« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月30日 (水)

懲りずにもっと短い竿で@増沢池 with Oさん 、Kさん and 午後から?来たHRさん

明日は通院日なので、何としても今日は行かなければ。駐車場着は9時半頃か。あっ、Oさんの車ハケーン!久しぶりだなぁ。うっ、腹の具合が・・・。急いで済ませて車に戻ると、あっ、Kさんも来たぞ。荷物を降ろして橋まで行くと、ちょうどKさんが戻ってきたところ。昨日の鳳来は聞き忘れた。私は坂を下り、看板横がガラ空きだったが、橋の下(しも)に入る事にする。荷物を降ろしてOさんの元へ。今日は40cmくらいが出たが、今はDscf6757Dscf6758放流。10尺の底。私は12尺くらいでやろうかと思っていたが、前回の9尺はちょうど中途半端な長さなので、もっと短くしてみたらと言われて、ついついその気になってしまった。釣り座に戻り、さあ準備だ。Kさんは対面橋の真下に入った。私の右にある水草でDscf6759は「はたき」が出ている。時折バシャバシャと言う音。いよいよ来たか。さて、竿は何と7尺!これで底から入るぞ。餌はいつものバラグルセットを2時間で使い終える量。ハリス長を伸ばし、ささっと底取り。と思ったら、竿掛けの万力が思うように動かず、竿先が水面から出てしまう。かなり前屈みにならないといけないので、きつい姿勢。それでも開始は10時19分。何とかこれで頑張ろう。と思っていると、数投でウキがチクッ!慌てて合Dscf6760わせたが、カラ。でも、こんな近くまで来るんだと一安心。後は釣るだけですね。すると、開始20分も経たないうちに、1匹目。しかも地べら。これは素晴らしい。短竿を勧めてくれたOさんには感謝感謝。だが、かなり辛い体勢では続けるのが困難。釣り台の脚を抜いて、直置きにする。すDscf6761Dscf6762ると、11時近くになって連荘で放流と地べら。前回の9尺とは大違いの展開になったが、単純に竿の長さのせいとは言えない気がするなぁ。その後もポツポツと地べら混じりの放流が掛かり、もちろんカラやスレ、バラシもあったが、Dscf6763Dscf6764Dscf6765Dscf6767Dscf6768Dscf6769Dscf6770第2、第3目標も無事クリアして、嬉しかぁ。しかぁ~し、12時のサイレンの後はウキの動きが激変!とにかく動かなくなってしまい、バラケが尽きた12時27分に底を終了。結果、実釣2時間10分弱で10匹。まあまあではないか。しかぁ~し、この後「グル宙」をやるのだが、大丈夫かDscf6771なぁ。何となくあたらない気がするのはデジャヴかもしれない。仕掛けを交換、と思いきや、ちょっと引っ張ったら穂先に結ぶチチワの部分が切れてしまった!オイオイ、それこそ大丈夫かと言いたくなる。見れば、いつ作ったのか分からない道糸だ。しかも、ウキ止めのゴムがスカスカで簡単に移動してしまう。でも、作り直すのは面倒なので、道糸が短くなるのは承知で再度チチワを作る(コラコラ)。オモリ調整とハリスも40cm+60cmに。ついでに昼食も。そして再開は12時59分。まずは残ったグルテンを打ち切らないと、と思っていると、何と言う事でしょう、数投後にあたり!そして掛かりました!あっ、バラシた・・・。手応えは放流ではなかった。さっきまでの杞憂は何処へやら、急にやる気になったが、実はここからが本番だった。結局その後あたりらしき動きはなく、約30分くらい?でグルテンを打ち切って一旦終了。再度同じ餌を作る。おまけに段差のバラケも少々。釣り台も前のめりでしんどかったので、調整して何とか続行出来る程度の勾配にする。そして再開するDscf6772Dscf6773と、あたりらしきウキの動きは頻発するものの、ほとんど掛からず。それでも合わせ続けて何とか2時までに2匹。2時を過ぎてからも2匹とポツポツDscf6774Dscf6775のペースになるが、何故か急にあたらなくなってしまう。それで3時頃になって、ゆるゆるのウキ止めを動かして「たな」を深くしてみると、3連荘とDscf6776Dscf6777Dscf6778見間違えるくらいの頻度で3匹をゲット!よし、このまま「グル宙」で第3目標クリアと行こうではないか。しかぁ~し、GT間違いなしと思えたそこからバッタリが私らしいと言うか、理解不能と言うか。対面Kさんは帰ったが、柳の木の近辺にいるのはHRさんかDscf6779なぁ。時折竿が曲がっている。さて、それからしばらくして1匹はゲットしたものの、午後のGT真っ最中の筈が、ウキに動きなし。たまにあたったかと思えば鱗とかハリス切れ。Oさんは3時半頃帰った。数は出たらしいが・・・。私の方は3時49分に無念の終了。結果、「グル宙」では実釣2時間Dscf678050分で8匹。トータルでは実釣5時間で18匹かぁ。短い竿での釣りは堪能出来た?かな。ずっと我慢していた用を足してから片付け。釣りの姿勢が悪かったせいか、やけに疲れた。片付けを終え、駐車場に戻ると、車に荷物を積んでいるHRさんに遭遇。お疲れ様でした。また宜しくと言って解散し、私はさっさと家路に就くのだった。
 
おそらく今月の釣行は今日で終わり
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年3月28日 (月)

短い竿だから釣れないのか@増沢池 with masaさん and 岡ジャミKさん

昨日は雨ではなかった。今日も雨はなさそうな予報に、9時半頃に増沢へゴー!駐車場にはそんなに多くの車が停まっている訳ではないが、これから家族連れがドッと繰り出してくるのだろう。急いで荷物を降ろして池に向かうと、看板横にはおそらく仲間なのだろう5人くらいが並んでいる。橋の下(しも)はポツポツ。日陰側もポツリポツリ。階段下から深場方面にも行きたい気持ちはあるが、帰りが楽な方が良いだろうと橋の下手に入る事にする。それにしても暖かい。気温がそんなに高くなる予報ではないので着込んDscf6739できたが、失敗だ。さて、今日はどんな釣りをしようかな。最近Kさんが短い竿で釣れると言っているので、9尺くらいを出してみようかな。と、準備中にmasaさん登場。今日は遊歩道端付近に入ると言って奥に向かった。さあ、餌を作ろう。いつものバラグルセット。日向側で短い竿はやった記憶がないが、とりあえず底取り。特に何かが掛かる事もない。これなら大丈夫。ささっと底を取っての開始は10時22分。私の右隣の先客は12尺らしいが、へらをバシバシ引っ張っている。放流主体だが、私の選択は間違っていたのか。まずは打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキに動きなく(それでも2回くらいあたったか?)、木の枝を2回釣ってじきに11時。と、ここでKさん登場。今日は竿を出さないようだ。横で見つめられると、プレッシャーに弱い私はビビる。それでももうすぐ午前中のDscf6740GT、凸で帰る事はない筈と打ち続けると、ウキがフワッと返してから弱く入った。これに合わせたら、やった掛かりました!放流だが、とりあえず凸はなくなって嬉しかぁ・・・。やはりGTが来たのか、ウキの動きはなくならない。ただ、私が合わせる事が出来ないようなあたりがDscf6741Dscf6742出ているらしい(Kさん曰く)。それでも11時半頃に2匹目。更にしばらくして、フワッと返したウキがチクッ!やったと合わせれば3匹目。Kさんからも、あれに合わせれば気持ち良いだろうと言われ、満足ぅ。しかぁ~し、ここからウキの動きが悪くなる。じっと見ていたKさんだが、12時前に帰った。きっと見ていられなかったのだろう。お疲れ様でした。すぐに12時のサイレン。急に底がDscf6743嫌になって、ちょっと底を切ってみるが、特に変わらず。それでも底はもうやりたくない(情ないなぁ)と、まだ餌が残っているのに12時8分に底を終了し、仕掛けとウキを交換して「グル宙」だ。もちろん残った餌は続けて使用。バラケには段差のバラケを追い足し。ハリスは25cm+40cmとなっているのを40cm+55cmくらいにしたつもりで、「たな」は仕掛けそのままで再開は12時18分。すると、数投でウキに小さくではあるが動きが。ただ、あたりにはならず、その後次第にウキが動かなくなってしまった。これは・・・。とにかく餌を打ち切らないと、とそれでもめげずに餌打ち。しかぁ~し、早くも1時。餌も残り少なくなった。どうやらDscf6744Dscf6745このまま凸で終了か。と、何故かウキに動きが出て来て、地べらと放流?を1匹ずつゲットして1時13分に餌が尽きた。かろうじてトータルでの第2目標クリア(ただし地べら1+放流4?)。底も宙もさっぱりなので、もDscf6746う終わろうかな。いや、何としても9尺でそこそこの結果を出すぞと、根拠なく続行を決める。餌はα21+わたグル。段差のバラケも少々。と、ここで雨がポツポツ。ヤバイ、傘は盗まれて以来買ってないので、もし本当に雨になったら強制終了だ。ラッキーな事に雨は続かなかった。さあ、再開だ。しかぁ~し、池に放り込んでおいた仕掛けを上げたら、急にギュイーンと竿がしなり、ハリス切れ。え~っ、一体どうなっているのか?おそらく空鈎を食ったのだろう(スレかもね)が、手応えは放流ではなかったので、まだまだ釣れるぞ、きっと。急いでハリス交換して再開。ただ、段差が思ったようになっていないので、しばらく打ち続けたが、気Dscf6747になって仕方ないので、上ハリスを詰めて気分は上々。すると、じきにウキが動き出して、1時半過ぎに小さなあたりでグッドサイズの地べら。これは嬉しい、嬉しいですよ。ただ、何故かその後がない。そのまま2時を過ぎる。すると、今度こそGTが来たのか、ポツポツと2匹をゲッDscf6748Dscf6749ト。よ~し、このまま第3目標に向かって突っ走れ!しかぁ~し、しかぁ~し、次の小さなあたりをバラすと、反動でハリスが道糸に絡んでしまった。実は今日からハリスは正真正銘のハリス(レブロンですが、何か)を採用しているのだ。今までは手芸用のナイロン糸を使用していて、少し太めの硬めだったので、絡みも少なかった(今思うとあたりも少なかったのでは?こればかりは分かりまシェン)。今日はグルグルで流石に気長な私も解けそうにない。仕方なくハリスをカット。しかぁ~し、誤って道糸を切ってしまった。最早癇癪が爆発寸前?いや、ここでも最近気長な私は仕掛けを作り直す(少しはイライラしながらではあるが)。出来上がって携帯で時刻を確認すると、ゲゲッ3時を過ぎた。約30分のロス。おそらくへらは散ってしDscf6750Dscf6751まっただろうと再開すると、GTはまだ続いていたのか?すぐにウキに動きが。そして待つ事によってあたりが出るようになっDscf6752Dscf6753た。残念ながら放流が多めになってしまったが、それでも「たも」の径(35cm)より大きなのが釣れて、グー・グ・グー!Dscf6754Dscf6755最後の方はカラになってしまったが、それでも6匹をゲットしてトータルでの第3目標も何とかクリア出来た。3時59分に終了。結果、2回目の「グル宙」では実釣2時間余(道糸トラブル除く)で9匹。トータルでは実Dscf6756釣5時間で14匹かぁ。最後の駆け込みの印象が強くて、何だか釣れたような気がするぅ~(吟じました)。片付け。へら師はもう私とmasaさんしかいない(と思う)。今日は終わりがやや遅れたので、帰りのベイシア詣での時間がない。急いで片付けを終え、masaさんにはメールで終了を報告して車に戻った。後で気付いたが、池の周りを歩くのも忘れてしまった(ポリポリ)。さっさと荷物を積み、池を離れた。
 
短い竿で底。次回はこれをやり抜くぞ?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年3月26日 (土)

昨日とほぼ同じ内容@増沢池 with Kさん and バッタリ遭遇パラソルさん

今日も朝方寒かったので、土曜日と言う事もあり休竿。エヴリデイ・アングラーは週末はウィークエンド・アングラーに席を譲るのだ。
とは言っても、池の様子が気になって、昨日とほぼ同じ昼食後に増沢へ様子を見に行った。
Kさんの車があったので、何処に入っているのかなと橋まで行ったら、何とパラソルさんと遭遇。同じく池の様子を見に来たそうだ。
しばらく話してから、パラソルさんは帰宅?私はまずは池の周りを半周。それから昨日見辛かった花の写真を撮る。他に話題がないので・・・。
P1000283P1000284それから坂を下りて、昨日Kさんがいた辺りに向かうが、何となく違う人のようだ。それで池を見回したら、あれれ日陰側橋の真下にいるではないか。
P1000285急いで橋を渡って戻り、Kさんの元へ。昨日は結局地べらを10枚。放流と併せて20数枚だった。今日は昼頃から来たが、場所がないのでここに入ったとの事。ただし、時間が時間なので大半のへら師は帰ったそうだ。
気温の低下に伴ってへらの動きも悪くなったらしく、今日は一部のへら師を除いては低調なようで、Kさんもなかなか釣れずにいるらしい。
しばらく見ていたが、バラシが数回出た。へらはいるのに食わない。昨日と同じく疫病神になってはとその場を離れた。
月曜は雨で、その後暖かくなるとの予報。まだ桜の蕾は一部を除いて固そうで、4月3日には釣り大会が開催されるが、ちょうど桜の見頃とぶつかりそうで混雑が予想される。天気はどうかな?
 
明日はどうしようかな。雨が分かっているので洗車も出来ないし。
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

最近気持ちがスッキリしない記事ばかり

東京都知事のマスゾエさんが、空き地に韓国人学校を建てるとか言って、そんな土地があるなら保育園を建てるべきとの意見をスルーしているという記事。
以前「日本死ね」と書いた人もこの記事に対するコメントを求められたそうだが、沈黙しているらしい。何でだ?
 
こちらを読んでみよう → こちら
 
慰安婦合意のあとからスッキリしない話ばかり
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年3月25日 (金)

出が遅れて岡ジャミ@増沢池 with Kさん

起きたらちょっと肌寒いので、グズグズしていたら出を逃した。
それで、昼食後に見に行くだけと増沢へ向かう。
いやぁ、暖かいなぁ。こりゃぁ失敗した。まずは池を半周。途中、早過ぎるサツキの花を発見。これまたビックリだ。
P1000280_2P1000281_2ついでに、すっかり葉だけになった河津桜の下にある白い花をパチリ。後で調べてみよう(はっきりしないが、ユキヤナギらしい)。
それからKさんの車があったので、何処にいるか橋の上から探すと、日向側橋の下(しも)、整地された辺りのやや浅場側にいた。坂を降りて向かうと、ちょうど竿が曲がってP1000282_2いた。残念写真はありません。しかぁ~し、「たも」の中でハリス切れ。交換しながら、今日は午前中は放流に辟易したが、午後は地べらばかり7枚だと話してくれた。竿は8尺で底。少し奥にいるO野さんは6尺?でへらを引っ張っている。かなり岸に近付いているようだ。私も次回7尺(短いのはこれしかない)でやってみようかな。
ハリス交換の間に状況が変わったのか、私が見ている間にはウキの動きがなかった。ひょっとして疫病神になっているのでは、と、お暇する事に。それにしても本当に暖かい。朝と昼ではかなり寒暖の差があるので、体調管理に留意しなければ。
帰りにダイシン理容で髪を切り、スッキリして家路に就いた。
 
今月中にあと何回竿出し出来るか?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

これはひどい。

まず最初にこれを読んでもらいたい。 → こちら
 
敗戦後の日本で、それまで日本の一部であったにも拘らず、戦勝国気取りで乱暴狼藉を働いた朝鮮人たち。
また、同じ民族で殺しあった朝鮮戦争を日本からの独立戦争(韓国戦争だって!)にすり替えて教育している。
歴史を直視しない民族に未来はないんじゃなかったのか。
 
浜松でも戦後こんな暴動が起きている → こちら
 
ちょっと興奮してしまいました
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年3月24日 (木)

久し振りに来た大楽地 with ちょっとだけ岡ジャミジョニーさん

一体どれくらい久し振りの竿出しなのか調べてみたら、ほぼ半年ぶりだった(岡ジャミは今年1月)。いやぁ、状況がさっぱり分からないので楽しみでもあり不安でもある。いつも通り9時半頃にゴー!しかぁ~し、天浜線踏み切りのそばのコンビニが店内改装で開いておらず、今日は昼食抜き。トホホ・・・。駐車スペースには4台の車。1人いたので挨拶してまずは池の様子を見ると、「寝台」に1人とそのそばに岡ジャミ1人。バサーが1人いるようだ。とりあえず車に戻って荷物を降ろして池に向かうと、もう1人の先客が堰堤やや右よりに台を設置中。私はバルブのすぐ左に入る事にする。先に書いたとおり状況がDscf6728分からない(先客に訊けよ!)ので、いつも通りの12尺でやってみよう。いきなり宙では何となく気が引けるので、まずは底から。左の先客は10尺らしい。短くても良さそうだが、12尺。「寝台」の先客は話しながらも竿を曲げる。今日は最後まで竿が曲がっていた。裏山鹿~。さて、台を据えてから、まずは餌。夏・冬・段差のバラケとわたグル単体。風はあるが強くなく、濁りもそれほどではなさそう。ささっと底を取っての開始は10時49分。ウキの馴染み具合を見ながら餌を打つが、すんなり馴染んで終わり。もちろん最初はこんなもの。ウキ下を微調しながら打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、たまにウキが餌落ち付近まで返すのは何だろう。餌が抜けたのか、それとも。気が付くと11時半。およよ、今日こそデコポンまっしぐらなのか。と、ここで隣の先客が竿を曲げる!ゲゲッ、やられた。更に先客はバラシも出る。私のウキはさっぱりが続いているので、ここは初心に帰って底取りからやり直そう。ゲゲッ、違っていた。丁寧にやり直して餌落ち目盛もしっかり合わせて再開すると、時合なのかウキに動きが。そして余所見をしたら消し込み!更にはあたりらしきウキの動きもポツポツ出るが、一向に掛からない。へらはいるのにぃ(何となくうわずっていそう)。遂に12時のサイレン。トホホ、トホホ・・・。隣も1匹出た後はさっぱり。12時のサイレンと共に昼食休憩なのか姿が消えた。すると、私のウキに怪Dscf6729しい動き。今度こそちゃんとあたりそうだ。そして、遂にその時が。馴染んだウキがまさにチクッ!やった掛かりました!「たも」に納めれば、ちゃんと食っている。やれやれ。サイズもそこそこだし、何より凸から逃れられたのが嬉しかぁ。すると、次の餌打ちでも同じようなあたりで連Dscf6730荘!さっきまでは一体何だったのか。でも、手離しでは喜べない。増沢でも私のGTは2匹までと決まっている。それが証拠には、すぐにウキの動きが悪くなる。先客が帰って来た。見せたかったなぁ、私の連荘。それでも12時半頃に、ひったくるようなあたりで3匹目。スレかと思っDscf6732Dscf6731たが、見事にセンター・イン。「寝台」の先客が今日はスレが多いとぼやいていたが、今日の私はノースレでした。それからじきに、馴染み際のチクッ!で4匹目をゲットするが、そこから先はシーン状態に。これが分からないが、隣の先客と後から来た1人も同じような事を言っているので、おそらくはそうDscf6733なのだろう。後1匹で第2目標クリアなのに、あたりが出ない。結局餌が尽きた1時10分までウキの動きはなく、虚しく終了。結果、底では実釣2時間20分で4匹。「寝台」には負けるが、堰堤では私がトップ(だと思うよ)。さあ、次は「グル宙」。竿はそのままで、餌はα21+わたグル。段差のバラケも少々。と、準備中に後ろから声。ジョニーさんではないか。平日にビックリしたなぁ、もう。ジョニーさんは知り合いの堰堤2人と鳳来の様子について話していた。さて、私の方は増沢の時より深めでの再開は1時20分。とにかく餌を打ってへらを寄せないと、とバラケを大きめに付けて打つ。すると、話を終えたジョニーさんがこちらに来た時に、初めてウキが動いた。これからこれから。それを見てジョニーさんは帰った。さて、ウキの動きを見ながらバラケを付けたり付けなかったりと打っていると、2時過ぎにやっとDscf6734あたりが出てきて、しかも合って1匹目!これでトータルでの第2目標クリアだ。久し振りの池で嬉しかぁ。ただ、何となくではあるがハリス長が短いのではと気になりだしたので、考えるより替えてみよう(私にしては珍しい)。30cm+45cmとなっているのを45cm+60cmに。しかぁ~し、出来上がりが多分45cm+55cmになってしまった。しばらく打つが、やはり気になって堪らず、作り直し。これで気が治まった。すると、何と言う事でしょう、替えてDscf6735じきに、ウキが立つや否やの消し込みで2匹目ゲット。やってみるもんだなぁ。しかぁ~し、それも束の間。すぐにウキの動きが悪くなる。それで、私に出来る唯一の手直し、「たな」を上下。すると、結局ではあるが増沢とほぼ同じ浅だなに落ち着いてしまった。そこでウキの動きDscf6736に合わせ続ければ、何度となく空振りの後で、やっと掛かりましたよ3匹目。何となく光明を見出したか。しかぁ~し、しかぁ~し、そこから先は再びシーン状態。竿が曲がるのは「寝台」のみ。堰堤はボヤキのオンパレード。3時を過ぎ、何となく餌打ちマシン化した自分が分かるが、それでも餌を打ち続けなければ。すると、3時半を過ぎて、遂に来ましたこの池のDscf6737GT!4匹目をゲットして「グル宙」での第2目標にリーチとなったが、残念餌がもうない。何とか1匹をと少ない餌を小さめに付けて打てば、ラス前になってウキが立ったまま馴染まなくなった。あたれ!と念ずるが残念あたらず最後の1投に。すると、何と言う事でしょうPART2、ウキが立つや否やの消し込みで竿が伸され、ハリス切れで劇的な(ホントか?)終了。時Dscf6738刻は3時41分。結果、「グル宙」では実釣2時間20分で4匹と、底とほぼ変わらない結果となった。トータルでは実釣4時間40分で8匹。「寝台」には敵わないが、堰堤(私以外3人になっている)ではまあまあだと思うよ。片付け。「寝台」と私の隣の先客も終わり、帰った。私も片付けを終え、堰堤の2人に挨拶して車に戻る。と、先に終わった「寝台」の人がおまわりさんと話しているではないか。何かマズイ事でもあるのか。私は荷物を積み、さっさと池を離れた。
 
P.S.元の記事ではキアヌさんとあったが、実はジョニーさんだった事が判明したので、訂正しました。お二人にはホントスミマセンでした。今後はこう言う事がないよう気をつけます。
 
明日から気温が下がるが、まだ水温には反映されないかも
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (2)

2016年3月22日 (火)

数を釣るのは難しい@増沢池 with Kさん and 岡ジャミザわさん

休竿中にやろうと思っていたハリス巻きとウキの補修も、結局昨夜まで放置。何とか済ませて今日は増沢へゴー!今日は快晴で風も弱い。抜群のコンディションだが、masaさんやバットさんのように数釣れるかな?駐車場着は9時半過ぎ。へら師と思われる車は少ない。今日は平日だもんね。荷物を降ろして橋まで行くと、やはり日向側階段下より深場には誰もいない。看板横で1人準備中。そこから浅場方面に2人。ジャカゴもゼロ。日陰側では私のかつてのいつもの場所から旧爆釣ポイント、更には柳の木の奥まで3人。後は深場流れ込み付近に数人か。ちょっと迷ったが、とりあえず看板横にでもと先客に挨拶するが、こちらを見ただけで返事がないので、これはマズイと橋の下(しも)にDscf6706変更だ。まだ濁りは取れていないものの、湖面は凪。さあ準備だ。このところ連採の「グル宙」で行くぞ。竿は12尺、餌はわたグル+新べらグルテン。段差のバラケも少々。準備中に橋の上から声。Kさんだ。Kさんは対面橋のほぼ真下に陣取った。さて、少し深めの「たな」での開始は10時10分。まずはセットで打つ。すると、しばらくしてウキに弱くではあるが動きが。爆釣?ありえない。あたりにはならず。それでも打ち続けると、10時半を過ぎて大きな初あたり!これに合わせれば、やった掛かりました!しかも今流行Dscf6707Dscf6708の放流ではない。これは嬉しい。さあどんどん行こう。すると、ほどなく馴染んだウキがグッと入って地べら2匹目。あれれやっぱり爆釣ではないのDscf6709か。更にしばらく経った11時前に3匹目。ガックリ放流になったが、いやいやこれは行けそうでしょう。しかぁ~し、ここからウキの動きが悪くなる。全く訳が分からない。「たな」をいじりながら餌打ちを続けていると、左から声が。ザわさんだ。気賀の方に用事で出たついでに様子を見に来てくれDscf6710た。コーヒーまでおごってもらい、ごっつぁんでス。更に4匹目の地べらも見てもらって、やれやれだ。しかぁ~し、ウキの動きはどんどん悪くなる一方。たまに動くウキに合わせて掛かる時もあるが、何故か全てバラシ。ザわさんから鈎を交換しろと言われるが、いえいえ鈎ではなく合わせが悪Dscf6711いんですと、そのままで続行。12時近くに何とか放流の5匹目をゲットするが、その後もたまにあたりに合ってもバラシ。最後の1投もバラシで12時24分に終了。結果、実釣2時間15分弱で5匹。最初の勢いは消え、爆釣などありえず。午前中のGTも何処へやら。対面では先客の3人がDscf6712竿を曲げていたが、私のかつてのいつもの場所の人は、予定通り12時前に帰った。さあ、次はどうしよう。餌は当然α21+わたグル。バラケはなし。下ハリスを詰めて30cm+45cmくらいにしてみた。「たな」はさっきまでと同様のやや浅めで再開は12時30分。ザわさんは帰った。お疲れ様でDscf6713した。さて、再開すると、さっきまでのへらが残っているのか、じきにウキが動き出す。そして開始15分経たないうちにあたり!そしてグーなサイズの6匹目をゲットだ。最初だけは良いんだよな。「やせ馬の先走り」とか言うようだが・・・。1時を過ぎ、ウキがグッと入るのに合わせたら、嬉Dscf6714や久し振りのダブルだ。しかも地べらと放流。爆釣とまでは行かなくても、第3目標くらいは狙えるかも(しかも地べら5に対して放流3と、手応えはグー)。しかぁ~し、ここからウキの動きがなくなる。懸命に餌打ちすれば、何とか戻って来たが、今度はさっきまでとは真逆のカラツンの嵐。ほぼ毎回のようにあたるが、合わせても合わせても掛からず。じっと手を見る・・・。10回以上連続してのカラには痺れた。時間にすれば40分弱なのに、随分経った気がしDscf6715Dscf6716た。やっと手応えを感じたと思えば、放流。やっぱりなぁ。でも、カラツンよりはずっと良い。更に2時前に地べらでやった第3目標クリアだ!まDscf6717Dscf6718だまだ行けそう。すると、2時を過ぎて地べらと放流を1匹ずつゲットして2回目の「グル宙」は2時半に終了。結果、実釣2時間で7匹。トータルでは実釣4時間15分弱で12匹(地べら7匹、放流5匹)。まあこんなものでしょう。大体こDscf6719れで今日の予定終了だが、まだちょっと終わるには早いし、日も長くなっているのでもう少しやろうかな。目標はトータルで20。餌は新べらグルテンの残りとα21。やっと新べらグルテンがなくなった。バラケはなし。同じ「たな」での再開は2時35分頃か。対面のKさんと先客2人も帰った。Kさんは地べらが出なかったようだ。お疲れ様でした。さて、再開後数分経たないうちに1匹目Dscf6720Dscf6721Dscf6722は放流。更に3時前にも放流で2匹目。3時ジャストにも放流の3匹目。数が増えるのは嬉しいが、遂に地べらと放流が逆転してしまった。トホホ・・・。しかもそこからまたもウキDscf6723の動きが・・・。それで、これ以上浅い「たな」は私が対応不可能と、思い切って深くしてみたら、第1投であたり!そして地べらゲット。再び並んだ。午後のGTにも少しだけ期待するものの、最近はGTに異変が起きているのかさっぱりの場合が多くなっている(肩から先の問題という話はナシで)。すぐにウキの動きが悪くなったので、「たな」をいつものように少しずつ浅くしていDscf6724くと、3時半を過ぎて地べらゲット。おうおう、また地べらが優勢になった。しかもトータル20も目の前だ。何とか達成したいところ。看板横の先客は帰った。見る度に竿が曲がっていたが、どれくらい釣れたのか。また、こちら側整地された辺りの2人も帰った。残りは私と対面のご夫婦だけ。さて、思いとは裏腹にウキの動きは冴えないまま。4時ジャストに18匹目が出るDscf6725Dscf6726が、またも放流。再び並んでしまった上に、餌がもうない。最早これまでか。しかぁ~し、ラス前に何とバッチリのあたりで19匹目。何とトータル20にリーチとなった。これは何としても最後の1投で釣らなければ(例え放流でも)。しかぁ~し、しかぁ~し、何と言う事でしょう、最後の1投では馴染んですぐに出た、これまたバッチリのあたりを見逃してしまう体たらく。OH、MY GOD!その後の弱いウキの動きDscf6727では合わせても残念掛からず、4時13分に無念の終了だ。結果、実釣1時間40分弱で7匹(地べら2、放流5)。少しはGTの恩恵があったか。トータルでは実釣6時間弱で19匹(地べら9匹、放流10匹)。masaさんとバットさんの半分にも及ばなかった。返す返すも最後の1投が悔やまれる。片付け。河津桜は散ってソメイヨシノはまだ蕾が固い。今月末までに開花するのだろうか。片付けを終えて車に戻り、荷物を積んでから池を半周。腰が痛いうえに脛が張ってきた。まさにトホホ状態だが、繰り返す事に意義があると信じて続けよう。さっさと池を跡にした。
 
次回はジャカゴ?それとも他の池?
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年3月20日 (日)

ちょっとだけ岡ジャミ@増沢池 with Kさん、バンビさん、ジャカゴにmasaさん and 岡ジャミ仲間Y川さん

今日は好天だが、昨日張り切ったせいか体がだるいので竿は出さない。気が向いたら西大谷のバットさんの様子でも見に行こうかと思いながらも家でゴロゴロしていたら、バンビさんからメール。増沢に来ているようだ。
午後からなら竿を出せない事はないが、やはりだるい(オイオイ)ので、とりあえず見に行きますと返事。
昼食後増沢に向かったが、こんな陽気では駐車スペースがないのではと心配したものの、安心してください、空いてますよ(既に worn out expressions )。
P1000276P1000277橋まで行って池の様子を覗うと、日向側には橋の下(しも)付近に数名。ほとんどが日陰側整地された辺りに入っている。それではと橋の上(かみ)を見れば、看板横付近には誰もおらず、そこからやや浅場方面に2人。遠くジャカゴに1人。橋の真下付近と更に浅場にもへら師がいるぞ。あっ、浅場にいるのがバンビさんではないか。橋の横から岸に降りるが、岸辺がぬかるんでいて行けそうにない。
P1000278と、橋の真下付近にいたのはKさんだった。挨拶して様子を訊くと、放流ばかりとの事。今日はかなり暖かいが、風もあって日陰はまだ寒い。ジャカゴにいるのはmasaさんと教えてくれた。
そこから浅場にはとても行けそうにないので、一旦上がって東屋奥の岩場から降りる。やれやれ、何とかバンビさんのそばまで近づけた。おっ、そばで岡ジャミしているのはY川さんだ、お二人に挨拶して様子を訊けば、やはり放流ばかり。今「たな」を上げたところだが、ノーさわりだと。ジャカゴのmasaさんはかなりの頻度で竿が曲がっている様子。
しばらく見ていたが、やはり寒い。それにしても日向側深場が不人気だと言うのが解せないなぁ。明日、気が向いたら竿を出してみようか。
お二人に挨拶して車に戻り、さっさと家路についた。
 
日向と日陰の体感温度の差が半端ない
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

お彼岸

雨が午前中で上がったのをこれ幸いと、お寺へ墓参りに行ってきた。雨が上がったばかりなら道路は空いている筈。
しかぁ~し、考える事は皆同じのようで、普段の土曜の午後とはかなり違う混雑ぶり(個人の感想です)。
やっと着いたお寺も法事やらで混雑。
ささっと墓参りしてささっと寺を跡にする。そして椿テレビで花の鉢を貰い、帰りにはビッグ富士で買い物とびっしりのスケジュール?をこなし、帰宅してからは洗車。まだ買ってから2ヶ月も経っていないのに、一体何回洗車した事だろう。自分でも変わり様にはビックリだ。いつまで続くか楽しみでもある。
 
明日は好天。竿を出すべきか出さざるべきか・・・
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年3月18日 (金)

これが韓国というもの

面白い記事を見つけた。下線部をクリック宜しく!記事は下の方なので、スクロール宜しく。韓国人のコメントも見てください。
 
略奪されたと思っていた国宝が、博物館の「倉庫」に埋もれていた
 
これが韓国の平常運転。ただし、明日には忘れて日帝ガー!と言い出すんだろう。
 
謝罪と賠償が必要だ
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年3月17日 (木)

連荘での釣行も「グル宙」不発@引佐天池

流浪の竿出しシリーズ?第2弾は引佐天池。ちょっと出が遅れたので、既に釣り座はないかもと思いながらも池に着くと、あれれ誰もいないぞ。好天で風も弱い抜群のロケーション(何処かで書いた気が)。なのに無人とは。よほど釣れないのかな。とりあえず先まで進んで車の向きを変え、遊歩道入り口付近に駐車して荷物を降ろす。あっ、誰か先に道路に駐車して荷物を降ろしているぞ。しかも、私が入りたかったオーバーフロー右だ。ほんのちょっとのタイミングのずれでショック!それでも行かなければ。先客に挨拶Dscf6698して、私はオーバーフロー左に入る。さあ準備しよう。どうしようかな、いつも通り底から入ろうかな。それとも昨日と同じく「グル宙」で通すかな。よし、ここは「グル宙」で行こう。竿は12尺、餌はα21+わたグル。段差のバラケも少々。昨日の「たな」が仕掛けに残っているが、それよりは深くして開始は10時8分。先客もほぼ同時に開始。こちらはうどんセットのようだ。まずはバラグルで打つ・打つ・打つ。しかぁ~し、ウキに動きなし。早くも30分が経過。「たな」をいじりたいが、この辺りの水深はどれくらいだったかな。下鈎にオモリを付けておおよその水深を測る。ん、ちょっと待てよ。ついでに底でやってみようかな。バラグルで打ってみると、ウキが馴染んでじきにチクッ!あっと思いながらもDscf6699合わせると、やった掛かりました!これは反則だろ!と思わず声。でも、結果オーライと言う事で(コラコラ)。その次の餌打ちでもあたり!残念掛からなかったが、しばらくしての大きなあたりではバラシ。どうしよう、このまま仕掛けを変えて底にしようかな。でも、今日の主旨とはかけ離れてしまうので、ここは涙を呑んで?「グル宙」に戻す。まずは底から20cmくらい上げてみる。う~ん、特に何もない。その後ウキの動きを見ながら少しずつではあるが「たな」を上げて行くと、何の事はないいつもの「たな」になってしまった(つまりウキが動かないと言う事)。しかぁ~し、11時半頃からウキが何かの存在を教えてくれるではないか。いる、いるぞ。ひょっとしてこの池のGT?先客はバラシの後1匹をゲットし、その後もポツーリポツリと竿が曲がるようになった。素晴らしい。奥の深場には1人入っていて、スコープでウキを見ている。結局「たな」の上下ではコンスタントなあたりは見られず、12時を過ぎてそろそろ餌が終わる。このまま終わるのも癪なので、ここは思い切って「たな」を極浅にしてみよう。確かにウキが立ってから早いうちに動きがあったので、ここは後がないと言う事で、ウキゴムからオモリまで20cmくらい(と言っても、ハリスが長いのでそんなに浅くはなっていない)にしDscf6700て最後のお願い。すると、ラス前に馴染んだウキが小さく動き、これに合わせたらガツンという手応え!これは久し振りだ。気持ちいい~っ、超気持ちいい~っ!やっと「グル宙」で釣れたぞ。しかぁ~し、最後の1投では時に何もなく12時20分に終了。いやぁ、きつかったなぁ。「グル宙」でやるべきではないDscf6701のかも(肩から先の問題という話は受け付けません)。一旦休憩して、公園事務所まで歩いて飲み物を買い、荷物にならないよう飲み干して戻った。以前の私なら面倒でまずやらない事。釣り座に戻り、次も「グル宙」。餌をα21+新べらグルテンに変えてみる。バラケは天々で。そして1回目の最後の「たな」での再開は12時34分。う~ん、ちょっとなぁ。やはり最初のように深めの「たな」から入ってみよう。しかぁ~し、ウキは動かず。餌をセットにしたり両グルにしたり「たな」を上下してみるが、たまに弱く動く事があるだけ。先客はポツーリポツリのペースではあるが、着実に数を増やしている。裏山鹿~と思ってもどうにもならないし、私は私の釣りを貫くだけだ。たとえその先にデコポンが待っていようとも(な~んてね!)。結局またもや浅だなになってしまったが、ここでもウキの動きはほぼ出ず。もう2時近い。ここで「たな」をグッと深くしてみると、第1投でウキがチクッ!やったと合わせれば掛かりました!サイズもグー。しかぁ~し、やったね!と寄せる途中で何故か外れた。ガクガクッ。正面から見ていたが、口に掛かっていたのは間違いない。掛かりが浅くて首(あるのか?)を振った際に外れたのか?固いところにちょっとだけ刺さっていただけなのか?いずれにしても悔しかぁ・・・。多分これで午後の部は終了。後は餌を打ち切Dscf6702るだけ、と最早ギヴ・アップか?そこから再び「たな」を少しずつ上げて行くと、これまた餌がそろそろ終わりそうな2時半頃にあたり!そして掛かりましたよ!す、素晴らしかぁ・・・。先客はおそらく2桁になっているが、私のこの1匹は大きいぞ。しかぁ~し、じきに餌が尽きて2時48分に終了。ここまで実釣4時間半弱Dscf6703で3匹かぁ。「グル宙」は見事に玉砕した感じ(一応釣れたんですけど・・・)。もう帰っても良いが、最近は日照時間が長くなっていると言う事で、ずっと気になっていた「ドボン」でちょっとだけ残業してみよう。うまい具合に仕掛けのオモリが遊動式になっているから。餌は何故か新べらグルテン単体を1時間で使い切る量作る。オモリを追加し、ウキが3目盛くらい出るように調整して再開。すると、何と第1投から根掛かり!下ハリスをロストしてしまった。一気にトーンダウンするが、癇癪の爆発にまでは至らなかったのが不幸中の幸い。最近は気長になった私、黙々とハリス交換して再開すると、数投後に何と消し込みが出たではないか。残念かすりもしなかったが、俄然やる気に(単純な男!)。すると、しばらくして今度Dscf6704こその消し込みで1匹ゲットだぁ!これは嬉しいでしょう。さあ、この調子ならもう1匹くらいはいけそうだ。トータルでの第2目標も見えてきたか?しかぁ~し、その後はウキの動きがバッタリ(ドボンでも言うのか?)。こうなると早く餌を打ち切りたい。大きめに付けて打ち、3時50分に終了となった。トータルでは実釣5時間半くらいで4匹。「グル宙」に拘っての結果だから文句はありません(「グル宙」Dscf6705では2匹)。片付け。太陽が背後に回り、翳ってきたので体感温度も下がり気味。ちょうど良いタイミングでの終了だろう。片付けを終え、先客に挨拶して車に戻る。昨日今日と増沢でない池での竿出しとなったが、やはり面白い。次は西か、それとも大楽地か?一旦増沢に戻るか?週末は雨なので、連休明けに考えよう。そろそろと池を跡にした。
 
拘る割には変わり映えしない釣り方。結構保守的(怠け者)か
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年3月16日 (水)

身も心も寒い。春はまだ先か@東ノ谷 with 岡ジャミザわさん

休竿期間からの復活日。さて何処へ行こうか。増沢では当たり前すぎて面白くない(釣れるかどうかは別にして)。となると、引佐天池か、それとも西か東かだが、ここは久し振りの東ノ谷にでも行ってみよう。何となくではあるが、「グル宙」で釣れそうな気がする(あくまで個人の感想です)。池に着いたのは10時前。ゲゲッ、何故か駐車スペースは満杯。仕方なく別のところに停めようとしたら、1台出て行ったので、これ幸いとその跡に停める。さっさと荷物を降ろし、先客に挨拶して一級ポイントと呼ばれている?ところに陣Dscf6684取り、さあ準備だ。この池では底はやらない、と言うか、捨石がかなり先まで入っていてやり辛いので、「グル宙」やるぞ!竿は12尺、餌はわたグル+新べらグルテン。段差のバラケも少々。曇っているうえに気温も上がらないので、やや寒く感じるが、湖面は凪いでいて抜群のロケーション。少し深めの「たな」で開始は10時17分。私の左にいる先客は14尺底だと誰かに話していた。しかぁ~し、更に、最近は釣れないとの言葉も。いつ頃から始めているのかは分からないが、ウキが動かないとも。それでも開始。すると、数投でウキに動きが。あれれ宙なら釣れるのかな?しかぁ~し、この池そんなに甘くなかった。たまにしか動かないのだ。バラケをどんどん打ってみるが、却って逆効果なのかウキに動きがなくなる。それで、今度は「たな」をずらしてみると、やはり同じくたまにしかウキが動かない。そう言えば、ジャミも動き出したとも言っていたので、こりゃあジャミなのかな。なんて考えていると、早11時。う~ん、痺れるぅ。上下した「たな」もほぼ元の位置に戻っている。湖面には波。すると、それが良かったのかウキの動きが出て来Dscf6685て、モヤあたりで1匹目ゲット!更にしばらくしてもう1匹!と思ったらバラシでガクガクッ。更にはもう1回のバラシでトホホ。すると、そこからはウキの動きが止まる。う~ん、どうしよう。「たな」もこれ以上浅くしたくない(いつも通りの深さになっている)。一つまずいと思ったのは、餌の持ち。新べらグルテンが低活性では良くないとバット師匠のお言葉を思い出したが、今はこれを使い切るしかない。1匹目も実は餌付けをやや大きめにして持つようにしDscf6686たつもり。へらは確かに餌のそばにいるようなので、バラケはあまり打たない方が良い気もする。しばらく続けていると、チクあたりでやった2匹目か?しかぁ~し、目にスレでガクガクッ。ちょうど12時のサイレン。そうこうしていると、ザわさんから何処にいるとメールが。東ノ谷と答えDscf6689ると、じきにやって来た。わざわざこんなところまでスミマセン。ザわさんが見ている前で何とか1匹釣りたいが、バッチグーのあたりで掛かって来たのは、何とワカサギ。まさにトホホのオンパレードだったが、ラス前になって、何とズバッと消し込みが。掛からなかったが、何で今頃Dscf6690と思いながらも最後の1投に賭ける。すると、何と言う事でしょう、再びのズバッ!でやった「上がりべら」ゲットだ。そして終了。時刻は12時50分。結果、1回目の「グル宙」では実釣2時間半余で2匹。スレ1匹バラシ2回とワカサギ1匹だった。さあ、次はどうするかな。と、その前Dscf6691にトイレ休憩。とりあえず昼食は抜きで、それから竿はそのままで餌をα21+わたグルに代えて餌持ちを良くする。バラケは1回目の残りだけを使い、新たには作らないつもり。気温は上がっているのだろうが、風が冷たく防寒ウェアが必要かも。でも面倒なので動きません(オイオイ)。12時55分に1回目と同じ「たな」で再開。すると、まだへらが残っていたのか、ウキはすぐにDscf6692動き出した。そして1時を過ぎてモヤあたりで1匹目ゲット?う~ん、これが良く分からない。寄せる時のへらの動きが通常ではないので、スレているように思えたが、ザわさんからは鈎が2箇所に掛かっているから動きがおかしいんだと言われ、とりあえず「たも」に納めたが、残念鈎が外れてしまった。それで、返す返すも癪なのだが、これはノーカウントに。しかぁ~Dscf6693し、まだウキの動きは残っていて、1時半近くになって、ウキがフワッと返してからのズバッ!で、やった今度こその1匹目(トータルでの3匹目)ゲットだ。それを見届けてザわさんは帰った。岡ジャミお疲れ様でした。さあ、これからはこの池のGTに違いない。何とか第2目標まで行きDscf6694たいところ。すると、1時半を過ぎてチクあたりでやった2匹目!いよいよ第2目標にリーチまで漕ぎ着けたぞ。しかぁ~し、しかぁ~し、そこから何故かウキの動きがバッタリ。バラケがなくなったからかな。それで、作るつもりがなかったバラケを少々。しかぁ~し、水を多めに入れたため、ヤワヤワになってしまった。でも追加はしません。そのまま使用。すると、何となくではあるがウキに動きが出て来たような。そしてチクあたりでやった3匹目!と思ったら3Dscf6695度目のバラシ。ガクガクッ。2時を過ぎてやっと3匹目。トータルでの第2目標もクリアだ。やれやれ。まだ餌があるので、何とかもう1匹と、人の欲望には限りがない。しかぁ~し、再びバッタリ。それでも餌を使い切らなければと、セットで打ったり両グルで打ったりしていると、2時半Dscf6696を過ぎて、何故かあたりらしきウキの動きで4匹目。特に何かしたつもりもないので、単に時合と言う事なのか。そのまま2時53分に餌が尽きて終了。結果、2回目の「グル宙」では実釣2時間で4匹。トータルでは実釣4時間半で6匹かぁ。グルテンの持ちが前後半の差になったのかDscf6697も。片付け。気温が上がらず寒かったが、何とか持った。片付けを終え、先客に挨拶して車に戻る。今日は渋い中まあまあだったと言えるのかな(甘いかな?)。「たな」を早いうちに浅くすれば展開も変わっていたのかもしれない。もちろんグルテンの持ちも。さて、明日はどうしよう。晴れて気温も上がる。何処かでやろうかな。朝起きてから考えるとするか。荷物を積み、ささっと池を離れた。
 
「グル宙」のキモへの理解が進むにはあとどれくらい・・・
    ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年3月15日 (火)

今日も何となく

P1000275先日スシローに行ったら、結構豪華な?盛り合わせがあったので注文してみた。
なかなかのボリュームだし、まあまあ美味しい。これで税抜き980円なら、よいのではないか。

昨日は年金事務所の帰りに、松月堂でコッペパンを買った。
私が小学校に通っていた当時に学校にコッペパンを納めていたらしいので、ノスタルジーもあって買ったのだが、ちょっと出来が良過ぎる気がしてならない。
私が会社勤めを始めた頃にも買った記憶があるのだが、その時はもっと硬くて歯応えも良くなかった(それが良いのだが)気がするのは単に間違いなのかも。
まあ、今風にしないと今の人には受け入れられないかもしれないので、これは仕方ないか。
ついでに近くのザわさんのお宅にも寄ったのだが、車がなく、おそらく不在なのでそのまま帰った。

今日は出が遅れたので釣りは中止。明日にしよう。
代わって洗車。今週末には雨の予報だが、その時には再度すれば良いと思って。
しかぁ~し、私が今までこんなに洗車した事はおそらくない。前の車でも、買ったばかりの頃からそんなにこまめに洗車した記憶もないし(洗車機はたまにしていた)、第一そんなに綺麗好きでもない私が何故今?何だろう、暇だからかな。いや、ゴロゴロ好きな私がガラッと変わる筈もないし・・・。
ただ、洗車の度に細かな傷が目に付くので、やらない方が精神衛生には良いのかもね。
 
明日こそ行くぞ!でも何処へ行こうかな?
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年3月14日 (月)

年金事務所へ行ってきた

いよいよ年金を貰える年になったので、提出書類に記入して(一部良く分からない部分は空けて)年金事務所へ行ってきた。
何となく昔行った気がするが、記憶があやふやなので、とりあえずネットで場所を調べて、更にカーナビで確認して。
しかぁ~し、今日は雨。10時頃に家人を送った後に向かうが、着いてビックリ。場所は合っていたのだが、駐車場はほぼ満杯。しかも、狭い!更には続々と車がやってくるではないか。
軽でもない限り駐車は難しく、そんな中にワゴン車のような馬鹿でかいのが鎮座しているので、最早停めるだけで疲れ果ててしまう。
何とか停められて、中に入る。少しだけ記憶が蘇ってきたぞ。番号札を渡されてしばらく待っていたら、順番が来た。
大体記入は合っていたが、良く読まずに書いた部分もあって、指摘されて恥ずかしかぁ。
更に、通帳のコピーが必要なのだった。それも忘れて、アウト!
書類は持ち帰って、通帳のコピーと共にさっき投函してきた。やれやれ、これで手続きは済んだ。後は待つだけ。
そうそう、事務所での確認が終わって駐車場に戻ったら、何と私の車の横にバンが。切り返しを数回やらないと出られない。下手をするとゴリゴリも。更に更に、出ようと思ったらレンジ・ローバーが入ってきた。無理無理、無理だよ。そんなでっかいのが入る隙間はない。しかぁ~し、1台分空いているところに無理矢理入ろうとする。切り返しを数回したようだが、案の定横の車をこすってしまったようだ。こちらからも見えた。
どうするのかと思っていたら、そろそろと車をバックさせて逃げていった。
それを見た後で、私が車を出す。気温が低いのに汗。何度も切り返してやっと出す事が出来た。どっと疲れが。
明日は晴れそうだが、風が強いので釣りの再開は難しいかな。車でも洗うとするか。ん、ゲゲッ、予報ではまたも週末は雨。それでも洗うか?
 
年金といってもスズメの涙
    ↓       ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ

| | コメント (0)

2016年3月11日 (金)

あの日

あの日から5年が経った。
 
今日は免許の更新に行ってきた。
平日なので空いているかと思ったら、何の事はない駐車場はほぼ満杯。
一応ゴールド免許なので、さっさと済ませて帰宅したが、途中で車内に異音が。
実は昨日からダッシュボード左前付近で、最初は水滴が落ちるような音がしたと思っていたら、カチ・カチと次第に大きくなってきた。
昨日はとりあえず放置しておけば再発はしないだろうと思っていたのだが、今日更新のために走らせたところ、再び音が。一度気になりだすともう止まらない。工場で見てもらったのだが、肝心な時に思うような再現をしてくれない。
とりあえずの対策とやらをしてもらって、様子見となったが、果たして・・・。
 
それはさておき、あの日の記憶が蘇ってきた。ちょうど「タルジャの春」を観ている時に、大きな長い横揺れを感じて、ビックリしていたらテレビ画面が緊急速報に切り変わった。それから・・・・・・・・・・・・。
 
未だ仮設住宅から離れられない方々もいらっしゃるし、安倍ちゃんが「アンダー・コントロール」と言った福島第一の今は本当に安心なのか。震災からの復興はまだ現在進行中。
 
そんな折、こんな記事を見つけた。是非一読していただきたい。 → こちらをクリック。
 
原発の再開は慎重に慎重を期して
    ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年3月10日 (木)

見学に行ってみたけど@増沢池

雨があるとの予報だったが、午後になっても曇りのままなので、休竿期間ではあるが、ちょっと増沢まで見学に出掛けてみた。
ほぼ一週間ぶりだったが、モクレン通りではモクレンがほぼ満開か。もう3月中旬だもんね。
駐車場にはへら師と思われる車が数台。急いで橋まで行って池の様子を覗うと、あれれへら師は3人だけ?しかも皆さん日陰側。水は濁っている。2時過ぎなので、皆さん既に終了したのかな。
P1000273P1000274まずは池をいつもと逆回りで半周。河津桜は葉が出ているけれども、ソメイヨシノの蕾は固い。梅はまだ綺麗なままだ。
半周後に再び橋まで行ってみると、柳の木の奥の奥の人はKさんかな?車がなかったので、違うかもしれない。目を凝らすが分からないので、声を掛ける事もなく車に戻る。
そのまま、ベイシアには寄らずに帰宅した。
 
暖かくなったり寒くなったりがしばらく続く
    ↓       ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ 

| | コメント (0)

2016年3月 9日 (水)

雨だね

P1000272休竿期間ではあるが、雨はやはり鬱陶しい。何より車が汚れてしまう(今のうちだけ)。
そんな中、昨日近くの公園を通った際に、モクレンが満開になっていたので写真。今日の雨でかなり落ちたのでは。
 
今日セブンイレブンで、7ネットで購入した本を受け取ってきたのだが、今月で失効するポイントを使用した際に、何と「センター預かり分」がマイナスになっていた。マイナスって何?
nanacoの公式サイトで確認したが、結局分からずじまい。そういうシステムなのかもしれないが、何か損した気分になってしまった。
 
休竿期間のネタを探すのが大変?
    ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年3月 7日 (月)

余計な買い物か

03_402_3今まで車を購入した際に、別途こまごましたものを買った記憶はないのだが、今回は釣りのために必要と言う事で、後ろのシートを倒してバッグや竿ケースを置く場合の「ラゲッジルームマット」(写真左)を購入。ついでに、不要かもしれないが床下収納用の「ラ01ゲッジアンダーマット」(写真右)も。いずれも写真と実物は色が異なります。
そうこうしているうちに、運転席と助手席の間のウォークスルー部分が勿体無い?と言う事で、「センターコンソールボックス」まで買ってしまいました。
これで快適に釣りに行ける。しかぁ~し、今日も雨。なかなか思うようにはならないね。
 
春の長雨かぁ。体もだるい
   ↓       ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年3月 6日 (日)

休竿期間

今年も3・11がやって来る。それに合わせて休竿期間を設けているのだが、今年から当日を含めた1週間にさせていただく。
個人的な事なので、別に許可を得るとかではないが、一応連絡まで。
 
テレビ等で検証番組をやっているが、風化させないようにしないと。
 
今までのペースとそんなに変わらない
   ↓        ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ

| | コメント (0)

2016年3月 4日 (金)

またも好天に騙された?@増沢池ジャカゴ with Oさん and Kさん

昨日の洗車と通院でかなり疲れた。全く情けない。でも、今日は気温も上昇して風も弱いとの予報。出掛けない訳にはいかないでしょう。いつもより少し早くゴー!途中モクレン通りでは、いよいよ花が咲き始めた。駐車場着は9時過ぎか。ちょうどOさんが荷物を降ろしているところ。横に停めてまずは挨拶。昨日は強い風の中でも釣果は良かったようだ。一緒に池に向かうと、橋の上から私のいつもの場所に午前中の人。そして橋の真下にはKさん。開始1時間でまだウキが動かないようだ。でも、動き出せば放流天国らしDscf6673い。日向側はやはり階段下から深場にへら師が集まっている。Oさんはいつもの場所(橋の下(しも))に入ると言うので、橋を渡ったところで二手に分かれる。私の行き先はもちろんジャカゴ。突先にバサーがいたので、挨拶して状況を訊くと、今日は場所を変えながら探っているが、今のところノーあたりとの事。場所を空けてくれると言うので、いそいそとDscf6671突先に入る。さあ準備しよう。竿は9尺、餌は夏・冬・天々のバラケにα21。暑い、汗が滴る。タオルで拭いながら準備。看板横にはへら師が集まって来て、最終的には4人並んだ。底をささっと取っての開始は9時52分。ん、ちょっと待てよ。車の鍵は閉めて来たかな?一度気になりだすと止まらない。しばらく餌打ちしていたが、ウキも動きそうにないし、車まで戻ろうかな。ん、ウキから小さく波紋が出たぞ。何かいる?まさかと思ってDscf6672合わせたら、ゲゲッ掛かりました!うわっ、引きが凄い。最初からスレか?何とか「たも」に納めようとするが、何かおかしいぞ。ゲゲッ、ゲゲッ、バスではないか。ちゃんと鰓にスレている。何だかなぁ。さっきのバサーに見せてあげたいが、何処かに行ってしまった。バス釣りではスレはノーカウントなのかな。分からない。まあいい、続行。しかぁ~し、そこから先はシーン。なので、開始30分くらい経って、ようやく駐車場に行く事を決意(大袈裟)。この往復が池を半周と同じくらいになるので、終了時の散歩はなし。車に戻ると、良かった鍵が掛かっていた。帰りに橋の上からKさDscf6674Dscf6675んとOさんの写真。釣り座に戻って再開するが、状況は変わらず。11時を過ぎ、午前中のGTに微かな望みを託すが、どうもこの場所では関係ないようだ。携帯で時刻を見ると、そろそろ12時。おっ、遠くからサイレンも聞こえて来た事だし、昼食にしよう(どうせ釣れないし・・・)。看板横付近でも4人並べば釣れないとの声。Kさんはいつものように釣り座を離れて看板横で岡ジャミしながら日向ぼっこ。私のウキは時折返すのだが、その後がないまま。いるのかどうかも分からず、ウキ下の微調では何とも解消出来ない感じで、まさかのデコポンまっしぐらが見えて来たか。しかぁ~し、そろそろ餌が尽きる頃Dscf6676の12時半を過ぎて、今日初めてのハッキリしたあたり!これに反応すると、やった掛かりましたよ。放流ではないし、う、嬉しかぁ。少し遅れてのGTかもしれない。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、その後は元の木阿弥。1回もあたりさわりを見る事なく12時54分に無念の終了。実Dscf6677釣3時間弱で1匹。とりあえず結果が出たから良しとしたいが、それではあまりに志が低過ぎる(珍しい事を)。ここは月曜のmasaさんの2桁はなくても、昨日ここに入ったO野さんの6匹には迫りたい。それで、竿はそのままで餌を変える。夏・冬・段差のバラケとわたグル。何だかなぁと言う感じは否めないが、変えないよりはましと言う程度か?再開はジャスト1時。状況は特に変わらないが、とにかく餌を打つ。釣り座に戻ったKさんが、じきに放流が来たと言っている。これでなく地べらを狙っているらしいが、ダブルも出てうんざりのようだ。私の方は特に何もないまま時間だけが過ぎるお約束の展開。両グルや両バラケで打っても変わらず。まさにトホホ状態。これを新しく「真空」と呼ぼう。その心は、「空気がない(食う気がない)」。何処かで聞いた事があっても、ここは知らんぷりで宜しく。さて、途中でウキの馴染み具合がおかしいと気付くが、何とそれはトップのトップ1目盛がいつの間にか折れていたと言う事。まさにゲゲッ!急いで交換して底取りするが、その後も特に変わった事はない。2時を過ぎてもウキの動きが出る事もなく、2時半過ぎに餌が終わった。Kさん、看板横の3人は帰った。私の右前方ワンドに、午後から1人入っている。さて、このまま終わっても良いが、まだ時間はあるし日没も遅くなっているので、ここは残業と行こう。餌はα21+わたグル。これを約1時間分だけ。後は少し残っているバラケが数投分。まずは両グルで再開すると、何と言う事でしょう、それまで全く動きのなかったウキが、2回連続であたりを示したではないか。残念掛からなかったが、俄然やる気に。その後も時折ではあるがあたりらしき動きが出る。そして1回掛かったものの、バラシ。ガクガクッ。更に3時を過ぎて、今度はあたりに合ったのに、寄せる途中でバラシ。姿を見たのに・・・。何故か両グルで待てばあたる。しかも小さめに付けて打てば、3時Dscf6678半近くにバッチリではないがあたりに合ったぞ!今度こそ掛かった。やった残業1匹目。ワンドのへら師も竿が曲がっている。まさにGT。ちょうどOさん達が終わって坂の途中から声を掛けて来た。お疲れ様でした。私の方はほぼ連荘?で2匹目。あたりは遠い昔の1匹目には及ばなDscf6679Dscf6680いが、それでも掛かる。これは食いが立っているからに違いない。まさにGT(2回言いました)。こうなると、何とか第2目標まで行きたいところ。すると、3時半を過ぎて3匹目。それからちょっと間が空いたが、4Dscf6681Dscf6682時前に連荘?で2匹をゲットし、残業だけで第2目標クリア!トータルでも6匹と望外の結果となった。まだ餌は少しあるので、何とか数を増やしたいと粘るが、残念GTは去ってしまったのか、あたりが消えて4Dscf6683時ジャストに終了。結果、定時+残業は実釣3時間で5匹。トータルでは実釣6時間弱で6匹。充分でしょう。片付け。ワンドのへら師はまだ続けるようだ。湖面は相変わらず凪いでいて、まだまだ釣れそう。でもやりません。片付けを終え、車に戻る。へら師は他に誰もいない。陽に当たって疲れた。さっさと荷物を積み、さっさとベイシアへと向かった。
 
場所?竿?餌?を変えれば釣れる?
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

2016年3月 3日 (木)

他愛のない話

最近グッと寒くなっていたが、今日から春の陽気が帰ってきた。
しかぁ~し、風が強いし、週末には雨との予報もあって洗車はどうしようか迷っていたが、意を決してやる事に。
背が高いので難儀しながら洗っていたら、何と傷を見つけてしまった。
決して自分で付けたものではない。それだけにガクガクッ。極小さなものだが、気分はグッと下がってしまった。
 
何とか終わり、時刻を確認すると、そろそろ通院だ。天気も良いので歩いて病院(診療所)へ。
診察の後、隣にある開設したばかりの薬局で薬を貰うのだが、合計では今までより高くなってしまった。
まあ、間に人が入るので仕方ないのだけれど、こちらの都合でもないのにと、ちょっと引っ掛かった。
 
さて、明日は好天で風もないとの予報。ほぼ一週間ぶりに竿を出すとするか。もちろん行き先は増沢。
先日masaさんとパラソルさんがジャカゴに入ったようなので、私も(と言うか、元々今週頭には行くつもりだったので・・・)。
釣れるかな?釣れたらいいな。
 
いつの間にか3月。時の経つのが早く感じるのは・・・
   ↓        ↓

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 駄目オヤジへ にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »