« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

状況に大きな変わりなし@増沢池 with Oさん、キアヌさん and 早上がりのHRさん

私の釣行月水金も型にはまってきた。今日は風が強いとの予報だが、それでもゴー!駐車場着は9時過ぎか。Oさんはほぼ毎日のように来ている。さっさと荷物を降ろして池に向かうと、看板横が空いているので、とりあえずそこに荷物を置き、遊歩道から深場に向かう。途中、以前私のいつもの場所に入っていた人ハケーン!挨拶して更に進むDscf6295が、Oさんは何処かな?あっ、遊歩道端にはキアヌさんでは?挨拶して様子を聞くと、セットの宙で始めたばかりだが、既に1匹。素晴らしかぁ。と、すぐそばから声が。キアヌさんの前に挨拶した人がOさんだった。着ているものがいつもと違うので分かりませんでした。テヘッ!たまには深いところに入ってみたいとの事。釣り座に戻ってさあ準備だ。それにしても風・波が凄い。ここは特にDscf6296風・波の通りが良いので、こりゃぁ大変そうだ。竿は12尺、餌はα21・新べらグルテンと変わり映えしないが、今日はどんな工夫をしようかな。そうだ、最初にバラケを打ってみよう。少しでもへらの寄りを早くしてみよう。天々を少々作る。ウキと「たな」は前回のままで開始は9時48分。まずはバラケを打つ・打つ・打つ。もういいかなと携帯で時刻を確認すると、10時を過ぎている。それではウキに動きはないが、グルテンに変更だ。風が強くて毎回オーバースローのため、なかなか同じところへ振り込めないが、それでも開始30分くらいで波の中ウキに動きが。そして開始40分くらいで、馴染んだウキがモヤッと動くのに合わせたら、やった掛かりました!うわっ、凄い引き!ギュイーンと糸鳴りがして、堪えに堪えたもののバラシ。ガクガクッ。やはりスレか・・・。10時半過ぎにHRさん登場。久し振りですね。坂の下に入った。さあて、そろそろ午前中のGTだ。ウキの動きが多少良くなるのでは?確かに風・波がやや弱くなった時には、ウキが小さくではあるが上下しているのが見えるぞ。11時頃にHRさんが開始。底のようだ。と、私のDscf6297ウキがモヤモヤからスッと入った気がして合わせると、やった今度こそ食ってるでしょう!ようやくの1匹目。嬉しかぁ。しかぁ~し、しばらくしてHRさんの竿が曲がる。え~っ?更にしばらくしてもう一度。ゲゲッ、私が1時間以上頑張ってやっと1匹出たのに対して、開始間もないのにもう2匹目とは(トホホ)。その後も私のウキは特にへらを感じさせないが、HRさんはどうだろう。12時のサイレン。その後も私は特に書く事もなく、12時27分に餌が尽きDscf6299Dscf6298て終了。結果、実釣2時間40分で1匹。しょんぼりして昼食。さて、次はどうしようか。ウキを一回り大きなものに替えて、さっさと「たな」に餌を持っていくようにしてみるか。それともハリスを伸ばしてみようか。あっ、またHRさんの竿が曲がった!ここで急に予定変更。強い風の中、底をやるぞ。いつもとは違う順番になってしまったが、それもたまには良いでしょう。竿はそのままで仕掛けとウキを交換。餌は夏・冬・天々。ちょっと底が取り辛いが、後で微調すればいいとささっとやって、再開は12時50分。すると、何と言う事でしょう、餌が緩いとかではなく、ウキが返すではないか。そしてあたりらしき動きも。Dscf6300HRさんの真似をして良かったぁ。すると、それからしばらくして、ウキがズルッと入るのに合わせたら、やった掛かりました!そうか、底だったのか。何でもかんでも「グル宙」じゃないよね。しかぁ~し、ここからウキの返しが弱くなった。これが分からない。それでも1時半過ぎにシモッDscf6301たウキがチクッと入るのに合わせて2匹目をゲットするものの、そこから先はお馴染みのシーン状態。ウキ下の微調もやってみるが、それよりずっと気になっていたハリス段差を少し広げてみる。が、効なく時間だけが過ぎる・・・(以下同文。って、今回はまだ書いていませんが、何か)。2時になってHRさんが終了。実釣3時間で7匹だったとの事。裏山鹿~。お疲れ様でした。さて、ほとんどウキが動かなくなった私の底釣り、ここから先は決まっています。そう、「ドボン」。底をやると決めた時から、ダメなら「ドボン」もこれまたお約束。オモリを追加してウキの出具合を調整。大体2時半頃から再開。すると、すぐにウキに動きが。やったと合わせるが、齧りなのかバラシ。その後も小さなあたり?らしきウキの動きに手を出してはバラシ。更に消し込みまで出てもバラシ。こりゃぁマズイ、マズイぞ。しかDscf6302も、3時近くになってウキが少しずつ入って行って、そのまま止まる。何だこれは?とりあえず合わせてみたら、ゲゲッ蟹さんではないか。まだお元気なんですね(トホホ)。こちらは池に戻って頂き、さあ、そろそろ今度こそ本当のGTが近いぞ。餌も残り少ないが、何とか1匹、いや2匹(オイオイ)。すると、3時を過ぎて、いきなりのズバッ!(いきなりは当たり前なんですけど)Dscf6303Dscf6304でやった今度こそ掛かりましたよ!いやぁ、ようやく出ましたか。今まで「ドボン」では外れがないので、本当に「ドボン」様さまだ。しかも、ラス前に再度のズバッ!でやった「上がりべら」ゲットだ!しかも、トータルでの第2目標クリア。残念ながら最後の1投は何もなく、3時24分に終了。結果、実釣Dscf63052時間半余のうち、底と「ドボン」でそれぞれ2匹ずつ。トータルでは実釣5時間余で5匹と、かろうじて第2目標まで辿り着いた。最近は準備が楽な宙ばかりやっていた(もちろん意味があって、ですが)が、ここは初心に帰って底から入るのもありかも(「ドボン」含む)。片付け。奥の方はほとんど終了した様子。Oさんも終わって階段を上りながら荷物を運んでいる。それでは私も帰るとするか。今日は少しだけ暖かい時間があったが、大半は日が当たっていても風が強くて寒いくらいだった。橋を渡り、駐車場に戻る。少しだけハアハア。あっ、今日も鶏。果たして冬を越す事が出来るのか?荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
次回は底?いやいや、「グル宙」を極めるでしょう?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年10月28日 (水)

残業も効なく・・・まがいもの「グル宙」の正体がばれた@増沢池 with Oさん

昨夜はNM氏のお通夜にP社での知り合いが集まった。皆一様に驚いていたが、先週NM氏と会ったばかりの数名は特にショックだったようだ。
 
日付は変わって、今日は一応晴れだが風が強いとの予報。それでも気を紛らわせるためにも出掛けましょう。駐車場着は9時過ぎ。Oさんは今日も来ているようだ。さっさと荷物を降ろして池に向かう。橋の上からは、へら師が全部で5、6人くらい見える。看板横Dscf6287に先客。でも、端の方は空いているので、そこに入るかな。Oさんはいつものところ。坂を下り、先客に挨拶して左端に入る。荷物を降ろしてOさんの元へ。今日もなかなか厳しいようだ。釣り座に戻り、さあ準備しよう。おっ、先客の竿が曲がった。トロ掛けのようだ。私はまさにいつも通り。ただ、今日は前回より更にウキを小さくしてみるつもりだったが、風が強くて振り込めそうにないのDscf6288で、以前から使っているウキ(前回よりは一回り大きい)を採用。餌はα21・グルテン四季。グルテン四季を使い切ったので、次からは新べらグルテンに切り替えるかな。「たな」はそのままで、先客もやっているようにオーバースローでの餌打ち開始は9時38分。なかなか思うように振り込めない。それでも打つ・打つ・打つ。う~ん、ウキが動かない。一体どれくらい経ったのかと携帯で時刻を確認すると、まだ20分くらいだ。やれやれと視線をウキに戻すと、ゲゲッ、ウキが入っているではないか!慌てて合わせるが時既に遅し。ガクガクッ。その後もウキは弱いあたりらしき動きを数回見せたものの、次第に動かなくなって元の木阿弥。困った。それで、餌付けは元より「たな」をいじるいつものパターン。しかぁ~し、これが効かないと言うか、ほとんどウキが動かない状態。極たまに弱いさわりのような動きがあるので、おそらくへらがいるに違いない。ただ、あたりまテン。ウキが流されるのも関係あるかもね。時間だけがどんどん過ぎるお約束の展開だが、開始1時間近くになって、あたりに合った?いや、鱗。でも、ずっとウキを動かしているのはブルーではないかと思っていたので、急にやる気が出ました。が、その後はそれまでと同じシーン状態。隣が竿を曲げる度に「グル宙」で続けて良いのか気になっていたが、11時頃になって遂に決断!「グル宙」では無理!オモリが遊動式になっているので、更にオモリを追加して「ドボン」のお出ましだ。ただ、これで良いのかはまだ分からDscf6289ないが、とにかく何かしないと(「グル宙」で何かするのではなく?)。すると、ウキの出具合を調整していたら、空合わせで何と掛かりました!鈎にへばり付いていたグルテンのカスに反応したようだが、今までは何だったのかと言いたい気分。もちろんカウントですが、何か(トホホ)。そう言えばそろそろ午前中のDscf6290GT、しばらく静かだった先客も竿が曲がった?その後しばらくして、今度はスパッとウキが消し込んで2匹目ゲット!もう充分でしょう。とりあえずへらの姿を見た事だし。その後しばらくは「ドボン」を続けたが、再度「グル宙」に戻して何とか1匹。しかぁ~し、どうにもウキの動きが良くならない。たまに動き、またあたりのような動きも出るが、いずれもカラ。12時のサイレンを聞いてじきに餌も尽きてしまい、12時10分に無念の終了。結果、実釣2時間半で「グル宙」では凸、「ドボン」でDscf62912匹だった。相変わらず風は強い。次はどうしようかな。と、その前に昼食。それから、何とウキを今日やるつもりだった小さいもの(カッツケ用)のウキに変えてみる(風が強いのに?)。オモリを調整すると、ゲゲッ、こんなに少しでいいのか。これで振り込めるか?でもやるぞ。餌はα21・新べらグルテン。「たな」は適当で再開は12時29分。ほぼ毎回オーバースローで振り込むが、ウキの立つ位置はまちまち。その上前回同様午後はウキの動きが更に悪くなる。ただひたすらの餌打ちが続く。と、再開30分くらいでウキがちょっと動いた。今度こそ何とか結果を出さないと。が、ウキはどんぶら流され、餌の持ちもそんなに良くない感じ。そのまま時間だけが過ぎる(以下同文)。気が付けば2時。これはヤバイ、ヤバイですよ(2回言いました)。それまでも「たな」や餌付けに変化を付けて来たが、私のアームでは最早これまで(ハリスはいじってませんが、何か)。ウキを小さくしても振込みが大変なだけと、今度は前回使用のウキに変えてみる。すると、2時半近くになって、馴染んだDscf6292ウキがモヤッ。残念合わせてもカラだったが、再度その辺りへ振り込んでみると、立ったウキがズルッと入ったではないか。まさかと思いながらも合わせれば、やった掛かりました!何だかなぁ・・・。でも、嬉しかぁ。ようやく「グル宙」で1匹出たぞ。そろそろ午後のGT、何とかもう1匹、いや2匹釣ってトータルでの第2目標をクリアだ!しかぁ~し、残念それでほぼ終わり。しかも、最後の1投でズバッと消し込み、やった「上がりべら」ゲットかと思ったら、カラでガクガクッ。時刻は2時52Dscf6293分。結果、2回目の「グル宙」では実釣2時間20分余でお情けの1匹。トータルでは実釣4時間50分で3匹。まあまあ、前回並みではないか。しかぁ~し、普段ならここで終了するのだが、最後の消し込みが強烈だったので、ここは残業するぞ!新べらグルテンを大体1時間で使い切る量作って再開。しかぁ~し、判断の誤りだったのか、ウキの動きはない。懸命に打ち続けると、午後のGTなのかウキの動きが出て来て、消し込みも出る。が、全てカラ。3時半頃日向側の常連さんが終了。Oさんも帰った。お疲れ様でした。と、隣の先客も終了したではないか。今日は4匹だったが、スレも多かったとの事。スレでも何でも掛かれば素晴らしかぁ、また裏山鹿~。お疲れ様でした。急に寂しくなったが、対面には午後から1人、こちら側浅場にはいつものご夫婦。さあ、ラストスパートで何とか1匹(いや2匹)。しかぁ~し、その後1回だけ弱いウキの動きで一瞬掛かっただけ。結局数を増やす事は出Dscf6294来ず、3時51分に無念の、無念の終了だ。結果はご覧の通り。トータル5時間50分余で3匹。残業手当はなかった。片付け。太陽の高度がどんどん下がっていて、4時過ぎには陰ってしまう。これが12月頃には3時過ぎになるので、今のうちに残業をしておかないと?片付けを終え、駐車場に戻る。まだ日陰側整地された辺りには常連さんが数人。さぞ寒いのでは?駐車場に戻ると、前回と同じ場所に鶏。今日は写真はありません。さあ帰ろう。そうだ、今日はベイシア詣でをしなければ。さっさと池を跡にした。
 
どんどん釣れなくなって、そろそろ凸の不安も
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年10月27日 (火)

訃報

ブログを書いている途中にOG氏から電話で、NM氏が亡くなったと連絡があった。思わず「えっ?」と聞き直してしまうほどの衝撃を受けた。以前、YM氏からNM氏の具合が良くないので、釣りの帰りにでも顔を出してやってくれと連絡があったのだが、詳しい事情を知らない私は、そんなに大した事はないだろうと勝手に決めて、次には寄ろう次には寄ろうと思いながらも寄らずに過ごしてきてしまった事が、悔やんでも悔やみきれない。
葬式は家族葬で行うとの事だが、お通夜には行けそうだと言うので、明日(27日)知り合いが集まって行くつもり。
私より若いのに、こんなに早く逝くとは。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
 
KT氏の時と同じくらい驚いた。P社がますます遠くなった
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年10月26日 (月)

気温の低下?で釣れない@増沢池 with Oさん

このところ増沢詣でが続くが、それなりにミッションを定めているので自分的にはノー・プロブレム(ただの言い訳?)。さて、今朝はかなり冷え込んだが、この影響があるのかどうか、のそのそと増沢へ向かう。駐車場着は9時半頃か。あっ、Oさんの車ハケーン!車の数も多いが、果たして場所はあるのか?急いで荷物を降ろして池に向かうと、あれれ看板横には誰もいない。日陰側には旧爆釣ポイントと塩ビ管辺りに1人ずつ(後からDscf6275奥の整地された辺りに常連さん)。へら師のほとんどが日向側だ。坂を下り、荷物を降ろしてからOさんの元へ。今日は良くないとの事。開始1時間くらいでやっとウキが動き出した。そうか、やはり難しいか。看板横に戻ってさあ準備しよう。今日は底から入ろうかと思っていたが、最近はようやく1匹がいいところなので、ここは凸を回避で「グル宙」から行こう。竿は12尺で餌はα21・グルテン四季。何も変わらない。ウキは迷ったものの、結局前回使った軽い方で。「たな」はやDscf6276や深めで開始は10時5分。とりあえずウキが動き始めるまでは打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、30分経っても動きなし。心配になる。ひょっとしてそろそろ凸が廻ってきたか。が、開始40分頃からやっとウキに弱い動き。でもあたりにはならない。湖面は凪いでいて、晴れたり曇ったり。寒暖の差がかなりある。と、対面旧爆釣ポイントの先客が帰り支度。釣れないのかなぁ。11時頃から、やっとあたりが見られるようになってきたが、掛からない。何度も合わせては天を仰ぐ。しかぁ~し、合わせ続けて何回か後に、やっDscf6277た掛かりました!大体開始から1時間、ちょうど午前中のGTだし、さあどんどん行くぞ!しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。ガクガクッ。さあこれからというときに限ってトラブル。急いで交換するが、前回ハリスを5cmくらい詰めていたのを忘れて、いつも通り50cmくらいで作ってしまった。あっと思ったが、そのまま使用。すると、何と言う事でしょう、それからしばらくしてズバッと消し込みが出たがバラシ。ハリスが長過ぎてスレたのかな。すると、その後はウキの動きが悪くなる。あれだけ暴れたら場も荒れるでしょう。とにかく再度打つ・打つ・打つを繰り返すと、やがてウキの動きが戻ってきたが、やはり掛からない。合わせ続ければ、12時近くになってやっDscf6278と掛かりました!あれっ、引きがおかしいなぁ。ゲゲッ、腹から上がってきた?ガックリして「たも」に収めたら、ちゃんと口に掛かっていました。ハリスが体に絡んでいたんだ。やれやれ。しかぁ~し、1匹釣る毎にウキの動きが悪くなる。辛い。それで、「たな」を上下してみたら、深い方でウキの動きが復活。よしよし、今度こそいけるぞ。が、これも掛からない。何度となく合わせれば、12時のサイレンが遠くで聞こえた後に、おっ、掛かりましたよ!あれっ、引きが弱いぞ・・・。ゲゲッ、手のDscf6279平真っ青のブルーでした。急いで外して後ろに放れば、おそらくは猫が持って行ったのかすぐに静かになった。さあ、餌も残り少ない(予定通りの消費)ので、ラストスパートでもう1匹、いやもう2匹。しかぁ~し、ウキの動きが・・・。再び「たな」をいじっていると、何とかウキの動きが回復したが、最早掛かる気がしない。いよいよ最後の1投。無駄だとは分かっていても、餌が付いている限り誘いを繰り返したら、やったあたり!そして「上がりべら」ゲットだ!しかぁ~し、残念「上がりブルー」でした。これも猫にあげて終了は12時41分。結果、Dscf62801回目の「グル宙」では実釣2時間半で2匹。最近にない貧果だ。気温の低下なのかは不明(アームかもね)。さあ、次に行く前に、まずは昼食。それから竿と仕掛けはそのままで、ウキを更に小さいものに交換・・・する筈だったが、ここは餌を「新べらグルテン」に変更してみよう。大体3時頃に終わる予定の量作る。交換した下ハリスが気になるが、そのままで再開は12時55分。すると、すぐにウキに動きが出始めたが、あたりにはならない。しばらく打っていると、やっとそれらしい動きになるが、数が少ない上にどうにも弱い感じ。一応は合わせますが、何か。気が付けば開始1時間。後半はどうやら凸まっしぐらのようだ。でも、簡単には諦めない。ハリスが長くて余分な動きになっているのではと思いながらも交換せずDscf6281に続ければ、2時を過ぎて掛かりました!いやぁ、疲れたなぁ。とりあえず後半での凸は免れたので、さあ頑張ってあと2匹釣ってトータルでの第2目標を目指そう。しかぁ~し、その後は再びウキの動きが弱くなる。時刻は午後のGTへと向かっているのに、ウキはそれらしい動きにならないまま時間だけが過ぎるお約束の展開に。そこで、2時半頃になって、今更ながらではあるが下ハリスを5cmくらい詰めてみると、ウキの動きが一変!あたりらしき動きも出て来た。しかぁ~し、掛からないのは今までと同じ。2時56分に虚しく終了だ。結果、2回目の「グル宙」では実釣2時Dscf6282間で1匹。トータルでは実釣4時間半で3匹。ハリスを詰めるタイミングが悪過ぎた以外には、特に言う事はありません(餌も単体では持ちがあんまり・・・)。片付け。日が出れば暑かったが、今は雲って涼しいくらい。いよいよ秋も本番を迎えて釣れる筈なのだが、急な気温の変化ではへらも動かなくなるのか。片付けを終え、まだ続けているOさんの元へ。午前中はそこそこだったが、午後は凸だと言う。へら師は日向側整地された辺りまでで、深場は帰った。対面にも常連さんが残っていて、皆さん続行の様子。また宜しくとその場を離れ、駐車場に戻った。荷物を積んでさあ帰ろう、うん?コケコッコーと鳴くのは何だ?あっ、鶏ハケーン!前に鶏が駐車場にいると書いたが、それからお目にかかることがなかったので、とっくに猫にでも食われたかと思っていたが、今日こうやってご尊顔を拝する事が出来て光栄でDscf6283Dscf6284Dscf6285す。って?写真を撮ったが、遠くてズームも効かないので、逃げられるのを覚悟で近づいたが、人慣れしているのか逃げない。一体誰が何のために捨てたのか。無責任な行為は止めて欲しい。捕まえて公園事務所に突き出す気持ちはないので、そのままそろそろと家路に就いた。
 
釣れなくなってからが本番。いろいろと工夫をしてみよう
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年10月24日 (土)

祝、釣行1600回!

昨日の釣行が、何と私がこの釣りを始めてから1600回に達した事が分かった。
思えば2000年の5月頃、それまで土日はゴロゴロの習慣が身についていた私を、この釣りに誘ってくれたのがMM氏とOG氏だった。
某調整池での記念すべき第1回は凸だったが、それ以来16年目を迎えた私の釣りライフ。釣り日記もMM氏が釣果を毎回記録しているというのを聞いて始めたもの。その頃はまさかブログにまで発展するとは夢にも思わなかったので、ホントMM氏には感謝しかない。
開始年の2000年と2006年(この年は天候不順?)、それに怪我をした2013年には年間釣行100回を達成出来なかったが、それでも平均ではかろうじて年間100回を越える釣行が出来ている。まさに「継続は力なり」だ。
ブログのおかげで多くの人と知り合えたし、釣りを始めた頃は仏頂面がトレードマークだった(今も同じ?)私も、それなりに挨拶も出来るようになった。ホント、皆さんには心よりお礼申し上げます。
さあ、来週からも張り切って竿を出すぞ!
 
MM氏は偶然にもバンビさんと同姓同名だった
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年10月23日 (金)

手を変え品を変えても@増沢池 with Oさん

最近は何故か月水金の釣行が多くなっている。このペースが良いのかな?さて、前回予定したとおり、今日はウキを替えてどうなるかやってみるぞ!しかぁ~し、出だしが遅くなり、また不定期便もあって看板横に着いたのは10時頃か。先客が左端にいるので、まずは挨拶。いつも入るところでは邪魔になりそうなので、そこから少し右、まさにDscf6260看板横に入る事にする。と、その前に、遊歩道からOさんの元へ。あっ、Oさんのいつもの場所?には日陰側私のいつもの場所に良く入っていた人。挨拶して先に進むと、Oさんをハケーン!挨拶して様子を聞くと、まだ打ち始めたばかりとの事。最近は大体2桁いくと言うので、これは素晴らしいでしょう。よし、私も今日は第3目標目指して頑張るぞ!と殊勝な考えで釣り座に戻り、さあ準備しよう。今日は宣言どおりウキを一回り小さなものにする。そして餌の落下速度を落とDscf6261すとどうなるかを確認するつもり。あっ、先客が竿を曲げている。合わせの音らしきものは全く聞こえないし、へらを寄せる際にも音はない。これは素晴らしい。底でやっているようだが、何とか真似をしたいなぁ。竿はいつも通りの12尺、餌はα21:グルテン四季を1:1に水2.5。餌落ちを決め、「たな」は前回のままで開始は10時14分。うわっ、オモリが軽くなった分振り込みにくくなったぞ。それでもじきにウキに動きが。これはウキを小さくした恩恵か。わっ、また先客が竿を曲げた!静かなので、目での確認がなければ本当に分からない。これはカッコいいですよ。さて、ウキの動きはあたり?へと繋がるが、これが掛からない。空振りのオンパレード。たまに消し込みも出るが、スカ。落下速度を落とす事でウキの動きは良くなっても、掛からなければ何もなりません。これは厳しかぁ。私の右、坂の下に1人入ったが、これが・・・。私と同じ独り言はさておき、イヤフォンで何かを聞いているようだが、それに合わせて口笛、更に両手で手拍子。竿は離していいのか?と言いたくなるほど。繊細な私の集中力は削がれ、あたり?も見過ごしてしDscf6262まう。今日はダメだ。いかんいかん、せっかくウキを替えて様子を見ているのだから、集中集中!すると、11時近くなって、馴染んだウキのちょっとした動きに合わせたら、やった掛かりました!左隣も竿を曲げてツーショット!しかぁ~し、寄せてみたら目にスレ。え~っ(ガクガクッ)!どDscf6263うにもならず、再開。これ以降スレの写真はありません。ところが、ウキの動きは良くなって、じきに1匹目。そうか、午前中のGTだ(ホント?)。ただ、ガンガン釣れるなんて事はなく、11時を過ぎて2匹目。11時半頃に3匹目と、ポツポツと言う感じ。確かにウキの動きはいつもより多い気がすDscf6264Dscf6265るが、果たしてウキの効果はあるのか?いつも使っているウキと交換してみないと分からないが、その手間を惜しんで続行すると、常連さんの1人が背後から声を掛けてくれた時に空合わせでスレ。何とか第2目標までいきたいところだが、午前中のGTにも拘らず、その後はウキの動きが芳しくないまま12時のサイレDscf6267ン。「たな」は深くなったり浅くなったりしたが、4匹目をゲットしたのを機に、餌が残り少ない今更にウキをいつものものに交換。すると、余計な動きはなくなり、分かりやすいあたりらしき動きも出たが、結果には結び付かず12時43分に終了。結果、1回目の「グル宙」では実釣2時間半で4匹。Dscf6268ウキを小さくした事でウキの動きは出たが、カラツンは避けられなかった。さあ、今日は次も「グル宙」だ。ただし、餌はα21:グルテン四季を1:0.5に水2。多少は持ちが良くなる気がする。昼食後にウキは軽いものに戻して、再開は12時56分。しばらく間が空いたのでウキの動きはすぐには出ないかと思ったが、そんな事はなかった。じきにウキに動きが。ただ、今度もカラが出る。無駄な動きが多いような気もするので、ハリスを縮めてみようかと思い始めたが、なかなか決断出来ない。あっ、左の先客が亀を釣った。底には付き物なのか。さて、1時半頃になって、次の餌打ちからハリスを詰めてみようと決めたら、何と言う事でDscf6269しょう、あたりが出ました!そして掛かりました。とりあえずはトータルでの第2目標まで到達した。が、変更直前に釣れるなんて、これは困った。ハリスの件はちょっと先延ばしにしよう。右のへら師は静かに帰り、やっとこれで集中出来そうだ。それからじきに、やはりハリスを詰めなければとDscf62705cmくらい縮めてみる。すると、その効果なのか午後の早過ぎるGTなのかは不明だが、2時になって2匹目。やれやれ。左の先客も終わり、帰った。今日は良いものを見せて貰いました。お疲れ様でした。その後もポツポツと2時半までに2匹を追加して、今度こそ単体での第2目標クリア、Dscf6271Dscf6272またトータルでの第3目標クリアを目指すぞ。しかぁ~し、やった5匹目かと思ったあたりは、またも目にスレ。どうやらこれが「上がりスレ」か。その後はGTが近づいているのにも拘らず、ウキの動きがバッタリで3時16分に終了。結果、2回目の「グル宙」では実釣2時間20分で4匹。トータルでは実釣4時間50分でDscf62748匹。ウキがあれだけ動いた割には冴えない結果となってしまった。何かをすればトータルで第3目標にも到達したかもね(それが簡単に分かれば苦労はない)。書かなかったが、前後半で1回ずつハリス切れも出たし、後半には手の平真っ青のブルーも(これは猫が片付けてくれた)。片付け。Oさん達も終わって、帰りに声を掛けてくれた。今日はあんまりとの事だが、それでも9匹とは素晴らしい。お疲れ様でした。片付けを終え、車に戻る。橋の上から見ると、私も含めた日向側のへら師は皆帰り、日陰側にはいつものご夫婦と整地された辺りに常連さんが頑張っている。今日は私には珍しくいろいろとやってみたが、効果と言えそうなものがあったかどうか。車に荷物を積み、今日は用事があるのでさっさと池を跡にした。
 
「グル宙」もだんだん釣れなくなって来た?これからがシーズンだけど
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年10月21日 (水)

yurieさんから頂き物@西ノ谷&予定外の竿出し@増沢池 with Oさん、Kさん and 岡ジャミザわさん

P1000171今日は西ノ谷へyurieさんから手芸用の糸(ハリス)を貰いに行く。yurieさんは新東名橋の下付近にいた。まずは挨拶。早速ブツを頂く。ありがとうございます。あれっ、池の水位が低くなっているぞ。設置されている釣り台から竿を出している人はいない。この池の責任者?の人から、魚影が濃くなっているので、底でも宙でも釣れると言われたが、ご遠慮して帰る事に。しかぁ~し、362から満州道路に出るあたりで急に竿を出したくなった。それで、予定にはなかったが増沢へと向かう。駐車場にはそこそこの車。あっ、OさんとKさんの車ハケーン!まずは車を停めて池の様子を覗うと、いたいた橋の下(しも)にOさんとKさん。看板横が空いているので、それでは私がそこに入りましょう。車に戻って荷物を降ろし、池に向かう。暑い、暑いDscf6248Dscf6249よ。坂の下の先客に挨拶して荷物を降ろし、遊歩道に入ってOさんとKさんに挨拶。Oさんはポツポツ釣れているようだが、Kさんはシーン状態らしい。看板横に戻って、さあ準Dscf6250備しよう。毎回同じで申し訳ないが、竿は振り出し12尺。今日はハリスの関係で両ダンゴから始める。餌はガッテン・天々。「たな」は触らず開始は10時45分。随分遅くなってしまったが、後半の「グル宙」も含めて3時頃までには終わるつもり。さて、餌を指でコネコネして馴染みを出すようにすると、じきにウキがモヤモヤ。前回は2時間半くらい?やって3匹だったが、ひょっとして今日はもう少しいけるかも。しかぁ~し、極甘。それで、餌の一部を押し練りして、それを下鈎に、元餌を上鈎にして、両ダンゴではあるがセット風にして打ってみると、ウキの動きが良くなった感じ。すると11時を過ぎ、開始30分を過ぎてウキが弱く入るのに合わせたら、やった掛かりました!しかぁ~し、「たも」を持ったもののバラシでガクガクッ。そろそろ午前中のGT、この後きっと釣れるぞ(個人の感想です)。が、それらしいウキの動きはなくならないが、なかなか掛からない。これが両ダンゴのやり方かっ!練った餌と元餌の組み合わせを変えながら、ついでに「たな」も深Dscf6251めにしながら(また2つ同時にやってしまいました)餌打ちしたら、開始1時間になろうとする頃に、やっと1匹目ゲット。やれやれ、だ。この後どうみても爆釣にはならないのは明らか。何とかあと1匹、いや2匹。が、虚しく12時サイレンを聞く。と、背後から大きな声が。ザわさんだ。お久し振りです。あれから長野方面に出向いて聖湖で竿を出したとの事。肝心の蕎麦はお気に入りの店が閉まっていたので食べられなかったそうだ。また、昨日は午後から大楽地でトロロで爆釣ペース?になったようだ。素晴らしいが、虫に顔、腕、脚を刺されてかゆくて仕方ないとの事。さて、私のウキは止まる事なく動き続けるが、さっぱり掛かりまテン。Dscf62522時間くらい持つつもりで作った餌がそろそろ終わりそう。どうやら1匹で終わりか。と思っていたら、何とズバッというあたりでやった2匹目!ザわさんにはしっかり見てもらった。そして12時29分に餌が尽き、両ダンゴは終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間45分で2匹。前回並みでまあまあと言ったところか(上手ければもっと釣れます)。さあ、次はお待ちかねの「グルDscf6253宙」。竿と仕掛けはそのままで、ハリスを25cm+35cmから35cm+50cmくらいに変更。変えずにまずはやってみる方が良かったかも。餌はα21・グルテン四季。同じ「たな」での再開は12時37分。何とか3匹釣ってトータルでの第2目標クリアと行きたいところ。すると、まだへらが残っていたのか、すぐにウキに動きが。しかぁ~し、いつもなら最初はどんどん餌を打っていくのだが、ウキが動くのでつい見てしまうまずい展開に。そのうちウキの動きが弱くなって、これはマズイですよ。それで、今まではなかった事にしてもう一度最初からDscf6254のつもりで餌を打ち始めたら、1時を過ぎてウキがグッと入るあたりでやっと1匹目。ザわさんはそれを見届けて帰った。岡ジャミお疲れ様でした。その後もウキは弱くでは動き続けるので、へらは寄ったに違いない。ただ、それらしいウキの動きでは全く掛からず、とにかく餌は途切れる事なく打ち続ける。風・波が出て来て、更に橋の影も1時半頃には私にかかるようになった。それで、遅まきながら昼食。水筒の水を飲んでいたら、ほったらかしのウキがモヤッと入っDscf6255たが、当然見逃し。それからすぐに餌を切ったが、何と「掛かってます」!で2匹目ゲット。坂の下の先客は帰った。お疲れ様でした。また、お騒がせしました。さて、「たな」をいじりながら餌打ちすると、2時近くなってウキが立つや否やズルッと入り、慌てて合わせれば3匹目。予定のトータルDscf6256での第2目標はクリアした。後はどこまで数を伸ばせるか。あわよくば「グル宙」だけで第2目標まで行きたいところ。2時を過ぎ、Kさんが終わった。どうだったかは聞きそびれた。お疲れ様でした。さて、橋の影があってもウキの動きには大きく影響しなかったが、元々そんなに動きが良かったDscf6257訳ではないので、「たな」を探りつつ餌打ち。だが、早過ぎるGTはなく、黙々と餌を打っていると、2時半頃になり橋の影が私から離れそうになって、やっとあたり?に合って4匹目。なかなか厳しいぞ。前回のような事はなさそうだ。でも何とかもう1匹、お願いします(誰に?)。しかぁ~し、なかなかあたらず、またあたっても掛からず3時。「たな」をいじりつつ何とか「上がりべら」をDscf6258と餌打ち。すると、何故かは分からないがウキの弱い動きでやった「上がりべら」ゲットだ。ひょっとしてGTなのか。が、その後は特に何もなく、3時22分に餌が尽きて終了。結果、「グル宙」では実釣2時間45分で5匹。ウキを見る時間がいつもより長かったのがマズイのかもね。トータルでは実釣4時間半で7匹。2桁はいきたかったなぁ。片付け。日に当たり過ぎたのか、かDscf6259なり疲れた。へら師は対面に午後から来たご夫婦と、深場整地された辺りに数人。こちら側はワンドに数人くらい。Oさんは終わって岡ジャミ状態。片付けを終え、大きな声でOさんに挨拶したが、聞こえたかどうか。坂を上り、橋を渡って車に戻る。予定外の釣りで予定通りの結果か・・・。さあ、今日はベイシア詣で。そろそろと池を跡にした。
 
次回からはウキを替えてもっとゆっくりグルテンを落とすつもり
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (3)

2015年10月19日 (月)

撃沈を覚悟で両ダンゴをやってみたら、案の定?@増沢池 with 久し振りのOさん and 短時間の岡ジャミKさん

このところ好天が続く。せっかくの機会を逃す訳にはいきません。いつもより少しだけ早く増沢へゴー!駐車場着は9時頃か。うっ、急に腹の具合が・・・。不定期便で駐車場所もいつもとは違うところへ。そのまま荷物を降ろして橋を渡る。へら師の大半は日向側かと思ったら、今日は日陰側にも結構いるぞ。看板横は空いていて、坂の下辺りに先客。まずは挨拶。あれっ、今まで日陰側いつもの場所にいた人だ。やはり釣れなくて(寒くて)こちらに来たのかな。誰もいないので、看板横のど真ん中でさあ準備しよう。今日はDscf6231前回予告したように、両ダンゴの宙をやる。が、ハリスが「グル宙」のままなので、まずは「グル宙」から始めて、後半ハリスをカットして両ダンゴと行こう。竿は振り出し12尺、餌はα21・グルテン四季。「たな」は前回のままで開始は9時49分。湖面は凪だが、日差しが強くて痛い感じ。それに、目まといがブンブン顔の周りに飛んで鬱陶しい事極まりない。一応帽子と首筋に虫除けスプレーをかけるが、気持ちだけのようだ。さて、ウキが馴染んだら餌を切る、を繰り返していると、10時を過ぎ開始15分ほどでウキに動きが。そして開始20分であたり!しかぁ~し、カラ。でも、何もない状態からバラケも打たずに始めて、こんな早くにウキが動き出すとは、何だか爆釣の予感?すると、じきに馴Dscf6232染んだウキの1目盛入るあたりで1匹目!これは・・・。あまり早く釣れるとその後が良くないという私限定?のジンクスがあるのだ。すると、案の定、じきに大きなあたりでハリス切れ。やはりか・・・。急いで交換して再開したところへ、「バッチリ?」と背後から大きな声。ビックリして振り向けばKさんだ。お早うございます。今日は時間がないので岡ジャミとの事。Oさんも来ているというので、それもまたビックリだ。駐車場所を変えたので、車の確認が出来ていなかった。と、遊歩道方面からOさん登場。お久し振りです。ちょっと休憩らしい。背後に2人のDscf6233岡ジャミを抱え、緊張の餌打ちが続くが、開始1時間経ったところで、バッチリのあたり!そして掛かりました!2人ともあたりを見たと言うので、釣れるところを見せられて嬉しかぁ。Oさんはいつもの釣り座に戻り、Kさんもそちらへと移動。さて、前回同様ウキの動きは出続け、11時を過ぎDscf6234たところで3匹目。これは素晴らしい。それを見届けるかのように、Kさんは帰った。しかぁ~し、せっかく午前中のGTが来たと喜んだのだが、それも束の間。バラシが出た後はあたりに乗らなくなる。いわゆるカラツンって奴ですか?対面に1人いるが、私がやたら合わせるのが不思議でならなかっただろう。そろそろ開始2時間が経とうとしている。何とか前回並みの第2目標クリアまで持って行きたいが、それもGTが終わった今では遠い夢か。しかぁ~し、今日のGTはこれからだった。まさに開始2時間を過ぎようとする頃から、12時のサイレンまでDscf6235Dscf6236Dscf6237に何と3匹を追加して、前回の結果をクリア!5匹目は何故か血まみれだったが、それでも餌を食ってくるとは良い根性だ。坂の下の先客はいつも通り12時前に帰った。竿は曲がっていたようだが、自分の事で精一杯なので詳細は不明。その後、12時を過ぎてもDscf6238Dscf6239ウキの動きはなくならず、餌が尽きた12時26分までにもう2匹を追加。結果、実釣2時間半強で8匹とは予想外の好結果だ(もちろん私にとって、だが)。さあ、いよいよ後半は撃沈覚悟の両ダンゴ。西ノ谷のような時間11匹は当Dscf6240Dscf6241然無理と承知しているが、とりあえずの目標は2匹釣ってトータルでの第3目標クリアだ。と、その前にOさんの様子を見に行くと、さっきまでウキは動いていたが、今はシーンだと。それで昼食は私と同じか。私も釣り座に戻り、昼食。そしてガッテン・天々をいつもよりやや多めで作る。本当はすぐにハリスを詰めるつもりだったが、まずはそのままでどんな具合かと「たな」も同じで再開は12時37分。まずは餌を良く揉んで持つようにして餌打ち。うん、ウキに馴染みは出るようだ。そのうちウキに動きも出て来たようなのDscf6242で、そのまましばらく続けていると、1時を過ぎて弱く入るあたり?でやった掛かりましたよ!これは素晴らしいが、へらの寄りがきつくなれば通用しないだろう。それで、それからしばらくしてハリスを詰める。40cm+50cmから30cm+40cmくらい。しかぁ~し、餌も押し練りしてしまい、同時に2つ変更とタブーを犯す。すると、ウキの馴染みは良くなっても動きは減ってしまい(当たり前か)、打っても打ってもハッキリしたあたりは出ないまま時間だけが過ぎる・・・。それで、ハリスを更に詰めて(伸ばすにはハリス交換しないといけないので・・・)25cm+35cmくらいにすると、2時を過ぎて馴染んだウキがグッと入るのに合Dscf6243わせてやっと2匹目。トータルでの第2目標クリア。1匹目から1時間が経っている。いやぁ、きつかったなぁ。グルテンとダンゴでこんなに違うとは。同じようなウキの動きでも、グルテンでは掛かってもダンゴではスカ!これが面白いところだが、辛くもある。その後も餌を打ち続ければ、何度となくグーなあたり?は出てもスカ!それでも、そろそろ餌が尽きそうになってきた2時半Dscf6244過ぎに、やっと3匹目。今度こそ本当のGT到来か?が、すぐに餌が尽きて2時55分に無念の終了。結果、両ダンゴでは実釣2時間15分で3匹。撃沈ではなかったが、まあ似たようなもんだ(私にとってはグー?)。3時近いので皆さん終了だろう。本来は私も終了なのだが、スッキリしないDscf6245と言う事で、何とプチ残業を自己申告。多分サービスになるだろうが、やってみたい事があるので。それは、この短くなったハリスにグルテンを付けたらどうなるか。グルテン四季を30分ほどで打ち終える量作る。そして再開。最初は特に動きは出なかったが、しばらく打ち続ければウキがモヤモヤ。Oさん達は帰った。お疲れ様でした。さて、それからさっきまでと同じような弱いウDscf6246キの動きが出始め、3時を過ぎて何と1匹出た!更にしばらくして、今度はバラシ。そして3時29分に餌が尽きて今度こそ本当に終了だ。トータルでは実釣5時間半で12匹。最初の「グル宙」はまあまあだったが、後半の両ダンゴから失速した(予定通りではあるが)。片付け。橋の影は左にDscf6247遠ざかり、湖面の凪はまだ続いている。本当に良い気候だ。次回は傘を持って来よう。片付けを終え、日向側を見れば誰もいない。日陰側は整地された辺りに常連さんと思われる5、6人がまだ頑張っている。坂を上り、橋を渡る。そんなに息は上がらないが、腰が痛い。車に戻り、荷物を積んでさあ帰ろう。そろそろと池を跡にした。
 
「グル宙」、意外といけるかもね
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年10月16日 (金)

リベンジ?そんな話はあったっけ?@増沢池

これまた明日から天気が悪くなるとの予報にノコノコと増沢へ。西ノ谷で少しは良い思いが出来たので、前回のリベンジも出来そうな雰囲気で駐車場着は9時半過ぎ。まずは池の様子を見に行くと、ゲゲッ、私が入りたい看板横には先客。もう1人が坂の下付近に。チラッといつもの場所付近を見ると、誰もいない。そうだよな、これから日陰側はまず入らないだろう。奥の整地された辺りにはチラホラ。ほとんどのへら師は日向側だ。さあどうしよう。一応看板横は空いていない訳ではないので、ずうずうしく入ろうかな。まずは車に戻って荷物を降ろし、橋を渡る。坂の途中で先客に挨拶したが、一応返事はあっDscf6220た。看板横の左端に入らせてもらう。さあ準備だ。竿は12尺、餌は夏・冬・天々と、何処に行っても同じ。予報では晴れとあったが、曇っている。でも、この方が釣りやすそうだ。ささっと底を取り、開始は10時1分。先客が竿を曲げた!私が前回入ったところからやや右にずれたところに入っているが、そちらの方が好結果なのかな。私の方も、まずはウキが馴染んだら切る、をウキの馴染み具合を見ながら繰り返していると、開始15分くらいで、ゆっくり返したウキがチクッ!おっ、あたったと合わせるが、カラ。そうそう、今日は西ノ谷で短くしたハリスがここでのカラツンに対して意味があるのかを検証する釣りでもありました。とりあえず1回はカラを打ったが、もう少し見てみるかな。しかぁ~し、そこから先がない。ウキの返しはたまにあってもあたらないのだ。これでは検証どころではない。それでも10時半を過ぎる頃から黒帯くらいのモヤモヤも出て来て、何となくやる気が出る。すると、しばらくして、馴染んだウキがすぐに返し、そこからチクッ!これ以上のDscf6221あたりはありません。バッチ・グーと合わせれば、やった掛かりましたよ!とりあえず嬉しかぁ・・・。さあどんどん行こう?しかぁ~し、再びウキの動きがなくなってしまう。へらはいますよ、間違いなく。でも食わないんだな、これが。早くも11時近くなった。すると、ちょっと変なウキの動きが出て反射的に合わせると、やった掛かりました!あっ、バラした・・・。鱗。すると、そこから先は予想通りシーン。それで、夢よもう一度(適切な表現か?)と11時過ぎから「ドボン」に出て来てもらう。オモリを追加して、トップの出具合を調整しようかな。しかぁ~し、調整の第1投でスレてしまった。散々暴れられてのバラシでガクガクッ。やる前からこれでは場が荒れてダメだ。それでも今更底に戻すとかはないので、打つしかない。隣の先客も一旦はダメになった感じだが、釣り方を変えたのかどうかは分からない(底である事は間違いなさそう)ものの、再び竿を曲げるようになった。「ドボン」の私の行く末はどうか?あまり間を置かずに打つ・打つ・打つ。すると、11時半過ぎにウキがチクッ!やったと合わせるが、残念ハリス切れ。どうしてもスレが多くなるのは止むを得ないところ。しDscf6222かぁ~し、しばらくして、ウキが2目盛ぐらいグッと入り、これに合わせればやったやっと掛かりましたよ!いやぁ、辛抱も限界寸前だった。しかぁ~し、午前中のGTは何処へやら、次がない。しかも、変なウキの動きに合わせたら、またもスレなのかハリス切れ。ガクガクッ。虚しく12時のサイレンを聞く。すると、しばらくして今度はバッチリのあたりかと合わせたが、これまたハリス切れ。これは厳しいでしょう。太陽は出たり雲に隠れたりで、出た時の暑さは半端ない。傘を車に置いてきたのが悔やまれる。喉が渇いたので、へらバッグから水筒を出してスポーツドリンクを飲んでいたら、手を離している時に限ってズバッと消し込み!慌てて合わせるが遅い。餌も残り少なくなって、どうやらこれでお終いの雰囲気。しかぁDscf6223~し、ラス前に小さく入るあたり?でやった「上がりべら」ゲットだ。やっと前回並みの結果になったぞ。最後の1投は特に何もなく、12時34分に終了。結果、「ドボン」を含めた底では実釣2時間半で3匹。もうガックリだ。底でのカラツンは思ったより出なく、ハリス長の検証はナシよ(欽ちゃん風Dscf6224に)。1時間半近くやった「ドボン」ではウキは動きを出していたものの、あたりは底よりも多かったが数えるほど、しかもハリス切れ3回。さあ、気分を変えて次は「グル宙」。と、その前に昼食。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・グルテン四季。このところ、ほとんど変わる事がない順番。水深が前回の場所より浅いので、一応鈎が底に着かない事を確認しつつの「たな」決めでの再開は12時52分。少し風・波が出て来た。さて、数投でウキに動きが出る。まさかブルーではないと思うが、掛かるまでは何とも言えない。と、ウキがズバッDscf6225と入り、慌てながらも合わせれば、早くも1匹目ゲットだ!おおっ、これは大きい。写真では分かり辛いが、40cm近くある。いやぁ、素晴らしいなぁ。でも、あまり早く1匹目が出ると、どうもその後がパッとしないというジンクスがある(個人の感想です)ので、単純には喜べないところ。それでDscf6226もしばらくして、今度は馴染んだウキがモヤモヤから1目盛くらい入ったのに合わせて2匹目。トータルでの第2目標クリア!でも、まだ前回の結果には届いていない。リベンジと謳いながらこの体たらく。今日はなかった事に?でも、ウキはまだ動き続けている。少し早めのGTなのかもね。しかぁ~し、その後は確かにウキの動きはなくならないのだが、あたりが出なくなった。たまに弱く入るウキの動きでは全くかすりもしない。何だろう、餌付けかな?とりあえずハリスを伸ばすという選択肢は排除しておいて、餌付けと「たな」で変化を付けてみるが、ウキのモヤモヤはなくならないがあたらない時間が過ぎていく。隣の先客2人は1時半頃帰った。それではこちらにへらが廻って来るかもとつまらない考えが頭を過ぎるが、くどいようだがウキの動きはなくならないものの、これと言うあたりが出ないまま2時。何とDscf6227かあと1匹。「たな」はかなり浅くなった。と、ウキが立ってすぐにズルッと入った。ヤバイ、スレか?懸命に堪えて寄せれば、だいじょうブイ食ってますよ。更にしばらくして、ウキが馴染みながら変な動き。反射的に合わせてしまったが、ギュイーンと凄い(嘘です)引きで今度こそスレかと観Dscf6228念したが、これまた食っていて4匹目。こうなると「グル宙」だけで第2目標、更にトータルでの第3目標まで考えてしまう強欲な私。今度こそ早めのGTでしょう。しかぁ~し、すぐに元に戻ってしまう。途中で気が付いたが、「グル宙」なのに弱い、また小さなウキの動きに反応出来ていない。どうしてもハッキリした、また大き目のウキの動きを待ってしまう。餌が次第に減って来て、3時。そろそろ常連さんの終了時刻。皆さん釣れたのかな。と、ここでウキが馴染んだ後Dscf6229の、小さく入るあたり?に合わせてみたら、やった掛かりましたよ!「グル宙」だけで第2目標クリアと同時に、「上がりべら」ゲットだ!しかもサイズはグー。やっぱりこういうウキの動きにも積極的に手を出さなければ。さあ、餌の残りあとわずかでも、もう1匹。しかぁ~し、最後の1投は割と大きなウキの動きだったが、残念カラで3時13分に終了。結果、「グル宙」では実釣2時間Dscf623020分で5匹。トータルでは実釣4時間50分で8匹。あれっ、今日は底でのカラツン対応が・・・。まあいい、片付け。橋の影は左に去り、湖面は凪いでいる。正面やや右にへら師が入っているが、いつ来たのかな?全く気付かなかった。片付けを終え、車に戻る。これから毎回のようにこのしんどい帰り道を歩かなければならない(今後日陰側に入る気はないな)。さあ、帰るとするか。今日は久し振りのベイシア詣で、ちょっと嬉しいぞ。そろそろと池を跡にした。
 
次回は撃沈覚悟で両ダンゴの宙でもやってみるか
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年10月15日 (木)

いよいよ厳しい状況になってきた

私のパソコンはまだXP環境なのだが、動きがどんどん悪くなっている。買い替えたいのはマウンテン・マウンテンなのだが、先立つものが。いや、搾り出せば何とかなる。でも、動いているうちはと決断出来ないでいるのが現状。そういえば車もしかり。
 
更に、ココログで借りている2GBもそろそろ底を尽きそう。90数パーセントで残りはあとわずか。考えられるのはブログの古い部分の削除、または引越し。引越しが楽で良さそうに思えるが、今はとりあえず過去の増沢釣行分を削除してはかろうじて生き残っている状態。ブログを始めた2005年から2006年末までは削除済み。2010年くらいまでのものなら大した事はない(今も変わらないのでは?)が、果たしてそれでいいのだろうか。
今日もボチボチ2007年から2008年までをやり終えたいところ。残しておきたい分の仕分けが面倒だが、仕方ないなぁ。
 
有料にして5GBまで増やす手もあるけど・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年10月14日 (水)

数はそれなりに出たけれど@西ノ谷

今日は前回のリベンジに増沢に向かうつもりだったが、ついフラフラと西ノ谷へ。9時半過ぎに駐車スペースに到着。まずは池の様子を覗うと、お立ち台には1人先客。何となく入り辛いので、私は以前バットさんとご一緒した時に入ったところに入ろう。荷物を持って階段を下りる。ゲゲッ、桟橋の両側に1人ずつ入っているではないか。入り辛いなぁ。でも、また階段を上って道路を歩くのは真っ平だ。強引に一番右のスペースに入るぞ。先客に挨拶してよろよろと歩くが、1回滑ってしまった。大事には至らなかったが、気をつけるに越した事はない。やれやれ、何とか入れたぞ。さあ準備しよう。先客2人は短いDscf6181竿の宙かな。わわっ、私の左の先客の合わせがキツイ!竿が折れんばかりの勢いでバシッ!と(実際そんな音がする)合わせ、カラやバラシの際には水面から飛び出た仕掛けを再び水面に叩き付ける様も凄い。何より合わせる度に桟橋が揺れる。確かに何回かに1回は掛かっているが、あんな強い合わせで掛かるへらも大変だ。何となく昔の私を思い出させるので、面映い。さて、私は何処へ行っても同じ振り出し12尺で底から入るとしよう。餌はこれまた夏・冬・天々。それにしても暖かい。まだかろうじて日が当たるくらいだが、これからガンガンになって暑くなるかも。ささっと底を取っての開始は10時6分。すると、第1投からウキが返すではないか。宙では2人の先客がガンガン竿を曲げているが、果たして底は?しかぁ~し、3投目で掛かって来たのはジャミ。やはりそうだったのか。何となく力が抜ける。ウキは馴染むや否や返し、すぐに餌落ちまで出てしまう。餌が多少柔らかく出来上がったので、タオルで押して水分を抜いたつもり。だが、しばらくしてズルズルッとウキが入るのに合わせたら、今度はズイゴ(カマツカ)がスレてDscf6182来た。やれやれ。しかぁ~し、バラしたあたりの手応えはへらでした。すると、開始15分くらいで、馴染んだウキが返した後に黒帯より細くあたった?ように思えて合わせれば、やったようやく掛かりました!隣は変わらないバシッバシッでへらを引っ張っている。底はダメなのか。更に、開始Dscf618330分くらいでバッチリのあたりかと思えたのはマー君でガクガクッ。どうも餌付けやウキ下の微調だけでは状況は打破出来ない気がする。その後もバッチリのあたりでバラシなど、芳しくない状況。11時を過ぎ、開始1時間が経った時点で、ようやくハリスを詰める事を決意。この仕掛けは増沢ではカラツンのオンパレードを招いているが、その時でさえハリスには手を付けなかった。それを今日やる!下ハリスをカットして上ハリスに。大体5cmくらい詰めた感じで、その分ウキ下を伸ばす。そして再開すると、ウキの無駄な動きは緩和され、あたりが分Dscf6184Dscf6185Dscf6186Dscf6187かりやすくなった気がする。そして餌が尽きた11時43分までにポツポツと4匹をゲットして、かろうじて第2目標クリアだ。この仕掛けのままで増沢、通用するかな。さあ、次はお待ちかねの「グル宙」。と、その前に昼食。隣のウキを見ると、私の目にはどれがあたりなのか分からないほどウDscf6188キが良く動いている。そしてバシッバシッ!さて、そろそろ準備するかな。と、ここでお知らせ。ここから先のへらの写真はやや小さくなります。ご了承のほどを。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・グルテン四季。「たな」は前回のままで再開は11時59分だ。すぐに12時のサイDscf6189レンが鳴るが、ウキのほうもすぐに動き出した。そして弱く入るあたり?で1匹目ゲット。だが、これは単純に喜べないなぁ。大体幸先良い場合はその後がパッとしないから。すると、まさにその状況が20分近く続いたので、「たな」を少し上げてみたら、12時台にはもDscf6190Dscf6191Dscf6192Dscf6193Dscf6194Dscf6195う6匹を追加出来て、「グル宙」だけで第2目標クリアと共に、トータルでの台3目標もクリアだ。隣の両ダンゴの勢いには負けるが、私的には「グル宙」で寄りが悪い中健闘でしょう(ベリー・スイート)。1時を過ぎても状況に大きな変化はないが、途中どうしても短Dscf6196Dscf6197Dscf6198Dscf6199Dscf6200Dscf6201Dscf6202時間ではあるが穴が空くのは何故だろう。2時までに7匹を追加して、トータルでの第3目標はおろか「グル宙」だけでも第3目標をクリアだ。2時を過ぎると多少ペースが落ちDscf6203Dscf6204て、餌が尽きた2時25分までには2匹しか追加出来ず、実釣2時間半で16匹。隣のように両ダンゴにすればもっと釣れたかも。素晴らしいのは、スレがなかった事(バラシは出ましたが、何か)。帰った左端の先客は静かだったが、よくよく見ればしょっちゅうへらDscf6205を引っ張っていた。すぐ隣のバシッバシッ!に気を取られてしまい、静かに合わせている事に気付かなかった。申し訳ない。さて、それまででは底と併せたトータルでは実釣4時間余で21匹。普段ならここで終わるのだが、今日はどういう風の吹き回しなのか、両ダンゴの宙で締めくくるぞ。多分隣に影響されたんだと思うよ。同じように短竿(9尺)で、餌はガッテン・天々を、4時までには打ち終えられそうな量作る。ちょっとハリスが長い気がするが、とりあえずはこれでやってみよう。「たな」はこれまた隣を意識して浅めで再開は2時34分。すると、すぐにウキは動き出した。なんだ、両ダンゴなら楽勝だと、隣に失礼な考え(声には出していませんよ)。しかぁ~し、これがあたりだと思えるウキの動きでも掛からず、じっと手を見る・・・。やはりここはハリスを詰めるでしょう。「グル宙」でやっているので、今度は抵抗なく5cmほど詰めてみる。ついでに餌も押し練り(隣がやっていたような気がするDscf6206Dscf6207ので)。すると、何と言う事でしょう、再開してすぐにあたり!そして連荘だ!3時を過ぎると、私らしからぬハイペースで掛かる掛かる掛かる!隣にも遜色ないぞ(個人の感想でDscf6208Dscf6209Dscf6210Dscf6211Dscf6212Dscf6213Dscf6214Dscf6215Dscf6216Dscf6217Dscf6218す)。何と3時台にはGTも加勢したかもしれないが、11匹をゲットだ。しかもスレはない(バラシはありましたが、何か)。隣が帰った4時2分に餌が尽きて終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間半(予定通り!)で13匹。トータルでは実釣5時間半余で34匹となっDscf6219た。やってみたい釣りを全てやれて、満足の結果。何だか急に釣りが上手くなった気がするぞ(おそらくは勘違い)。この勢いを増沢まで持って行こう!片付け。新東名の橋付近から道路沿いにずらっと並んでいた常連さん(岡ジャミ多数も含む)もほとんどいなくなった。対面にまだ数人。片付けを終え、車に戻る。お立ち台に1人いるが、最初にいた人かどうかは不明。さあ帰ろう。今日もビッグ富士に行くのでベイシアには寄りません。気持ち良く家路に就いた。
 
サイズがもっとあればグー・グ・グー!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年10月12日 (月)

釣れない!遂に「ドボン」まで登場@増沢池 with 午後からKさん?

バットさんが西大谷で午前中竿を出すとブログにあったのを見たのが9時頃。同席しようかと一瞬思ったものの、時間的に到底間に合わないので諦めて増沢。ただ、今日は休日(しかも「体育の日」)。果たして駐車スペースはあるだろうかとビクビクしながら到着は9時半頃。あれっ、意外に空いている。ささっと停めて、まずは池の様子を見に行くと、日陰側いつもの場所と柳の木の奥、それに深場整地された辺りにチラホラ。日向側もポツポツと5人くらいか。この陽気でこの人数、ヤバイぞ。看板横がポツンと空いているので、何か訳アリかもしれないが、飛びつくようにそこに決定。急いで車に戻り、荷物を降ろして橋を渡る。そろそろ日向側への移動に体を慣らしておかないと。ちょっと息がDscf6171切れたが、だいじょうブイ。さあ準備しよう。と言っても、最近の私はワンパターン。竿は振り出し12尺、餌は夏・冬・天々。風・波はあるがウキはバッチリ見えるのでノー・プロブレム。ささっと底を取り、開始は10時11分。西大谷方面ならまだ道中なので、これで良かった筈。後は結果だが、最近のこの池、日向深場は知らないが、日陰側を筆頭に釣れません。看板横はどうだろう。こちら側は暖かくてグー・グ・グー。対する日陰側はいかにも寒そうだ。それで釣れなければ泣きっ面に蜂。さて、餌を打ち出して20分くらい経過した頃に、初めてのあたり!カラだったが、あまりの早い出にビックリ。こりゃぁひょっとして爆釣も夢ではない?しかぁ~し、そんなにスイートな池ではありませんよ、この池。引佐天池のようにほぼ毎回あたるとまではいかないが、結構決まったと思えるあたりがカラ。数回食らった後に、それでは数少ない対応策をやってみよう。餌付けを小さくまた柔らかめに→ダメ。それではウキ下を調整してみよう→これもダメ。万が一と言う事もあるので、底を取り直す→関係ねぇ~っ!それでも1回だけ「かじり」が出たので、Dscf6172何とか1匹と続ければ、11時を過ぎて、フワッと返したウキがチクッ!やったようやく掛かりましたよ。しかぁ~し、その1回だけ。そろそろ午前中のGTなのに、肝心のカラあたりさえも消えてしまったではないか。それで、最早私のアームでバランスの底は無理(グルバラセットは試していませんが、何か)と、幸いオモリが遊動式になっているので、「ドボン」のお出ましだ。時刻は11時半を過ぎている。すると、何と言う事でしょう、再開第1投で馴染んだウキがDscf6173Dscf61741目盛入った!まさかと半信半疑で合わせれば、やった掛かりました!う、嬉しかぁ・・・。更にしばらくして、今度はズバッと文句なしのあたりで3匹目。まだまだ行けそうと思ったが、何故かウキの動きが大人しくなる。一応それらしい動きには合わせてみるものの、カラ。オイオイ、ドボンでもカラかよっ!12時のサイレンを聞き、それならとどういう意味かは自分でも不明だが、底に戻す。すると、じきにウキが動き出したが、残念再びのカラが数回で餌が尽きた。時刻は12時17分。結果、「ドDscf6175ボン」を含む底では実釣2時間余で3匹。他のへら師の様子が分からないので、自分的にはまあ頑張った方かなとベリー・スイートな感想。さあ、次はお待ちかねの「グル宙」。底の様子から、何となく釣れそうと勝手な判断。と、まずは昼食だ。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・グルテン四季。橋の影がじりじりと迫ってくる。まだ余裕はあるので、何とか早いうちに1匹と、「たな」はさわらず再開は12時34分。すると、数投でウキに動きが。やっぱり思ったとおり、さあガンガン釣るぞ!しかぁ~し、掛かって来たのは手の平より大きいブルー。ガクガクッ。さっさとご退場頂いたが、それ以降はウキの動きがなくなってしまった。と言う事は、ウキを動かしているのはブルーだけ?急にやる気がトーンダウン。そのまま1時を過ぎる。対面柳の木の奥は帰ったが、午後から1人やって来て竿を出している。Kさんに見えるので、とりあえずメールしてみるが返事がない。と、ウキのDscf6176馴染みが一旦悪くなり、そこからグッと入ったので、やったと喜んで合わせたら、なんの事はない顎にスレでガクガクッ×ガクガクッ。最初からスレとはね。しかも、そこからはお約束のシーン!どうにも気配が見えないので、いるのかいないのか判断出来ないまま時間だけが過ぎる・・・。そDscf6177れでも1時半近くなって、またも前触れなく馴染んだウキが1目盛チクッ!これに反応すれば、やった今度こそ掛かったでしょう!う、嬉しかぁPART2。トータルでの第2目標にリーチ。しかぁ~し、そこから先はまたもシーン。全く取っ掛かりのないまま2時。橋の影が迫って来た。体感温度が一気に下がる。しかぁ~し、早過ぎるGTなのか、馴染み切ったウキがグッと入って、やっDscf6178Dscf6179た2匹目ゲット!トータルでの第2目標クリアだ。続いても馴染んだウキがグッと入って3匹目!このままなら「グル宙」だけで第2目標まで行けるかも?しかぁ~し、橋の影が完全に正面になって、ウキの動きも止まる。寒い、寒いよぉ。それでも餌打ちだけは止める事は出来ない。打ち続けているうちに、橋の影が左へと去った。が、餌もあとわずか。橋のすぐ下(しも)で竿を出していた人が帰りがけに声を掛けてくれた。今日は午前と午後で1匹ずつだったと。奥の方は聞きそびれた。さて、ウキの動きは少しだけ戻って来たものの、それ以上はなく3時3分に餌が尽きて無念のDscf6180終了だ。結果、「グル宙」では実釣2時間半で3匹。トータルでは実釣4時間半で6匹。片付け。カラツンには痺れたなぁ。まだ対応策は出来ていないので、しばらく通わないと。片付けを終え、日向側奥の方を見ると、誰もいない。日陰側Kさんと思われる人は奥の整地された辺りにいる。坂を上り、橋を渡って車に戻ると、Kさんの車ハケーン!やっぱりそうだったのか。電話すると、今日もノーさわりノーあたりだったとの事。お疲れ様でした。さあ帰ろう。車に荷物を積み、そろそろと池を跡にした。
 
難しいが面白い?何とかカラツンを駆除したいなぁ
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年10月10日 (土)

試乗に行ってきた

今日の午前中はかねてから気になっていた車の試乗に行ってきた。
セダン回帰というか、何処を見てもミニバンとかばかりが走っていて、面白くない(個人の感想です)。それで、そろそろ車検もあるので、真面目に新車購入を考える事にした次第。それと、ハイブリッド車とやらにも触れてみたいと言う事で。
それと相反するようだが、ついでにと言うか、最初にスズキの新型ソリオ・バンディットにも試乗させてもらった。実は、これが一番乗りやすかったのだ。1トン未満と軽い車体にマイルド・ハイブリッド(S-エネチャージとも言う)、それにてんこ盛りの装備。最新の衝突回避システムもオプションである。アイドリングストップからの復帰もごく自然で好感が持てる。街乗りがメインの私にはピッタリかもしれない。ただ、惜しむらくは車幅がないので、釣りの竿ケースとかを横積みするのには後部座席を倒さないといけない。また、路面から床までの高さが36cmというのは、年寄りにはきつそうだ。あと、塗装が弱いとの情報もあって、悩むところ。
次に向かったのはホンダのディーラー。グレイス、これが今日のメイン。セダンもいいかなと思い始めたのはこれを見てから。しかぁ~し、試乗の前に乗ってみたら、今の車(ティーダ)に比べて圧迫感が半端ない。形のせいかもしれないが、頭は当たらないものの、ビックリ。後部座席は間違いなく頭が当たった。これは辛いが、セダンはこんなものかもしれない。ちなみにフィットでは頭は当たらなかった。
試乗の感想は、何となく重い感じ。初めてハイブリッド車を運転してみたが、特におおっと言う気持ちにもならなかった。だが、まだ私の中では一番グー(思い入れが強い)。
最後に、カローラ・アクシオ。行った先のディーラーにはガソリン車しかなかったので、そこからはそれを運転してハイブリッド車がある別のディーラーまで行き、帰りにハイブリッド車を試乗するという変則。
この車はガソリン車が運転しやすかった。価格差が30万くらいするので、もしアクシオを選ぶ事になったら、ガソリン車でも良いかもね。天井は見かけと違ってグレイスとそんなに変わらない感じ(圧迫感は和らいだが、後部座席は頭が当たる)。ハイブリッドはこれまた特に感想はなし。アイドリングストップからの復帰では、音が気になった(グレイスは忘れた)。
価格は1.2Lと言う事もあって(また純粋なハイブリッドではない)、バンディットが一番安い。アクシオは単体ではグレイスより安いが、オプションをグレイス並みにすると高くなってしまう。
今の車は査定がほぼないので、安くなる条件はほぼゼロ。でも新車には乗りたい(新古車でも)。今まで車を買い替える際にこんなに悩んだ事がない(決めてからディーラーに向かう)ので、非常に困る。まあ、迷っている時が一番楽しいとも言えるのだが。
 
それにしても1.5Lクラスで200万を越えるとは、車も高くなったもんだ
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2015年10月 9日 (金)

状況に変わりなし@増沢池 with Kさん

週末は天気が悪いとの予報。それでは出掛けましょう。もちろん行き先は増沢。今日は前回の体たらくを払拭する釣りが出来たらいいな。なんてスイートな考えで駐車場着は9時過ぎ。車はそんなに多くない。風が強そうだ。荷物を降ろしてさっさと池に向かうと、ゲゲッ、こちら日陰側には誰もいないぞ。対面も4人くらい。状況に変わりはなさそうだ。Dscf6161ヤバイ、ヤバイよ(出川風に)。それでも今更対面に向かう気力もなく、いつもの場所で準備開始。風があるので宙はどうしようかな。とりあえずは底から行くとするか。竿は12尺、餌は夏・冬・天々とワンパターン。と、橋の方から声が。Kさんだ。昨日は対面に入ったが、流れがきつかったらしい。さて、底を取っての開始は9時36分だ。釣れそうにないので、早く終わるよう餌をいつもより少なめに作ったため、餌付けが小さめになっている(意味ないじゃん!)。しばらくは餌打ちが続く。対面ちょうど私の正面の先客が竿を曲げた。う、裏山鹿~。Kさんも降りてきて、いつもの場所で開始。と、10時頃になって、ウキが妙な動き。あたりではなさそうだ。数回出た後に、ウキが入ったままになってDscf6162いるので、ヤバイと思いながらも合わせると、ゲゲッ掛かりました!ドヨーンと言う感じで「たも」に収まったのは、言いたくもないがミシシッピ。重くて「たも」が曲がった。しかもハリスまで切られてしまい、ガクガクッ。あ~あ、まさに前回と同じ展開だ。この後は凸で終了が見えてきた。それでも餌は打ち切るぞ。Kさんからは、水曜にOさんが対面で亀6匹をゲットしたとの話。冬眠前の荒食いなのかもね。しかぁ~し、亀にどいてもらった後にもウキの動きがあDscf6163る。これは、とウキを見つめれば、しばらくしてチクッ!やった掛かりましたよ。前回は底で凸だったので、嬉しかぁ・・・。さあどんどん行きたいところだが、ウキに動きは出なくなる。不思議だ。それでも餌を打つ事を止めることも出来ず、黙々と餌を打ち続けると、11時頃からウキに動きが。まさに午前中のGT。しかぁ~し、これが掛からない。餌を少しでも長持ちさせようと、餌付けがどんどん小さくなるのは止むを得ないところ。いい筈なんだけどなぁ。遂に最後の1投。すると、フワッと返したウキがチクッ!やった「上がりべら」ゲットか?残念バラシでガクガクッ。時刻は11時25分。結果、底では実釣1時間50分で1匹。このまま底を続ければ(前回と同じ台詞)、もう1匹くらいは出るかもしれない。でも、次は宙Dscf6164Dscf6165だ。と、その前にKさんの様子を見に行くと、両ダンゴの宙だが、さわりさえもないと言うではないか。でもトロ掛けはやらないと。頑張ってくださいと釣り座に戻り、まずは昼食。それから、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・グルテン四季をいつもより多めに。「たな」は迷ったが、少し深めで再開は12時44分。風とアームで思うように振り込めない。それでも数投でウキに動き。これは・・・と緊張するものの、じきに動きはなくなって12時のサイレン。それでは、と「たな」をやや浅めに変更。すると、それが良Dscf6166かったのか、馴染んだウキがちょっと返した後に1目盛入った。これを見逃さずに反応すれば、やった掛かりました!これは嬉しいでしょう。でも、前回もそうだったように、早めの1匹目はその後シーンが長く続く予感。すると、当たらなくても良い予感ほどよく当たる。ウキはすんなり馴染むだけ、の繰り返し。完全に餌打ちマシンと化した私(久し振り!)、たまに動くウキにも反応出来ないままで時間だけが過ぎる・・・(またまたお約束)。早くも1時。と、よくよく見ればウキが小さくではあるが動いている?すると、馴染んだウキがいきなりのDscf6167ズバッ!これは?と思う間もなく腕が反応。やった2匹目ゲットだ!しかぁ~し、「たも」に収めてみれば胸鰭にスレている。もうガクガクッ。40cm近くあるのになぁ(個人の感想であり、計測した結果ではありません)。すると、その後は再びシーン。かなりめげているが、餌打ちのインターバルはそれなりの間隔で打ち続けると、1時半を過ぎて早くも午後のGTか?湖面が凪いで来たらウキの動きハケーン!Kさんは深場で岡ジャミも終了して、片付け中。今日はさわりさえもなかった(2回書きました)。と、ここでウキがグッと入った!反射的Dscf6168に合わせると、やったようやくの2匹目。1匹目からは1時間半経っている。Kさんはそれを見届けて帰った。お疲れ様でした。さあ、午後のGT、しっかり味わいますよ。すると、しばらくして再びのズバッ!でやった3匹目かと喜んだものの、バラシで鱗。ガクガクッ×ガクガクッ。多めに作った餌も残り少ないし、どうやらこれで今日は終わりか。いや、まだウキは動いているDscf6169ぞ。すると、2時を過ぎてじきに、またも馴染んだウキがグッと入り、やった今度こその3匹目と同時に多分「上がりべら」ゲットだ!さあ、時合だけの男、もう1匹釣ってトータルでの第2目標クリアを目指そうではないか。しかぁ~し、早すぎたGTとでも言おうか、ウキの動きがバッタリ。そのまま餌が尽きての終了は2時19分。結果、「グル宙」では実釣2時間半Dscf6170強で3匹。底と併せたトータルでは実釣4時間20分で4匹。時間1匹かぁ。やはり厳しかったなぁ。片付け。どうもここと他の池での調子が合わない感じだ。対面はポツポツ帰り、こちら側深場整地された辺りには常連さんが2人。湖面は再び凪いで来たので、まだ出来そうではあるがやりません。片付けを終え、車に戻る。涼しくてハアハアにはならないのが嬉しい。さあ帰ろう。今日はビッグ富士に行くのでベイシア詣ではなし。そろそろと池を跡にした。
 
対面で長竿、もう一度やってみないと
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年10月 7日 (水)

前半の底はカラツンの嵐?後半の宙はまあまあかな@引佐天池

昨日は気力がなくて釣行しなかったが、さすがに今日は行くでしょう。行き先は釣れそうにない増沢を避けて、行きたかった引佐天池。しかぁ~し、出だしが遅れて(いつもの事)9時半に家を出る。池に到着は10時頃か。堰堤深場に1人と、オーバーフロー左に1人。私はオーバーフローの右に入る事にする。車を釣り座の真後ろに停め、荷物を降Dscf6145ろし先客に挨拶して、さあ準備だ。秋本番は間違いない清々しさ。これから気温が少し上がるが、傘は出さない(先客も同じ)。さて、竿は振り出し12尺で、底から行くとするか。餌は夏・冬・天々。深場は宙、私の左は段底の準備中。底を取っての開始は10時29分。先客は始めているが、じきに竿を曲げた!これは・・・。私の方も第1投からウキがじわっと返した。そして数投後にはあたり!しかぁ~し、カラ。その後数回カラを打ったDscf6146Dscf6147後で、ズルッと言うウキの動きで早くも1匹目ゲット!隣が段底なんてやるから、かなり渋いのかと心配したが、だいじょうブイ。すると、しばらくして今度は馴染んで返してチクッ!の抜群のあたりで2匹目。何だ何だ楽勝のペースか。隣も順調にへらを引っ張っている様子。しかぁ~し、ここから急にウキの動きが悪くなっDscf6148たので、誘いを掛けたら11時前に3匹目。まだまだ行けそうだ。しかぁ~し、ここからが今日のハイライト。一旦悪くなったウキの動きが復活。馴染んで返しても出るようになったが、何とそこからのチクあたりが全てカラ。ほぼ毎回のように出るカラツン、頭から湯気は出ないものの、ビリビリ痺れて来ましたよ。隣も同じ雰囲気になったが、深場の宙は関係なさそうな感じ。私はウキ下を少しずつ伸ばしてみるが、5cm以上伸ばしてみてもカラは一向に収まらない。餌付けも大小硬軟取り混ぜてみても変わらず。気が付けば開始1時間が経過。あたりはやや減って来たものの、激カラはまだまだ続く。M男には止められない刺激だ。大楽地で味わえなかったカラツン、今日は堪能してますよ。それでも隣が再び竿を曲げるようになって来た様子とシンクロしているかのように、12時前に馴染んで返してチクッ!でようやく掛かったと喜んだものの、顔を見たすぐ後にバラシ。ガクガクッ。すると、Dscf614912時のサイレンが鳴る頃には、フワッと返したウキがチクッ!でようやく4匹目ゲット。1時間くらい釣れなかった。カラツン万歳!そして餌が尽きる寸前に再度のフワッからのグッ!でやった「上がりべら」ゲットだ!うわっ、凄い引き。40cmオーバーの大物か?しかぁ~し、なんとか寄せDscf6150_2てみると、サイズは今日一番なのに、頬にスレているではないか。ガックリ「上がりスレ」だ。それからしばらくして餌が尽き、最後の1投もカラで12時20分に終了。結果、底では実釣1時間50分で4匹。最初の勢いは何処へやら、だった。カラツンで餌の消費が激しく、もっと早く終わるかとDscf6151思ったが、12時頃からウキを見つめる時間が長くなったのか、結局はいつもとそんなに変わらない終了時刻。さあ、再度言おう、カラツン万歳!気分を変えるために一旦休憩して昼食。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換。もちろんやるのは「グル宙」。餌はα21+グルテン四季。ちょっと多めに作ってみた。「たな」は前回より深めで再開は12時40分。すると、すぐにウキが動き出して、数投後にはあたり!しかぁ~し、カラ。宙でもカラかよっ!が、次のDscf6152Dscf6153餌打ちでもグッとウキが入り、合わせれば早くも1匹目ゲット!底と併せて第2目標クリア。更にしばらくして、今度はズバッ!で2匹目。半分は嬉しいが、残り半分は底と同じ推移になるのではとの心配。すると、ちょっと間が空いたDscf6154が、1時前にもズバッ!で3匹目。今度は大丈夫だろうなぁ。しかぁ~し、何故かウキの動きが悪くなるお決まりのコース。「たな」の上下と餌付けの変化で対応するが、あたってもバラシで時間だけが過ぎる・・・。更に1時半近くなって、「たな」がようやく合って来たのかウキの動きが出て来たが、ズバッと言う消し込みではハリス切れ。チチワの結び目から切れた。急いでDscf6155交換して再開すると、今度こそのズバッ!でやっと4匹目。30分の穴、長かったなぁ。しかぁ~し、次の餌打ちでもズバッ!でまたまたハリス切れ。同じようにチチワの結び目から切れた。ガクガクッ×ガクガクッ。決して合わせ切れではありません、念のため。ただ、ウキの動きはなくならず、Dscf6156しばらくして弱いウキの動きを見送った後のグッと入る動きでやった5匹目ゲットだ!「グル宙」だけで第2目標クリアと同時に、トータルでの第3目標にもリーチ。ん、上ハリスが口に掛かっているのを外しても、まだ何か掛かっているぞ。そうか、下ハリスを呑んでいるんだ。最初の弱い動きで飲み込み、それを見逃した後の再度のあたりで口に掛かったのか(またはその逆)。初めてだね、こんなの(倒置法)。しかぁ~し、ここからまたもウキの動きが弱くなる。「たな」をいじって何とかウキの動きを出したいところ。最初に比べて、一時は深いところにセットした「たな」が、今は逆に浅くなっている。すると、これまた「たな」が合ったのか(それとDscf6157も時合なのか)、2時近くになってやっとズバッ!で6匹目。トータルでの第3目標クリア!底よりグッとサイズアップしている(4匹目はどう見ても35cmオーバーだった)のが嬉しい。さて、2時前に一番深いところにいる先客が用事で終了。すると、私の左、そして残った1人が次々と終Dscf6158Dscf6159了。その間に2匹を追加するが、私1人きりになった2時半頃からは、あたりきりにでもなるかと思った予想が大外れ。逆にウキの動きが弱くなってしまった。太陽の位置も変わって背中が翳り、さっきまでのポカポカ感は失せてしまって、涼しさを通り越す感じ。ウキの視認性も悪化して、こうなるとさっさと終わりたい気持Dscf6160ち。1回バラシが出て、最早これまでかと思ったが、3時近くになってのズバッ!でようやく「上がりべら」ゲットだ。一応「グル宙」だけで第3目標にリーチとはなったが、無理そうな感じ満載。それからじきに餌が尽き、最後の写真を撮り忘れたので時刻はハッキリしないが、3時頃に終了。結果、「グル宙」では実釣2時間20分で9匹。底と併せたトータルでは、実釣4時間10分で13匹。サイズがまあまあだったので、良しとしよう。片付け。池の半分ほどが翳っているが、湖面は凪いでいる。1人きりなので、何か起きてはマズイ。丁寧に片付けて車に戻る。すぐ後ろとは楽だなぁ。さっさと荷物を積み、さっさと池を跡にした。
 
次はいよいよ凸覚悟で増沢ですか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2015年10月 6日 (火)

快挙が続く & ロボホン

昨日の医学生理学賞に続き、今日は物理学賞でも日本人が受賞。こんな素晴らしく、また誇らしい出来事があるだろうか。隣の国の歯軋りはますます大きくなるだろう。
 
時を同じくして、シャープからロボット型の携帯電話発売(予定)の発表があったようだ。それがロボホン。ようつべを見たらコンセプト動画が出ていた。
 

 
おや、歯軋りが聞こえてきたぞ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

雑感

今朝起きたら、左目のまぶたが腫れていて別人の顔になっていた(おそらくうつ伏せで寝たため)ので、外に出るのが嫌になって引佐天池はパス。今になってようやく腫れが引いてきたが、歳のせいか戻りが遅い感じ。明日までに元の美顔(ジョークですよ。って当たり前か)に戻っていれば良いが。
 
目のついでに、お目でたい話はノーベル賞。いやぁ、国際的に貢献されての受賞は素晴らしいの一語。同じ日本人としても誇らしいです。隣の国からは歯軋りが聞こえてきそう。元々比較対象のレベルではないのに、どうして比べるのかな?ちょっと可哀想にもなってくる。
 
Dscf6144

最近買った味噌漬け。なかなかお高い(もちろん私にとって、だが)が、まあそれなりの味はすると鉛の舌が申しております。
 
明日は何としても竿を出すぞ
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2015年10月 5日 (月)

一転して全く亀以外釣れない底@増沢池 with Kさん、岡ジャミザわさん、午後からパラソルさん and いつからかmasaさん

今日こそは引佐天池と思っていたが、出が遅くなってしまい、結局向かったのは増沢。駐車場着は9時半過ぎか。あっ、Kさんの車ハケーン!横に停め、さっさと荷物を降ろして池に向かおうとしたら、ゲゲッ、駐車場にニワトリ?何だあれは?まあいい、池に向かDscf6136おう。いつもの場所には先客の頭が見える。柳の木の奥と旧爆釣ポイントは空いているので、それでは旧爆釣ポイントにでも入るかな。Kさんと先客に挨拶して荷物を降ろす。あっ、いつもの場所から更に浅場に2人入っているぞ。まずはKさんのところへ様子伺い。今日は底から始めたが、亀2匹でギヴ・アップ。両ダンゴの宙でやっているが、へらは寄ってもあたらないとの事。更に、いつもの場所の先客からも亀とのお言葉。更に浅場方面でも竿が曲がったが、亀またはブDscf6137ルー。ガクガクッ。最初は底から入ろうと思っていたのに、どうしよう。いや、ここは予定通り底からにするぞ。竿は振り出し12尺、餌はいつもの夏・冬・天々。水は泥色だが凪いでいるので、ささっと底を取っての開始は10時9分。まあ、今日の話からみて、ウキは動かないだろうなぁと思っていたら、左からやって来たのはザわさんだ。早っ!納品の途中に寄ったとの事。話をしながら餌を打つが、一向に動く気配がない。ん、ウキが返し始めたか。ザわさんも確認したが、掛かるまでは何だか分かりません。あっ、Kさんが竿を曲げた!両ダンゴ、グー・グ・グー!奥の整地された辺りは、私が来た頃には誰もいなかったが、ポツポツと常連さんが入ってきた。さて、開始20分くらいが経った頃、Dscf6138ウキがズルズル入っていくので、ヤバイなぁと思いながらも合わせると、あ~あ、掛かってしまいました、立派なミシシッピ。日陰側浅場から並んでいる5人が、底で皆亀を釣った事になる(亀以外は?)。最初から宙にすれば良かったと、早くもタラ・レバ。しかぁ~し、その後は全くウキに動きがなくなってしまった。11時過ぎにザわさんが岡ジャミ終了。お疲れ様でした。その後も餌を打ち続けたが、11時半近くなって、腹の具合が・・・。本当の不定期便発生Dscf6139だ。トイレ往復のついでに猫を撮る(意味はありません)。いつもの場所の先客が竿を曲げたが、やはり亀。もう止めようかな。しかぁ~し、忘れていたが、時合は午前中のGT。ウキに動きが出て来たので間違いない。そして今日初めてのあたり!しかぁ~し、カラ。更に、空合わせでスレてしまい、鱗。12時近くなっていつもの場所と更に浅場の計3人が終了。へらは掛かったのかな。お疲れ様でした。さて、12時のチャイムと共にバッチリのあたりでも「かじり」。これは何だぁ・・・。餌も残り少なくなって来たので、気持ちが焦る。しかぁ~し、その後もバッチリのあたりで何故かハリス切れ。ウキは動いているのにぃ。結局最後の1投も甲斐なDscf6140く、12時33分に凸で終了。寂しかぁ。このまま底を続ければ、いつか釣れるかもしれないが、ここは予定通り「グル宙」で行ってみよう。まずは昼食。Kさんは釣りを終えたのか、深場に行って岡ジャミタイム。さあ、竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はグルテン四季単体。大楽地の時よりはやや浅めの「たな」で再開は12時44分頃。どんどん打って行くと、1時を過ぎ、開始約30分が経った頃になってようやくウキに動きが。しかぁ~し、合わせても合わせても我が暮らし楽にならず・・・(worn out expressions )。それでも1時40分頃になって、グッとウキが入るのに合わせたら、やった掛かりました!あっ、バラした・・・。ゲゲッ、ウキがウキ止めから外れてしまったではないか!これで2回目。ゆるゆるを解消するよう、足にチューブを突っ込んだのに、それでも抜けてしまったか。ちょうど仕掛けがギリギリ届くので、懸命に寄せる。時を同じくしてKさんは帰った。複数枚釣ったのは間違いない。お疲れ様でした。さあ、いつまでも凸ではいられない。ウキをしっかり固定して、念のため毎回緩みを確認しながら餌打ちする(気持ちはかなりトーンダウンしている)と、2時近くなって再びウキがモヤモヤ。頼む、何か掛かってくれ(もちろん本命はへらですが、何か)。対面看板横の人が連続して竿が曲がるのを見た。う、裏山鹿~。と、ここで初めDscf6141て?馴染んだウキがグッと入り、これに合わせれば、やった掛かりましたよ!う、嬉しかぁ・・・。ここまで長かったなぁ(しみじみ)。そうだ、そろそろ午後のGT、何とかもう1匹、いや2匹(オイオイ)。しかぁ~し、あたり?らしきウキの動きはあっても、全く掛からず。と、2時半近くになってパラソルさんからメール。ゲゲッ、増沢にいると言うではないか。しかも対面。何処?何処?分からない。電話が来て、対面深場旧流れ込みの奥だと分かった。更に、遊歩道端付近にはmasaさんもいると言うではないか。いつ頃からいるのかなぁ。全く気が付かなかった。パラソルさんはこれから竿を出すらしいが、私は失意のうちにもうじき終わる。3時近くなって、いよいよ最後の1投。すると、何と言う事でしょう、今頃になってDscf6142馴染んだウキがグッ!そして掛かりました!「上がりべら」獲ったどぉ~っ!時刻は2時55分。午後のGTも間違いなかった。結果、「グル宙」では実釣2時間弱で2匹。ウキのトラブルがなかったら時合が遠のく事もなかったのにと、今日2つめのタラ・レバでした。片付け。今日はずっと曇っていて、湖面も多少波立つ事があったが、ほぼ凪。涼しくて薄手のジャンパーを羽Dscf6143織るくらいだった。水も冷たく、へらも調子を崩したのかもしれない(こちら日陰側橋の下限定)。片付けを終え、対面に挨拶したが、聞こえたかなぁ。車に戻る。今日はまさにグッタリした半日だった。明日は晴れると言うから、私にしては珍しいが連荘でリベンジに来ようかなぁ。それとも引佐天池か。そうそう、今日は米を買わないと。ベイシア詣でにさっさと池を跡にした。
 
急に釣れなくなったような気がする(私だけかも)
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (4)

2015年10月 3日 (土)

状況が様変わり & 途中で・・・ & 帰りに・・・@西の平

予定通り今日は西の平。環状線は休日にも拘らず空いていて、出が遅くてもスイスイとDscf6112池に到着は9時半過ぎ。まずは池の様子を見に行くと、ゲゲッ、フェンスの上と池の中央付近にネットと複数のラインが。鵜除けだと思うが、かなりシビアにやっているのにはビックリだ。車に戻って荷物を下ろしていたら、1人やって来て、ささっと荷物を降ろして私より先に池へ。とりあえず挨拶はしたものの、負けてなるかと私も急いで池に向かう。と、堰堤に釣り台は4つあって、先客(にDscf6113なってしまった)は左から2つ目で準備中。一番左に入れば、後から来る人に気を使わなくて良さそうだが、ついフェンス入り口からすぐそばの、右から2番目(左から3番目)の釣り台に入ってしまった。これが後でちょっとした問題になろうとは・・・。さあ準備しよう。竿は振り出し9尺で底から。お楽しみの「グル宙」は後半に取っておく。餌は夏・冬・天々。ウキがどれか分からないため、オモリ合わせから始めたので、開始が遅れる。いち早く始めた隣は、すぐに合わせる。えっ、そんなに早く?実は今年1月に1回だけ竿を出しているのだが、季節もあって釣れなかった。更に、上の揚水場?から洗剤が流れ込んでへらが多数浮いてしまったと何処かで聞いたので、あまり期待していなかったのだが、状況は様変わりしているようだ。しかぁ~し、数回バラシた後に隣が釣ったへらは、ちょっとサイズが小さいようだ。ウキの動きが良くなったのは、新しく小さめのへらを入れたからではないだろうか。ともあれ、私も10時6分に開始。隣の合わせがびしびし来るので、私も慌ててしまう(プレッシャーに極弱)。すると、開始早々から私のウキにも動きが。そしてあたり!しかぁ~し、カラ。アワワ、追加したオモリの一部が落ちてしまった。Dscf6114急いで調整していると、何と空鈎に掛かって来たではありませんか。1匹は1匹だが、ちょっと恥ずかしかぁ(ちょっとだと!)。適当にオモリを合わせて再開すると、ウキの動きは忙しなく、どれがあたりなのか判別がしにくい。隣のウキを見ていると、毎回のようにあたり、私なら手を出してしまいそうなウキの動きを見送って、それかと思えるようなあたり?で次々とへらを引っ張っている。さすがに常連さん、コツがあるのだろう(アームの差と言え!)。その後、慌てずDscf6115Dscf6116自分のペースでポツポツと11時までに2匹を追加するものの、ウキの動きがここより落ち着いていた先日の大楽地とは比べようもない感じ。太陽が右に動いて木の陰になり、風も強くてちょっと寒い。薄手ではあるが長袖の上着を着込んできて良かったぁ。11時を過ぎると、ウキの動きが多少落ち着いてきて、私のDscf6117Dscf6118Dscf6119Dscf6120Dscf6121Dscf6122ペースも上がる。スレやバラシも出るが、11時半までに6匹を追加。とりあえず第2目標はクリアして、第3目標にもリーチとなったが、何かしら寂しさを感じるのは何故だろう。隣はややペースダウンして来たものの、私の倍以上のペースで竿を曲げている。一体どれくらい釣ったら満足するのだろうか(コラコラ)。さて、ウキの動きは落ち着くどころか次第になくなって来た。隣もバッタリ気味なので、間違いないだろう。その後1匹追加してDscf6123Dscf6124とりあえずの第3目標クリア。更に最後の1投でもあたり!そして「上がりべら」ゲット。時刻は11時50分。結果、底では実釣1時間45分くらいで11匹。昔増沢で放流された小サイズと同じくらいの、へらなのかマー君なのか分からなDscf6125いのも混じっていますが、それはそれ、カウントと言う事で。私が「上がりべら」をゲットしている時に1人やって来て、一番左の釣り台に入った。さあ、次はいよいよ「グル宙」。と、その前に昼食。それから竿はそのままでウキと仕掛けを交換。ん、ハリスが短いなぁ。そうか、前回この仕掛けを使った時は、両ダンゴだった。ハリスを伸ばそうかな。いや、あのサイズのへらがゴチャゴチャするなら短くても良さそうだ。前回の「たな」のままで再開は12時5分。すると、数投でウキに動きが。そして掛かりましたよジャミ。予定通りかぁ。と、ここで一番左の台に入った人が話しかけてきた。私が座っている台は、いつもここに来る80過ぎの爺さんのお決まりの台なので、ここに来る1時頃までに場所を移ってくれと言うではないか。そんなの関係ねぇ~っ!と言いたいところをグッと堪えて、分かりましたと返事(納得はしDscf6126てませんよ)。まだ時間があるので、とりあえず続行。そして弱く入るウキの動きで、やった1匹目ゲットだ!上にいたのはジャミだけではなかったね。さあどんどん行こうと言いたいが、移動を考えるとどうも集中出来ない。それで、次のあたりでバラシたのを機に、左岸ビニールハウス?のあるところに移動を決意。3回も往復して、セット完了は12時半頃。同じ「たな」で再開。ちょDscf6128うど太陽が正面にあって、今度は暑いくらい。肝心のウキの方はと言えば、じきに動き出したものの、やはり掛かってきたのはジャミ。堰堤にいればもっと釣れたに違いないと、言っても仕方がないタラ・レバ。その後もウキは動き続けるが、合わせても合わせても一向に掛からない。ジャミなのかへらなのか?じっと手を見る・・・(worn out expressions)。しかぁ~し、1時を過ぎたところでバラシが出たが、手応えはジャミではないぞ。へらもいる!そこで、何を考えたかは不明だが、ハリスを30cm+40cmから40cm+50cmに伸ばし、その分ウキ下を詰めてみる。しかぁ~し、掛かってきたのはまたまたジャミ。アボーン(意味不明)!そDscf6129れからしばらく打ってみても状況に変わりはなさそうなので、今度は「たな」を元に戻して(深くして)みる。すると、再開第1投であたり!そして掛かりました。1時半近くになっている。場所を移って小1時間釣れなかったのか。しかぁ~し、この「たな」の移動が効を奏したのか、ジャミはDscf6130Dscf6131なくなってへらに変わった。1時半からポツポツと2匹を追加。「グル宙」だけで第2目標にリーチ!しかぁ~し、次のあたりではギュイーン(大袈裟)と糸鳴り。そして外れた?ん、何やらジャミのようなものが掛かっているぞ。ゲゲッ、Dscf6132これはへらか?いや、何が何でも1匹は1匹、大事にカウントだ。「グル宙」だけで第2目標クリア(オイオイ)!ん、長い方のハリスが切れている。ひょっとしてダブルだったのか?それはさておき、時合が崩れる前にもう少し釣らないと。急いでハリス交換して再開。その後ポツポツと2匹を追Dscf6133Dscf6134加して、2時5分に終了。結果、「グル宙」では移動前も含めて実釣1時間45分くらいで7匹。トータルでは実釣3時間半で18匹。上手なアームDscf6135ならおそらく20以上も楽勝だったのでは?片付け。堰堤には1時頃から2人が加わったが、竿を出しているのは1人だけ(私のいた場所に入っている)。片付けを終え、常連さんに挨拶して車に戻る。数は出たが、気持ちの上では特に何もなし。さあ帰ろう。荷物を積み、環状線をひた走った。
 
と言いたいところだが、途中の信号で停まっている時に、左から右折して来た車が、何と中央分離帯の手前、こちらの車線の右折レーンに入って来たではないか。まさに私の車の横を通った。逆走!運転手の顔を見たが、途中までは特に驚いた様子もなかったので、全く気付いていなかったのだろう。怖~っ!その車はようやく気付き、ゆっくりとUターンして何事もなかったかのように再び右折していった。ホント、ビックリしたなぁ、もう。
 
そんなに年寄りには見えなかったし、**マークも貼ってなかった
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »