« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月30日 (土)

へぼが露呈!「グル宙」は撤退だ@増沢池 with HRさん、じゃがにぃさん、ジョニーさん、キアヌさん、大門係長 and 岡ジャミザわさん

予報が変わって今日も好天。それなら引佐天池に行って「グル宙」をやってみよう。ちょっと出が遅いので心配だったが、案の定池に着くと、いつも私が停める遊歩道入り口付近には10台近くの車。それでは堰堤側の道路に停めようかと思ったら、ちらっと見えたへら師が絶妙な間隔で並んでいるので、その間に割り込むのはシャイな私には無理。スゴスゴと引き下がり、それではと増沢に向かう。トホホの変更だ。しかぁ~し、無理をせず止めておけば良かったとは、アフター・フェスティヴァル。駐車場にはそんなに多くの車が入っているとは思わなかったので、安心して停め池に向かうと、ラッキーな事にいつもの場所は空いているではないか。旧爆釣ポイントから奥には先客。挨拶してさDscf5596あ準備しよう。先客は知り合い同士のようで、釣れないとこぼしながらも竿を曲げている。さあ、私は「グル宙」。竿は11尺、餌は新べらグルテン単体。「たな」は昨日と同じくらいにセットして、開始は9時48分。しかぁ~し、湖面に映る対面の景色で細いトップは視認性ほぼなし状態。しばらく打ち続けたものの、無理!10時を過ぎて9尺に変更だ。しかぁ~し、これでは昨日の再現、更に今日の混み具合では凸もあり得る。とにかく打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキはすんなり馴染むだけ。「たな」を上下して何とかウキの動きを出そうと試みるが、アウトだ。時間だけが過ぎるお約束の展開。気が付けば11時。HRさんがやって来て、私の右、かつてOT氏がいつも入っていた場所に入った。結局餌が尽きた11時14分近くに、馴染んだウキがチクッと1回入っただけで「グル宙」はDscf5597終了。オヨヨ・・・。既にかなりのテンションダウンだが、凸のままでは帰れまテン。かと言って、「グル宙」の続行はどう見ても無理。両ダンゴでも今日の渋さでは私の手には負えないだろう。ここは宙を諦めて底で行こう。風・波も出て来た事だし、ウキの視認性を考慮して竿は変えず。餌は真底+冬。底を取って再開は11時33分。しかぁ~し、第1投からウキが馴染まない。そんなバナナと空合わせすると、何となんとかムシと言う水ぶくれしたような物体が上がってきた。この上に乗っていたのか。気持ちを切り替え続行だ。しばらくしてザわさん登場。奥の整地された辺りにじゃがにぃさんがいるとの事。明日の試釣に来ているのか。飲み物と軽食をいただいた。いつもスミマセン。ウキの動きはなく、しばらくして12時のサイレン。それでは奥の様子でも見に行ってみよう。ザわさんと奥へ向かうと、塩ビ管のDscf5598奥に大門係長、そこから少し離れた奥にジョニーさん、じゃがにぃさん、キアヌさんが並んでいたが、更にその奥にはずらっと10人以上のへら師。大会でもここにこんなにへら師が並ぶのは見た事がない景色。ブッタマゲタ。じゃがにぃさんが新発売の「粘麩」とやらを使うようなので、餌を触らせてもらった。おっと、私も自分の釣りをしなければ。ザわさんはそこに残り、私は釣り座に戻った。おそらく20分くらいのロスがあったが、今日の状況では1時間空いても関係ないだろう。再開。すると、何となくではあるがウキが返している?が、あたらない。あっ、HRさんが竿を曲げた!しかもかなりのグッドサイズだ。う、裏山鹿~。1時を過ぎ、私もチクッという抜群のあたりが出たが、残念バラシ。ガクガクッ。今のところこの辺りで釣れてないのは私だけ。プレッシャーに弱い私はどんどんテンションが下がる。それでもしばらくして、シモッたウキがスッと入ったが、カラ。頼む、何とか1匹。すると、1時半を過ぎてやっDscf5599とあたりに合って1匹目。う、嬉しかぁ・・・。しかぁ~し、鈎を呑んでいる。これを外そうとしたら暴れられてハリス切れ。しかも、もう片方も既に切れているではないか。Oh my God!急いで交換するが、何となく前より短くなった気がする。でもそのまま再開。やはりウキの馴染みが大きくなった。それで、ウキ下を調整して対応。本来は底取りをやり直すべきなのだが、風・波でやる気にならなかった(オイオイ)。残念その後はウキの動きが戻らず、1時49分に無Dscf5600念の終了。結果、底では実釣2時間弱で1匹。凸を解消出来たので、もう終わりたいのはマウンテン・マウンテンなのだが、HRさんが2匹目を釣ったので、私も何としてももう1匹と、妙な欲が出て続行。餌はトロロの底釣り+夏をパラパラ。おそらく2時前には再開だ。対面には左の先客の仲間が入ったが、見る度に竿が曲がっている。しかも、横から聞こえてくるのは5連荘とか・・・。ウキが馴染まないそうで、裏山鹿×裏山鹿。もちろんこちら側の先客も、皆さん2桁には乗せたようだ。私1人がアウト・オブ・ザ・蚊帳。さて、餌を替えたらウキの馴染み具合も変わった。しかも持つ餌の筈が、じきにウキの返しが出てしまう。へらがいるような気配はないので、何故?とにかく餌を打ち続けるが、仕掛けが流されて餌が落ちるのかもしれない。再び時間だけが過ぎる展開。もちろん風・波が弱くなった折に底取りもやり直しているので、餌の持ちが良くないのが不思議なところ。たまに何となくへらがいるのではと思わせるようなウキの動きが出るものの、あたりにはならず。もうじき3時だ。そろそろGTの恩恵があっても良さそうなものだが、と自己中な事を考えていると、ウキ下を微調した次の餌打ちで、この餌ではたった1回しか出なかったあたり!しかも掛かDscf5601りました!う、嬉しかぁ・・・。しかぁ~し、今度はハリス切れは起こさなかったが、ハリスが絡んでこれを解くのに余計な時間を使ってしまった。1匹釣る度に何かしらのトラブルとは、まさにトホホ。しかも、その後はウキの動きが弱くなり、最早あたらないのが当たり前状態に。3時半頃HRさんが終了。お疲れ様でした。私もこの餌を打ち切ったら今度こそ終了だ。残業はしません。結局餌が尽きた4時2分まであたりを出す事が出来ず、終了。結果、2回目の底でDscf5602も実釣2時間10分余で1匹。トータルでは実釣5時間半!でたったの2匹。片付け。今日は勇んで来た分だけ疲れが増した。明日はここでmasaさんの会の例会があって、バットさんを始めとした自虐へら師も参加するようだが、私は雨が降らずかんかん照りもないような好天だったら見に来ようかな。片付けを終え、先客に挨拶して駐車場に戻る。今日は昼食抜きでやったので、ザわさんの差し入れが大変ありがたかった。これからも宜しくお願いしますよ(コラコラ)。2日続けて竿を出すのは久し振りで疲れた。今日はベイシアに寄らずに帰ろう。そろそろと池を跡にした。
 
「グル宙」は秋まで封印か。私のアームでは限界
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年5月29日 (金)

そろそろ私の「グル宙」は打ち止めか@増沢池 with masaさん

今日は晩に用事が出来てしまったので、釣りは遅くとも2時前には終わらないと。上空雲が多く風はない。駐車場着は9時半少し前くらい。急いで池に向かうと、ゲゲッ、上から湖面が凪いでいてグーかと思っていたのに、いきなりのポツポツ。予報は嘘か!帰りたくなったが、ここまで来てスゴスゴ帰るのも癪だ。よし、ずぶ濡れ覚悟でやってやろう。どうせ帰ればシャワーのつもりだから。いつもの場所にはいって、急いで準備。竿は9尺Dscf5587で「グル宙」だ。何もない状態から始めて、どれくらいウキが動くかも楽しみではある。餌は新べらグルテン+α21。「たな」はやや深めから。荷物にはブルーシートで覆いを掛け、傘もセットしてバッチリでの開始は9時41分。しばらく打っていると、左から誰かやって来た。あっ、masaさんではないか。お久し振りです。今日は奥の整地された辺りに入るようで、傘を取りに行くついでに寄ってくれた。10時を過ぎて、あまりの無反応に「たな」を上げてみる。すると、ウキが馴染みながらモヤッ。これに反応すると、やった早くも掛かりましたよ!ん、引きが・・・。小さいへらかと思ったら、大きなブルーでした。ガクガクッ。すぐにご退場いただき、「たな」も下げる。すると、しばらくして今度も同じようなウキDscf5588のモヤッに反応すれば、やった今度こそへらだ!う、嬉しかぁ。しかぁ~し、10時半を過ぎてこれまたバッチリのあたりかと思ったのが、ガックリ横を向いたまま上がってきた。しかも、これがなかなか寄らない。傘を外し、懸命に「たも」へと誘導するが、私のアームと振り出し9尺のしなりの悪さとが相俟って、もうへとへと。やっと収めると、腹にスレている。途中から分かっていたが、まさに「骨折り損のくたびれ儲け」だ。再度傘をセットして再開するが、思いっ切り場が荒れてウキは静々と馴染むだけ。雨は降ったり止んだり。強く降る訳ではないが、傘を外せない。その後、再び「たな」を上下すると、11時を過ぎて午前中のGTが来Dscf5590そうになったが、泡付けがウキの真下から出るものの、あたりにはならず11時24分に餌が尽きて終了。結果、1回目の「グル宙」では実釣1時間40分で1匹。さあ、この後どうするか。両ダンゴでやってみたい気持ちはあるが、返り討ちの公算が高そう。それでは、何となく思っていた「餌の持ちの良さ」を減らすべく、新べらグルテン単体でやってみよう。ささっと作って水が廻る前から再開。すると、何と言う事でしょう、さっきまでとはウキの動きが違う。あたりらしきウDscf5591Dscf5592キの動きに数回空振った後に、11時半を過ぎてやった早くも掛かりました!考えどおりに事が運んだので、嬉しかぁPART2。更に12時近くなってもう1匹。す、素晴らしかぁ。餌の効果てきめんではないか。しかぁ~し、12時のサイDscf5593レンが鳴った後に、またもグーなサイズのブルーをゲット。ホント、小さなへらかと思いました。それで、「たな」を下げてみるが、何処がベターな「たな」なのか不明。いろいろとやっているうちに、再びウキに動きが出て来た。が、グルテンの経時変化なのか、あたりには結び付かない。1回、軽いスレバラシが出ただけ。対面坂の下にいた人は、おそらく底でポツポツと竿を曲げていた。前回私も底でそこそこ(シャレではありません)釣れたので、結果が欲しいのなら底だっただろう。途中めげそうになったが、今日は「グル宙」で通すつもりなので、釣れても釣れなくても最後までやるぞ(オーッ!)。しかぁ~し、その後も何となくウキが返すような気がしたりしたが、それらしきウキの動きに合わせても合わせても空。じっと手を見る・・・。それでも餌が尽きる1時頃になって、Dscf5594まさかと思えるようなウキの動き(瞬間的に反応したが、どんなあたりかは記憶にない)で3匹目。いやはや疲れた。1時2分に餌が尽きて終了。最後の1投でも掛かったのだが、「たも」を持ったもののバラシ。残念!結果、2回目の「グル宙」では、実釣1時間半で3匹。トータルでは実釣3Dscf5595時間10分で4匹。ちょうど雨も上がった。片付け。まだ超長ハリス等試していない対応策はあるが、この池ではそろそろ「グル宙」を終えるかな。引佐天池ではまだ1回しかやった事がない(結果はスレのみ)ので、次回は是非ともやってみよう。片付けを終え、結果をmasaさんにメールで報告してから駐車場に戻る。雨の後で結構蒸し暑い。今日は飲み物も買って来なかったので、熱中症を危惧していたが、何とかなった。さあ帰ろう。もちろんベイシアで昼飯を買って。そろそろと池を跡にした。
 
引佐天池での「グル宙」、楽しみだ?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年5月28日 (木)

ハイビスカス

P1000147何年か前に「椿」で貰ったハイビスカスが毎年花を付けている。
そんなに手をかけている訳でもないが、こうして綺麗に咲くのを見ると感激だ。
同じように貰って来た小さな鉢植えのシクラメンも、枯れたと思わせては花を付けるので、「椿」には感謝感謝。また何かしら家電を買わないとね。
 
まんまと店の作戦にはまっている?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2015年5月27日 (水)

カタログ大好き

Docu0031マツダの新型ロードスターのカタログが届いた。
前にデミオのカタログも取り寄せたが、その時は本当に車の買い替えを検討していた。
今はただカタログを眺めているだけ。このような車を買う事はまずないと思うが、妄想の中ではハイウェイをこの車で疾走している。さぞかし気持ち良いだろう。
 
そのうちホンダのシャトルのカタログも届く
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年5月26日 (火)

やはりトラブルは避けられない@増沢池

最近は1日おきの釣行になりつつあるが、それさえもこの暑さではしんどい。それでも今日は出掛けないと。増沢で「グル宙」が西ノ谷並みに効くかどうか確認したいから(結果は分かっているとも言えそうだが)。いつもより早く家を出て、駐車場着は8時半過ぎ。既にかなり気温が上がっている。是非とも日陰側に入って少しは体力の消耗を防がないと。荷物を降ろしていると、常連さんらしき人が声をかけてきた。最近は底がダメで、宙はまあまあ釣れるとの事。そう言われると、逆に底をやりたくなる私。予定は変更して底から入ろう。池に向かうと、いつもの場所が空いているので荷物を降ろす。柳の木のDscf5568奥にはⅠ尾さん。その奥にも何人かいるようだ。対面階段付近には2人と坂の下に1Dscf5569人。さあ準備しよう。竿は11尺でもちろん底から。餌は真底+冬。あれっ、さっきまで凪いでいた湖面が波立ってきたぞ。オイオイ、風と波は10時頃からではないのか。波の影響が少ないうちに底取り。そして開始は9時9分。今日はウキの馴染み具合も合格です。ただ、風・波が憂鬱だ。それでも9時半頃になって返しらしい動きも出て来て、あれれ底はダメの筈では?そしてフワッと浮いたウキが弱く入るのに合わせると、やった掛かりました!しかもサイズはなかなかグーではないか。その後もウキの動きはなくならず、とにかくウキの返しを出すDscf5570Dscf5571Dscf5572べく竿を引く、を繰り返していると、1匹目から10分ほどで同じようなあたり、そして掛かりました!道糸が長いせいか寄せるのに難儀。でも、これもグーなサイズ。すると、次の餌打ちでもあたり、そして掛かりました!連荘だ。しかぁ~し、長めのハリスではあるが上ハリスが道糸に絡むトラブル。最近の私は結構気長で、この程度の絡みならチョチョイのチョイ。しかぁ~し、解けないので泣く泣くカット。急いで交換して再開(底取りはスDscf5573Dscf5574ルー)。すると、再開してすぐにウキの動きが回復。そして4匹目。5匹目は10時を過ぎてから。第2目標だけでなく、何とかギリギリ時間5匹も達成だ。う、嬉しかぁ。ホントに底はダメなのか(この程度ではダメというレベルの話かも)。その後も、ペースはやや落ちてきたがポツポツと釣って第3目標にリーチ!まで漕ぎ着Dscf5575Dscf5576Dscf5577Dscf5578けた。が、次のあたりではおそらくスレでハリス切れ。急いで交換するが、何故か急にウキの動きが悪くなってしまった。そして、あと1匹で2桁という焦りもあったのか、おかしなウキの動きに手を出してスレやバラシを誘発。結局数を増やせず11時23分に餌が尽きて底は終了。結果、底でDscf5579は実釣2時間10分強で9匹。まあまあとしておこう。湖面も穏やかになってきた事だし、さあ次は本命の「グル宙」。と、その前に早めの昼食と水分補給。Ⅰ尾さんは私が昼食中に帰った。前回よりは釣れていたようだ。さあ、竿を9尺に変更。餌は新べらグルテン+わたグル。あくまで西ノ谷の再現で行く。「たな」もそのままにしようかと思ったが、あんなに湧く筈もないので少し深めにしての再開は11時41分。最初からウキが動くと考えるほど私も甘くありません。まずは餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、特にウキが動く事もなく推移。しかぁ~し、空合わせしたかと思ったら、関係ないところでへらにスレてしまうトラブルで、バラした際に両ハリスがグシャグシャに道糸と絡んでしまった。これはもうカットするしかありません。しかぁ~し、情けない事にまたも道糸をカット。トホホ。一気にトーンダウンしてしまったが、ここで恐ろしい決断。何と切れたところを結んで続行だ。これは危険でしょう。充分Dscf5580気を付けながら再開するが、すぐに12時のサイレン。すると、12時を過ぎる頃からウキに動きが。空合わせではないが、それらしい動きにどんどん合わせていくと、やった掛かりました!底の時よりはややサイズアップしたか(個人の感想です)。トータルでの第3目標もクリアだ。さあどんどんDscf5581行こうと言いたいところだが、寄りがそんなにないのかウキは動いても掛からず。12時半を過ぎる頃になって、やっと2匹目。これは今日一番のサイズでしょう。更にしばらくして、今度はズバッという消し込みで3匹目。段々調子が上向いて来たかな。すると、次の餌打ちでもズバッ!やったDscf5582Dscf5583連荘だ。今のところ道糸の結び目に異常はない。さあ次は「グル宙」だけで第2目標だ。しかぁ~し、その後もウキは動いたものの、合わせても合わせても掛からず、「たな」を浅くしてみても状況は変わらず、1時16分に餌が尽きて終Dscf5584_2了。結果、「グル宙」では実釣1時間半強で4匹。西ノ谷と同じにはならないね(最初から分かっていたのでは?)。さて、この後どうしようかな。まだ時間は充分ある。やはり続行でしょう。仕掛けは多分大丈夫だろう。最初と同じ餌を作るが、わたグルが尽きてしまい少し足らず。新べらグルテンを足して何となくそれらしい餌に。そのまま再開。すると、しばらくはまだへらがいたようなのだが、次第にウキの動きがなくなる。うわっ、太陽が頭上に出た!これは暑いですよ。急いで傘をセット。更に風・波が再び出て来た。ヤイヤイ。さて、肝心のウキの方は、それでもたまに動く。が、合わせても掛からないのはさっきまでと同じ。しばらく打ち続けたら、いきなりウキがズバッ!慌てて合わせるがバラシ。ビックリしたなぁ、もう。でも、へらがいる事は確認出来た。何とか1匹釣らないと続行の意味がない。しかぁ~し、しばらくして再度のズバッ!が出るが、これもバラした?ん、ゲゲッ、道糸が結び目のところで抜けてしまった。ガクガクッ。タラ・レバではあるがその時直しておけば・・・。でも、今更どうにもならない。ここは現場施工で乗り切ろう。いつもながらのモタモタで、再開Dscf5585は2時15分。やいやい、打ち始めから1時間も経ってるのか。しかも、急に風の音が冬場のようにビュービュー!細かい波も出てウキが見えなくなってしまった。ここでデジャヴ。きっと餌を打ち終える頃に風が止むのだろう。良く出来てるネ。しかぁ~し、風・波は多少弱くはなったが止む事はなく、そのうえ何故か今頃になって糸トンボあたり。クーッ、辛い・・・。その後、傘のセッDscf5586トが甘くて吹き飛ばされたりと散々のまま時間だけが過ぎ、3時ジャストに終了。結果は言うまでもありません。トホホで片付け。トータルでは実釣約5時間弱で13匹かぁ。おまけはいらなかったなぁ。常連さんもそろそろ終了かな。片付けを終え、車に戻る。暑い、ただそれだけ。さあ帰ろう。目的は達成出来なかったが、こんなものでは?今日はベイシアなしで家路に就いた。
 
釣れない両ダンゴのような「グル宙」
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

お立ち台を独占@西ノ谷

今日は雨との予報でのんびり起きたら、何と晴れているではないか。それでは西大谷にでも見学に行こうかな。いや、日曜の昼(既に11時頃!)は道路が混んでいそうだ。それならいっそのこと竿でも出そうか。でも、増沢はおそらく混み混みだろうから、先週割りと空いていた西ノ谷にでも行こう。決めたらさっさとゴー!予定ではお立ち台の横の崖の影で涼しく釣りたいところだが、まずは崖の上に駐車して新桟橋とやらを見に行くと、空いてはいても先客がいて入り辛い。崖の下はどうかな。残念2つある台は埋まっている。ん、お立ち台がガラガラだ。日が当たっているが、崖に近いほうはまだ翳っている。それではそこに入ろう。車を移動させて荷物を降ろし、お立ち台へ。しかぁ~し、翳っているところの頭上には木の枝。多分バラシが出るだろうから、そこは避けて黒いスDscf5541ペースにでも入るとするか。荷物を降ろしてさあ準備だ。竿は9尺、餌は新べらグルテン単体。「たな」とハリスは前回新桟橋でやったまま。開始は11時54分。すぐに12時のサイレン。ん、風・波が出て来たぞ。しかも細かい白波だ。竹の右に入れば波の影響は少なくなるが、頭上が心配なのでそのまま。太陽がそのうち直射したが、我慢でしばらく打っていると、ウキに動きが。でも、20cm+30cmは短過ぎる感じで、「グル宙」と銘打っているのだから30cm+40cmくらいにしないと。勿体無いけど上ハリスを切って変更しようかなと思っていたら、何とズバッ!というあたり。やったと合わせるが、手応えなくハリス抜け。しかも長い方。ガクガクッ。仕方なく上ハリスもカットして総入れ替え。30cm+40cm超に変更すると、すぐにウキがズバッ!更に次もズバッ!連荘だ。更にDscf5542Dscf5543Dscf5544更にしばらくして、今度は馴染んでからのチクッ!で3匹目。オイオイ、お立ち台独占で爆釣か?しかぁ~し、3匹目が鈎を呑んでいて、それを外そうとしたらハリス切れ。急いで交換するが、何故かその後はウキの動きが悪くなってしまった。それに加えて風・波でウキの視認性も悪化。あたりがほとんど判別出来ないまま、時間だけが過ぎる何処かで見たような展開。たまに消し込むようなあたりは見えるのだが、全てバラシかハリス切れ。大したサイズはいない筈なのに、スレての引きの強さにはビックリだ。結局その後1匹も追加出来ず、1時11分に餌が尽きて無念の終了。結果、1回目の「グル宙」Dscf5545では実釣1時間20分弱でたった3匹。最早最初の威勢の良さはない。これからどうしようか。両ダンゴに変更か。いや、ここは意地でも「グル宙」で行こう。餌は新べらグルテン+わたグル。実は最初の時に、途中から餌が持っていないのではという不安を抱えたまま餌打ちしていたのだった。言い訳がましいが、グルテン量が少ない餌のうえに、餌付けの度に指から水分が加えられてのヤワヤワ感満載になり、ウキの馴染みもほとんどないような状況なのに、それがハッキリと認識出来なかったのだ。それで、グルテンを増量。水が廻る間に昼食。そして再開は1時18分。すると、何と言う事でしょう、湖面が凪いで来た事もあるが、ウキの動きが一変したのが分かる。しかぁ~し、最初のあたりはまたもハリス切れ。なんだかなぁ。急いで交換して再開すると、ここからお立ち台独占の効果が表れて来たではないか。ウキが馴染みながらの消し込み、馴染んでから小さくモヤッ、またはチクッ等に合Dscf5546Dscf5547Dscf5548Dscf5549Dscf5550Dscf5551Dscf5552Dscf5553わせればほぼ全て掛かる。1匹目(1時32分)から7匹目(1時47分)までたったの15分だ。トータルで第3目標もクリアしたぞ。しかぁ~し、そこから急ブレーキ?かなり間が空いたと思ったが、8匹目は1時55分と普通なら問題にならない時間も、不調に思えてしまうくらい。1時台は8匹で終了したが、2時を過ぎても好調は継続。もちろん餌を替えた事と湖面が凪いで来た事が大きいだろう。ハリス切れは何故かポツポツ出る(決して合わせ切れではありません)ものの、大勢に影響なし。30Dscf5554Dscf5555Dscf5556Dscf5557Dscf5558Dscf5559Dscf5560Dscf5561Dscf5562Dscf5563Dscf5564Dscf5565分超でダブル1回を含む13匹(2回目のトータルでは21匹目)なんて、久し振りと言うか初めてと言うか、ホント貸切の強みに違いない。しかぁ~し、好調な時ほどつまらない事で時合を崩してしまうものだ(特に私の場合)。13匹目の写真を撮る際に、餌が付いてない仕掛けを池に放り込んでおいたら、何とあたってしまい竿が池に引き込まれるアクシデント。Oh my God!へらが付いているので、どんどん遠ざかる。急いで車に戻り、こんな事もあるかと用意しておいたリール竿、更にはルアーを出して堰堤から懸命に竿目掛けてキャストすれば、私的にはかなりの回数振り込んだ気がするが、何とか掛かって回収出来た。ホント、一時はどうなるかと思ったよ。息を切らせて釣り座に戻る。時刻を確認すると、3時。竿が取られてから20分超くらいのロスで済んだようだ。やれやれ。再開するが、既に餌がガビガビになっている。更に再び風・波。このまま終わりたくないので、何とか1匹。すると、再開してじきにあたり!しかぁ~し、バラシ。ガクガクッ。頼む、何とか1匹(誰に頼むのか?)。すると、餌が尽きるまでに2匹を追加出来Dscf5566Dscf5567た。最後の1投は残念ながら叶わなかったが、おそらく3時20分頃に終了だ(いつもの終了写真を撮り忘れた)。片付け。結果、2回目の「グル宙」では実釣1時間40分で23匹。トータルでは実釣3時間で26匹。トラブルがなければもう少し行ったかもしれないが、トラブルも釣りのうち。片付けを終え、車に戻る。へら師も私が見える範囲は皆帰った。新東名の方は不明。さあ帰ろう。思いの外釣れたので気分が良い。心地良い疲れと共にベイシアへと向かった。
 
とにかくここをポチッと宜しく根!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年5月22日 (金)

季節は真夏か!クソ暑くて閉口。結果も・・・@増沢池

今日を逃すと明日から天気が下り坂。と言う事で、向かったのは増沢。西ノ谷にも1人で行けそうな気がしていたのだが、やや遠いので。駐車場着は9時前。急いで荷物を降ろして池に向かうと、前を歩くのはⅠ尾さん。挨拶して私はいつもの場所に入ろうとしたのだが、先客あり。それでは柳の木の奥へ、と思えば、そちらにはⅠ尾さんが荷物を降ろした。ガクガクッ。それでは頭上の木の枝が気になるが、旧爆釣ポイントに入ろう。まだDscf5529湖面は凪いでいる。今日は宙から底と、いつもとは逆の方向でやるつもり。11尺を出す。ハリスは前回のままなので、まずは両ダンゴから。その後ハリスを伸ばして「グル宙」だ。餌はガッテン・マッハ。「たな」はやや深めで開始は9時16分。ウキの馴染み具合を見ながら餌のタッチを決めて行く。しかぁ~し、打てども打てどもウキに動きなし。右の先客は底でやっているようだが、あまり合わせていない。Ⅰ尾さんも割と静かな感じで、今日は厳しいのかも。それでもしばらく打っていたら、ウキに弱い動きが出て来た。が、期待するような強いあたりは出ない。試しに合わせてみてもカラ。餌付けと「たな」はDscf5530いじってもハリスには手を付けず(これも省資源釣法と言うのか?)、10時近くなってかなり浅めの「たな」になったところで、クッとウキが入るのに合わせたら、やったようやく掛かりましたよ!凸の心配があったが、これで一安心。しかぁ~し、10時頃から風・波が出て来ると、ウキの動きもDscf5531悪くなった。そこで、今度は「たな」を少しずつ深くして行くと、10時半近くになってやっとそれらしいあたり!そして掛かりました。もう、どんだけぇ~っ!と叫びたいくらいだ。しかぁ~し、あまりにもウキが動かず、へらはいるのかいないのか分からないまま、11時5分に餌が尽きて終了。結Dscf5532果、両ダンゴでは実釣1時間50分で2匹。こりゃぁダメだ。ましてこの後の「グル宙」なんて釣れる筈がない。それでも餌を作る。新べらグルテン・わたグルだ。ハリスはそのままで、様子に応じて伸ばすつもり。Ⅰ尾さんは私の知る限りではパッとしなかったが、11時過ぎに静かに帰った。大体2時間が通常なのか。さて、「たな」は両ダンゴのままで再開は11時11分。すると、何と言う事でしょう、再開してじきにウキに動きが。あたらなくても両ダンゴの時にへらはいたのか。そして糸ずれのようなあたりの後に、ウキが馴染みながらグッと入り、そDscf5533Dscf5534れに合わせるとやった早くも1匹目!更にしばらくして、ウキが馴染みながらグッ!やった2匹目。バットさんが言うところの、馴染みながらの力強いあたりで開始10分くらいで2匹をゲットするとは。何故両ダンゴの時にこのようなあたりが出なかったのか?グルテンはダンゴ餌の持ち過ぎのような状態だと思うのだが、それでこのあたりが出るのか?さあ、まだへらはいる筈。どんどん行こう。しかぁ~し、次のダッ!というあたりではスレたのかハリス切れ。すると、それからはウキの動きが悪化。Dscf5535そこで、再び打つ・打つ・打つ。すると、今度は目にも止まらぬ消し込みで3匹目!トータルでの第2目標クリア!しかもグッドサイズだ。このあたりが両ダンゴで出ていれば、といつもながらのタラ・レバでした。右の先客も12時前には終了して、静かに帰った。そして12時のサイレンと共にDscf55364匹目もダッ!というあたり。こんなハッキリしたあたりで「グル宙」が出来れば素晴らしいの一語。しかもハリスはそんなに長くない(25cm+35cmくらい)。しかぁ~し、その後はウキの動きが悪くなって、一応打つ・打つ・打つをやったつもりだが、12時37分に無念の終了となった。結果、「グル宙」では実釣1時間半弱で4匹。一旦休憩しよう。あっ、そうだ。今まで頭上のDscf5537木の枝が気になって仕方なかったが、釣り座をいつもの場所に移動すればいいじゃん。どうせ昼食休憩でへらも散るんだろうし。ゴソゴソと移動。ついでに、次の釣りも底から「グル宙」の延長に変更。風・波が結構あるので、ウキが見難そうだから。それから新べらグルテン・α21で餌を作り、水が廻る間に昼食だ。そして、ハリスを伸ばして25cm+35cmから35cm+50cmくらいにする。そうです、さっきは両ダンゴと同じハリス長だったので、本来の「グル宙」?にしてみる。さっきまでと同じ「たな」での再開は12時52分。波の中、ウキは静々と馴染んでいくが、特に動きはない。それで、もちろん打つ・打つ・打つ。すると、しばらくしてウキに動きが出て来るが、残念ながら糸トンボあたりだった。ちょうど馴染み際で1目盛くらい入るので合わせてしまうが、当然ながらカラ。ちょっと動きが弱いので、考えれば変だと思うのだが、とにかくあたりが欲しいので、つい。あっ、日陰側であるにも拘らず、太陽の直射が始まってしまった。これは暑い。暑いが今更傘なんて面倒。ここは我慢のDscf5538続行だ。さて、さっきまでのような大きな力強いあたりは望めず、ひたすら餌を打っていると、開始30分ほど経った時に、やっとそれらしいあたりが出て、ようやく1匹目。ハリスが長くなった分だけ取り込むのが大変になった。いやぁ、疲れたなぁ。しかぁ~し、それだけ。続きがない。ハリスを縮めれば、さっきまでのように釣れるようになるかもしれないが、それでは面白くない。この長さで何とか。しかぁ~し、糸トンボあたりに弱いあたりらしき動きの両方に合わせ続けても、一向に掛からない(トンボの方は当たり前ですが、何か)。2時近くなり、どうやらこのハリス長では難しいと思い始めた(遅いかも)。でも、このまま餌を打ち終えよう。何かしら得るものがあるかもしれないから。すると、いきなりウキがグッと入ったではないか!慌てて合わせるがバラシ。見ると鱗だ。へらはいるんだね、間違いなく(倒置法)。すると、次のDscf5539餌打ちでまたもグッと入るあたり!今度こそ掛かったでしょう。ようやくの2匹目だ。そろそろGTに近づいたので、あたりが出始めたのかな。しかぁ~し、そんな事はなく、その後は再びウキの動きがなくなる。ひょっとしたら小さなあたりが出ていたのかもしれないが、この波ではそれを見るのもそれを取るのも難しそう。2時17分に餌が尽きて終了だ。結果、2Dscf5540回目の「グル宙」では実釣1時間半弱で2匹。トータルでも実釣4時間50分ほどで8匹。なんだかなぁ。片付け。対面の3人組も終了した様子。暑いもんね。片付けを終えて駐車場に戻ると、U山さんに遭遇。最近は竿を出していないとの事。また宜しくと言ってベイシアへと向かった。
 
これから暑いぞ。涼しい山上湖で釣りをするか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年5月21日 (木)

いそ善

P1000145家人を医院に迎えに行った帰りに、家の近くの「いそ善」で昼食を摂った。
前回は昼の営業が終わった直後で、お店のご好意で入店させてもらったものの、落ち着いて食べられなかったが、今日は充分余裕がある。入り口すぐそばの水槽には、前回は鱧が泳いでいたが、今日はヒラメかカレイのどちらかが底にいる。
しかぁ~し、店には我々以外誰もいない。O名人もお勧めの店なのに、何故だろう。きっと夜がメインなのだろう。そうそう、メニューの冷酒には「磯自慢」が載っていた。珍しいのでは?
私は天麩羅定食を注文。充分に美味しかった。しかぁ~し、食欲が勝って写真を撮り忘れた。トホホ。
 
今度は夜に来てみようかな
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (2)

2015年5月19日 (火)

雨中から後半はクソ暑い釣り@増沢池 with パラソルさん and ひげさんご夫妻

昨日は気候のせいか全身倦怠でどうにもならず、完全休養。夜中に雨になったが、予報では朝方晴れそうな感じだったので、安心して寝たものの、起きてみれば結構な雨。再度予報で確認すると、12時には止むようだが、それまでどうなるのかは不明。とりあえずお三方にメールすると、9時頃には集合しているようでビックリ!雨が弱くなったら行きますと返事するが、一向に止む気配もない。仕方なく9時半過ぎに増沢へゴー!駐車場に着くと、何とお三方は車から荷物を降ろしているではないか。もう少し待てばと思ったが、もう待ちきれない様子。私も荷物を減らして後を追う。お三方は看板横に並ぶDscf5515が、私は坂の下に入る。当然ながらへら師はいない(雨が止んでから1人来た)。さあ準備しよう。あっ、水筒を忘れた!雨は小止みになってきたが、車まで戻るのが億劫だ。それでも熱中症になるよりはと渋々戻り、水筒を持って坂を下りると、既にへとへとで今日の予定は終了か。それでも準備しDscf5514なければ。滴る汗を拭き拭き、まずは傘をセット。竿は11尺で「グル宙」から入る。餌はα21・わたグル。「たな」は前回のままで開始は10時47分。橋の上から水が滴ってきて、それがちょうどウキが立つ辺りとは良く出来ている。看板横では早くもひげさん?が竿を曲げたようで、焦る。しかぁ~し、ウキに動きなし。30分くらいウキが馴染んだら切る、を繰り返すが、どうにもならない。一旦止めて看板横の様子を見に行くと、ひげさんが2匹ゲットしているとの事。急いで釣り座に戻り、再開。「たな」を下げてから少しずつ上げて行くと、再開してしばらくするとウキにようやく動きが。ただし、それは黒帯くらいのモヤモヤで、あたる気配とは程遠い。それでも打つ・打つ・打つ。すると、開始1時間Dscf5516近くなって、ウキが馴染み切る寸前でズバッ!やったと合わせれば掛かりました!う、嬉しかぁ。看板横ではパラソルさんも竿を曲げ始めているので、とにかく凸から脱したのは嬉しいの一語だ。その後「れいちゃん」さんも竿が曲がり、こんな素晴らしいことはない。雨でも来て良かったか。Dscf5517私はそれからしばらくして、今度は馴染み切ったウキがグッと入るのに合わせて2匹目。しかぁ~し、元々寄せが弱い釣りなので、釣った後にへらが残っていれば良いが、そうでなければ再びシーン。寂しく12時のサイレンを聞く。ん、そう言えば買って来た昼飯をへらバッグに入れた記憶がないなぁ。ゲゲッ、またもや車の中だ!また橋を渡って車まで往復しなければならないとは、運がない男よなぁ(水筒の時に気付けよっ!)。しかぁ~し、馴染んだウキが黒Dscf5518Dscf5519帯くらい入る(誤差範囲?)のに合わせてみたら、何と掛かりましたよ!更に終了間際にもう1匹ゲットして、第2目標にリーチとなったものの、残念餌が尽きて12時28分に終了だ。結果、「グル宙」では実釣1時間40分で4匹。実質はDscf552040分で4匹(と思いたい)なので、まあまあとしておこう。さあ、次の釣りの前に昼飯を取りに行かなければ。この時点でひげさんが4匹、パラソルさんがちょうど竿を曲げていて6匹目とか。お二人とも底でやっているので、私も底にすれば良かったかと、意味のないタラ・レバ。フウフウ言って車から戻り、いつもの早飯。それから、餌をガッテン+マッハで今度は両ダンゴだ!雨は上がったので傘を外し、再開は12時44分。すると、両グルではないのでウキの馴染みが出ない。更にウキが動き始めたようだが、ハリスが長過ぎてフワフワするばかりであたりにはならない。そこで、1時を過ぎて下ハリスをカット。30cm+45cmから30cm+40cmに変更だ。すると、再開第1投でフワッと返したウキがグッと入った!やったと合わせるがグーッと引っ張られてハリス切れ。今変更したばかりなのに・・・。急Dscf5521いで交換。やれやれ。すると、馴染んだウキがチクッ!これに合わせるとやった1匹目ゲット!これは嬉しいです。しかぁ~し、次がない。しかも、あたったと思えば、カラでなければスレかバラシ。看板横では「れいちゃん」さんがダブル!スンバラシイ。私の方は1時半を過ぎてやっと2匹目。Dscf5522何とかウキに動きが出て来たぞ。しかぁ~し、それはへらではなかった。そうです、そこからはブルーの連荘でした。上で引っ掛かるとブルーになってしまうので、何とかウキを馴染ませようとするが、上手くいかない。それではハリスをカットしてみよう。25cm+35cmでどうかな?しかぁ~し、しかぁ~し、何とハリスをカットするつもりが道糸をカットしてしまった。Oh my God!ただ、道糸がやや長めだったのが不幸中の幸い。何とかサルカンを結び直して事なきを得た。しかぁ~し、再開するとウキがすんなり馴染むではないか。まあ、ハリスを短くしたのだから当たり前とも言えるが、それにしてもあまりにすんなりだ。餌の経時変化もあるかもね。そこで、ひたすら餌を打つ・打つ・打つ(何処かで見たような・・・)。すると、2時を過ぎてあたりが明確になってきたではないか。それまで消し込むような大きなあたりはさっぱりだったのが、掛かるようになった。ハリス様々かな(またはGT?)。ポツポツとDscf5523Dscf5524Dscf5525Dscf5526Dscf5527あたりを拾い、餌が尽きる頃にはあたるインターバルも短くなってきた。まさにGT。2時45分に餌が尽きて今日のところは終了だ。結果、両ダンゴでは実釣2時間で7匹。「グル宙」の時にはなかったハリス切れやらスレやらバラシやら、本当にウキの動きに翻弄された釣りだった。トータルでは実釣3時間40分で11匹。Dscf5528「れいちゃん」さんも最後の1投で「上がりべら」をゲット!すぐさまブログにアップしていた。早~っ!片付け。午後から急に日が差してきたうえに、湿気もあって暑い!汗ダラダラで片付けを終える。ひげさんとパラソルさんも宙に変えている。しょっちゅうあたるようだ。時間的にもGTなので、爆釣ペースになるのではないか。お三方に挨拶して駐車場に戻る。今日は橋を3往復したので、それだけでかなり疲れた。さあ帰ろう。今日はベイシアには寄らず、帰宅してから「ビッグ富士」へと向かった。
 
まだまだ「グル宙」でやれそうだ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (10)

2015年5月17日 (日)

ウキが動く池で「グル宙」のお勉強?@西ノ谷 with バット師匠 and キアヌさん

鳳来疲れはなかなか抜けない。やはり往復に体力のほとんどを費やしてしまうのだ。1週間くらいのインターバルが必要なのかも。昨日今日とのんびりしていたが、今日は天気も良くバット師匠が西ノ谷に行くとの情報を得て、そばで「グル宙」を見せてもらおうとノコノコ出掛けました西ノ谷。10時過ぎに到着か。何処にいるのかすぐには分からなかったので、メールで確認すると、道路下反新東名側と言う返事で、車を移動させて鉄Dscf5488製の梯子を降りると、バット師匠、その奥にキアヌさん、その奥にⅠ藤さんという方が並んでいた。まずは挨拶。しばらくバット師匠のウキの動きを見ていたが、せっかくここまで来て実践しないのはどうかと思い始め、遂に竿を出す事に。ちょうど左側にいた人が終わったので、その場所に入らせてもらう。車に戻って荷物を降ろし、バット師匠から3つ分のスペースを空けて陣取る。さあ準備Dscf5489だ。風・波は左から出ているが、ウキは左に流される。まだ太陽の直射はないので、さっさと準備して始めよう。竿はバット師匠の8尺を真似て9尺。餌は新べらグルテン+α21。「たな」は多分増沢のままで開始は10時49分。出だしが遅いがそんなに長くやるつもりはない。「グル宙」の具合によっては後半は両ダンゴになるかも。すると、開始してじきにウキに動きが。さすがに魚影の濃い池は違う。バット師匠、キアヌさん、Dscf5490その奥のⅠ藤さんも竿が曲がっている(当たり前か)。私もじきに1匹目。ただ、ウキが馴染みながら出る小さなあたりを取って行きたいのだが、そういうあたりは少なくて(出てもなかなか掛からない)、馴染みながら、或いは馴染んですぐのズバッ!というあたりでポツポツと数を増やして行Dscf5491Dscf5492Dscf5493Dscf5494Dscf5495く。11時を過ぎてからも連荘とかはなく、ポツポツと11時半までに5匹を追加。一応第2目標はクリア出来たので、まあまあと思いたいが、バット師匠からは目標をもっと上に持て(100!)との指導。でも、私のアームではトータルでDscf5496Dscf5497Dscf5498Dscf549920くらいが関の山ですよ。しかぁ~し、それから少しずつあたりが減少。12時のサイレンが鳴ると同時にようやく10匹目をゲット出来た。何とか第3目標まで漕ぎ着けたぞ。ただ、太陽の直射が来て暑い!皆さんは傘のセット。私は意固地にも傘を出さず。Ⅰ藤さんは午前中の予定なのか、帰った。お疲れ様でした。さて、その後も特にウキの動きが良くなる訳でもなく、餌が尽Dscf5500Dscf5501Dscf5502きた12時20分までに3匹を追加して終了。結果、「グル宙」新べらグルテンでは実釣Dscf55031時間半で13匹。増沢よりは良い結果だが、爆釣とは呼べないなぁ。バット師匠もポツポツと釣っていたが、結果は聞かなかった。さて、次はどうしようか。と、その前に昼食。それから本来は「グル宙」の続きでα21+わたグルについてもやるべきなのだが、帰ったⅠ藤さんが両ダンゴで次々とへらを引っ張っていたのを思い出して、私も両ダンゴでそこそこ釣れるのではと、スケベ心がムクムク。餌をガッテン+マッハに変更だ。そして再開は12時26分。すると、まだへらが残っているのかすぐにウキが動き出す。しかぁ~し、1匹目と思ったあたりはスDscf5504レ。そこからは気持ち良いあたりでもバラシとか、とりあえず1匹は出たものの、「グル宙」の時とは大きく異なる状況になってしまった。餌合わせなどさっぱりの私は、ハリス長をおそらく25cm+40cmとなっているのを下ハリスを5cm縮めて25cm+35cmとする。すると、すぐに答えが出て2匹目。ただ、まだスレとか出易いので、思い切って両ハリスをカットして20cm+30cmDscf5505Dscf5506Dscf5507くらいにすると、やっとウキの動きが落ち着いてきた感じ。1時までにもう2匹追加して、やれやれ。しかぁ~し、風の向きとは逆の流れが強くなって来たのか、ウキが流されるDscf5508Dscf5509スピードが上がって来た。すると、それに伴って?あたりも減少。もう2匹釣った後は30分も釣れない時間が出来てしまった。餌に手水やらモミモミとかしてもお手上げ状態に。ひたすら餌を打つだけの時間(通常運転ですね)が過ぎた。その後も特に何かした訳でもなく、たまにあたりに合って餌が尽きた2時20分頃まDscf5510Dscf5511Dscf5512でに3匹を追加して終了となった。結果、両ダンゴでは実釣2時間弱で9匹。トータルでは実釣3時間半で22匹。タラ・レバではあるが「グル宙」の続きをやるべきだった。ただDscf5513し最初に書いたとおり続行はありません。片付け。バット師匠は「グル宙」を終え、今度は両ダンゴを試してみるようだ。しばらく見ていたが、両ダンゴではすぐにウキが動き出すのは私と同じ。そこからどう対応していくかを見たかったが、日に当たりっ放しだった事もあってかなり疲れたので、お暇する事にした。「グル宙」ではいろいろとレクチャーして頂き、ありがとうございました。お二人に挨拶して車に戻る。短時間でもグッタリ。さっさと帰ろう。そう思ったのかどうかは分からないが、帰りにベイシアを素通りしてしまった。まあいいか。
 
最近は体力の低下が甚だしい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年5月15日 (金)

ギュイーーーン!!@鳳来湖 with パラソルさん、masaさん and ビックリ岡ジャミKさん

今日はいよいよ鳳来の日。パラソルさんとmasaさんは多分早くから行っているだろうが、私はいつも通りモタモタで8時半頃に家を出る。ちょうど出勤タイムなのか、三遠南信に入るまで時間をロス。仙人さんの住まい?を右折して橋を渡ると、パラソルさんの車ハケーン!その後ろに駐車して橋に戻ると、上流の平地にお二人をこれまたハケーン!車に戻り、荷物を降ろして橋の袂から平地に下りる。まずは挨拶。それから、パラソルさDscf5480んからやや離れた橋方面に入るが、ゴミが多い。道糸が乗っかりそうだ。虫はまだいなDscf5481いが、とにかく暑い。早くも汗がダラダラ。とりあえず準備しよう。竿はこれしか長いのはありません18尺。餌は夏・冬・マッハのバラケにα21・わたグルの食わせ。ゴミもあってなかなか底が取り辛いが、何とか誤魔化してさあ開始だ。もちろん傘のセットは忘れずに。時刻は10時16分。ウキの馴染みがスッキリしないのは毎度の事。やはりゴミに道糸が乗っかってしまう。更にウキの位置が竿先近くなので、上手く振り込めずイライラ。時間だけが過ぎるお約束の展開。11時頃になって、ゴミが風で上流に押し流された頃、何処かで見た事がある車が橋を往復。まさかと思っていると、下りてきたのは何とKさんではないか。今日は宇連方面に入ったが、目の前を落ち葉が行ったり来たりで嫌になって終了したとの事。しばらく岡ジャミをしてくれたが、その間にウキに動きが。でも、上の方なので、おそらくはジャミ。多分12時前に帰った。お疲れ様でした。さて、時刻は分からないが腹時計が12時だと告げるので、昼食にしよう。一応ウキは見ているが、まああたらないよ(オイオイ)。それでも餌が底に着いてから2回あたりを見たが、いずれもカラ。もうじき開始3時間だ。と、ここで馴染む途中のウキが力強く入った!やったと合わせるが、バラシ。見ると鱗だ。なDscf5482んだかなぁ。とりあえず前回のステップまで漕ぎ着けたと言う事か。なかなかステップアップしない私の鳳来詣で。1時41分に餌が尽きたので、今度はバラケを重めにしてみる。夏・冬に加えるのは新ペレ。そして再開は1時47分。しかぁ~し、数投後に何故か根掛かり発生。引っ張ったらオモリの上からハリスが切れた。ガクガクッ。1人で来ていたら癇癪が大爆発して帰るところだが、お二人に迷惑にならないよう黙々と現場施工。しかぁ~し、やっと出来たので再開しようと思ったら、今度はハリスが絡んでしまう。Oh My God!これをカットして底取り、と思ったら、またもハリス絡み。もう嫌っ!在庫はないので、これまた現場施工ですよ。よくぞ我慢したものだ。私も少しは大人になった?イライラで汗ばむと虫も寄ってくる。一応虫除けスプレーは持って来たが、あまり効果は感じられない。「たな」を取り直しての再開は2時47分。1時間もロスってしまった(トホホ)。ウキは時折返すような動きを見せるが、その後がない。3時を過ぎてmasaさんが終了。お疲れ様でした。残った2人は一応5時頃までやる予定。気持ちも新たに餌打ちするが、ジャミあたりは出るものの、肝心のへらがあたりを出してくれない。まさに時間だけが過ぎる展開(前にも書いた気が)。4時を過ぎ、GTはどうしたのかと思っていると、パラソルさんから右の方に打って駆け上がりを狙ってみたらとアドバイスを頂いたので、ウキ下を調整しながら餌打ちを再開すると、数投でウキが馴染まなくなった。オイオイ、またジャミかよと思っていると、上で突っ掛かったウキがグッと入ったではないか!これには当然合わせるでしょう。す150515_162057ると、出ましたギュイーン!!懸命に堪えるが、左腕の肘から手までがパンパンになるくらいの引き。両手で堪えに堪え、何とか顔を拝みそうになるが、再び潜られてギュイーン!!これを何度か繰り返すが、ハリスが0.5号なのでいつ切れるか実は冷や冷やもの。パラソルさんが写真を撮ってくれたので載せる。私には数分に感じられた死闘も、やっと顔を拝む事が出来た。「たも」に収めると、これはデカイ!早速採寸すると、何とDscf5483Dscf548446cm。サイズでは自分の記録を塗り替えた。が、顔が何となくへらっぽくない。パラソルさんも同調。疑惑のままでは困るので、バット判定員に鑑定をお願いした。追伸で記載する。でもまあ、あの死闘は痺れました。その余韻を味わいながら続行すると、残念その後はジャミの連荘が出ただけ。一方パラソルさんも鱗だったりハリス切れが出たりDscf5485していたが、5時近くなってギュイーン!残念結果には繋がらなかったが、ギュイーンっていいなぁ・・・。私はパラソルさんより一足早く4時58分に終了、片付け。まだ十分明るく、6時頃までは竿が出せるそうだ。でも帰りは湖畔の真っ暗な道を走るので、私は明るいうちに終わりたい。先に車に戻Dscf5486り、荷物を積む。パラソルさんも終わり、次は17日、そしてひげさんと19日が待っている。また宜しくと行って解散し、パラソルさんはギュイーンと車を走らせで消えて行った。私は普通(だと思う)に車を走らせ、帰宅渋滞に巻き込まれてへとへとになって帰宅した。
 
P.S.バット判定員の鑑定はノーへら。残念だが次に期待しよう。
 
ギュイーン!!ギュイーン!!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (7)

2015年5月14日 (木)

魚は痛みを感じる

ゴロゴロしながら部屋の整理?をしていたら、古い週刊ポストを見つけた。これまた横になりながら読んでいると、面白い記事をハケーン!以下に載せる。
Docu00301
もっと魚に愛情を
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年5月13日 (水)

風・波が強い間は釣れたのに、凪になったら・・・@増沢池

台風一過で今日は風が強い。でも天気は良いので出掛けましょう。駐車場着は9時過ぎか。こんな日でも常連さんは来ている。流石です。荷物を降ろして池に向かうと、思ったとおり強風吹き荒ぶ増沢になっている。しかも向かい風と波。日向側に行った方が良かったかと思うが、長靴を履いた事だし、このままでやりましょう。へら師はこちら側は塩ビ管付近から奥に集中している。対面日向側はポツポツと数人か。いつもの場所に入っDscf5465て、さあ準備だ。竿は9尺に決めたが、さてどうしよう。底釣りは底を取るのが大変だから、ここは宙。両ダンゴで行こう。餌はガッテン3:マッハ2:水1。しかぁ~し、宙の方が大変だった。仕掛けが思うように振れないのだ。しかもウキが手前に流れて来るし。なんだかなぁと愚痴りながら「たな」は一昨日よりやや深めで開始は9時41分。すると、何と言う事でしょう、第2投でウキがグッと入ったではないか。残念少しかじっただけのようだが、急にやる気になった。しかぁ~し、それからしばらくして力強いあたりで掛かって来たのはブルー。お約束とは言え、ガクガクッ。こりゃぁダメかな。すぐに弱気になる情緒不安定かよっ!背後の木の影が風で左右に動き、正面に来るとウキの視認性が悪くなる。そんな中、10時を過ぎてウキが見辛くなった時に、馴染んだウキがそのまま沈没Dscf5466したようなそうでないような?見失ったかと思っていると、竿先がグンと引き込まれたではないか!慌てて合わせると、やった掛かりました!危ない危ない、穂先を抜かれるところだった。おおっ、サイズもなかなか。向こう合わせでも当然ながらカウントです。いやぁ、楽になった。ウキは何とDscf5467Dscf5468なく動いているように見えるので、へらもいるに違いない。さあ、どんどん行こう。すると、2匹目と3匹目は空合わせする瞬間にあたりを見たと言う、いわばデジャヴ釣法?風・波の中素晴らしいの一語。しかぁ~し、軽く入るあたりに合わDscf5469せたら、再びのブルー。気を落とさず続行すると、11時間近には馴染んだウキの小さな入りに合わせてバッチグー!この状況では凸も当たり前と踏んでいたのが嘘のようだ。更に11時を過ぎると、午前中GTなのか消し込みで5匹目!第2目標まで行くなんて、グーググー!更に更Dscf5470に次の餌打ちでも消し込み!やった連荘と喜ぶが、それも束の間。バラシでガクガクッ。やはりそんなに甘くないね。Dscf5471しかぁ~し、次の餌打ちではズルッというあたりで見事6匹目。が、何故か食っていない方のハリスが切れている。急いで交換するが、その後はあたりも出ず11時35分に餌が尽きて終了。結果、両ダンDscf5472ゴの宙では実釣1時間50分で6匹。湖面が穏やかだった一昨日と同じだ。何か寂しさ虚しさが付き纏うのは仕方ないか。さあ、次はお待ちかねの「グル宙」。と、その前に早い昼食。餌は新べらグルテン+わたグル。これも纏まりが良くて餌付けも楽だ。同じ「たな」での再開は11時44分。両ダンゴでもウキの動き出しには30分ほど掛かったので、おそらく「グル宙」では簡単にはウキは動かないだろう。しかも、一昨日は両ダンゴからほぼ連続して「グル宙」へと移行したが、今日は昼食休憩がある。とにかくウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返すとすぐに12時のサイレン。まだまだ。打ち続けると、開始約30分で(やっぱり!)ウキがグッと入り、手応え抜群だったがバラシ。よしよし、こちらもこれからだな。しかぁ~し、そこから先がきつかった。幾ら「カラツン上等!」とか言っていても、連続するとかなりキツイ。まあ、ウキが動かないよりはましだろうが、ほぼ毎回のように出るウキの動きの大小・強弱・消し込みに合わせても全てカラ!何だよ!と言いたくなる(独り言が出ていたかもしれない)。12時半頃から風が弱くなり、湖面も時折凪状態に。ウキの視認性はグッと向上し、餌打ちも楽になるが、それと釣れるかどうかとは無関係。餌付けやらハリス段差Dscf5475にも留意する(上ハリスを詰める)と、1時を過ぎてやっと掛かったのはまたもブルー。もうガクガクッ×ガクガクッ。それまであたったのは全てブルーだったのか。そこで、餌がそろそろなくなりつつあるが、「たな」をグッと深くする。上にはブルーの層がある(と思う)ので、これならへらのいる層に届くのでは?すると、数投でウキに動きが。そしてグッと力強くウキが入ったと思ってDscf5476Dscf5477合わせると、やったようやく掛かりました!今度こそ凸間違いなしと思っていたのに、嬉しい誤算だ。しかも、しばらくしてもう1匹ゲット!そして1時21分に餌が尽きる。結果、「グル宙」では実釣1時間40分で2匹。トータルでは実釣Dscf54783時間半で8匹。ここで終わっても良いが、まだ時間的には早い。せっかく湖面も穏やかになってきたのだから、少しだけ残業しようかな。竿と仕掛けはそのままで、新ペレ半分に水1を加えて5分間!待ち、そこへガッテン1+マッハ2を加えて軽く混ぜる。あれっ、2時間分作るつもりが1時間分になってしまった。まあいい、同じ「たな」での再開は1時半頃。餌が一気に重くなったので、ウキがほぼ沈没状態に。そこで、餌付けを小さくしたりラフ付けしたりして調整。それでも馴染みが早くて「ちょっと違う」感じだ。それでもしばらく打っていると、馴染んだウキがグッと入ってやった1匹目?残念バラシでガックリ。でも、これならじきに釣れそうな気がする~(詩吟のお笑い風に)。しかぁ~し、なかなかウキは動かず、たまに弱く動く事があっても、これに合わせても釣れません。気が付くと餌打ちマシンと化した自分がいた。結局その後もあたりらしきウキの動きが数回あっただけで、2時38分に無念の終Dscf5479了。結果は言うまでもありませんね(最近この台詞が多くなった気がする)。1時間以上釣れない状態で終わるので、何だか今日は凸だったかと勘違いしそうだ。片付け。まだ3時前。常連さんも流れ込み付近も終わる様子がない。湖面は完全に凪いでいて、まだあと3時間くらいは出来そうですが、私はやりま・・・せん。片付けを終え、駐車場に戻る。風が穏やかになった12時半頃から気温もグンと上がった。暑い、暑いぞ。さあ、帰ろう。そうだ、今日もちょっとだけベイシアに寄るかな。荷物を積み、そろそろと池を去った。
 
更新に手間取るようになってきた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年5月12日 (火)

ドローンによる空撮

最近話題のドローンだが、増沢池のある都田総合公園をこのドローンで空撮した動画があったので、載せてみる。
実は私も、金銭的に余裕があれば増沢の空撮をしてみたかったのだが、先を越されたか。
ただ、もう少し池に焦点を絞って撮って欲しかった。橋の下をくぐるとかね。
 


空撮って面白そうだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2015年5月11日 (月)

釣れてるのか釣れてないのか@増沢池 with Kさん and ・・・

今日は用事が想定外に早く済んだので、それでは何処かに行こうかな。グル宙で西ノ谷を席巻してやろうかと思ったが(コラコラ)、人見知りで1人では入る場所がなさそうだ。それではいつも通り増沢へゴー!駐車場には常連さんの車。荷物を降ろして池に向かうと、対面には深場にへら師がポツポツ。こちら側も塩ビ管付近から奥にへら師。予Dscf5445報通り風・波が出ているが、いつもの場所に入って底でもやるかな。竿は9尺、餌は真底・夏。2尺違うだけでウキが良く見える。後はへらがいるかどうかだ。ウキが今まで使った記憶がないものなので、その挙動が分かるまで時間が掛かるかもしれない。餌落ち、底も簡単に取れて、開始は10時ジャスト。ウキの馴染みは予想通りだが、右から左へと流される。時折引っ掛かったような感じが見えるが、底をなぞっているのだろう。Dscf5446しかぁ~し、開始10分過ぎて、ウキが弱く入った気がして合わせると、やった早くも掛かりました!竿が短くてもOKか?しかぁ~し、すぐに元通り。どうもまだウキの挙動に馴染んでいない気がする。すると、開始40分ほどで、何と「掛かってます!」。全く意味が分からない。それまでに何Dscf5447か前触れ或いはあたりらしき動きがあった筈なのに、私には感知出来ていないのだ。もちろんカウントですが、何か。どうもウキの動きがなさそうに思えるのだが、波に消されているのかな。すると、更にウキが弱く返して弱く入るのに合わせると、やった3匹目ゲット?うん、引きが弱そうだ。ゲDscf5448ゲッ、誰も呼んでいないブルー。早速ご退場願った。その後11時近くにもう1匹ゲットするが、今日はあたりが「柔らかい」気がしてならない。ウキのせいなのか、それとも餌なのか、それとも・・・。と、橋の上から呼ぶ声が。Kさんだ。柳の木の奥が空いてますよと言うと、それでは竿を出すとDscf5449Dscf5450の事。久し振りですね。Kさんが車に戻っている間に、何故かあたりが見えて連荘で2匹をゲットし、やった第2目標クリアだ。風・波はあってもウキの動きが見えるようになって来たぞ。ウキの挙動に慣れたのかな。しかぁ~し、カラばかり。1回掛かってやったと思ったら、顔を見せた後にグイグイ入って行ってハリス切れ。何故だ?急いで交換するが、いつもながらの段差減少。Kさんは柳の木の奥に入ったが、竿を出さず奥方面で岡ジャミ。結局竿を出したのは12時頃になってしまった。さて、Dscf5451残り少ない餌を打ち続けるが、さっぱり掛からない。ウキ下の微調は元より、餌付け等も変えてみるが、1匹ブルーと見間違えそうなサイズをゲットしたに留まった。時刻は11時59分。結果、底では実釣2時間で6匹。なんだかなぁ。Dscf5452釣れなかった訳ではないが、釣れたとも言い難い。すぐに12時のサイレンが聞こえて来るが、まずは昼食。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はガッテン2:マッハ3:水1。引佐天池よりやや深めの「たな」で再開は12時15分。引佐天池では長めのハリスが効果的だったが、ここでは短めの方が良かったので、さっさとハリスを縮めようかとも思ったが、まずはこのままで。ただ、餌のせいなのかウキの馴染みが出難い。Dscf5453餌ボウルに手水とグルグルで少しだけ粘りを出す。すると、12時半を過ぎて1匹目。やれやれ。しかぁ~し、そこから数を増やせないまま1時を過ぎてしまう。底から少し上で両ダンゴをやると言っていたKさんが早くも竿を曲げていて、う、裏山鹿~。ところが、特に何かした訳でもないのDscf5454Dscf5455に、1時を過ぎて連荘!これでトータルでの第3目標にリーチだ。だが、続かず、1時半。ハリスが長めなので釣れないのでは?ハリスを縮めれば?という誘惑に駆られながらも、次の「グル宙」も同じ9尺でやるので出来るだけそのDscf5456Dscf5457Dscf5458ままにしておきたい(オイオイ)。だからかもしれないが、そこからウキの動きはあってもDscf5459なかなか掛からず、ポツポツと餌が尽きた2時6分までに3匹を追加して終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間50分で6匹。単独で第2目標、トータルで第3目標をクリア。「最後の1投」も効いて嬉しかぁ。ただ、釣れたとは言い難い気もする。少なくともそれぞれで2桁は釣らないとね。さあ、いよいよ9尺では初めての「グル宙」。仕掛けはそのままでやる。餌は新べらグルテンにα21を足してまとまりを良くしてみた。確かに単独とでは全然違う。ただ、それが結果と結びつくかは不明。早速やってみよう。時刻は多分2時10分くらい。すると、軽い筈の餌だが持ちが良いので、両ダンゴの時より馴染むではないか。これで良いのかなぁ。Dscf5460しかぁ~し、ダンゴの時のへらが残っていたのか、開始して間もなくグッと入るあたりで1匹目ゲット!しかぁ~し、その後は今までの「グル宙」ではなく、いつもの釣れない両ダンゴの感じで推移。いろいろなウキの動きに合わせて行くが、全く掛からない。2時半頃に2匹目をゲットするが、そDscf5461こからはさっぱり。まさにダメな両ダンゴだね、これでは。Kさんは2時半頃に帰った。お疲れ様でした。さて、ハリスを伸ばしたい誘惑に打ち勝って(オイオイ)そろそろGTかな。前回も3時近くから約20分で良型を5匹ゲットしたので、希望が持てそう(両ダンゴだったけどね)。すると、3時を過ぎDscf5462Dscf5463てそれまで全く掛からなかった消し込みでやっと3匹目ゲット!近くで何かがケロケロ鳴いている。そしてしばらくしてもう1匹をゲットするが、GTもそこまで。両ダンゴの仕掛けで餌をグルテンに替えただけという感じは最後まで変Dscf5464わらず、3時36分に餌が尽きて終了。結果、「グル宙」では実釣1時間半弱で4匹。トータルでは実釣約5時間20分で16匹。こんなものなのかな。片付け。常連さんはいなくなっているが、対面深場ダム?そばには3人が残っている。片付けを終え、駐車場に戻る。連日の釣行でかなり疲れたが、これくらいで音を上げていては年間100回は厳しい(常連さんを見よ!)。さあ、今日も今日とてベイシア詣でだ。さっさと車に荷物を積み、さっさと走り去った。
 
更新途中で寝てしまい、日をまたいでしまった
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年5月10日 (日)

今日はのんびり

今日は好天で釣り日和だが、のんびり家で過ごしている。そろそろ鳳来詣でに重い腰を上げなければ。聞くところによると、好調はGWで終わってしまい、今は減水が進んでいて、虫(目まとい)も大量発生しているとかで、なかなかその気になれない。
が、その気になっても明日明後日は家の用事でNG。それ以降は今来つつある台風の影響がどうなるか不明。行けたら行きたいところだが、天気次第だね。
 
アクセスカウンターがいつの間にか40万を超えた。嬉しい限りだが、いつ超えたのかは不明なのが残念だ。まあ、これもアクセスしてくれる皆さんのおかげです。本当に感謝してますよ。これからも宜しくお願いします。
 
気温の上下動で体がだるい
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

2015年5月 9日 (土)

岡ジャミのつもりが雨中で竿出し@引佐天池 with 竹さん

今日は天気も良くなく、疲れた体を休めようとゴロゴロしていたが、19日にひげさんが竿を出すとかの話が携帯メール上で盛り上がっている中、竹さんから引佐天池にいるので一緒にどうかとお誘いがあった。う~ん、どうしよう。とりあえず「見に行けたら行きます」と返事するが、気持ちはそんなに乗らないまま。しかぁ~し、12時を過ぎたら急に行きたくなって来た。見るだけだ、見るだけだよと自分に言い聞かせながら12時半過ぎに家を出る。途中、フロントグラスに雨粒が落ちて来たので、これは岡ジャミに決まりでしょDscf5434う。池に着くと、メール通りに竹さんの貸切状態。車の向きを変え、竹さんの車の後ろに停めて池に下りる。まずは挨拶。今日は鳳来に行くつもりが、フラフラとここに寄ったら誰もいないので竿を出したとの事。見ると、ウキの動きが半端ない。第1投からあたったようだ。そして、私が見ている前で1匹。これは・・・。雨粒は小さいし弱い。自己責任で竿を出す事にする自分にビックリしなDscf5435がらも、車に戻って荷物を降ろす。いつも入っているオーバーフロー付近でなく、フェンス入り口付近バルブのすぐ右に入って、さあ準備しよう。最初は両ダンゴの宙で、雨の具合によってはその後お待ちかねのグル宙でもやるつもり。まずは9尺を出す。餌はガッテン・天々・BBフラッシュ。やっとBBを使い切った。「たな」は昨日より若干深めで開始は1時33分。雨粒が大きくなってきたので、荷物には覆いをして傘を出す。まさか雨中の釣りになるとは、誰が想像しただろう。さて、餌打ちしてもウキはすぐには動き出さない。竹さんのあんなウキの動きを見せられてのこの静かさ。一体なんだろう。それでもしばらく打っていると、ウキに動きが。そしてあたりらしき動きも出るが、いずれもカラ。なんだかなぁ。そこで、餌に手水はもちろんの事、上ハリスをカットして下ハリスに変える。30cmと42cmくらいかな。すると、ウキの動きは更に良くなり、あたり!しかぁ~し、バラシ。ガクガクッ。更に、宙なのに鈎に藻のようなものが付いて来たので、「たな」も上げDscf5436Dscf5437てみる。すると、2時を過ぎてズバッ!で1匹目。サイズはパッとしないが、とりあえず凸ではなくなった。更に次のあたりで2匹目!これもサイズ的にはあんまり(余裕が出てきました)。その後もズバッというあたりでバラシ、を挟みなDscf5438Dscf5439Dscf5440がらポツポツと3匹を追加して、何とか第2目標クリア。サイズがグーンとアップして、ようやくこの池の標準サイズになった。ウキの立つ辺りにはパクパク野郎がたむろしているが、そいつらに用はありません。でも気になるぅ。竹さんは両ダンゴでウキの動きが忙しくて嫌になると言っていたが、バラグルセットに替えて落ち着いたようだ。ポツポツと竿Dscf5441が曲がるのを見た。2時台にはもう1匹釣って、こうなると2桁が見えて来そうな気がしてきたゾ。雨も一時の降り方は収まって、傘がなくても出来そうな感じ。竹さんにあとどれくらいやるかと訊いたら、確か最初は5時までと言っていたのが、「つ抜け」したら終わるとの事。もうじきだ。それなら私は餌を打ち終えて終わりにしよう。あわよくば第3目標も狙いながら。しかぁ~し、ウキDscf5442Dscf5443の動きが減って来たと同時に、バラシが増えた。何とか2匹を追加するが、それ以上は望めず3時半頃に餌が尽きて終了。結果、実釣2時間で8匹。充分です。片付け。雨はほぼ上がり、片付けは楽だったが、堰堤が濡れて滑り易くDscf5444なった。危ない危ない。片付けを終え、竹さんの様子を見に行くと、あと1匹で目標達成らしいが、ウキの動きが悪くなったようだ。先に帰っても良いと言うので、お言葉に甘えてお暇する事に。お疲れ様でした。短時間でも竿を出せばそれなりに楽しめた。ただ、1人ではどうだろう。そろそろと池を離れた。
 
今のところ回数だけはこなしているが
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

お知らせがあります

もうじきアクセスカウンタが40万になる。ジャストになった方には特に何もありませんが、ご連絡頂けばありがたいです(それだけですが、何か ←オイオイ)。
 
いよいよこのブログに与えられた2GBに終わりが近づいた。そこで、一番多く出向いている増沢の釣行記を2005年分から順次削除していきたいと思います。いつからとは言えませんが、ご了解のほど宜しくお願いします。
 
ここをポチッとするのもお忘れなく!
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年5月 8日 (金)

最後の最後にGTキターーッ!@増沢池 with 岡ジャミKさん

今日は今年初めての西ノ谷でグル宙をと思っていたが、やっぱり辿り着いたのは増沢。前回も日陰は空いていたので、今日は池の様子を覗う事なく荷物を降ろして池に向かう。やっぱり空いている。見ると、へら師が対面階段下から深場に向かって7人!こちら側は柳の木の奥に1人と、あとは整地された辺りに数人と流れ込み奥に2人。当然ながDscf5410らいつもの場所に入る。さあ準備しよう。竿は11尺で底から入る。餌はトロロの底釣り単体。あれっ、まだ早いと思っていたが、風・波が出て来た。急いで底を取り、開始は9時10分。すると、じきにウキが返すようになった。あれあれ前回は渋かったのに、今日は食い気がある?しかぁ~し、絶好のあたりで顔まで拝みながらバラシ。すると、その後もバラシの連続でこりゃぁ餌を間違えたかと心配になるが、開始30分経たないうちにDscf5411Dscf5412Dscf5413Dscf5414Dscf54151匹目。やれやれ。すると、そこからあたりに合って10時を過ぎるまでに4匹を追加して早くも第2目標クリア!これは素晴らしい。しかぁ~し、次の絶好のあたりで何故かハリス切れ。あのあたりでスレなのか・・・。急いで交換すると、Dscf5416再開第1投であたり!そして掛かりました!さあどんどん行こう。しかぁ~し、何故かあたりが全部カラ。もちろんウキ下やら餌付けやら変えてみるが、次のあたりでバラすと、そこからウキの動きがバッタリ。1人やって来て、旧爆釣ポイントに入った。そして浅い「たな」の両ダンゴですぐに1匹目。柳の木の奥の先客も、釣り方は不明だが、ポツポツと数を増やしている。橋の上からKさんの声。今日は岡ジャミだそうだ。奥の整地された方に向かった。さて、その後もDscf5417私的には頑張ったつもり(何を?)だが、結局数を増やす事が出来ず、10時51分に終了だ。結果、底では実釣1時間40分で6匹。後半の失速が痛かった。さあ、次は宙。先日グル宙は打ち止めにすると書いたが、バット師匠の激励(そんなのあった?)で続ける事にした。それで、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌は新べらグルテン単体。ちょっと少なめに作ったのは、おそらく釣れないだろうから(オイオイ)。「たな」は1本くらいで再開は10時59分。しかぁ~し!と言うか、当然と言うか、ウキに動きなし。隣が浅い「たな」でバシバシ合わせているので、知らず知らず「たな」を浅くして行く自分。それでもウキの動きは芳しくなDscf5418く、数回モヤッとした感じはあったが(個人の感想です)、11時46分に餌を打ち終えて終了。結果は言うまでもありませんね。さあ、次はどうしようか。隣のように両ダンゴという選択肢もあるが、竿を変えるのが億劫(9尺宙の仕掛けが両ダンゴ対応)なので、ここはグル宙で続けてみよう。と、その前に大急ぎの昼食(何で?)。餌はα21・わたグル。どうにも自信がないが、とりあえずやってみよう。再開は11時53分。風・波でウキがどんぶらこ。更に糸トンボ攻撃もDscf5419Dscf5420Dscf5421Dscf5422あって、集中力が切れそうだ。すぐに12時のサイレン。それでもしばらくしてウキに動きが出て来る。しかぁ~し、なかなか掛からない。「たな」をいじり、合わせに合わせて行くと、ポツーリポツリと掛かり、4匹までゲット出来たが、餌がそろそろなくなる1時過ぎになって痛恨のハリス切れ(ガDscf5423Dscf5424クガクッ)。急いで交換すると、なんだかなぁと連荘?で2匹を追加。良く出来たもので、餌がなくなる頃にウキの動きが良くなるのだ(もっと多めに作れば良さそうだが・・・)。終了は1時17分。終わってみれば実釣1時間20分強Dscf5425で6匹。まあまあか(コラコラ)。α21・わたグルはグルテン量が多くて鈎にしっかり残るのに対して、新べらグルテンはバラケが強いのか餌の残りが少ない(馴染みが小さい)のであたらないのだろうか。何かを足せば良くなるかもね。まだまだ発展途上です。さあ、まだ時間に余裕があるので、いよいよ両ダンゴの宙でもやりますか。竿は9尺に変更。餌はガッテン:マッハ:BBフラッシュを2:2:1に水1。「たな」はグル宙での結果に倣って設定。再開は1時29分。わずか2尺の差ではあるが、ウキがかなり見易くなった。これで爆釣間違いなし?しかぁ~し、最初からウキが動く筈もなく、何となくではあるがハリスが長くて浮遊時間が長そうだ。グル宙とは逆で、あまり長いとダンゴがバラケてしまう。それでもじきにグッとウキが入って1匹目!しかぁ~し、顔を拝んだところでバラシ。ガクガクッ。更に連続してDscf5426バラシとなり、餌に手水と指で揉み揉みも効果薄か。2時を過ぎてようやく1匹目が出るが、その後も芳しくないまま時間だけが・・・。しかぁ~し、2時半頃になって足りない頭で考えた。思い切ってハリスを縮めよう。両方を数センチカットしてみると、再開第1投であたり!そして掛かりましDscf5427た!何かを変えると反応も変わるってか。待てよ、時間は2時半を過ぎている。そろそろGTかもしれない。ハリスカットと結果は必ずしも繋がらないかも。すると、その通りなのか、そこからしばらくはあたりが遠のく。餌も残り少なくなってきて、どうやら両ダンゴは2匹で打ち止めかな。しかぁ~し、しかぁ~し、3時近くなってウキの動きが一変。グッと入る動きで3匹目!更に次のDscf5428Dscf5429餌打ちでもズバッ!が出るが、残念これはバラシ。いつもならGTはこれで終わるのだが、今日は何故か違った。次の餌打ちでまたもグッ!で4匹目。3時を過ぎても強いあたりは止まらず、グッ・グッ・グッで掛かる・掛かる・掛かる。Dscf5430Dscf5431Dscf5432何と3匹を追加だ。しかも両ダンゴになってからは殆どがグーなサイズ。これは間違いなくGTでしょう。しかぁ~し、7匹目はラス前だった。つまり、餌がもうない・・・。さっきの法則が発動してしまった。最後の1投も虚しく、3時12分に無念の終了。まだ時間はあるが、今日はビッグ富士に買い物に行かないと(エーッ?)。片付け。結果、両ダンゴの宙Dscf5433では実釣1時間40分で7匹。しかも最後の20分弱で5匹は自分でも感動した。トータルでは実釣5時間半で19匹。終わり良ければ全て良しではないが、良いイメージで終われた。片付けを終え、隣に挨拶して駐車場に戻る。やはり長丁場は疲れる。昨日もそうだったが、肩が固まって腰も痛い。情けないがこれが事実。帰ってゆっくり風呂に浸かろう。荷物を積み、晴れ晴れとした気持ちで帰路に就いた。
 
ここ、押してくれてますか?ホント、宜しく根
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年5月 6日 (水)

グル宙の化けの皮がはがれた@大楽地 with ザわさん

今朝起きたらザわさんから増沢にいるとメールが来たので、今日は大楽地の予定だがそちらに行きますと返事すると、いや、増沢ではウキが動き続けて面白くないので、大楽地に行くとの電話が。急いで着替えて大楽地に向かうと、先客が2名、堰堤左と「寝台」。それでは何処に入ろうか。いつも通りバルブの左にでもと準備中にザわさん登場。Dscf5405私の左に入る。それにしても水が澄んでいる。堰堤の先客は9尺くらいの短竿でやっているようだが、餌が底に着くのが見えてしまうのではと危惧していたら、2匹を釣って午前中に帰った。お見事でした。「寝台」の先客も竿を曲げて午前中に終了。さて、我々も準備を進めよう。先客を見て、私も11尺を出す。まずは底から。餌はいつもの夏・冬・マッハ。ザわさんは最初15尺の竹竿を出したが、吹いてきた強い風もあって振り難いとカーボン13尺に変更だ。右後方からの強い風で底取りからままならず、開始の9時36分からウキが流されまたシモる。時折冬のようなビューッという音まで出て、次第に気力が弱くなった。ジャカゴには後から2人やって来て入った。見るとそこは風の影響があまりない感じ。そこに入っていれば楽だったと今日のタラ・レバでした。さて、開始するとじきにウキの返しが出たが、おそらくは餌が溶けている。それ以外には何もなく、開始50分くらい経った10時半近くになって、返したウキがチクッ!あっと思ったが掛からず。すると、次の餌打ちでは馴染んだウキが返して上下に弱くフワフワ。今にもあたりそうなと思っていたら、何と糸トンボがやってきてウキに停まり、動きを消してしまった。しかも、糸トンボが停まったのはその1回だけ(トホホ)。これが今日の全てだった。後から来た若い2人(最初はバサーかと思ったとはザわさん談)のうちの1人が竿を曲げ、嫌が応にも緊張は高まるが、その後はウキの動きが見えず、時間だけが過ぎる・・・(ワンパターン)。11時半頃にザわさんが車中で仮眠するといって中座すると、ただでさえきつい状況に寂しさまで追加されてしまった。そして12時のサイレン。最早気力も失せた。あのDscf54061回だけしかあたり?をもらえず、12時10分に無念の終了。結果は言うまでもありません。次のグル宙に期待しよう。まずは昼食。それから、先客がいた堰堤左端付近に行ってみると、今の場所よりは風の影響が少なそうだ。どうせ今のままでは釣れないし、移動した方が良いのではと思っていると、仮眠から覚めたザわさんが復帰。2人で堰堤左端へと移動する事に決定。岸辺近くの私の右、先客がいた辺りにザわさんが入った。さあ、今度は期待の?グル宙。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・わたグル。少し深めの「たな」での再開は12時43分。しばらく打ち続けるが、ウキに動きなし。やはり何かしらのバラケめいたものが必要ではと、セット専用バラケを一つまみして餌ボウルに入れ、水を入れようとしたら水が入り過ぎてダブダブに。慌てて今度は「新ペレ」を注ぎ込む。なんだかなぁ。それをしばらく放置して、水を吸うまでは「たな」を上げ下げしながらグル宙の続き。一向にウキは動かない。バット師匠なら何か秘策がありそうだが、パクリのまがいの私では何もない。数分してやっとダンゴ?が固まってきたので、それを付けて打つ・打つ・打つ。すると、1時を過ぎて1回だけ両ダンゴ?の時にウキが小さく入ったではないか。来た!と思って両グルに変更するが、ウキの動きが消えてしまい、再び両ダンゴ?で打つ・打つ・打つ。すると、何と言う事でしょう、1時半を過ぎてその両ダンゴにあたった。目Dscf5407にも止まらぬ消し込み!やった掛かりましたよ!趣旨とは全く違ってしまったが、とりあえず1匹が出た。これは嬉しかぁ・・・。その後、ダンゴ?を打ち切ったので本来のグル宙で打ち続けるが、ウキが全く動かないまま餌を打ち終えてしまった。時間はハッキリしないが、2時半頃か。ザわさんは底から「たな」を上げたりしているが、まだ結果が出ていない。作った餌も充分あるので続行は間違いない。それで、使わないα21をもらってとりあえず打ち切ってから次を考える事にする。すると、やわやわで何となく心許ないその餌でウキが動いた!これは、と打つがじきに餌が尽きて終了。でも、何となく釣れそうな気がして来て続行を決定。ザわさんも付き合ってくれる事に。3時を過ぎているが、「新べらグルテン」単体で大体1時間くらいで打ち切る量を作る。そして再開。しかぁ~し、最初こそウキが動いたものの、しばらくするとシーン。一方、「玉」とのセットに変えたザわさんのウキは動き始めたようだ。そしてあたりもポツポツ。掛からないが、ウキが動いていれば気力も続く。ウキが動かなければどうしようもない。常連さんがやって来て、3時半を過ぎれば風・波も止んで釣り易くなると教えてくれた。いわゆるGTって奴ですね。さて、メッキが剥がれたグル宙の餌を打ち切ったところで、ザわさんが再びバラケ?を分けてくれる。実際今ウキが動いている餌なので、私はこれをダンゴにして使う事に。手水に練りで長ハリスでも持つようにして、再開。だが、なかなか思うように馴染みが出ず、更に練ってやっとOKに。ただ、ウキはすんなりDscf5408馴染んですんなり返す、の繰り返し。一方、4時近くになってやっとザわさんがあたりに合った!一時は眠くてほぼリタイア状態だったのだが、ウキが動けば眠気も吹っ飛ぶでしょう。う、裏山鹿~。その後もザわさんは時々あたりに合わせ、私は一向にウキが動く事なく、4時55分まで頑張ったが餌が尽きて終了となった。とりあえずは2人とも結果が出て良かったが、私はDscf5409最近の結果からそろそろ所詮まがいもののグル宙は終わりにしようかと考えている。バット師匠とタイミングが合えば、そばで技を盗みたいのだが、なかなか合わないしね。ジャカゴの2人も終了。何匹かは釣ったようだ。「寝台」にも1人常連さんらしき人が入っている。片付けを終え、堰堤の常連さんに挨拶して車に戻る。肩が凝り固まってしまった。久し振りに長時間竿を振ったからかな。帰りは時間帯もあるので、浜北大橋からの混雑を避けて飛龍大橋から新東名バイパス?へと出た。一旦北に向かうので何か損した気分になったが、これが近道なのか。ザわさんにはお疲れ様でした。明日は都合が悪いので、8日には何処かに行こうかな。釣れるところがいいな。バイパスを南下しながら考えた。
 
日をまたいでしまったが、それとは無関係にここをポチッと宜しく!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年5月 5日 (火)

やはり釣れない@増沢池

昨日の雨で多少は状況が変わったかと、いそいそとやって来ました増沢。まだ9時前だ。前回よりも早く来たので、日陰側には入れるかも。まずは橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ、日陰側は深場整地された辺り以外には誰もいないぞ。何故だ?日向側には看板横付近に4人と、後はダム?そばまでポツポツと10人くらい。例会が入っているようだが、それにしてもあれだけ賑わっていた日陰にどうしてへら師がいないのだろう。まあ、私にとっては好都合なので、急いで車に戻り、荷物を降ろして池に向かう。今Dscf5395日は先日壊れた11尺底の仕掛けを現場施工するので、さっさとそれなりの準備をしよう。が、いつも通りのモタモタで、餌落ちまでかなりかかってしまった。そうそう、餌は夏・冬・マッハの定番ダンゴ。底も取れ、開始は9時37分。しかぁ~し、凪いでいた湖面もじきに風・波。ウキがかなり流されるので、適当なところで打ち返す。これではウキの動きも良く分からないなぁ。なんて思っていたら、馴染んですぐにチクッ!やったと合わせるが、少し手応えがあっただけ。でも、へらはもう寄っている?日陰はまだ好調なのか?しかぁ~し、そこから先がさっぱり。時折ウキが弱く入る事があっても(見えた分だけ)、これが掛からない。更にはシモッたウキがスッと入るのに合わせたら鱗。更に更に、糸トンボの季節でウキにトンボあたりが出る。これがまたイライラを募らせるのだ。気が付くとDscf5396開始1時間。これは凸必至か。ところが、そこからウキに動きが出て来た(ような気がしたのは個人の感想ですが、当たり前か)。そしてほどなくチクッ!で1匹目。やれやれ、これで落ち着いたが、風・波があるにしてもこの状況は何だろう。すぐに11時を過ぎる。ウキは動いていて、あたりらしDscf5397き動きも出るのに掛かりまテン。風・波さえなければきっと釣れるに違いないとタラ・レバで自分を誤魔化しながら続行。すると、今度こそと合わせたあたりでやった2匹目。今度はまあまあのサイズだ。でも遅すぎるなぁ。あっという間に最後の1投。待つ・待つ・待つ。すると、ズルッとウキがDscf5398入るあたりでやった「上がりべら」ゲットだ!時刻は11時37分とジャスト2時間。しかぁ~し、何故かハリスが絡むアクシデント。たんこぶになってしまったので、ここはカットでしょう。両ハリスは次回セットすると言う事で(オイオイ)。結果、底では実釣2時間で3匹。後半はあたりが出ていたDscf5399と思うが、ほとんど掛からなかった。なんだかなぁ。さあ、次はグル宙で行こう。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌はα21・わたグル。早めの昼食を摂ってからの再開は11時55分だ。まだ風・波は止まないが、前回前々回とそれなりに釣れたので、期待しながら開始。しかぁ~し、思いの外ウキが動かない。すぐに12時のサイレン。他のへら師は釣れてるのかな?自分だけが厳しいのかな?場所が良くないのかな?それともこの釣り方が合ってないのかな?情報なしでウキだけを見つめるが、小さなウキの動きは見難いので、どうしても大きな動きに期待してしまい、おそらくは数回見逃しがあったように思う。ただ、ウキが馴染み切ってからはすぐに餌を切るようにしたので、餌がぶら下がってからどうだったかは不明。途中から餌打ちマシン化した自分に気付き、これではいけないと再度自分を奮Dscf5400い立たせるが、ウキはたまに弱く動くだけ。そろそろ開始1時間。と、ここでウキが馴染んでからあたったかあたらないか分からないものの、何か異変を感じて合わせると、ガツン!という手応え。やった掛かりました!やっと1匹目ゲットだ。が、その後は再びウキの動きが感じられないまま、Dscf5401時間だけが過ぎるお約束の展開。1時を過ぎ、状況に変化がないまま餌が尽きて、1時23分に終了だ。結果はお分かりでしょう。看板横付近では「お」とかやっているように聞こえてくる。そっちの方が良いのかもしれないなぁ。グル宙はそろそろ打ち止めかな。さて、それでは再びグル宙で行ってみよう(オイオイ!)。餌は新べらグルテン。1時26分に再開だ。へらの寄りが悪いのか、割とすんなり馴染む。が、もちろんウキに動きなし。とにかく餌を打ち続け、ウキの馴染み具合を見続けるが、あっという間に2時(またかよ!)。このままでは良くないと、「たな」を上下してみる。すると、私的にはかなり浅くしたら、ウキが動き出したではないか。こんな浅い「たな」だったのか。そしてウキが何度となくそれらしい動きを見せるが、全く掛からない。でも、ウキが動かないよりはどんなにましか。とにかく合わせて行くと、Dscf5402開始1時間近くなって、やっと合いました!トータルでの第2目標クリア。う、嬉しかぁ。まだウキは動いている。何とかもう1匹。しかぁ~し、掛からないまま2時半頃に餌が尽きてしまった。このまま終わるのはあまりにも切ないので、同じ餌を少量作ってプチ残業。すると、ウキの動きは続くが、相変わらず掛からない。まるで釣れない時の両ダンゴみたいだ。それでも餌を打つ・打つ・打つ。3時を過ぎ、世の中はGWならぬGT。そしてこれまたあたりだかなんだか分Dscf5403からないまま、ちょっとした異変に合わせれば、やった掛かりましたよ!あれっ、これ?今日一番の小サイズ。でも1匹は1匹でしょう。素直に喜ぼう。その後もウキは動いたが、残念3時18分に餌が尽きて終了。結果、新べらグルテンのグル宙は残業込みで実釣1時間50分で2匹。グル宙では実釣3時間20分で3匹。トータルでは実釣5時間20分で6匹だった。やはり釣れなDscf5404い。日陰側塩ビ管から浅場にかけてへら師がいないのはこういう訳だったか(まだ分かりませんが)。片付け。例会も終わったようだ。常連さんも大半が帰ったか。湖面は時間通り穏やかになってきたが、片付けを終え、駐車場に戻る。明日は大楽地にでも行ってみようかな。車に荷物を積み、これまた予定通りベイシアへと向かうのであった。
 
ここをポチッと。ホント、宜しく根
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年5月 4日 (月)

「はげまろ。のブログ」が一新された

「はげまろ。のブログ」で御馴染みのれいちゃんさんのブログが「呑処 善」と名前を変えてリニューアルされた。アドレスは今までと同じなので、見に行って驚かないよう予め連絡します。
 
呑処 善 はこちらからどうぞ。
 
こちらもポチッと宜しく根
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年5月 3日 (日)

やはり休みになってしまった

明日から天気が悪くなるとの予報。本当なら今日も出掛けなければならないのだが、連日の釣行でかなりだるく、お休みにしてしまった。
再開は天気が回復する6日以降になりそうだ。それまでに池に見に行く事はあるかもしれせん(遠方除く)が、雨ならありませんので悪しからず。
 
行った方が良かったかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年5月 2日 (土)

一転、釣れない(私だけ?)@増沢池 with HRさん

とにかく行ける時に行っておこうと、今日も増沢へゴー!駐車場着は9時前か。気になったのは、入り口のところに駐車場の使用時間が8時半から17時半までと貼ってあった事。夜中早朝のトラブルでもあったのか?ゲゲッ、今日も駐車場は混み込みだ。まだ上の方は空いているので、とりあえず停めて池の様子を見に行くと、結構早く来たつもりだったが、日陰側は空いたところはあるものの、入りにくそうだ。一旦他の池を探そうと思ったが、増沢で試したい事があったので、荷物を降ろして橋を渡り、わざわざ日向側に向かう。そして看板横へ。先客に挨拶して、さあ準備するかな。日陰側は多い時でDscf538220人を超えた。GWで土曜日なのだから、ぼんやり出掛けて良いところに入れる訳がないと反省。おっと、準備準備。竿は13尺で底から。そうそう、今日は底のダンゴを夏・冬・新ペレで試してみたい。それぞれ1に水1.5と袋に書いてある。ゲゲッPART2、出来上がりが良くなさそうだ。これは昔1回だけ作った記憶がある。釣れた記憶はない(エッ?)。が、もう作ってしまったので、使い切るのが省資源釣法。底を取り、開始は9時36分。うん、重いだけあって馴染みが大きいぞ(ご存知とは思いますが、重さで馴染みが出る訳ではありません)。ん、すぐに返す。何だか良さそうに思えてきたが、それが甘かった。じきにあたりが出たが、カラ。まあまあ、そのうちにと軽く考えていると、これがあたらない。返しは出るのにだ。こうなると、使った事がほとんどない餌ではさっぱり分からない。餌付けの大小とか練り具合とかで調節してみると、10時を過ぎてそれらしいあたり。これに合わせると、わわっ凄い引きだ。ヤバイ。懸命に堪えると、やはり腹にスレて上がってきた。ガクガクッ。左隣の先客も底のようだが、あたりは出ていてもバラシのみ。途中で宙に変更した。私のほうはその後、馴染んで返してチクッ!の抜群のあたりが出たが、これもバラシ。食わないのか、餌が良くないのかは不明だが、何となく餌ではないかと個人の感想です。あまりに暑いので、仕方なく傘を出す。それからはほとんどあたりがなく、たまにあたりやおかしな動きはあっても全く掛からず。時間だけが過ぎるお約束の展開。GW前の日陰側いつもの場所での結果とは雲泥の差。本当はそこに入ってこの餌を試したかったのだが、次回以降に持ち越しだ。その後もさっぱりのまま11時。更に時間は過ぎる。最早凸は規定路線か。しかぁ~し、11時半を過ぎる頃になって、ウキの動きが良くなった。何とか凸だけは避けたい。看板横はポイントとしてはグーなのだから、この時期こんなに釣れないとは。心の余裕がなく、対面竿が曲がってDscf5384いるかどうか確認出来なかったが、少なくとも私と先客はアウトでした。しかぁ~し、そろそろ12時と言うラス前になって、やっとあたりに合って1匹目ゲット。何とも言えない。ただただ疲れた、そんな感じ。最後の1投でもチクあたりは出たがカラ、で終了。時刻は12時。結果、底では実釣Dscf53852時間半弱で1匹。餌なのか食い渋りなのかは不明のままだが、辛かった。さあ、気分を変えて次はグル宙。その前に昼食。傘のおかげで涼しいが、時折強い風が吹くと傘が吹っ飛びそうだ(ちなみに私は飛びませんが、何か)。竿は11尺に変更、餌はα21・わたグル。昨日のままの「たな」で再開は12時18分。かなり風・波があってウキが右に流される。またトップの視認性も悪い。でも数投でウキに動きが。そしてスッとウキが入るのに合わせるが、カラ。う~ん、これまでならあんなウキの動きなら掛かっていた筈なのに、やはり今日は厳しいのかも。更に、昨日はハリスのストックがないのでそのままにしておいたが、ハリス段Dscf5386_3差が気になって仕方ない。今更ではあるが交換して納得の段差にした。すると、開始30分ほどでやっとあたりに合いました。う、嬉しかぁ。ただ、へらはいるのに食わないのは底の時と同じ。先客も底も宙も変わらないと言っている(事実、宙でもバラシのみ)。HRさんがやって来て、坂のDscf5387下に入っている。今年2回目だそうだが、後になって(多分底で)竿が良く曲がっていた。さて、その後もウキの動きは続き、じきに2匹目が出るものの、その後は再び、「釣れない両ダンゴ」のようなウキの動きに翻弄されるだけ。かろうじて終了間際に1匹追加出来た。グル宙、まだまだ奥が深Dscf5388Dscf5389いぞ。時刻は1時48分。結果、グル宙では実釣1時間半で3匹。残念ながらトータルでの第2目標には届かなかった。先客は凸はかろうじて脱したものの、残業する気力がないと言って終了。明日も来ると言って帰った。お疲れ様でした。私はまだ時間が早いので、昨日の復習を兼ねる意味で、「新べらグルテン」で1時間くらいやってみる事にする。餌は水を加えて軽く混ぜるだけにした。再開は1時53分。あれっ、今日はしっかり馴染むぞ。へらが寄っていないからかな。そして2時を過Dscf5390ぎる頃にそれらしき動きに合わせると、やった掛かりました!これは素晴らしい。この餌もダメと決め付けずに使ってみようかな。しかぁ~し、そこから先がない。やはりあたりらしきウキの動きでカラを連発。この餌はバラケ性が強いので、小さく付ける為にギューギュー押し付けるのでなく、Dscf5391もう少し大き目の餌付けが必要なのかもしれない。おいおい試していこう。2時半近くに小さく入るあたりで2匹目をゲットするが、その後は特に何もなく2時44分に終了だ。結果、新べらグルテンのグル宙では実釣50分で2匹。こっちの方がいいじゃんと言いたいが、時間的にGTなので、Dscf5392何とも言えないところ。トータルでは実釣4時間50分で6匹。他との比較が出来ないものの、まあこんなものでしょう。片付け。対面のへら師はそんなに減っておらず、まだまだこれからか。もし釣れていたなら、何としても対面に入って餌の比較をしてみたいなぁ(GW中は無理か)。片付けを終え、HRさんに挨拶して駐車場に戻る。そうそう、4月の頭には桜だったが、今はサツキと藤か。四季の移り変わりが本当に気持ち良いが、最近は春秋が短くなっているようなDscf5393Dscf5394気がする。さて、連日の釣行でかなり疲れた。明日くらいは休竿にしようかな。荷物を積み、ベイシアへと向かった。
 
ここをポチッと宜しく。本当に宜しく根。
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年5月 1日 (金)

増沢には入れない~の、浜北新池は停められない~の、で東ノ谷

GWはそんなに焦って竿を出す予定はなかったのだが、回数を稼ぐにはそんな呑気な事は言っていられない。今日も遅くなったが増沢へゴー!駐車場着は10時半頃か。そんなに多くの車が停まっている訳でもなさそうだ。それでも確認のために、荷物は後回しで橋まで行って池の様子を覗うと、ゲゲッ日陰側にはかつてOT氏が入っていたところから、私のいつもの場所、更には旧爆釣ポイントまで先客。その奥も塩ビ管奥までへら師。整地された辺りは空いていない事もないが、今日はいつもの場所でグル宙をもう少しやるつもりだったので、泣く泣く諦めて東へ向かう。途中、急に気が変わって浜北新池へと向かうが、池の向かいの家が新築中で工事車両が駐車スペースを塞いでいる。これで行き先は決定!東ノ谷だ。でも、GWで満杯かも?池に着くと、あれれ古い池の方は誰もいない。これ幸いと駐車して、さっさと荷物を降ろす。一級ポイントと言われているDscf5363(ホント?)ところに入るが、風・波。右手前に流されるのが嫌だ。水の色もシルトが入っていて濁りとは違うようだ。でも準備しよう。竿は11尺で餌は新べらグルテン。わざわざこのために買ったのだが、果たして効果はあるのか?「たな」は昨日のままで開始は11時20分。この餌、あまりかき混ぜてはいけないとあったので、グルテンの生成が良くない感じ。元々グルテン量は少ないので、持ちが心配だ。案の定、ウキに馴染みが出ない気がする(よく見えない)。水の色とウキの緑が似ていて、この釣りのキモである小さな動きが取れなさそうだ。結局指で揉んで餌付け。やれやれ、馴染んだ。すると、開Dscf5364始10分ほどであたりらしき動き。そして、ウキがグッと入るあたりで1匹目。何だ、それほど心配する必要はなさそうだ。しかぁ~し、しばらくして掛かって来たのはジャミ。こいつもいたね、そう言えば(倒置法)。ジャミはこの1匹だけだったが、ウキの動きが見えているうちはまだ良かった。風・波が大きくなると、ウキが馴染む途中の小さなウキの動きは完全にアウト!どうしてもウキが馴染んでからのグッというあたりばかりを望んでしまう。そして時間ばかりが過ぎるお約束の展開に。遂に12時のサイレンを聞く。ダメだ。しかぁ~し、突然のグッというあたり!そして掛かりました!あっ、外れた・・・。いや、ハリス切れだ。まずい、まだ新たなハリスは巻いていないので、予備が2本しかない。その貴重な1本を使って交換。Dscf5365あと1本しかないぞ。しかぁ~し、再開すると再びのグッ!が出て、やった2匹目。情けないがへらはここまで。12時40分に餌が尽きて終了。結果、実釣1時間20分で2匹かぁ。こりゃダメだ。さあ、次は竿を9尺にして両ダンゴ。いDscf5366や、今日はどうしてももう1回グル宙をやる。餌が気になって仕方ないのだ。指で揉んだが馴染みはそんなに出ていなかった(個人の感想です)し、一番気になったのは、ウキがすんなり馴染む事。餌が抜けていたのか。いつものα21・わたグルならどうなるだろDscf5367_2う。と、その前に昼食。それから餌を作り、再開は12時51分。すると、それまでとはウキの動きがぜんぜん違う。馴Dscf5368染むまでにモヤモヤ。そしてほどなくグッというあたりで1匹目。まるで別世界だね。更に1時を過ぎてもう1匹。早くも前半の結果に追い付いた。その後もウキの動きは止まらず、ポツポツと3匹を追加しDscf5369Dscf5370Dscf5371Dscf5372て、単独での第2目標クリア!しかぁ~し、もう1匹追加した後に痛恨のハリス切れ。交換するが、もう在庫は尽きた。更に、段差が縮まってしまった。上ハリスをカットすれば段差は稼げるが、それはしたくない。仕方なくそのまま続行すると、ウキの動きが一変。掛かってもバラシ。その度にハリス切れかとドキドキだ。2時を過ぎ、そろそろ餌が尽きる。湖面が多少穏やかになったが、観念して餌打ちすると、何と言う事でしょう、ウキが馴染む途中でモヤッからDscf5373グッと入り、これに合わせればやった多分「上がりべら」ゲットだ!おおっ、思いがけないダブル。う、嬉しかぁ。しかぁ~し、何故かハリス絡み。どうにも解けず、泣く泣くカットして1本鈎。そして数投打つが、何もなく2時17分に終了。結果、2回目のグル宙では実釣1時間30分弱で8Dscf5374匹。トータルでは実釣2時間50分で10匹。餌の違いを痛感した。さあ、いよいよ両ダンゴだ。竿を9尺に変更。餌はガッテン・天々を2にBBフラッシュ1。これであまり混ぜなくても持つ筈。そして再開は2時28分。ちょっと餌のタッチが気に入らないので、手水と揉み揉みで調整するが、柔らかDscf5375くなってしまい、これでは逆に持たないかも。それでも開始20分経たないうちに1匹目ゲット!とにかくウキを馴染ませよう。しかぁ~し、次のあたりで掛かって来たのは再びのジャミ。最初のグル宙が浮かんできて、ヤバイ予感。すると、それはデジャヴに間違いなかった?なかなか2匹目Dscf5376が出ない。結局出たのは1匹目から40分ほど経った3時半近く。GTだ、さあどんどん行こうと気持ちは逸るが、次のあたりがいきなりの消し込みで堪え切れずハリス切れ!ガクガクッ。先程は餌がほとんど尽きる手前だったので、そのままにしたが、今は餌がまだ半分残っている。ここは現場施工。こちらも段差が縮まってしまったが、再開すると、今度こそ正真正銘のGTなのDscf5377Dscf5378Dscf5379か、あたりが出始める。そして4時近くに3匹を追加して、両ダンゴでも第2目標クリアDscf5380だ。その後4時を過ぎ、ラス前にもう1匹「上がりべら」を追加して終了。時刻は4時12分。結果、両ダンゴでは実釣1時間40分強で6匹。トータルでは実釣4時間半で16匹。へら師は私以外誰もいない。片付け。最初の餌が合わなかったが、すぐに両ダンゴに行かずに餌を変えて、合わなDscf5381いと確認出来た事が収穫でもあった。この「新べらグルテン」は何かと混ぜて持ちを良くするかそれとも12月の放流まで使わずにおくかのどちらにしようかな。片付けを終え、車に荷物を積む。これくらい移動が楽なら増沢も言う事ないのにな(もしそうならへら師が殺到する?)。そろそろと池を去った。
 
ここをポチッと押してくれるとありがたい
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »