« 釣れない!遂に「ドボン」まで登場@増沢池 with 午後からKさん? | トップページ | いよいよ厳しい状況になってきた »

2015年10月14日 (水)

数はそれなりに出たけれど@西ノ谷

今日は前回のリベンジに増沢に向かうつもりだったが、ついフラフラと西ノ谷へ。9時半過ぎに駐車スペースに到着。まずは池の様子を覗うと、お立ち台には1人先客。何となく入り辛いので、私は以前バットさんとご一緒した時に入ったところに入ろう。荷物を持って階段を下りる。ゲゲッ、桟橋の両側に1人ずつ入っているではないか。入り辛いなぁ。でも、また階段を上って道路を歩くのは真っ平だ。強引に一番右のスペースに入るぞ。先客に挨拶してよろよろと歩くが、1回滑ってしまった。大事には至らなかったが、気をつけるに越した事はない。やれやれ、何とか入れたぞ。さあ準備しよう。先客2人は短いDscf6181竿の宙かな。わわっ、私の左の先客の合わせがキツイ!竿が折れんばかりの勢いでバシッ!と(実際そんな音がする)合わせ、カラやバラシの際には水面から飛び出た仕掛けを再び水面に叩き付ける様も凄い。何より合わせる度に桟橋が揺れる。確かに何回かに1回は掛かっているが、あんな強い合わせで掛かるへらも大変だ。何となく昔の私を思い出させるので、面映い。さて、私は何処へ行っても同じ振り出し12尺で底から入るとしよう。餌はこれまた夏・冬・天々。それにしても暖かい。まだかろうじて日が当たるくらいだが、これからガンガンになって暑くなるかも。ささっと底を取っての開始は10時6分。すると、第1投からウキが返すではないか。宙では2人の先客がガンガン竿を曲げているが、果たして底は?しかぁ~し、3投目で掛かって来たのはジャミ。やはりそうだったのか。何となく力が抜ける。ウキは馴染むや否や返し、すぐに餌落ちまで出てしまう。餌が多少柔らかく出来上がったので、タオルで押して水分を抜いたつもり。だが、しばらくしてズルズルッとウキが入るのに合わせたら、今度はズイゴ(カマツカ)がスレてDscf6182来た。やれやれ。しかぁ~し、バラしたあたりの手応えはへらでした。すると、開始15分くらいで、馴染んだウキが返した後に黒帯より細くあたった?ように思えて合わせれば、やったようやく掛かりました!隣は変わらないバシッバシッでへらを引っ張っている。底はダメなのか。更に、開始Dscf618330分くらいでバッチリのあたりかと思えたのはマー君でガクガクッ。どうも餌付けやウキ下の微調だけでは状況は打破出来ない気がする。その後もバッチリのあたりでバラシなど、芳しくない状況。11時を過ぎ、開始1時間が経った時点で、ようやくハリスを詰める事を決意。この仕掛けは増沢ではカラツンのオンパレードを招いているが、その時でさえハリスには手を付けなかった。それを今日やる!下ハリスをカットして上ハリスに。大体5cmくらい詰めた感じで、その分ウキ下を伸ばす。そして再開すると、ウキの無駄な動きは緩和され、あたりが分Dscf6184Dscf6185Dscf6186Dscf6187かりやすくなった気がする。そして餌が尽きた11時43分までにポツポツと4匹をゲットして、かろうじて第2目標クリアだ。この仕掛けのままで増沢、通用するかな。さあ、次はお待ちかねの「グル宙」。と、その前に昼食。隣のウキを見ると、私の目にはどれがあたりなのか分からないほどウDscf6188キが良く動いている。そしてバシッバシッ!さて、そろそろ準備するかな。と、ここでお知らせ。ここから先のへらの写真はやや小さくなります。ご了承のほどを。竿はそのままでウキと仕掛けを交換。餌はα21・グルテン四季。「たな」は前回のままで再開は11時59分だ。すぐに12時のサイDscf6189レンが鳴るが、ウキのほうもすぐに動き出した。そして弱く入るあたり?で1匹目ゲット。だが、これは単純に喜べないなぁ。大体幸先良い場合はその後がパッとしないから。すると、まさにその状況が20分近く続いたので、「たな」を少し上げてみたら、12時台にはもDscf6190Dscf6191Dscf6192Dscf6193Dscf6194Dscf6195う6匹を追加出来て、「グル宙」だけで第2目標クリアと共に、トータルでの台3目標もクリアだ。隣の両ダンゴの勢いには負けるが、私的には「グル宙」で寄りが悪い中健闘でしょう(ベリー・スイート)。1時を過ぎても状況に大きな変化はないが、途中どうしても短Dscf6196Dscf6197Dscf6198Dscf6199Dscf6200Dscf6201Dscf6202時間ではあるが穴が空くのは何故だろう。2時までに7匹を追加して、トータルでの第3目標はおろか「グル宙」だけでも第3目標をクリアだ。2時を過ぎると多少ペースが落ちDscf6203Dscf6204て、餌が尽きた2時25分までには2匹しか追加出来ず、実釣2時間半で16匹。隣のように両ダンゴにすればもっと釣れたかも。素晴らしいのは、スレがなかった事(バラシは出ましたが、何か)。帰った左端の先客は静かだったが、よくよく見ればしょっちゅうへらDscf6205を引っ張っていた。すぐ隣のバシッバシッ!に気を取られてしまい、静かに合わせている事に気付かなかった。申し訳ない。さて、それまででは底と併せたトータルでは実釣4時間余で21匹。普段ならここで終わるのだが、今日はどういう風の吹き回しなのか、両ダンゴの宙で締めくくるぞ。多分隣に影響されたんだと思うよ。同じように短竿(9尺)で、餌はガッテン・天々を、4時までには打ち終えられそうな量作る。ちょっとハリスが長い気がするが、とりあえずはこれでやってみよう。「たな」はこれまた隣を意識して浅めで再開は2時34分。すると、すぐにウキは動き出した。なんだ、両ダンゴなら楽勝だと、隣に失礼な考え(声には出していませんよ)。しかぁ~し、これがあたりだと思えるウキの動きでも掛からず、じっと手を見る・・・。やはりここはハリスを詰めるでしょう。「グル宙」でやっているので、今度は抵抗なく5cmほど詰めてみる。ついでに餌も押し練り(隣がやっていたような気がするDscf6206Dscf6207ので)。すると、何と言う事でしょう、再開してすぐにあたり!そして連荘だ!3時を過ぎると、私らしからぬハイペースで掛かる掛かる掛かる!隣にも遜色ないぞ(個人の感想でDscf6208Dscf6209Dscf6210Dscf6211Dscf6212Dscf6213Dscf6214Dscf6215Dscf6216Dscf6217Dscf6218す)。何と3時台にはGTも加勢したかもしれないが、11匹をゲットだ。しかもスレはない(バラシはありましたが、何か)。隣が帰った4時2分に餌が尽きて終了。結果、両ダンゴでは実釣1時間半(予定通り!)で13匹。トータルでは実釣5時間半余で34匹となっDscf6219た。やってみたい釣りを全てやれて、満足の結果。何だか急に釣りが上手くなった気がするぞ(おそらくは勘違い)。この勢いを増沢まで持って行こう!片付け。新東名の橋付近から道路沿いにずらっと並んでいた常連さん(岡ジャミ多数も含む)もほとんどいなくなった。対面にまだ数人。片付けを終え、車に戻る。お立ち台に1人いるが、最初にいた人かどうかは不明。さあ帰ろう。今日もビッグ富士に行くのでベイシアには寄りません。気持ち良く家路に就いた。
 
サイズがもっとあればグー・グ・グー!
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 釣れない!遂に「ドボン」まで登場@増沢池 with 午後からKさん? | トップページ | いよいよ厳しい状況になってきた »

コメント

確かに良くお解りで・・・。
上手くなった気がしますよね。
今私が通っている管釣りよりはるかに釣れます。
釣れる理由はここでは避けますが勘違いしてしまいますネ。
「自称へぼな釣師」でもここまで釣れます(ゴメン!笑)
豊橋、豊川からやってくる気も解ります。
釣台も要らず「山」を狙わなければ楽に入れる所ばかりです。多少の小雨は新東名下ならOK。
多くの人に楽しんでもらおうとして桟橋の並び間隔が狭いので増沢辺りで慣れた釣り人は抵抗有るみたいだが、管釣りなんてこんなもん。
しかし折角のコミニティーなんだから積極的に活用するのも手かな?と思いました。
普通のルール―を守る事は何処でも同じ!
顔は怖いけど(笑)気さくな方々が多いですヨ!
私は最初に彼ら(師匠連の事)とお会いしてホント良かったと思っております。
そして、その中の何人かは一生お付き合いしていく事でしょう。
何事も自分から行動しないといけません。
女性もそうでしょsshさん!

投稿: yurie | 2015年10月16日 (金) 21時21分

yurieさんこんばんは。
充分に承知してますよ、勘違いは。
時間11匹なんてほかの池ではありえません。しかもスレなし(バラシはありますが)。これだけあたれば、東ノ谷ではかなりがスレる筈。何故食って来るんだと、逆に気になりますネ。
その調子で増沢に来れば(例えば今日10月16日)、本当の自分に会う事が出来ます。安心してください、分かってますよ。
ただ、隣のバシッバシッ!の人にはビックリしました。ただ、帰りに挨拶してくれたので、悪い感じは持っていません。ホント、挨拶って大事ですね。

投稿: sunshine_hera | 2015年10月16日 (金) 21時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 釣れない!遂に「ドボン」まで登場@増沢池 with 午後からKさん? | トップページ | いよいよ厳しい状況になってきた »