ。その後もほとんどがカラの中、たまに合ったと思えばバラシで一向に釣れない。目標は1匹に下方修正しないと。更に、ウキが立ってからズバッ!で堪え切れずハリス切れ。もう~っ!急いで交換するが、思ったより段差が大きくなってしまった。でももう直しません。しばらくしてサイレンの音。ゲゲッ、もう12時なのか。最低限の目標さえクリアは難しくなってきた(つまりは凸)。しかぁ~し、餌を押し練りしてとにかく持たせるようにすると、それらしいウキのDscf5358動きに合わせれば、やった今度こそ掛かったでしょう!しかぁ~し、しかぁ~し、寄せる時には感じなかったが、「たも」の中で鰓にスレているのをハケーン。ガクガクッどころではない。最早これまでか。対面は私が来た時には2人しかいなかったが、今は6人ほど。やはりへら師は日陰側に集中しているようだ。大門係長?は竿を曲げ続けるが、バラシも多い気がする。さて、そDscf5359ろそろ餌が少なくなって来た。何とか1匹。すると、グッとウキが入ってようやく1匹目。遂に出たぁ・・・。開始から1時間以上経っている。とにかくこれで最低限の目標は達成した。後はどれくらい数を増やせるか(オイオイ、欲深いなぁ)。すると、まさかGTでもないだろうに、ほとんど餌がDscf5360Dscf5361なくなった12時半頃になって連荘!2匹目は大門係長?も大きいと褒めてくれた。当初の予定まで達成出来て、言う事はありません。さあ、もう少し。しかぁ~し、残念ながらウキは動いても掛からず、12時47分に餌が尽きて終了Dscf5362だ。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間40分弱で3匹。トータルでは実釣3時間10分弱で10匹。短時間ではあったが、グル宙が出来て満足。片付け。通院さえなければ、まだ頑張って3時過ぎの凪タイムに爆釣と行きたいところだが、仕方ない。片付けを終え、大門係長?に挨拶して駐車場に戻る。釣っている時には風が強くて涼しいを通り越した感じの頃もあったが、暑い!さっさと帰ろう。そろそろと家路に就いた。
 
P.S.帰る途中にバットさんに確認したら、ほぼ大門係長に間違いないとの事でした。
 
ここをポチッと押してくれると私が喜びます
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年4月29日 (水)

何処の池も食いが立ってる?@引佐天池

昨日は出掛けられなかったので、今日こそ絶対に竿を出すぞ。と言う事で、やや遅めではあるがゴー!もちろん行き先は昨日行けなかった引佐天池。今日は祝日だしGW初日とあって、ひょっとして入れないかもと思いながらも池に着くと、あれっ、池の堰堤に沿う道路には車が見えない。1台だけ遊歩道付近にある。とりあえず公園まで行って不定期便を済ませ(オイオイ)いつもの遊歩道入り口付近に駐車。荷物を降ろして池に向かうと、先客が堰堤左端(浅場)にいたので、挨拶してオーバーフロー右側に入る。さあ準備Dscf5328するかな。ゲゲッ、先客は片付け中だった。どうでしたかと訊くと、ダメだったとの事。曇っていて風も弱く、非常に過ごし易いが、貸切になってしまった。果たして?張り切って来たものの、返り討ち必至かな。とりあえず11尺くらいを出したいが、仕掛けはつぶれたままなので、12尺で行く。もちろん底。餌は夏・冬・マッハの両ダンゴだ。しかぁ~し、底取りの1投目でハリス絡み。早くも交換。それでも何とか底が取れて、開始は10時13分。すると、弱くではあるがウキが返しているように見える。これは・・・。しかぁ~し、今度はオモリの一部が脱落して餌落ちが狂ってしまう。何だかなぁ。急いで合わDscf5329せ、念のため底取りもやり直す。さあ、これで問題なし。すると、10時半を過ぎてチクッ!で1匹目。凸は免れたので嬉しいが、サイズがなぁ。少なくともこの池のレギュラーサイズではない。まあ、そのうち大きいのが来ると思って続行だ。が、11時頃まで3匹を追加したものの、サイズはDscf5330Dscf5331Dscf533230cmには満たないものばかり。釣れれば釣れたでサイズの文句とは、へら師(私!)の欲求は限りがない。ちょうどこの頃から常連さんと思われる人がポツポツやって来て、右奥の深場に入った。あと1匹で第2目標クリアと言う事もあり、何とか常連さんの前で竿を曲げたい。しかぁ~し、あたらない。またはあたってもカラとバラシばかりで姿を見るDscf5333事さえ出来ない。11時半を過ぎて(約40分がとても長く感じた)、やっとあたりに合って5匹目。ようやく第2目標クリア。う、嬉しかぁ。しかぁ~し(今日はこればかり)、次のあたりでバラすと、両ハリスが道糸に絡むアクシデント。両方とも切って交換するが、大体こんなものと底取りをやらずにDscf5334Dscf5335再開(コラコラ)。ウキの馴染みも想定内とウキを見つめると、12時までに1匹。更にサイレンの後に1匹。サイズが大きくなってきた。そして最後Dscf5336の1投で「上がりべら」ゲット!時刻は12時22分。結果、底では実釣2時間10分で8匹。堰堤に4人並んだ常連さんは短かそうな竿(10尺?)で次々と竿を曲げているので、私くらいの結果は当たり前なのかもしれない。でも、まあDscf5337満足だ。さあ、次は宙。と、その前にトイレ休憩と昼食。さて、何をやろうかな。グル宙も面白そうだが、増沢でそこそこだった両ダンゴでやってみよう。竿は9尺に変更。餌はガッテン・マッハ。「たな」は増沢の時よりやや深めにしての再開は12時37分。う~ん、やはりウキが馴染まない。指で揉んで何とか馴染みを出す。ゲゲッ、ウキの近く餌が落ちるところにパクパク野郎が出現したぞ。グル宙ならこいつ等を一網打尽に出来るDscf5338かもしれないが、今日は狙いません。あくまでウキの真下で「たな」を目標に。しかぁ~し、1匹目は開始10分ほどで出た「掛かってました!」。サイズはグーンとアップして30オーバーだが、ちょっと残念だ。でも1匹は1匹ですよ。カウントカウント。その後1時を挟んでもう2匹。3匹目はサイズDscf5339Dscf5340ダウンしたが、ノー・プロブレム。しかぁ~し、そこからしばらくあたりに翻弄される。ズバッという消し込みでカラ。ズルズルと入って行く動きでもカラ。特に何かをして対策すると言う事もなく、いつもの手水とグルグル、更に指で揉みDscf5341Dscf5342揉みくらい。すると、それくらいでも効果が出たのか、1時半を挟んで(この表現も多いね)2匹をゲット。宙での第2目標クリアだ。5匹目は何故か上ハリスが見当たらない。手応えでは分からなかったが、ひょっとしてダブルの一方が切れたのかも(個人の感想です)。さっさと交換するが、段差が縮まってしまったか。でも続行ですが、何か。その後も相変わらずカラとバラシに翻弄されるが、2時近くにDscf5343Dscf5344Dscf5345Dscf5346なってからポツポツとあたりを拾えるように。そして8匹目と9匹目は体高があってサイズもグー。いやぁ、素晴らしい。2時25分に餌が尽きて終了。今日は残業もせずに終了だ。特に意味はありません。結果、宙では実釣1時間50分弱で9匹。ズバッというあたりに痺れたぁ。トータルでは実釣4時間で17匹。他の人はどうか分からないが、私的には満足です。片付け。午後Dscf5347になってからバサーが増えて一時は6人くらいいた。釣れたサイズはそれほどでもないような感じだったが、結構人気のスポットのようだ。片付けを終えて車に戻る。やはりGWとへらの食い気は時期的にマッチングしているようだ。この際、せっせと通ってへらの引きを堪能しよう。鳳来はGWが終わる頃がちょうど良いかもしれないので、楽しみは後に取っておくとするか。そろそろと池を後にした。
 
最近ここを押してくれる方がいないので寂しいです
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

タイミングを逸した

今日も引佐天池にでも行こうかなと思っていたが、起きたら8時。6時頃一旦目覚めたのだが、春眠暁を覚えずで再度グッスリ。でも、まだ充分時間の余裕はある。出掛けようかな、どうしようかな?
などとグダグダやっていると、あれれ12時だ(オイオイ)。
もちろん午後からの竿出しという選択肢がない訳ではないが、結局釣行は止めて家でゴロゴロ。勿体無いので、明日は是非とも近場に行こう。
 
早起きしないと道が混みそう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年4月27日 (月)

GWに備えてへらの食い気も上がってきた?@増沢池 with Kさん

あまりウキが動かないのもしんどいので、そろそろ増沢も良いかなと、いつもより早めにゴー!駐車場着は9時頃か。急いで荷物を降ろし池に向かう。もちろんこの陽気、日陰側いつもの場所だ。しかぁ~し、旧爆釣ポイント、更に柳の木の奥と塩ビ管手前まで先客。ラッキーな事にいつもの場所は空いているので、先客に挨拶して荷物を降ろす。対Dscf5296面はまだ誰もいないが、後から2人入った。こちら側は整地された辺りの様子が分からないものの、おそらく常連さんが数人は入っている気がする。湖面はまだ凪いでいるし、ウキの視認性もまあまあだ。さっさと準備しよう。隣の先客は長い竿を出しているようだが、私は11尺で行く。もちろん底で両ダンゴ。餌は夏・冬・マッハ。ゲゲッ、準備中に風・波が出て来た。でもウキさえ見えれば何とかなる筈。底も取れ、開始は9時26分。いつもより1時間は早い。これからもっと早い時間に始めれば、釣りをたっぷり堪能出来そうだ。すると、数投でウキに動きが。さあ、あたれ!と祈ると、開始10分くらいでチクッ!これに合わせるとやった1匹目ゲット。おおっ、サイズもグーではないか。その後もDscf5297Dscf5298Dscf5299カラツンを味わいながらポツポツと10時までに2匹を追加。前回看板横の時より良さそうな気がしてきた。とりあえず第3目標を目指してやろう。すると、10時を過ぎて調子がDscf5300Dscf5301Dscf5302上がり、10分くらいで3匹。早くも第2目標クリアだが、これくらいは楽勝。もっと高いとこDscf5303ろを見ないとね。しかぁ~し、バラシでオモリの一部が脱落し、餌落ちを合わせている間にウキの動きが悪くなる。10時半頃にやっと7匹目。調子が落ちてきたか。ちょうどKさんがやって来て、柳の木の奥と塩ビ管手前の間に入った。その後ハリス切れもあってしばらくはあたりが出なかったDscf5304Dscf5305Dscf5306Dscf5307が、10時50分頃から再びウキの動きが良くなり、11時頃までに怒涛の?4匹で第3目標早くもクリアだ!まだ餌はある。しかぁ~し、12匹目と喜んだのも束の間、「たも」の前でバラし、反動で仕掛けが頭上の木の枝に。勢いでグッと引っ張ったら、ゲゲッ道糸がウキの上で切れてしまった。ちょうど「たも」がギリギリ届くところにウキがブラブラ。一般にはタバコの火で道糸を切って回収するのだろうが、そんなものはない。「たも」に竿等回収用のルアーを括り付けて道糸に引っ掛けて何とか回収出来た。これもyurieさん作のお気に入りの1本だ。以前Dscf5308竿を持って行かれた時も、絶対回収すると頑張った大事なもの。良かったぁ。もちろん続行は不可能なので、とりあえず底は終了だ。時刻は回収時間も含めて11時15分。結果、底では実釣1時間半強で11匹。せっかく調子が出て来たのに、大事な場面でトラブルが発生するのが私の常。仕方ない。さあ、それでは残った餌をどうしよう。そうだ、宙の仕掛けでグル宙ならぬ両Dscf5309ダンゴの宙?とにかく餌を打ち切るつもりでどんどん打てば、餌が尽きた11時39分までに2回あたりを見、そのうちDscf53101回掛かった。結果、両ダンゴの宙もどきでは実釣25分で1匹。食い気があれば何でも食う。これは素晴らしい。隣の先客は12時近くに帰った。さあ、次は本当の宙。と、その前に昼食。それから竿を9尺に変更。餌はガッテン・マッハを半々で。「たな」1本くらいでの再開は11時58分。すぐに12時のサイレン。う~ん、やはりウキの馴染みが出ないなぁ。指で揉んで餌付けして何とか馴染ませるが、ウキはなかなか動き出さない。ダメか。前回もパッとしなかったDscf5311が、同じ轍を踏む事になりそう?それでも繰り返し餌を打っていると、モヤモヤし始めるものの、あたりにはならない。そこで、ハリスを詰めてみると、12時半過ぎになってやっとそれらしいウキの動きで1匹目ゲット!おおっ、まだウキは動いている。ひょっとしてもう少し釣れるかな?すると、しばらくしてもう1匹ゲットした上に、何と言う事でしょう、1時近くなって連荘!自分でもDscf5312Dscf5313Dscf5314ビックリ。これは私が何かした訳ではありません。向こうに食い気があるだけ。素晴らしい。既に4匹ゲットしているので、ひょっとしたら第2目標まで行けるかな。餌の具合が良いのか、1時を過ぎてもウキの動きはなくならない。もちろんその分カラが頻発。スレやバラシも少し。ただハリスは切れなかった。餌が尽きた1時30分までに3匹をゲットしDscf5315Dscf5316Dscf5317て、実釣1時間半で7匹と私にしては上出来。トータルでは実釣3時間半で19匹となっDscf5318た。もう充分釣った気がするが、早めに始めたのでまだ時間の余裕がある。それでは再度餌を作ってグル宙?いや、ここは何故か両ダンゴだ。餌はスイミーの残りとBBフラッシュを併せて1、それにガッテンとマッハを2:1。やっとスイミーを使い切った。まだ餌が完全に吸水していないのDscf5319に餌打ちを始めると、何と第2投でウキがズバッ!やった早くも1匹目ゲットだ。しかぁ~し、そのタッチが持続する訳もなく、すぐにウキの動きが悪くなる。Kさんは2時近くに帰った。さて、それでもそれらしい動きにどんどん合わせて行くと、2時を過ぎてやっと掛かりました!いやぁ、長かっDscf5320たなぁ。ただ、ウキの動きはあるものの、餌がぶら下がってしまうとシーンなので、「たな」を上げてみると、ウキの動きは復活。しかぁ~し、最初の餌の頃とは違って、同じようなウキの動きで全く掛からないか、またはスレバラシ。それで、とにかくあたりらしきウキの動きにただただ合わせるだDscf5321Dscf5322Dscf5323け。ポツーリポツリと拾うが、3時近くになると急にあたりに合うようになる。まさにGTかDscf5324Dscf5325Dscf5326も。そして餌が尽きた3時10分までの実釣1時間40分弱で計8匹をゲットだ。両ダンゴの宙であたりが出て、それを拾えるのは今年になって初めて。へらもGWを知っているDscf5327のかもね。トータルでは実釣5時間余で27匹。いやぁ、素晴らしい(もちろん私にとって、だが)。片付け。時間帯なのか湖面が穏やかにはなってきた。でも私はやりま・・・せん(お約束)。片付けを終え、駐車場に戻る。充分疲れた。さあ、次はベイシアか。荷物を積み、さっさと池を後にした。
 
鳳来でもこれくらい釣れれば(ナイナイ!)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年4月24日 (金)

1ステップアップ?@鳳来湖 with パラソルさん and 竹さん

昨日はそれほど歩いた訳でもないのに、足がだるくてスッキリ起きられなかった。パラソルさんからメールが来ていて、鳳来には11時頃の到着となるようだ。それなら私は10時に家を出ればOKかな。でも、仙人さんのところで年券を買ったりする時間を考慮すれば、9時半くらいが適当か。そろそろと家を出ると、道はそんなに混んではいないものDscf5290の、三遠南信がやはりネックになって、到着は10時半過ぎ。毎回ではあるが疲れる。あっ、橋の下に竹さんハケーン!まだ3投目らしい。仙人さんのところに行ってみるが、いない。困った、年券が買えない。待っていてもいつ来るか分からないし、まあ、後で買えばいいか。パラソルさんと約束した、石垣の奥に向かうと、駐車スペースで偶然仙人さんに遭遇。胡散臭い目で見られたDocu0029が、年券を購入して林の中へ。階段を下りると、あれれパラソルさんではない人が。それでも挨拶して深場を見れば、パラソルさんの荷物。じきに奥からやって来た。まずは挨拶。奥の方にも先客がいるので、前回より少し奥側で竿を出す事にする。今日は風・波があってやややり難いか。さあ準備しよう。でも、仕掛けから作らないとね。竿は18尺、底。餌はいつものバラグルセットDscf5291だ。仕掛け作りでもたもたした上に、底取りにも時間が掛かって12時の腹サイレンが鳴っても終わらず、開始は12時20分。既に始めていたパラソルさんは第1投からジャミの洗礼。私のウキも最初こそ動いたが、あたりらしき動きが出てもカラ。風とは無関係?にウキが流される。ウキの馴染みも一定せず、果たして底取りが合っていたのかさえ疑わしくなる。おまけに季節なのか顔付近に虫。ブーンという羽音がイライラして、釣りに集中出来なくなる。「農家の店しんしん」で顔を覆うようなものを探して来ようかな。大体1時間くらい打ったところで、やっとジャミが掛かった。何でも良いから嬉しかぁ。と、ここでパラソルさんから場所の移動を提案される。奥に行けば流されないらしい。急いで荷物を片付けるが、パラソルさんの移動の速さにビックリ。斧でのmasaさんと同じだ。石垣を奥に進み、90度曲がったところから更に奥の橋が見える辺りだ。3人の先客。その左にパラソルさんが21尺を出している。そしてその左に私。さあ、もう一度底取りだ。風Dscf5292はあってもほとんど流されず、虫以外の余計なイライラはなくなった。残った餌を使って再開は2時12分。今度はウキの馴染みもおかしくない。しかも、何故かは分からないが、ウキが返す事もしばしば。すると、へらがボチャーンという音を立ててもじるではないか。これは行けそうか?しかぁ~し、あたらない。次第にウキを見つめる時間が長くなった気がするのは私だけ?パラソルさんは根掛かりに苦しみながらもウキは動いているようだ。その後あたりらしきウキの動きは出ないまま4時頃になる。もちろんこれからGTなので、帰る訳には行きません。再び同じ餌を作って再開すると、新しさに惹かれたのかウキに動きが。しかぁ~し、やはりあたらない。前回よりは良い結果で帰りたいので、4時半頃になってあたりらしきウキの動きに手を出すと、やった掛かりました!凄い引き!Dscf5293しかぁ~し、外れた。下鈎には鱗。ガクガクッ。これでへらが散ってしまったかと思ったが、しばらくはウキの返しが出ていたものの、やがてほとんどウキに動きがなくなってしまう。何かが底付近にいると信じたいが、たまにウキは返すものの、その後がない。まるで斧。5時を過ぎ、後どれくらいやるかとパラソルさんに訊くと、5時半まではやるとの事。私自身はノー・プロブレムだが、帰りが真っ暗なのは避けたいところ。餌が残らないようどんどん餌打ち。と、パラソルさんが合わせた!あれっ、また根掛かりかなと思ったら、何と掛かっています!しかぁ~し、痛恨のハリス切れ。0.8号のハリスが切れた。私は今0.5号だが、もう少し太くした方が良いかも。その後ウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返して5時57分に無事餌を打ち終えて終了。結果は言うまでもありませDscf5294Dscf5295んね。日中は暑かったが、今は肌寒い。急いで片付け。この池でのエピソードと言えば、前回のリリアントラブルが最初だったが、今日はスレてバラシ。1ステップくらいアップしたと言ってもいいかな?すると、次回はハリス切れでステップアップ?すると、その次こそ結果が出そうな気がする。それでこそ年券を買った意味があると言うものだ(ハテ?)。片付けを終え、駐車スペースに戻る。竹さんはまだやっているかもしれないので、いれば岡ジャミでもと思いながら解散。パラソルさんはあっという間に私の視界から消えた。その後をのろのろと進み、橋のふもとまで来ると竹さんの車がない。やっぱり終わったんですね。そこからそろそろと湖岸の道路を進む。ダムを横目に更に進むと、途中で竹さんとパラソルさんの車ハケーン!多分パラソルさんが追いついて談笑中だ。2人はこの後何処かで夕食と言う事で、あっという間に走り去った。その後ろをモタモタと追いかける私だが、2台はすぐに視界から消え去り、その後三遠南信でも姿を見かけることはなかった。私がのろいのか、それとも・・・。7時過ぎに帰宅。もう暗い。疲れた。さあ、明日はどうしようかな。近場でへらの手応えを感じてからGW明けに鳳来と言う事にしようかな。
 
難しいが面白い。少なくともあと4回は行って元を取らないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年4月23日 (木)

「善」に行って来た

いよいよ豊川の「善」に行く日が来た。3時に駅で待ち合わせだが、少し早く着いたので、予定より1本早い電車で豊橋に向かう。大体30分か。そこから飯田線で三河一宮まで10数分。あまりに早く着いてしまったので、時間つぶしにパラソルさんに教えてもらDscf5271Dscf5274Dscf5275Dscf5277いながら「砥鹿神社」へ向かう。気温が上がって暑くて堪らないが、神社の森に入れば一気に涼しくなる。気持ちも清々しくなって、さあ「善」へ向かおう。
まだ開店時刻には少し早いが、暖簾が出ているので入店すると、奥からひげさんが「ひげなし」で出て来たのにはビックリ!パラソルさんから大体の事は聞いていたが、カウンDscf5279Dscf5280Dscf5281Dscf5282ターに10人くらい、大きなテーブルにも10人、掘りごたつの4人掛けが3つあって、全部埋まれば30数人と大きな店だ。
Dscf5283Dscf5286Dscf5287まずはビールを頂く。それからいろいろと注文するが、逐一写真を撮るのを忘れたため、食べかけの写真でご容赦いただきたい。途中からじゃがにぃさんも加わり、また我々以外のお客さんもやって来て、8時過ぎまで楽しい時を過ごせたのは非常に嬉しかった。
8時35分の豊橋行きに乗るため、名残惜しいが店を後にして駅に向かう。ゲゲッ、切符を買う自販機さえもなかった。どうすれば良いか分からず、とりあえず来た電車に乗るDscf5288Dscf5289が、途中で整理券があることに気付く。ヤバイ、どうすれば良いのか。そのまま豊橋に到着すると、構内は東海道線に繋がっているので、そのまま乗り込んで浜松まで。精算所で三河一宮から乗った事を告げると、普通に清算してくれて、不安な気持ちは一段落。良かったぁ。
帰りのバスでO名人に遭遇。歓送会の帰りだと言う。豊川まで行って来た事を話すと驚いていたが、今度釣った黒鯛を届けようかと言っていましたよ、ひげさん。
さあ、明日(既に今日になっているけど)は鳳来。あのギュイーンの続きに会えるか?楽しみでもあり不安?でもある。さっさと寝よう。
 
仕掛けは現地で作ればいいか
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3)

2015年4月22日 (水)

釣り方が問題なのか、それとも時間帯なのか@増沢池 with Oさん、Kさん and パラソルさん

ようやく釣りに出掛ける事が出来るようになった。おまけに今日は好天で気温もそこそこ暖かそうだ。それでは増沢へゴー!駐車場着は10時前。あっ、Oさんの車ハケーン!何処にいるのかな?湖面は大分波立っているので、ウキが見易い日向側にでも入るとするか。急いで車から荷物を降ろして橋を渡る。そうだな、後からパラソルさんが来ると言うから、入り易い看板横にでもしよう。しかぁ~し、看板横は風の通りが良過ぎたが、Dscf5253それは後になってからの話。Oさんは対面塩ビ管手前にいて、電話をくれた。まだ始めたばかりだと。それでは私も準備するかな。予想外に風・波があるので、底くらいしか出来ないか。竿は13尺、餌は夏・冬・マッハの両ダンゴで行くぞ。多分底が取れたと判断しての開始は10時20分。やはりウキがどんぶらこ。これは厳しいぞ。今年初めての両ダンゴの底、果たしてあたるか?それでも繰り返し餌打ちしていると、次第にそれらしきウキの動きが出て来て、おそらくあたり!しかぁ~し、カラ。まあまあ、最初はこんなものかなと思っていたが、何度となくカラを味わうと、やはりウキ下の微調。すると、開始30分でシモッたウキに動き。それに合わせると、やった掛かりましたよ!サイズは放流だDscf5254Dscf5255Dscf5256Dscf5257Dscf5258が、嬉しかぁ。それからポツポツとあたりを拾い、開始1時間(1匹目から約30分)で第2目標クリア!何だろう、良く分からないが、おそらくは活性が上がっているのでは?濁りがあるのも関係あるかもね。へら師は日向側には私を含めて4人くらい。Kさんがやって来て、いつもの日陰側柳の木奥に入ってOさんと歓談中。整地された辺りには常連さん。風は涼しいが、日が当たって暑い。これからは日Dscf5259Dscf5260陰。さて、その後もウキは動き続け、ポツポツと2匹を追加するが、その後のチクッあたりで遂にスレてしまった。あたりからは想像出来ない腹ビDscf5262Dscf5263レ。ガックリだが、12時前に1匹。そして12時のサイレン後にもう1匹と、第3目標にリーチ!あれだけ風・波がある中であたりが拾えるなんDscf5264て、グーググー!更にしばらくしてグーなサイズで第3目標クリア!これは素晴らしい。ちょうどパラソルさんがやって来たので、この調子で良いところを見せたいと力が入るが、残念余計な雑念が道糸を通してへらに伝わったのか、あたらない。しかぁ~し、餌がもうじき終わる頃になって、まさにバッチリのチクあたり!やった「上がりべら」ゲットと寄せてみると、何故か目の上にスレ。あたりといい、引き具合といい、スレを感じさせなかったのに、何故だぁ・・・。多分12時40分頃に終了だが、終了写真を撮り忘れたので、正確には不明。実釣約2時間20分で10匹かぁ。まあまあのような、そうでないような。パラソルさんは私の左に入って開始。気温が上がらないのに加えて雲が多くなって体感温度が下がる。心なしか風・波も強くなった気がするが、次は宙。しかも両ダンゴ。難しそうでもやってみよう つまずいたって諦めないで(うなぎパイ?)。その前に昼食。それから、竿は11尺で餌はガッテン・天々・マッハ。天々を使い切った。「たな」は東ノ谷のままで再開は1時4分。数回打ったが、グル宙の仕掛けのままなので、餌が「たな」まで持たない。餌付けの際に指Dscf5266で揉んで馴染みが出たと思ったら、いきなりのズバッ!慌てて合わせれば、やった掛かりました!しかもサイズはグー。東ノ谷とは大違いか。さあどんどん行こう。しかぁ~し、その後はパラソルさんが中座した際にズルッというあたり?でバラシ。更にはパラソルさんが帰って来てのあたり見過ごし、更に更にグッとウキが入るあたりで、久し振りのブルー。もうガクガクッだ。しかも、それからウキの動きが一気に悪くなる。ほとんどさわらない。「たな」を上下してみても変わらず。黙々と餌を打つだけの時間が過ぎる。あれっ、いつの間にかKさんが帰った。釣れたのかな。結局それから一度もあたりを見る事なく、2時48分に餌が尽きDscf5267て両ダンゴの宙は終了。結果、実釣1時間40分で1匹。何だかなぁ。東ノ谷と何ら変わらない結果にガックリ。まだ両ダンゴには早いのか、それとも俺が悪いのか(昭和ブルース)。気温が一向に上がらず、持って来たベストを着込む。ホント、寒いね。さあ、次はお待ちかねのグル宙だ。でも、何となく釣れそうにないのは個人の感想ではなく客観的事実だろう。それでもα21・わたグルを作って再開は2時58分。パラソルさんもまだやると言うので、GTも近い事だし何としても結果を出さなければ。しかぁ~し、予想通りウキに動きなし。それでも打ち続ければ、ウキが馴染む前には弱く動いている気がするものの、馴染み切るとシーン。打てども打てどもあたらず、の繰り返し。パラソルさんから4時終了と言われるDscf5268が、これからGTが必ず来ますと根拠なく言って4時半まで延ばしてもらう。3時半頃対面常連さんが終了。Oさんも帰った。釣れたかどうかは不明のまま。湖面が穏やかになってきた事だし、さあ私もラストスパートだ。しかぁ~し、4時を過ぎて竿が曲がったのはパラソルさんの方。GTは私には来ないのか。最早これまでと餌を丸め、こびり付いたグルテンを浮かすため、餌ボウルには水。すると、ウキに動きが。やはりGTでは?そして馴染み切ったウキを放Dscf5269置したらズバッ!やったグル宙で「上がりべら」ゲットだ!しかもサイズもグーググー!その後はもうどうでも良く(オイオイ)、餌をどんどん打って予定通り4時31分に終了だ。結果、グル宙では実釣1時間半で1匹。トータルでは実釣5時間半で12匹。まさにトホホ。特に午後になってからはどうしようもない。パラソルさんもほぼ同時に終了。片付け。浅場にはいつものご夫婦。Dscf5270湖面は凪いでまだまだ出来そうですが、もちろんやりま・・・せんよね。片付けを終え、2人で駐車場に戻る。明日はひげさんご夫妻の居酒屋にお邪魔するので、楽しみだ。明日は宜しくと言って解散。私はこれまた久し振りのベイシアへと向かうのであった。
 
24日鳳来用の餌も買わないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年4月21日 (火)

祝、開店!

先日載せた「ひげさんご夫妻」の店が本日開店した。自虐へら師もお祝いの花を贈ったが、本当におめでとうございます。
 
Img_8740Img_6905
 
時々増沢にも来てね!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

こんな話があるか

もらい事故で賠償?福井で起きた事故で、被害者側でありながら4000万にも及ぶ莫大な賠償を命じられるなんて、理不尽にも程がある。
こんな判決は上級審で覆すべき。車を運転する立場から絶対に認められない。
それにしても、所有者に代わって運転していて居眠りした大学生には責任は問われないのか?
リンク先の記事をご確認願いたい。
 
クラクション一発鳴らせば良かった?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年4月18日 (土)

鳳来は諦め~の、増沢は入れない~の、で東ノ谷

昨日は予想が外れて雨はなかった。休竿にしてしまって残念。今日は予報に違わず好天だ。これを逃す手はない。まずは自虐へら師に何処で竿を出しているかとメール。すると、鳳来に行っているようなノーリアクションがあって、どうしようかと迷う。万一行っていなかったらどうにもならないので、今日は安全パイの増沢に行こう。しかぁ~し、駐車場に着いてビックリ。満車で停めるところがない。Oさんの車を見つけたが、泣く泣く諦めて東ノ谷に向かう事にする。もちろん私は古い池の方ですよ。おっ、ここも混んでいるな。たまたま出て行く車があったので、入れ替わりに駐車。う~ん、私が入りたかったところには先客。堰堤が空いているので、渋々(オイオイ)入る事にする。ちょっと風があるDscf5237なぁ。思ったより涼しそうだ。左端の先客に挨拶して、真ん中よりやや左に入る。さあ準備しよう。元より底をやるつもりはないので、11尺を出す。まだ竿が曲がるところは見ていないが、ここは両ダンゴでやってみよう。餌はガッテン・天々。餌打ち開始は10時7分。左側の先客に知り合いらしき2人がやって来て、私の右に入った。さて、ウキはそんなに動かない。たまに弱く入る事があるが、あたりではなさそうだ。餌に押し練りを加えて馴染みを出すようにするが、それが良くなかったのか、ウキの動きは悪いままだ。左の先客が「ひげ」と言っていたが、まさかひげさんではないだろう(当たり前だ!)。右の2人も10時40分過ぎに開始。それまで全くかすりもしない私は焦る。打てども打てども静かなまま。あっ、そろそろ12時近いぞ。ゲゲッ、右で竿が曲がった!私は「たな」を上げ下げしていたが、あと少しで餌が終わると言う時になって、何故か根掛かり!そんなDscf5238に深くした覚えはないのだが、下ハリスをロスト。面倒なので1本鈎のまま餌打ちするが、じきに餌が尽きて11時50分に終了。結果は言うまでもありません。気分を変えるためにトイレ休憩と昼飯。堰堤に座っておにぎりを頬張る。いいねぇ。正面にはアスレチックの家族連れの楽しそうな声。左はポツポツと竿を曲げている。裏山鹿~。さあ、次は両グルだ。餌はα21・わたグル。ハリスを伸ばして、「たな」は浅めで再開は12時4分。すると、すぐにウキに動きが。右の2人が昼休みに入ったので、へらが寄って来たのかもね。ただ、すぐにはあたらず、しばらく餌打ちしていたら、馴染みながら小さくチクッ。これに合わせてやった今日初めてDscf5239Dscf5240Dscf5241のへらだ!う、嬉しかぁ。更に12時半頃になって連荘!さっきまでは一体何だったのだDscf5242Dscf5243ろうと言いたくなる。その後もポツポツとあたりを拾えば、両ダンゴの時には思いもしなかった第2目標クリア!グル宙の師匠バットさんに感謝しないとね。しかぁ~し、右の2人が再開すると、急にウキの動きが悪くなった気が。あたDscf5244りらしき動きもなくなって、ひたすら餌を打つ時間帯となる。それから約50分経って、やっと6匹目。いやぁ、長かったなぁ。しかぁ~し、その後がない。次のあたりで掛かって来たのは、堰堤で誰も掛けていないジャミ。トホホだ。その後Dscf5245もあたりらしきウキの動きは出ないまま、1時49分に餌が尽きてグル宙は終わり。結果、グル宙では実釣1時間45分で6匹かぁ。昼休みが大きかったなぁ(それ?)。さあ、最後はセットでやる。右の2人もうどんセットのようだし、真似っ子で行こう。竿は仕掛けがセットになっている9尺に変更。餌はセット専用バラケと「玉」。「たな」は根掛かりしない程度で2時9分に再開。すると、すぐにウキが動き出した。ウキの動きではセットが一番良く、次いでグル宙、両ダンゴの順だった。しかぁ~し、ウキがグッと入っても消し込んでも掛からない。右からも大きなあたりで掛からないと言うのを聞いていたが、自分がそうなってみてビックリとは想像力がなさ杉か。ほぼ毎回「玉」が落ちるのは、古いDscf5246Dscf5247から仕方ない。早く使い切ろう。とにかくあたりらしきウキの動きに合わせて行くと、2時半を過ぎてやっと1匹目。いやぁ、疲れますなぁ。が、2匹目は3時を過ぎてからと、続かない。3時過ぎに左の先客と右の1人が終了。これで少しは状Dscf5248Dscf5249況が好転したのか、ポツポツと2匹を追加して第3目標クリアまで持って来るが、右側残った1人も竿が良く曲がるようになり、GT様々と言うところ(隣に失礼でしょう)。その1人も3時半過ぎに終了して、いよいよ堰堤は私1人だけ。Dscf5250Dscf5251それで?餌が尽きた3時58分までに2匹を追加し、セットでは実釣1時間50分で6匹。トータルでは凸だった時間も併せて、実釣5時間15分で12匹。両ダンゴの頃には泣きそうだったので、まあ良しとするべきか。途中まで冷たいDscf5252風が吹いていたが、今はポカポカ陽気で湖面も凪いでいる。まだ池には全体で5人くらいが竿を出しているので、もう少しやるという選択肢がありますが、私はやりま・・・せん!片付け。この池は駐車スペースから近いので荷物運びも楽、片付けも堰堤が階段状で楽。あとは釣れるだけという本当に素晴らしい?池田。片付けを終え、帰宅。陽を浴びて疲れた。明日はちょっとした用事もあるので、竿を出すのは控えよう。その後、天候によっては鳳来も視野に入れて、増沢も忘れず月末までに数回は竿を出したいなぁ。
 
西ノ谷にも行きたいが、何となく行き辛いのは何故だろう?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年4月17日 (金)

耳寄りな話?

このブログで何回か出て来た「ひげさんご夫妻」が、今度居酒屋を開く事になった。
それまでお堅い仕事に就いていたので、先日の増沢の大会で聞かされてビックリ!
詳しい事情はお店にお邪魔する時にでも聞いてみよう。
このブログをどれくらいの方が見てくれているかは分からないが、少しでもお店の宣伝になればと以下に載せる。
 
店名 : 呑処 善
 
場所 : 豊川市大木町新町通59-1
 
4月21日昼からオープン。5月9日までは休まず営業するとの事。
 
奥さんのブログも宜しく!
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年4月16日 (木)

森まで新茶の予約に行った

今日は用事で午前中も午後も竿を出す時間が上手く作れない(無理すれば・・・)。用事を済ませたのが12時半過ぎ。それから昼食なので、どうせ竿も出せないし、それなら新茶の予約に森まで行こうと思い立った。
そうそう、その前に昼食だった。そちら方面なら、そうだ「花咲の庄」で蕎麦でも食べよう。前に行って良かった記憶がある。
P1000144食べたのは前回と同じ「蕎麦の実御膳」。写真では分かりにくいが、蕎麦がやや緑がかっていた。新そば?
堪能してから、車は森へ。去年まで「石川園」で購入していたのだが、今年は趣向を変えて「おさだ苑」にしてみた。特に意味はありません。5月2日に発売予定の「八十八夜新茶」を予約して、ついでにポイントカードも作って帰宅。4時近くなっている。ほぼ運転だけなのに、疲れた。情けない。
さて、明日は天気がハッキリしないが、土日は晴れそうだ。何処かで竿を出したいが、何処にしようか。人のいないところがベターだが、何かあったら困るので、そこそこいた方がいいなぁ。まあ、明日考えよう。
 
「蕎麦の実御膳」はそこそこの価格でかきあげも美味い
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

これ、ホントか?

アシアナ航空の事故で、次のような記事が出ている。
 
着陸10分前、突然大揺れ「吐きそうになった」
 
アシアナ機事故、広島空港欠航続く 人的ミスの可能性も
 
パイロットも乗務員も我先にってか?アメリカでの事故の時もまるで被害者づら。
 
ホントかよ?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2015年4月12日 (日)

ザわさんに誘われて七曲りデビュー!おまけに袋井天池を覗く

今朝投票を済ませてから、パラソルさん宛に鳳来の何処に入るのかメールで尋ねたところ、返事がない。ゲゲッ、もう出掛けているのか?どうしようかな、これから行こうかなと思いながらテレビを観ていたら9時頃になってしまった。部屋に戻って携帯を見たら、メールが3通。あれれパラソルさんはまだこちらにいたのかと見てみると、送り主はザわさんだった。今日は七曲りに行く。しかも迎えに来ると書いてあるので、慌てて了解と返Dscf5199信すると、何と既に家の前に来ているとの事。急いで玄関を開けると、ザわさんの車が停まっているではないか。挨拶もそこそこに車から荷物を降ろして移し、お任せで出発~!西インターから入って掛川インターで降りる。そして左折してからしばらく行って再び左折。茶畑の中に大きなため池ハケーン!これが七曲りだ。トイレがある駐車スペースに車を停め、池を観察しながら一周。堰Dscf5200Dscf5201Dscf5202Dscf5203Dscf5205堤を中心にジャカゴにもへら師。堰堤では竿が良く曲がっており、我々もそこに入ることにする。大体堰堤の真ん中付近、良く竿を曲げている先客に挨拶して、その人の左に入れさせてもらう。釣り台はあるものを借りて、さあ準備だ。先客は10尺の浅い「たな」でDscf5206セットでやっているが、我々は先客からへらが浮きやすいと教えてもらったにも拘らず、底から入る。竿は2人とも同じ13尺、餌は私は夏・冬・マッハのバラケに新べらグルテン底。やっと使い切ったぞ。ザわさんはブレンド不明の両ダンゴ。先に準備を終えた私がDscf520711時12分に開始。すると、2投目でウキに動きが。そして数投後にあたり!早くも1匹目ゲットだ。サイズはやや小さめだが、引きは良い。この調子なら爆釣も夢ではないかと、獲らぬ狸の皮算用。しかぁ~し、へらの寄りがキツイのかウキの動きが複雑になって、思うように数を増やせない。ザわさんは近くを泳ぐ大きな鯉に餌をやり始め、へらまで寄せてしまった。結局12Dscf5208Dscf5209Dscf5210時のサイレンが鳴るまでに3匹追加と、思ったほど釣れなかったが、飽きない程度にウキが動くのでまあ満足か。しかぁ~し、第2目標にリーチとなったところから、バラシとカDscf5211Dscf5212Dscf5213Dscf5214ラのオンパレードで全く数を増やせず、5匹目は12時半過ぎ。そこから再びポツポツと3匹を追加して、終了は12時Dscf521557分。結果、底では実釣1時間45分で8匹。緊張の七曲りデビューは増沢と変わらない数字となった。ここで一旦休憩して昼食。とにかく腹が減った。それから、駐車スペースまで歩いてトイレ休憩。途中面白い看板があったので写真。かつて釣り雑誌でも読んだ記憶があるが、野グソは止Dscf5216Dscf5217めましょう。あと、へらの移設もね。釣り座に戻り、準備。竿は11尺に変更し、餌はガッテン・天々。「たな」は仕掛けのままで1時24分に餌打ち開始だ。すると、2投目に下をDscf5218Dscf5219向いた瞬間の消し込みで1匹目!ビックリしたなぁ、もう。すると、次の餌打ちでも消し込みで連荘。あれれ、これは簡単か?しかぁ~し、私の場合はすぐに釣れなくなって尻すぼみがいつものパターン。大体1回の餌付けが小さいのDscf5220で、ウキを馴染ませるために固く付けてしまう。それがダメな事はずっと前から分かっているのだが、省資源釣法から脱却出来ない私の限界とでも言おうか。結局1時台にはもう1匹追加しただけ。昼過ぎに来て我々の左に入った人も、浅い「たな」で次々とへらを引っ張っているので、何か違いがある筈だ(アームの差、餌の量はもちろんですが)。ザわさんだが、両ダンゴではなかなか結果が出なかったが、セットに変えて状況が一変。型も私が底をやっていたDscf5221Dscf5222Dscf5223Dscf5224Dscf5226時よりずっと良い。何故だろう。さて、特に何かを変えた訳でもないが、2時を過ぎると再びポツポツと釣れ始める。GTかもしれない。スレ、バラシ、Dscf5227カラを楽しみながら3時11分に餌が尽き、それまでに5匹をゲット。結果、両ダンゴの宙では実釣1時間50分弱でこれまた8匹。もう予定は終了したが、ザわさんが4時頃までやると言うので、それでは残業でグル宙でもやってみるか。大体1時間程度で打ち切る量、α21・わたグルを作る。そDscf5228して同じ「たな」で再開すると、何と言う事でしょう、第1投からあたり、そして掛かりました!まあ、多分両ダンゴの頃のへらがまだ残っているからだろう。すぐにウキの動きが悪くなるが、ウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返してポツポツとあたりを拾い、最後の1投でもゲットして4時5分にDscf5230Dscf5232Dscf5233終了。結果、グル宙では実釣50分で4匹。スレもあったが、まあまあでしょうか。トータDscf5234ルでは実釣約4時間半で20匹。私にしては上出来だが、この池では少ない方ではないだろうか。まあ、七曲りデビューで楽しめたから良し!片付け。へら師は我々が来た頃より増えている。昼過ぎに来る人が結構いたから、まだ続けるのではないだろうか。片付けを終え、先客に挨拶して荷物を積み込む。そして帰宅。と思ったら、途中でザわさんが袋井の天池まで連れて行ってくれた。愛野公園のすぐそばのようだ。思ったよりは小さめ。バサーが1人、へら師はDscf5235誰もいない。鵜が飛び立ったので、何かいるのだろう。すぐそばを新幹線が走っている。まあ、ここに来る事はまずないかな。そのまま国1に乗り、帰宅。今日はありがとうございます。そしてお疲れ様でした。我々のGT(GW?)では、また昭和池にでも行きましょう。その際は宜しくお願いします。
 
しばらくグズついた天気が続く
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年4月11日 (土)

気になったニュース

埼玉の私立高校の生徒22人が韓国で万引きした。なんでも、サッカーの親善試合に出向いた空き時間に起こしたようだ。競泳の冨田の問題がある中、何でわざわざ大きな話題になる韓国で起こすかなぁ。
こいつらも、自分達だけが非難を浴びて済むような事でないくらいの想像力がないのかと言いたくなる。
ネットでは既に高校が特定されているようだが、高校のHPでは韓国旅行の件は既に消去されているとの情報もある。
 
メインは上記の記事だが、ついでにもう一つ。これから該当する方々にとっては嫌な季節になる花粉症だが、少なくとも都市部においては杉が原因でないとの説もあるようだ。詳しくはリンク先を参照の事。
 
このぐずついた天気はいつまで続くのか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年4月 9日 (木)

なかなか思うようには@増沢池 with 岡ジャミザわさん

大会以来10日ぶりの竿出し。何処にしようか?せっかくだから鳳来にでもと思ったが、ここはやっぱり気心の知れた増沢でしょう。予報も晴れのようだし、9時過ぎに家を出る。しかぁ~し、家を出てじきに曇ってきた。見れば、北の山方面には黒い雲。ひょっとして雨?勘弁してほしい。駐車場に着くと、車は少ない。とりあえず池の様子を見に行くと、看板横にはⅠ尾さん。日向側には数人しかおらず、大半は日陰側整地された辺りから深場方面だ。曇っているので日陰側いつもの場所でも良さそうだが、ここは日向側橋の下(しも)に入ろう。車に戻り、荷物を降ろして橋を渡る。久し振りはしんどいです!Dscf5180途中Ⅰ尾さんに挨拶するが、スルーされた。まあいい。橋からすぐのところに入る。さあ準備しよう。ウキは昨日イシグロで買ってきたが、オモリ調整とかしたくないので、13尺にする。もちろん底から。餌は夏・冬・マッハのバラケに新べらグルテン底の食わせ。ちょうどいつもの場所の向かいくらいだが、そこよりは深いものの看板横とそんなに変わらない感じ。ささっと底を取り、開始は10時9分。さてさて状況はどんなかな?雨の影響で水は濁ってはいるが、急に寒くなったのでへらもビックリしているのかもしれない。ウキの馴染み具合を見ながら数投打ったところで、終了(早っ!)したⅠ尾さんが声を掛けてきた。今日は両ダンゴの宙でやったが、浅い「たな」で地べらが出たとの事。これを聞いたのが不運の始まりか。Ⅰ尾さんはじきに帰った。さて、ウキがなかなか動き出さないので、試しに両グルで打ってみると、馴染み際でウキがフワフワ。何かいる?そして開始30分くらいで1匹目!サイズは放流だが、久し振りの手応えに、ウーム、マンダDscf5181Dscf5182Dscf5183Dscf5184Dscf5185ム。じゃなかった満足。その後もあたりらしきウキの動きに合わせてポツポツと竿が曲がるが、ブルーも掛かってきて、ちょっと面倒。カラやバラシも交えながら開始1時間で5匹。早くも第2目標クリアだ。いよいよ春本番を思わせるウキの動きにニンマリ。すると、午前のGTなのか、その後もあたりに合って、約30分でDscf5186Dscf5187Dscf5188Dscf5189Dscf5190Dscf51916匹を追加。第3目標までクリアとは素晴らしい。11匹目の鈎を外しているところへ、背後から「何を釣っているんですか?」との声。見ればザわさんだ。大会前日以来ですね。今週末くらいで仕事が一段落するので、いよいよ竿を出すようだ。待ってましたよ!しかぁ~し、話に夢中になって集中力が途切れ、ほぼ毎回のように出るあたりを見逃してDscf5192しまう。クーッ。12時前に何とか1匹を追加出来たが、結局餌が尽きた12時26分までさっぱりの状態。結果、底では実釣2時間20分弱で12匹。集中力さえ切れていなければ、おそらく20近くまで伸ばせた筈(いつものタラ・レバでした)。もっとメンタルを鍛えて、話中でもあたりを取れるDscf5193ようにしないとね。ザわさんは底の終了を機に帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さあ次は宙。今日はグル宙かセットの宙のつもりで来たが、Ⅰ尾さんの話を聞いて両ダンゴでやってみようと思い立った。よくよく考えると、そこには歴然たるアームの差があるのだが、その時には両ダンゴさえ作れば爆釣ではとの邪まな思いがあった事は否めない。と、その前にまずは昼食。そして竿は12尺に変更。餌はガッテン・天々と、何処かに書いてあったブレンド。仕掛けそのままで再開は12時49分。しかぁ~し、深めの「たな」と私にしては長いハリス(グル宙の予定)で餌が持たない。下ハリスを10センチくらい詰める。上ハリスも数センチ。更に「たな」も上げて、餌も指で揉んでから付けて、やっと馴染みがそれらしくなった。そして、ウキがしっかり馴染むようになったら、動きが出て来た。が、あたりらしきウキの動きに合わせても掛からない。痺れるぅ。そう言えばⅠ尾さんもカラが多かったと言っていたなぁ。ただ、Ⅰ尾さんにはそこから逃れる術があるが、私にはない。せいぜい餌付けに変化を付けるくらいだ。と、ウキがグッと入る抜群のあたり!しかぁ~し、バラした?見れば、さっき直した下ハリスが抜けているではないか。適当に玉こぶで結んだツケが廻ってきた。急いで今度はちゃんと付ける。すると、またも抜群のあたり!しかぁ~し、またもバラシ?いや、今度は上ハリスが切れている。ガクガクッ×ガクガクッ。こちらも丁寧に付け直して、多分切れる事はありません。あとはあたるだけだ。気が付くと開始1時間を過ぎている。そろそろ2時。が、GTなのか急にあたりに合うようになって、ポツポツと3匹Dscf5194Dscf5195Dscf5196をゲット。そして2時40分過ぎに餌が尽きる。トータルで15匹まで伸ばしたから充分でしょうか。いや、ここはあと1時間くらいグル宙でやってみたい。目標はとりあえず1匹。餌は新べらグルテン底。ハリス長も長めに変更。と、準備中に常連さんが一斉に終了。ぞろぞろと帰っていった。ゲゲッ、また私が最後の1人か?早く結果が出したくて、餌が充分出来上がらないうちに再開。しかぁ~し、ちょっと柔らかめな事もあって、ウキが馴染みにくい。更にあたりらしきウキの動きにも掛からない。バラシも出る。最早残業は意味なしか?しかぁ~し、そろそろ餌が終わろうとする頃になって、ウキが立ってすぐに斜めにググッと2段引きで入って行くではないか。これには合わさざるを得ません。すると、Dscf5197やった掛かりましたよ!ただ、あたりの具合からスレではないかとの疑念が。引きも結構強いので、ヤバイと思いつつも懸命に寄せれば、やった口、口ですよ(2回言いました)。サイズも今日一番。やったぁ、「上がりべら」ゲットだ。目標も達成できたので、後は餌を打ち切るだけ。すると、それに呼応するかのようにウキの動きもバッタリ。そして3時32分に餌が尽きて今度こそ終了だ。結果、宙では実釣2時間40分強で4匹。トータルでは実釣5時間で16匹。数Dscf5198だけで考えると宙は不要だが、底も宙も出来て楽しめた。片付け。あれっ、今になって日が差してきたぞ。そして湖面も凪いで来た。でも、私はやりま・・・せん!片付けを終え、坂を上る。すると、浅場に2人が竿を出しているのが見えた。頑張ってと心の中で祈って駐車場に戻る。明日から再び天気が悪くなるので、今日は竿を出せて良かった。さあ帰ろう。そうだ、帰りに大判焼きでも買うかな。そろそろと池を後にした。
 
そこそこ釣れて良かったぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年4月 6日 (月)

佐鳴湖公園

今日は天気がハッキリしない。昼頃になって、予報とは異なり晴れてきたように思えたので、佐鳴湖公園に桜を見に出掛ける事にした。
まずは山の上?方面の駐車場に停めてみる。平日ではあるが春休みと言う事もあって、結構な数の車。桜の花びらが敷き詰められて絨毯のようになった駐車場に停める。
Dscf5171Dscf5173奥に向かう道路は閉鎖されているので、そこから歩いて向かうと、道沿いに桜並木。ソメイヨシノばかりではなく八重の桜もあるし、しだれ桜も一部にある。芝生には家族連れ。
Dscf5174Dscf5175Dscf5178Dscf5179奥まで行ったが、そこから坂を降りて湖まで行くのは難儀だ。それで、一旦駐車場に戻り、車で安座の坂を下り、途中で右折。狭い道をクネクネと進めば、湖畔に沿う道に出る。
写真はないが、それを進むと、バットさんがたまに出没する漕艇場。左折して運河を渡り、しばらく行くと石窯パン工房シャンボール入野店がある。そこでパンを買い、無料のコーヒーを飲みながら軽い昼食。
そんなに時間を使った訳ではないが、ちょっとしたドライブになった。
 
肝心の写真がない。通常運転ですね。
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

祝!還暦記念お伊勢参り-その4-本命のお伊勢参り

伊勢神宮(外宮・内宮)については生半可な事は書けないので、詳細はネット等で調べてください。
Dscf5152天気の動きを気にしながら、車は伊勢へと向かう。と、その前に、この辺りだけなのか分からない(松阪市内や宿泊したホテルでも同様)が、正月のお飾りがそのままになっている事が多かった。何故かとホテルで訊いてみたら、何と1年中飾っておくそうだ。ビックリしたなぁ、もう。
Docu0028まずは外宮に到着。駐車場は無料。かろうじて雨は降っていない。橋を渡り、まずは併設されている「せんぐう館」に入る。ここは写真撮影がNGなので、パンフレットから一部抜粋させていただく。
圧巻は原寸大に複製された外宮正殿だ。入館料は300円だが、充分にその価値はある。それにしても、写真を撮りたかったなぁ。それほど素晴らしいものばかり。
さあ、いよいよ参拝だ。まずは手水舎で心身を清める。事前に手順は勉強しておいたつもりだったが、いざとなると、えっ、右手から?左手から?神様の前だが Oh my God!
Dscf5146Dscf5147Dscf5148Dscf5149Dscf5150鳥居をくぐって進むと、遷宮で空き地になった「古殿地」とその先に正宮が見える。写真撮影が許される範囲でシャッターを切る。そして参拝。次いで「土宮」、「多賀宮」、「風宮」の順に参拝。昨日の疲れで歩くのもしんどいかなと思っていたが、そんなでもない。ただ、空模様が怪しいのはずっと同じ。さあ、次は内宮だ。距離があるので車で移動。
すると、やはりこちらを訪れる人が多いせいか、内宮近くの駐車場は満杯。戻って市営駐車場に入る。ここも桜が綺麗。ここから少し歩いて参道に入ると、急に観光地の趣となる。両側には店がぎっしり。観光客(参拝者?)でごった返している。有名な「赤福」のDscf5153Dscf5154店が見える。右側には黄金伝説でU字工事が並んだ橋。驚いたのは、もうツバメが来ている事。観光客の間をスイスイと飛ぶ姿にもビックリだ。平日なのにこんなに混んでいるのは、春休みのためだろう。子供も多い。さあ、鳥居をくぐり橋を渡れば、いよいよ正宮Dscf5155Dscf5158に参拝。と思ったら、意外と遠い(個人の感想です)。途中心身を清め、ついでに五十鈴川御手洗場(いすずがわみたらし)も覗く。そして遂に正宮。こちらは階段下までしか写真撮影が許可されていない。厳しいです!参拝の後、荒祭宮にも参拝。そして再び歩Dscf5161Dscf5162いて歩いて鳥居をくぐって内宮の外に出る。これでお伊勢参りの全てが終わった。特に内宮では参拝客が多かったものの、宮内は厳かな雰囲気に包まれていたのは事実。実は42年前の遷宮の時に訪れて以来の参拝だったのだが、次にこの地を訪れるかどうかは分からないので、本当に来て良かった。誘ってくれた義弟には感謝感謝。
P100014312時を過ぎていたので、参道(おかげ横丁ではないとの事)で何か食べようかとなったが、昨日の事があるので、伊勢うどんにする。ホント、柔らかいね。でも、さすがにこれだけでは寂しいので、「赤福」を店内で頂く。凄い混み様だ。しかぁ~し、食べ終えてから写真を撮るのを忘れた事に気付く。
Dscf5163Dscf5164帰りに「内宮おかげ参道」なる地下道に入るが、通路には屏風絵風なものが展示されていた。手で触れるので(触りませんが)、おそらくはレプリカ(写真)だろう。
ついでと言ってはなんだが、私は別にマンホールおたくでも何でもないが、ついでに撮った松阪と伊勢のマンホール写真を載せる。特に意味はありません。
Dscf5107_2Dscf5165さあ帰ろう。行きは高速を使って来たので、帰りは鳥羽からフェリーで伊良湖まで行く事Dscf5169にする。が、確かにフェリーは50分ほどで着くものの、そこから浜松市内までは渥美半島を一般道で走るため、かなり掛かる。フェリーの料金も結構するので、高速を使った方が良いのではと言う考えもあるかもね。
5時頃に家に到着。泊まっていけばと言っても、義弟は疲れも見せずそのまま帰った。何から何までおんぶにだっこ、本当にお世話になりました。また、お疲れ様でした。感謝の一語。
 
その晩の食事はもちろん松阪牛
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

祝!還暦記念お伊勢参り-その3-蒼空の風

Dscf5135Dscf5136Dscf5141結構長い山道をクネクネ走って到着したのが、「リゾートヒルズ豊浜 蒼空の風」だ。義弟が私の豪快な?いびきに配慮して、2部屋しかないセミダブルベッドのシングル?を取ってくれた。荷物を置き、部屋着に着替えて一段落。天気が大分回復してきたようで、これなら明日は大丈夫だろう。
夕食まで間があるので、まずはドクターフィッシュ足湯とやらで、足の角質を掃除してもDscf5138Dscf5139らうが、私の足は人気がなくて魚があまり寄らなかった。残念。
それから大浴場でゆっくり。ちょっとだけ併設の露天風呂にも入り、ほてった体を冷やしDocu0027てから出る。それから、いよいよお楽しみの夕食だ。昼にあれだけ豪華なものを食べたのに、またもや豪華な夕食とあっては、私にすれば贅沢の極み!舟盛りに松阪牛、あわびに伊勢海老とあっては、日頃質素な食事に慣れている私は目移りしてしまう。明日はそれこそ質素に行かないと、カロリーの摂り過ぎでしょう。なんて事はその時一切考えず、ただただ目の前に現れるものを次々と食すのみ。いやぁ、満足満足。出て来P1000130P1000136P1000137P1000138P1000139P1000140P1000141たものは必ず写真を撮るつもりだったが、一部手を付けてから慌てて撮ったものがある事をご勘弁願いたい。きれいな写真は上記のリンク先でご確認ください。
各自部屋に帰り、義弟は今夜と明日の朝風呂に入ると言っていたが、私はベッドでテレビを見ているうちに睡魔が襲ってきて、多分消化不良のまま寝てしまった。
 
翌日は好天。これなら大丈夫。朝食は豪華だったが、昨夜あれだけ食べたにも拘らず、P1000142すきっ腹に負けて写真を撮るのを忘れてしまう。ほとんど食べ終えてから撮ったので、見た目が悪いし何を食べたかも分からない写真。平にご勘弁。
チェックアウトを済ませ、遂にお伊勢参りの時がやって来た。しかぁ~し、予報でも好天と言っていた筈が、どんどん空に雲。挙句の果てにはポツポツと落ちてきたではないか。Oh my God!フィリピン付近に発生した台風の影響を受けているらしいが、日頃の行いには注意しないと。
 
4月に入ってから、ずっと天気が悪い
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年4月 4日 (土)

祝!還暦記念お伊勢参り-その2-「和田金」で昼食 & 夫婦岩

そろそろ腹が減った。義弟の組んでくれたスケジュールに従い、松阪牛のすき焼きの店を訪れるが、何と定休日。そこで、4階建てのどう見てもお安くなさそうな「和田金」に向かう事に。もちろんそんなお店には縁遠い私だが、義弟は普通に、店と道路を挟んで向Dscf5108Dscf5109かいにある駐車場へ。すると、何処で見ていたのか、お店の方が傘を持って駐車場にまで来てくれたではないか。もちろんビックリだが、店に入ると、今度は下足番のような若Dscf5125Dscf5110_2い人がささっと寄って来て、ますますビビる私。フロントは吹き抜けで大きな旅館のよう。予約なしで行ったので、2階の待合で緊張しながら30分ほど待つ。
1階から2階までもエレベーター(凄くないか)で案内され、しばらくして個室に通される。どう見ても気楽に安く食べられる雰囲気ではなさそうだ。
座って待っていると、仲居さんが登場。すき焼きを注文。義弟が車の運転をしてくれるので、申し訳ないがビールを頂く。
Dscf5116Dscf5117すき焼きの店の多くでは、仲居さんが全てやってくれるので、客はただ座っているだけ。これでは確かに安くはならないね。炭を足し、熾って来た頃に開始だ。
Dscf5118Dscf5119Dscf5120Dscf5121Dscf5122Dscf5123肉は1人2枚で130gとか。まずは1枚目の肉に砂糖、それから割り下。そして客の前にある溶き卵の中に持ってきてくれる。ここから最後まで、ずっとそばでやってくれるのだ。楽ではあるが気楽ではない。ただ、美味い!これは間違いない。途中に挟む野菜も美味い。量的にはそんなに多いとは言えないが、終わってみれば満足感だけが残る。
店の方のお見送りを受けて、今度はちょっと離れているが、夫婦岩に向かう。天気は相変わらずグズついているが、結構人気のスポットなのか、思ったより観光客は多い。つDscf5126Dscf5129Dscf5130Dscf5131いでに、賓実館という、かつて伊勢神宮に参拝する賓客の休憩・宿泊施設として建設された建物が近くにあったので、外からだけ見る(段々億劫になってきた)。
そして、いよいよ本日の宿泊場所である「リゾートヒルズ豊浜 蒼空の風」へと向かうのだった。
 
美味いもの食べてあちこち巡って、ああ贅沢だ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (4)

2015年4月 3日 (金)

祝!還暦記念お伊勢参り-その1-松坂城址とその周辺

義弟に誘われて、還暦2人がお伊勢参りと相成った。
予報がどんどんずれて、当日は雨。1泊2日で初日にお伊勢参りの予定だったが、急遽予定を変更し、松阪方面へと向かう事に。
市営駐車場に駐車する。これが無料。近くにある市民病院と市役所も立派。一体何処からお金を引っ張ってくるのだろうと、余計な考え。
松坂城址を傘を差しながら観光。途中の高速でもそうだったが、桜が満開だ。本当に雨が恨めしいが、こればかりはどうしようもない。
Dscf5094Dscf5095Dscf5096Dscf5097石垣が立派なのに驚いた。しかも、これが道路のすぐそば。どんどん坂を上がって行く。かなり疲れる。腰にもきた。これでは明日のお参りは大丈夫か?義弟は元々体育会系なので体力は充分。私が足手まといにならないようにしなければ。
Dscf5101天守閣跡まで上り、そして下りる。本居宣長記念館に寄る気力もなくなっていたが、帰Dscf5098Dscf5102り道に御城番屋敷の石畳と長屋(今も人が住んでいる)と松阪神社の桜並木を見学。静かな住宅地が裏山鹿~。
Dscf5103Dscf5104Dscf5105Dscf5106予定変更が思わぬ収穫となった松坂城址とその周辺見学だった。普通ならまず寄らないスポット。雨でも充分楽しめた。
まだ昼食には早いと言う事で、丸中本店という有名な(私は知らない)肉屋さんで松阪牛を購入。宅配便で自宅宛送った。一般にはどうか知らないが、100g1000円を超える肉なんて私にとってはじぇじぇじぇの高価なもの。帰ったら心して食べよう。
 
腹が減ったので昼飯にしよう
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »