« 他愛のない話 | トップページ | 休竿期間 »

2016年3月 4日 (金)

またも好天に騙された?@増沢池ジャカゴ with Oさん and Kさん

昨日の洗車と通院でかなり疲れた。全く情けない。でも、今日は気温も上昇して風も弱いとの予報。出掛けない訳にはいかないでしょう。いつもより少し早くゴー!途中モクレン通りでは、いよいよ花が咲き始めた。駐車場着は9時過ぎか。ちょうどOさんが荷物を降ろしているところ。横に停めてまずは挨拶。昨日は強い風の中でも釣果は良かったようだ。一緒に池に向かうと、橋の上から私のいつもの場所に午前中の人。そして橋の真下にはKさん。開始1時間でまだウキが動かないようだ。でも、動き出せば放流天国らしDscf6673い。日向側はやはり階段下から深場にへら師が集まっている。Oさんはいつもの場所(橋の下(しも))に入ると言うので、橋を渡ったところで二手に分かれる。私の行き先はもちろんジャカゴ。突先にバサーがいたので、挨拶して状況を訊くと、今日は場所を変えながら探っているが、今のところノーあたりとの事。場所を空けてくれると言うので、いそいそとDscf6671突先に入る。さあ準備しよう。竿は9尺、餌は夏・冬・天々のバラケにα21。暑い、汗が滴る。タオルで拭いながら準備。看板横にはへら師が集まって来て、最終的には4人並んだ。底をささっと取っての開始は9時52分。ん、ちょっと待てよ。車の鍵は閉めて来たかな?一度気になりだすと止まらない。しばらく餌打ちしていたが、ウキも動きそうにないし、車まで戻ろうかな。ん、ウキから小さく波紋が出たぞ。何かいる?まさかと思ってDscf6672合わせたら、ゲゲッ掛かりました!うわっ、引きが凄い。最初からスレか?何とか「たも」に納めようとするが、何かおかしいぞ。ゲゲッ、ゲゲッ、バスではないか。ちゃんと鰓にスレている。何だかなぁ。さっきのバサーに見せてあげたいが、何処かに行ってしまった。バス釣りではスレはノーカウントなのかな。分からない。まあいい、続行。しかぁ~し、そこから先はシーン。なので、開始30分くらい経って、ようやく駐車場に行く事を決意(大袈裟)。この往復が池を半周と同じくらいになるので、終了時の散歩はなし。車に戻ると、良かった鍵が掛かっていた。帰りに橋の上からKさDscf6674Dscf6675んとOさんの写真。釣り座に戻って再開するが、状況は変わらず。11時を過ぎ、午前中のGTに微かな望みを託すが、どうもこの場所では関係ないようだ。携帯で時刻を見ると、そろそろ12時。おっ、遠くからサイレンも聞こえて来た事だし、昼食にしよう(どうせ釣れないし・・・)。看板横付近でも4人並べば釣れないとの声。Kさんはいつものように釣り座を離れて看板横で岡ジャミしながら日向ぼっこ。私のウキは時折返すのだが、その後がないまま。いるのかどうかも分からず、ウキ下の微調では何とも解消出来ない感じで、まさかのデコポンまっしぐらが見えて来たか。しかぁ~し、そろそろ餌が尽きる頃Dscf6676の12時半を過ぎて、今日初めてのハッキリしたあたり!これに反応すると、やった掛かりましたよ。放流ではないし、う、嬉しかぁ。少し遅れてのGTかもしれない。さあ、どんどん行こう。しかぁ~し、その後は元の木阿弥。1回もあたりさわりを見る事なく12時54分に無念の終了。実Dscf6677釣3時間弱で1匹。とりあえず結果が出たから良しとしたいが、それではあまりに志が低過ぎる(珍しい事を)。ここは月曜のmasaさんの2桁はなくても、昨日ここに入ったO野さんの6匹には迫りたい。それで、竿はそのままで餌を変える。夏・冬・段差のバラケとわたグル。何だかなぁと言う感じは否めないが、変えないよりはましと言う程度か?再開はジャスト1時。状況は特に変わらないが、とにかく餌を打つ。釣り座に戻ったKさんが、じきに放流が来たと言っている。これでなく地べらを狙っているらしいが、ダブルも出てうんざりのようだ。私の方は特に何もないまま時間だけが過ぎるお約束の展開。両グルや両バラケで打っても変わらず。まさにトホホ状態。これを新しく「真空」と呼ぼう。その心は、「空気がない(食う気がない)」。何処かで聞いた事があっても、ここは知らんぷりで宜しく。さて、途中でウキの馴染み具合がおかしいと気付くが、何とそれはトップのトップ1目盛がいつの間にか折れていたと言う事。まさにゲゲッ!急いで交換して底取りするが、その後も特に変わった事はない。2時を過ぎてもウキの動きが出る事もなく、2時半過ぎに餌が終わった。Kさん、看板横の3人は帰った。私の右前方ワンドに、午後から1人入っている。さて、このまま終わっても良いが、まだ時間はあるし日没も遅くなっているので、ここは残業と行こう。餌はα21+わたグル。これを約1時間分だけ。後は少し残っているバラケが数投分。まずは両グルで再開すると、何と言う事でしょう、それまで全く動きのなかったウキが、2回連続であたりを示したではないか。残念掛からなかったが、俄然やる気に。その後も時折ではあるがあたりらしき動きが出る。そして1回掛かったものの、バラシ。ガクガクッ。更に3時を過ぎて、今度はあたりに合ったのに、寄せる途中でバラシ。姿を見たのに・・・。何故か両グルで待てばあたる。しかも小さめに付けて打てば、3時Dscf6678半近くにバッチリではないがあたりに合ったぞ!今度こそ掛かった。やった残業1匹目。ワンドのへら師も竿が曲がっている。まさにGT。ちょうどOさん達が終わって坂の途中から声を掛けて来た。お疲れ様でした。私の方はほぼ連荘?で2匹目。あたりは遠い昔の1匹目には及ばなDscf6679Dscf6680いが、それでも掛かる。これは食いが立っているからに違いない。まさにGT(2回言いました)。こうなると、何とか第2目標まで行きたいところ。すると、3時半を過ぎて3匹目。それからちょっと間が空いたが、4Dscf6681Dscf6682時前に連荘?で2匹をゲットし、残業だけで第2目標クリア!トータルでも6匹と望外の結果となった。まだ餌は少しあるので、何とか数を増やしたいと粘るが、残念GTは去ってしまったのか、あたりが消えて4Dscf6683時ジャストに終了。結果、定時+残業は実釣3時間で5匹。トータルでは実釣6時間弱で6匹。充分でしょう。片付け。ワンドのへら師はまだ続けるようだ。湖面は相変わらず凪いでいて、まだまだ釣れそう。でもやりません。片付けを終え、車に戻る。へら師は他に誰もいない。陽に当たって疲れた。さっさと荷物を積み、さっさとベイシアへと向かった。
 
場所?竿?餌?を変えれば釣れる?
   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ヘラブナ釣りへ

|

« 他愛のない話 | トップページ | 休竿期間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 他愛のない話 | トップページ | 休竿期間 »