« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

湿!壁!翡翠(カワセミ)!擦!@増沢池

いよいよ8月も終わり。天候は不順だが、今日は何とか持ちそうだ。と言う事で、家人を送るついでに増沢へゴー!駐車場着は9時半近く。車が少ないのは天気のせいか。急いで荷物を降ろして池に向かうと、案の定いつもの場所付近には誰もいない。奥の方で竿だけが見える。湖面は泥色。ほぼ無風。湿気が高くてまとわりつくような感じ。ジトッと汗ばんでくる。いつもの場所でさあ準備しよう。竿はこのところ連採の振り出し12尺、Dscf5906餌は夏+冬+天々のバラケとわたグルのセット。宙ではセットはやらないが、底はハリス長の心配もないし、両ダンゴと両グルも織り交ぜて。奥の方には続々と常連さんが入ってきた。さて、底も取れ、開始は9時57分。むむっ、ウキが返している?10時を過ぎ、開始20分経たないうちに、返したウキがチクッ!残念カラだったが、今日は意外と行けそうかも。しかぁ~し、返した後がなかなかあたらない。おまけに10時半近くなって、予報にない雨粒が落ちてきた。奥の整地された辺りの常連さんは頭上に木の枝があるので小雨なら心配ないが、私は困る。でも、あたりは欲しい。よし、とりあえず1匹釣ろう。1匹釣ったら傘をセットだ(オイオイ)。すると、ウキがいきなりズバッと消し込んだでDscf5907はないか。マズイ、スレているかも。懸命に堪えて寄せると、おおっ、ちゃんと食っている。何となくへらは底ではなく少し上にいる感じだ。疲れたが凸を回避出来たので、良かった良かった。それでは荷物に覆いを掛け、傘をセットしよう。さあ、2匹目を狙うとするか。しかぁ~し、ウキは動けど再びあたらない時間が続く。そして掛かったのはお約束のブルー。もうガクガクッ。11時を過ぎる。雨は降ったり止んだりを繰り返して本降りにはならず、やがて止んだ。さて、1回余所見(緊張から逃れるため)をしたら、案の定あたったが、時既に遅し。餌付けやらウキ下の微調では凌げない。ウキ下をどんどん伸ばせば、予想通りスレバラシ。11時半近くなって、他に思いつかないがハリスを伸ばしてみる。上ハリスをカットして交換。元の下ハリスを上ハリスにしようと思ったが、元々段差がかなりあったようで、新たな下ハリスが50cm近くになってしまった。仕方ないので、そのまま使用。トンボはDscf5909元の段差分ずらす。そして再開すると、何と言う事でしょう。第1投であたり!しまったそれを逃してしまったと思ったら、何と再度のあたり!そして掛かりました!やったぁ、何かした意味があったぞ。しかぁ~し、次の餌打ちでもあたりらしきウキの動きが出たが、何とそれをパス。その後は再びあたらない時間が続く。それでも12時前に抜群のチクあたりで、やった3Dscf5910匹目かと思いきや、凄い引きでこれは違うでしょう。残念ながら腹から上がってきた。もうガクガクッPART2。虚しく12時のサイレンを聞くという定番のフレーズ。途中ウキの動きに翻弄されてあたりを確認出来ず、ウキを見る時間が長かったせいか、餌がかなり残っている。何とか2時間半くらいには打ち切りたいところ。すると、何故かは分からないが、またもズバッとDscf5911言う消し込み!これが食っているから不思議だ。何とか壁を打破出来そう。もう1匹、もう1匹を何とか。しかぁ~し、その後午前中のGTなのか、何度となくあたりらしきウキの動きが出たが、いずれもカラ。今度はハリスを縮めようかと考える事はし考えたが、実施しないまま餌がDscf5912尽きて、12時50分に無念の終了。3時間近く頑張って3匹かぁ。セットでなく両○○の方が良かったかも(出ましたタラ・レバ)。傘を外し、一旦休憩。昼食後にウキと仕掛けを交換して、後半は「グル宙」をやるつもり。さて、私の目の前を何度となく翡翠(カワセミ)が行き来した。背中の瑠璃色が言いようのない綺麗さ。写真を撮りたいが、私のショボイデジカメでは、飛翔中を撮るにもシャッタースピードが追い付かない(人間の目も追い付きません)のはもちろん、停まっていてもズームが足りず無理(ガクガクッPART2)。写真は他のブログにあたってください。かつてはこの池で見る事がなかった(個人の感想です)が、清流にいるといわれているこの鳥、西の平とか引佐天池でも見た事がある。生息域がどんどん失われているため、このような池まで来ているとしたら残念な話だ。さて、餌はわたグル+マッシュダンゴ。ハリスはおそらく40cm+50cmで、深めの「たな」での再開は1時4分。小さく餌付けしつつも、ウキが馴染んだら切る、を繰り返す。すると、10投もしないうちにDscf5913ウキが馴染みながら弱く入るようになった。1回目はカラだったが、2回目にはやった掛かりました!開始早々素晴らしい。ゲゲッ、口がひん曲がっている。おそらくは鈎外しでやられたのだろう。ともあれ、1匹目ゲットだ!この調子でどんどん行こう。しかぁ~し、何故かその後はウキが馴染むまでのウキの動きはほとんどなく、ウキが馴染んでから弱くモヤモヤ。とても手が出せるような状況ではない。それでも餌を打つ・打つ・打つ。が、状況に変わりなく2時を過ぎる(早っ!)。少しずつ「たな」を深くしていくと、何となくあたりそうな雰囲気(あくまで個人の感想です)。一応オモリを付けて底に着いていない事を確認。ウキが馴染Dscf5914んでからモヤモヤ。2時半頃になってモヤモヤからグッと入った!やったと合わせれば掛かりましたよ!ようやくトータルでの第2目標クリアだ。更にしばらくして、馴染んだウキがズバッと入った!これは、と合わせると凄い引き。ビーンという糸鳴りまで出て、かなりヤバそうな感じ。Dscf5915堪えに堪えてようやく引き寄せると、予想通りスレていた(鰓)。ただただ疲れただけ。おまけに場が荒れたのか、ウキの動きが悪化。そろそろGTなんだけどなぁ。その「たな」を諦めて少しずつ上げて行くと、何処でもウキは馴染んでからモヤモヤ。ただし馴染む途中に動きはない。3時を過ぎてしまった。常連さんがそろそろ帰り支度。対面坂の下にはいつものご夫婦。気が付かなかったが、浅場には菅笠をかぶったへら師が1人。渋いなぁ。結局その後は何もなく、3時21分に終了。結果、実釣2時間余で2匹。トータルでは実釣5時間Dscf5916余で5匹。片付け。壁は越えても更にその向こうにもう1枚の壁がある。無駄かもしれないが、天気の良い日に対面深場で長竿で「グル宙」か?体力的にきつそう。他の池という選択肢もあるが、何とかこの池で(日陰側で)そこそこの結果を出したいので、もう少し頑張ってみようかな。そのうち凸の悲哀を味わうかもしれないが。片付けを終え、車に戻る。汗まみれではないが、汗がへばり付いている感じだ。さあ、帰りはベイシア。そろそろと池を跡にした。
 
宙のセットでやるべきか。それとも・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年8月29日 (土)

雨が続くようだ

昨日からその予兆はあったのだが、案の定今日は雨。明日からもしばらく雨が続くと言う事で、昨日竿を出しておいて本当に良かった。
 
あんぷおやじさんのブログが復活した。私にはオーディオの事はよく分からないが、その世界が深い事は分かる。1回くらい工房にお邪魔してみたいものだ。
 
夏バテなのか、最近体調がすぐれない。かなりだるいのだ。足の指先も痺れている。釣りとは関係ないと思うが、雨が続くうちに体調の回復を図らないと。
 
寝ても疲れが取れない
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年8月28日 (金)

汗!壁!雨!@増沢池 with Oさん and Kさん

朝方雨があって、今日の釣行はどうしようか迷ったが、道路が乾いてきたのでゴー!もちろん行き先は増沢。引佐天池や西ノ谷も考えたが、やはり行ってしまう。駐車場着は10時過ぎか。あっ、Oさんの車ハケーン!急いで荷物を降ろして池に向かうと、柳の木の奥に先客。私はいつもの場所に入る。湿気がきつくて、すぐに汗。おまけに風もない。Dscf5893湖面が凪いでいるのは好都合だが、もう少し風が出ても許す。まずは荷物を置いて、奥の整地された辺りにいるOさんの元へ。そうそう、今日は事故からちょうど2年が経った。足元に充分注意してそろそろと進む。既に5匹をゲットしているとの事。素晴らしい。さて、出が遅れたので、今日は底をカットして両ダンゴと両グルの宙だけやる。まずは両ダンゴ。竿は12尺、餌はガッテンDscf58941+天々2に水1。しばらくしてから天々1を加えてかき混ぜる。何か意味があるのか分からないが、何となくやってみた。私の準備中にKさん登場。柳の木の奥の奥に入った。さて、前回の仕掛けのままで開始は10時39分。意外と餌が持つ。しばらく打ち続けると、何かがいるような弱いさわりが。が、あたりはなく11時。Kさんが大きな声。自分でもビックリ釣れたようだ。う、裏山鹿~。と、ウキがグッと入り、これに反応すると、やった掛かりました!両ダンゴでは凸必至と思っていた(後半の「グル宙」頼み)ので、嬉しかぁ。しかぁ~し、「たも」を持ち、浮かしたへらを掬おうと思った瞬間にバラシ。ガクガクッ。スレていた雰囲気はないが、何故?でも、この調子ならひょっとして釣れるかも。ところが、しばらくしてまたも同じようなウキの動きで掛かりました!やったと「たも」を持ち、へらが顔を出した瞬間に再びのバラシ。ガクガクッ×ガクガクッ。何故だぁ・・・。鈎を見つめるが、特に変わったところはない。まあ、腐っていても仕方ない。どんどん行こう。しかぁ~し、それからはウキの動きも弱くなって、とにかくそれらしいウキの動きに合わせても合わせても掛からず、じっと手を見る・・・。汗でじっとりしていた両腕が、やっと乾いてきた。ついでに防虫スプレーを掛けておく。あっ、12時のサイレン。そろそろ餌もなくなりそう。予定通り(もとい、予想通り)凸まっしぐらか。と、ここでウキがグッと入るDscf5895のに合わせたら、やった今度こそ掛かったでしょう!3回目のバラシなど許される筈もない。慎重に寄せる。やった、ようやく凸から逃れられた。う、嬉しかぁ。でもまだ高い壁が聳え立っている。何とかもう2匹、いや1匹でも釣って後半に繋げないと。すると、何が良かったのかはDscf5896分からないが、それからじきに再度のグッ!でやった2匹目。何とかなったか。その後しばらくして餌が尽き、両ダンゴは終了。時刻は12時22分。結果、実釣1時間40分余で2匹。今日の激渋(いつもと同じじゃん!)の中よくぞ頑張った。とりあえず一旦休憩してKさんの元へ。Dscf5897最近はトロ掛けでやっているようだ。見ると、ウキの動きは出ていない様子。Oさんは底で調子が良いらしい。裏山鹿PART2。釣り座に戻り、まずは昼食。それから「グル宙」の餌を作る。わたグル+マッシュダンゴ。「たな」、ハリスはそのままで再開は12時33分。期待の餌打ち開始。するDscf5898Dscf5899と、何と言う事でしょう!第1投からウキが消し込んだ!慌てて合わせるがバラシ。見ると鱗だ。これは釣れそうなのか?それとも場が荒れてジ・エンドなのか?とにかく餌を小さく付けては打つ・打つ・打つ。ウキが馴染み切ってからはそんなに待たず、餌を切るのがポイントらしい?でも、ハリスを伸ばしたくて我慢出来なくなってきた。それまで30cm+40cmだったのを、40cm+50cmに変更。これで思い切り沖目に振込み、ウキが立ってから馴染み切るまでの間の小さなウキの動きに注目するのだ。すると、予想とは違い、ウキが馴染み切ってから少し返して、そこからチクッ?という動きが出るようDscf5901になったので、これに反応していくと、1時を過ぎてやった掛かりました!これで壁は越えられそうだ。しかぁ~し、その後は全く掛からず。1回だけ目にも止まらぬ消し込みがあったが、カラ。更に1時半頃から湖面にポツポツと雨粒。ヤバイ、遂に来たか。柳の木の奥では終了と言う声。Kさんも終わるようだ。私はどうしようかな。とりあえず通常の結果にはなったので終わっても良いが、餌がまだある。奥の常連さんも帰る様子はないので、ここは思い切って続行だ。荷物には覆いを掛け、傘をセット。Kさんは2時前に帰った。お疲れ様でした。さて、あまりにも合わないので、自然とウキの動きに反応しなくなる自分がいた。更に、GTなのかウキが馴染むまでにもそれらしい動きが出るものの、全く手が出ない。ただ餌を打ち切るのが目標みたいな感じ。続行の意味がないじゃん!そこで、気持ちもDscf5902新たにウキの小さな動きにも反応するようにしていくと、2時を過ぎて馴染んだウキがグッと入り、やった2匹目!続行の意味がありました。更に雨粒も小さくなってきた。このまま餌が尽きるまで何とか持ってくれ(頼む!)。ついでにもう1匹釣って第2目標・・・。すると、まさにGTなDscf5903のか、それからじきに再度のグッ!が出て3匹目。遂にトータルでの第2目標クリアだ。これで充分満足なのだが、人間の欲には限りがない。まだ餌は少しある。もう1匹、もう1匹釣って終わろう。すると、2時半近くなって、馴染んだウキのチクッというあたり?に手を出せば、やった掛かりましたよ!しかぁ~し、竿が引き込まれた。これを何とか堪えるが、ビーンといDscf5904う糸鳴り。それに引きの具合も何か違う。懸命に浮き上がらせると、腹から見えてきた。もうガクガクッ×ガクガクッ×・・・。サイズはグーなのに、最後の最後のスレなのか。これが残業手当だったのか。愚痴ばかり言って2時35分に終了。結果、実釣2時間で3匹。トータルではDscf5905実釣3時間40分で5匹。やっと開始時のOさんと並んだ。Oさんは2桁いったのかな。片付け。雨は止んでいて、まずはホッ。まだ充分やれそうだが、今日も気力を使い切った。対面坂の下にはご夫婦。浅場には朝から1人が入っている。片付けを終え、Oさんに終了メール。車に戻る。あれっ、Oさんの車がない。もう帰っているのか。遠く離れているとはいえ、気付かなかったなぁ。さあ帰ろう。車に荷物を積み、そろそろとベイシアへと向かった。
 
次回曇りだったら対面にでも行ってみるか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年8月26日 (水)

再び立ちはだかった壁になす術なし@増沢池 with ちょっとだけ岡ジャミパラソルさん

昨日の雨で多少状況が改善されたのではと、出掛けてみました増沢。駐車場着は9時頃か。急いで荷物を降ろして池に向かうと、オヨヨいつもの場所から柳の木の奥の奥まで誰もいない。しかぁ~し、更に奥の方からあたりさわりの人の声。毎日来るんだなぁ。昔のWINDOMの人みたい。それではいつもの場所にでも入るとするか。曇っているかDscf5884ら傘も必要なさそうだし、ね。ただ、湖面には波。底から入るつもりだが、ウキの視認性がどうかなぁ。とりあえず準備しよう。竿は振り出し12尺、餌はトロロの底釣り+冬。ささっと底を取っての開始は9時25分。う~ん、ウキが右から左に流れるが、底をなぞっているのかウキも微妙に上下しているぞ。それ以外のウキの動きはなく、ひたすら餌を打っていると、10時を過ぎて、ウキが変な返し方をした。あれはあたりの後に違いない。へらはいるね、間違いなく。しかぁ~し、その後はまたもウキが流れながら微妙な上下の繰り返し。整地された辺りはどんどん人が増えている。対面旧流れ込みにも1人入った。更に時刻は進み、ウキ下の微調やら餌付けに変化を付けたりしながら、開始1時間くらい経った時点で余所見(緊張から逃れるため)をしてウキに目を戻したら、何とあたりの後の返しが出ているではないか!今日まだ2回しか見ていないあたり(実際には後だけど)を逃したぁ・・・。ウキ下をまたも微調してみると、10時半を過ぎて、返したDscf5885ウキがチクッ!今日初めて見たあたり!やった掛かりましたよ。それまでの状況から今日こそ凸と確信していたのだが、外れて良かったぁ。しかぁ~し、これからと言う時に限ってハリス絡み。解けずカットして交換するが、段差がどうだったか。ただ、ちょうど午前中のGTになったのか、その後もウキは弱くでは動き、あたれ!と心の中で叫ぶ(声に出ていたかもしれない)が、あたらず11時を過ぎる。無理に合わせてバラシも出ると、更にウキの動きが減る。いよいよ最後の1投。1回あたりらしきウキの動きを見過ごしてしまったが、餌落ちまで返しても我慢と待ち続けると、チクッというあたり!やった「上がりべら」ゲットだ!ああっ、外れた・・・。時刻は11時30Dscf5886分。結果、底では実釣2時間余で1匹。一昨日の再現には程遠く、再び目の前に高い壁が聳え立った感じだ。この後が怖い。まずはトイレ休憩と昼食にしよう。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はガッテン1+天々3。またまた長ハリスのままで両ダンゴ。「たな」は前回のままで再開は11時44分。すると、何と言う事でしょう、第2投であたり!そしてバラシました。ひょっとしてこれは行けそうかな。ウキはしっかり馴染み、そして動く。今にも釣れそうだ。しかぁ~し、12時のサイレン。その後もカラやら掛かったと思ったら沖に逃げられてハリス切れとか、何となく釣れそうな感じのまま1時(結局釣れてませんが、何か)。と、ここでパラソルさん登場。今日はお休みだが、鳳来詣でがもうすぐ100回を迎えると言うではないか。あっと驚く為五郎~(古っ!)。パラソルさんが見ている間に何とか1匹をと思ったが、掛かったのは鱗1枚。パラソルさんはじきに帰った。岡ジャミお疲れDscf5887様でした。それからじきに餌が尽きて両ダンゴも終了。時刻は1時28分。残念だが平常運転とも言える。さあ、ここからが本日のメイン・イヴェント。わたグル+マッシュダンゴで「グル宙」だ。餌付けは小さめで再開すると、またも第2投であたり!そしてバラシました。何だかなぁ。やはり前回と同じように、最初はダンゴの時のへらが残っているのかウキの動きはあったが、次第に動かなくなる。そこで、ウキ下を上下してみると、深めにした方が良さそうだ。すると、ウキが馴染みながらモヤモヤ、馴染み切ってからも上下するではないか。そして小さくても力強いと思われるウキの動き(まだ消し込みは見ていない)に合わせて行くが、これが掛からない。たまに掛かってもバラシ。前回なら食っていたと思われるようなチクあたりもダメ。もちろん消し込みなぞ期待する方がおかしい。2時を過ぎる。そろそろGT、何としてもあと2匹は釣って壁を越える手前までは行かないと。しかぁ~し、相変わらずウキの動きに翻弄されるだけ。3時近くなった。すると、ウキのチクあたりでやったとDscf5888うとう掛かりましたよ!いやぁ、キツイ。さあ、もう1匹釣って壁を打破しないと。しかぁ~し、その後もウキは動くが掛からず。更に2連続で消し込み、そしてハリス切れ。これには痺れた。その後もウキは動くがさっぱりで3時32分に「グル宙」も終了だ。結果、実釣2時間で1匹。トータルでは何と実釣6時間!で2Dscf5889匹。こりゃぁダメだ。これでは終われない。残業残業!まずはハリスを詰めて30cm+40cmくらいに。そして餌は天々単体を1時間打つ程度の量作る。すぐに再開すると、またまた第2投であたったが、今度は掛からず。でも、きっとGTに違いない。すると、数投後にウキが馴染むや否や消し込んで、慌てて合わせると一瞬掛かったもののバラシ。反動で仕掛けが頭上の木の枝へ。やってもうた・・・。万事休す。残業もこれでお終いか。無理を承知で引っ張ると、何と何もロストでずに済んだ。これはこの後きっと良い事があるに違いない。どんどん行こう。しかぁ~し、と言うかすると、と言うか、餌打ちしてから餌ボウルで餌を押し練りしていたら、ウキが消し込んだ!慌てて竿を持ち合わせると、やった掛かりました!何でもDscf5890いい、食っていれば。早々と予定クリア。急に気が楽になった。後は餌を打ち切るだけ(オイオイ)。GTの延長なのか、その後もウキは動く。しかぁ~し、カラの空振り(久し振りに思い切り強く合わせてしまった)でハリスと道糸が絡むアクシデント。急いでカットして交換。今日は10本くらいハリス交換した気がする(個人の感想です)。その後も合わせても合わせても掛からず、で4時。珍しく3時過ぎまでやっていた常連さんも帰った。対面看板横付近にはご夫婦。浅場にも1人。私もそDscf5891ろそろ終わらないと。すると、空合わせしたつもりが掛かりました!何処かで出ていた筈のあたりを見過ごしたのか、いわゆる「居食い」なのかは不明だが、2匹目に違いはない。両ダンゴで2匹も?釣れるなんて素晴らしいの一語。もう餌は残り少ないが、一応トータルでの第2目標を目指そう。しかぁ~し、残念Dscf5892餌が尽きて4時27分に終了だ。結果、残業では実釣1時間弱で2匹。トータルでは実釣7時間!で4匹。壁は越える事は越えたが、対応能力に欠ける私には本当にキツイ。片付け。次回からはバットさんみたいに何かに絞ってやった方が良いかもしれない。真似っこの「グル宙」以外に両○○でやるとなると、両ダンゴしかないが、果たして?片付けを終え、車に戻る。急に秋めいてきて、息は弾むが汗はほとんど出ていない。このまま過ごしやすい日が続けば釣りもグッと楽になるだろう。荷物を積み、そろそろと池を跡にした。
 
餌と鈎を買わないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年8月25日 (火)

台風の余波

台風は遠く離れているが、その影響はかなり大きく、風が強い。植木鉢の大半は倒れてしまったので、家の中に避難させた。スダレは外し、雨戸は閉め切り。これから雨も強くなりそうとの予報。充分気をつけなければ。台風の被害に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
 
明日は天気が回復しそうだ。少し遅れてなら竿を出せるかも。ひょっとしてロストした穂先とウキが浮き上がっているかな(甘い甘い)。
 
少し前に載せたブログ(日本と韓国は敵か?味方か?)の中で、これは是非とも知韓の見地から読んでおいた方が良い記事をみつけた。拡散希望となっているので、ご確認願いたい。
 
和夫一家殺人事件 韓国では有害図書として事実上発禁処分となっているようだ。日本人が書いたのではない事に注目。
 
気温が上がらず過ごしやすくなってきた
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年8月24日 (月)

どうしても越えられなかった壁を越える事が出来たか@増沢池

台風の影響で今週は竿を出す日が限られそう。今日は気温も上がらず曇り勝ちと言う事で、出掛けない訳にはいかないでしょう。いつもより少し早く家を出る。しかぁ~し、北星中学の近くで車が動かない。信号が数回変わってもビクともしない。何だろう、事故かな。仕方なくわき道からモクレン通りに出るが、せっかく早く出てもこれでは意味がない。駐車場着は9時前になってしまった。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、いつものDscf5870場所には最近よく見る先客。挨拶して私は旧爆釣ポイントに入る。奥の方にはあたりさわりの人を含む常連さんが数人。何故か対面には誰もいない。気温が上がらないので、いつもなら汗まみれで準備するのだが、今日は楽だ。竿は振り出し12尺(何故振り出しなのかは1つ前の釣行日記を参照)、餌は真底+冬。そんなに風・波もないので、ささっと底を取り、開始は9時20分。今日こそ3匹の壁を越えないと。しかぁ~し、ウキに動きなし。しばらく餌を打ち続け、竿を引いてはウキの返しを作る。先客が亀を釣った。底では避けられないのかも。早10時。すると、ようやく自然とウキが返し始めた。ただ、いつもながらではあるが、その後がない。開始1時間近く経って、やっと餌落ち付近まで返したウキがチクッと入ったが、残念カラ。その後もそれらしいウキの動きが数回出Dscf5871たので、ウキ下を微調。すると、10時半を過ぎて餌落ちまで返したウキがチクッ!これに合わせると、やったようやく出ましたよ!いやぁ、底では凸かとヒヤヒヤしたが、良かったぁ。ただ、その後がない。と思っていたら、余所見をしてウキに目を戻した時に、馴染んだウキが1目盛入っているではないか。とりあえず合わせると、やった2匹目ゲット!何だかなぁ・・・。更にそれかDscf5872Dscf5873らじきに、再び返したウキがチクッ!やった3匹目。底で3匹出たのは久し振りだ。う、嬉しかぁ。この調子なら、後半の宙で1匹くらいは出そう。遂に越えられなかった壁を越えるか?11時になり、先客が終了。いつも午前中で終わるようだ。かつての私みたい。さて、底では餌がもうない。出来ればもう1匹くらい底でゲットしたかったが。なんて思っていると、ラス前にウキがズバッと消し込んだ!慌てて合わせるが痛恨のハリス切れ。あと1投で終わりと言う時に、何で切れるんだ(私は切れてまDscf5874せんけど、何か)?とりあえず交換して最後の1投。が、何もなく終了。時刻は11時29分。結果、底では実釣2時間余で3匹。壁を越えるまでもう少し。次は両ダンゴの宙。その後「グル宙」のつもり。その前に昼食とトイレ休憩。次の餌はガッテン+天々。12尺宙の仕掛けを見たら、やけにハリスが長いぞ(35cm+50cmくらい)。このままでは餌が持たない。でも、最後に「グル宙」をやるので、ハリスには手を付けたくない(オヨヨ)。それで、「たな」をやや浅めにして、ついでにウキもオモリを背負わなさそうなものに変更。再開は11時51分。風が出て来て振り難いなぁ。それでもじきにウキが動き出し、これは間違いなく壁を越えそうだ。ほどなく12時のサイレン。しかぁ~し、スパッと出た消し込みはカラ。その後も波の中ウキは動いているように思え、合わせるがカラばかり。更に、ズバッと消し込んだあたりはハリス切れ。ガクガクッ。急いで交換して再開すると、やはりじきにウキに動きが。が、時折出るウキが消えるようなあたりはカラ。1時を過ぎ、再びズバッ!でハリスが切れる。決して合わせ切れではありません。底も含め、今日は3回ハリスが切れた。それだけあたりが多いと言う事なのか(そうかな?)。急いで交換して再開するが、何か様子がおかしい。ウキが立たないぞ。ゲゲッ、トップが折れている(ガクガクッPART2)。yurieさん作ではなかったのが不幸中の幸いだが、それでもお気に入りの1本だったので、ショックは大きい。適当なものと交換して餌落ちからやり直すが、結局その後もあたDscf5875りを拾えず1時38分に無念の終了。結果は言うまでもありませんね。何だか壁は越えられそうで越えられない雰囲気になってきたぞ。さあ、期待の「グル宙」、行ってみよう。竿と仕掛けはそのままで、餌はマッシュダンゴ+α21のつもりだったが、α21が終わってしまい足りないので、わたグルを混ぜる。そのまま再開すると、最初こそ両ダンゴのへらが残っているようなウキの動きがあったが、次第にウキの動きが減ってきた。それでも開始20分くらいでズバッとDscf5876いう消し込みで1匹目ゲット!結構引いたがハリスは切れなかったので、両ダンゴの時のハリス切れはおそらくスレだったのだろう。ともあれ、これで壁を越える事が出来た。う、嬉しいのぉ。更にトータルでの第2目標にもリーチだ。これは何としてももう1匹。すると、2時を過ぎてじきに、ウキDscf5877が馴染む途中のチクッ!で2匹目。随分久し振りの第2目標達成。う、嬉しいぞ。サイズはダウンしたが、こんなあたりを取りたかったんだ。やったね。そろそろGTだし、ひょっとしてまだ釣れるか?すると、何と言う事でしょう、しばらくしてまたもズバッ!で3匹目。ダンゴの時にはズバッ!はDscf5878おそらくスレだったが、「グル宙」では食っている。これは素晴らしい。餌付けも出来るだけ小さくして、漂う時間を長めにしたのが良かったのかも。まだまだウキは動く。もう少し行けそうだ。しかぁ~し、次のあたりで掛かったのは、何とDscf5881手の平いっぱいの大きいブルー。なかなかこのサイズにはお目にかかれない。前に引佐天池で20cmオーバーを釣った時以来だ。でも、とっととご退場願った。やはりGTなのか、その後もウキは動く。と、ここで右から声が。いつも対面看板横から坂の下付近で竿を出しているご夫婦だ。こちらに来るのは珍しい。いつもの場所で竿を出すらしい。と、ここでウキがグッと入りそうになり、手を出すべきか考える暇もなくDscf5882条件反射で合わせたら、やった掛かりましたよ!「グル宙」で4匹目。素晴らしいの一語。この状況ならもう1匹釣って「グル宙」だけで第2目標も夢じゃない?しかぁ~し、ウキは動くがあたりらしき動きに合わせても掛からない。バッタリって奴ですか?その後、打てども打てども掛からず、じっと手を見る・・・。3時を過ぎ、常連さんも終了した。私の方は何と4匹目からほぼ1時間どうにもならない状態で3時半に餌が尽きる。何だかなぁ。結果、「グル宙」では実釣Dscf58832時間弱で4匹。トータルでは実釣約6時間で7匹。遂に壁を越える事が出来た。が、最後が尻すぼみなので、嬉しさも半減と言ったところか。片付け。気温は上がったが、暑くて堪らないほどでもない。少しだけ汗をかいて片付けを終え、ご夫婦に挨拶して車に戻る。さあ帰ろう。今日はベイシアに寄る用事もない。荷物を積み、そろそろと池を跡にした。
 
秋めいて来たから釣れたのかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年8月23日 (日)

つみきのそのさん

Docu0035昨日お会いした一で二三さんとは、2008年頃増沢で出会った。その頃は「浜松こども館」に勤めていて休みが合わないので、プーになった私といち早く知り合えた。その後何回かご一緒したのだが、仕事の関係で清水に引っ越す事となり、残念ながら並んで竿を出す事はなくなったが、たまに来浜した際に声を掛けてくれて、竿を出す事もあった。
現在、独立して写真のようなお仕事をされているとの事。元々子供が大好きなので、性に合っているようだ。小さかった娘さんが今では中学生と言う事で、改めて時の流れの速さに驚いた次第。
今後も来浜される際には是非声を掛けて下さい。並んで竿を出しましょう。お元気で。
 
そのさんのHPはこちら → つみきのそのさん
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年8月22日 (土)

どうしても越えられない壁があるんだよね & 1-1=0@増沢池 with バットさん and 顔を出してくれた一で二三さん

一で二三さんからのコメントも後押ししてくれて、珍しく8時前に家を出た。もちろん行き先は増沢。ただ、暑さがぶり返してきた感じ。辛そうだ。駐車場に着くと、まあまあの車。これならいつもの場所か旧爆釣ポイントには入れそうだ。荷物を降ろしていそいそと池に向かう。しかぁ~し、いつもの場所には先客。更に旧爆釣ポイント、柳の木の奥とその奥にも先客。深場整地された辺りにも何人か見える。やはり週末は厳しいのか。無理を言っていつもの場所と旧爆釣ポイントの間に入れさせてもらう。と、ここでフラシが下りているのに気付いた。何処かの会が例会をやっているのだ。これはマズイ、マズイですP1000163よ(2回言いました)。悩みながらも台を設置していると、バットさんからメール。橋の下付近にいるとの事。準備はさておき、橋の下に向かうと、いましたよバットさん。亀に悩みながらも結果を出していると言う。yurieさんからウキを預かっていると渡してくれた。う、嬉しかぁ。おそらく仕事中なので、お礼はメールで許してもらおう。例会の人の間に入るのはどうかと言われ、私も気になっていたのは間違いないので、面倒だが移動を決意。浅場に入る事にする。足元がぬかるんDscf5862でいて芳しくないが、水草が他の場所より少ないので決めた。荷物をえっちらおっちら運ぶ。既に汗まみれ。再び準備だ。竿は11尺、餌はトロロの底釣り+夏を少々。噴出す汗は拭いても拭いても止まらない。シャツもビッショリ。底取りの途中でハリス絡みが出てイライラしたものの、何とか底も取れて開始は8時57分。いつもとそんなに変わらない時刻になってしまった(トホホ)。さて、もちろん最初からウキが動く筈もなく、黙々と餌打ちをしていると、開始30分を過ぎてウキに返しが出て来たか。そしてしばらくすると、餌Dscf5863打ち付近まで返したウキがチクッと入った!やったと合わせるが、カラ。う~む、厳しい。その後もウキの動きはなくならないが、開始1時間近くなって、やっとあたりを見て1匹目。凸必至の状況だったので、これで気持ちが落ち着いた。さあ、ここから少しでも多く釣って、超えられない壁を越えなければ。しかぁ~し、その後はウキの弱い返しはあってもあたりは出ず。竿を引いて誘いのつもり、を繰りDscf5864返しているところへ、一で二三さん登場。アイスを頂いた。ごっつぁんです!今日はこれから仕事と言う事で、じきに帰った。一で二三さんの事は次の記事に少し書くつもり。さて、誘いを掛けたり餌打ちのポイントを変えたり、餌付けの大小その他いろいろやってみるが、これと言った決め手がないまま時間だけが過ぎる・・・。11時近くになってやっと誘った後にムズッ。やったと合わせるが、沖に逃げられてバラシ。スレだね、きっと(倒置法)。11時を過ぎ、どうやら今日も予想通りの展開か。右のバットさんの様子はどうだろう。バシャバシャ音が聞こえたようなそDscf5865うでないような。と、返したウキをちょっと引っ張って誘ってみたら、そこからチクッ!やった今日数回しかないあたりに合いました!う、嬉しかぁ。バラシで終わったかと思っていたが、まだへらはいた。しかぁ~し、その先はなく、残念11時34分に餌が尽きて底Dscf5866は終了。結果、実釣2時間40分くらいで2匹。まだ工夫が足りないのだろう。一旦休憩してバットさんの元へ。数を増やしている様子。詳しくはバットさんのブログを参照してください。しばらく見学してから釣り座に戻り、まずは昼食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はガッテン・マッハの両ダンゴ。「たな」は適当で再開は12時2分だが、12時のサイレンはまだ鳴っていない(どうでも良いか)。まずはウキがしっかり馴染むように餌付け。そして打つ・打つ・打つ。すると、開始30分くらいでウキに動きが。馴染み際でモヤモヤしたり、ウキがスッと入ったり。泡付けもあって、何となく釣れそうな雰囲気。すると、しばらくしてウキが入るのに合わせたら、やった掛かりました!ゲゲッ、この引きは・・・。ガックリブルーでした。となると、この泡付けやらウキの動きはほとんどがブルーなのか?急にテンションが下がってしまう。ともあれ、まだ餌は半分近くあるので、腐らずに餌を打とう。すると、1時近くなって、ウキが立つや否や目にも止まらぬ早さで消し込んだではないか!ビックリしてしまい、合わせが遅れた。凄い引きだ。と、竿が立つ前にズボッと言う音。しまった、穂先を抜かれた!少し前にも同じ事が起こったが、その時は幸いな事にほぼ同じ位置にウキが戻ってきたので良かったが、今回はおそらく難しいだろう。茫然自失。せっかくyurieさんから1本頂いたのに、同じ日にyurieさん作の1本をロストするとは、まさにトホホ以外の何者でもない。残った餌を捨てDscf5867て終了という考えもあるが、ここは竿を替えてもう少しやってみよう。ただし次の餌は作らない。バットさんのところへ報告に行き、竿はまた抜かれるのではないかと言う恐怖心から振り出し9尺にする。大体同じ「たな」で再開するが、ウキの位置がかなり近くなった感じ。これで釣れるか?とにかく最初は餌を打つ・打つ・打つ(残りを考えてややインターバルは長めに)。すると、やはり開始30分くらいで、11尺の時と同じようなウキの動きが出始める。どうだろう、へらか?或いはブルーか?とにかく穂先を抜かれる心配はない(竿ごと持っていかれる可能Dscf5868性はあるが)ので、それらしきウキの動きに合わせて行くと、2時近く、餌がほとんどない状態でのチクッ!でやった3匹目、そして「上がりべら」ゲットだ!これは嬉しい、嬉しいですよ(やはり2回)。出来ればもう1匹釣ってこれまでの越えられない壁を打破したいと思ったが、それには餌があまりにも少なく、数回打って1時53分に終了。結果、宙では実釣1時間半くらいで1匹。片付け。今日も3匹の壁Dscf5869を越えられなかった。とりあえず穂先は買うとしても、次回からはしばらく竿は振り出しに限定してやろう(と言っても、9尺と12尺しかありませんが、何か)。片付けを終え、バットさんの元へ。詳しくは書けないが、いろいろと試している。また宜しくとその場を離れ、重い荷物と共に車に戻る。汗も引いて服も乾きつつあるので、このままベイシアに寄って帰ろう。荷物を積み、そろそろと池を跡にした。
 
broken hearted fishing !
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年8月20日 (木)

秋の気配

昨夜は「さわやか」、今夜は「天政」、そして明日は「新角」の予定。カロリー摂取がたまらない。多少食欲が落ち気味とは言え、目の前に出てくれば食べてしまう悲しい性。釣りでカロリー消費が出来れば良いが、多分無理だろう。今後粗食を続ける事で、何とか体調も戻そう。
 
これからがタイトルの記事。
昨夜、シャワーを浴びてから、最後にはいつも冷水を体に掛けてほてりを取るのだが、掛けた瞬間「冷たっ!」と思わず声が出てしまった。
そう言えば、最近エアコンなしで寝付けるようになって来た。まだまだ日中は残暑が厳しいものの、確実に秋はやって来ているのだ。
翻って、池の様子はどうだろう。そろそろ釣れ出しても良さそうな気がする。土曜日くらいに増沢詣ででも再開するとしようか。
 
♪あれが貴方の好きな場所 港が見下ろせる小高い公園♪
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年8月19日 (水)

メロン

渥美半島までメロンを食べに行ってきた。
国道42号を西進し、かなり来たと思う田原市から何故か山に向かって車は進む。結構奥まで行ったなぁと思うところにハウスとそれらしい建物。一応何々ご一行様とか書かれた板があるので、こんなところまで来るんだと驚き(自分達も来てるんですが、何か)。
Dscf5854Dscf5855中に入ると、それらしいテーブルが並んでいる。そこに座ってメロンの半分を食べるのだ。何かうら寂しい気がするのは私だけではないだろう。
しかぁ~し、味はうまい。どんどん行けるが、何せ半分もメロンを食べるなんて滅多にないのと、甘さが段々しんどくなって、途中から食べるスピードが落ちてきた。
Dscf5858Dscf5859それでも何とか完食。休憩にと外に出ると、いきなり2台のマイクロバスハケーン!中からはぞろぞろと人が出てきた。そして、ガラガラだった席があっという間に埋まってしまった。
せっかくなのでと写真を撮ったが、最近はプライバシーの問題とかあって面倒くさそうなので載せない。
帰りも1時間以上かかって到着。この、途中のダラダラ長い道を何とかすれば、もっと観光地として栄えるように思うのだが、それにしては行きも帰りも道が空いていたのは、お盆も終わって海水浴シーズンが終了したと言う事か。
 
満腹にはならなかった。当たり前か
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (2)

こんな記事

天気が悪いのと用事で竿が出せません。
その代わりにこんな記事でも読んでみて。
 
韓国、独島(ドクト、日本名・竹島)が韓国領土であることを示す写真が発見された!
 
まともな新聞社が書くとは思えない。こんなの相手にしてたらこちらもおかしくなってしまう。
 
コレが平常運転らしい
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年8月17日 (月)

今日は雨。気温が上がらないのは幸いだが、湿気がきつくてしんどい。熱中症には湿気の方が重要(汗が蒸発しにくい)ようなので、充分気をつけよう。
 
事情があって今週も竿を出せそうにない。週末には何とか増沢でと思っているが、ここは我慢。おっさんの戯言くらいでお茶を濁すくらいしかない。スンマセン。
 
「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い分けがネットで話題だが・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年8月16日 (日)

サンダーバード are Go!

たまたまNHKを観たら、何と全く新しいサンダーバードをやっているではないか?CGを駆使して、尚且つミニチュアの模型もあったりして、なかなか観応えがありそうだ。
思い出せば小学生だった頃、操り人形とミニチュア模型の同じ番組を毎週楽しみにしていた。当時でも斬新な未来を予感させるディテールやストーリーだったなぁ、そう言えば。
それから何度となく再放送が行われ、更には実写版も製作された。
未だにかなりの人気を誇る番組だが、それがCGとオリジナルストーリーで再び現れたのだ。
私は2号が好きだったし、今井科学の4号のプラ模型も買った(今はいずこに?)。
並行して当時のサンダーバードも流されるようなので、ノスタルジーと共に観てみよう。
 
あれから半世紀が過ぎようとしている。月日は百代の過客にして・・・
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年8月15日 (土)

安倍談話

昨日発表された安倍談話。詳しくは新聞等で読んだ方も多いと思うが、安倍ちゃんが決して口にしたくなかった「謝罪」を談話に押し込むかどうかでいろいろな勢力のせめぎあいがあった事は想像に難くない。
妥協の産物となった談話だが、個人的にはよくぞここまで我慢してくれたと思う。
また、未来志向の談話が一部の国を除いて概ね好感を持って理解されたと言う事は嬉しいの一語(釣り日記みたい)。
国内では眉毛のお爺さんとか鳩ポッポがいろいろやってくれたが、こういう人も抱え込む日本はまあまあ良いんじゃないの(yurieさん風に)。
今後は自由と民主主義、人権について同じ価値観を有する国々と協力して、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献していって欲しいものだ。
 
ついでに、新しく見つけた冷静なブログを紹介する。クリックすれば飛びます。
 
在日韓国人から見た韓国の新聞
 
日本と韓国は敵か?味方か?
 
また暑さがぶり返して来そう。釣りも休みばかりで申し訳ない
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年8月14日 (金)

どうしても越えられない壁があるんだよ@増沢池

昨日の雨で少しは状況が変わったのではと、やって来ました増沢。お盆休みも終盤になって、駐車場にも多くの車。急いで池に行きたいが、そんな時に不定期便。ついでに橋まで行って池の様子を覗うと、いつもの場所は空いているが、そこから奥に向かってずらっとへら師。たまには深場も面白いかもと思っていたが、ちょっと無理。いつもの場所に入ろう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。旧爆釣ポイントの先客に挨拶するDscf5847が、ちらっとこちらを見ただけ。感じ悪~っ。まあいい、準備しよう。汗を滴らせながら台を設置。竿は11尺で底から入る。餌は真底+冬。水量は増えていて、ゴミも溜まっている。太陽の直射があるので、傘をセットしようとしたら、何と台の脚が固定具の径より小さくてアウト!それなら頭にかぶる傘はどうかな?ゲゲッ、車に置いてきた。持ちに帰れば再び大汗となるのは必至。ここは我慢だ。もう少しすれば日陰になる。底を取り、開始は8時47分。先客が竿を曲げた。底なのか宙なのか?私のウキは静かなもの。すぐに9時。時折風が吹いて気持ち良いが、汗は止まらない。対面には旧流れ込み付近に2人。暑いのではなく暖かいと言う声が聞こえてくるが、体調には気を付けて。さて、1時間くらい経って、ようやく糸ずれのようなウキの動きが出る。へらはいるんだね。更に返しも出るが、その後がない。あっという間に10時。先客はポツポツ竿を曲げている。私は遂に凸の洗礼を受けるのか。しかぁ~し、返したウキがそのままで、ずっと待っていたが埒が開かないので、空合わせをしようとしたら、そのタイミングであたった?やった掛Dscf5848かりました!何でも良い、食っていれば。やったぁ、サイドではあるが口。約1時間半でようやく凸を脱したゾ。まだ餌が残っているので、何とかもう1匹。しかぁ~し、残念ラス前に鱗1枚だけ。最後の1投も虚しく10時42分に終了。あたりそのものが出なかった。これは厳しいなぁ。今度はグルテンを作って底をDscf5849続けようか。いや、ここはいつも通りに宙で行こう。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はマッシュダンゴ+α21。そうです、私が変なおじさんです(間違いではないが)。ではなくて、「グル宙」です。先客は私が来てから6匹くらい釣っている。最終的には私が帰るまでに9匹くらいだと思う。奥の方はどうなのかな。再開は10時52分。当然ながらウキに動きなし。少しずつ「たな」を深くしていくと、何となくウキが動いているような気が。底に着いてしまったのかと思いながら餌を打っていると、ウキが馴染みながらズバッと消し込んだではないDscf5850か!慌てて合わせれば、やった掛かりました!バット師匠、もといバットさんから、馴染みながらズバッ!は「グル宙」の好あたりパターンだと聞いているので、こりゃぁ爆釣も夢ではないかもね。サイズ的にはそんなでもないが、開始してまだ時間が経っていないので、どんどん行こう。しかぁ~し、その後は元の木阿弥。虚しく12時のサイレンを聞くのも予定通りと言ったところか。再び「たな」を上げていく。更に餌付けを小さくしたら、ある「たな」でウキに動きが出て来た。そして、馴染んだウキがモヤッとするのに合わせたら、やった掛かりました!ああっ、バラした・・・。見れば鱗。ガクガクッ。更にしばらくして、空合わせをしたら何かに掛かり、グーンと引っ張られてハリス切れ。やれやれ。その後もウキはたまに動くが続かず、またあたらず。Dscf585112時37分に終了だ。餌付けを微小にするのは気付かなかった。次にやる時にはウキもオモリを背負わないものにしてみよう。と、本来はここで終わるつもりだったが、結果がまだ2匹と、予定の3匹(予定だったのか)には達していない。時刻もまだ早いので、1回だけ餌を作ろう。ハリスが長いので、それを利用して段差の角麩(いわゆる「お」ですが、何か)でもやってみようか。いや、宙では両○○を通すと決めているので、辛くても天々単体でやろう。あまりモタモタしていると、再び日が当たってくるので、ここは早めに。そして1時間くらいで終われる量を作る。あれっ、多めに出来ちゃったゾ。まあいい、開始だ。しかぁ~し、「グル宙」のハリスが長いままではウキが馴染まない。数投やってみるが、おそらく無理だろう。餌を練って練ってやれば出来るかもしれないが、ここはハリスを縮めて、30cm+40cmくらいにする。そして再開すると、ウキは馴染むがそれだけ。これは困った。とにかく餌を打つ・打つ・打つ。ついでに「たな」も探ってみる。すると、やや浅めでウキが何となく動くようになった気がして、そこで餌付けを変えてみると、お恥ずかしい話だが、ウキを馴染ませるのに餌を手揉みするのと大きめに付けるのではウキの動きが違う事に今更ながら気付いた。そうです、大きめに付けた方がそれらしい動きをし始めた。これは餌を多めに作ってしまったから出来た事。そうでなければ、大きく付けるより指でコネコネする事だけをやっていただろう。怪我の功名って奴ですか?ただ、大きくウキが入る事はなく、時折出るそれらしいウキの動きに合わせて行くが、残念何も起こらず餌だけが減るお約束の展開(ちょっと表現を変えてみました)。2時近くなり、餌もじきに尽きる。残念だがここDscf5852は凸を甘んじて受けるしかないだろう(いつもの事ですが、何か)。が、あと数投で終わる時点で、何とウキがグッと入ったではないか!これに合わせると、やった掛かりました!う、嬉しかぁ・・・。釣ったというより釣れた3匹目。寂しい話(嬉しい話でしょう)だが、これでいつも通りの結果になった。その後は何もDscf5853なく、2時ジャストに終了。結果、トータルで実釣5時間で3匹。どうしても超えられない壁があると同時に、凸になっても不思議ではない環境だ。片付け。慌しくて昼食を摂るのを忘れたが、車中で食べれば良いか。まだ翳っているので、そんなに汗も出ず片付けを終える。さあ、今日はベイシア詣ででもしよう。車に戻り、そろそろと池を跡にした。
 
じゃがにぃさんらしき車があったが、確定出来ないのでメールは止めた
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (6)

2015年8月13日 (木)

明日こそ

午前中の雨は凄かった。昼過ぎに近くの法事に家人を送迎する際にも激しい雨で難儀した。今はまだ雨が残っているが、明日は大丈夫そう。家に籠ってばかりでは体の調子がおかしくなるので、増沢にでも出掛けてみようか。
 
ザわさんが昭和池の様子を見に行ってくれた。護岸工事が始まっていて、12月頃まで掛かるそうだ。釣りは来年までおあずけかな。
 
今日はエアコンがなくても過ごせそうだが、湿気がたまらない
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2015年8月11日 (火)

どうしても越えられない壁がある@増沢池 with じゃがにぃさん

世の中はお盆休み。でもそんなの関係ねぇ~っ!と言う事で、出掛けて来ました増沢。駐車場着は9時過ぎ。既に暑い。おおっ、車が多いぞ。場所はあるのかな?まずは橋まで行って池の様子を覗うと、旧爆釣ポイント以外には先客がズラリ。やはり休みのせいか。車に戻って大急ぎで荷物を降ろして池に向かい、両側の先客に挨拶して旧爆釣ポイントに入る。右の先客はまだノーあたりらしい。左の先客はウキが動き出したところ。Dscf5841奥の方からあたりさわりの人が、あたりがないと言うのが聞こえて来る。日に日に難しくなっているようだ。そろそろ私にも凸の洗礼があるかもね。それでは準備しよう。汗を拭き拭き、竿は11尺、餌はトロロの底釣り+夏。そんなに風・波がないので底取りは簡単。しかぁ~し、風がないのも辛い。開始は9時39分。左の先客が竿を曲げ始めた。宙のようだが、底は?ウキはシーンとしたまま。最初からあたるとは思っていないが、それにしても何かあっても良さそうだ。打つ・打つ・打つを繰り返していると、10時を過ぎ、開始40分くらい経ったところで、ウキがいきなりズルッと入った!とりあえず合わせるが、これは糸ずれでしょう。でも、へらはウキの近くにいそうだ。しかぁ~し、その後もウキは返さない。ウキ下を微調したり餌を柔らかくしてみたりするが、時間だけが過ぎるお約束の展開。10時半を過ぎる頃から、何となくウキに動きが見られるようになったが、たまに出る小さなあたりらしきウキの動きはカラばかり。更に、ウキがモヤッとするのに合わせたら、大きな手応えで竿を立てる間もなく外れた。ガクガクッ。場が荒れてしまったかと思ったが、その後も弱くではあるがウキが返している。頼む、あたってくれ!しかぁ~し、無常の風・波。涼しいのは嬉しいが、ウキが見難いゾ~ッ。11時を過ぎていよいよ凸まっしぐら。と、ここで白波の中ウキがモヤモヤ返しているように見えるぞ。そしてウキがDscf5842入った気がしたので反射的に合わせると、やった掛かりました!何故かは知らないが、食ってる食ってる!ただしセンターインではなく、サイドだったが、ノー・プロブレム。う、嬉しかぁ。奥の方は分からないが、左の先客が結構竿を曲げていた(最終的に私が帰る頃には2桁だった)ので、底がダメなら早く宙にしないとと思っていたが、底でもOKOK。さあどんどん行こうと思いたいものの、餌がそろそろなくなる。自然と餌付けが小さめになっているので、余計に釣れなくなっているのかもね。そんなところへじゃがにぃさん登場。お盆休みだそうだ。奥の方へと向かったが、どうやら整地された辺りに入った様子。右の先客は終了。お疲れ様でした。凸だったそうだ。私とて状況は同じ。ただ、たまたま運が良かっただけ。もう1匹釣らないと本当にはならない。しかぁ~し、餌がいよいよ尽きた。最後の1投に期待して餌打ちすると、Dscf58431目盛返したウキがチクッと入ったではないか!やったと合わせれば、バッチリ「上がりべら」ゲットだ!う、嬉しかぁPART2。時刻は11時42分。結果、底では実釣2時間余で2匹。それにしても、最近は底で1匹か2匹。トータルでは3匹というのが相場になっている。時間をかけずにこれを乗り越える事は出来ないのか?何となく午前中のGTにも思えるので、このまま餌を作って底を続けようか。いDscf5844や、後半は宙だ。それも、バットさんが西ノ谷で好調だった「グル宙」を久し振りにやってみよう。その前にまずは昼食。水分補給も忘れずに。それからα21とマッシュダンゴを同量の餌を作る。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。ハリスは交換して40cm+50cmくらい(あくまで目安)、やや深め(と言っても1mはありませんが、何か)での再開は私の携帯では12時1分だが、12時のサイレンはまだ鳴っていない。すると、数投でウキに動きが。これは「グル宙」の霊験新かか?しかぁ~し、何となくハリス段差が気になって、12時のサイレンを聞きながら微調している間にウキの動きがなくなってしまった。ガクガクッ。その後も打つ・打つ・打つを繰り返すが、ウキの動きは好転しない。それで、今度は「たな」をいじったら、深いところでモヤモヤ。ただ、あたらない。ちょっとだけ底に着けてみたりもしたが、モヤモヤだけ。12時半を過ぎ、再び「たな」を上げて行ったら、モヤモヤからグッと大きくウキDscf5845が入った!これは、と合わせると、やった掛かりました!やれやれ、これでようやく前回並み、いやいつも通り(計3匹)になったぞ。ここからはGTも近い事だし、何とかして数を増やさないと。しかぁ~し、虚しく時間だけが過ぎるお約束の・・・(何処かで書いたような)。気が付けば1時を過ぎ、1時半を過ぎ、特に何か書く事もなく最後の1投もウキは動かず、1時50分に虚しく終了だ。結果は書くほどDscf5846の事もない。トータルでもここ数回と同じ結果。これをどうやって超えて第2目標、更には第3目標まで持っていけるのか?片付け。遠くのじゃがにぃさんにはメールで終了を報告。夏場は帰りが辛くて考えてしまう。汗、息があがる。水筒にはまだドリンクが残っているので、車中でゴクゴク。さあ、帰ろう。トボトボと家路に就いた。
 
宙はセットにした方が良いか?ただ、セットでも釣れなかったら・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年8月 8日 (土)

やっと買えた

今日は予定通りガリバー開店の9時ギリギリに着くよう家を出たが、着いてみると既に駐車スペースは満杯。近くのよその駐車場にもおそらく停めていると思われるほどの盛況だ。
予想の甘さを痛感しながらも、何とか駐車出来たので、お目当てのスポーツドリンクを探すが、すぐに見つけられず、またも売り切れ?かと愕然としながら店員さんに訊いてみれば、あったあった。
それにしても、開店早々なのに商品の山が小さい気がする。多分昨日遅くに入ったので、幾らかは捌けているのだろう。1家族3セットまでというのを3セット購入。いやぁ、買えて良かったなぁ。
何故こんなに固執したのかと言えば、夏の釣りにスポーツドリンクは必須なのだ。とにかく汗をかくので、水分補給と共にミネラルも必要。ただ、ドリンクには糖分もあるので、飲み過ぎは良くない。私はいつも水筒に氷を半分ほど入れて、薄めて飲んでいる。
細かい話になるが、1回約1リットルの水筒に半分で0.5リットル使用。これを毎回コンビニで昼食と共に買えば140円相当。それが今回の買いだめでは約23円となる。差額は約117円。1セット2リットル×6本=12リットルでは、掛ける24回分。24回の釣行で充分餌や小物を補充出来る、貧乏へら師にとっては大きな金額なのだ。
その他、通常の生活でも熱中症予防に役立つので、本当に買えて良かったとシミジミ。
 
今日は釣りはお休みです
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2015年8月 7日 (金)

暑くて釣れなくてヘロヘロ@増沢池 with Kさん、masaさん and 岡ジャミザわさん

今日も暑い。暑いが出掛けましょう。もちろん行き先は増沢。何と言っても日陰、日陰ですよ。駐車場着は9時頃か。車の数は少ないので、いつもの場所を始めとして多分入れそうだ。荷物を降ろして池に向かうと、いつもの場所には先客。一応旧爆釣ポイントから柳の木の奥の奥まで空いていて、その奥塩ビ管手前くらいからへら師が見える。先客に挨拶して、旧爆釣ポイントにでも入るとするか。聞くと、あたりがないとの事。前回並みDscf5835かな。さて、竿は9尺。仕掛けの両ハリスが付いていないので、早速付けようと思ったら、何と在庫が3本しかない。そのうちの2本を使ってセット。餌は何とα21単体ですよ。前回の両ダンゴでウキは動いてもあたらなかったので、ちょっとだけ工夫?をしてみた。底を取り、開始は9時21分。汗が止まらない。途中風が吹くと一瞬ではあるが爽やかになるものの、汗は出続けるので、タオルはビッショリだ。さて、最初からウキが動く筈もない。それでも打っては返すを繰り返していると、しばらくして馴染むまではほとんど動かないウキが、竿から手を離しているときに限って引き込まれるようなあたり?を出す。当然ながら合わせが全く遅れてしまい、掛かりません。それが3回くらい出た後の10時頃に、今度こそ合ったと喜んだのも束の間、竿を立てられずハリス切れ。ガクガクッ。もう後がない。残り1本を付けたところへKさん登場。前回の凸を払拭すべく柳の木の奥の奥に入ったが、すぐに更に奥の方に出向いて情報収集なのか、なかなか始まらない。結局10時半過ぎに開始したが、じきに1匹釣って今日の目標を達成したのは流石だ。さて、私の方はバラした事もあって相変わらずウキに動きなし。突然あたるので気が抜けないが、それよりもっとウキを動かした方がよくね?と言う事で、11時近くになってようやく夏を少量作り、グルバラセットまがいで打ち始めると、何と言う事でしょう、それまでにないウキの返しが出て来たぞ。そしてバッチリのあたりが出たのを見過ごしたところへmasaさん登場。お久し振りです。パラソルさんは鳳来詣でに向かったとの事。masaさんは看板を直した?後に奥の整地されたあたりに入った。さて、masaさんが去った後に、今度こそのあたりを捉えるが、これも外れた。あわやハリス切れでジ・エンドかと思ったが、バラシでホッ。でも、これでまたあたりが遠のくなぁと思っていたら、いDscf5836きなりあたった!面食らってしまい、合わせが完全にワンテンポ遅れたが、しっかり食っていたせいか掛かりましたよ!う、嬉しかぁ・・・。もうすぐ開始2時間というところで、やっとで凸を免れた。そう言えばそろそろ午前中のGTだ。まだ行けるかも。しかぁ~し、その後がない。作ったバラケまがいも打ち切ってしまい、後は元々の両グルでやるしかありません。それも3投分だけ。波が出ていてウキが見辛くなり、ほとんど雰囲気だけの感じでウキを見ていたら、何となくフワフワしているように見える。そしてウキが入ったように思えて合わせたDscf5837ら、やった掛かりました!ああっ、凄い引きでビーンと糸鳴りまで出る。これはスレか?懸命に第一波を堪えると、竿を立てる事が出来て何とかなりそうだ。そして寄せてみればセンター・イン。既に何回となく書いているが、糸鳴りまでしてサイズがそんなでもないのは何故?でも、1匹は1匹。GTに感謝しよう。しかぁ~し、残り2投ではあたりも出ず、11時57分にDscf5838終了。結果、底では実釣2時間半強で2匹。ただただ疲れた。右の先客は帰っている。竿はそのままでKさんのところに行ってみると、トロ掛けでウキは動いているが、大きく消し込むようなあたりしか相手にしないと言うではないか。いやいや、小さくてもあたりらしきウキの動きには手を出すでしょう(もちろん私の場合だが、何か)。釣り座に戻り、まずは昼食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はガッテン・天々で両ダンゴの宙をやる。「たな」は前回のままで再開は12時12分。すると、2投目でいきなりスレてバラした。これは何?「たな」が崩壊したかもと深くすると、ウキは動きあたりそうだが、あたらない。そんなところへザわさん登場。これまたお久し振りです。雑談しながらウキを見ていると、あたったようなそうでないようなウキの動きにザわさんから突っ込みが入り、合わせた方が良いのか迷ってしまう。その後消し込みも出たが、全く掛からず。ザわさんは1時頃に帰った。お疲れ様でした。その後、「たな」を少し上げてみたり餌付けを大小変化させてみたりしDscf5839ていたら、大きくウキが入ったので合わせると、やった掛かりました!あまり強く引かなかったが、寄せてみれば今日一番(と言ってもたった3匹ですが、何か)の約35cm。これは嬉しい、嬉しいですよ(2回言いました)。まだGTには早いようだが、そんなの関係ねぇってか!餌が残り少ないが、どんどん行こう。しかぁ~し、その後は元の木阿弥状態。餌を打ち切って1時45分に終了だ。結果、宙では実釣1時間半強で1匹。凸でなかっただけ良しとしDscf5840なければ。既にヘロヘロなので残業はありません。底と併せたトータルでは実釣4時間強で3匹。奥の方では2桁とか言っていた?ように聞こえたので、これは冴えない結果でしょう。片付け。体がだるくて億劫だが、何とか終えてKさんには口頭で、遠くのmasaさんにはメールで終了を報告し、車に戻った。この後ガリバーで買い物があるので、ベイシアには寄らない。グッタリして家路に就いた。
 
ガリバーでは欲しかったスポーツドリンクが売り切れ?ちゃんと在庫管理してよ!
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (6)

昨日書き忘れた事

昨日は広島原爆の日。平和記念式典には、今までで最大の100カ国とEU代表部が参列した。
ところで東アジアでは中国は予め不参加を表明していたが、韓国は忙しくて参加出来ないと不参加となった()。
当時広島にいた朝鮮人にも被害は及び、亡くなった方もおられるのに、その慰霊が出来ないと言うのだからビックリだ。
それなのに補償(=銭)は求めてくるのだから始末が悪い。本当に理解に苦しむ態度だ。
 
P.S.これを書いている途中から空が真っ暗になった。これはゲリラ雷雨に違いない。急いで全ての窓を閉めた。しばらくして、雷。そして雨。一体どれくらい降るのだろう。単に夕立と言うなら良いが。
 
何が何でも日本と並ぶのは嫌だと言う事か
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年8月 6日 (木)

雑感

今日でやっと我が家のエアコン大作戦が終了した。自分で付けた窓用エアコンを始めとする入れ替え。壊れたものを交換する訳ではないので、何となく勿体無いような気もするが、やはり新しいものは良いなぁ。ただ、これとは関係ないが、相変わらず私のパソコンのXP問題は残っていて、最近ウィンドウズ10が発表されたようだが、なかなか買い替えは出来ない。携帯のスマホ化も懸案事項となっている。楽天モバイル等の格安SIMも検討しているが、PC以外でネット接続する必要性を感じていない?ので、検討だけで終わる可能性大だ。
 
沼津の道路建設で出てきた卑弥呼と同時代の古墳撤去問題が、市長の決断で白紙になった。西の卑弥呼(場所はご存知の通り不明)と並ぶ東の大物らしい。貴重な史跡でもあるし、ひょっとすると新たな観光名所になるかもしれないので、道路をどう通すか見守りたいところ。
 
韓国のパク大統領の妹さんがニコニコ動画のインタヴューに応えて、大統領とは真逆の話をした事が話題になっている(特に韓国で)。この人は大統領とは仲が悪いと言われているので、発言を真に受けるつもりはないが、それにしても内容は正論。一部勘違いしている箇所もあるようだが、ただで観られるものなら観てみたい。ただ、この人、帰国後にどんな仕打ちをされるかが気になる。まさか殺傷事件に巻き込まれる事はないと思うけど。
 
おまけで、ロッテのごたごた。日本では韓国(在日)企業、韓国では日本企業(韓国10大財閥の5位だけど、何か)とどちらからも歓迎されていない「お口の恋人」、後継者争いと言えばまさに韓国ドラマを地で行く面白さ。ドラマなら兄弟が腹違いとなるところだが、残念ながら?それはないようだ。最近日本でも家具屋さんが似たような事をしていたが、同族経営って大体こうなるのか。
 
さあ、釣りだ釣り!と言っても日陰があるところに限るが
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

 

| | コメント (0)

2015年8月 5日 (水)

どんどん釣れなくなる@増沢池 with Kさん、Oさん and 岡ジャミパラソルさん

最近アクセスがグーンと落ちてきた。何故だろうと思っていたが、よくよく考えるとこのブログは「へぼへら師の釣行日記」がメインだった。このところの暑さで釣行をサボり、たわごとばかり書いていたのが原因ではないだろうか。と言う事で、今日は暑さにめげずやって来ました増沢。出だしが遅かったので心配したが、駐車場に車は多くない。あっ、OさんとKさんの車ハケーン!久し振りだなぁ。さあ池に向かおう。しかぁ~し、どうも腹の具合がスッキリせず、不定期便。急いで車に戻り荷物を降ろして池に向かうと、Kさんは柳の木の奥、Oさんは深場整地された辺りにいるようだ。私も何処に入ろうかな。そうだ、陽が当たらないところと言えば旧爆釣ポイントの方がいつもの場所よりグーなので、いつもの場所が空いているのに旧爆釣ポイントに荷物を置き、順番に挨拶。Kさんは7Dscf5828Dscf5827尺トロ掛けでまだ結果が出ていない。Oさんは12尺底で2枚。最近はなかなか厳しいよDscf5829うだ。釣り座に戻って準備開始。竿は迷ったが11尺、餌は真底+冬。準備だけで汗が滴る。傘は出さず、釣り台に座ってやっと一息。汗を拭き拭き底を取り、開始は9時45分。ウキの馴染み具合を見ながらウキ下を微調するが、風でウキが流される。途中に返すような動きも出るものの、底をなぞっているのかも。ややこしいが、風のおかげで涼しい思いもするので、ここはトレードオフと我慢。すぐに10時。そして開始30分が経過。ん、どうやらウキの動きは何かがいる事を示しているのは間違いない。あとはそれがブルーや亀でないのを願うだけだ。しかぁ~し、特に何も起こらず10時半を過ぎる。これはダメだ。凸まっしぐら。それから11時までに2回くらいウキが入った気がして合わせたが、全くかすりもしない。餌打ちの度にウキがモヤッと返すように見えるのもきっとへらだ(ただしあたりませんが、何か)。Kさんは1回バラしたようだ。へらはいるんだね。さあ、そろそろ午前中のGT。私の方も返したウキがあたりを出してもおかしくない(個人の感想です)。すると、11時を過ぎて、餌打ち付近まで返したウキがフッと動き、これに合わDscf5830せたらやった掛かりました!う、嬉しかぁ・・・。サイズはそれほどでもないが、凸を逃れる事が出来て気持ちがようやく落ち着いてきたゾ。今更だがどんどん行こう。しかぁ~し、その後はウキの動きがバッタリ。そんなところへパラソルさん登場。今週はまだ鳳来に詣でていないとの事。減水が始まっているので、早めに行くか涼しくなってから行くか、ここは思案のしどころです(暑いのは嫌だが歩くのはもっと嫌)。パラソルさんが見ている間に何とか1匹をと願ったが、ウキは動いていてもあたりらしき動きは見せず、残念ながら12時前にパラソルさんが帰るまで1匹も釣れなかった。岡ジャミお疲れ様でした。その間にKさんがブルーをゲット。それからじきに12時のサイレン。その後もGTは終わったのか、ウキの動きは良くならず、12時11分に餌が尽きて無念の終了。結果、実釣2時間半弱で1匹Dscf5831(トホホ)。ただ、ウキはまだ動いているので、餌をグルテンに変えて底を続行しようかと一瞬は思ったが、予定通り後半は宙にする事にする。その前に昼食。Kさんのところに行くと、そろそろ終わりか。ただ、ウキは動いている。釣り座に戻って後半の準備。竿は9尺、餌はマッシュダンゴにα21を少量加えて持ちを良くしたつもり。前回と同じ「たな」での再開は12時31分。ちょうど雲で湖面が暗くなり、その上白波も出てウキの視認性が悪化。そのせいかどうかは分からないが、ウキが全く動いていないように思える。流される上に、馴染んでは返すだけ。とにかく餌を打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、時間だけが過ぎるお約束の展開。1時を過ぎ、Kさんは奥の方へ岡ジャミに行ってしまった。その後もウキは動きを見せず、と思っていたら、視認性が向上してきた1時半頃から、何とウキが馴染んで返すだけではない事が分かった。返してから再度入っているではないか。今頃動き出したのか、それともそれまで動いていても見えなかったのか。まあそれはいい、とにかくそれらしい動きには積極的に合わせて行こう。2時近くなり、Kさんが岡ジャミから帰って来た。Dscf5832と、そのタイミングでウキがグッと入り、これに合わせたらやった掛かりました!う、嬉しかぁ。サイズは小粒だが、いかにも地べら風。さあどんどん行こうと言いたいが、餌がもうない。残念2時11分に終了だ。結果、実釣1時間40分で1匹。Kさんは帰った。お疲れ様でした。私も予定を終了したので帰ろうか。いや、ここは両ダンゴで1時間くらい残業してみよう。今年は宙のセットは出来るだけやらないのがミッションとなっているので、釣れても釣れなくても両○○で行くしかない。餌は浅だなでも天々を採用。しかぁ~し、少量のため、水量の微妙な違いで柔らかくなってしまった。もちろんこれに何かを足す事はしません。これをいかに「たな」まで持たせるか、だ。押し練りやら指でモミモミ、餌付けにも圧を掛けて何とか馴染みを出すと、たまにウキが動くような気がするのは夢か幻か?ただ、合わせても合わせても我が暮らし・・・。そろそろ3時。午後のGTだ。どうだろう。すると、ウキがDscf5833馴染みながら弱く入った。半信半疑で合わせると、やった掛かりました!今までは合わせる事がなかった動きだが、渋いのでこういうのも積極的に合わせた方が良いのか。あれっ、常連さんが揃って終了。Oさんが声を掛けてくれた。お疲れ様でした。私はまだ少しではあるが餌が残っているので、それを打ち切って終わろう(あわよくばもう1匹)。しかぁ~し、ウキは弱く動くもののあたらず、3時8分に終了。結果、実釣1時間弱で1匹。宙のトータルでは実Dscf5834釣2時間40分弱で2匹。とりあえず結果が出たので残業はアリだった。底と併せたトータルでは実釣5時間!で3匹。奥の方は分からないが、私的にはまずまずだったと言っておこう(オイオイ)。片付け。またも私1人が取り残されたかと周囲を見渡すと、日向側浅場に傘が見えるではないか。頑張って下さい。片付けを終え、車に戻る。暑さのせいで息が上がる。汗も。クタクタで荷物を積み、いつものようにベイシアへと向かった。
 
外出すればエアコンの電気代が浮く
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年8月 3日 (月)

「奇皇后」が終わった

NHK-BSで放送されていた韓国時代劇「奇皇后」が昨日終わった。
高麗の時代に元に貢女として渡った主人公が、皇帝の側室になり、最後には皇后にまで上り詰める、スケールの大きなドラマだ。
ただ、内容は場所がモンゴルになっているだけで、いつもの韓国時代劇と同じ権力闘争のドロドロを描いたもの。一応実在の歴史上の人物ではあるが、詳しい資料がないのでほとんどはファンタジー。珍しく(私の勘違いかもしれないが)ドラマの最初にフィクションであると表示されていたのにはビックリ。時代考証もどこまでちゃんとやっているのか分からないが、とにかく登場人物が多くて金もかかっているのは確か(別の時代劇ではギャラの不払い問題とか起きている)。
まあ、時代劇と言えば、日本でもNHKの大河ドラマを除けば、股旅もの(今はないか)、チャンチャンバラバラもの、この印籠が目に入らぬか くらいしかないので、あまり悪くも言えないところ。
この時間枠は韓国ドラマが定番だったようだが、次作は違うようだ。日本国内の嫌韓に配慮?したか、そろそろ種が尽きたか、または1本あたりの価格が高騰して放送が難しくなったかのいずれかでは?
 
俳優が男も女も背が高い人ばかり。実情にあっているのか
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »