« 「愛してもいいんじゃない」が終わった | トップページ | 久し振りの2桁@増沢池 with Kさん »

2015年9月 4日 (金)

こんな記事が

韓国ドラマの事を書いた後にこんな事を書くと支離滅裂に思われるかもしれないが、ケント・ギルバートさんのブログにこんな記事があったのでご紹介する。
 
傲慢なるメディアの「良心」と「戦勝国」気取りの中韓
 
時代は繰り返すと言うが、最近特に隣国2つの動きが怪しくなっている。こうもり外交から一方への事大への転換を素晴らしいと褒め称える、自国の外が見えていない国と、それを利用しつくそうとするもう一方の国。これがウィン・ウィンなら恐ろしいの一語。
更にそれらの国を支持・支援するように見える一部のマスコミと政党。一体何処を向いているのだろう。
この記事も「偏狭なナショナリズム」とか歴史修正主義とか言って片付けるつもりなのだろうか。
 
何となく嫌な予感がするのは私だけ?
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

|

« 「愛してもいいんじゃない」が終わった | トップページ | 久し振りの2桁@増沢池 with Kさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「愛してもいいんじゃない」が終わった | トップページ | 久し振りの2桁@増沢池 with Kさん »